« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(2):日本でPCR検査が増えない謎を追う 奥野修司、新型コロナウィルスとの闘い NPO法人働き方ASU-NET、保坂展人世田谷区長がPCR10倍地域宣言他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(47)(抜粋)(2020年7月~8月) »

2020年9月 4日 (金)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(114):原子力「寄生」委員会・「寄生」庁など必要ない=設置法を廃止して全員を解任し公職追放せよ

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(必読必見新刊書)日航123便墜落圧力隔壁説をくつがえす-青山透子/著(河出書房新社)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034092037&Action_id=121&Sza_id=C0

(関連)「日航123便墜落 圧力隔壁説をくつがえす」公式ブログ
 https://tenku123.hateblo.jp/

(1985年8月、群馬県御巣鷹山に墜落し521人の命(胎児含む)と人生を奪った日航ジャンボ機=あれは機体の整備ミスによる「事故」ではなく、加害者が存在する「事件」だった。そしてそのことが中曽根康弘政権下の日本政府ぐるみで隠ぺいされ歪曲されて今日に至っている。著者の青山透子さんの徹底した調査と反論の余地がないまでの詰めた論理展開で、この歴史上最大規模の航空機「事件」とその後の最悪の「隠蔽工作」の全容・真相と深層が明かされています。無念にもなくなられた方々の魂を救済するためにも、この「加害事件」の真相究明は今からでもきちんとなされなければいけません。みなさまにはこの迫真の新刊書を是非ご覧いただきたいと思います。また、ここに出てくる我が国の情報公開制度や公文書管理のすさまじいまでのデタラメの様子も、具体的に赤裸々に描かれています。読んでいて猛烈に憤りを感じました。:田中一郎)


2.原発賠償訴訟・京都原告団を支援する会 9-5アンコール講演会
 http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/event/2000905gakushukai.html

(関連)原発賠償訴訟京都原告団を支援する会トップページ 大阪高裁控訴審に傍聴に来てください!
 http://fukushimakyoto.namaste.jp/shien_kyoto/index.html


3.キャンペーン
(1)寿都町長 片岡春雄様- 寿都町に核ゴミはいりません!子ども達が遊べる自然を守りたい!寿都 · Change.org
 https://cutt.ly/zfviCIw
(2)キャンペーンについてのお知らせ · 紙の署名、ネット署名まだまだ集めてます · Change.org
 https://cutt.ly/Qfvi9BA
(3)キャンペーンについてのお知らせ · 8-31 寿都町長にネット署名名簿、コメントリストを届けさせて頂きました。 · Change.org
 https://cutt.ly/afvi7SU


4.忘れられた戦後補償 - NHKスペシャル - NHK
 https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/L3985LG29M/

(関連)NHKスペシャル「忘れられた戦後補償」 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7vlmtq
 https://www.dailymotion.com/video/x7vnpo1

(愚かな犯罪行為とも言うべき侵略戦争を引き起こした国が、その犠牲となり被害を受けた方々に対して全力でその償いや補償・支援を行うことはあたり前のことである。今から75年も前に大日本帝国が引き起こした戦争の後始末もきちんとできないドアホ政治家や事なかれ小心者の木っ端官僚どもが、今や新たな戦争を準備し、多大な犠牲の上にやっと制定された日本国憲法を潰そうとしている。そして、その愚劣極まる支配権力側の振る舞いを、見て見ぬふりをしてみたり、自分自身をその支配権力側において大言壮語をぶってみたり、政治的無関心とシニカルを混ぜ合わせて現状追認に終始してみたりと、この国のバカ有権者たちが、またぞろ自滅的大政翼賛行為に走っている。このVTRの中に出てくる戦争被害者に対する国家補償への取組姿勢の違いを、同じ敗戦国であるドイツと我々の国=ニッポンとを比べてみるがいい。ほんとうに情けなるばかりである。:田中一郎)

(関連)あるひあるとき-あまんきみこ/文 ささめやゆき/絵 佐藤仁史/解説監修 本・コミック : オンライン書店e-hon
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034084648&Action_id=121&Sza_id=E1


5.もはや開催絶望 東京五輪の施設は今|森山高至|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/4038/38

