« (他のMLでの議論)「「命の選別」と反緊縮は相容れない 」という「薔薇マークキャンペーン」について=「命の選別」を肯定するか否かは「緊縮か反緊縮か」とは直接関係はありませんし、一過性バラマキ政策は正当化できません | トップページ | 「怒りん坊中村敦夫の閻魔堂会議」(日刊ゲンダイ)& 老朽原発・石炭火力の延命・温存を狙う新電力市場のインチキと浅智恵=経済産業省を解体せよ »

2020年8月 4日 (火)

(おしどりマコ・ケン調査)Jヴィレッジを高濃度汚染のまま子どもたちのスポーツ施設として開放した東京電力が、更に作業員の被ばく管理をせずに除染(法令違反)、そして除去汚染土を秘密裏に「利用」、グルの福島県庁が「口封じ」

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1. (予約必要)(9.24)オルタナティブな日本をめざして(第50回):「スーパーシティ構想の危険性:後退させられる自治と民主主義」(内田聖子さん:新ちょぼゼミ)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-11f035.html


2.(メール転送です)オンライン集会『東電刑事裁判 どうなる東京高裁の審理 そして福島の現状』のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福島原発刑事訴訟支援団会員の皆様・支援者の皆様

コロナ禍の拡大を防ぎ・避けるために、支援団集会もインターネットを活用した集会でも取り組みを準備しました。オンライン集会『東電刑事裁判 どうなる東京高裁の審理 そして福島の現状』を8月22日おこないます。福島原発刑事裁判は、昨年9月19日、東京地裁が東電旧経営陣3名を全員無罪とする判決を下したのに対し、同年9月30日、検察官役の指定弁護士が控訴をしました。地裁判決の内容は、指定弁護士が 「このまま確定させることは著しく正義に反します」というほどひどい内容で、到底受けいれることはできません。今後、舞台は東京高裁に移ります。検察庁の不起訴処分を吹き飛ばした市民の力を信じ、下記のオンライン集会をスタートに、また新たな闘いの一歩を踏み出します。ぜひ、ご参加をお願いいたします。

『東電刑事裁判 どうなる東京高裁の審理 そして福島の現状』
(日時)8月22日(土) 13:30~15:00
(主催)福島原発刑事訴訟支援団
*ZOOMを使用したオンライン集会です

(内容)
佐藤和良   :「支援団団長あいさつ」
河合弘之弁護士:「原発訴訟の全般的な状況」
海渡雄一弁護士:「東電の中で具体的にどのようなことが検討されていたのか、どうして対策を取らない形になってしまっ たのか」
甫守一樹弁護士:「推本の長期評価の信頼性、具体的にどのような結果回避措置がありえたのか」
大河陽子弁護士:「被害の実態と原発に求められる安全性の問題」
武藤類子   :「福島の現状」

*事前の申込みは必要ありません。
*集会の参加費は無料です。先着500人まで視聴できます。
*質問がある方は「チャット」機能を使って書き込んでください。後日支援団のHPに回答を掲載いたします。
*集会参加URL(集会開始時間になったら入室してください)
 https://us02web.zoom.us/j/81503841948?pwd=MXo1RkxaZnc5eHZ1VlVwTXlKSGVuUT09

○集会は録画してYoutubeで配信する予定ですので、この日時に参加できない方はそちらでご覧ください。

○ZOOMを初めて使用される方へ
*スマートフォン・タブレットをお使いの方は、事前にZOOMアプリをインストールしてください(無料)。App StoreやGoogle Playから「ZOOM」で検索し、「ZOOM Cloud Meetings」というアプリをインストールしてください。集会開始時間になりましたら上記の集会参加URLをタップしてください。

*パソコンやMacをお使いの方は、参加URLをクリックすると自動的にダウンロードを要求しますので、許可してインストールしてください(無料)。集会開始時間になりましたら、再度参加URLをクリックして参加してください。

(関連)(報告)新ちょぼゼミ:東電経営者幹部3人の福島原発事故刑事裁判に見る日本の司法・裁判、裁判所・裁判官のデタラメとそのひどさ(日本の司法を解体・再編せよ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-42c18e.html


3.(メール転送です)原発関連裁判
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<FUKUSHIMA….NEVER FORGET, NEVER REPEAT, NEVER AGAIN>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/

