« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(111):(1)新型コロナと福島原発事故の対応は瓜二つの「一卵性双生児」(2)どさくさ紛れの原発突撃(3)手を変え品を変えての被ばくリスクのゴマカシ他 | トップページ | (報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」) »

2020年5月16日 (土)

危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html

(5/27当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方は参加をご遠慮ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)

(5/14の「新ちょぼゼミ」にご参加いただいた方は、その時のレジメをご持参いただければ助かります。5/27も同じものを使います:田中一郎)

*(その次)(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html

(当日は「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」の可能性があります。今後のご連絡にご注意ください。:田中一郎)


2.その他イベント
(1)5/24(日)フクロウ・オンラインカフェのご案内
 http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2020/05/post-dbdb2a.html

(2)東京高裁控訴審は5月22日も中止となりました(ふくかな通信:第56号)【転送・転載歓迎】
 https://sites.google.com/site/fukukanaweb/home

(3)私たちは戦争を許さない 市民大集会の延期のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安保法制違憲訴訟全国ネットワークでは、本年7月9日の夜に日本教育会館において「私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会」を開催することを予定して「違憲訴訟の会ニュース」やチラシなどで宣伝活動を続けて参りました。戦争への道を切り拓く集団的自衛権を容認した安倍政権の閣議決定と強引な国会成立を絶対に許さない闘いを展開してきましたが、これまで複数の地方裁判所で判決を受けるに至っております。この市民大集会ではこれらの判決を正しく分析して今後の闘いの課題を共有の上、市民の皆様との連帯を強化していくことを目的にしていました。

しかし、3月から本格的となったコロナウィルスの影響は予想以上に大きく、現在も緊急事態宣言の状態が続いております。このような状況下で1000名規模の方々を一同に集めての大集会を企画して開催することはきわめて困難であると判断いたしました。そこで、この市民大集会をやむなく延期して秋以降の適切な時期に改めて開催することにさせていただきたく考えております。皆様には大変なご迷惑と落胆を与えることになり、大変申し訳なく思っていますが、事情ご賢察のうえご了解くださいますようお願い申し上げます。

2020年5月12日
安保法制違憲訴訟全国ネットワーク 代表 寺井一弘
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.キャンペーン
(1)経済産業大臣 梶山弘志殿- 持続化給付金の申請対象を本業で雑所得・給与所得申告の方も対象にしてください。 · Change.org
 https://cutt.ly/myW5Nsp

(2)厚生労働省- 妊娠中の医療従事者をCOVID-19から守ってください! · Change.org
 https://00m.in/uON1k

(3)種苗法改定 自家増殖(採種)禁止法案 に反対の声を上げよう! (2020-.-3-.-3閣議決定。【拡散希望】5-.-19審議入り) · Change.org
 https://cutt.ly/syW51No

(4)江藤拓 農林水産大臣- 種は命の源、とめよう!種苗法「改定」案! · Change.org
 https://cutt.ly/VyW524g


4.元総長ら検察OBら 検察庁法改正の反対意見書を提出- OurPlanet-TV:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2501

(関連)信頼に傷、総長も黒川検事長も「辞職せよ」 堀田力さん:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5F56YCN59UPQJ00B.html?ref=mor_mail_topix1

(田中一郎コメント)
 今回の法律案を廃案にしても、既に黒川弘務の定年延長は閣議決定され、検事総長就任はこのままいけば、ほぼ間違いないでしょう。また、公務員の定年延長法案と抱き合わせをやめさせることも大事なことです。この抱き合わせがあるから、自治労などは条件付き賛成だ、等と言っている旨の報道がありましたが、本当なのかなと思っています。

(関連)検事長人事問題が再燃 定年延長、野党に賛成論も(時事通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000009-jij-pol
(関連)公務員定年、30年度に65歳へ 法案閣議決定  -日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56744250T10C20A3EAF000/

