« (他のMLでの議論です)松尾匡立命館大学教授「連載最終回:支配エリートが進める現代版「帝国主義」と闘うにはどうすべきか? 現代新書」をめぐって | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(115):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その16) »

2020年9月13日 (日)

選挙戦は「戦国大名のイクサ」の仕方を見習え=「市民と野党の共闘」総大将の立憲民主党が、協力野党各党へ万全の謝礼と礼節をもって多数派を形成し、共通政策綱領を掲げながら「NEXTキャビネット」を創りプレゼンスを高めよ

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです:みなさま、新聞を取るなら東京新聞です)
================================
1.(別添PDFファイル)ドコモ口座ないのに被害…成り済ましで開設される:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/55243

(田中一郎コメント)
 IOTだ、情報社会だ、キャッシュレスだ、などと、インチキ政府に踊らされて、ITツールを軽率に使っているうちに、いよいよこの日本にも「成りすまし社会」という、うっとうしい限りの社会が到来しようとしているようである。ドコモなど持ってないのに、自分は全く与り知らないのに、他人や他の会社などが勝手に自分の財産(今回は銀行預金)を自分に「なりすまし」て使っている、こんな事件が起きてしまった。記事を読んでみれば、ドコモも銀行も共に営業優先で本人確認をおろそかにして、利益欲しさで突っ走っていたことが見て取れる。しかもだ。この犯罪事件がマスコミにより大々的に取り上げられて世の中に騒ぎが起きるまで、この犯罪の被害者になった人が、NTTドコモや銀行に問い合わせて財産の回復を訴えても、彼らは「知らぬ存ぜぬ対応できぬ」の態度を繰り返していたのだ。そして監督官庁の金融庁の役人までが「セキュリティ強化は利便性向上に逆行する」などと言っているのだからお話にならない(申し訳程度の報告書を求めている)。IOT社会の正体がここに如実に表れている。

大事なことは、この「成りすまし被害」は、この事件にとどまらないことだ。まもなく日本最大の「成りすまし事件」が起き、日本国中が大騒ぎになる日も近いだろう。それは前々から私が申し上げてきた「マイナンバー」である。こんなものは危ないだけでクソの役にも立たないのだが、既にわずかばかりのエサに釣り上げられて、マイナンバーカードを作った人間も少なくない。愚か極まる話だ。いつのまにか自分の財産(マイナンバーの場合はわずかばかりの銀行預金とは限らない)が「成りすまし」人間や組織にかすめ取られる日がやってくるだろう。そしてその場合、上記でも事件の最初に見られたように、その被害をどこも助けてくれはしないのだ。「マイナンバー制度」は「ドコモ口座」とは違って役人たちが運営をしている。役人がユーザーのために何かをしてくれるなどと思っているとしたら、相当に世間知らずかお人好しだと思っておいた方がいい。「マイナンバー制度」に関するトラブルはすべて「断固とした自己責任原則」が貫かれるだろう。被害者の面倒など、いちいち見てられるか、というのが、推進をしている連中の偽らざる本音である。そして海外では、「マイナンバー制度」と同じような制度で「成りすまし被害」が多発している。

また他方では、日本人の全個人情報がマイナンバーにひも付けられて全世界に丸裸にされてオープンとなる日もやってくるに違いない。その時になって嘆いてみても、もう手遅れなのは自明のことである。明るみに出されてしまった個人情報は、どこの誰によるかはわからないが記録保存されて、消去することは不可能となる。そして「成りすまし被害」の潜在的予備軍となる。税制や社会保障をかじったドアホの大学教授どもやマスごみたち、IT利権にどっぷりつかった政治家オヤジたちが「マイナンバー制度」を推奨しているが、そんなものを真に受けてはいけないのだ。「マイナンバー制度」は一刻も早く廃止、これしかない。

危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html

(関連)1分間で30万円…計60万円被害の女性「恐怖でした」 ドコモ口座不正引き出し:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/55247
(関連)ドコモ口座不正、73件に拡大 被害1990万円、12銀行:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/54938
(関連)対応後手、遠い全容把握 ドコモ口座不正引き出し:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/54799
(関連)ドコモ口座不正引き出し問題でスマホ決済の安全性への不信再び 本人確認の不備突かれ、被害全国に:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/54633

(関連)(別添PDFファイル)「ドコモ口座」仕組は?(毎日 2020.9.11)
 https://mainichi.jp/articles/20200911/ddm/008/020/050000c