<2020年8月の裁判日程>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/25640591.html
<福島原発事故賠償訴訟・判決一覧>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/16593098.html
<福島原発事故賠償訴訟一覧>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/12143668.html
<福島原発事故関連訴訟一覧>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/12143932.html
<福島の原発事故による主な出来事一覧>
 http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/12724073.html
<東日本大震災・福島第一原子力発電所事故後の避難者数一覧>
 
http://nuclearpowerplant311.livedoor.blog/archives/22947421.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4.キャンペーンについてのお知らせ · GoTo凍結に向けて · Change.org
 https://cutt.ly/0dQDIcZ


5.(新刊)またね、木内みどりの「発熱中!」-木内みどり/著(岩波書店)
 https://cutt.ly/xdQDLEV


6.クローズアップ現代+「戦争の記憶をつなぐ資料館・慰霊碑の危機 貴重な資料が散逸」 0310 202007302200 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7vb7o2

(国がおかしくなる時は、必ずと言っていいほど歴史の歪曲から始まり、そのためには、過去の悲惨や愚かさを赤裸々に示す「遺品」「遺物」「遺産」「記憶建造物」「写真」その他、一切のものを滅却して「ないものにしてしまう」ことが必須となる。私は、頭がおかしくなり始めている現代日本の「末法的社会現象」の1つとして、上記VTRにあるようなことに対して猛烈な怒りを感じています。75年前に理不尽な境遇の中で戦死していった(そして彼らを兵隊として駆り立て「生きて虜囚の辱めを受ける事なかれ」と煽り立てた連中の多くは占領軍の虜囚となって生き残った)多くの兵士たちの軍服や遺品を身に着けて「戦争ごっこ」をしている若造たちのふるまいについても、死者に対する侮辱として許すことができません。

また、この番組もそうですが、NHKを含む今日のマスごみどもが、過去の戦争を報じる時は、常に「被害者史観」でしか伝えないのですが、しかし、アジア太平洋戦争は大日本帝国による悪辣極まる侵略戦争であり、本来は「加害の歴史」として語り継がれなければならないはずです。そして、そこには日本人をはるかに上回る規模のアジアの人たちの犠牲と被害・悲劇があったのです。その理不尽による悲惨は、今もってあがなわれてはいませんし、償われてもいません。政府や自治体など、権力を持つ者への批判もさることながら、こうした「戦争の記憶」を後世に伝えていけなくなっている今日の日本人の精神的なみすぼらしさ、あまりの下劣さに、つくづくいやになる思いがしています。:田中一郎)


7.「いちろうちゃんのブログ」より
(1)ヒト胚のゲノム編集は染色体の大規模な破壊をもたらす:「ヒト胚ゲノム編集について広範な研究者・市民の参加による討議の場を設置に関する要望書」(ゲノム問題検討会議)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-31a094.html

(2)官邸落日 側近官僚の暴発|日刊ゲンダイDIGITAL:いつまで続くのか、この腐りきった首相官邸人間たちの「お友だち」ネポティズム政治と権力争い(自民党に投票するからこういうことになるのだ)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-f84597.html

(3)保育園行政に見る「市場原理主義アホダラ教」政策の結末=保育士の給料を削りに削って何してんだよ、株式会社保育園!(「ルポ 保育園株式会社 職業としての保育2」小林美希さん『世界』論文から)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-96cfc7.html

(4)4つあります:(1)巨悪を見逃す東京地裁=豊洲石原慎太郎裁判は原告住民の一審敗訴(2)オリンピックなんぞ早うやめなはれ(3)新型コロナに想う(西尾正道さん)(4)君が代斉唱強制の都教委暴力他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-4f9d9a.html
================================


今からわずか10年ほど前に福島第1原発原発事故を引き起こし、未曽有の悲劇と環境破壊をもたらした「究極の犯罪会社」=東京電力が、その後始末もきちんとできぬまま、また再び出鱈目なことをやりはじめています。この会社は事実上は福島第1原発事故によって倒産・経営破綻している会社ですが、原子力ムラが乗っ取っている現在のアベ政権・自公政治によって、国民の税金が湯水のように注ぎ込まれることにより生きながらえている典型的なゾンビ企業です。経営トップには経済産業省をはじめ、政府の役人や、財界からも人が出向をし、まさに「悪の巣窟」として、再びのグロテスク極まる原発推進総大将としての「復活の道」を歩んでいるのです。福島第1原発事故の後処理をめぐる出鱈目のみならず、新潟県の柏崎刈羽原発再稼働の動きや青森県の東通原発新規建設計画などが、再び「化けモノ」のごとく、多くの国民の意向を踏みにじって動き出しています。

