« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

(予約必要)(6.20)「山下俊一証人尋問と「子ども脱被ばく裁判」&マイナンバーカードの危険性」(ちょぼゼミ:田中一郎)

前略,田中一郎です。

●(別添PDFファイル)(6.20)「山下俊一証人尋問と「子ども脱被ばく裁判」&マイナンバーカードの危険性」(ちょぼゼミ:田中一郎)
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc88efbc96efbc8eefbc92efbc90efbc89e3808ce5b1b1e4b88be4bf8ae4b880e8a8bce4babae5b08be5958fefbc86e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bce58db1e999bae680a7e3808defbc88e381a1e38287e381bce382bce3839fefbc89.pdf

福島原発事故後の国や自治体による被ばく防護政策の是非を問い、併せて子どもたちを被ばくのない安全な環境で教育を受けさせることを目的として、「子ども脱被ばく裁判」が福島地裁において2014年から続いています。いよいよこの裁判も正念場となり、去る2月には鈴木眞一福島県立医科大学教授、続いて3月には山下俊一長崎大学教授(&福島県立医大副学長)の証人尋問が実施されました。ご承知の通り、山下俊一氏は「だました俊一」などと皮肉られているように、福島原発事故後の福島県内で、非科学的で危険な被ばく安全安心論を振りまいた人物で、この裁判でも、その発言について多くの問題点が指摘されています。今回はこの証人尋問を中心にして、「福島県民健康調査」や昨今の被ばく関連問題にも言及しつつ、「子ども脱被ばく裁判」の行方を探ります。また、今回の機会を活用させていただき、今般、日本国中で話題となったマイナンバー&カードを巡るトラブルと、そもそもマイナンバー制度が持つ危険性を再度改めてご説明するとともに、新型コロナ緊急経済対策を含む「市民と野党の共闘」の掲げるべき経済政策について、みなさまと質疑応答・意見交換も行いたいと考えております。みなさまのご参加をお待ちしております。(「3密」(密閉、密集、密接)防止のため予約制としました)(レポーター:田中一郎)

(関連)子ども脱被ばく裁判のブログ- 子ども脱被ばく裁判とは?
 http://datsuhibaku.blogspot.com/p/blog-page.html


 <次 第>
日 時:6月20日(土) 13時30分~16時30分(開場13時)
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分
 水道橋西通りを神保町方面に向けて左折、グローバルスポーツビル、
 GS跡地(セブンイレブン)を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折。
 東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 
 Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 <参考資料>
(1)(速報)第38回「福島県民健康調査検討委員会」結果(Our PlanetーTV )& 昨今の脱被ばく関連情報- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-624d6d.html

(2)(報告)(2.14)「子ども脱被ばく裁判」傍聴記(1)鈴木眞一福島医大教授証人尋問:隠して隠して隠して、逃げて逃げて逃げて、あとはつまらないおしゃべりに終始した鈴木眞一教授、ウソらしき発言もチラホラの誠意なき証言- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-dfa2fc.html

(3)(報告)(3.4)「子ども脱被ばく裁判」傍聴記(2)山下俊一長崎大学教授証人尋問:福島原発事故後の言動の非科学性と誤りを認めたものの口先だけ、放射線被曝の危険性をゴマカス姿勢に変化なし- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-f40763.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(4)危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html

(5)「税務署よいとこ一度は・・・」(帰ってきたヨッパライ=三木義一元青山学院大学長)=新型コロナばらまき現金交付にマイナンバーを使えばいいのに、なんて、ロクなことを言わない酒飲み老人- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c2cc35.html

(6)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html


 <「福島県民健康調査」関連:Our PlanetーTV >
(1)委員、直前まで知らされず~被曝否定の根拠データ(2019年6月28日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2410
(2)甲状腺がん患者が福島県へ要望書〜県民の意見の反映求め(2019年6月18日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2406
(3)甲状腺がん「放射線関連なし」 〜一度も議論せず報告書公表(2019年6月3日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2402
(4)小児甲状腺がん少なくとも273人〜福島サポート事業で判明(2108年12月14日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2342
(5)小児甲状腺がんのDNA解析〜研究拠点は長崎大(2017年8月31日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2160
(6)存在していた!福島医科大「甲状腺がんデータベース」(2017年8月30日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2158
(7)184人以外にも未公表の甲状腺がん〜事故当時4歳も(2017年3月28日)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2108
(8)第26回「県民健康調査」検討委員会(2017年2月20日)環境省より国際がん研究機関での検討が提案
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2102


 <「子ども脱被ばく裁判」支援団体>
(1)子ども脱被ばく裁判 弁護団のページ
 http://fukusima-sokaisaiban.blogspot.com/
(2)子ども脱被ばく裁判のブログ
 http://datsuhibaku.blogspot.com/
(3)#脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判の会)
 https://fukusima-sokai.blogspot.com/
(4)子ども脱被ばく裁判を支える会・東日本
 http://sasaerubimbo.hatenablog.com/
(5)「子ども脱被ばく裁判」を支える会・西日本
 http://kodomodatu.jugem.jp/


 <マイナンバー関連 その他>
(1)社説:マイナンバーカード なぜ役立たないか猛省を - 毎日新聞
 https://cutt.ly/hyLqKNO
(2)マイナンバーが危険すぎる!銀行口座も丸見えで預金封鎖!プライバシー侵害で個人情報が流出! - NAVER まとめ
 https://matome.naver.jp/odai/2144980913912550201
(3)マイナンバー「受け取り拒否」しても問題なし!こんな「政府のための制度」がいらない理由(週刊現代) - 現代ビジネス - 講談社(1-4)
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/46119
(4)結局不要?残念すぎるマイナンバーのその後 - 週刊女性PRIME - 東洋経済オンライン - 経済ニュースの新基準
 https://toyokeizai.net/articles/-/168628
(5)「『マイナンバー』が日本を壊す」斎藤貴男著|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/181437

(関連)日本は超監視社会への途を歩むのか。成立したスーパーシティ法案の問題点と法成立後の課題。(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/deeb88760a98c503e8ba700735b8c29577d2c69b
草々 

2020年5月30日 (土)

(報告)(5.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(3):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.27」)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


去る5月27日、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、参加人数を少人数に制限しながら(「3密」回避)下記「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。以下、当日の録画やレジメなどを添付して簡単にご報告申し上げます。今回は「新型コロナに対する緊急経済対策について」の第3回目で、「中小零細企業への支援政策と雇用対策」に関していくつかのことを申し上げています。ご参考にしていただければ幸いです。

なお、当日は時間切れで、予定していたお話の半分くらいしかお伝え出来ませんでしたので、次回6/4に、この続きをお話したいと考えています。また、アベ政権が新型コロナ緊急経済対策の「第2次補正予算案」を公表いたしましたので、それについても概要をお話いたします(ワセダクロニクルさんの下記ご講演の前座で約1時間弱)。第一印象としては、第1次補正予算よりだいぶ良くなってはいますが、それでも多くの問題があって、とても褒められたものではありません。単に「至らない」というだけでなく、利権・私物化がらみのおかしなことまでが含まれている様子です。なお、6/4もご参加される予定のみなさまは、今回お配りしたレジメを6/4にもご持参いただけますと幸いです(同じものを使います)。


(当日録画)(5.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(3):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ」)
 https://www.youtube.com/watch?v=cnnZ8xXAFLw&t=1s
 https://www.youtube.com/watch?v=TDCfPLdgtf8&feature=youtu.be


(前前回)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(前回)(報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-3ebaf3.html

(次回)(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html


 <当日のレジメ:別添PDFファイル>
(1)(レジメ1-1)新型コロナ緊急経済対策 第1次補正予算(修正後)(2020.5)
 https://cutt.ly/YyKgNEZ
(2)(レジメ1-2)中小零細企業への支援政策と雇用対策(MEMO)(田中一郎 2020年5月14日)
 https://cutt.ly/byKg3sl
(3)(レジメ1-3)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(2020.5.14)
 https://cutt.ly/4yKg7mn
(4)(レジメ2)持続化給付金、雇用調整助成金、融資制度、他
 https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
 https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/covid_19.html
(5)(レジメ3-1:2020.5.27)受託不正、持続化給付金欠陥、持続化補助金、フリーランス他
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc931efbc9a2020.5.27efbc89e58f97e8a897e4b88de6ada3e38081e68c81e7b69ae58c96e7b5a6e4bb98e98791e6aca0e999a5e4bb96.pdf
(6)(レジメ3-2:2020.5.27)病院・介護支援必要、雇用助成金オンライン故障、雇用調整給付金、非正規労働他
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200520/k10012437361000.html
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59411590R20C20A5EE8000/
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59055060T10C20A5EA1000/
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59245740Y0A510C2EE8000/
(7)(レジメ3-3:2020.5.27)大学・学生支援、妊婦・農家支援、日銀、保健所パンク他
 https://mainichi.jp/articles/20200516/k00/00m/040/213000c
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59489600S0A520C2EA4000/
 https://mainichi.jp/articles/20200523/ddm/041/040/118000c
 https://news.yahoo.co.jp/articles/e79aa7d483e0e0f92ed6f6b0006f73fea81f6fd9
(8)(レジメ3-4:2020.5.27)文化・芸術・スポーツ支援、家賃補助、生存権、EUサプライチェーン見直し他
 https://mainichi.jp/articles/20200523/ddm/012/040/081000c
 https://mainichi.jp/articles/20200524/ddm/012/040/061000c
 https://mainichi.jp/articles/20200518/dde/041/040/029000c
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14489303.html
(9)小規模事業者持続化補助金
 https://cutt.ly/lyKjASx
 https://r1.jizokukahojokin.info/
(10)(MEMO)<税を追う>支援業者不正受給、ホームレス誘い数合わせ「講習に行かなくてもいい」(東京 2020.5.8)について
ダウンロード - efbc88efbcadefbca5efbcadefbcafefbc89e694afe68fb4e6a5ade88085e4b88de6ada3e58f97e7b5a6efbc88e69db1e4baac202020.5.8efbc89e381abe381a4e38184e381a6.pdf