(関連)東京五輪会場を丸裸にする|森山高至|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3769/38
(関連)データ偽装“元凶”ゼネコン解体論|森山高至|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/2348/38


6.あの本は読まれているか-ラーラ・プレスコット/著 吉澤康子/訳(東京創元社)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034061035&Action_id=121&Sza_id=G1

(関連)パステルナーク事件と戦後日本『ドクトル・ジバゴ』の受難と栄光-陶山幾朗著(恵雅堂出版)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033999698&Action_id=121&Sza_id=GG

(関連)ドクトル・ジバゴ 上巻-ボリス・パステルナーク/〔著〕江川卓/訳(新潮文庫)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000006017912&Action_id=121&Sza_id=F4

(関連)ドクトル・ジバゴ 下巻-ボリス・パステルナーク/〔著〕 江川卓/訳 本・コミック : オンライン書店e-hon
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000006017921&Action_id=121&Sza_id=F4

(既に新潮文庫の「ドクトル・ジバゴ」は絶版となっており、また神田神保町の古本屋を少しあたってみましたが、まだ見つけられません)


7.安倍首相、ついに退陣へ WeN20200828 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=bHP8qYRfHKw

(1)首相の不誠実答弁を文字起こしし続けてきた男が感じた、歴代最長在職日数総理大臣の実像 - ハーバー・ビジネス・オンライン
 https://hbol.jp/226900
(2)首相の辞意表明「遅きに失した」 医療従事者ら冷ややか(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/be0560b2e338dad270693eaa37aacd89632cf062
(3)社説:安倍首相が辞任表明 行き詰まった末の幕引き - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200829/ddm/005/070/072000c
(4)首相退陣表明 「安倍政治」の転換こそ:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/51882?rct=editorial
(5)歴代最長政権を生み出した「アベノミクス」の真実~国民の未来を食い物にした罪 - 原真人|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
 https://webronza.asahi.com/business/articles/2020082700008.html
(6)【安倍晋三】「ポスト安倍」本命は菅か 政界大ハプニングは石破の離党|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/278018
(7)小沢氏、「権力私物化」究明必要 森友、加計学園問題挙げる | 共同通信
 https://this.kiji.is/672008798878319713
(8)ポスト安倍で「戦後最悪のマイナス」は脱却できるか- - 経済記者「一線リポート」 - 森有正 - 毎日新聞「経済プレミア」
 https://cutt.ly/Vfv5o9o

*20200828 UPLAN 「今問われる森友3問題」~森友の黒い事実を国会での追及に生かそう~ (森友交流シンポジウム) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=nC0o_cPTBNI
================================


「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開の第114回目をお送りいたします。メインテーマは「原子力「寄生」委員会・「寄生」庁など必要ない=設置法を廃止して全員を解任し公職追放せよ」としました。福島第一原発事故からほぼ10年、もはや原発過酷事故の悲惨さも危険性も忘却し、ボケた頭でまたぞろ原発の再推進をし始めた自公政治と霞が関省庁、そしてそれを追認するかのように、原子力に「寄生」しながら、その亡国行為を追認してはばからない原子力「寄生」委員会・「寄生」庁のデタラメが日常茶飯となっています。もはやこの組織は不必要の存在悪となり、原発・核燃料サイクル施設の安全確保の上では何の役割も果たさなくなりました。解体あるのみです。

(関連)原発に「寄生」して原発の規制はできない=関西電力の若狭湾原発を停止させないために、火山灰リスクのゴマカシに全力を尽く原子力「寄生」委員会が、秘密会議をやっていたことがバレて居直っています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-fa2c11.html

それにしても、「原発ゼロ」実現だの、「原発ゼロ」法案を審議しろなどと、脱原発を政治・政争の道具にしてはしゃぐことはしても、まともに具体的に「脱原発」に取り組もうとしない立憲民主党をはじめとする野党各党、「原発ゼロ」法案などは基本法だから、これが制定されたって一歩も脱原発が進むわけではないことを重々承知の上で、今日に至るも「脱原発具体化のための各論検討」を全くやろうとしていません。私の推測では、この立憲民主党を筆頭とする弛んだ野党各党の尻を有権者・国民が厳しく蹴り上げなければ、このままでは、いつまでたっても脱原発は進まないように思われます。その時に真っ先にやるべきは、原子力「寄生」委員会・「寄生」庁の廃止・解体と、原子力ムラ・放射線ムラの御用人間どもの公職追放です。