「市民と野党の共闘」が打ち出すべき対応は私は次のように考えています。

(1)公務員定年延長法案と切り離すことを訴える
(2)黒川弘務個人が自主的に検察庁・法務省を即時退任することを求める(悪しき前例を作らないための幹部官僚としての務め・責務)
(3)黒川弘務個人の進退如何に関わらず、権力犯罪を見逃したり冤罪の大量生産を続けたりして、社会正義や公正あるいは基本的人権などを守れなくなっている現在の検察について、「市民と野党の共闘」は政権交代後において法制度を含め抜本改革を行う旨を表明(例:検察審査会改革と検察による刑事事件起訴権限独占の廃止など)

 また、市民運動・社会運動は、次の2点についても強く世論に訴えることが必要です。

(1)検察幹部がアベ政権関連の権力犯罪を見逃すような振る舞いをした場合は、政権交代後にその責任を追及した上で、しかるべき処分を行うこと
(2)注目している犯罪は、河井夫婦、関西電力ブラックマネー、モリカケサクラ あまりにひどい甘利、その他公選法違反政治家など、

 なお、黒川弘務が自主的にやめないのなら損害賠償の集団訴訟という手があります。
(関連)検察庁法改正採決後も波乱…黒川氏や国に訴訟続出の可能性|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273093

 中長期的には、検察や裁判所の行政権力からの独立性を担保する「しくみ」を真剣に考える必要があり、それについては、私の「新ちょぼゼミ」でもこれまで言及してきたことです。「市民と野党の共闘」の大きな課題の一つです。

(関連)(報告)(2.13)オルタナティブな日本をめざして(第40回):「日本の司法制度と裁判官:何故おかしな判決が相次ぐのか」(新ちょぼゼミ:澤藤統一郎弁護士 )- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-ab6361.html

(関連)(報告)新ちょぼゼミ:東電経営者幹部3人の福島原発事故刑事裁判に見る日本の司法・裁判、裁判所・裁判官のデタラメとそのひどさ(日本の司法を解体・再編せよ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-42c18e.html


5.(メール転送です)#安倍晋三に抗議します:ネトウヨのデマに対抗するツイッターデモ実施中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(関連)立民・福山哲郎幹事長に抗議殺到! 尾身氏への態度に医療従事者カンカン 「#福山哲郎議員に抗議します」ツイッタートレンド1位に(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000017-ykf-soci

11日の参院審議で福山哲郎議員が尾身茂氏をどなりつけたというデマがツイッターで広がり、それ専用のハッシュタグまで作られたのですが、福山議員がどなりつけた相手は安倍首相です。安倍首相は答弁に立とうとする尾身氏に向かって何と答弁内容の指示をした。そのことに福山議員は怒ったわけです。

問題のシーン:
https://twitter.com/jam9801/status/1260224390479802368

結局、カウンターのハッシュタグ「#安倍晋三に抗議します」が作られ、これがトレンド一位になっているという始末。引き続きツイッターデモをやりましょう。#安倍晋三に抗議します、#検察庁法改正に抗議します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)立憲民主党の福山幹事長、詰問口調を釈明「申し訳ない」新型コロナの参院予算委|京都新聞
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/245347

(謝罪する必要など全くないのに、どうして謝るのか。朝日カバカバ新聞のようなことをしてはいけないぞ。アベ政権と対決をする野党第1党の執行部責任者である自覚を持っていただきたい。尾身茂らもいわゆる「御用学者」の端くれであり、そうした人物に強い口調で詰問することに何の問題もない。質問内容もおかしくない。きちんと答えない方がおかしい。軽々しく頭を下げるな!:田中一郎)


6.新刊書紹介
(1)オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側-後藤逸郎/著(文春新書)
 https://00m.in/UBm6W
(2)日本のオルタナティブ 壊れた社会を再生させる18の提言-金子勝、大沢真理、山口二郎、遠藤誠治、本田由紀、猿田佐世/著(岩波書店) 
 https://00m.in/jBMQn


7.その他
(1)【安倍晋三】安倍からシフト 情報弱者を洗脳する維新礼賛パンデミック|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273212
(2)新型コロナが問う日本と世界-資本主義の構造的問題-政治学者 白井聡さん
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-11/2020051101_06_0.html
(3)東京新聞-狙われるZoom 迷惑行為相次ぐ ビデオ会議アプリの情報保護に不安-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202100013.html
(4)検察トップお友達人事に年金法、利権化必至の観光支援予算も...。安倍政権の「火事場ドロボー」を見逃すな!(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/c3f68be5e5acc86cb4f154ad32e61984c00bde1a
(5)吉村知事、検察庁法案改正反対の声は「あるべき姿」も「人事権は内閣が持つべき」-芸能-デイリースポーツ online
 https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/11/0013334001.shtml