 <関連サイトその1>
(1)GDP、年率3.4%減 1~3月期 2期連続マイナス:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14480954.html?ref=mor_mail_newspaper
(2)4月物価、0.2%下落 3年4カ月ぶり デフレ再来の恐れ - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200523/ddm/008/020/084000c
(3)4月の輸出21.9%減 3カ月ぶり貿易赤字-日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL20HN6_Q0A520C2000000/
(4)米失業者、2か月で3650万人に 前週から298万人増 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
 https://www.afpbb.com/articles/-/3283146


 <関連サイトその2>
(1)Twitterから聞こえる「 #持続化給付金の対応に抗議します 」の悲痛な声(境治) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20200525-00180190/
(2)国は原発事故の賠償スキームを参考に休業補償せよ - - 福山哲郎 - 毎日新聞「政治プレミア」
 https://cutt.ly/1yKjOcm
(3)予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273670
(4)キャンペーン · 文部科学省- 外国人学生に日本人学生と同じ基準で現金給付をして下さい! · Change.org
 https://cutt.ly/8yKjJBc
(5)今度はマイナンバー 卑しい政権が10万円給付で火事場泥棒|斎藤貴男 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273674
(6)給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情 - コロナショックの大波紋 - 東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/iyKk59S


 <「いちろうちゃんのブログ」>
(1)新型コロナ緊急経済対策への「タカリ」なのか!? おかしいぞ持続化給付金支給事務外注経費(769億円)& 観光割引事務経費(3000億円)、第2次補正予算の予備費10兆円って、なにコレ!?=利権・私物化の悪臭が漂う???- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-6cb833.html

(2)危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html

*コロナと闘う戦略図~抗体検査で見えたこと 日本人には類似の「免疫」?【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200516 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=8crwEQN_DbA


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々 

新型コロナ緊急経済対策への「タカリ」なのか!? おかしいぞ持続化給付金支給事務外注経費(769億円)& 観光割引事務経費(3000億円)、第2次補正予算の予備費10兆円って、なにコレ!?=利権・私物化の悪臭が漂う???

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)
(みなさま、新聞を取るなら東京新聞です)


(最初に若干のことです)
================================
1.PARC映像作品の期間限定無料公開│PARC NPO法人アジア太平洋資料センター
 http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/free_edu.html


2.生活保護問題対策全国会議 -
 http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/


3.(メール転送です)「新型コロナウイルス:緊急ささえあい基金」を発足させます(反貧困ネットワーク 代表世話人 宇都宮健児)
 反貧困ネットワークでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴い仕事や住まいを失ったり、、大学に通えることができなくなったりする状況を踏まえ、拡大する貧困問題を解決するために活動する団体に呼びかけ、「新型コロナ災害緊急アクション」を3月24日に急遽結成しました。参加団体が取り組んでいる電話ダイヤルや路上相談会などでは、既に悲痛な声が寄せられています。公的支援策が次々と具体化していますが、公的支援が受けられる間の「緊急小口給付」や「一時宿泊費支援」や無料で宿泊できるシェルターの提供などを行なっていますが、各地域の支援団体が自己財源を切り崩しながら捻出している状況にあります。

 各地に拡がっているフードバンクによる食糧支援しかありません。しかしフードバンクも大変厳しい運営を強いられています新型コロナウイルス感染の影響による貧困問題は長期化します。各支援団体の活動も長期化します。日々の生活費に事欠く人達のSOSも長期化します。

 反貧困ネットワークでは「新型コロナウイルス災害:緊急連帯基金」を発足させ、各支援団体が取り組む緊急経済支援や一時居住支援に役立ててもらうよう支援する事とします。

<基金の仕組みと用途>
*反貧困ネットワークが中心となり、「新型コロナ災害緊急アクション」に参画する協働団体を通じて助成します。それぞれの活動の中で、住まいを喪失し、行き場のない人に対して緊急宿泊支援を実施したり、日々の生活費に事欠いても「生活福祉基金」が借りれずに水道光熱費が払えなったりする方々への緊急小口給付などをおこなっている団体が対象です。

*協働団体から週単位で「給付実績申請書」を提出して頂き、支援当事者1人当たり最大2,0000円を10日以内に拠出します。給付実績は毎月、反貧困ネットワークのホームページで公開します。

ご寄附のお願い>
郵便振替
口座番号:00170‐5‐594755
加入者名:反貧困ネットワーク
※通信欄に「ささえあい」と記入ください。

銀行振込 (※ゆうちょ銀行以外の金融機関からのお振り込み)
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900 店番:019 店名:〇一九 店(ゼロイチキュウ店)
預金種目:当座
口座番号: 0594755
受取人名:ハンヒンコンネットワーク

*問合せ
反貧困ネットワーク
〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-6 ヴァリエ後楽園303
TEL/FAX: 03-3812-3724
メールアドレス:mailto:office@antipoverty-network.org
URL:http://www.antipoverty-network.org/
基金担当  瀬戸大作(反貧困ネットワーク事務局長)
TEL 090-1437-3502 mailto:setodaisaku7@gmail.com
================================


アベ政権のネポティズム(縁故主義)なのか、それとも自民党に特有の「伝統的」利権政策なのか? こともあろうに、多くの有権者・国民が新型コロナPANDEMICで苦しんでいる時に、それに対する緊急対策だとか何とか言って、水面下の見えないところで、この巨額の補正予算の執行に絡んで、一部の特権的な人間達や組織に巨額の公金が流れ込んでいこうとしている様子です。まさに東日本大震災の時の「シロアリ予算」を上回るスケールと悪質さのように見えます。東京新聞記事によれば、電通やパソナが関係しており、しかも東京新聞の取材にはまともには答えようとせず「不都合全部隠蔽・非公開」の態度を取っている様子です。発注責任官庁の中小企業庁や経済産業省さえもが問合せ質問にまともに答えない有様です、ふざけるな! と思いませんか?

ご紹介する記事をご覧になってみて下さい。こんなものが許されていいはずはないでしょう。野党の国会議員には徹底追及をお願いしたいところです。国民の税金・公金を何と心得ているのか、ということです。


1.持続化給付金(経済産業省所管)
(1)(別添PDFファイル)運営団体 実態不透明、中小企業給付金、支給の遅れ相次ぐ(東京 2020.5.28)
 https://www.chunichi.co.jp/article/63677
(2)(別添PDFファイル)持続化給付金の事業費97%が電通へ 国から受託の法人(東京 2020.5.29)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/31879
(3)(別添PDFファイル)雇用調整助成金「手続き複雑」「時間かかる」中小企業 苦境でも使えず(東京 2020.5.28)
ダウンロード - e99b87e794a8e8aabfe695b4e58aa9e68890e9879120e88ba6e5a283e381a7e38282e4bdbfe38188e3819aefbc88e69db1e4baac202020.5.28efbc89.pdf

(関連)持続化給付金の作業を請け負っていたのは電通とパソナの“トンネル団体だった! 749億円もの税金が手数料として電通に|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5445.html?utm_source=onesignal&utm_medium=button&utm_campaign=push
(関連)トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人-だった(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/e43a82c8007292c0c01dd968b1ff51a56e32eac6

(関連)Twitterから聞こえる「 #持続化給付金の対応に抗議します 」の悲痛な声(境治) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20200525-00180190/

(参考)持続化給付金事業の委託、適正な契約のもとに実施=一部報道で梶山経産相(ロイター) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/adcd6cbab23169a4c2aa0c1f6ce1942865f1729b


2.観光割引、事務費が3000億円「高すぎる」と野党が問題視(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/758ea0ace7462ae9aefd64448c68131321c121e9

(関連)旅行目的の商品券配布に「二階幹事長が全国旅行業協会の会長だからか」の声|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2020/03/post-5330_3.html
(関連)予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273670

(所管は国土交通省の観光庁ではないかと思われます:田中一郎)


3,(別添PDFファイル)10兆円予備費「国会無視、2次補正 野党、越権行為と批判(東京 2020.5.29)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/31802?rct=politics

(関連)野党「予備費10兆円」を批判 共産・志位氏「国会軽視というより国会無視」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/020ce53b10066aa3fdfacac3615919c8bdc9b74b
(関連)小沢氏 安倍政権の予備費10兆円「好き勝手やれる。また地元後援会の…」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/0ae5aabc450e450233dbdf38d171c14d23d83934

(要するに、首相官邸に「新型コロナ対策」を口実にして「つかみガネ」を10兆円ばかりくれてやる、ということだ。この国は「予算」さえも国会できちんと決められない「ゴロツキ独裁国家」へと変貌しつつある。「税金私物化よ、こんにちワ、民主主義よ、さようなら」:田中一郎)


(参考)日本国憲法
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/dl-constitution.htm#7sho

第七章 財政
〔財政処理の要件〕
第八十三条 国の財政を処理する権限は、国会の議決に基いて、これを行使しなければならない。
〔課税の要件〕
第八十四条 あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする。
〔国費支出及び債務負担の要件〕
第八十五条 国費を支出し、又は国が債務を負担するには、国会の議決に基くことを必要とする。
〔予算の作成〕
第八十六条 内閣は、毎会計年度の予算を作成し、国会に提出して、その審議を受け議決を経なければならない。
〔予備費〕
第八十七条 予見し難い予算の不足に充てるため、国会の議決に基いて予備費を設け、内閣の責任でこれを支出することができる。
2 すべて予備費の支出については、内閣は、事後に国会の承諾を得なければならない。
〔皇室財産及び皇室費用〕
第八十八条 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。
〔公の財産の用途制限〕
第八十九条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
〔会計検査〕
第九十条 国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。
2 会計検査院の組織及び権限は、法律でこれを定める。
〔財政状況の報告〕
第九十一条 内閣は、国会及び国民に対し、定期に、少くとも毎年一回、国の財政状況について報告しなければならない。
草々 

2020年5月29日 (金)

(速報)第38回「福島県民健康調査検討委員会」結果(Our PlanetーTV )& 昨今の脱被ばく関連情報

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)
(みなさま、新聞をとるなら東京新聞です)


(最初に若干のことです)
================================
1.(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html

(6/4当日は、最初の1時間で、主催者側より「新型コロナ緊急経済対策(中小零細企業支援)」のプレゼンの続きを行います。5/27の「新ちょぼゼミ」にご参加いただいみなさまには、その時の配布資料を再びご持参いただけますと幸いです。なお、6/4当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため、一定人数で入場制限を行う可能性があります。ご参加される方はお早目においでください。:田中一郎)