 <別添PDFファイル>
(1)動かない原発に10兆円、NPO調査 福島事故後の維持費、電気料金に上乗せ 消費者の負担に(東京 2020.9.2)
(2)中間貯蔵施設が「適合」、青森 使用済み核燃料保管 規制委(東京 2020.9.3)
(3)柏崎刈羽30キロ圏事前同意を、地元議員ら研究会「茨城方式」参考(東京 2020.8.31)
(4)保安規定修正を要求、柏崎刈羽 規制委「透明性不足」(東京 2020.8.27)
(5)原発のたたみ方:見通しにくい廃炉費用、試算の8兆円では…(毎日 2020.8.27)
(6)除染なし解除へ、非居住条件 規制委同意、避難指示区域(毎日 2020.8.27)
(7)原発5~30キロ圏対象、屋内退避 本当に安全? 窓を閉めていても空気出入り(東京 2020.8.30)
(8)関電役員報酬補填「森元会長が主導」コンプライアンス委公表、森元会長が最高額(朝日 2020.8.18,19)
(9)関電「元会長が圧力」「役員に電話 訴訟代理人の解任要求」(朝日 2020.8.31)
(10)40年超原発年明け再稼働計画、美浜 高浜2基 関電が工程(東京 2020.8.22)


1.(別添PDFファイル)動かない原発に10兆円、NPO調査 福島事故後の維持費、電気料金に上乗せ 消費者の負担に(東京 2020.9.2)
 https://tokuho.tokyo-np.co.jp/n/n7239284b5f7f

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)「十年以上動いていない原発もある。長期間停止している原発の分は、総括原価方式の枠から外すのが筋では。電力会社が価格支配でき、リスクを負うこともなく、現状維持できるなんておかしい」と松久保氏。

龍谷大の大島堅一教授(環境経済学)は「今回の検証で、原発を維持するためにどれだけ無駄に金を使っているかが裏付けられた」とした上で、「『原発は安い電力』とうそぶいた政府も、最近は言わなくなった」。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(原発などは、何の合理性も経済性も安全性もなく、政治の力だけで動いていて、やっていることはデタラメの極致である。これを止められないというのは、もはや私は有権者・国民の政治的決断の問題であり、端的に申し上げれば、当分の間、自民党や公明党や国民民主党の一部などの「原発推進・肯定の政治家」たちを選挙で落とせ、ということだと考えている。それができない、しようとしない、というのなら、この国は再度の原発・核燃過酷事故により永久永遠の放射能汚染地獄に陥り、滅亡していくしかないだろう。この原発・核燃過酷事故による大日本原子力帝国の滅亡は、しかし、アジア太平洋戦争の戦後日本のように「復興」することはできないということを肝に銘じておくべきである。:田中一郎)

(関連)STOP! 原発・石炭火力を温存する新たな電力市場ーリーフレット公開! │ eシフト
 http://e-shift.org/?p=3827
(関連)原発特措法、自民が10年延長求める 原発優遇に異論も:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/49480?rct=politics
(関連)原発の安全対策に5.2兆円 最安のはずが膨れるコスト(朝日新聞デジタル)
 https://www.asahi.com/articles/ASN885SMVN84ULBJ006.html


2.(別添PDFファイル)中間貯蔵施設が「適合」、青森 使用済み核燃料保管 規制委(東京 2020.9.3)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/52749

(関連)核燃料貯蔵施設、審査に「合格」 規制委、原発敷地外で唯一:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/52749
(関連)使用済み核燃料貯蔵の長期化懸念 青森、事実上合格で規制委員長:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/52838
(関連)核燃料中間貯蔵施設「適合」苦肉の策、揺らぐ存在意義 東京
 http://wapic.blog.fc2.com/blog-entry-3034.html