 <東京電力や福島県庁がJヴィレッジ関連で行ったデタラメ>
(1)Jヴィレッジの放射能汚染をきちんと調べずに子どもたちにスポーツ施設として開放=その後、グリーンピースが調査して告発

(2)上記を受けて、Jヴィレッジの除染を東京電力がやりはじめたが、その作業員の被ばく管理をしないという法令違反(&その合理化言い訳)

(3)Jヴィレッジを除染した結果出てきた汚染土を秘密裏に公共事業として利用したが、その詳細を明らかにせず、8千ベクレル以上の高濃度汚染土についても、その保管場所や保管状況について非公開を貫く(福島県庁の依頼によるもの)

(4)今回の事件関連の情報公開を申請したおしどりマコ・ケンさんたちの個人情報を、法令(福島県条例)に違反して福島県庁と共有化

そして今回の事件発覚でもう一つ驚かされるのは、福島第1原発事故の被害者であったはずの福島県庁が、あたかも東京電力の悪事のグルとなるかのごとく、Jヴィレッジの放射能汚染をロクすっぽ調べもしないで子どもたちにスポーツ施設として開放したり、2020年東京オリンピックで使おうとしたり、あるいはJヴィレッジから除去された汚染土の処分など不都合事項の隠蔽を東京電力に要請したり、この事件に関して福島県庁に情報公開請求をしたおしどりマコ・ケンさんたちの「公開請求に伴って福島県庁に提出した個人情報その他」を、何と水面下で東京電力に伝えるという法令違反(条例違反)までを行っていました。許せんな、というよりも、このアホ県庁、何とかしないと、これからもまともな行政など絶対にしませんよと、申し上げておかなければいけません。

私が前回の福島県知事選挙で申し上げたように、福島県民が「最悪の知事候補」である内堀雅雄元副知事(こいつはもともと福島県出身ではなく、原子力ムラ現政府の手下・隠密であるだけでなく、福島第1原発事故の原因をつくった張本人の1人でもあります)なんぞを知事に選び、そして最近では、この内堀に対する支持率が高い、などという愚かな状況をつくり上げているところに大問題があるのです(他方でこの内堀雅雄が原発事故で避難を余儀なくされている方々に対して行っていることも許せない話です(住宅取り上げ他)=まさに加害者・東京電力や事故責任者・国の手下・手先となって動いています)。今や福島県民のうち、内堀雅雄現知事を支持する人たちは、原発事故の被害者の立場から、新たな原発関連犯罪をバックアップする加害者側の立場に転換しつつあると言っても過言ではありません。早くその姿勢を改めなければ、ますます深みにはまっていくだけです。

ともあれ、東京電力=この会社はいったん解体しないとダメです。送配電部門は取り上げる必要がありますが、更に発電部門も小売部門も、その他関連会社も、みな細切れにして分割再出発をさせないとダメなのです。もちろん原発部門などは国の責任で直ちにスクラップです(東京電力管内=関東地区において、電力自由化の理想的なモデルケース(制度的枠組み)を行政主導で創り上げればいい=それが全国のモデルケースとなる)。東京電力を牛耳っている現在の幹部役職員などは、みな「公職追放」です。

おしどりマコ・ケンさんたちが「命がけ」で調べてくれたこの問題、そして東洋経済の記者も追いかけてくれているこの問題をうやむやにせず、東京電力と福島県庁を徹底的に追及していきましょう。私たちは今後の動きに目を光らせる必要があるのです。

(必読記事その1)(別添PDFファイル)Jヴィレッジ高濃度汚染土のゆくえ(イントロ部分)(おしどりマコ『科学 2020.8』)
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/
ダウンロード - efbcaae383b4e382a3e383ace38383e382b8e9ab98e6bf83e5baa6e6b19ae69f93e59c9fefbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e3818ae38197e381a9e3828ae3839ee382b3e3808ee7a791e5ada620e3808fefbc89.pdf