2.人をだまして東京を壊す「悪質タヌキ狩り」=2020東京都知事選挙
(1)宇都宮健児氏、都知事選に出馬表明 3度目挑戦「弱者に手を」(2020年5月27日) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=1I8s8nukduA&t=26s
(2)宇都宮健児さん都知事選出馬表明会見テキスト版|峰里えり|note
 https://note.com/minezatoeri/n/n830791aef80a
(3)♪♪東京(化け)ダヌキの都政小唄♪♪
 https://cutt.ly/RyFVOkP


3.イベント延期の情報
(1)(6.8)南相馬・避難20ミリ撤回訴訟・第18回口頭弁論期日~再度延期になりました
 http://minamisouma.blogspot.com/

(2)[東京外環道訴訟](直前お知らせ_再送)
*(別添PDFファイル)5月27日工事差止仮処分申立(ニュース号外)
ダウンロード - 20200518_e69db1e4baace5a496e792b0e98193e8a8b4e8a89fe694afe38188e3828be4bc9ae3838be383a5e383bce382b9e58fb7e5a496f.pdf

*第8回口頭弁論再度延期(新期日未定)
 東京外環道訴訟の第8回口頭弁論期日は、コロナウイルスの影響で3月24日から5月27日に変更になりましたが、再度延期になりました。新しい期日は未定です。決定次第お知らせいたしますので、傍聴・報告集会へのご参加をお願いいたします。


4.キャンペーン
(1)キャンペーンについてのお知らせ · 【IR汚職の再捜査を! 黒川検事長辞職と、緊急事態宣言解除で、追及が緩むとナメてます! きっちりIR停止、政権解体、市長リコールまで追求を! #IR汚職 #再捜査を #黒川検事長 #カジノ #コロナ】 · Change.org
 https://cutt.ly/MyFZnno

(2)キャンペーン · 江藤拓 農林水産大臣- 種は命の源、とめよう!種苗法「改定」案! · Change.org
 https://cutt.ly/dyFZQu7

(3)キャンペーン · 文部科学省- 留学生全員に現金給付をして下さい! · Change.org
 https://cutt.ly/lyFZERJ

(4)キャンペーン · 小池百合子さん、差別をやめて関東大震災で虐殺された朝鮮人の追悼式典に横網町公園を使わせてください! · Change.org
 https://cutt.ly/GyFZY7X


5.(図書紹介)運命 文在寅自伝-文在寅/著 矢野百合子/訳(岩波書店)
 https://cutt.ly/qyFZPtU

(現代韓国と現在の文在寅政権を理解するうえで必読の良書です:田中一郎)


6.Web5.23 狭山再審実現しよう - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=1FNOPAPy6ZA&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2aLhYY

 

7.必読直近情報
(1)(別添PDFファイル)逃げる安倍首相(前川喜平 東京 2020.5.24)
 https://kodomo-hou21.hatenablog.com/entry/20200524/1590279966
(2)束の間の収束「世界の謎」:解除後、経済はどれくらい戻るのか どんな第2波がいつ来るのか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/839.html
(3)【新型コロナウイルス】悪評ふんぷんの中小企業給付金 大幅遅れの元凶はアベ友?|日刊ゲンダイDIGITA
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273795
(4)安田純平氏「匿名での政府批判を取り締まる方向」を危惧、自民党PT発足に-芸能-デイリースポーツ online
 https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/27/0013374949.shtml
(5)安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった! 法務省の“懲戒”判断を官邸が拒否したことを法務省関係者が告発|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5439.html
(6)内閣支持率はなんと18%! 農業従事者がTPPの大嘘に激怒し安倍政権にソッポ、党農林部会長・進次郎の対応は?|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2015/11/post-1641.html
(7)内田樹「コロナ禍の大義名分に乗じた自粛警察は有害無益な存在だ」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)
 https://dot.asahi.com/aera/2020052600015.html
(8)予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273670

日刊IWJガイド・非会員版「黒川検事長時代の1月31日に『桜を見る会』をめぐる安倍晋三総理の背任の疑いの告発が不受理!後任に就いた林真琴氏が政治と検察との距離について言及!」2020.5.28日号 ~No.2814号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/42004
================================


去る5月25日に開催されました第38回「福島県民健康調査検討委員会」結果を「Our PlanetーTV」サイトで速報でお知らせいたします。この「福島県民健康調査検討委員会」は、もうずいぶん前から、その委員会の主旨をわきまえず、福島県の原発事故被害者県民の命と健康や将来への不安を踏みにじるように、放射能による放射線被曝の健康被害の「見えない化」「見えなくする化」を強引に進めており、委員会の存在意義を喪失しています(それどころか、子ども甲状腺ガン検査を廃止ないしは縮小することに全力を挙げるなど、ロクでもない言動を繰り返している様子です)。この委員会に期待をしても、もはや何も改善されることはないでしょう。長く座長を務める星北斗などは、まさに原子力ムラ・放射線ムラのために踊る屁理屈ピエロであり、医者の風上にも置けない出鱈目人間だと私は見ています。

「福島県民健康調査検討委員会」の全メンバーの入れ替え、健康調査事業の委託先を福島県立医大から別組織に転換(場合によってはこの大学を閉鎖)、ここに巣食う御用学者たちの責任追及、そして健康調査事業を国が実施主体となり福島県以外の放射能汚染全都県に広げる、福島第1原発事故被害者全員に健康手帳を交付し、検査や医療の無料化を実施、原発事故後に生まれた子どもたちや事故当時18歳以上だった人たちへの甲状腺検査など(継続的)健康調査を一刻も早く実施、ガン以外の甲状腺疾患をはじめ放射線被曝によって起きる可能性のあるさまざまな健康障害についての調査、などの抜本対策が必要です。そして、原発・核は、放射能や放射線被曝の危険性(特に内部被曝)を矮小化・歪曲し、被ばく被害者を切り捨てながら、軍事と表裏一体となって権力が強引に進めていく、という「核の一般法則」が、福島第1原発事故においても完璧な形で貫かれていることに留意しておかなければいけません。

福島県のみなさまは、福島第1原発事故を起こした福島県側の最大責任者であり、今では原子力ムラ・放射線ムラの代理店のような振る舞いをしている内堀雅雄福島県知事(事故当時副知事)を、まず更迭するところから始めてください。ミナマタでも、イタイイタイ病でも、HIV薬害でも、そうでしたが、被害当事者が怒りをもって立ち上がり、力を合わせて「やれることはすべてやる」というスタンスを根気強く続けない限り、事態が好転することはありません。知事を替えたら次は国会議員どもです。事故原因をつくった原発政策を長く続けてきたのは自民党・公明党です。彼らには絶対に投票をしてはいけないのです。政治を変えることが物事の歪みを正す最も確かな近道です。そして簡単なことです。

(以下では、昨今の脱被ばく関連情報も、併せてご紹介しておきます)

第38回「福島県民健康調査検討委員会」結果:甲状腺検査サポート事業の受給者314人~福島県 - OurPlanet-TV:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/

(関連)第38回「県民健康調査」検討委員会(令和2年5月25日)の資料について - 福島県ホームページ
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai-38.html
(関連)「県民健康調査」検討委員会 - 福島県ホームページ
 https://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html

(関連)甲状腺検査で5人のがん診断を報告(福島県)(福島中央テレビ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/942ba3f517fa586f59262432f3b5ca59dbe939d6
(関連)東日本大震災10年目 妊産婦対象の県民健康調査2020年度で終了へ【福島県】(福島テレビ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/cbdcf7d2879bdea4f76ddc050be7cfe01de82f87

●ご支援のお願い -
OurPlanet-TV
:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1523
(みなさまの浄財で、この独立系ジャーナリズムを支えてください。よろしくお願い申し上げます。:田中一郎)


 <別添PDFファイル>
(1)福島の甲状腺調査、コロナ禍で一部休止 なし崩しの縮小に懸念(東京 2020.5.24)
ダウンロード - e7a68fe5b3b6e381aee794b2e78ab6e885bae8aabfe69fbbe38081e382b3e383ade3838ae7a68de381a7e4b880e983a8e4bc91e6ada2efbc88e69db1e4baac202020.5.24efbc89.pdf
(2)全量検査縮小、負担緩和へ、福島のコメと肉牛(日経 2020.5.14)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59046180T10C20A5CR8000/


 <関連サイトその1>
「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会報告及び東電報告」批判
 記事 http://blog.torikaesu.net/?eid=100
 ファイル https://www.torikaesu.net/data/20200520_yamada_watanabe.pdf


 <関連サイトその2>
(1)明日に向けて(1803)「『放射線副読本』すっきり読み解きBOOK」を作りました!-明日に向けて
 https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/014fa3f2983830504e7bf48318b90c5f
(2)明日に向けて(1809)『放射線副読本すっきり読み解きBOOK』、いよいよリリースします! - 明日に向けて
 https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/fe0d73825b6d8f18d3ff9a04b771c9a4
(3)「『放射線副読本』すっきり読み解きBOOK」を作りました! - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=aDE3vdaEQJg


 <関連サイトその3>
(1)リネン吸着法で捕捉した空気中のセシウム粒子はほとんどが不溶解性 - ちくりん舎(NPO法人市民放射能監視センター)
 https://cutt.ly/nyGr2am 
(2)巻頭エッセイ(島薗進『科学』2020年5月号) - 岩波書店
 https://www.iwanami.co.jp/news/n34753.html
 https://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo202005.html


 <その他関連サイト>
(1)49市町村で減少 福島県内の子ども人口49市町村で減少 福島県内の子ども人口(福島民報)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/38eb37f7740f6f5abfc848ab74e707234348449a
(2)記者の目:高知ビキニ被ばく国賠訴訟「放置のまま」許されぬ 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200528/ddm/005/070/016000c?cx_fm=mailyu&cx_ml=column&cx_mdate=20200528
(3)東電、被ばく検査で「替え玉」福島第1原発の作業員、31件(共同通信)-Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/af78acbb5348e8706213bc132da19a47fe5eaed0
(4)福島の立入禁止区域で野生動物が増えている、放射線の影響は?(ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/ce50e2d18b0d3ba36d1f3bde5f6f904847e3b505
(5)モミの木のセシウムの動きを可視化  - こちら原発取材班 東京新聞  - 瀬戸の風
 https://lituum.exblog.jp/29534535/