(↑ 要するに、アベ政権・自公政権による検察の私物化に賛成だ、と言っていることと事実上同じである。こんなのが野党であるはずがない。:田中一郎)

(関連)維新10年、「俺たちこそ自民」 政権との太いパイプ、アピール=訂正・おわびあり:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14447686.html
================================


新型コロナPANDEMICに伴い、外出自粛などの経済活動の収縮に対して、アベ政権の第1弾緊急経済対策が打ち出されました。その内容については別途徹底した批判をすることにしていますが、その具体的な対策の中で、全国民に一律10万円の現金をバラまくという「特別定額給付金」が実現し、その受給申請のために、普及もしていないマイナンバー・カードを無理やり使わせるという、アベ政権の乱暴・強引なやり方が、またしても現場にトラブルを招いています。早くて簡単、自治体の事務負担も大幅に軽減、などと、政府の一般的抽象的な説明とは裏腹に、カード使用を伴うオンライン申請は、その事務がスムーズにはいかず、市区町村の基礎自治体の受付窓口には大勢の人が押し掛けてきて「3密」状態が生れてしまうなど、本末転倒の事態を招いています。

(関連)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

その結果、オンライン申請よりも郵送で手続した方が、自治体現場の事務負担も軽いし、受給希望者にとってもそれの方が早いということで、自治体現場では、「オンライン申請はやめて郵送手続きにしてください」のキャンペーンを始めているところもあるという。しかし、マイナンバー・カードを何としても推進したいアベ政権・政府は、それには知らぬ顔をして負担を現場に押し付けているようです。この辺の事情については下記の4つのサイトをご覧ください。

(関連)(必読必見)給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情-コロナショックの大波紋-東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/PyEtkUd

(関連)(別添PDFファイル)<新型コロナ>10万円給付「暗証番号忘れた」 オンライン申請なのに窓口混雑(東京 2020.5.12)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202000129.html
(関連)(別添PDFファイル)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱(朝日 2020年5月14日)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html
(関連)郵送より遅い? 10万円給付「オンライン申請」の本末転倒 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/fyEoUBu


そのこと自体も、まったくバカバカしい、今日の政治や行政の質的劣化を示すものであり、まさに「ふざけるな」ということですが、しかし、私がこのメールで申し上げたいことは、それ以上に、マイナンバー&カードが「非常に危ないぞ!」ということです。このマイナンバー&カードの危なさは、簡単に申し上げれば3つの次元があって、1つ目は、個人情報が丸裸になる危険性=さまざまな経済活動や社会活動で不利に働きます、2つ目は、「成りすまし」犯罪により巨額の損害を被る可能性があり、しかもそれは容易には解決しがたく、かつ対応はすべて「自己責任でやれ」ということになっていること、3つ目は、支配権力によって私たちが私たちの個人情報を勝手に使われて、都合よく支配・管理されてしまう危険性、の3つです。

(関連)日本年金機構情報漏洩事件のすべて<彼らは本当に生まれ変わったのか>
 https://cybersecurity-jp.com/security-incident-case/9146
(関連)ベネッセ個人情報漏洩事件のすべて|企業は加害者?それとも被害者?
 https://cybersecurity-jp.com/security-incident-case/8418


少し前の日本年金機構での個人情報漏出事件やベネッセの個人情報漏洩事件など、これまでも個人情報が外に漏れ出てしまう事件はたびたび起きています(上記の2つの紹介サイトはネット検索でたまたまヒットしたサイトですので、その内容には十分にご注意ください)。ましてやマイナンバー&カードは、態勢が整っていない様々な中小零細企業の人事事務においても取扱いがなされるわけですから、漏れ出てしまう危険性は、日本年金機構やベネッセなどよりも、より一層高いと見ておくのが普通の見方ではないかと思われます。

