« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(1):月刊誌『選択』掲載の「日本のサンクチュアリ」他 | トップページ | 松尾匡立命館大学教授「大西つねきさんの発言をめぐって」に関する私からの若干のこと »

2020年7月21日 (火)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(113):「アホの一つ覚えの原発」=いくら屁理屈つけても原発・核燃料サイクルの合理化などできはしない

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(8.6)少人数意見交換会(次期衆議院選挙へ向けて)
 中央区明石町区民館において、標記意見交換会を実施いたします。「3密」(密閉、密集、密接)防止のため、参加人数を絞りますので、参加ご希望の方は私宛ご連絡ください。どなたでも参加可能です。(現在のところ12名様が参加予定)

*日 時:2020年8月6日(木) 午後1時~5時 希望者のみで二次会の予定あり(当日決めます)
*場 所:東京都中央区明石町区民館3号室(下記) 
 http://chuo7kuminkan.com/about/akashi.html
*参加費:特にありませんが、当日会場費(2500円)と資料印刷費を参加人数で折半します(数百円)

 <議論のベースにある私の見方>
(1)政治:「1930年代現象」とネポティズム政治・現代ファシズム、議会制民主主義の空疎化他
(2)経済:現代資本主義の矛盾再顕在化と市場原理主義(アベノミクス、クローニー資本主義、カジノ資本主義、新階級社会の形成他)
(3)社会:大衆社会の病理の極限化(半封建的遺制、政治的アパシーから社会的アノミーへ、そしてフェイク社会、超監視管理社会他)


2.イベント情報
(1)(7.22)「放射能汚染水を海に流すな」緊急行動 院内ヒアリング(衆議院第一議員会館)→東京電力前(新橋)→日本原燃前(内幸町)→経産省前(霞ヶ関)
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1593349439742staff01

(2)(別添PDFファイル)(チラシ)(7.22)公立福生病院透析中止事件 第1回裁判報告の集い
https://acppd.org/a/2204
ダウンロード - efbc88efbc97efbc8eefbc92efbc92efbc89e585ace7ab8be7a68fe7949fe79785e999a2e9808fe69e90e4b8ade6ada2e4ba8be4bbb620e7acac1e59b9ee8a381e588a4e5a0b1e5918ae381aee99b86e38184.pdf

(3)(7.26)(日)午後フクロウ・オンラインカフェーこうやって止めた!パーム油バイオマス発電・どうする飯舘村バイオマス発電- 福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)
 http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2020/07/post-96b966.html

(4)南相馬・避難20ミリシーベルト基準撤回訴訟支援の会- 第18回口頭弁論期日~8月27日(木)14-00からになりました
 http://minamisouma.blogspot.com/2020/07/188271400.html

(5)『9.6老朽原発うごかすな!大集会inおおさか
 http://nonukesasiaforum.org/japan/archives/1832


3.【独自 報道特集】“森友文書” 改ざん、自死した元職員の妻が語る(2020年7月11日放送) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=TIBAIXsimEY

(関連)「森友の改ざん全部出してもらう」 自殺の職員妻、墓前に誓う:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/42182
(関連)世論調査、森友問題の再調査必要が82%(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/709780918b885a404705800bbdb9a8d35f218660
(関連)次期財務次官は“森友の守護神”太田氏 論功人事と批判殺到(女性自身) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo274/msg/106.html

(佐川宣寿(のぶひさ)よりも更に安倍晋三の「忠犬」と言われている、大ウソつきの、この罪務省の「カス」が事務次官におなりになるそうだ。こんな官庁でいったい誰がまじめに働くというのか? 報道では、こいつは罪務省内でも評判の悪い人物だとされている。当たり前だ。どうも今から20年ほど前の大蔵省解体に続いて、再度罪務省解体をしなければいけないような雰囲気になってきた。:田中一郎)