(基準地震動はたったの620ガル、基準津波もわずか23m、想定している地震津波災害の規模が小さすぎる。何を「中間貯蔵」しているのか、分かっているのか、と言いたくなる。加えて「中間貯蔵」のあとはどうするのか、何も決まらない状態で、何故、審査をパスさせるのか、全く理解不能だ。原子力「寄生」委員会・「寄生」庁が、ここでも原発に「寄生」しているからこうなる、という事例をまた一つ積み上げた格好だ。:田中一郎)


3.(別添PDFファイル)柏崎刈羽30キロ圏事前同意を、地元議員ら研究会「茨城方式」参考(東京 2020.8.31)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/52154

(関連)(報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)討論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017年9月7日)-いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/201797-9b54.html

(関連)柏崎刈羽原発 「当事者になった意味大きい」 周辺自治体議員が研究会:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/52186?rct=ibaraki
(関連)柏崎刈羽原発再稼働、「県民の思いは深刻」 新潟県知事:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASL864K44L86ULFA00T.html

(福島第一原発事故の時は、原発の周辺数十kmに渡って大量の放射能で汚染され、地域住民の生活や仕事・家業が奪われた。それを鑑みれば、半径数十km(私は100km圏でいいと思っている)の範囲内のすべての自治体がOKと言わない限り原発・核燃料サイクル施設は稼働できないということを法律で決めておくべきだと私は考えている。「原発ゼロ」法案を掲げて「原発ゼロ」社会実現を公約にするのなら、この「原発再稼働条件=全関係自治体承認必要法」を政権交代後に直ちに制定せよ。それが「原発ゼロ」=脱原発の「本気度」の証(あかし)となるだろう。立憲民主党に申し上げておくが、今度政権交代を実現した場合に脱原発に失敗したら、もう二度と政権につくことはできないと思っておいた方がいい。「口先やるやる詐欺」は二度目は許されないからだ。:田中一郎)


4.(別添PDFファイル)保安規定修正を要求、柏崎刈羽 規制委「透明性不足」(朝日 2020.8.27)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14599926.html

(田中一郎コメント)
 原子力「寄生」委員会がやっているこのバカバカしい「作文規制」の目的は、事実上の破たん会社である東京電力に「原発運転の資格があるかどうか=適格性」を持たせることにある。もちろん新規制基準には、当該電力会社が原発運転を継続できるだけの財務的な力量がなければならぬとされているものを「尻抜け」させるための、まったく姑息な行為に他ならないのだが、深刻で病的なのは、このバカバカしいことを原子力「寄生」委員会がリードしながらやっている茶番だということである。こんな委員会など、まったくもって「百害あって一利なし」である。さっさと潰せ!


5.原発のたたみ方:見通しにくい廃炉費用、試算の8兆円では…(毎日 2020.8.27)
 https://mainichi.jp/articles/20200827/ddm/016/040/013000c

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
廃炉作業が進む東京電力福島第1原発(福島県)で、東電は2021年、核燃料などが溶け落ちた「燃料デブリ」の取り出しを2号機から始めようとしている。事故を起こした原子炉ゆえ専用の装置が開発されているが、その分、廃炉の費用もかさんでいる。

通常の原発の解体は、原子炉から核燃料を取り出した後に、(1)建屋内のプールにある使用済み核燃料の取り出しや汚染状況の調査(2)原子炉の周辺設備の解体(3)原子炉などの解体(4)建屋の解体――の順で進む。更地になるまで30~50年ほどかかり、その費用は1基当たり約3百億円とされる。

一方、水素爆発を起こした福島第1では、1~3号機で核燃料が溶け落ちたり汚染水が大量に発生したりした結果、廃炉作業は通常の工程通りには進んでいない。1~6号機全てが廃炉になるが、費用も300億円×6基=1800億円ではとても収まらないという。一体、いくらになるのか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)WEB特集 原発事故9年 廃炉作業 どこまで進んだ? 進んでいない? - NHKニュース
 https://cutt.ly/efv5x93
(関連)たまる汚染水浄化の副産物 福島第一原発 東京新聞
 https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/1405