であるならば、そういうマイナンバー&カードなどは制度化したり使ったりすべきではないのです。ましてや1つの個人番号であらゆる個人情報を紐付け、そこから芋づる式に個人情報を引っ張り出せるような仕組みは危険極まりないというべきではないかと思われます。日本のマイナンバー制度は、時代遅れの「共通番号」制度であることが決定的な欠陥です(海外では「共通番号」制度は個人情報保護強化の観点から廃止の方向にあります)。

上記の諸点をよく考慮すれば、特別定額給付金やマイナポイントでわずかばかりの金銭的メリットが「エサ」として与えられるとは言え、かようなものを、政府や推進団体やTV等の宣伝が勧めるがままにホイホイとマイナンバー・カードをつくり、それを日常的に使って生活するということは「非常に危険である」と申し上げなくてはなりません。特に2つ目の「成りすまし」犯罪の被害者となる危険性については、既にマイナンバー制度と同様の制度を持つ諸外国では日常茶飯となっており、たとえば韓国などでは、インターネットでマイナンバーが売買取引されているという絶句する状況が生れています。自分が知らない間に預金が引き出されてしまった、勝手にクレジットカードが作られてそれが使われ巨額の請求書がある日突然送られてきた、知らない間に自分名義で経済取引が行われていて、その決済が求められた、などなど、想像するだけでぞっとするような事態が思い浮かびます。

万が一、作成したマイナンバー・カードを紛失したりしたら、厄介なことになりかねません。クレジットカードの場合は、たいていのカードに「紛失保険」が掛けられていて、紛失後の自分が与り知らぬカードでの買い物については、過去60日にさかのぼって保険会社が支払うという約束になっています(最近はこの「紛失保険」がついていないお気楽クレジットカードもあるようなので注意してください)。早い段階で気が付いて、紛失をカード会社に届け出れば、当該カードは無効となり、紛失者は損害を回避できます。しかし、マイナンバー・カードにはそんな損害保険など全くありません。

しかも、「成りすまし」事件のようなマイナンバーやカードがらみのトラブルに巻き込まれた場合には、すべて「自己責任」で解決することが強制されています。行政などは絶対に助けてくれませんから、それは肝に銘じておいた方がいいでしょう。また、盗まれたマイナンバーは簡単には変更できない・変更してくれない可能性もあります。そうすると、ヤバイと本人が思っているにもかかわらず、犯罪被害はどんどんと続いていき、その被害額は巨額になってしまう可能性だってないとは言えないのです。

こんな危険なマイナンバー&カードを、どうして物事をきちんと考えることもなく持とうとするのか、私は理解に苦しみます。何度も申し上げますが、現代資本主義社会は、マヌケやお人好しは徹底的にむしり取られるということを常に心得ておいた方がいいと思います。政治選択もそうですが(棄権したり、自民党や公明党に投票する方々は、はっきり申し上げてオバカですよ)、経済活動や社会活動においてもそうなのです。

(関連)「むしりとりますとも! 最期まで! 自由民主党」(2014.6)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/files/facist_2_mmusiritoru.pdf


以下、マイナンバー&カードの問題点や欠陥を文章で書いていたら1冊の本になってしまいますので、ここでは簡単にA4の紙1枚に箇条書きにしたものをにわか作りいたしました。別添PDFファイル、及びその転記の下記をご覧ください。また、簡単なコメントと関連報道などをご紹介しておきますのでご参考にしていただければ幸いです。

このマイナンバー制度は、実は「よせばいいのに」の民主党政権時代にスタートし、アベ政権時代に大きく太らせられました。このロクでもない制度もまた、原発・原子力や対米隷属や巨大ダム建設やTPP協定などと共に、自民党と民主党(今日の立憲民主党・国民民主党)の共同合作と言えるでしょう。当時の民主党は、マニフェストで有権者・国民に約束した公約はほとんど守ろうともせず、他方で公約もしていないようなロクでもないことを次々とやり、有権者・国民の信頼を根本的に喪失して政権から引きずり下ろされました。当然のことと言えますが、しかし、我が国の有権者・国民は、その代わりに、また再び自民党・公明党を政権につかせてしまっていて、その判断は愚かさの上に愚かさを上塗りするようなものだったと言えるでしょう。そのなれの果てが、今日のアベ政権による日本破壊の政治です。

