« 「戦争」と「原発」にのめり込む没落途上国ニッポンの見苦しい2つの「茶番劇」:(1)「はだしのゲン」を平和教育教材から削除した広島市教育委(NHK録画)、(2)老朽原発運転期間延長のための「規制(解除)基準」パブリックコメント | トップページ | 地球の気候変動の原因を隠蔽するためにNHKがネット上から削除した放送録画を発見(必見):「【ドキュメンタリー】見えた!銀河系の全貌」=これが気候変動周期の3つのうちの1つ「シャビブ・ヴァイツァー循環」(周期1億3千万年)です »

2023年8月 9日 (水)

(他のMLでの議論です)科学的実証的根拠がないままに「人工排出CO2による地球温暖化」説を信じ込み、原子力ムラ代理店政府の大宣伝に乗せられて「脱炭素」を叫んではいけない=それでは「原発大推進」の片棒を担ぐことになります

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(ナツメロ唱歌)今日の日はさようなら- YouTube
(1)https://www.youtube.com/watch?v=a5SaHfNiOO0
(2)https://www.youtube.com/watch?v=ar2be-N74b4

(小学校高学年から中学校までの約5年間、生まれ育った大阪市内の(公立)小中学校の先生方は、私達生徒を毎年のように「宿泊付きの旅行」(林間学校、臨海学校、修学旅行、夏休み合宿など)に連れて行ってくれて、夜になるとキャンプファイアーをして、最後にこの歌をみんなで歌ったものです。私たちの世代は、戦後の民主教育のピークの時代で、今になって思えば恵まれた環境にあったのかもしれません。中学校の学芸会では「日本国憲法第9条」の演劇をやり、今でも9条は丸暗記しています。当時は貧しかったけれども、みんなが貧しいので、あまり回りが気にならず(中には裕福そうな家庭の子もいたが少人数)、かつ、何年かすれば生活も含めていろいろなことがよくなっていくという、みんなに共通した「予感」のようなものがあったように思います。そんな古き良き日本が、どうしてここまでひどくなってしまったのでしょうか? 特に私の生まれ故郷の大阪は維新(日本維新&大阪維新)のおかげでボロボロです。でも、これだけは、大阪の「自業自得」だと言っていい。:田中一郎)


2.キャンペーン

(1)(チラシ)2024年度 沖縄・意見広告運動
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhn-mGnRJ1lkhqjBE?e=yDyHX1
 http://www.okinawaiken.org/

(2)(チラシ)ストップ! 女川原発再稼働 意見広告にご協力を!
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhhkpAHBAnAj2Cvf0?e=a7IgvY
 https://stop-onagawa-nuke.jp/

(3)#NoBarbenheimer 映画『バービー』と『オッペンハイマー』の配給会社に行動を求めます · Change.org
 https://tinyurl.com/yck48rva

(4)署名活動についてのお知らせ · 【神宮外苑】2つのセミナー録画アップ・国連人権作業部会・#イチョウの異変を無視した環境アセス · Change.org
 https://tinyurl.com/bds9hjws


3.イベント情報

(1)(8.18)汚染水を海に流すな!8.18首相官邸要請行動(金曜日)
 10:00〜10:40 汚染水を海に流すな!8.18首相官邸前集会 
 11:00〜12:30 汚染水を海に流すな!8.18国会内集会(参議院議員会館101会議室)
  ―政府(総理大臣)と東京電力に要請書提出、国会議員の挨拶、市民団体のアピール

(2)(チラシ)(8.25 & 10.6)福島原発かながわ訴訟 第1陣控訴審(結審)(東京高裁)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhwDMLIoEpNZpsjIM?e=QcuOSD

(3)(チラシ)(10.9)福島原発かながわ訴訟を支援する会 第10回総会&記念シンポ(神奈川県民センター)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhwGfdIGnmQYIVacl?e=rMvcQO

(関連)福島原発訴訟 かながわ原告団だより 第57号(抜粋)(2023.8.3)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhwKQX-awBMkKHkJb?e=nA6UGL