(田中一郎コメント)
 そもそも福島第一原発を廃炉にして、取り出したデブリなどの高レベル放射性廃棄物をどこへもっていくのか。そんな危険なものを受入れるような地域は日本国中どこにもないのだから、結局は今の福島第一原発に置いておけということになるのは必定だ。だったらデブリなど取り出しても仕方がない。「石棺」化して放射能が環境に出てこないよう厳重管理し、併せて地震・津波などでの二次被害を防止することに専念することが「なすべきこと」である。それを巨額の税金を使って「廃炉」などというインチキ猿芝居をやっている理由は、原発稼働が困難となって苦境にある原発産業・企業や御用学者どもを食わせるためのものだということだ。少し前に廃炉費用は8兆円かかるなどと言って騒いでいたが、計画通りに推し進めたら、金額的にはそんなものでは済まないだろう。また、被ばく労働も激増するに違いない。この国の政治は、原発に関して、やることなすこと全くの愚の骨頂でデタラメある。滅亡の兆候が表れている。

それともう一つ、福島第一原発に限らず、日本全国の原発が老朽化して、まもなく廃炉時代に入ってくる。しかし、上記記事の抜粋部分を見ても、廃炉にした後に出る大量の高レベル放射性廃棄物や核のゴミを始末するための費用は見積もられていない。「1基当たり約3百億円」で済むはずがない。ということはどういうことかというと、後は野となれ山となれ=未来の世代が何とかするだろうという、全くの無責任で出鱈目な算段をしているということだ。かつて80年前の日米開戦では、負けると分かっているのに「開戦すれば何とかなるだろう」と愚かにも情緒的に考えて、無責任にも誰も開戦に反対しないまま日米戦争に突入して自滅した大日本帝国、それと同じことを今度はプチ原子力帝国ニッポンが原発でやろうとしている。未来に待ち受けているものは、もちろん大日本帝国と同じ「滅亡」である。バカは死ななきゃ治らない。


6.除染なし解除へ、非居住条件 規制委同意、避難指示区域(毎日 2020.8.27)
 https://mainichi.jp/articles/20200827/ddm/001/040/076000c

(関連)帰還困難区域、個人の線量を把握し管理 非居住地の放射線防護策を了承:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/51335?rct=national
(関連)除染していなくても条件付きで避難指示解除へ 原子力規制員会も了承 福島県の帰還困難区域(福島テレビ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/cee7bcd0e5ef1d46cf45258613a279cd52e1977b
(関連)除染せず避難指示解除の区域 国の被ばく対策”妥当” - 福島第一 - NHKニュース
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200826/k10012584721000.html

(田中一郎コメント)
 原子力規制の体をなしていない。こういうことにOKを出したいのなら、経済産業省や原子力「寄生」委員会・「寄生」庁が、その帰還困難区域に事務所を移して、そこで役職員が家族ともども永住するということをしてみればいい。経済産業省も原子力「寄生」委員会・「寄生」庁も多くの有権者・国民から「必要なし」と思われているから、何も東京にいなくても何の問題もない。飯館村あたりにいて、そこの被ばく生活の在り方の研究でもしていればいい。あのホラ吹き男で前委員長の田中俊一も喜んで迎えてくれるだろう。もちろん原発事故被害者の方々は、かような危険な被ばく強要区域には絶対に近づいてはいけない。被ばくとは「緩慢なる人間・生物の永久死(子々孫々まで正常な生命活動はできないという意味)」だからだ。それにしても、飯館村の老人たち(大半が男)、ひどいね。この老人たちは放射線被曝による健康被害が顕在化する前にこの世を去っているだろう。無責任極まりなしである。村長以下、被害者が加害者に転換してしまっている。放射能汚染と共存しながらの「ふるさと復興」など絶対にありえない。そんなこともわからんのか!