ホンモノの野党を持ち得ていなかった日本の有権者・国民の自業自得とも言えると思いますが、幾たびの政治的試練を経験してきた今、もう同じ過ちをしてはいけないでしょう。来たる衆院総選挙、およびその後のあらゆる選挙において、自公・維新候補を落選に追いやるとともに、ホンモノのオルタナティブな日本を創っていく強い決意を持った政治家を国会に送り出していけるように、私たちの投票行動を転換していく必要があるのです。


 <マイナンバー&カードを進めた民主党人間の例>
(1)マイナンバー―民主党政権下で作った行政コスト削減の画期的法案 - 衆議院議員 岡田かつや
 http://www.katsuya.net/topics/article-2767.html
(2)マイナンバー付きの「社会保障口座」の創設を - 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba
 https://ameblo.jp/furukawa-motohisa/entry-12593783367.html

(↑ 上記は氷山の一角。市場原理主義アホダラ教に頭がイカれていて、今でも同じような言動を繰り返している御仁たちが多い。その多くは国民民主党に所属し、そのうち自民党の補完業務を遂行したり、自民党の金魚のフンなってみたりと、ロクでもないことを、ココぞ! という時にやる、いわゆるニセモノ野党の集団だと思っておけばいいでしょう。こういう政治家たちに投票したところで、世の中は何も変わらない、と思っておいて間違いありません。)

(関連)桜井充氏(元国民民主党)、自民会派入りへ 野党統一会派に退会届(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000108-kyodonews-pol
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E5%85%85


●(別添PDFファイル)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf

=================================
 数日前の朝、TV朝日の「羽鳥慎一のモーニングショウ」を見ていましたら、今般の新型コロナPANDEMIC対策の10万円バラマキ給付金の申請を巡り、マイナンバー・カードで大騒動になっているようです。早く受け取れるはずのマイナンバー・カードを使ったネット申請が郵送手続きよりも遅いという、なんともブラックユーモアさながらの事態だというのです。番組では、元総務省の役人まで引っ張り出してきて、ワイワイやっていました。まともなのは玉川氏ただ一人といった印象を受けました。

(関連)[10万円給付] オンライン申請で役所が大混乱 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7txpa3

遅くなった原因は、(1)マイナンバー・カードの新規発行には時間がかかる(当たり前)、(2)マイナンバー・カード利用時の暗証番号の(再)発行に時間がかかる上に(本人確認)、システムトラブルで発行遅延、の2つがあったようです。

(関連)(必読必見)給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情-コロナショックの大波紋-東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/PyEtkUd

どうも今回のバラマキ給付金を契機にマイナンバー・カードを新規に作ろうとしている人や、今まで使っていなかったマイナンバー・カードを使おうとしている人が大勢いらっしゃるようで、これはまずいとおもって下記をにわかに作りました。ご参考にしていただければ幸いです。

1.どこがダメか?
(1)共通番号であること 漏出リスク巨大
(2)表出し番号(内部管理用ではない)⇒ 中小零細企業が管理しきれない
(3)カード(紛失リスク)

2.何処に危険があるか?
(1)マイナンバーで芋づる式に個人情報がつながる 漏出すれば「丸裸」
(2)暗証番号やパスワードは盗まれやすい、(ネット)フィッシングなどもある
(3)「お上」(支配権力)による個人情報利用
 *(事例1)治安弾圧・刑事事件
 *(事例2)社会保障シーリング(お前が受けられる行政支援はここまでだ!)
 *(事例3)選別教育・差別教育
(3)「成りすまし」犯罪のパラダイス
 *預金が勝手に降ろされた、自分の名義が使われた、給付金を誰かに取られた他
 *韓国ではネットでマイナンバーが売買されている
 *アメリカなどでも「成りすまし」事件多発
 *役所は「自己責任原則」徹底で一切面倒を見ない
 *損害保険もない(クレジットカードにはある)
(4)企業が勝手に金儲けの手段に使う
 *闇で名簿が流通

