« (予約必要)(11.27)オルタナティブな日本をめざして(第95回)「いまさら聞けない原発と基準地震動:その基本を解説」(只野靖弁護士:新ちょぼゼミ)(2023年11月27日) | トップページ | (予約必要)(12.7)オルタナティブな日本をめざして(第96回)「9.11再検証の好機 世界中に遺族を増やさないために」(藤田幸久さん:新ちょぼゼミ)(2023年12月7日) »

2023年10月25日 (水)

(拡散希望)(報告)(10.23)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第4回目):裁判所もひどいが、検察はそれに輪をかけてひどい「権力強制冤罪製造所」だ(新ちょぼゼミ:田中一郎)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


================================
去る2023年10月23日(月)、水道橋のたんぽぽ舎において、標記「日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第4回目):裁判所もひどいが、検察はそれに輪をかけてひどい「権力強制冤罪製造所」だ(新ちょぼゼミ」)を開催いたしました。あまりにひどい日本の司法・裁判所・裁判官や検察・検察官(並びに日本の法曹界)に「うんざり」していただくためにお話をいたしましたので、恐れながらこのシリーズを「うんざりゼミナール」と自称しております。

今回は、1959年砂川裁判判決とその後などのデタラメ裁判所判決(米軍機夜間飛行差止裁判や安保法制違憲訴訟や沖縄辺野古基地計画変更に関する知事判断裁判など)をいくつか取り上げて簡単にコメントするとともに、下記でご紹介する図書『特捜検察の正体』(弘中淳一郎:講談社現代新書)から、今日の検察のすさまじいばかりの「権力強制冤罪製造所」ぶりをご紹介しました。いわゆる「人質司法」のみならず、さまざまな不正な手段を弄して「犯罪者」と勝手に決めつけた人を「自分たちのシナリオ」に沿って有罪に追いやるため、人権侵害丸出しの悪事を働き続けています。もはや検察がやっていないことは、戦前大日本帝国や江戸時代に行われた拷問による自白強要くらいのものではないかと思われます。本来は「法の番人」であるはずの検察が、信じがたい「無法地帯」に成り下がっているのです(そしてそれを裁判所が理不尽にも追認しています)。

以下、当日の資料と録画を添付して、簡単にご報告申し上げます。次回は(1つとばして)11/27(月)の「新ちょぼゼミ」で続編を予定しています。どのような制度改革をすれば日本の司法・裁判所や検察が「まとも」な組織になるかを考えてみたいと思っています(裁判官や検察官の倫理感・道徳感情・順法精神に訴えるだけというのがサイテー・無能な処方箋だと考えています。また、情けないことに、日本の法曹界・日弁連には、今日の日本の司法・検察の堕落・腐敗・機能停止・使命放棄・行政追従・対米隷属・日本国憲法からの逃亡・背信背任(三権分立の崩壊)についての問題意識が低く、どうしたらこれを改革できるかのプランを持ちあわせていない様子がうかがわれます)。

KEYWORDは「司法・検察を甘く見てはいけない(無関心ではいけない)」です。今のまま放置すれば、検察と裁判所がグルになり、人権侵害追認機関やSLAP訴訟と冤罪の製造所となって、日本の没落を加速させる可能性が高い」ということです。


◆(当日録画)20231023 UPLAN 田中一郎「日本の司法~うんざりしてほしいプレゼンテーション」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=26tbgNGE-0k
 https://www.youtube.com/watch?v=26tbgNGE-0k


(第1回)(拡散希望)(報告)(7.20)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第1回目):日本国憲法の「司法」関連条文から裁判や裁判所の抜本改革を考える(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/07/post-c71de4.html

(第2回=前々回)(拡散希望)(報告)(9.14)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第2回目):うんざりするほどに神経を逆なでする日本の裁判所の反社会的・反国民的判決(その1)(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/09/post-16959c.html

(第3回=前回)(拡散希望)(報告)(9.26)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第3回目):うんざりするほどに神経を逆なでする日本の裁判所の反社会的・反国民的判決(その2)(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/09/post-3c31b0.html


(図書紹介など)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*(タダの毒物)「新型コロナ」mRNAワクチンをめぐる直近情報:(1)新型コロナ変異株は「人工製造物」だった(宮沢孝幸京都大学准教授:ISF独立言論フォーラム)(2)ワクチン問題研究会記者会見(IWJ)他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/09/post-f3d638.html

*再生可能エネルギーの問題点-加藤やすこ/著(緑風出版)
 https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034341110&Action_id=121&Sza_id=GG

*日米安保と砂川判決の黒い霧 最高裁長官の情報漏洩を訴える国賠訴訟-吉田敏浩/著(彩流社)
 https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034123905&Action_id=121&Sza_id=Z1

*特捜検察の正体-弘中惇一郎/著(講談社現代新書)
 https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034496820&Action_id=121&Sza_id=B0

