« 本日(11/22)のいろいろ情報:(1)事故多発の「エクソソーム医療」によく似たmRNAワクチン(2)養鶏に見る日本の「アニマル・ウェルフェア」(3)インフレを再考する(日経)(4)やっぱり「銭ゲバ」買収五輪だった?!他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(146):「のど元過ぎれば熱さ忘れる」=全国規模で福島原発事故の忘却が進み危機感の風化が感じられます=しかし原発廃絶は今しかありません、このままでは本当に危ない! »

2023年11月25日 (土)

(たんぽぽ舎MG)柏崎刈羽原発「三つの検証」で池内了元総括委員長が独自の検証報告書、市民委員会のHPで公表「新潟県の検証は不十分」(上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕)

前略、田中一郎です。


新潟県の花角英世知事は、これまで原子力ムラの「御用聞き知事」の正体を隠し続けてきたが、いよいよ各方面からの圧力に押され、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に向けた県内の準備を進めにかかり、今年に入り、2023年3月に「原発事故に関する三つの検証委員会」(下記の新潟県のサイト参照)の総括委員長だった池内了氏(宇宙物理学者:名古屋大学名誉教授)を解任し、県単独の「総括報告」を作成する挙に出た。柏崎刈羽原発の再稼働に否定的な報告書が出るのを防ぐためである。

これに対して池内了氏は、独自の検証報告書を策定して公開する旨の表明をしていたが、このほどその検証報告書がまとまり、公開された。以下は、それに関する「たんぽぽ舎」からの情報と、それを受けての若干の関連サイトをご紹介するもの。


(下記はメール転送です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■1.柏崎刈羽原発「三つの検証」で池内了元総括委員長が独自の検証報告書、市民委員会のHPで公表
 | 「新潟県の検証は不十分」       【記事】紹介
 └──── 上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

 各社報道のとおり、柏崎刈羽原発に関して新潟県で行われていた「三つの検証」が不十分なまま終了したことについて元総括委員長・池内了氏や元委員らが中心になって「新潟県検証は不十分」として独自の検証報告書をまとめ、2023年11月22日に発表した。

 全文は市民委員会のホームページで公開されている。

https://shiminkenshouiinkai.jimdosite.com/%E6%B1%A0%E5%86%85%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E5%A0%B1%E5%91%8A/

以下、「池内特別検証報告」96頁より抜粋

 「 … 多数の原発を抱える脆弱な日本は武力に頼ってはならないし、戦争に巻き込まれる悲劇を徹底して避けることに全力を尽くさねばならない。原発がある限り、日本は平和国家であることを放棄してはならないのだ。では、原発を放棄すれば日本は軍事大国(戦争をできる国)になってもいいのか、と問う人がいるかもしれない。私は、「すべての原発を廃炉にして、その後始末を行って完全に廃棄するためには 100年かかるでしょう、それから考えてもいいのではありませんか」と応えたい。原発と戦争は二律背反であって、二つが両立することはあり得ないからだ。」

以下、見出しのみ紹介

「池内特別検証報告」
はじめに 「池内特別検証報告」を執筆するに当たって

第1章 検証総括委員長解任までの一部始終

第2章 技術委員会の「検証報告書」

第3章 生活分科会からの「検証報告書」

第4章 避難委員会からの「検証報告書」

第5章 健康分科会からの「検証報告書」

第6章 諸機関の適格性について 67

 6-1 東電の適格性

 6-2 県・立地自治体の適格性

 6-3 原子力規制委員会の適格性

 6-4 司法(裁判所)の適格性

第7章 地域と自治体に引き起こされた問題点

第8章 原発のテロ・戦争対策について 89

 8-1 原発の安全管理の死角

 8-2 テロ対策の実際

 8-3 ソフトテロ

 8-4 サイバーテロ

 8-5 テロと避難と自衛隊

 8-6 原発と戦争

第9章 おわりに

 9-1 極めて当たり前の教訓

 9-2 原発問題の特異性

 9―3 主権者として中央集権思想を脱する


以下は、【記事】
 福島第一原発事故 「池内報告」全容を公表 「県の意向強要」批判
 原発行政、国に追随 自治どこへ /新潟

 東京電力福島第一原発事故に関する県独自の「三つの検証」の総括報告書を県が一方的に取りまとめたとして、反発している県の検証総括委員会の池内了・前委員長(名古屋大名誉教授)は22日、独自に総括した「池内特別検証報告」を公表した。花角英世知事から「県の意向に沿った委員会運営」を事実上強要されたと主張した。【中津川甫、池田真由香】