4.(別添PDFファイル)誹誘中傷の規制を名目にした政治批判封じに警戒を(臺宏志『週刊金曜日 2020.7.10』)
ダウンロード - e8aab9e8aa98e4b8ade582b7e381aee8a68fe588b6e38292e5908de79baee381abe38197e3819fe694bfe6b2bbe689b9e588a4e5b081e38198e381abe8ada6e68892e38292efbc88e887bae5ae8fe5bf97e3808ee980b1e5888ae98791e69b9ce697a5e3808fefbc89.pdf


5.小笠原みどり著 「スノーデン・ファイル徹底検証 〜日本はアメリカの世界監視システムにどう加担してきたか〜」 - NPJ
 http://www.news-pj.net/book/87622


6.その他
(1)『女帝 小池百合子』:小池票を投じた「バカ」に読んでほしい(佐高信 日刊ゲンダイ 2020.7.20)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/276194
(2)約6割が「老老介護」過去最高 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365751
(3)安倍官邸の「東京問題」へのスリカエ情報操作が卑劣! 小池vs菅が対立した途端、読売を使って東京の「連絡つかない陽性者」をリーク |LITERA/リテラ
 https://cutt.ly/EabBKrf
(4)倉重篤郎のニュース最前線:安倍政権は犯罪と腐敗の巣窟だ 小沢一郎が勝負をかける 今夏、「合併新党」結成 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/sunday/articles/20200630/org/00m/010/001000d
(5)勇払原野(ゆうふつげんや)での風力発電計画、タンチョウやチュウヒなど希少鳥類への影響を懸念|日本野鳥の会のプレスリリース
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000039807.html
(6)陸自元課長ら数十人を処分へ - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365369
(7)女子医大だけじゃない 次に起こる医療従事者の反安倍決起|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/276186
(8)「骨太の方針」スッカスカ 新味ないデジタル化・減災 目を背けた財政再建 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/2abBboP
(もともとスカ人間たちの「在庫一掃」スカスカ内閣だから、当然の結果なんです。:田中一郎)

 <「いちろうちゃんのブログ」より>
(1)新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(1):月刊誌『選択』掲載の「日本のサンクチュアリ」他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-9fa94b.html

(2)ヒト胚のゲノム編集は染色体の大規模な破壊をもたらす:「ヒト胚ゲノム編集について広範な研究者・市民の参加による討議の場を設置に関する要望書」(ゲノム問題検討会議)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-31a094.html

(3)(増補版)ベーシックインカム待望論の危うさ(大崎明子『週刊東洋経済 2020.7.18』)と『週刊エコノミスト』のベーシックインカム特集=竹中平蔵もこよなく愛する究極の市場原理主義政策、それがベーシックインカムです。- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-2c2fe4.html
================================


「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開の第113回目、「「アホの一つ覚えの原発」=いくら屁理屈つけても原発・核燃料サイクルの合理化などできはしない」をお送りいたします。昨今の政府や一部自治体の動きを見ていると、まるで福島第1原発事故を忘れ去ってしまったかのように見えます。しかし、とんでもない話です。原発事故の被害者は今もって救済されていませんし、賠償・補償もきちんと受けていません。「子ども・被災者支援法」があるにもかかわらず、政府も自治体も裁判所も被害者救済にきちんとした対応をしようとしていないのです。これで法治国家と言えるのかと思います。また、各地の原発・核燃料サイクル施設で事故やトラブルや手抜き管理のようなことが発覚して問題になっています。これに対する原子力規制委員会・規制庁や経済産業省の管理監督能力は地を這うがごとき低レベルです。そして、そうしたことを棚に上げて原発・核燃料サイクル推進に熱を上げることは、そのまま次の原発・核燃料サイクル施設の大事故を引き寄せることになるのです。愚かな政府、愚かな自治体は、そのTOPをはじめ担い手幹部たちを有権者の責任で入れ替えていくしかありません。

(関連)明日へ つなげよう「分断の果てに “原発事故避難者”は問いかける」 0310 202007121005 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7v0g4c