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)Jヴィレッジから出た汚染土壌は,そもそも福島第一原発事故で発生した放射性物質で汚染されたのだが 一旦,放出されたものなので100Bq化g以下のクリアランスレベルは関係ないというのか 現在の日本の法体系だというのである。そして,環境省の除染計画から外れれば 汚染対処特措法も関係なく,汚染廃棄物の管理義務はない。

日本の環境基本法は長らく放射性物質を除外規程していだが 原発事故後の2012年にその除外規程は外された。しかしまだ関連法,規制基準が未整備で 土壌汚染対策法などは放射性物質の除外規程がそのままである。だから,環境省さえ特措法から東京電力を逃せば 水面下の汚染土壌の再生利用は可能なのである。

このあたりが 福島県が東京電力と馴れ合って情報を隠したがっている背景ではないかと筆者は考える。福島県は,佐藤栄佐久・元知事の時代に,福島第一原発の問題を隠ぺいざれていたことに大きく抗議した過去がある。そのときは,福島第一原発の長年の検査のごまかしについてリークが現場からあった。あろうことか,リークを受けた原子力安全・保安院(保安院)は,東京電力にその内部告発を名前入りで漏えいしていたのだ。しかし.佐藤栄佐久・元知事が東京電力に対して厳しく対処したため,その後は保安院ではなく,福島県に内部告発が相次いだと佐藤栄佐久・元知事から筆者は聞いた。

現在の福島県はどうだろうか?関西電力と高浜原発立地自治体である高浜町の元助役との癒着,金貨入りの菓子箱などが問題になっていたが 東京電力と福島県エネルギー謀もそのような長年の親密さはないのだろうか? 個人情報漏えいに関して,筆者は代理人弁護士とともに7月8日に県知事に申し入れをする。この後もJヴィレッジの案件に関して取材を続ける。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(みなさまには、岩波月刊誌『科学』という出版を支えるためにも、また、このおしどりマコ・ケンさんたちの貴重な調査報告の全文をご覧いただくためにも、是非、原本を書店にてご購入の上、ご覧ください。岩波月刊誌『科学』の8月号には、このレポート以外にも、新型コロナ関連も含めて貴重な論文が多く掲載されていて、とても充実した内容の月刊誌になっています。:田中一郎)

(関連)制定しよう放射能汚染防止法 総理!逃げた後はどうなりますか-山本行雄/著(ブイツーソリューション)   
 https://cutt.ly/ndWoAPe

(以前より何度も申し上げてきましたが、これからの脱被ばく運動は、上記の本に書かれていることを運動の大きな目標の1つにして全力で取り組む必要があります。まだお読みでない方は是非ご覧ください。必読書ですが、内容は平易です。:田中一郎)

(関連)おしどりマコ・ケン ポータルサイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)【速報】聖火リレーのスタート地点の汚染は100万ベクレル-kgを超えていた(東電測定) - 取材 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4297

(2)【続報】聖火リレースタート地点の汚染(103万Bq-kg)を報告しない東京電力、公表しない環境省 - 取材 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4392

(3)Jヴィレッジ「除染」は作業員の線量管理をしていない除染電離則違反!?その上、東電は汚染土壌をすでに再生利用したが濃度と利用先は非公開!! - 取材 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4634

(4)Jヴィレッジの除染土の再利用問題、環境省は確信犯?「関係者」とは一体どこ? - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4690
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)環境省_Jヴィレッジ及びその周辺における空間線量率の測定結果等について
 https://www.env.go.jp/press/107536.html

(関連)Jヴィレッジ 除染せずに返還 東電 駐車場の空間線量異常問題(共同通信)-Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8072a1800d5aadd6df0a4f9f53a8a15ddcc2aabe

(関連)Jヴィレッジ・楢葉町営駐車場における原状回復工事および線量低減措置について(東京電力ホールディングス(株) 2020年5月18日)
 https://cutt.ly/gdQ37yE


●(必読記事その2)Jヴィレッジ除染めぐる東電と福島県の隠し事 - 東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/articles/-/358467

(関連)福島のJヴィレッジ、「除染せずに返還」の真相 - 資源・エネルギー - 東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/articles/-/340134

(関連)グリーンピース・レター
 https://storage.googleapis.com/planet4-japan-stateless/2019/12/368dd050-%E3%82%AB%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BC2019%E5%B0%8F%E6%B3%89%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%A4%A7%E8%87%A3%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD%E8%AA%BF%E6%9F%BB.pdf