4.(別添PDFファイル)川勝静岡県知事が次期不出馬の意向、「リニア問題」の行方は不透明(『選択 2023.8』)
 https://www.sentaku.co.jp/articles/view/23423

(川勝さん、後継者、育ってますか? リニア新幹線と浜岡原発は、あなたの肩に、その命運がかかっているのです。お願いしますよ、最後の最後まで、静岡と南アルプスと、そしてこの日本を守り抜いて下さい。:田中一郎)


5.警察を甘く見てはいけない
 特に下記記事の右下、警察=検察=司法の三段階が癒着して「人質司法」がまかり通っている旨の記載部分にご注目下さい。

◆(別添PDFファイル)抵抗の拠点から:大川原加工機事件のその後(青木理『サンデー毎日 2023.8.13』)
 https://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2023/08/13/

◆高橋玄監督「ポチの告白」に見る警察腐敗の実態 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=D1HonuIFk-c&list=PLC9CD3DE553EAB0A3&index=2
 https://www.youtube.com/playlist?list=PLC9CD3DE553EAB0A3

(必見の映画ですが上映している映画館は今現在はないと思います。DVDが市販されているようです)


6.(別添PDFファイル)自民議員らパリ視察、松川氏のSNS炎上、そりゃ観光にしか見えないですから(東京 2023.8.1)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/266864

(関連)国会議員150人ホイホイ外遊に「予算5.3億円」…《文通費で行け!》などと国民カンカン|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/327150

(関連)自民・松川るい氏の出世プランがパー…エッフェル塔写真居直り釈明、次女同行もバレて大炎上|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/326982

(関連)【予算は5億円】自民女性局「エッフェル塔ポーズ」は氷山の一角 この夏だけで55人が渡航、国会議員の外遊先リスト(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/d58cc6ff2c32793be9709d0ab5af077138706af9

(関連)自民女性局「パリ研修」はたった6時間…今井絵理子、松川るい両議員ほぼ観光旅行バレバレ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/327145 

(関連)フランス視察で大炎上の松川るい氏、地元からも総スカン…元選挙事務長も「議員辞職すべき」の四面楚歌
 https://tinyurl.com/yeymx3fa

(みなさま、これから他人様にご挨拶をする時は、みんなでエッフェル塔の真似ポーズをとることにいたしましょう。それって何なの、と聞かれたら、これね、自民党の松川ルイ16世(フランス革命の時にギロチンで処刑された国王)がパリに行ってやってたことを真似してんのよ、と答えるといいです。:田中一郎)


7.(別添PDFファイル)国民民主・玉木氏「アクセル役」発言、自民補完勢力化 加速か(東京 2023.8.4)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/267725

(関連)国民民主党は「第3自民党」なのか…自民・総務会長の「選挙協力」発言で注目される「党代表選」の行方(SmartFLASH)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/ce5f691273fa87659c1f1e09acc99a458db60ff4

*第1自民党補完 公明党
*第2自民党補完 日本維新の会
*第3自民党補完 国民民主党
(御用組合「連合」のオマケ付)
*第4自民党補完 さて、いったいどこかな?

◆岸田内閣の支持率37.1% 先月から3.6ポイント下落 30%台は5か月ぶり JNN世論調査(TBS NEWS DIG)- Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/6eb450a377f6de1ec6ce022987a3452befcf7ca3

(まだアホが37.1%もおるのか!? 絶望的な国だな、この国は!! こんな懐かしい歌が思い浮かぶ。:田中一郎)
 https://www.youtube.com/watch?v=EwZ80opBwa4
================================


「(他のMLでの議論です)科学的実証的根拠がないままに「人工排出CO2による地球温暖化」説を信じ込み、原子力ムラ代理店政府の大宣伝に乗せられて「脱炭素」を叫んではいけない=それでは「原発大推進」の片棒を担ぐことになります」をお送りいたします。