 <別添PDFファイル>
(1)新規制基準に事実上合格した六ケ所の核燃料再処理工場、虚妄の核燃料サイクルに税金と電気料金を注ぎ続ける愚(イントロ部分)(鎌田慧『週刊金曜日 2020.7.10』)
(2)「日本原燃料再処理工場、放射性廃棄物不適切保管」(京都 2020.7.14)
(3)「原子力発電所の廃炉問題に関する提言」をとりまとめて(長沢啓行『原子力資料情報室通信 NO.552 2020.6.1』)
(4)「活断層は危なくない」という風評だけ残して消えた熊本地震「地盤リスク」説の罪(イントロ部分)(明石昇二郎『週刊金曜日 2019.3.29』)
(5)たまる汚染水120万トン処理の流れは 7割が基準超え(朝日 2020.7.20)
(6)電力営業で相次ぐトラブル、事業者の狙いは「検針票」(『週刊東洋経済 2020.7.18』)
(7)「原発温存」、ゆがむ政策(毎日 2018.12.5)
(8)「原発ゼロ」実現できますか? 著書出版した小泉元首相にインタビュー(朝日 2018.12.31)


1.(別添PDFファイル)新規制基準に事実上合格した六ケ所の核燃料再処理工場、虚妄の核燃料サイクルに税金と電気料金を注ぎ続ける愚(イントロ部分)(鎌田慧『週刊金曜日 2020.7.10』)
ダウンロード - e8999ae5a684e381aee6a0b8e78783e69699e382b5e382a4e382afe383abe381abe7a88ee98791e381a8e99bbbe6b097e69699e98791e38292e6b3a8e3818ee7b69ae38191e3828be6849aefbc88e382a4e383b3e3838820e98e8ce794b0e3808ee98791e69b9ce697a5e3808fefbc89.pdf

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)六ヶ所再処理工場が止まっているのは、ガラス固化体を製造していた部屋(セル)が、高濃度放射能漏れで汚染され、復旧作業に手をつけられないからだ。東海村にある「日本原子力研究開発機構」(JAEA)の再処理工場も昨年7月8日から、廃液を扱うガラス溶融炉でガラス固化処理作業を行なっていたのだが、およそ20日後に機器が故障して運転停止となった。東海工場にくらべても、六ヶ所工場ははるかに絶望的だ。

六ヶ所村の日本原燃の再処理工場は、08年以降、ガラス溶融炉の運転を停止したまま。運転経験のある社員はすくない。経営が悪化したフランスのアレバ、現オラノ社のラ・アーグ再処理工場へ社員を派遣して訓練に当たらせている。着工から27年、完成時期は24回延期され、3兆円をかけてもまだ習熟訓練。よほど暇な工場なのだ。

税金と電気料金の上乗せでやっているから、親方日の丸。倒産の心配はない。が、成功の見通しがないのに、訓練しているだけ。やめると原発のサイクルは架空計画だった、と判明するからだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)(別添PDFファイル)「日本原燃料再処理工場、放射性廃棄物不適切保管」(京都 2020.7.14)
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/306841

(関連)六ヶ所再処理工場の「審査書案」承認は撤回し、国は核燃料サイクル政策を根本から見直すべきだ - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9100

(関連)核燃料サイクル政策を見直し、六ヶ所村の再処理工場を止めることを求めます - 国際交流NGOピースボート
 https://peaceboat.org/33821.html

(関連)東海再処理施設の津波対策を認可 原子力規制委(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/d87de26a7a211ebe3130bc9b41b9e16934d2ca0b

(「防潮堤は建設せず、船舶などの漂流物が建屋に衝突するのを防ぐ防護柵を設置する。」などと報じられている。大津波が押し寄せた時に、船舶などの漂流物も一緒に再処理施設に襲い掛かってくるのを防ぐため「防護柵」を設置するって、その漂流物は野生のイノシシか鹿なのかしら。そんなもので防げるわけがないでしょうに。大津波というのは、海底や海上のあらゆるものを担ぎ上げ、地上にある構築物に叩きつけるように、繰り返し繰り返し襲ってくるものであって、かつ、建屋にぶつかってくるものは船舶に限らず、海底の巨大岩石だったりする。原発・核燃料サイクル施設などひとたまりもありません。再処理施設にある高レベル放射性廃液タンクが破壊された時が東日本の「永遠の最期」となるでしょう。:田中一郎)


