« 本日(1/11)のいろいろ情報:(1)衆院選結果予想(2)「原発ゼロ」を衆院選公約に入れられない立憲民主党の末路(3)カジノ女・林文子と横浜市民(4)末法政治情勢他 | トップページ | 本日(1/14)の ちょっとだけ いろいろ情報:(1)日本国憲法の使いみち(2)朴槿恵・トランプ・安倍晋三(3)コロナ現況(4)「メモを読む まぶたばかりを 見せられる」(菅義偉)他 »

2021年1月13日 (水)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(119):福島第1原発事故10年(その1)=福島原発事故は終わらない

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(1.21)福島原発事故損害賠償 群馬 訴訟 控訴審判決公判:群馬弁護団ニュース NO.43 2021.1.1
https://bit.ly/3oyIS4p
ダウンロード - efbc88efbc91efbc8eefbc92efbc91efbc89e7a68fe5b3b6e58e9fe799bae4ba8be69585e6908de5aeb3e8b3a0e5849f20e7bea4e9a6ac20e8a8b4e8a89f20e68ea7e8a8b4e5afa9e588a4e6b1bae585ace588a4.pd


2.【ふくかな通信】東京高裁第5回控訴審は2月12日(金)午後1時集合です(第60号)
 https://bit.ly/38yovis


3.コロナ禍による困窮者急増があらわにした「公助」が貧弱な日本の実態 - 岡田幹治|論座
 https://webronza.asahi.com/national/articles/2021010900001.html

(当面する「反貧困」の4本の柱は、生活保障制度抜本改善、失業保険制度大幅拡充、正規公務員の大量新規採用(数百万人)、労働法制の抜本改革、です。決して巨額の現金バラマキではありません。もちろん、ベーシックインカムやヘリコプターマネーでもありません。今はやりのベーシック・サービスを展開するにしても、この4つは先行的に整備しなければいけません。:田中一郎)


4.岩波ブックレット シリーズ昭和史 全15冊
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032098377&Action_id=121&Sza_id=F2

(田中一郎コメント)
 少し前のTV放送で、日本と韓国の大学生が交流する番組があり、その時にTVに出ていた韓国の若者たちが、自国や朝鮮半島のみならず東アジアや世界の近現代史をよく勉強して知識が豊富なのに対して、日本の若者たちは世界や東アジアの近現代史どころか自国日本の歴史さえ、近現代史を含めて全く知らないといった状態だったことに驚きました。かつて大日本帝国が朝鮮半島やアジア大陸を侵略した歴史を知らないで、どうして韓国やアジア諸国ときちんとした外交や交流ができるでしょうか? 日本の学校教育における歴史教育の貧困・お粗末には唖然とするばかりです。ここ20年くらい前からは、歴史歪曲主義者たちが作成した「自国うぬぼれ史観」に基づく歴史歪曲教科書までが政治的な圧力の中で採用されるといった「末期症状」まで現れていました。

ところが、です。今日の日本にとって、日本の近現代史をきちんと知ることが極めて重要な社会情勢が出来てしまっているにもかかわらず、その肝心かなめの日本の近現代史・昭和史を教えてくれる図書がない、という悲惨な状態にあることが昨今分かりました。実は私も、再度、GHQ下での「戦後改革」の内容を詳しく知りたいと思って図書を探したのですが、何と1冊も見当たらない状態であることに気が付いたのです。岩波書店が2005年頃にシリーズで出していたこともありましたが、それは論文の寄せ集め全集のようなもので、戦後改革を一貫した視点で書いたものではありません。大学にいる学者どもは何をしているのかと改めて思った次第です。これでは若者たちが日本の近現代史を学ぼうと思っても学べないではないかというのが現実になっています。

そんな中、偶然、上記でご紹介する「岩波ブックレット シリーズ昭和史 全15冊」に、ふとしたことから出会うことになりました。この15冊はブックレットなので平易に書かれていて読みやすく、しかも薄いパンフレットのような冊子なので、構えて読む必要もありません。歴史を知りたい人には格好の入門書です。なお、日本の近現代史については、作家の広瀬隆さんがかなりお書きになっているので、ネットで図書検索してみてください。

(関連)(報告)(4.12)「明治150年の驕慢を斬る:日本近現代史の本当の話」(広瀬隆さん):オルタナティブな日本をめざして(新ちょぼゼミ 第10回)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/150-10-ce21.html