*(ご説明します)「脱炭素」とは「原発大推進」の言い換え=騙されないように御注意を!:「脱炭素」で向こう見ずに火力をスクラップすれば15年後の日本の電力は老朽原発、環境破壊型「再エネ」、旧式老朽火力が大半の電力供給体制になります- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/07/post-8189d3.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(以下、当日使いました様々な資料を私のレジメとともに下記に並べておきます)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(0)“冤(えん)罪”の深層〜警視庁公安部で何が〜 - NHKスペシャル - NHK
 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/P7NZW5J8L6/

(関連)(0)“冤(えん)罪”の深層~警視庁公安部で何が~:NHKスペシャル - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x8og84v

(0-2)(別添PDFファイル)憲法を手に(6):護憲集会 新規則で不許可(朝日 2023.5.1夕刊)
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15626119.html

(1)(別添PDFファイル)(レジメ)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(その1)(田中一郎 2023年7月20日)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhl9jKvnoheBHD6lR?e=OYIogh

(2)日本国憲法 司法
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkQX8BzEl_r5X7i6g?e=JpF5Rt
 https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=321CONSTITUTION_19470503_000000000000000

(3-3)(別添PDFファイル)「国に責任はない」原発国賠訴訟・最高裁判決は誰がつくったか(後藤秀典『経済 2023.5』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhVkAxGWd3alevkbF?e=fc0FvQ

(関連)(3-3)図表・関係図:巨大法律事務所・最高裁・国・東京電力の人脈系譜
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkU0NWaA3Y4s9nyh3?e=1EkuGS

(4-2)(別添PDFファイル)伊達判決 VS 最高裁統治行為論(吉田敏浩『日米安保と砂川判決の黒い霧』彩流社)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkU6Hf83JxtC8RqXY?e=Px5AWN

(4-3-2)(別添PDFファイル)(砂川裁判)再審請求を認めない裁判所(吉田敏浩『日米安保と砂川判決の黒い霧』彩流社)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVDej0K5F6KOlFlb?e=wDZ4Wo

(4-4)(別添PDFファイル)米軍機夜間飛行差止訴訟で統治行為論に逃げ込む裁判所(吉田敏浩『日米安保と砂川判決の黒い霧』彩流社)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVGB1s3jEYMb7dOe?e=ptCe06

(5-2)最高裁、安保訴訟 上告棄却、憲法判断 なぜ避けるのか(東京 2023.9.9)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/275925

(関連)(5-4)安保法制違憲訴訟の会
 http://anpoiken.jp/

(6)自衛隊「違憲」地裁判決50年、いまも重み 長沼訴訟一審裁判長:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15735567.html?ref=mor_mail_free_newspaper_20230907

(7)(別添PDFファイル)裁判での鑑定は被告に不利、インチキの検察とそれを正さない裁判官(宮沢孝幸『ウィルス学者の責任』PHP新書)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVKncntPJ_eBaOKv?e=gbUqoa

(8)辺野古「代執行」後押しに怒りの声、行政法学者ら100人、最高裁判決に疑念(東京 2023.10.7)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/282211

(9)次回ご紹介

(10)前近代的な「人質司法」が今なお罷り通っている事実(高野孟 日刊ゲンダイ 2023.10.19)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/330748

(11)道路に穴 無断で補修、調布 外環道トンネル付近のサイクリング道(東京 2023.10.17)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/284083

(12-2)(別添PDFファイル)村木事件:検察によるリーク事件国賠訴訟は認諾で挫折(弘中淳一郎『特捜検察の正体講談社現代新書』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVNTANUlA7ivcev9?e=U02cKm

(12-3)(別添PDFファイル)小沢事件:虚偽の書類を検察審会に提出した犯罪を無罪放免(弘中淳一郎『特捜検察の正体講談社現代新書』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVSeAVyvZWZQfq_l?e=Hp1rhn

(12-4)(別添PDFファイル)鈴木宗男事件:検察シナリオ通りの法廷尋問で有罪に(弘中淳一郎『特捜検察の正体講談社現代新書』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkVWsrf4NbbOuKdlr?e=CYVHyB
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(括弧の中の番号は私が便宜的に付けたものですので気になさらないでください)


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー その1:2017-2023)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-2462a9.html
草々

« (予約必要)(11.27)オルタナティブな日本をめざして(第95回)「いまさら聞けない原発と基準地震動:その基本を解説」(只野靖弁護士:新ちょぼゼミ)(2023年11月27日) | トップページ | (予約必要)(12.7)オルタナティブな日本をめざして(第96回)「9.11再検証の好機 世界中に遺族を増やさないために」(藤田幸久さん:新ちょぼゼミ)(2023年12月7日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (予約必要)(11.27)オルタナティブな日本をめざして(第95回)「いまさら聞けない原発と基準地震動:その基本を解説」(只野靖弁護士:新ちょぼゼミ)(2023年11月27日) | トップページ | (予約必要)(12.7)オルタナティブな日本をめざして(第96回)「9.11再検証の好機 世界中に遺族を増やさないために」(藤田幸久さん:新ちょぼゼミ)(2023年12月7日) »

最近の記事

無料ブログはココログ