 <「いちろうちゃんのブログ」より>
(1)(報告)(2.14)「子ども脱被ばく裁判」傍聴記(1)鈴木眞一福島医大教授証人尋問:隠して隠して隠して、逃げて逃げて逃げて、あとはつまらないおしゃべりに終始した鈴木眞一教授、ウソらしき発言もチラホラの誠意なき証言- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-dfa2fc.html

(2)(報告)(3.4)「子ども脱被ばく裁判」傍聴記(2)山下俊一長崎大学教授証人尋問:福島原発事故後の言動の非科学性と誤りを認めたものの口先だけ、放射線被曝の危険性をゴマカス姿勢に変化なし- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-f40763.html


*国は原発事故の賠償スキームを参考に休業補償せよ - - 福山哲郎(立憲民主党幹事長) - 毎日新聞「政治プレミア」
 https://cutt.ly/HyFVy3H

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)「旧民主党政権は、東京電力福島原発事故の際、損害範囲の判定に関する指針を作成し、きめ細かい被害算定を行い、原子力損害賠償・廃炉等支援機構を通じて資金を投入するなど、責任を持って賠償に応じた。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(田中一郎コメント)
 
よくもまあ、かような大ウソをヌケヌケと発言するものだ。だったら何故、1万人を超えるたくさんの方々が福島第1原発事故被害のきちんとした損害賠償を求めて裁判を起こしているのか!? また、様々な事情で裁判を起こせないでいる方々がたくさんいらっしゃって、大変な苦労をされていることが、こいつには見えていないということか!? 避難指示を受けた区域以外の区域に在住していた住民には、一律にわずか12万円の「お見舞金」が支払われたのみで、損害補償は事実上踏み倒されています。

かような人物には、政権交代でポスト安部の政治を任せられないでしょう。福島第1原発事故当時の政権の担い手として、何の責任も感じていないどころか、きちんとやったと嘘八百を垂れているわけですから。政権を取れば、また同じようなことをするに決まっています。かような人物は、早く党幹部から引っ込めた方が立憲民主党にとってもいい方向に物事が進むのではないか、と思いますが、いかがですか?
草々

2020年5月26日 (火)

本日(5/25)のいろいろ情報:(1)黒川弘務問題処理に異議あり、(2)香港、燃えよ民主主義ドラゴン、(3)コロナ陽性隠蔽、(4)竹中平蔵がまた利益相反行為、(5)「群生相」の気配(青木理)他

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html

(当日は、最初の1時間弱で、主催者側よりプレゼンを行う予定です。この日は「新型コロナ緊急経済対策」の続きを予定しています:田中一郎)


2.東京都知事選挙:さあ、悪質な「タヌキ狩り」の始まりだ!

宇都宮健児氏、都知事選立候補へ ツイッターで表明:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5T6S4LN5TUTIL032.html

*宇都宮健児氏が都知事選3回目の出馬へ 元日本弁護士連会長 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200525/k00/00m/010/275000c

人をだましては首都・東京をボロボロにしていく悪質な「タヌキ狩り」の始まりです。
みなで、しめ縄をもって集まりましょう。


3.キャンペーン
(1)キャンペーンについてのお知らせ · 【IR汚職の再捜査を! 黒川検事長辞職と、緊急事態宣言解除で、追及が緩むとナメてます! きっちりIR停止、政権解体、市長リコールまで追求を! #IR汚職 #再捜査を #黒川検事長 #カジノ #コロナ】 · Change.org
 https://cutt.ly/iyAiSpa

(2)キャンペーン · 文部科学省- 留学生全員に現金給付をして下さい! · Change.org
 https://cutt.ly/uyAiLNr

(関連)東京新聞 <新型コロナ>学生現金給付 日本人と差 留学生は成績上位のみ-政治(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052202000244.html

(関連)コロナ禍で困窮する外国人〜全国から寄せられる悲鳴とは OurPlanet-TV特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2504

(3)緊急ささえあい基金にご協力ください - 新型コロナ災害緊急アクション
 https://corona-kinkyu-action.com/sasaeai/


4.(新刊書)2冊のマックス・ウェーバー新書
(1)岩波新書(今野元著)
 https://www.iwanami.co.jp/book/b508161.html
(2)中公新書(野口雅弘著)
 https://cutt.ly/AyAoz7m

 19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したマックスウェーバーの社会科学方法論は、今日の社会科学や社会理論を理解するうえでは必要不可欠な「一般教養」の1つと言えます。価値自由性(ヴェルトフライハイト)、理念型、理解社会学、官僚制論、宗教社会学、支配の3形態とウェーバー政治学、などなど、マルクスとの比較論も含めて、ウェーバーに関する知識と理解は現代社会を理解するうえで欠かせないのです。

ついでにご紹介しておきますと、下記のような著書もあります。
折原氏はウェーバー研究者です。マルクス主義を「森を見て木を見ない」と批判しています。

*東大闘争総括 戦後責任・ヴェーバー研究・現場実践-折原浩/著(未来社)
 https://cutt.ly/6yAoYso


5.(これはひどい)Twitterから聞こえる「 #持続化給付金の対応に抗議します 」の悲痛な声(境治) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/sakaiosamu/20200525-00180190/

(関連)持続化給付金、ネット申請のみ 高齢事業者「できん」相談殺到 - 岐阜新聞Web
 https://www.gifu-np.co.jp/news/20200513/20200513-239507.html
(関連)持続化給付金入金ない!振込順番は申請番号順でない? - 日本観光パスポート
 https://tochigi-kankopassport.jp/jizokukakyuhukinsinseibanngou

(先週土曜日(5/23)の「報道特集」(TBS)はご覧になりましたか? これはひどい! 本当にひどいと思います。自己都合行政で、しかも国民のことを全く考慮に入れない不親切極まりないやり方です。そもそも何故、「持続化給付金」の申請をするのにネット申請以外はダメなのか!? これではPCやスマホをやらない経営者(年配の人に多い)は、この給付金をもらえないことになるでしょう。早く郵送や窓口対応を用意しなさい!(所管は経済産業省です=アベ首相官邸と最も近くなったこの官庁は福島第1原発事故の加害者でもあります。一刻も早く解体いたしましょう。):田中一郎)


6.種苗法改正案、今国会の成立見送り。柴咲コウさんのツイートがトレンド入りし注目集める。問題点は? - ハフポスト
 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ec6041bc5b6dfc078e0f16a

(アベ政権が倒れたら、アベ政権が改悪した種子関係や農林水産業関係のトンデモ法律は、一括法案でスクラップして全部元に戻しましょう。:田中一郎)


7.その他必見情報
(1)「不都合な真実」より「都合のいい嘘」がまかり通っている|立岩陽一郎 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273367
(2)<国民は国家賠償を求めるべきだ>無能、場当たり、口先政権のせいで人生メチャクチャ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/696.html
(3)<新型コロナと一緒に安倍コロナも封じ込める時>緊急宣言・解除という世にも陳腐な政治ショー 平然と行われている弱者切り捨… 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/637.html
(4)20世紀的な価値観の問い直しを迫られるポスト・コロナ時代|高野孟 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273422
(5)見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景|小林節 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273581
(6)命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/754.html
(7)根拠のないコロナ対応で人命は損なわれ、経済は破綻する|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273355
(8)暑い夏になると感染者は減るの? 新型コロナと温度の関係|日刊ゲンダイヘルスケア
 https://hc.nikkan-gendai.com/articles/273382
================================


本日(5/25)のいろいろ情報です(メール転送を含む)。

アベ政権の支持率がいよいよ不可逆的に低下の様相です。ここまで日本をボロボロ・ガタガタにされて、もはや遅すぎますが、それでも一応は歓迎すべきでしょう。問題はポスト安部をどうするかです。本来であれば、山本太郎「れいわ新選組」を含む「市民と野党の共闘」がしっかりと「受け皿」政権を用意し、今ごろは有権者・国民からの高い支持を受けながら、世直し改革の段取りを考えていなければいけないところです。しかし、そうなっていないところが嘆かわしい点です。私はこの事態は、ひとえに「市民と野党の共闘」の総大将=立憲民主党、とりわけその執行部・幹部に責任と問題があると見ています。

新聞が報道する人気政治家のトップが吉村洋文(大阪府知事)で、その次が小池百合子(東京都知事)だとは、いやはや、嘆かわしくて声も出ません。この国の有権者・国民は、政治家を見抜く、政治家をきちんと評価する目を持っていないのかと思ってしまいます。現代資本主義は、オバカやお人好しは、徹底して「むしり取られる」ということをお忘れなく。

(関連)新型コロナ対応、評価トップは吉村大阪府知事 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200523/k00/00m/010/208000c
(関連)「むしりとりますとも! 最期まで! 自由民主党」(2014.6)
 https://cutt.ly/FyAdFqs


 <内閣支持率急落>
(1)内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/5494515f46e84d63a221c7980aff555987b9a862
(2)内閣支持率29%、発足以来最低に 朝日新聞世論調査:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5S74LMN5SUZPS001.html?ref=mor_mail_topix3_6
(3)内閣支持率はなんと18%! 農業従事者がTPPの大嘘に激怒し安倍政権にソッポ、党農林部会長・進次郎の対応は?|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2015/11/post-1641.html
(4)内閣支持率26%で安倍首相が必死! 大阪ではやらせ応援プラカード、冷淡対応していた横田滋さんを急にお見舞い|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2018/04/post-3954.html
(5)27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/xyAjkVI
(6)【安倍晋三】支持率急落で安倍1強も崩壊…囁かれる「6月内閣改造」説|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273533