2.東京新聞:ふくしまの10年 無人の街を撮り続けて
(1)<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(1)被写体を被災地に変え 東京新聞TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/42306
(2)<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(2)風の音だけが響く中で 東京新聞TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/42682
(3)<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(3)猛暑でも防護服の墓参 東京新聞TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/42873
(4)<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(4)駅前に突然ダチョウが 東京新聞TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/43123
(5)<ふくしまの10年・無人の街を撮り続けて>(5)言葉失った被災地視察 東京新聞TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/43344

(次回は7月21日に報道予定)


3.(別添PDFファイル)「原子力発電所の廃炉問題に関する提言」をとりまとめて(長沢啓行『原子力資料情報室通信 NO.552 2020.6.1』)
ダウンロード - e3808ce58e9fe5ad90e58a9be799bae99bbbe68980e381aee5bb83e78289e5958fe9a18ce381abe996a2e38199e3828be68f90e8a880e3808defbc88e995b7e6b2a2e59593e8a18ce3808ee68385e5a0b1e5aea4e9809ae4bfa1e3808fefbc89.pdf

(関連)「原子力発電所の廃炉問題に関する提言」が出されました - 若狭ネット
 https://cutt.ly/UaIc5IF
(関連)原子力発電所の廃炉問題に関する提言
 http://wakasa-net.sakura.ne.jp/news/ProposalCloseNP.pdf

(田中一郎コメント)
 よくまとまった提言だと思います。特に違和感や異論はありません。私からは、①「廃炉ビジネス」については、東海第2原発再稼働にのめり込んでいる日本原電に原発を放棄させ、(抵抗が強い)倒産処理ではなくて会社を存続させる現実的方法として「日本原子力発電廃炉」(仮称)という会社へとつなぎ、国内外の廃炉作業に「専業会社」として当たらせるのがいいのではないか(廃炉決定後、仮に100年間くらい「寝かせておく」(放射能減衰を目的)としても、その間の監視や管理も必要でしょう)、使用済み核燃料ですが、脱原発が国策方針と決まった暁には、まず全国全ての原発・核燃施設を二度と技術的に再稼働できないくらいまでに半壊にしておくことと、使用済み核燃料の水冷を空冷に転換していくことが必要なのではないかと思います。特に沸騰水型の使用済み核燃料プールは「建屋の5階」くらいのところにある「空中プール」なので地震の揺れに脆弱ですから、これを一刻も早く地上に降ろして安定させ、かつ水冷をやめていくことが妥当かと思われますの2点を付記しておきます。


4.(別添PDFファイル)「活断層は危なくない」という風評だけ残して消えた熊本地震「地盤リスク」説の罪(イントロ部分)(明石昇二郎『週刊金曜日 2019.3.29』)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/05/01/news-39/
ダウンロード - e3808ce6b4bbe696ade5b1a4e381afe58db1e381aae3818fe381aae38184e3808de7868ae69cace59cb0e99c87e3808ce59cb0e79ba4e383aae382b9e382afe3808de8aaace381aee7bdaaefbc88e6988ee79fb3e69887e4ba8ce9838ee3808ee980b1e5888ae98791e69b9ce697a5e3808fefbc89.pdf

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地震の揺れは、活断層からの距離よりも地盤の影響が大きい──地盤リスクを訴えるNHKスペシャルが2017年4月に放送されたが、その根拠となる熊本地震の観測データは捏造されていた。

