« (5.4)今夏の参議院選挙へ向けた市民の「意見交換会」(明石町区民館):これからの「脱原発」運動をどうするか、「壊憲」阻止はどうすればいいのか、ウクライナ戦争をどう見るか、円安とスタグフレーションの下で経済政策をどうするか他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(57)(抜粋)(2022年3月~4月) »

2022年4月29日 (金)

(報告)(4.27)バイオテクノロジー連続講座 第1回:オルタナティブな日本をめざして(第73回)「生命操作時代の科学・技術、社会」(上林茂暢先生:新ちょぼゼミ)(2022年4月27日)

前略,田中一郎です。
(2022年4月の「新ちょぼゼミ」のご報告です)


◆(イベント情報)(4.27)バイオテクノロジー連続講座 第1回:オルタナティブな日本をめざして(第73回):「生命操作時代の科学・技術、社会」(上林茂暢先生:新ちょぼゼミ)(2022年4月27日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2022/02/post-74a7d9.html

医療・医学やバイオ技術の発達により、現代社会では様々な生命操作が可能になってきており、自然界の生物や人体はもちろんのこと、人間の受精卵やiPS細胞などの活用についても、日進月歩でその検討が進められてきています。昨今では、CRISPR-Cas9という人工制限酵素を使ったゲノム編集という技術が注目され、既に食料品や医薬品、あるいは様々な素材の開発に応用されていますが(それはそれで大問題をはらんでいます)、他方で、人体への適用も具体化・本格化されようとしているところです。しかしながら、その科学技術の進め方については様々な問題が起きており、とりわけ科学技術の社会的な観点から見た在り方、あるいは科学技術の組織のされ方、展開の仕方などなど、幅広い分野の専門家や市民の意見が反映されるべきものが、あたかも置き去りにされているかの観があります。言い換えれば、科学技術というものが、科学者の興味関心の野放図な開放や、金もうけ資本の功利主義的な営為、あるいは国家権力の身勝手な思惑に無原則にゆだねられ、近未来において、予期せぬ悲劇をもたらしかねない事態を生み始めているということです。今回は医療の現場から、この分野に強い関心を持っておられる上林茂暢先生においでいただき、ご講演をいただきます。


講 師:上林茂暢(かんばやし しげのぶ)さん
1967年東京医科歯科大学医学部卒業。1972年医療法人財団健和会柳原病院入職。1994年医療法人健和会みさと健和病院院長、1998年龍谷大学社会学部地域福祉学科教授を経て、現在、柳原病院在宅診療部、ゲノム問題検討会議賛同人

(上林先生は現役のお医者さんで、日々、患者さんを相手に奮闘されておられます。そのご多忙の中をご無理申し上げ、今回の講演をしていただきました。下記の当日録画をご覧いただければわかりますが、今回のご講演では、ご自身の経験を具体例としてお話されながら、日本の医学界、医療界、医療行政や医師会、病院や診療・診断の現場にはたくさんの問題があり、これが未解決のまま、医療技術の開発や医療研究の成果だけが、その一部分に過剰に光が当てられてもてはやされ、大騒動になっていることをご指摘されていました。医療や医学は、単に科学や技術の塊であるだけでなく、人間の社会的な営みであることを強調され、全ての問題を技術で解決しようとするのではなく、患者たる市民も交えた意見交換の中で社会的に解決していく努力が大事であることを講演で訴えておられたように思います。当日参加できなかったみなさまは、是非、下記の録画とレジメに目を通していただければと思います。:田中一郎)

◆(当日録画)20220427 UPLAN 上林茂暢「生命操作時代の科学・技術、社会」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=Zf2SJ1JQZTA
 https://www.youtube.com/watch?v=Zf2SJ1JQZTA

◆(当日のレジメ及び資料)
(1)https://drive.google.com/file/d/1GuzYRYHwRpmCNgKixA8TT6wN6Fp0ZGiu/view?usp=sharing
(2)https://drive.google.com/file/d/1LrUAPhNmBmD-9yHfNem_hlNeCmPx_IbT/view?usp=sharing