 <別添PDFファイル>
(1)黒川検事長なぜ訓告 賭けマージャン、検察OBら疑問(日経 2020.5.22夕刊)
(2)森法相が進退伺提出「責任を痛感」首相は慰留、黒川検事長賭けマージャン(朝日 2020.5.23)
(3)定年延長そもそも必要? 年功序列の人事評価 改革せず 高給約束 人件費の膨張必至 合わせて非正規の処遇改善を(東京 2020.5.23)
(4)黒川氏処分、首相官邸が実質決定、法務省は懲戒と判断、軽い訓告に(京都 2020.5.25)
(5)抵抗の拠点から:「群生相」の気配(青木理『サンデー毎日 2020.4.12』)
(6)新型コロナ陽性判定が大量隠蔽されている(イントロ部分)(『女性自身 2020.3.24,31』)
(7)新型コロナ感染拡大の裏で進められる食品表示の緩和(イントロ部分)(垣田達哉『週刊金曜日 2020.5.22』)
(8)佐々木実の経済私考:竹中平蔵氏にまたも利益相反疑惑、退場の潮時迎えた「改革の第一人者」(『週刊金曜日 2020.5.22』)
(9)ネトウヨ言論を問う:花田紀凱×斎藤貴男(イントロ部分)(『サンデー毎日 2020.4.12』)
(10)スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)


1.黒川弘務(検事長)問題処理に異議あり
(1)(別添PDFファイル)黒川検事長なぜ訓告 賭けマージャン検察OBら疑問(日経 2020.5.22夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59435850S0A520C2CE0000/
(2)(別添PDFファイル)森法相が進退伺提出「責任を痛感」首相は慰留、黒川検事長賭けマージャン(朝日 2020.5.23)
 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000184540.html
(3)(別添PDFファイル)定年延長そもそも必要? 年功序列の人事評価 改革せず 高給約束 人件費の膨張必至 合わせて非正規の処遇改善を(東京 2020.5.23)
ダウンロード - e5ae9ae5b9b4e5bbb6e995b7e3819de38282e3819de38282e5bf85e8a681efbc9fefbc88e69db1e4baac202020.5.23efbc89.pdf

(関連)田中龍作ジャーナル - ツイッターデモの次はレノンウォールだ #辞めるなら今だぞ安倍晋三
 https://tanakaryusaku.jp/2020/05/00023003
(関連)【安倍晋三】検察庁法案と一緒にいかがわしい安倍一味も葬り去るべきだ|適菜収 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273535

(関連)検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体! 安倍と同じ独裁思想、「コロナがんばってる」イメージもほとんどは詐術|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5429.html
(関連)【黒川弘務】辞任の黒川検事長は退職金6700万円 大甘処分に批判殺到|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273530

(5/27(土)の「報道特集」(TBS)で金平茂紀キャスターは、黒川弘務(検事長)問題について、(1)黒川氏の賭けマージャンについては「調査」ではなくて「捜査」だ(賭博犯罪&国家公務員法違反&検察庁内規違反)、(2)黒川氏の定年延長を決めた閣議決定を早く取り消せ、(3)黒川氏と賭けマージャンをやっていた朝日新聞&産経新聞の記者たちがこれまで書いてきた記事や論説などをすべて検証し、おかしな内容が見つかれば相応の対応をせよ、の3点をコメントとして発言していました。全くその通りでしょう。私はそれに加え、こうした黒川弘務人事を行った責任が自分にあると、安倍晋三総理自身が言っているのだから、その責任を取って安倍晋三は辞任をすればいい。これまで何度も違法なことも含めておかしなことを繰り返しては、「責任は自分にある」などと言ってきたが、一度たりともその責任を取ったことなどない。今回ばかりは「もう、いい加減にせいよ!」という話である。

(関連)黒川氏「点ピン」で賭けマージャン 法務省が調査公表 [検察庁法改正案] 朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5Q7J9SN5QUTIL05P.html

*【安倍晋三】守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273529

(関連)“守護神”黒川氏の失脚、河井前法相夫妻の捜査で迫る安倍首相の落日「批判ばかりされる」と弱気も(AERA dot.) -Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/fdee5564319f22fd01548421def9dc9e35f3bf1a


●検察庁法改正に勝るとも劣らない、国家公務員法改正の大問題(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/80a5ca75efb922b6a1a96858ad6ccd14050f4e18

(田中一郎コメント)
 1つめの「検察庁法改正の ややこしい問題点」のところで申し上げれば、何故、検察組織を内閣(行政権力)から切り離して、たとえば国会か最高裁の下において、その独立性を担保するような法整備をするとか、検察審査会の機能をもっと強化して、検察からその起訴権限の独占をはく奪するなどの根本的な対策をどうして言わないのか、ということだし、2つめの「検察庁法改正以上に タチの悪い国家公務員法改正」のところでは、定年退職が近くなった高齢公務員の処遇が民間とは違って比較的いい、というだけで、ここまでボロクソに言っていいのかという印象を受ける。この公務員の定年延長の問題は、そうした「処遇の官民比較」の問題に矮小化するのではなく、公務員人事制度の全体的な見直しとともに考えるべきで、今でも続くいびつな形の公務員キャリア制度は大きく見直されていいのではないかと思うので、論点が矮小化されているように思える。ここに書かれている内容は、一種の公務員バッシングに過ぎないのではないか。


2.黒川氏の処分 規定ルールでは - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6360473

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)処分の基準は?
 ルールブックの最後では、非違行為に及んだ職員に対する具体的な処分の基準などを示している。まず、処分について、次のように分類している。

(a) 国家公務員法に基づく「懲戒処分」
 免職、停職、減給、戒告
(b) 法務大臣訓令により上級職員が行う「監督上の措置」
 訓告、厳重注意、注意

そのうえで、ルールブックは、先ほどの人事院の指針を踏まえ、最低でもこうした処分になるという標準例として、次のように記している。

(i) 賭博:減給か戒告
(ii) 常習賭博:停職
(iii) 秘密漏えい:免職か停職

(a)の懲戒処分のうち、免職になると退職金が全額支給されなくなる。停職、減給、戒告でも、調整額分が支給されずに減額となる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)【黒川弘務】黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273580
(関連)【黒川弘務】安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273617

*日刊IWJガイド・非会員版「黒川検事長は3年前からの賭け麻雀を認める!! 軽い処分『訓戒』理由はレートが『テンピン』だから!- 7千万円の退職金は全額支給?」2020.5.23日号 ~No.2809号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40351


3.安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった! 法務省の“懲戒”判断を官邸が拒否したことを法務省関係者が告発|リテラ
 https://cutt.ly/XyAhLW2

(関連)黒川氏訓告、官邸が決定、賭けマージャン、法務省判断は懲戒(東京 2020.5.25)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052502000139.html
(関連)「訓告」、首相と法相で食い違い 黒川氏問題、答弁に「疑義」も | 共同通信
 https://this.kiji.is/636555440369566817
(関連)(別添PDFファイル)黒川氏処分、首相官邸が実質決定、法務省は懲戒と判断、軽い訓告に(京都 2020.5.25)
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/255098

(関連)安倍官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、官邸と対立する稲田検事総長に「監督責任で辞職しろ」と圧力! 河井前法相捜査潰しが狙いか|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5434.html
(関連)「検察庁法改正案」断念の裏に官邸vs検察バトルと権力争い|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273354

(子どもの苦し紛れの言い訳のような、この安倍晋三の嘘八百は致命的に許されない。これをもって即刻総理大臣職を辞任すべきである。こんなウソツキが首相では官僚は働かないし、有権者・国民も政府を信用できない。政治も政策も全く機能しない。人をバカにするのもいい加減にしろ!:田中一郎)

日刊IWJガイド・非会員版「黒川検事長『訓告』の責任を、安倍総理が河合前法相事件指揮の稲田検事総長に押し付け! 総理は『私はルイ16世でない』と訴えるが!-」2020.5.24日号 ~No.2810号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40372


4.マスごみと検察のズブズブ関係
(1)<こうして国策捜査は正当化されていく>賭けマージャンの産経と朝日 黒川とのズブズブ記事を検証(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/725.html
(2)賭けマージャンの産経と朝日 黒川とのズブズブ記事を検証|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273528
(3)黒川検事長:実は安倍政権ではなくマスコミとズブズブ(木曽崇) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/takashikiso/20200521-00179563/
(4)朝日「不適切」、産経「お答えしない」 黒川検事長と賭けマージャン報道:時事ドットコム
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020052001076&g=soc
(5)「数年前から賭けマージャンしてた」産経新聞がコメント [検察庁法改正案]朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5P6TZRN5PUTIL03Y.html

*黒川弘務検事長“賭けマージャン”辞職を、産経と朝日はどう報じたか?(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/1e52a997bc86ca6a26c3e79930eca9519089f260


5.抵抗の拠点から:「群生相」の気配(青木理『サンデー毎日 2020.4.12』)
 http://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2020/04/12/

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)東アフリカ一帯から中東諸国などにかけては蝗害(こうがい)、つまりはバッタの大量発生による農業被害が極めて深刻なことになっているらしい。

(中略)そのバッタ、普段は群れをつくらず、基本的には1匹ずつ独立して生息しているのに、幼虫の数の密集度が高まると変異し、色も相貌も行動様式までも違ったものになってしまう。(中略)通常時を「孤独相」、変異した後を「群生相」とよぶという。

(中略)ふとこんな考えも頭をよぎる。私たちはどうか、と。妙な「変異」をおこしてはいないか、と。当たり前の話だが、特異事態や危機に直面した際、人間もやはり「変異」し、通常時とは違う反応や行動を示す。数々の惨劇を生んだ戦争や災害はもちろん、感染症だって例外ではない。不安が蔓延し、デマや誤情報が飛び交い、時にパニックを起こし、不寛容や排外主義の温床にもなる。

なぜこうした変異が起きるのか、いまも謎は多いらしいが、「孤独相」のバッタは緑色をしていて、一度に飛ぶ距離もせいぜいが20〜30メートル。糞で土地を肥やし、家畜や人の食料にもなる。ところが干ばつのような生態系の特異事態が発生し、生息密度が高まると「群生相」に変異する。色は黒ずみ、飛行に適した相貌になり、一挙に数キロ単位の移動を開始する。そして害虫と化した大量のバッタは空を覆い尽くす凶暴集団となって移動を続け、各地で食物類を根こそぎにする。1日に150キロを移動し、小さな群れでも1日に3万5000人分の食糧を食い尽くすというから、ひとたび蔓延した蝗害(こうがい)の凄まじさは想像を絶する。