2.福島第一原発事故損害賠償裁判
(1)(別添PDFファイル)(チラシ)(9.23)原発被害者集団訴訟 千葉第2陣控訴審
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc88efbc99efbc8eefbc92efbc93efbc89e58e9fe799bae8a2abe5aeb3e88085e99b86e59ba3e8a8b4e8a89f20e58d83e89189e7acacefbc92e999a3e68ea7e8a8b4e5afa9.pdf
(2)(別添PDFファイル)(チラシ)(10.2)福島原発かながわ訴訟 第3回控訴審
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc88efbc91efbc90efbc8eefbc92efbc89e7a68fe5b3b6e58e9fe799bae3818be381aae3818ce3828fe8a8b4e8a89f20e7acacefbc93e59b9ee68ea7e8a8b4e5afa9.pdf


3.イベント情報
(1)(10.1)第8回「withコロナの経済政策を語る」議員シンポ(99%経済政策フォーラム)
 https://99forum.jimdofree.com/
(2)シンポジウムのおしらせ – ゲノム問題検討会議
 https://genome714.com/%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%89%e3%81%9b/


4.キャンペーン
(1)自然やエコツアーを愛する市民のみなさま、H.I.S.さんに一緒にお手紙を送りませんか? · Change.org
 https://cutt.ly/3fITN3U
(2)日本で唯一!患者さんのためのマネーデータベース「製薬会社と医師」2018年度版も作りたい! - クラウドファンディングのMotionGallery
 https://motion-gallery.net/projects/db2018

(関連)新薬承認のキーマンに流れる製薬マネーの驚愕-医薬品・バイオ-東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/articles/amp/373148?display=b


5.ガラクタ政治家たちが選ぶゴミクズ首相:自民党を選挙で全員落選させよう
(1)【河野太郎】河野防衛相「解散は10月」宣言 リップサービスの可能性も|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278533
(2)【菅義偉】「安倍なき安倍政権」という首なしお化けのような新政権|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278485
(3)【菅義偉】国民総のけぞりスカスカ菅演説 原稿棒読みまで継承のア然|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278480
(4)【菅義偉】人気だから? 菅長官「自費出版本」10万円急騰のカラクリ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278479
(5)【菅義偉】菅氏1000万円銅像計画にドッチラケ…地元秋田の発起人直撃|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278534
(6)【二階俊博】菅陣営の推薦人に入閣待望組 二階派の露骨すぎる猟官運動|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278482
(7)<菅義偉という男の暗さと不気味>いくら大メディアが持ち上げても隠せない 陰湿な安倍亜流(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/641.html
(8)政策反対なら官僚は異動 菅氏 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6371016
(9)総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書! 菅の圧倒的優勢でも「公平・公正な報道」を求めたのは政権誕生後の圧力を正当化するため |LITERA/リテラ
 https://cutt.ly/pfIT6xY


6.その他
(1)(別添PDFファイル)日本国民は蒙昧の民か(前川喜平 東京 2020.9.13)
ダウンロード - e697a5e69cace59bbde6b091e381afe89299e698a7e381aee6b091e3818befbc88e5898de5b79de5969ce5b9b320e69db1e4baac202020.9.13efbc89.pdf
(2)二階幹事長が続投へ 自民役員 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6370775
(3)(別添PDFファイル)道路橋修繕6割未着手、4万3000力所 自治体の財源・人手不足(東京 2020.9.12)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO62016110Y0A720C2EE8000/

(関連)橋・トンネル、早期修繕必要8万カ所 全国老朽化点検「5年以内に」:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/15278
(関連)老朽化の現状・老朽化対策の課題(国土交通省)
 https://cutt.ly/XfIYBa5

(人口減少社会の下で、かつて高度成長時代に整備されたインフラを、今後どのように取捨選択して維持・更新していくかは、現在の日本にとって重大な問題です。しかし現状は、オリンピックだの万博だの、原発だの高速道路だのと、肝心なインフラ整備そっちのけで税金を湯水のように無駄遣いしている状態にある。いい加減にバカをやめないと、いずれどうしようもない事態になるぞ! :田中一郎)
================================


(他のMLでの議論です:私が発信したものは一部加筆修正しています)

選挙戦は「戦国大名のイクサ」の仕方を見習え=「市民と野党の共闘」総大将の立憲民主党が、協力野党各党へ万全の謝礼と礼節をもって多数派を形成し、共通政策綱領を掲げながら「NEXTキャビネット」を創りプレゼンスを高めよ

1.(メール転送です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆さん
以下は千葉県内の事例を取り上げていますが、全国的な問題です。小選挙区で共産党候補は勝ち目がないから立候補しなくてもよい、という単純で横柄な考え方は厳に慎むべきです。

千葉県内では来る衆院選の5区と7区で共産党候補と立憲民主党候補が重複する事態となっています。2017年衆院選の分析は中身が完了したものの、禁断?の分析結果もあり、全体の公表をしていませんが、この事態に関係している部分の一部をご紹介します。