他のMLでの議論の際に、私が発信した4つのメールをご紹介します。ご参考になれば幸いです。わが国の脱原発とその運動が正念場に来ており、妥協できない大事なところなので、少々「辛口」の物言いになっております。下記文章では誤字脱字やテニオハ修正をいたしましたが、私の主義主張の内容は発信時と変わっておりません。よろしくお願い申し上げます。

申し上げたいことはただ一つ、「脱炭素」=「カーボンゼロ」=「GX推進」はダメ、原発大推進の言い換えです。こんなものを脱原発市民運動・社会運動は掲げてはいけないのであって、ただただまっすぐに、脱原発&核兵器廃絶を愚直に訴え続けましょう。「人工排出CO2による地球温暖化」説などは、おそらく嘘八百です(私は科学者ではないので断定は致しませんが)。


1.発信メールその1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<科学的根拠のない「人工排出CO2による地球温暖化」説に基づき火力発電潰しなどをやることよりも、こちらの問題への取組の方がはるかに重要だ>

◆(別添PDFファイル)アマゾン保護へ国際警察、ブラジル 近隣国と合意めざす(日経 2023.8.5)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO73393970V00C23A8NNE000/

(関連)Avaaz - アマゾンを守るため「人々の宣言」にご署名を
 https://tinyurl.com/mtacupps

 <田中一郎コメント>
 科学的根拠のない「人工排出CO2による地球温暖化」説に基づき火力発電潰しなどをやることよりも、こちらの問題への取組の方がはるかに重要だ。アマゾンは「地球の肺」と言われ、生物多様性の保護とも密接に関係している。この記事は、アマゾン流域の近隣諸国の国際協力に関する記事だが、欧米や中ロを含む国際社会からのアマゾン保全の国際協力の実態は、今、どうなっているのか? アマゾン流域産品の全面禁輸でもやればどうなのか? 日本のマスごみはほとんど報道せず、毎日のように「人工CO2温暖化」のバカ騒ぎを繰り返している。愚かなことは「いい加減にしろ」、という話だ。同様のことはアジア・アフリカの熱帯雨林やロシア・カナダ・アメリカの針葉樹天然林などについても言えることである。日本などは輸入を通じて世界中の天然林破壊に大きく「寄与」しているのではないか? :田中一郎)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.発信メールその2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(上記1の私のメールに「異議あり」で送られてきたメールに反論)

◆(ご説明します)「脱炭素」とは「原発大推進」の言い換え=騙されないように御注意を!:「脱炭素」で向こう見ずに火力をスクラップすれば15年後の日本の電力は老朽原発、環境破壊型「再エネ」、旧式老朽火力が大半の電力供給体制になります- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/07/post-8189d3.html

 <田中一郎コメント>
 他人と議論をする時は、その相手の言っていることをよく踏まえてから議論しないと、議論になりません。IPCCは気温をゴマかすインチキ集団だというのが私の認識ですから(上記サイトにも記載しています:「クライメートゲート事件」がその一例)、そのIPCCの報告書などを持ち出して来ても説得力はありません。

CO2は廃棄物ではなく、植物の光合成の原料です。その結果、地球上に酸素が生まれているのです。過去数十年の話ではなく、過去5億年の地球でCO2が増えて地球が温暖化したことなど一度もないのです(その逆、つまり温暖化してCO2が増えた例はあります)。

今現在、地球上では温暖化は進んでいるのかもしれませんが、少なくとも人工排出のCO2とは無関係です。また、逆に、温暖化とは異なる寒冷化現象が起きている、という主張もあります。IPCCのおかしな動きが、今現在の地球の気温・気候をわからなくしていると言っていいでしょう。そもそもIPCCのスタッフどもは、気候や宇宙物理や地球物理の研究とは無関係な、ド素人集団だというではありませんか。