高まりがちな同調圧力などの集団主義はまさに「群生」的であり、危機を梃子に政治もしばしば強権性の拡大を狙う。実際に今般、緊急事態の宣言やメディアへの指示も可能とする法改正などが行われた。ウイルスの感染防止は確かに大切だが、私たちの顔がどこか黒ずんでいないか、相貌や行動に妙な「群生」性の気配が強まっていないか、そんな自省も常に念頭に置きたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(田中一郎コメント)
 青木理氏のこのバッタにたとえた日本社会への風刺的コメントはとても興味深い。なるほどな、と感心した次第である。でも、私からはもう一つ申し上げておきたい。それは「害虫と化した大量のバッタは空を覆い尽くす凶暴集団となって移動を続け、各地で食物類を根こそぎにする。1日に150キロを移動し、小さな群れでも1日に3万5000人分の食糧を食い尽くす」とあるところである。これは人間社会で言えば、上記で青木氏が指摘する「群生相」とはまた別の「第2群生相」が現れ、ヘリコプターマネーだの、ベーシックインカムだのと、もっともらしいネーミングを付けては、バナナのたたき売りのごとく財政支出規模をエスカレートさせて、さしたる政策効果もないままに人間社会を支えるためにある財源=国庫金を食い尽くしてしまうという、人間バッタ症候群である。既に付和雷同の「マネシゴンボ」たちを引き連れて、日本バラマキバッタ群は活動を開始している。要注意である。


6.新型コロナ陽性判定が大量隠蔽されている(イントロ部分)(『女性自身 2020.3.24,31』)
 http://www.asyura2.com/20/senkyo270/msg/488.html
 https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/c0a410c2c542366e0e8b9742205f9b74

(関連)陽性率の計算 地域でバラバラ - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6360595
 https://www.asahi.com/articles/ASN5R66BNN5DPTIL02F.html

(まもなく図書館が開きますので、そこで原本に当たって上記『女性自身』の記事をご覧になってみて下さい。この雑誌記事が掲載されたのは3月の中旬頃ですが、この頃はアベ政権と小池百合子東京都が団子状態になって2020年東京オリンピックの7月開催を最優先させていた時期です。現在の日本政府や東京都の政治・行政の正体が赤裸々に現れています。有権者・国民の命と健康を優先しない政治や行政、まさに福島第1原発事故後の後処理と酷似していますが、こんな政治や行政は有権者・国民自身が自分の手で一掃するしかありません。誰かがやってくれることはないのです。:田中一郎)

(関連)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(111):(1)新型コロナと福島原発事故の対応は瓜二つの「一卵性双生児」(2)どさくさ紛れの原発突撃(3)手を変え品を変えての被ばくリスクのゴマカシ他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b4c76a.html


7.新型コロナ感染拡大の裏で進められる食品表示の緩和(イントロ部分)(垣田達哉『週刊金曜日 2020.5.22』)
ダウンロード - e382b3e383ade3838ae6849fe69f93e381aee8a38fe381a7e980b2e38281e38289e3828ce3828be9a39fe59381e8a1a8e7a4bae381aee7b7a9e5928cefbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e59ea3e794b0e3808ee98791e69b9ce697a5202020.5.22e3808fefbc89.pdf

(もうメチャクチャやっているようです。消費者庁や消費者委員会など、とうの昔に賞味期限が切れて腐ってしまっています。諸悪の根源は政治です。私たちが「食べもの」への高い関心と、安全で安心なホンモノの食べものを強く求めない限りは、この垣田達哉氏が言うようなことがどんどんエスカレートしていきます。既に日本の食品市場は、ずいぶん前から「世界の残飯市場」と言われているようです。外食と加工食品、この2つが特にひどい。:田中一郎)

(関連)食べものが劣化する日本 命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ-安田節子/著(食べもの通信)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033974926&Action_id=121&Sza_id=C0

(関連)(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html


8.佐々木実の経済私考:竹中平蔵氏にまたも利益相反疑惑、退場の潮時迎えた「改革の第一人者」(『週刊金曜日 2020.5.22』)
 http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/003029.php

(関連)本誌スクープ、国会で追及 竹中平蔵氏と首相諮問会議の“闇” (1-2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
 https://dot.asahi.com/wa/2020052000010.html

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「成長戦略の司令塔」とされる未来投資会議(議長は安倍晋三首相)に関して『週刊朝日』(5月8・15日号)がスクープを放った。中枢メンバーの竹中平蔵氏が今年1月15日、国土交通省に門外不出の資料を開示させたうえ、会議が開催された事実が伏せられていたという。

(中略)「内部資料の一つが、空港の民間運営事業に関するもので、国交省が各空港の財務状況を分析したものでした。竹中氏が社外取締役を務めるオリックスは、民営化された関西国際空港などの運営に参入している利害関係企業です。そのため、国交省内からも資料開示に慎重な意見がありました」

未来投資会議は開催日、議事要旨などを公表するが、なぜか1月15日の会議だけ開催の事実さえ公表されなかった。『週刊朝日』の情報公開請求で初めて明らかになったわけだが、一部黒塗りの開示資料には「竹中会長限り」と記された文書もあった。安倍政権で頻発している公文書の改麓や隠蔽に通じる問題だ。未来投資会議で竹中氏が熱心に取り組むのはコンセッションである。空港や上下水道などの公共施設について、施設の所有権を公的機関に残したまま、運営を企業が担う「民営化」だ。

(中略)『週刊朝日』の取材に竹中氏は、「私が役員を務める会社に提供することはない」と答えて済ませている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(田中一郎コメント)
 市場原理主義的構造改革、岩盤をドリルで打ち砕く規制撤廃、民活・民営化の正体がよく見える記事です。「アホノミクス」をもてはやしてきた連中がこういう連中だということを、まだこの国の有権者・国民は気が付かないのか!? ならば、アホウ、という他ない。これまでも類似の事態はたくさん表面化しているからだ。「未来投資会議は開催日、議事要旨などを公表するが、なぜか1月15日の会議だけ開催の事実さえ公表されなかった」「竹中氏は、「私が役員を務める会社に提供することはない」と答えて済ませている」などは、まさに笑止千万。昔なら「公儀財産私物化」の罪で切腹自害させられるところだ。

竹中平蔵「このままいけばコロナ後、日本が世界の先端に立てるかもしれない」(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b50e25c6a3b66ec0b6522e436c909f337c2c1a25

(田中一郎コメント)
「働き方に関して、「ワーケーション」という言葉があります。ワーク(働く)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語で、リゾートなどで休暇を兼ねてテレワークを行うことを意味しています。まだ導入企業は多くありませんが、今後テレワーク体制が整っていけば浸透するのではないでしょうか」。ガラクタ言論を並べた末に、かような極楽トンボのようなことを言っています。デジタル社会なのだそうです。一度、公衆便所の掃除でもしてみたら如何ですか?

(関連)コロナ危機の経済学:インタビュー竹中平蔵「教育や医療、規制緩和の議論を、デジタル化の遅れ挽回する好機」-週刊エコノミスト Online
 https://cutt.ly/zyALfFA


9.ネトウヨ言論を問う:花田紀凱×斎藤貴男(イントロ部分)(『サンデー毎日 2020.4.12』)
 https://mainichi.jp/sunday/articles/20200401/org/00m/040/005000d

(「ネトウヨ言論」って、便所の落書き、のようなものです。あんなものを本気で相手にする人はいません。一部の陰湿な変わり者がごちゃごちゃとやっているだけの話。相手にしないでみんなで無視しておけばいいのです。もっとやるべきことはたくさんあります。「便所の落書き」を気にかけていることが、あの連中の「思う壺」です。彼らはあれで「愉快犯」を演じているつもりなのでしょう。:田中一郎)


10.スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)
ダウンロード - e382b9e383bce38391e383bce382b7e38386e382a3e6a78be683b3e381a8e59bbde5aeb6e688a6e795a5e789b9e58cbaefbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e58685e794b0e3808ee4b896e7958c202020.6e3808fefbc89.pdf

以下はメール転送です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#超監視超管理社会を拒否します:スーパーシティ法案は27日水曜の参院本会議で採決の予定

スーパーシティ法案は参院本会議を残すだけとなりました。

同法案の問題点:
今でも本人同意なく個人情報が提供される場合を認める行政機関個人情報保護法・自治体個人情報保護条例。匿名加工して照合すれば本人特定が可能。
日本の個人情報保護は欧州と比べて大幅に立ち遅れ(欧州では匿名化行動履歴も個人情報の範疇)。
間違うことのある人工知能(AI)に就職などを左右されるリスク。
カナダのトロントでは住民の反対で計画が頓挫。
住民合意は利権集団の「区域会議」が仕切って住民が置いてけぼり。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(田中一郎コメント)
 個人情報保護法制がスカスカで、プライバシーの尊重も、基本的人権の尊重もおざなりで、他方では、肥育牛の「耳タグ」ごとく、有権者・国民一人一人にマイナンバーをあてがわれ、わずかな「グリコのオマケ」をもらってカードまで作らされている、この監視国家ニッポンで、かような「構想」は新たな不幸・悲劇・犯罪・トラブルと、より一層の監視社会を生み出すだけです。こんなものにホイホイと乗せられてはいけません。スノーデン氏が言うように、プライバシーのない社会に民主主義はないのです。近々、「新ちょぼゼミ」でもこのテーマを取り上げて解説いたします。さしあたり6月はマイナンバー&カードの話をしようと思っています。

(関連)危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html


11.香港、燃えよ民主主義ドラゴン
 中共中国=最後のスターリニズム巨大国家の香港への武力抑圧が勢いを増してきました。北京にいる「スターリンのブタ」たちが「オレたちに逆らう奴らは一匹たりとも容赦はしねえ」と吠えています。香港民主化革命、断固支持!! 世界の民主勢力は、中共中国の言論弾圧・政権批判と政治的自由はく奪の暴挙に対して一斉に立ち上がれ、全世界が、この一握りの暴力勢力を包囲して、がんじがらめにしてしまえばいいのだ。(情報が多いので別メールします)

民主派「香港の自治崩壊」本土並み政治活動・言論制限(東京 2020.5.23)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202005/CK2020052302000125.html