4.(他のMLでの議論:メール転送です)日本学術会議人事への政治介入問題について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本学術会議人事に対する歪んだ政治介入が、日本で全国民的な問題に広がっていかない大きな理由は、日本のマスごみの報道がゴミ化し、出来事のポイントをきちんと有権者・国民に伝えるという使命を果たしていないことから来ています。ポイントを伝えるどころか、問題のありかを見えなくする「攪乱作戦」(日本学術会議自身の組織が問題だ=抜本改革・刷新しなければいけない)を拡声器のように大宣伝しており、有権者・国民を惑わし、おかしな方向へと導いていくデマゴーグの端くれを演じています。

歪んだネット言論>TV>一部のゴミ売り新聞>東京・朝日・毎日の順で、マスコミ報道がゴミ化しています。TVでは、たとえばTBS「報道特集」のような政府に批判的なニュース番組であっても、その特集報道の中で「法律に総理の任命が書かれているのだから、総理や政府が任命しないことについては問題ではない。説明しないことが問題だ」などと発言する若い女性市民を登場させたりしていました。物事をきちんと考える訓練ができておらず、また、歴史についての勉強をほとんどしたことがない、若者ならぬバカ者が氾濫しているこの国で、こうした「形式論」が若い世代に無批判的に受け入れられてしまう土壌ができてしまっているのです。頂点盲従主義や横へ向かっての同調圧力の強い翼賛社会的体質をかかえつつ、現在日本が新しいタイプのファッショ社会の一歩手前にあるということを意味しているように思えてなりません。あの著名なニーメラー牧師の「ナチス繁殖への反省」の言を思い出してみればいいでしょう。

(関連)マルティン・ニーメラーのことば
 http://www.syuppan.net/kyoto/s2-kan-07.htm

しかし、問題はそれだけではありません。アベスカ政権や自民党から攻撃を受けている当事者の日本学術会議自体が「ヘタレ牛」状態にあり、世の理不尽ときちんと対決し、おかしなことは了解しない・徹底して抵抗する、という姿勢を示していないことです。へっぴり腰の牛を後ろから押しても、所詮はヘタレです。応援しがいがありません(日本学術会議の「ヘタレ牛」化のプロセスは池内了氏(名古屋大学名誉教授)の岩波新書の2冊目に詳しく書かれています)。今から100年近く前の大日本帝国時代、滝川事件や美濃部事件があった時の、当時の学者たちや学生たちの、その勇気ある断固とした抵抗や闘いを伝え聞くに、戦後の日本の学術界・学問の世界の堕落・腐敗は目を覆わんばかりです。学者はいかに乞食たりうるか、これを実践できないような奴は、さっさと学者などやめて、自民党政権や企業にでも雇ってもらえばいいでしょう。

(関連)歴代会長・副会長一覧|日本学術会議
 http://www.scj.go.jp/ja/head/kakolist.html

(関連)科学者と軍事研究-池内了/著(岩波新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033694036&Action_id=121&Sza_id=E1
(関連)科学者と戦争-池内了/著(岩波新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033446844&Action_id=121&Sza_id=E1

たとえば、日本学術会議の会長の態度を見てみれば、現会長の梶田隆章が典型的な「ヘタレ牛」であることは、既に前川喜平元文部科学次官が批判したところでもあります。また、その前の山極壽一会長(元京都大学長)はともかく、その前の太西隆会長(元豊橋技術科学大学長)などは、豊橋の大学長時代に「安全保障技術研究推進制度」への応募を推進したり、また、日本学術会議会長として、その委員人事について事前に官邸へお伺いを立てたりしていた、まさに「日本処世術会議」の会長のような人物だったわけで、こんな組織が、こんな連中が、さてはたして、これからきちんとした日本の科学や技術の発展や日本国民の平和と福祉のための研究開発を推進していけるのかという、根本的な疑問が出ているのです。

(関連)前川喜平氏 学術会議梶田会長に「腰砕け」…菅首相の思うつぼ(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/3476ff3dde2b65a9b12e0bbcfda009b2a5351c1e

日本という国の不幸は、欧米社会とは違い、医者、学者、弁護士、という「3大自由知識業」を担う人間たちの多くが、ロクでもない人間達である(頂点盲従主義=こんな態度で真実探求の研究活動ができるのか?)、というところにあります。