あなたの言うとおりにしたら、原発ダメ・化石燃料ダメ、ですから、あとは「再生エネ」で電気を造ることになりますが、その「再生エネ」は多くが環境破壊型で、そうでないものは数%程度です。そんなものに依存するわけにはいかないということです。電気なしで暮らしますか? そもそも「再生エネ」電源を補完するためにも火力は必要です。ともかくも、今の自公政権、あるいは立憲民主党・国民民主党・「日本維新の会」らの政治家たちの政権を変えなければ、お話にならない状態です。政治的に見ても「脱炭素」が「原発大推進」になるのは目に見えています。「人工排出CO2による地球温暖化」説がどうであってもです。政治的向こう見ずも限界を超えています。

まあ、上記のサイトにある、広瀬隆氏のVTRをしっかりと見て、考え直すことです。「人工排出CO2による地球温暖化」説に科学的実証的根拠はありません。これが覆らない限り、あなたの議論は成り立たないのです。私は化石燃料を野放図に使っていいなどとは一言も言っていません。また、CO2の大量排出は「酸性化」をもたらす可能性もあり、さらに環境規制がゆるい途上国などでは、火力発電所はSOxやNOxやPM2.5などによる大気汚染や地域社会の破壊を生み、更には、プラスチック・スープの海など、電力以外での化石資源の使い方も見直さなければなりません。しかも地球規模での話です。「人工排出CO2による地球温暖化」説の幼稚な議論に付き合っている暇はないのです。

つまらない議論をしているよりも、この日本で火力潰しなどをしているよりも、熱帯雨林を守れ、と言っているのです。熱帯雨林はCO2を吸収してくれるでしょうし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.発信メールその3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(更に反論への反論:多くの科学者が「人工CO2温暖化」には科学的実証的な根拠がないと言っている)

◆「気候変動・脱炭素」14のウソ-渡辺正/著(丸善出版)
 https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034364165&Action_id=121&Sza_id=B0

 多くの科学者が科学的実証的な根拠がないと言っているものを、IPCCのインチキグラフを持ってきて「立証だ」と言うから、おかしなことになるのです。上記の本に書かれていることすべてに賛同するわけではありませんが、「人工排出CO2による地球温暖化」説が信用ならないことは理解できるでしょう。他にも科学者が「人工CO2温暖化」を批判して書いた多くの本が国内外にあります。広瀬隆氏は、こうした国内外の文献を詳細に調べ、それをわかりやすく整理して我々に伝えてくれているから、彼のVTRをちゃんと見ればいい、ということです。宇宙物理学的に説明できますよ、と教えてくれているわけです。

大気中のCO2はわずかに0.0数%。そのうち人工CO2はいかほどでしょうか? そしてそんなものが仮に倍になったところで、どの程度の影響が出るのでしょう? そもそも大気中のCO2の増加が人間の化石燃料使用のせいだ、ということでさえ、あやしいのです。温暖化が先行している可能性もあります。IPCCのおかげでわからないままです。

それにしても、私が言っていることについて、依然としてきちんと考えられないようですね。たとえば「ともかくも、今の自公政権、あるいは立憲民主党・国民民主党・「日本維新の会」らの政治家たちの政権を変えなければお話にならない状態です。政治的に見ても「脱炭素」が「原発大推進」になるのは目に見えています。「人工排出CO2による地球温暖化」説がどうであっても、です。政治的向こう見ずも限界を超えています。」です。原子力ムラ代理店政府の「幼稚でバカバカしい原発大推進キャンペーン=「脱炭素」=GX推進」の片棒を、意図せずに担いでしまっている、と申し上げているのです。こんな(政治・政権の)状態で「脱炭素」などをやれば、原発大推進になるのは目に見えています。政治的音痴もいい加減にしないといけない。ファシズムが善意に担がれてやってくるように、原発大推進は「脱炭素」に担がれてやってくるのです。

原子力ムラ代理店政府が、「再生エネ」電源など本気でやる気がないことは、下記の本日(8/8)の毎日新聞記事を見ても明らかです。

◆(別添PDFファイル)気候革命:再生エネ、原発5基分ムダ(その1) 500万キロワット、出力制御 九州、3~5月に9日間 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20230808/ddm/001/020/112000c
 https://mainichi.jp/articles/20230808/ddm/002/020/047000c