池内氏は報告書で、「日本では何か行政的な問題があると、いわゆる専門家に依頼して専門委員会なり審議会(有識者会議)を開催して、行政側が望む答申や報告を予定調和的に得て行政に反映させるという方法が定着している」と指摘。「政府や省庁だけでなく県政も同じで、私はこのようなやり方に反発し、委員を解任された」と回顧した。(後略)

  (11月23日「毎日新聞、新潟・北信越」」より抜粋)
 https://mainichi.jp/articles/20231123/ddl/k15/040/092000c
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 <関連サイト>

1.Home 市民検証委員会 - 柏崎刈羽原発の安全性を検証する
 https://shiminkenshouiinkai.jimdosite.com/

(1)市民検証委員会とは - 柏崎刈羽原発の安全性を検証する
https://shiminkenshouiinkai.jimdosite.com/%E5%B8%82%E6%B0%91%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E3%81%A8%E3%81%AF/

(2)(別添PDFファイル)池内特別検証報告(2023年11月)パンフ
https://jimdo-storage.global.ssl.fastly.net/file/b1eea179-4d9d-422f-a4d2-b062ff4b036f/原発検証冊子.pdf

(3)(別添PDFファイル)池内特別検証報告(2023年11月)
https://shiminkenshouiinkai.jimdosite.com/%E6%B1%A0%E5%86%85%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E5%A0%B1%E5%91%8A/


2.新潟県HP
 https://www.pref.niigata.lg.jp/

(1)原発事故に関する3つの検証について - 新潟県ホームページ
 https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/genshiryoku/kensyo.html

(2)新潟県原子力発電所の安全管理に関する技術委員会 - 新潟県ホームページ
 https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/genshiryoku/gijyututop.html


3.その他関連サイト

(1)宙に浮いた新潟県検証総括委員会―東電柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働は? - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/47009

(2)原発事故 県の「3つの検証」を批判 前検証総括委員長・池内了さん独自の報告書の概要発表 スーパーJにいがた10/16 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yo4KtWDLJh4

(3)原発事故3つの検証 『池内氏の総括』を11月公表へ “立地自治体の適格性”も課題として提示【新潟】10/16 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=UpZC6Z9mJxk

(4)運転禁止中の柏崎刈羽原発、東電が「テロ対策の是正完了」と発表 規制委、妥当か検査へ:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/289958

(5)“原発事故3つの検証”市民団体が新潟県による総括を批判 花角知事に抗議文など提出(NST新潟総合テレビ)
 https://www.nsttv.com/news/news.php?day=20231006-00000015-NST-1
草々

 

« 本日(11/22)のいろいろ情報:(1)事故多発の「エクソソーム医療」によく似たmRNAワクチン(2)養鶏に見る日本の「アニマル・ウェルフェア」(3)インフレを再考する(日経)(4)やっぱり「銭ゲバ」買収五輪だった?!他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(146):「のど元過ぎれば熱さ忘れる」=全国規模で福島原発事故の忘却が進み危機感の風化が感じられます=しかし原発廃絶は今しかありません、このままでは本当に危ない! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日(11/22)のいろいろ情報:(1)事故多発の「エクソソーム医療」によく似たmRNAワクチン(2)養鶏に見る日本の「アニマル・ウェルフェア」(3)インフレを再考する(日経)(4)やっぱり「銭ゲバ」買収五輪だった?!他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(146):「のど元過ぎれば熱さ忘れる」=全国規模で福島原発事故の忘却が進み危機感の風化が感じられます=しかし原発廃絶は今しかありません、このままでは本当に危ない! »

最近の記事

無料ブログはココログ