5.菅義偉スカ政権 早く消えてしまえ!
(1)菅内閣の支持率41.3%、前回から9.0ポイント急落 不支持率は42.8% 世論調査:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/79137
(2)JNN世論調査、内閣支持と不支持が逆転 コロナ対応で軒並み厳しい評価|TBS NEWS
 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4170858.html
(3)【菅義偉】「失言恐れて…」菅首相が緊急事態宣言発令説明をトンズラ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/283552
(4)松尾貴史 菅首相を痛烈批判「『仮定の質問』に答えられない無能はトップに立つべきではない」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a74e44894ee1f6c53a553fb4d6be456a238b307d
(5)菅義偉首相の緊急事態宣言が遅れた言い訳がもはやホラー!「専門家と医療業界が年末年始に感染者が少なくなると考えたから」|LITERA/リテラ
https://lite-ra.com/2021/01/post-5757.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
(6)菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!支援策打ち切りを隠し、結婚式の祝辞のような締め台詞|LITERA/リテラ
https://lite-ra.com/2021/01/post-5758.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
(7)専門家や組織委理事が「五輪は無理」…それでも菅首相は開催強行、医療逼迫を無視して1万人の医師・看護師を無償で五輪に動員|LITERA/リテラ
https://lite-ra.com/2020/12/1-2.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
(8)【2020年読まれた記事】菅首相に抵抗し飛ばされた元総務官僚・平嶋彰英がジブリの雑誌で青木理に語った恐怖支配の実態!「あそこまでひどい人はいない」|LITERA/リテラ
https://lite-ra.com/2020/12/post-5747.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push

*日刊IWJガイド・日曜版「『錯乱』したトランプに核ボタン押させるな!と下院議長が軍トップと協議! ロンドン感染拡大『制御不能』! 国内新規感染過去2番目7775人!」2021.01.10号~No.3041号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/48071
================================


「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(119):福島第1原発事故10年(その1)をお送りいたします。爆発を伴った福島原発事故のすさまじさと放射能汚染の広がりに震え上がり、私ども一家は事故後まもなく実家のある大阪に避難しました。あれから早10年です。しかし、悲しいかな情けないことに、この国では未だに原発・核燃料サイクル施設は止まらず、何度も実施された国政選挙で脱原発が「争点」になることもなく、ただただ被害を受けた福島県民やその周辺県の人たちを踏みつけにして、放射能安全神話・被ばく安心神話の上に新たな「原子力翼賛社会」が形成されつつあります。まるでアジア太平洋戦争時の大日本帝国のごとしです。このまま放置すれば、今ある日本の原子力施設は、近未来に必ず過酷事故を再び引き起こします。我々が、原子力ムラ・放射線ムラの原発・核燃料サイクルによって物理的に滅ぼされるか、我々が彼らを社会的に永久に葬り去るか、二つに一つの最終戦争が本格化しています。妥協や話し合いによる解決などないのです。

 <別添PDFファイル>
(1)「原発事故、起こるべくして起きた」東電元エースの告白(朝日 2021.1.12)
(2)新基準適合見込みは1基、今年の原発審査、島根2号機以外 終了見通せず(東京 2021.1.8)
(3)福島原発事故、幕引きの動き あらがう:木村真三独協医科大准教授(東京 2021.1.9)
(4)原子力推進の看板展示へ 福島・双葉の伝承館に(東京 2021.1.9)
(5)福島第一に高濃度汚染部分 2・3号機 廃炉工程見直しも(朝日 2020.12.30)
(6)置いて染水の海洋放出は必要ない:デブリ保管をめぐって(イントロ部分)(筒井哲郎『世界 2021.2』)
(7)これは「復興」ですか?(第45回)ホープツーリズム(豊田直巳『科学 2020.12』)
(8)原発事故で天皇避難を打診 当時の菅直人政権、宮内庁断る(東京 2020.12.30)
(9)原発「持続可能」は変だ(東京 2021.1.8)


1.(別添PDFファイル)「原発事故、起こるべくして起きた」東電元エースの告白(朝日 2021.1.12)
 https://www.asahi.com/articles/ASNDS2HMPNC5ULFA036.html