*東京新聞-香港に監視機関新設案 全人代で審議 反政府活動を摘発-国際(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202005/CK2020052502000125.html

(関連)東京新聞-中国 成長率目標見送り 国防費は大幅増を維持 全人代2ヵ月遅れで開幕-国際(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/202005/CK2020052302000126.html
(関連)香港に国家安全法導入なら「強硬対応」、トランプ氏が警告 - ロイター
 https://jp.reuters.com/article/usa-china-hong-kong-idJPKBN22X2BV

*♪香港 Honkon-Hong Kong - Teresa Teng 邓丽-テレサ・テン♪ - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=6HrRsr5Q9-0

*香港のレノン・ウォール – Bloomberg他
 https://www.bloomberg.co.jp/news/videos/2019-07-22/PV0PDU6KLVR401
 https://the-liberty.com/article.php?item_id=16229


12.その他
(1)【情報開示】クルーズ船に「感染症の専門家を派遣」DMAT宛て文書を入手。それは誰?→不開示。 - COVID-19 - OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト
 http://oshidori-makoken.com/?p=4533
(2)田中龍作ジャーナル - 弁護士ら662人が安倍首相を刑事告発 桜を見る会
 https://tanakaryusaku.jp/2020/05/00022993
(3)東京新聞-<新型コロナ>「原爆の図」記憶継承に黄信号 東松山、丸木美術館の新館計画-埼玉(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/202004/CK2020042402000128.html
(4)東京新聞-ダム 全国容量2倍に 大雨予想の3日前から放流-政治(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052402000105.html
(5)東京新聞<新型コロナ>生活保護申請2~5割増 4月特定警戒地域 雇用悪化-(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020052402000102.html
草々 

2020年5月20日 (水)

PCR検査・新型コロナ感染検査拒否国家ニッポン(その1):「不十分なPCR検査「日本の恥」=山梨大・島田学長、感染者減少の今こそ体制拡充を」(東京 2020.5.17)より

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.PARC映像作品の期間限定無料公開│PARC NPO法人アジア太平洋資料センター
 http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/free_edu.html

(私のお勧めは「【期間限定無料公開 5/6~5/20】『コンビニの秘密 便利で快適な暮らしの裏で』」です。ちなみに私はコンビニが大嫌いで、極力コンビニでは買い物をしないようにしています。こんなものは早くなくなってしまえと思っています。昔ながらの「よろずや」や「いろいろ店舗」の方がずっとずっといいです。ファーストフード店やファミレスも同様に大嫌いなので、ほとんど自分から入ったことはありません。:田中一郎)


2.(メール転送です)東京外環道訴訟_(お知らせ)(1)第8回口頭弁論5月27日も延期(新期日未定)_(2)工事差止仮処分申立
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京外環道訴訟を支える会会員の皆様、外環道の運動にご理解/ご協力いただいている皆様、日ごろからご支援、ご協力に厚くお礼を申し上げます。

(1)第8回口頭弁論5月27日も延期(新期日未定)
 東京外環道訴訟の第8回口頭弁論期日は、コロナウイルスの影響で3月24日から5月27日に変更になりましたが、再度延期になりました。新しい期日は未定です。決定次第お知らせいたしますので、傍聴・報告集会へのご参加をお願いいたします。

(2)工事差止仮処分申立
 致死濃度の酸欠ガスを地表に噴出させる住民の生命を脅かす気泡シールド工法による工事差止の仮処分申立てを5月27日に行う予定です。詳細は、近日発行の支える会ニュース(号外)でお知らせいたします。ご支援お願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.キャンペーン
(1)キャンペーンについてのお知らせ · 【新型コロナウイルス禍でもラスベガス・サンズ撤退でも、なおもカジノと新劇場をやめない市長は、もはやリコールするしかありません!】 · Change.org
 https://cutt.ly/kyTNaQb

(関連)横浜にカジノはいらない!ギャンブル依存と貧困を防ぎ、介護・福祉・医療こそ充実を!(特に現在、カジノでなくコロナ対策を‼)(全国からご署名いただけます)· Change.org
 https://cutt.ly/RyTNf9Y

(関連)東京新聞-米企業IR撤退 計画断念しか道はない-社説・コラム(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020051802000115.html

(2)内閣総理大臣- 【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し、辞職を求めます · Change.org
 https://cutt.ly/eyTNQTt

(関連)NHKは「検察庁法改正案」を審議する国会の中継を行うこと!してください! · Change.org
 https://cutt.ly/iyTNUTQ


4.安倍内閣支持率33%に低下、6割超が検察庁法改正案に反対-調査 - Bloomberg
 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-18/QAI161T0AFB501

(関連)田中龍作ジャーナル - 安倍レームダック化 「誰か総理ができる政治家はいないか」
 https://tanakaryusaku.jp/2020/05/00022972
(関連)検察庁法改正案、なぜ三権分立が揺らぐ?日弁連副会長「検察官は司法に密接に関わっている」 - ハフポスト
 https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5eb8f7b2c5b6050bf093bbb3
(関連)<安倍首相を引きずり降ろす決起が必要>このままでは経済も民主主義も焼け野原(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/605.html


5.コロナ大不況迫る=このままでは危ない!
 新型コロナPANDEMICで日本経済が行き詰っています。長く続く市場原理主義政策や「アホノミクス」のおかげで経済も社会もボロボロです。知恵を絞って何とかしないといけません。一刻も早く「ホンモノの政権交代」を実現することが物事のスタートですが、さてそれでどう対応するかは熟慮が必要です。「新ちょぼゼミ」でしっかりと考えていきます。(次回は5/27(水)午後6時=予約が必要ですので「たんぽぽ舎(水道橋)」にお電話ください:https://www.tanpoposya.com/

(1)新型コロナで内外需とも総崩れ 1~3月期GDP 先行きさらなる落ち込みも - 毎日新聞
 https://cutt.ly/ByTMxK9
(2)GDP、年率3.4%減 1~3月期 2期連続マイナス:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14480954.html?ref=mor_mail_newspaper

(関連)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(関連)(報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-3ebaf3.html
================================


アベ政権によるずさんな初動対応とその後の後手後手対応の結果、新型コロナ肺炎のPANDEMICが現実のものとなってしまい、日本国中がパニック状態に陥って早くも約3か月が経過しました。しかし、この間の政府や東京都などの自治体の行政対応を見ていますと、どうも腑に落ちないというか、納得しがたいようなことが、こと、この新型コロナPANDEMICについては今も続いていて、いつまでたっても改善されそうにない雰囲気になっています。その最大の問題が「PCR検査をはじめ、新型コロナ肺炎に感染した人々を検査しない」という、日本の行政における「検査拒否症候群」=「感染実態隠蔽集団行動」です。どうしてこんなことになっているのでしょうか? 

(関連)日本のPCR検査数が増えない深刻な事情。原因は「政治の弱さ」か - まぐまぐニュース!
 https://cutt.ly/ZyT6fiZ

(関連)日本のコロナ政策「最大のナゾ」〜PCR検査はなぜ増えないのか?(伊藤博敏)現代ビジネス
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72563


今般、山梨大学の島田真路学長の発言が東京新聞「こちら特報部」欄で大きく報道されたり、ネットサイトの「デモクラシー・タイムズ」で児玉龍彦・金子勝両氏へのインタビューが複数回放映されて話題になるなど、この「検査拒否行政」への疑問が日本国中から巻き起こっています。以下、簡単なコメント付きで、関連情報をご参考までにお送りいたします。私は医学も医療も感染症も医療経済も専門家ではありませんから、具体的な改善提案まではできませんが、「これくらいはできないのかしら」とシロウト考えで思うことも併せて付記しておきます。ご覧いただければ幸いです。


 <別添PDFファイル>
(1)厚労相「誤解」発言に批判の声、「発熱4日以上」の目安 削除したが(東京 2020.5.12)
(2)政府、13年「行動計画」踏襲、コロナ大量検査、想定外 柔軟対応欠く(毎日 2020.5.11)
(3)<新型コロナ>不十分なPCR検査「日本の恥」山梨大・島田学長、感染者減少の今こそ体制拡充(東京 2020.5.17)
(4)検査・医療、備え欠く 感染の再拡大招く恐れ(日経 2020.5.15)
(5)新型コロナ・パンデミックの生物学的考察(河田昌東さん 2020年5月10日)
(6)タカラバイオ、唾液のPCR検査試薬 自分で採取可能(日経 2020.5.17)
(7)保健所 パンク寸前(朝日2020.4.23)
(8)「新型コロナの感染の検査は、なぜ増えないのか(白川真澄さん)」について(2020年5月11日)
(9)がん・難病治療に不安の声、コロナ 高度医療に影響、募る不安 看護師語る(京都 2020.5.18)
(10)新型コロナ、厚労省、抗原検査に指針、無症状者は対象外に(毎日 2020.5.14他)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(関連)<新型コロナ>詳細議事録 作成せず 専門家会議巡り内閣官房 政策決定の検証に壁(東京 2020.5.14)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051402000125.html


1.最初に関連する「キャンペーン」
(1)総理大臣- コロナ感染疑いのPCR検査を医師の判断でやらせてください · Change.org
 https://cutt.ly/fyT1OC3

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · 賛同者7万人を超えました! · Change.org
 https://cutt.ly/jyT13xp
(関連)キャンペーンについてのお知らせ · キャンペーン成功! · Change.org
 https://cutt.ly/XyT1GHL

(2)キャンペーン · 厚生労働省- 妊娠中の医療従事者をCOVID-19から守ってください! · Change.org
 https://cutt.ly/VyT1X9T

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · 厚生労働省に要望書を提出しました! · Change.org
 https://cutt.ly/lyT1MtZ


2.(別添PDFファイル)政府、13年「行動計画」踏襲、コロナ大量検査、想定外 柔軟対応欠く(毎日 2020.5.11)
 https://mainichi.jp/articles/20200511/ddm/001/040/089000c
 https://mainichi.jp/articles/20200511/ddm/002/040/077000c
 https://mainichi.jp/articles/20200511/ddm/003/040/055000c