3.他にどんな問題があるか?
(1)個人情報保護法制が日本は欠陥だらけ
(例:魑魅魍魎の名簿業者など、第三者から取得した個人情報の合法性確認義務がユーザーにはないので、ペーパーカンパニーを通せば非合法でも自由に使える)
(2)ITゼネコンに巨額のシステム経費(税金)が流れ込む(笑いが止まらず)
(3)システムが旧式(トラブル多発、メンテ難儀、セキュリティ心配他)
(4)マイナンバーや同カードを巡るトラブルは一切が「自己責任」

4.対応策
(1)マイナンバー・カードは作らない
(2)マイナンバーは使わない(確定申告、預金口座開設など)
(3)市民運動・社会運動でマイナンバー制度の危険性を拡散PRする
(4)政権交代を急ぎ、この制度を廃止する
(5)マイナンバー制度を推進している奴らを張り倒す(⇒ コレ比喩です!)
=================================


(追)社説:現金10万円給付、マイナンバーは余計だ(東京 2020.5.13):「帰ってきたヨッパライ」=三木義一氏に見せて差し上げたい記事です
=================================
(別添PDFファイル)新型コロナ:マイナンバーシステム障害、暗証番号再発行、給付金申請で集中(毎日 2020.5.12夕刊)
 https://mainichi.jp/articles/20200511/k00/00m/040/288000c

●(別添PDFファイル)東京新聞-現金10万円給付 マイナンバーは余計だ-社説・コラム(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020051302000138.html

(関連)「税務署よいとこ一度は・・・」(帰ってきたヨッパライ=三木義一元青山学院大学長)=新型コロナばらまき現金交付にマイナンバーを使えばいいのに、なんて、ロクなことを言わない酒飲み老人- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c2cc35.html

(田中一郎コメント)
 今日の東京新聞(5/13)の社説に、なかなかいいものが載りました。あの「帰ってきたヨッパライ」の三木義一氏(元青山学院大学長)に見せて差し上げたい内容です(上記「いちろうちゃんのブログ」参照)。

 常々申し上げてまいりました通り、マイナンバー制度とは、畜産農家が飼育する家畜牛の耳に番号タグをつけて管理するように、「お上」が有権者・国民に番号タグ(カード)を持たせて、そこに個人情報を一元的に集約しつつ、家畜のように管理するための制度です。支配権力の支配の道具です。有権者・国民の飼い主となる支配権力は、家畜牛ならぬ国畜人間たちを怒らせないように、うまくだまして徹底管理するために、わずかばかりのエサを与えて、なだめすかしています。「とっても便利ですよ~」なんて言いながらです。畜産農家が家畜に対して行うようにです。その1つが今回の10万円の一律バラマキです。

少し前に、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員だったスノーデン氏が、NSAなどによるすさまじいまでの監視システムの内部告発を行って世界的に注目されましたが、その彼が口を酸っぱくして訴えていたのが、個人情報やプライバシーの秘密が守られない社会に民主主義はない、というものでした。その定義から言えば、この後進国ならぬ進歩拒否国=ニッポンは、民主主義国家であるはずがありません。情けないほどの「家畜国家」とでも言えるのではないかと私は嘆かわしく思っています。

そんな中、東京新聞の社説が光っています。
みなさま、新聞を取るなら東京新聞です。

(関連)暴露 スノーデンが私に託したファイル - グレン・グリーンウォルド〔著〕、田口俊樹、濱野大道、武藤陽生/訳(新潮社)  
 https://cutt.ly/1yEankZ


(それから最後に、アベ政権が新型コロナPANDEMICのどさくさにまぎれて国会を通過させようとしている「スーパーシティ構想」(国家戦略特区法改正案)もまた、このマイナンバー制度や個人情報保護制度と密接に関係しています。今回は詳説せず、関係文献や報道記事を若干だけご紹介するにとどめます。この問題については、国家戦略特区制度と共に、改めて詳しくお伝えしたいと考えています。)

(関連)(別添PDFファイル)スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)
ダウンロード - e382b9e383bce38391e383bce382b7e38386e382a3e6a78be683b3e381a8e59bbde5aeb6e688a6e795a5e789b9e58cbaefbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e58685e794b0e3808ee4b896e7958c202020.6e3808fefbc89.pdf

(関連)特別定額給付金が遅れる本当の理由 国のマイナンバーカードによる個人情報管理スーパーシティ - 大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!
 https://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/ec67b6c85014adb0b33b502b3295e0a5