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)3カ月後、政府などの調査とは別に、東電は自らも「福島原子力事故調査委員会」を立ち上げ、事故の究明に乗り出した。計画停電の対応などに忙殺されていた男性は、上司から調査報告書をとりまとめるよう命じられた。しかし、調査は事故の経過や現場で起きていた事実の積み上げに多くの時間が割かれ、肝心の事故原因の分析になかなか進まない。男性が報告書の原案で事故原因に触れようとすると、会長の勝俣恒久ら経営陣からは厳しい言葉が飛んできた。(中略)男性は「事故は天災で防ぎようがなかっだというシナリオを求めている」と感じたという。

(中略)「細かい不具合をゼロにすることばかりに集中し、大きな視点で安全を考える余裕がなくなっていました。それで、津波という最も肝心なリスクに向き合えなかった。不具合を何件減らしたということの方が重要になっていったんです」

(中略)「04年ごろ、男性が全社の危機管理を担う部署の担当だったときのことだ。想定しうる最も重大で影響度の高いリスクを各部門から聞き出すのが任務だったが、原子力部門はいくら催促しても小さなリスクしか出してこなかった。あるとき、男性は原子力の担当者に問いかけた。「原発が事故を起こし、放射能を外部に放射するようなリスクシナリオはあるのではないですか」(中略)返ってきた答えは「そういうリスクは全部排除されていますのであり得ません。安全はすでに確立されています」

(中略)その後も07年に東電を含む電力各社で原発の検査データの改ざんなどが相次いで発覚。東電は同年7月に新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原発での対応も後手に回り、批判された。何度もリスク管理を抜本的に改めるべき契機があったか、そうはならなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)新作短編映画『東電刑事裁判 不当判決』を公開しました!
 https://youtu.be/VY-iMQsxkNU

(関連)福島原発告訴団
 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.com/
(関連)福島原発刑事訴訟支援団|東京電力福島原発事故の真実と責任の所在を明らかに
 https://shien-dan.org/

(田中一郎コメント)
 この記事によれば、勝俣恒久他元東電幹部たちは、福島第一原発事故に関連した取材には一切応じていないそうである。裁判では「オレは知らない、関係ない、全て任せていた」などと言い逃れを続け、見苦しいまでに逃げ回っている。単なる無責任のみならず人間としての品性が疑われる連中だ。しかし、このロクデモナイ東京電力元幹部3人に対して、東京地裁の永渕(ながふち)健一裁判長・今井理判事・柏戸夏子判事補は無罪判決を下しているし、そもそも福島第1原発事故の責任者たちについては、日本の検察はただの一人も起訴しなかった。巨悪を放免する検察の責任者や、それに追従して無罪判決を下す裁判官どもは、いずれ「処分」する必要があることを申し上げておく。

かつてアジア太平洋戦争を引き起こした昭和軍閥どもを日本が自分自身の手で裁くことができずに、東京裁判がそれを代行するような形で行ったにもかかわらず、その東京裁判にいちゃもんを付けているバカがいるが、今日でも、それと同じようなことが福島第1原発事故で起きている。およそ有識者などと言っている連中で、福島第一原発事故の責任とその追及に関してキチンとしたことが言えないような人間達は皆ニセモノであると心得た方がいい。そして今日の日本が、そんなニセモノだらけであふれかえって、再びの原発・核燃料サイクル施設の過酷事故を再発させようとしていることについても警告を発したい。


2.(別添PDFファイル)新基準適合見込みは1基、今年の原発審査、島根2号機以外 終了見通せず(東京 2021.1.8)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/78744/

(関連)中国電力・島根原子力発電所3号機の運転をやめさせる訴訟の会
 http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/3goro/
(関連)さよなら島根原発ネットワーク
 http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/index.htm

(関連)「県都消失」にもなりかねない 中国電力・島根原発再稼働を許さない(党島根県委員会政策委員長(共産党県常任委員) 遠藤秀和)
 https://bit.ly/3iaMAPf
(関連)山陰中央新報社|原発2基稼働 反対が最多 本社世論調査 島根38.2%、鳥取37.6%
 https://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1563427687137/index.html
(関連)再稼働反対 4万人署名 島根原発 - ヒロシマ平和メディアセンター
 http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=6227
(関連)(社説)島根原発3号 「30キロ圏」が地元だ:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S13522087.html