(関連)除染電離則
 https://cutt.ly/jdQ4hy8
(関連)Microsoft Word - 第3回Jヴィレッジ復興プロジェクト委員会議事録.doc
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/life/229817_526850_misc.pdf


 <おしどりマコ・ケン関連サイトから>
 いずれも東京電力、及びその背後にいる経済産業省や原子力「寄生」委員会・「寄生」庁などの政府、および福島県庁など、「原子力ムラ連合共同体」による、福島第1原発事故を忘れたデタラメ、インチキ、嘘八百とその隠蔽を告発する内容です。信じがたい話ですがこれが実態です。こうしたことが積み重なって、また再びの原発・核燃料サイクル施設の大事故へとつながっていくのです。

(1)【ALPS処理水】「致死量に満たない毒入りリンゴだから安心と言われて食べますか」【こどけん通信】 - ALPS - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4800

(2)【福島第一】測定員不足、計器故障、二次処理の実験もされないまま議論は大詰めに【ALPS処理水】 - ALPS - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4760

(3)【福島第一】内部被ばくの替え玉測定、常習に気付かず。IDカード管理が杜撰で、誰でも取り放題。 - 取材 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4576
草々


 <追>昨今の脱原発・脱被ばく関連情報
============================
1.「子ども脱被ばく裁判」結審=判決は来年2021年3月1日

以下はメール転送です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★ご報告
昨日7/28は「子ども脱被ばく裁判」の結審でした。ご参加下さった皆さま、ご支援下さった皆さま ありがとうございました。取り急ぎ、判決は来年の3月1日になった事をお知らせ致します。(中略)なお、下記のようにNHK福島が取材にきて 地元ではテレビでも放送されました。

「被ばく受けた」争点の裁判結審 (NHK福島、2020年7月28日)
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20200728/6050011125.html

(関連)(別添PDFファイル)「子ども脱被ばく裁判」最終準備書面要旨(2020年7月28日)
 http://fukusima-sokaisaiban.blogspot.com/

(関連)#脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判の会)- 子ども脱被ばく裁判 第5弾 裁判動画視聴感想
 https://fukusima-sokai.blogspot.com/2020/08/blog-post_74.html


2.(別添PDFファイル)チェルノブイリ原発事故汚染のベラルーシ「医療支援ネット」30年、甲状腺1300人に移動検診(東京 2020.7.27)
 https://www.chunichi.co.jp/article/95350


3.(別添PDFファイル)これは「復興」ですか? 白砂青松が消えていく(豊田直己『科学 2020.8』)
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/
ダウンロード - e799bde7a082e99d92e69dbee3818ce6b688e38188e381a6e38184e3818fefbc88e8b18ae794b0e79bb4e5b7b1e3808ee7a791e5ada6202020.8e3808fefbc89.pdf


4.いったいどっち?産業部長はHEPAフィルタ設置を「安全確保」と再び明言ー矛盾する裁判答弁-ちくりん舎(NPO法人市民放射能監視センター)
 http://chikurin.org/wp/?p=5814


5.タマネギ小核試験による 福島汚染土壌を用いた放射線影響 - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9308
以 上 

« (他のMLでの議論)「「命の選別」と反緊縮は相容れない 」という「薔薇マークキャンペーン」について=「命の選別」を肯定するか否かは「緊縮か反緊縮か」とは直接関係はありませんし、一過性バラマキ政策は正当化できません | トップページ | 「怒りん坊中村敦夫の閻魔堂会議」(日刊ゲンダイ)& 老朽原発・石炭火力の延命・温存を狙う新電力市場のインチキと浅智恵=経済産業省を解体せよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (他のMLでの議論)「「命の選別」と反緊縮は相容れない 」という「薔薇マークキャンペーン」について=「命の選別」を肯定するか否かは「緊縮か反緊縮か」とは直接関係はありませんし、一過性バラマキ政策は正当化できません | トップページ | 「怒りん坊中村敦夫の閻魔堂会議」(日刊ゲンダイ)& 老朽原発・石炭火力の延命・温存を狙う新電力市場のインチキと浅智恵=経済産業省を解体せよ »

最近の記事

無料ブログはココログ