(少し前に飯館村に子どもづれでやってきた人たちが、その子どもたちと一緒に「田植え」をしている番組を見た記憶がある。何ということをする愚か者たちなのかとその時は思った。子どもたちには判断能力はまだない。その子どもたちに放射能汚染の危険性がある田んぼで、放射線被曝(恒常的な低線量被曝(外部被爆・内部被曝))の危険性を伴いながら「田植え」をさせる大人たち。これは立派な未必の故意の殺人行為である。案の定、その番組では、土壌汚染や放射線被曝の話はまったくなされなかった。TV局とグルでやっているなという印象だ。)


7.「核ごみ処分は青森県外で」条例求め弁護士ら団体結成(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/30d3ef44a649456f3070afbc4c1298a2cd0c23ea

(関連)「核のごみ」最終処分地を拒否 青森の有志が県民の会結成(河北新報)
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200823_23020.html

(原発を動かしている電力会社の本社地下や、今ある原発敷地に「核のゴミ」は置いておくほかないでしょう。中でも高レベル放射性廃液や使用済み核燃料は超危険物ですから、事故を引き起こさないための厳重管理が必要です。甘く見てはいけない。もちろん他人や他の地域に押し付けることは許されないことです。「トイレなきマンション」でやってきて、たれまくったクソ小便は誰も引き取らない、そんなことは最初から分かっていることです。原発や核廃棄物施設を誘致すれば、その地域は経済的に豊かになり繁栄するなんて、まだ言っている・思っているバカがいるのでしょうか。寝言は寝て言えということです:田中一郎)

(関連)デメリットだけの再処理、ストップを - - 宮川伸 - 毎日新聞「政治プレミア」
 https://cutt.ly/rfv5Rjo

(宮川さん、よく頑張っていただいていますが、上記のためにも、原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は「ガラガラポン」をやって原子力規制の新組織を創り、御用人間ではないホンモノの人たちを規制委員にしてくださいね。立憲民主党に天が与えた日本救国のための「歴史的使命」です。:田中一郎)

(関連)六ケ所再処理工場 完工1年延期を決定/原燃、25回目 冷却塔移設に時間/MOX工場延期か(Web東奥) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b05c8b94850f27bb97e0c49dfe23cd96865988ba
(関連)再処理工場の「設工認」 原燃、申請方針を規制委に説明(河北新報) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a562dc190fcadc3dfecf803d026016d29ccd9e44


8.新型コロナ感染症対策と原発運転は両立しません

(1)「感染対策と原発事故避難の両立は困難」再稼働反対を求める要望書、市民団体が滋賀県に提出(京都新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/2f186c80d65bd9523d182d1a261f53f15eb99dc4
(2)「換気しない」が原則のコロナ感染対策 福井県原子力防災訓練の難題(福井新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8615e5395094f0db76e7bc53e25e224be8c6417e


9.コメの抽出検査開始 全量検査は避難地域のみ 福島県(時事通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a070355a92c06f56a4a91975c52443e4c9747270

(福島第一原発からはいまも大量の放射能が環境に放出されています。それも放射性セシウムだけではありません。福島県産の生鮮食品(農林水産物)をはじめ、加工食品も含めて食べものの安全性は確認できておりません。私は基本的に福島県産品は、加工食品も含めて口にしないことにしています。そもそもこの県は、放射能や放射線被曝に対する姿勢が根本的になっておりません。危険です。:田中一郎)


10.組織と魚は頭から腐る:腐れ私物化会社=関西電力を解体せよ
 ご立派な巨大電力会社の、これまたご立派な社長・会長様が、さてさてまことにご立派なことをおやりになり、それがバレて、今度はその責任追及を潰すために、またまたご立派なことをおやりになる、いやー、こんなご立派ハッパな会社、見たことありまへんワ。はよ潰してしまいなはれ。「原発を運転する資格」、そんなものあるわけないでしょ。(経済産業省は関西電力に対して「業務改善命令」なる紙切れを出して幕引きをしています。同じ穴のムジナなのです=この経済産業省も解体です。何の役にも立たないどころか、他省庁に迷惑までかけている、マイナス効果官庁ですから。

(1)(別添PDFファイル)関電役員報酬補填「森元会長が主導」コンプライアンス委公表、森元会長が最高額(朝日 2020.8.18,19)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14589746.html
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14590910.html