(関連)土光均:米子市議会議員公式ホームページ
 http://dokohitoshi.mimoza.jp/
 http://dokohitoshi.mimoza.jp/profile.html#

(島根原発が再稼働審査OKの予定だなどと、ご冗談でしょう!? 東京新聞には、こんな記事を書く前に、ちゃんと現地を取材していただきたいですね。:田中一郎)


3.(別添PDFファイル)福島原発事故、幕引きの動き あらがう:木村真三独協医科大准教授(東京 2021.1.9)
 https://bit.ly/3nDfloT

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東北道二本松インターら車で数分。もとは保健所だった少し古い二階に、木村真三の研究拠点がある。

(中略)事故当時、厚生労働省所管の労働安全衛生総合研究所に勤めていた。職場に「勝手な行動を慎むように」と指示が出た。事故の二日後、辞表を総務課長の机に置いて福島に向かった。それほどスピードにこだわった。一九九九年の茨城県東海村のジェー・シー・オー(JCO)臨界事故で、当時勤務していた放射線医学総合研究所(放医研)の初動が遅く、満足な調査結果を得られなかったからだ。

(中略)測定は市の事業で、無料。だが、人々の原発事故の記憶が薄れているのは否めない。測った市民は二〇一三年度の年間九千二百人がピークで、一九年度は七百人程度にまで減った。

放射能汚染の実態はどうか。木村らは一階にある測定器で、市民が食べている物や地元の土、コケなどの放射性セシウム濃度を測り続けている。飯館村で昨秋採れた物を使ったマツタケごはんから、一㌔当たり4000ベクレルを検出した。同100ベクレルの食品基準を大幅に超え、食べれば内部被ばくする。山は除染されていないので、野生のキノコや山菜の汚染は続く。住宅地でも除染作業はほとんどの市町村で終わったものの、局地的に線量が高いホットスポットが点在する。

(中略)地球環境科学の博士号を事故翌年に取得。「現地で何が起きているのかを研究すれば、日本で事故が起きたときに備えられる」と考え、同じ年から旧ソ連・ウクライナやベラルーシのチェルノブイリ原発事故の被災地を調査し始めた。研究員の任期が切れると、幼なじみのつてで、東京で塗装作業員をして生活費と研究費を稼いだ。

一年の四分の一は現地に滞在。空間や土壌、作物などの汚染状況、住民の食べ物のセシウム濃度と内部被ぼく量を調べる。移住先になじめず故郷に戻ったお年寄りらの愚痴に耳を傾け、食料や医薬品を届ける。汚染状況や被ばく量を調べるのは「住民への放射線の影響や被ばくのリスクを調べるための道具。データをきちんと吟味するために、根拠のある値を自分で集める」という。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(木村真三氏=覚悟が決まった人、というイメージがある。覚悟が決まった人のリベラルは美しいが、その逆のウロウロ型似非リベラルは不快感・失望感が漂う。立憲民主党の現執行部とそのトリマキたち=枝野幸男、福山哲郎、岡田克也、泉健太、長妻昭、平野博文、安住淳、・・・・、もういい加減に「脱原発」の覚悟を決めたらどうか! この期に及んで見苦しい真似はするな! :田中一郎)

(関連)合流新党の理念、議員獲得を優先? 原発ゼロ明記せず:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN8W6RPBN8WUTFK005.html

(関連)原発ゼロが嫌なら一緒にならなくていい - 武蔵野市議 川名ゆうじ blog
 http://blog.livedoor.jp/go_wild/archives/52567166.html


4.(別添PDFファイル)原子力推進の看板展示へ 福島・双葉の伝承館に(東京 2021.1.9)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/78780

(こんなインチキ伝承館なんぞではなくて、福島県庁の入り口に1つ、JR福島駅正面入り口(東口)に複製をもう一つ、大きく目立つように展示しておいたらどうや。福島県民の「原発は絶対にダメ」という総意のシンボルとしてだ。:田中一郎)

(関連)菅政権は第三次安倍政権にすぎない。原発推進政策はまったく変わらない!-(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/fa6c62ef8ef139508577502ff9c7b8c348cd0d83?page=2

(関連)国や東電の批判NG- 伝承館語り部に要求、原稿添削も:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN9Q63FQN9CUGTB00H.html