(関連)(別添PDFファイル)スーパーシティ法案成立へ、自動運転・遠隔医療集約で相乗効果 コロナ拡大で規制改革機運(日経 2020.5.13)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58993860S0A510C2PP8000/

(関連)(別添PDFファイル)スマートシティ 各地で(日経 2020.5.2夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58727150R00C20A5NZGP00/

(関連)国家戦略特別区域 - Wikipedia
 https://cutt.ly/ayEiNo7
=================================


 <別添PDFファイル>
(1)<新型コロナ>10万円給付「暗証番号忘れた」 オンライン申請なのに窓口混雑(東京 2020.5.12)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202000129.html
(2)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱(朝日 2020年5月14日)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html
(3)確定申告でもマイナンバーはいらない、利用拡大で強まる監視社会への懸念(浦野・長谷川・原『週刊金曜日 2020.2.14』)
ダウンロード - e7a2bae5ae9ae794b3e5918ae381a7e38282e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bce381afe38184e38289e381aae38184efbc88e6b5a6e9878ee4bb96e3808ee980b1e5888ae98791e69b9ce697a5202020.2.14e3808fefbc89.pdf
(4)社説:現金10万円給付、マイナンバーは余計だ(東京 2020.5.13)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020051302000138.html
(5)新型コロナ:マイナンバーシステム障害 暗証番号再発行 給付金申請で集中(毎日 2020.5.12夕)
 https://mainichi.jp/articles/20200512/dde/041/040/031000c

(6)マイナンバー活用、海外と差、10万円給付で注目 情報連携・口座接続で出遅れ(日経 2020.5.16)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59205260V10C20A5EA4000/
(7)スーパーシティ法案成立へ、自動運転・遠隔医療集約で相乗効果 コロナ拡大で規制改革機運(日経 2020.5.13)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58993860S0A510C2PP8000/
(8)スマートシティ 各地で(日経 2020.5.2夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58727150R00C20A5NZGP00/
(9)スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)
 https://www.iwanami.co.jp/book/b510384.html
(10)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf


 <関連サイト>
(1)マイナンバー預貯金口座へ紐づけ 金融機関が大ブーイング(日刊ゲンダイ 2020.3.7)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/270063
(2)政府が血眼マイナンバー普及「10万円給付」窓口混乱で裏目(日刊ゲンダイ 2020.5.16)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273208
(3)「マイナンバーカード」施行3年も普及進まず あせる政府のあの手この手 週刊金曜日オンライン
 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2018/11/15/antena-367/
(4)【新型コロナウイルス】マイナンバーカードが邪魔…一律10万円「電子申請」大失政|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273133
(5)10万円 何度も申請できちゃう?本末転倒のオンライン 新型コロナウイルス 朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5F6FY3N5FUTIL02B.html?ref=mor_mail_topix3_6
(6)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html

(7)10万円給付申請、郵送呼び掛け オンライン不備続出で自治体(共同通信)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000102-kyodonews-soci
(8)マイナンバー「通知カード」が5月25日で廃止に…何か不便なことになるの-総務省に聞いた(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00141786-fnnprimev-life
(9)マイナンバーカードないと「評価悪影響」職員にメール(朝日新聞デジタル)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000026-asahi-soci
(10)マイナンバーカード義務化を「口座番号は事前登録」自民幹部(時事通信)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000072-jij-pol
(11)マイナンバー制度がもたらす「超・監視管理社会」の恐ろしさ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164281
(12)東京新聞-マイナンバーカード 公務員・家族に再三調査「取得強制」と反発も-政治(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202001/CK2020012702000135.html
草々

« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(111):(1)新型コロナと福島原発事故の対応は瓜二つの「一卵性双生児」(2)どさくさ紛れの原発突撃(3)手を変え品を変えての被ばくリスクのゴマカシ他 | トップページ | (報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(111):(1)新型コロナと福島原発事故の対応は瓜二つの「一卵性双生児」(2)どさくさ紛れの原発突撃(3)手を変え品を変えての被ばくリスクのゴマカシ他 | トップページ | (報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」) »

最近の記事

無料ブログはココログ