(中略)NHKはうやむやにするつもりなのか
そして今年3月15日、阪大が記者会見を開き、調査結果を公表した。調査委員会の設置から1年以上が経過していた。阪大では、秦氏による熊本地震「本震」観測データが捏造だったと認定していた。本震の揺れを観測したとする生データが保存されておらず、地震計を固定するアンカーが使われた形跡もないとのことだった。阪大では米国の地震学会誌に掲載された論文についても、出版社や共著者に対して取り下げるよう検討を求めたとしていた。驚かされたのは「調査開始時点において元准教授(秦氏)は故人となっていた」(「調査結果概要」より。カッコ内は筆者の補足)という事実である。

秦氏は、捏造疑惑が浮上した直後の17年12月28日付で阪大を退職していた。阪大に調査委員会が設置され、調査を開始したのが翌18年の2月17日である。つまり、退職してから2カ月足らずの間に亡くなっていたというのだ。よくぞここまで隠し通したものである。阪大はこの日、秦氏の死因や時期を明らかにしなかったが、自死であることが強く疑われた。

さらに驚かされたのは、NHKのコメントである。阪大記者会見当日のニュースで、NHKは次のように述べていた。「問題のデータ以外にも複数の専門家の研究や現地での調査をもとに取材、制作しており、番組やニュースでお伝えした結論に変わりはないと考えています」

うやむやにするつもりのようだ。ならば、NHKオンデマンドでの配信を取りやめているNスペの配信を、復活させてみるがいい。それほど「結論」に自信があるのなら、再放送も検討してみてはいかがだろう。同日のNHKニュースによれば、“活断層は大した問題ではない”勢力の本丸である国交省も、阪大が「捏造」と認定しようが同省の熊本地震分析結果に「影響はない」と拘泥し、NHKと足並みを揃えているのだという。

本来であれば、捏造論文を根拠としていたNスペ放送を撤回し、論文のどこが問題だったのかを検証しつつ、改めて熊本地震の被害を調べ直した訂正番組を放送するのが、報道機関としての筋の通し方だと思われる。検討を求めたい。

(あかし しょうじろう・ルポライター。2019年3月29日号)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


5.(別添PDFファイル)たまる汚染水120万トン処理の流れは 7割が基準超え(朝日 2020.7.20)
 https://www.asahi.com/articles/ASN7K7HX6N7BULBJ00W.html

(関連)(再論)トリチウムの恐怖(文献紹介):東京電力と原子力ムラ連合は福島第1原発のトリチウム汚染水を海にぶん投げるな! 科学的実証的根拠の乏しい嘘八百の 「猿回し」安全キャンペーンをやめろ!- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-6d64.html

(田中一郎コメント)
 朝日カバカバ新聞が、また放射能や被ばくの問題で軽率な報道をしています。今回は2箇所だけ指摘しておきましょう。もういい加減にしてほしいものです。少しは放射能や被ばく=特に内部被曝の危険性を批判的な観点でよく勉強してから記事を書いていただきたいものです。

①(記事引用)「トリチウムは三重水素とも呼ばれ、化学的性質は水素と同じ。水の状態で存在するため除去が難しいが、体内に入っても排出されやすい。放射線は微弱で、紙一枚でさえぎることができ、外部被曝の影響も小さい。」⇒ 有機結合トリチウムというのものがあり、これは生物体内からは容易なことでは排出されない。また、人体内のいたるところにある水素と入れ替わり、継続的な放射線被曝となるため、その有害性はひどいものがある。日本でもトリチウム排出量が沸騰水型原発に比べて格段に多い加圧水型原発の立地周辺(例:泊原発や玄海原発など)では白血病その他の疾患が増えている他、カナダのCANDU炉(重水素を使うためトリチウム排出量が多い)周辺などではトリチウム汚染による健康被害が国家的な問題となっている。

②(記事引用)「告示濃度は、放射陸物質を海や大気に出しても健康への影響がないとされる基準値で、原子炉等規制法に基づき核種ごとに決まっている。70歳まで毎日約2リットルの水を飲み続けても被曝線量が年1ミリシーベルト以下になる濃度などを算出する。原発などの廃水は基準以下に薄めて海に流している。」 シーベルトなどという被ばくの単位は内部被曝の実態を現しておらず使えません。内部被曝が1ミリシーベルトを下回ったからといっても、少しも安全であるとは言えません。嘘だというのなら、この記事を書いた記者が、毎日約2リットルの汚染水を飲み続けてみればいいでしょう。人ごとだから、かようなお気楽でインチキな記事や解説を平気で書くのです。