5.(別添PDFファイル)福島第一に高濃度汚染部分 2・3号機 廃炉工程見直しも(朝日 2020.12.30)
 https://www.asahi.com/articles/ASNDY6J6SNDGULBJ013.html

(関連)(別添PDFファイル)汚染水の海洋放出は必要ない:デブリ保管をめぐって(イントロ部分)(筒井哲郎『世界 2021.2』)
ダウンロード - e6b19ae69f93e6b0b4e381aee6b5b7e6b48be694bee587bae381afe5bf85e8a681e381aae38184efbc9ae38387e38396e383aae4bf9de7aea1e38292e38281e38190e381a3e381a6efbc88e382a4e383b3e38388e7ad92e4ba95e3808ee4b896e7958ce3808fefbc89.pdf

(できもしない廃炉に巨額の税金を突っ込んで「やってまっせ」のアリバイ仕事、原子力ムラ連合が福島県民に対して「美人局:つつもたせ」の詐欺行為を働いて「その気にさせ」、片方で「安全・安心キャンペーン」やら「復興五輪」やらを展開してフクシマ復興を演出し、原発事故は克服されたなどと嘘八百を宣伝しまくる。福島第一原発事故後に悪質な国家犯罪が進行中だ。炉心溶融デブリをめぐる技術的な問題については、岩波月刊誌『世界』(2021/2)の筒井哲郎氏の論文をご覧いただきたい。ところで、苦労して取り出した危険な溶融デブリを、いったいどこへもっていくの? どうせどこも受け入れてくれないから福島第1原発に置いておけとなるに決まっているのだから、そんなもの取り出してどうするのか? また、上記朝日新聞記事にもあるように、原子炉の取り出し口のところが猛烈な放射能汚染だという。どうするの? 格納容器に横穴を開けるなんて、バカなことを考えてんじゃないでしょうね! :田中一郎)


6.東電が多核種除去設備を8年近く“試験”運転 「仮設」という指摘も(木野龍逸) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/kinoryuichi/20201227-00214692/

(関連)木野龍逸の記事一覧 - 個人 - Yahoo!ニュース(必読記事満載:田中一郎)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/kinoryuichi/ 


7.(別添PDFファイル)これは「復興」ですか?(第45回)ホープツーリズム(豊田直巳『科学 2020.12』)
ダウンロード - e38193e3828ce381afe3808ce5bea9e88888e3808de381a7e38199e3818befbc9fe3839be383bce38397e38384e383bce383aae382bae383a0efbc88e8b18ae794b0e79bb4e5b7b3e3808ee7a791e5ada6202020.12e3808fefbc89.pdf

(関連)豊田直巳写真展『フクシマ~尊厳の記録と記憶』を世界中で!プロジェクト - クラウドファンディングのMotionGallery
 https://motion-gallery.net/projects/fukushima7yearsphoto


8.(別添PDFファイル)原発事故で天皇避難を打診 当時の菅直人政権、宮内庁断る(東京 2020.12.30)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/77331

(コレ、本当の話なの? どうも脚色臭いのよね。東京新聞は「ウラ」取ってあるのかな?:田中一郎)


(9)(別添PDFファイル)原発「持続可能」は変だ(東京 2021.1.8)
ダウンロード - e58e9fe799bae3808ce68c81e7b69ae58fafe883bde3808de381afe5a489e381a0efbc88e69db1e4baac202021.1.8efbc89.pdf

(関連)原子力は持続可能なエネルギーか? 市場・デモクラシー・倫理が決める原子力の行く末(環境エネルギー政策研究所 飯田 哲也)
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaesjb/54/2/54_97/_pdf


10.【災害】雪なしの不気味な富士山…「地震と噴火の前兆」って本当?|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/283012

(富士山噴火=真っ先に浜岡原発が念頭に浮かぶ。原発が全基止まっていても使用済み核燃料があるから、危険極まりないことには変わりがない。火山灰が降るだけでも危ないのに、そこに火砕流や溶岩流が流れてきたら、これまた静岡も神奈川も東京も「一巻の終わり」となる。理解されているのかな? :田中一郎)


11.更田委員長が虚偽説明--原子力規制委の事前会議問題 | 週刊金曜日オンライン
 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2020/05/19/genpatsu-15/