ある小選挙区で、立憲野党の比例区票より野党統一候補の小選挙区票が上回れば、各党の支持者がこぞって野党統一候補に投票したであろうことが推測されます。17年選挙の野党統一区は下記の3選挙区のみですが、3区と6区が該当します。ところが5区は立憲野党の比例区票より野党統一候補の小選挙区票が下回っているので、おそらく共産党支持者のかなりが野党統一候補に投票しなかったことが推測されます。

野党統一効果の検証:       
                  3区/      5区/ 6区
野党統一候補の小選挙区得票数 52,018/      62,894/     65,281
17年の立憲民主党の比例区得票数     37,528/     51,968/       43,989
17年の共産党の比例区得票数  11,006/     15,616/     15,798
17年の社民党の比例区得票数  1,789/      2,361/      2,430
3党計             50,323/   69,945/     62,217

野党選挙共同では互恵原則が重要ですが、共産党が統一候補になる選挙区が1つもないようでは、共産党支持者からすれば非共産の野党統一候補に投票する意慾が薄まることはあっても高まることはないでしょう。つまり共産党が統一候補になる選挙区が1つもないということは、立憲民主党主体の野党統一候補の当選に悪影響を及ぼしかねない問題なのです。

現に7区のある共産党員は7区で立憲民主党が候補を立てることに激怒しているということです。それは6区を含め、他の選挙区に波及する可能性があります。7区(自民党は斎藤健)はどうせどの野党候補も勝ち目はないから重複しても実害はない、とは言い切れないわけです。こうした観点からも立憲野党候補の重複立候補問題をとらえる必要があると思います。(太田光征)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.私が発信したメール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の住む東京12区の共産党候補=池内さおり氏を「市民と野党の共闘」の全野党・全市民が一致協力して応援せよ

太田さん、おっしゃるように非常に大事な問題です。
私がいつも申し上げているように、現代における選挙は、昔々の戦国時代における「イクサ」とほぼ同じです。負けても一族郎党の命がなくならない点が違うだけです。にもかかわらず、「市民と野党の共闘」の総大将である立憲民主党の現執行部は、全国本部も東京本部も共に、自分たちの「市民と野党の共闘」に協力をしてくれる共産党や社会民主党、新社会党に対する態度がなっていません。こんなイクサの仕方をしているなら、何度やっても勝ち目はないと見ていていいでしょう。本音は「勝ちたくないのでは?」と思わせるような振る舞いです。あんたら、本音は自民党補完の批判野党でいたい、ではないの? と突っ込みたくなるような態度なのです。

このまえの2019年参院選でもそうでした。兵庫選挙区と大阪選挙区の立憲民主党と共産党の候補者を調整して、どちらかがおりて一方が他方を応援支援していれば(例:大阪は共産だけ、兵庫は立民だけ)、兵庫でも大阪でも、立憲民主党と共産党は少なくとも1議席ずつはそれぞれ確保できたように思えます。しかし、そんな程度のこともしないで共倒れしているのですから、勝つ気がないと言われても仕方がないでしょう。国政選挙では「大将」は共産党ではなくて立憲民主党の方なのだから、その大将が全体最適=つまり「市民と野党の共闘」の最大議席実現のため、礼を尽くして協力野党の共産党や社民党に働き掛けを行い、彼らの相応の議席が確保できるよう、取り計らうのが総大将の役目というものです。しかし、これまでの選挙で、こうしたきちんとした選挙協力=立憲民主党から共産党や社会民主党への礼節ある対応を私は見たことがないのです。それでいて、選挙では負けてばかりいますから、お前らいい加減にしないと、ぶっ飛ばすぞ、という話でしょう。

この選挙協力=候補者一本化をどうしていくかは、まさに総大将=立憲民主党執行部の専管事項と言ってもいいくらいです。それは千葉県や東京都だけで小さくまとまっているのではなく、全国規模での利害調整を行い、少なくとも小選挙区で共産党には4議席(東京12区、京都、大阪、沖縄)を実現し、社会民主党には2議席(沖縄、大分)が実現できるよう全力を挙げなければいけません。その代わりに、その他の選挙区では、全選挙区で自分たち立憲民主党の候補者の応援を協力他野党にしてもらえばいいのです。

私はこうしたことをきちんとやらない立憲民主党の現執行部=枝野幸男・福山哲郎を、今回の衆院総選挙で最後のチャンスだと申し上げています。もしこの選挙で再び敗北をするようなら、もう立憲民主党の執行部からは退陣していただき、他のフレッシュで本気で「市民と野党の共闘」に取り組んでくれる人たちと交代してもらわなければいけないと考えています。