(関連)放射線被曝の単位「シーベルト」はどのようにインチキなのか?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-1ba9.html

(関連)福島第一処理水放出に賛成なし 意見聴取5回目(東京 2020.7.18)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/43230

(関連)【福島第一】測定員不足、計器故障、二次処理の実験もされないまま議論は大詰めに【ALPS処理水】 - ALPS - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4760


6.(別添PDFファイル)電力営業で相次ぐトラブル、事業者の狙いは「検針票」(『週刊東洋経済 2020.7.18』)
 https://premium.toyokeizai.net/articles/-/24099

(顧客対応の録音データが改ざんされたり、顧客の同意を得ずに契約を結んだりしているという。中には、契約を切り替えれば電気代がお安くなります、などと言われて切り替えてみたが、逆に電気代が上がったという事例まである。東京電力子会社がこういうことをしているというから驚きだ。会社と担当者両方を巨額罰金の厳罰に処せばいい。そしたらやらなくなるでしょう。それともいったん会社を潰しますか? :田中一郎)

(関連)改ざん、現場トップが主導 顧客「奪回」の部署で 東電委託先:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14513139.html


7.(別添PDFファイル)「原発温存」、ゆがむ政策(毎日 2018.12.5)
 https://mainichi.jp/articles/20181205/ddm/008/020/072000c

(関連)原発賠償負担金2.4兆円 大手電力、経産省に申請(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/07651b33e5f5d6c993befe71cc754ae0765cd982

(原発稼働を優先して再生可能エネルギーを止めたり(九州電力)、原発再稼働を前提にした供給調整態勢を無理やり作ったりと(北海道電力)、現状の地域独占電力会社は依然としてロクでもないことをしている。こうした電力会社を政府が政治的政策的に叩く方法もあるが、他方では、原発への政府テコ入れをやめ、実際にかかった費用を全て電力会社に帰属するようにしてやれば、原発のコスト高は一目瞭然となり、経済性の面だけからでも原発は止まる。しかし、今のアベ自公政治は経済産業省が中心になって、たとえば原発の廃炉費用や福島第1原発事故の後始末経費の一部を再生可能エネルギー業者にも負わせるなど、本来あるべきやり方とは真逆のことを行って原発温存を図っている。いわば日本の未来を潰しながら原発温存と地域独占電力会社の利益確保が図られているわけである。ホンモノの政権交代と経済産業省解体が必要だ。:田中一郎)


8.原子力大国フランスの変遷と核燃料サイクルへの警鐘(ND Policy Brief Vol.5)|研究・報告|New Diplomacy Initiative(新外交イニシアティブ)
 https://www.nd-initiative.org/research/7874/


9.(別添PDFファイル)「原発ゼロ」実現できますか? 著書出版した小泉元首相にインタビュー(朝日 2018.12.31)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S13833833.html


10
.「F1事故からの復興 」米・原子力礼賛の地 手本の愚 原発開発拠点のハンフォード「汚染訴えると非国民扱い」-こちら特報部 東京新聞-瀬戸の風
 https://lituum.exblog.jp/30136351/

(あのプルトニウム原爆発祥の地で、いまでもマンハッタン計画以来の放射能汚染で苦しむハンフォードが「お手本」だって? いったい何の「お手本」なのか? 頭がおかしいのではないか? :田中一郎)

(関連)写真で見る、アメリカで最も汚染された核施設「ハンフォード・サイト」 - Business Insider Japan
 https://www.businessinsider.jp/post-199309


11.「富士山」のマグマに異変が 専門家が警鐘「いつ噴火してもおかしくない」(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/41f7d102536bd5c020fc2b6f5de0d3bfda12f394