(関連)原子力規制委 更田委員長の「虚偽説明」明白に 事前会議の音声記録入手 資料を基に議論主導 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200325/k00/00m/040/232000c

(国会では共産党の議員が追及したようだが、他の野党は何をしているのか? こいつは、これ以外にも、口先だけの「リップサービス規制」をしているだけで、肝心かなめの原発・核燃料サイクル施設の安全確保のことなど微塵も重視していない。常識で考えて、絶対にOKをしてはいけない柏崎刈羽原発と東海第二原発にまで、再稼働OKの審査結果も出した。おまけに福島第1原発のトリチウム汚染水を海に棄てろ、棄てろ、と繰り返し煽りまくっている。上記にあるように、関西電力の若狭湾原発の再稼働審査で大山火山噴火の危険性(降灰量評価)をゴマかしてウソこいだのだから、規制委員長は解任されてしかるべき。国会は何をやっとるのか!? 原子力に「寄生」して、原子力の「規制」はできない。原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は解体しなければいけない。

(関連)関電火山灰問題:美浜の会
 http://www.jca.apc.org/mihama/News/news159/news159kazanbai.pdf
 http://www.jca.apc.org/mihama/News/news161/news161kazanbai.pdf


12.その他
(1)(東日本大震災10年へ 3・11の現在地)再稼働へ東電・国、根回し着々 事故処理費用、柏崎刈羽カギ:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14746348.html?ref=mor_mail_newspaper
(2)「ヤクザもんは社会のヨゴレ、原発は放射性廃棄物というヨゴレ」潜入記者が見た福島の“異様”さ(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b2a65d9887d2510fec729112f210eded1adc9791
(3)「原子炉容器、60年程度の劣化なら安全」市民の疑問をHPで回答、京都・舞鶴市 国や関電説明も(京都新聞) - Yahoo!ニュース
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/457046
(4)関電、中間貯蔵施設候補地示せず 2度目の約束反故 福井知事「議論入れない」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://mainichi.jp/articles/20201226/k00/00m/040/118000c
(5)使用済み核燃料の搬出先探し時間切れ…白紙になった関西電力の福井県内原発再稼働:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/78991
(6)時代に流された日立 賭けに敗れた東芝(日経ビジネス) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/40cf5157be63b5fc78b8a336b55ce2e8aab5510b
(7)菅政権は第三次安倍政権にすぎない。原発推進政策はまったく変わらない!-(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/fa6c62ef8ef139508577502ff9c7b8c348cd0d83?page=2
(8)大飯原発で7人目の感染者 福井県内で新たに2人の感染を確認(福井テレビ)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/5cda646fa85bc84a2ceddc57dcb5bc8056af31b9
(9)長官来県に「いよいよ来た」東電と経産省、再稼働へ着々:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASNDV5T89NDCULFA03D.html?ref=mor_mail_topix2
(10)福井・高浜原発 舞鶴市議会、再稼働容認 市民団体、反対訴え 市役所前 京都 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20201226/ddl/k26/040/291000c

*鹿児島・諏訪之瀬島が噴火 気象庁、警戒レベル3に- 日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG273RQ0X21C20A2000000

(川内原発が危ない。火山大噴火が来るか、それとも南海大震災・大津波か? 上記はそれを「予告」している。:田中一郎)
草々 

« 本日(1/11)のいろいろ情報:(1)衆院選結果予想(2)「原発ゼロ」を衆院選公約に入れられない立憲民主党の末路(3)カジノ女・林文子と横浜市民(4)末法政治情勢他 | トップページ | 本日(1/14)の ちょっとだけ いろいろ情報:(1)日本国憲法の使いみち(2)朴槿恵・トランプ・安倍晋三(3)コロナ現況(4)「メモを読む まぶたばかりを 見せられる」(菅義偉)他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日(1/11)のいろいろ情報:(1)衆院選結果予想(2)「原発ゼロ」を衆院選公約に入れられない立憲民主党の末路(3)カジノ女・林文子と横浜市民(4)末法政治情勢他 | トップページ | 本日(1/14)の ちょっとだけ いろいろ情報:(1)日本国憲法の使いみち(2)朴槿恵・トランプ・安倍晋三(3)コロナ現況(4)「メモを読む まぶたばかりを 見せられる」(菅義偉)他 »

最近の記事

無料ブログはココログ