ちなみに私が住む東京12区=北区+足立区の一部は、自民は候補を立てずに公明党の候補者がずっと立候補して、自公選挙協力で当選を続けています。他方の野党は、日ごろの活動などから鑑みて立候補可能な候補は、共産党の池内さおり氏をおいて、他にはいません。しかも北区は東京では最も共産党が強い地区で、ここで共産党の候補者が立候補して当選しなかったら、いったいどこの選挙区で当選するのか、というところです。おそらく、この北区東京12区と同じような雰囲気なのが京都や大阪ではないかと思われます。しかし、私がこの北区に住み着いて約20年間、国政選挙のみならず、あらゆる選挙で、立憲民主党や民主民進党は、共産党の候補者を一度たりとも本気で応援などしたことがないのです。

かつて水と油、犬猿の中、と言われた自民と公明が連立政権を組み、選挙協力を行って、はや20年になります。その自公が自民が引っ込む形で公明の候補者の顔を立て、選挙協力をして議席確保をしているというのに、野党の方は全然ダメで、選挙協力さえまともにできない有様です。これで選挙に勝てるわけがないでしょうし、政権交代など夢のまた夢でしょう。戦国時代なら、とうの昔に負け戦で切腹・打ち首です。

立憲民主党(特に現執行部)がこうしたことをどこまで理解しているのか、全くの疑問です。念のために申し上げておきますが、私は共産党だけを支持する者ではございませんので、くれぐれも妙なヤジは飛ばさないでください。野党共闘一つマトモに組めない総大将で、イクサが勝てるはずもありません。あの小沢一郎先生にでも、よく説教をしてもらえばいいでしょう。

そんな中、共産党は、よく辛抱していると感心しているところです。昔の共産党では考えられません。

新党・立憲民主党代表に枝野氏。野党が政権交代を実現するために必要なこと - 大濱﨑卓真|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020090700006.html?iref=opinion

(NEXTキャビネットをつくれ=私と同じことを言っている人がいらっしゃるようです:田中一郎)

(関連)来たる衆議院選挙を巡る政治情勢と危ぶまれる日本の未来=自公の議席が変わらない中で維新がどこまで伸びるかという「最悪の展開」、立憲民主党を総大将とする「体たらく野党」の末法的情勢- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-c96e8d.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.太田さんからの返信
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小選挙区制の下での二大政党制をめざす野心を捨て去らない限り、野党第一党に有利な「小選挙区制の下での野党選挙共同」はうまみがあります。だから本気で野党連合政権をめざすなら、小選挙区制の廃止で結集する必要があります。

七面倒くさい候補者調整など不要になる選挙制度への改正を目標を掲げない野党選挙共同はおかしいのです。野党選挙共同の目的が二大政党制の実現にあるのではないことを確認する必要があります。これは本気の野党選挙共同の成否にとって極めて重要です。

先日の千葉県市民連合による中野晃一さん講演会では小選挙区制廃止を野党の結集軸にすべきとの私の質問に対して、「市民連合」で小選挙区制廃止に反対している者はいない、という興味ある答えをしていました。当然ながら、個人的には小選挙区制廃止に大賛成だとも。

各方面から「市民連合」にも小選挙区制廃止を野党統一政策に位置付けるよう、働きかけをよろしくお願いします。「市民連合」の現段階の政策要望では選挙制度改正が盛り込まれましたが、もう一歩進める必要があります。(太田光征)


(田中一郎コメント)
 現状の公職選挙法や選挙制度、それに加えて政治資金規正法なども抜本改正しなければいけませんね。太田さんの言う通りでしょう。特に、大昔から問題視され、一刻も早く廃止をと言われながらも、まだ生き残っている企業団体献金の禁止は、もはや必須中の必須です。なお、私の選挙制度改正の素案は次の通りです。この辺の話は、来たる9/24の「新ちょぼゼミ」の際に、最初の1時間で「新しい民主主義」のテーマでお話したいと考えています。

 <望ましい選挙制度>
衆議院=完全比例代表制(全国1区の非拘束名簿式=現在参議院選挙で行われている形) 主旨は「政策本位で民意の反映」
参議院=政党制廃止(個人立候補)で全国1区の大選挙区制 主旨は「衆議院のコピー回避:独立個人が衆議院チェック機能発揮」

(関連)(予約必要)(9.24)オルタナティブな日本をめざして(第50回):「スーパーシティ構想の危険性:後退させられる自治と民主主義」(内田聖子さん:新ちょぼゼミ)-いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-11f035.html
草々 

« (他のMLでの議論です)松尾匡立命館大学教授「連載最終回:支配エリートが進める現代版「帝国主義」と闘うにはどうすべきか? 現代新書」をめぐって | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(115):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (他のMLでの議論です)松尾匡立命館大学教授「連載最終回:支配エリートが進める現代版「帝国主義」と闘うにはどうすべきか? 現代新書」をめぐって | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(115):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その16) »

最近の記事

無料ブログはココログ