「前のボルソナロ大統領やその同輩米国トランプ大統領のように、人為的温暖化否定論を主張してきた政治家たちが森林破壊を加速してきたことは田中さんも知っておくべきことです。」=そんなことは指摘されるまでもなく、誰でも知っているでしょう。主張していること、主張の仕方が、カルト似非宗教集団と似ています。気をつけた方がいいでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4.発信メールその4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(「脱炭素」などいらない:今後、私のことは相手にしないとおっしゃるので、少し詳しく陳述)

 地球上のCO2は、大気中、大地の中、海の中、の3カ所を循環しています。人間の営みによる化石燃料の使用は、このうちの大地の中からの排出の一環と言えるような気がします。しかし、大地と大気中との間でのCO2の循環は、人間が化石資源を掘り出して燃やす、以外にも、自然界の現象として、大地の中へ入っていくものと、大地の中から出てくるもの(その典型が火山噴火です)とがあります。

こうした自然現象によるCO2循環は、海と大気中とのCO2の行き来もあり、そうした自然循環のCO2の量は1年間に3桁億トン、であるのに対して、人間の営みのそれは2桁億トン、だと推測されています。あくまで推測だ、という点にも留意が必要です。そして、既に申し上げたように、大気中のCO2は0.0数%程度しかなく、それが温室効果を持ったとしても、たかが知れているのではないかというのが科学的な見方でしょう。何故なら同じくCO2以上に強い温室効果を持つ水蒸気は、数%もあるから(CO2の100倍以上)、温室効果を言うなら水蒸気の方に着目すべきです。

そして、こうしたものをトータルした地球上のCO2は増大しているのですが、さて、その原因が何にあるのかは依然として科学的に実証されていないと言っているのです。ましてや、CO2が増えたから地球が温暖化しているなどという証拠はどこにもありません。過去5億年の間に一度もなかったことが、今現在進行している、などというのは、いかにもおかしな話です。温暖期・寒冷期を繰り返す地球の自然循環のなかで(それは宇宙物理学的に説明ができるというのが広瀬隆氏のVTRです)、それに従属変数としてCO2が動いている可能性があります。

「人工CO2温暖化」説を「予防原則」でとらえるべきだという議論はあり得ますが(かつて私もそうでした)、しかし、そうした場合でも「脱炭素」「カーボンゼロ」などという達成目標はあり得ない話です。さまざまな弊害を、人間社会だけでなく、自然界に対してももたらすからです。そして、私がその主張をしなくなったのは、原発との関係です。「脱原発」と「脱炭素」の同時達成は、環境破壊の「再生エネ」と「電気なし生活」を意味します。こんなものはリアリティがありません。停電頻発のショックドクトリンで「原発支配社会」がもたらされる結果になるでしょう。

人間の化石資源・燃料の使用(電力だけではありません、日本で言えば、電力が40%、電力以外が60%、電力以外のCO2を無視して「脱炭素」を叫び、火力発電廃棄・新型火力発電建設妨害を繰り返す一部の市民運動・社会運動の「愚かさ」には呆れるばかりです)でCO2が「廃棄物」として垂れ流しになっている、というのなら、それ以上に強調しなければいけないのは、原発・核燃料サイクル・核兵器により、CO2に比べてはるかに危険極まりない放射能が、それこそ「廃棄物」として、「時限爆弾」として、排出され続けていること・垂れ流しになっていることを、最もっと強調しなければいけないハズです。

そして、人間にとっては「廃棄物」のCO2は、植物にとっては生存のための糧であり、植物の体を造る様々な栄養源(有機物)の原料となっているのです。人間を含むほとんどすべての動物は、植物が光合成で生み出す酸素と栄養素(有機物)に「寄生」して生きているのであって、熱帯雨林や冷帯針葉樹天然林を破壊し続けることは、人類にとっては自滅行為なのだということですから、「CO2」排出をゼロに、などというお気楽な話ではないのです。

そして、私が最重視している原発・核と放射能は、脱炭素を口実にして、火力発電をつぶすことによって益々繁殖し、地球上を放射能だらけにして、人類・生物が安全に暮らすことのできない地獄に変えてしまう危険性がどんどん高くなっている。そういうことだから、最優先に「脱原発」を掲げ(核兵器禁止とともに)、「脱炭素」(NO FOSSIL)なるインチキスローガンは取り下げろと言っているのです。人類や全生物にとって「その及ぼす被害(公害)の規模をも確認すること」(確認だけでなく無くすること)はCO2などよりも放射能なのです(及び氾濫する化学物質)。それが全くできていない。危ない!