 <上林茂暢先生のご著書>
(1)診療科目の歴史と医療技術の進歩-上林 茂暢-山内 常男【共著】(日本医療企画)
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784864391818
(2)先端医療 - 上林 茂暢【著】(講談社)
 https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784061489745


 <関連サイト・情報など>
(1)医師・技術者が問う、原発と現代社会(上林・後藤・落合 2011.6.17)
 https://drive.google.com/file/d/10v7H5CAxz_lnSElCaKs07KMxWQcUhUHZ/view?usp=sharing
(2)拡大する着床前検査とすすむ生命操作(利光恵子『DNA通信 NO.153 2022.3.31』)
 https://drive.google.com/file/d/1PigBN28dP6lVnbsyLegsjmXmDWA7ypa8/view?usp=sharing
(3)生命操作の歩み=新たな世界をどう見るか?(天笠啓祐『DNA通信 NO.153 2022.3.31』)
 https://drive.google.com/file/d/1fw1a-vlH94ihkh1Dg8SX9hmouqhjZ0Qc/view?usp=sharing
(4)バイオテクノロジー基礎講座:「バイオテクノロジーと生命倫理と法」(神戸大学大学院法学研究科 丸山英二)
 http://www2.kobe-u.ac.jp/~emaruyam/medical/Lecture/slides/041022trikobe.pdf
(5)いのちを“つくって”もいいですか? 生命科学のジレンマを考える哲学講義-島薗進著(NHK出版)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033392554&Action_id=121&Sza_id=C0
(6)ゲノム操作と人権 新たな優生学の時代を迎えて-天笠啓祐著(解放出版社)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034095357&Action_id=121&Sza_id=E1
(7)ゲノム編集とは何? 何が問題?(天笠啓祐 2019.4.23)
 http://www.com-info.org/medical.php?ima_20190423_amagasa


<バイオテクノロジー連続講座 第2回>
◆(予約必要)(5.16)オルタナティブな日本をめざして(第74回):「「新型コロナ」ワクチンの正体と、その危険性」(天笠啓祐さん:新ちょぼゼミ)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2022/03/post-44b0b3.html

<バイオテクノロジー連続講座 第3回>
◆(予約必要)(5.21)オルタナティブな日本をめざして(第75回):「化学物質とエピジェネティクス」(渋谷徹さん:新ちょぼゼミ)(2022年5月21日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2022/03/post-2318ba.html

(予約の受付窓口)
*たんぽぽ舎(水道橋):TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
 https://www.tanpoposya.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
(上記にお電話していただき「受付番号」をもらってください)


 <いちろうちゃんのブログ>
(1)(報告)シンポジウム「そもそも命はだれのもの?」(天笠啓祐、島薗進、アーサービナード)& (悪質言論妨害)福井の高校演劇から表現の自由を奪わないで!顧問会議は『明日のハナコ』の排除を撤回してください。 ·- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/11/post-cf4b86.html

(2)(報告)(6.13セミナー)一線を越えた生命操作=新たな世界とその危険性(天笠啓祐さん)=「ゲノム編集」無政府主義とともに規制緩和・撤廃でやりたい放題となってきた「遺伝子治療」と「新型コロナ」ワクチン- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-7cbb6d.html


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー その1:2017-2022)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-2462a9.html
草々

 

« (5.4)今夏の参議院選挙へ向けた市民の「意見交換会」(明石町区民館):これからの「脱原発」運動をどうするか、「壊憲」阻止はどうすればいいのか、ウクライナ戦争をどう見るか、円安とスタグフレーションの下で経済政策をどうするか他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(57)(抜粋)(2022年3月~4月) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (5.4)今夏の参議院選挙へ向けた市民の「意見交換会」(明石町区民館):これからの「脱原発」運動をどうするか、「壊憲」阻止はどうすればいいのか、ウクライナ戦争をどう見るか、円安とスタグフレーションの下で経済政策をどうするか他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(57)(抜粋)(2022年3月~4月) »

最近の記事

無料ブログはココログ