(東京よりも浜岡原発が危ないという意識はないのでしょうか? 火砕流・溶岩流の危険性だけでなく、火山灰降下リスクもあります。:田中一郎)


12.女川原発
(1)女川2号機工事計画審査、来年6月に説明完了想定 東北電(河北新報) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/c3aa8345d6cc047bca07756da500c5ad010e59c0
(2)女川原発の避難計画 実効性問う市民団体の公開質問状 宮城県が回答せず(KHB東日本放送)
 http://www.khb-tv.co.jp/news/localNews/202007081754023.html
(3)女川2号機 地元同意の差し止め却下 住民側が仙台高裁に即時抗告-河北新報オンラインニュース
 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202007/20200711_13003.html

(日本の司法は福島第1原発事故後においても原発推進の片棒を担いで、この国を滅亡へと誘導している。許せん!!:田中一郎)


13.下記の事故やデタラメは近未来の原発破局事故を予感させる
(1)東京電力は3.11の後、倒産させられるべきだった|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/275918
(2)【原子力資料情報室声明】「除染なき避難指示解除」は許されない - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9207
(3)【福島第一】内部被ばくの替え玉測定、常習に気付かず。IDカード管理が杜撰で、誰でも取り放題。 - 取材 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6365990
(4)1F廃炉作業 58%で法令違反
 https://www.youtube.com/watch?v=4la5uXMSRMY
(5)Jヴィレッジの除染土の再利用問題、環境省は確信犯?「関係者」とは一体どこ?- OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4690

(6)MBCニュース - 定期検査中の鹿児島・川内原発1号機で曲がった制御棒確認
 https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2020071700043611&ap
(7)伊方原発3号機の配管から水漏れ 県がB区分公表(愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8c25af954e755cc6d43c155fe87cddcbb65250fe
(8)汚染廃の焼却灰埋め立て開始 大崎・三本木の最終処分場に25トン-河北新報オンラインニュース
  https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202007/20200717_11012.html
(9)原発作業員宿舎を建設 地元への説明ないまま/佐賀・玄海町 ドクターヘリ離着陸場に・・・今日の赤旗記事 - (新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々
 https://blog.goo.ne.jp/uo4/e/22b47f7851c32ef77605a981f7343e3b?fm=entry_awc
(10)泊原発運転延長 撤回し廃炉の道模索を:北海道新聞 どうしん電子版
 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/437534


14.その他
(1)事故時の社長過失責任の明示を 規制委、柏崎原発巡り要求(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a640e06a3491e2db09d35751a6e2214177ae370d
(2)「本当にあるのか」塩田氏の公約、川内原発の“県民投票” 気をもむ住民(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/5e5a3e15380828c9d7b37c414072a57849591857
(3)原発の県専門委の在り方見直しへ 次期鹿児島県知事の塩田氏(共同通信) - Yahoo!ニュース
  https://news.yahoo.co.jp/articles/511877549c04a0bdfdf414036af014ad741bd6d0
(4)相馬、マスク姿で海開き 「密」を避け、入場制限も /福島 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200719/ddl/k07/040/053000c
(5)関電原発対策、工期ありきでない 森本社長が9月工事完了に慎重姿勢(SankeiBiz) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/ee54bbb7778c44e68ece66031f3ee3f96b80a2c7
(6)原発避難検証委員会“スクリーニング検査” 課題を議論「シミュレーション実施で体制改善へ」【新潟】(NST新潟総合テレビ)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b1fb41a2ffc3ebda5e8b8f194d0b9e70f576dcb0
草々 

« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(1):月刊誌『選択』掲載の「日本のサンクチュアリ」他 | トップページ | 松尾匡立命館大学教授「大西つねきさんの発言をめぐって」に関する私からの若干のこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型コロナ関連の「医療科学」一般文献ご紹介(1):月刊誌『選択』掲載の「日本のサンクチュアリ」他 | トップページ | 松尾匡立命館大学教授「大西つねきさんの発言をめぐって」に関する私からの若干のこと »

最近の記事

無料ブログはココログ