議論をする相手の発言内容をきちんと確認・認識しないで、下世話なヤジのような発言を繰り返すのなら、相手にしていただかなくて結構です。時間の無駄ですから。これから私たちがしなければいけないことは、原発と核兵器の退治、ですが、並行して、生物多様性破壊の現状をもっとシビアに見て告発する必要があります。CO2について言えば、気候変動などよりも、酸性化など、まずは海洋生態系(寒い海域で酸性化が起きているというNHK番組がありました)に対する影響を見定めるということでしょう。

また、気候変動が気になってしょうがない人は、まずは広瀬隆氏が言うように、宇宙物理学・地球物理学を学び、過去の地球での気候変動のメカニズムを含め、この分野の研究が今、どの段階にきているのかを自分の目で確かめることです(簡単ではないですよ)。現段階では「定説はない」というのが一般的なようですが、有力な仮説は、たとえばスヴェンスマルクの議論です(太陽の黒点と、地球に降り注ぐ宇宙線と、地球上の気温の並行関係)。そして、この気候変動の分野では、IPCCなるものを解散させ、別のメンバーで、様々な見解を持つ科学者で構成される「気候観測チーム」をつくり、まずは気温の正確な(科学的な)測定から始めればいいでしょう。我々市民運動・社会運動は、IPCCの気温・気候をめぐるおかしな言説を徹底して批判し、それを追いつめていくことが重要なのです。IPCCのデータを持ってきて、原子力ムラ代理店や国際原子力マフィアの代弁をするかのように、インチキ丸出しの「人工排出CO2による地球温暖化」説を合理化してみせることではないのです。

(関連)(チラシ)(9.18)「NO FOSSIL(脱化石燃料)」代々木集会
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVhiDY8fmVvqLGxeU5?e=3XcWo4

9・18の代々木公園「脱炭素」集会(NO FOSSIL)は中止せよ。「脱炭素」を口実に「原発大推進」に猪突猛進する原子力ムラ代理店政府の片棒を担ぐようなことはヤメロ。「脱炭素」を強引に集会に持ち込んできた「党派色の強い」一部の連中は、集会事務局から立ち去れ、そして改めて、脱原発・核兵器廃絶の、きちんとした集会の準備を進めよ、ということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
草々

« 「戦争」と「原発」にのめり込む没落途上国ニッポンの見苦しい2つの「茶番劇」:(1)「はだしのゲン」を平和教育教材から削除した広島市教育委(NHK録画)、(2)老朽原発運転期間延長のための「規制(解除)基準」パブリックコメント | トップページ | 地球の気候変動の原因を隠蔽するためにNHKがネット上から削除した放送録画を発見(必見):「【ドキュメンタリー】見えた!銀河系の全貌」=これが気候変動周期の3つのうちの1つ「シャビブ・ヴァイツァー循環」(周期1億3千万年)です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「戦争」と「原発」にのめり込む没落途上国ニッポンの見苦しい2つの「茶番劇」:(1)「はだしのゲン」を平和教育教材から削除した広島市教育委(NHK録画)、(2)老朽原発運転期間延長のための「規制(解除)基準」パブリックコメント | トップページ | 地球の気候変動の原因を隠蔽するためにNHKがネット上から削除した放送録画を発見(必見):「【ドキュメンタリー】見えた!銀河系の全貌」=これが気候変動周期の3つのうちの1つ「シャビブ・ヴァイツァー循環」(周期1億3千万年)です »

最近の記事

無料ブログはココログ