(2)(別添PDFファイル)関電「元会長が圧力」「役員に電話 訴訟代理人の解任要求」(朝日 2020.8.31)
 https://www.asahi.com/articles/ASN8Z5SQDN8ZPTIL004.html?ref=mor_mail_topix2
(3)(別添PDFファイル)40年超原発年明け再稼働計画、美浜 高浜2基 関電が工程(東京 2020.8.22)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/50269

(関連)立地対策は「潜水艦と同じや」関電元幹部が明かす手の内:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN877D2KN70PTIL035.html?ref=mor_mail_topix3_6
(関連)関西電力40年超の原発再稼働時期を見直し(福井県)(FBC 福井放送) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b5a0a41009577b4c45561a4b3a4308b58f60b84a
(関連)関電、年明けの2基再稼働目指す、運転40年超の美浜、高浜原発(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/1f24efe4355beaa7bb8929faa20f305ec5d56bc6

*関西電力に関するトピックス:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/topics/word/%E9%96%A2%E8%A5%BF%E9%9B%BB%E5%8A%9B.html


11.美浜の会
 http://www.jca.apc.org/mihama/

(このサイトは時々ご覧になっておかれるといいです。関西地域での情報の宝庫です)


12.その他
(1)「世界最悪」レベルの事故から9年半に 空から見た福島第一原発の今:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/48385
(2)塩田氏、28日鹿児島県知事就任 初の経産省出身、コロナ対策が優先課題 - 鹿児島のニュース - 南日本新聞 - 373news.com
 https://373news.com/_news/?storyid=123297
(3)宮城県に“再稼働反対”署名提出 女川原発2号機の再稼働をめぐり、宮城県保険医協会が (仙台放送) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/5652a6e6ddc8fbce42c19fcc596636101e4fb7f9
(4)玄海原発「リラッキング」を事前了解、佐賀県と玄海町(佐賀新聞) - Yahoo!ニュース

 https://news.yahoo.co.jp/articles/575aa3d251f702e6fe510f2ffc62e50701d0a120
(5)高速炉設計で「耐震性確保」 もんじゅと異なる炉型(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/40aa882cce8da832b3652b738eb16d2cad136fb8
(6)新燃料142体、10年ぶりに搬入 浜岡原発、全炉停止後初(@S[アットエス]by 静岡新聞SBS) -Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/53b12ce7465af56144c7c10b7f7aa824a94a7fea
(7)静岡県知事、浜岡原発の再稼働に否定的「使用済み核燃料の処理方法が決まらない限り動かせぬ」 - 産経ニュース
 https://www.sankei.com/life/news/180111/lif1801110022-n1.html
(8)神戸新聞NEXT|総合|原発処理水の大阪湾放出、井戸知事改めて慎重姿勢 松井氏の案巡り
 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201910/0012755131.shtml

*原発事故時の避難先 ガイドマップで周知 日立市、全世帯に配布:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/50734?rct=ibaraki

(東海第二原発や東海村再処理工場、それに高レベル放射性廃液タンクが過酷事故を引き起こせば、まともな避難などできません。ともに廃炉・施設廃止とし、大事故に至らないように厳重な安全対策をすることが肝要です。一刻を争います。いつ太平洋から巨大津波や巨大地震が襲い掛かるかわかりませんから。自然災害は人間の都合を聞いてくれるわけではありません。:田中一郎)

「地上につくる太陽」はSFでなくなる? 組み立て始まった核融合実験炉 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/ifv5Pqv

(まだかような「原子力お花畑」を言ったりやったりしているオバカがいるのか。それをご丁寧にも毎日新聞が紙面をけがして報道している。何が「地上につくる太陽」だ、新聞やめたらどうですか? :田中一郎)
草々 

 

« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(2):日本でPCR検査が増えない謎を追う 奥野修司、新型コロナウィルスとの闘い NPO法人働き方ASU-NET、保坂展人世田谷区長がPCR10倍地域宣言他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(47)(抜粋)(2020年7月~8月) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(2):日本でPCR検査が増えない謎を追う 奥野修司、新型コロナウィルスとの闘い NPO法人働き方ASU-NET、保坂展人世田谷区長がPCR10倍地域宣言他 | トップページ | 脱原発脱被曝バック・ナンバー(47)(抜粋)(2020年7月~8月) »

最近の記事

無料ブログはココログ