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新型コロナウイルスの感染が疑われる症状に苦しんでいるにもかかわらず、PCR検査を受けられないという不安や不満の声がくすぶっている。新たな感染症の流行を想定して2013年に政府が策定した「行動計画」は、水際対策や国内侵入を許した場合の対応策を示した。ただし、PCR検査を大量に実施する想定がそもそもなく、この計画を参考にした政府が今回の事態に柔軟に対処できていなかったことが浮かび上がる。

(中略)しかし政府の専門家会議が「相談・受診の目安」として「37・5度以上の発熱が4日以上続く」などの基準を2月17日に示していた。検査の前損の診察を抑制する姿勢が明確だった。ただ平熱に個人差があるなどとして、5月8日に「37・5度」の項目は削除された。

(中略)国内感染期のうち各県で感染症が流行する「地域感染期」について、「感染拡大を止めることは困難で、対策の主眼を被害軽減に切り替える」と記述。「全ての疑似症愚者へのPCR検査による確定診断を中止する」とし、重症者に絞る方針を元していた。患者が病院に殺到する「医療崩壊」を防ぐのか目的だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(田中一郎コメント)
 2012年の民主党政権時代に「新型インフルエンザ等対策特別措置法」が制定され、それに基づいて国は「行動計画」を策定していたようだが、私が推測するところ、その少し前に「重症急性呼吸器症候群(SARS: severe acute respiratory syndrome)」や「中東呼吸器症候群 (MERS:Middle East respiratory syndrome)などの世界的なPANDEMICと、その危険性を目の当たりにしていたにもかかわらず、感染症対策を事前にはその準備も態勢づくりも真剣には取り組まず、最もカネのかからない、つまりは既存の医療制度や医療機関に負荷がかからないような形での対応の「作文」をしていただけだったのではないか。そして愚かにも今回、新型コロナ肺炎の発生・拡大を受けても、2020年東京オリンピック開催など既成の利害を優先するような形で、過去の「作文」を十分に吟味・検討しないまま(ワーストシナリオを想定しないまま、また、最先端の感染症PANDEMIC対応・対策を確認しないまま)、半ば手抜きをするような形で対処したのではないか、というものです。私は、少し先でいいので、新型コロナPANDEMICが静まった段階で、利害関係人を全員外して、一連の政府・関係機関の取組経過を検証してみる必要があるのではないかと思います。

(参考)新型インフルエンザ等対策特別措置法 - Wikipedia
 https://cutt.ly/SyT22M7

そして、この記事を見るに、ことはそれだけではありません。一連の記事の特に3枚目、日本の政治家や官僚たちに加えて、日本の医師たちが(専門家会議メンバーを含めて)、ただ政府の言うことに無批判的に忠実であるだけで、本来あるべき対策やきちんとした見解を表明することができず、無能で反患者的な言動を繰り返す人物が多くいるのではないかという疑念が湧いてくるようなことが読み取れます。PCR検査は拡大しなくていいとか、誤診が多いから増やさなくてもいいとか、愚にもつかぬことを、この期に及んでまだ言っている医者・医学者・研究者がいるからです。ともかく、なぜ未だにPCR検査が拡大しないのか、この記事からではわからないままです。政府関係者への忖度で、あえて記述を避けているのかな、という印象を持ちます。

(関連)(別添PDFファイル)厚労相「誤解」発言に批判の声、「発熱4日以上」の目安 削除したが(東京 2020.5.12)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020051202100046.html
(関連)「37.5度以上が4日以上」の目安は国民の誤解だったと言い放った加藤厚労相の傲慢 - 佐藤章|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2020051300002.html

(関連)加藤厚労相「誤解」発言を釈明 言葉適切だったか真摯に受け止め - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1120709.html
(関連)加藤厚労相が猛反論「誤解」批判に「責任転嫁してない」「再三再四、違うと」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000047-dal-ent


3.(別添PDFファイル)<新型コロナ>不十分なPCR検査「日本の恥」山梨大・島田学長、感染者減少の今こそ体制拡充(東京 2020.5.17)
ダウンロード - e4b88de58d81e58886e381aaefbcb0efbca3efbcb2e6a49ce69fbbe3808ce697a5e69cace381aee681a5e3808de5b1b1e6a2a8e5a4a7e383bbe5b3b6e794b0e5ada6e995b7efbc88e69db1e4baac202020.5.17efbc89.pdf

(山梨大・島田学長のおっしゃる通りのように思いますが、いかがでしょう? でも、未だに新型コロナ肺炎の検査体制や感染者隔離政策を拡充させる動きは、民間の一部医療機関や医療関係者は別として、国や自治体の行政サイドでは鈍いままのようです。おかしな話です。そもそも医療機関への政府の様々な意味での支援が不十分すぎます。:田中一郎)

(関連)(別添PDFファイル)検査・医療、備え欠く 感染の再拡大招く恐れ(日経 2020.5.15)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59132920U0A510C2EA2000/


4.デモクラシータイムス録画 第5弾:(5.8)「致死ウイルスに向き合う~恐怖の出口にしないために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】=ガラクタ政治家と機能不全の壊れた官僚組織官庁と腐った学者・大学では対応不能ではないのか!?

致死ウイルスに向き合う~恐怖の出口にしないために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200508 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=2AxgLORNl0k

(関連)(VTR)新型コロナPANDEMICとアベ政権で没落を加速する日本:児玉龍彦、金子勝、山本太郎、志位和夫(立民・社民の直近VTRはユーチューブに発見できず)=わずか10万円のバラマキ政策を喜んでいてどうするのか!?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-385afc.html

(第1回~第4回は上記サイトに掲載しておきました。第5回は上記、第6回と第7回は下記です:田中一郎)

(関連)致死ウイルスに向き合う~恐怖の出口にしないために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200508 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=2AxgLORNl0k

(関連)コロナと闘う戦略図~見えてきたウイルスの正体と闘い方【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200516 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=8crwEQN_DbA

 <永寿総合病院関連>
(1)永寿総合病院 院長談話(湯浅祐二 2020 年4月9日)
 https://cutt.ly/EyT7vk7
(2)お知らせ一覧 - 永寿総合病院
 http://www.eijuhp.com/news/index.html
(3)永寿総合病院「収束へ懸命に努力」 集団感染に院長談話(朝日新聞 MSNニュース)
 https://cutt.ly/eyT7gxG
 https://www.asahi.com/articles/ASN4B3SQNN4BUTIL00R.html
(4)永寿総合病院 感染の入院患者30人死亡|日テレNEWS24
 https://www.news24.jp/articles/2020/04/22/07630542.html

(田中一郎コメント)
 児玉龍彦氏と金子勝氏の、これまで全部で7回(金子勝氏単独での1回を含む)にわたる対談内容は非常に興味深いものがあります。しかし、たとえばスマホを使った個人情報の活用などが典型ですが、未だに新型コロナの検査体制さえロクすっぽ作れないアベ政権・日本政府=つまりはガラクタ政治家や、機能不全で質的に劣化した官僚組織(政府&自治体)や、腐った大学や学者どもで構成されている専門(馬)家組織が、この対談で言われているようなことをこれからやっていけるとはとても思えないし、また、有権者・国民の側もまた、未だにアベ政権に期待を寄せてみたり、あのチンピラ・ゴロツキの集団である維新なんぞに喝さいを送ってみたりと、致命的な愚昧を続けている状況で、この国は絶望的とも言っていい状態にあります。

また、金子勝氏は、自身の専門である経済政策については、あまり多くを語りませんが、私が見るところ、政府の緊急経済対策はTOO LITTLE TOO LATEで、役に立ちそうにないし、かといって野党側から提示されている対案もまた、山本太郎「れいわ新選組」も含めて、場当たり的でバラマキ型となっており、持続可能性や事態の根本解決へ向けた対案にはなっていないように思えます。つまり、現状は、これまでの「アホノミクス」路線が依然として継続されたまま、どん底へ向かっての国民大行進がとまらず、新型コロナウィルスと「アベノウィルス」とが波長を合わせて日本という国を破壊している状態にあると言えるでしょう。この状態のところに、巨大地震・津波と原発・核燃料サイクル施設の破局事故が起きればどうなるか、考えてみただけでもぞっとします(しかし、ありえない話ではありません)。


5.(別添PDFファイル)新型コロナ・パンデミックの生物学的考察(河田昌東さん 2020.5.10)
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/17235
ダウンロード - e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae383bbe38391e383b3e38387e3839fe38383e382afe381aee7949fe789a9e5ada6e79a84e88083e5af9fefbc88e6b2b3e794b0e6988ce69db1e38195e38293efbc89.pdf


6.「厚労省は何をやっているんだ!」PCR検査めぐる安倍総理の逆ギレ肉声-Asagei Biz-アサ芸ビズ
 https://asagei.biz/excerpt/16058

(関連)【新型コロナウイルス】新型コロナ「トリアージの基準」を安倍政権に任せる危うさ|斎藤貴男 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273037
(関連)【新型コロナウイルス】日本が開発「全自動PCR検査システム」なぜ導入されず?|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/272862

(関連)(別添PDFファイル)タカラバイオ、唾液のPCR検査試薬 自分で採取可能(日経 2020.5.17)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59215020W0A510C2MM8000/
(関連)タカラバイオ、唾液のPCR検査試薬発売へ 新型コロナ感染リスク低減:時事ドットコム
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051800309&g=eco

(関連)「PCR検査の自動化」で最大6時間が75分に短縮…富士フイルムに仕組みを聞いた(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/6d17912a903e10048ed83dd6454abf2589c8c7af
(関連)縦割りの弊害。大学がPCR検査の協力志願も実現できぬ呆れた理由 - まぐまぐニュース!
 https://cutt.ly/NyT4Sij

(田中一郎コメント)
 完全自動装置も含めて簡単にPCR検査ができるような検査キットが大量販売されるわけですから、あるいはまた、簡易で低コストで実施可能な抗原検査も開始できるわけですから、一部の学者や医者たちが言っている「検査資源が乏しい」「検査態勢がない・できない」とか、「検査キットが足りない」とか、「熟練した検査要員が不足している」とかいった、間に合わせの嘘八百に近い言い訳は通用しません。これで検査態勢が創れないのなら、それは「創れない」のではなくて「やる気がない」ということでしょう。

問題は「検査態勢」や「検査の手間暇」の問題ではなくて、検査した後=つまり、検査で新型コロナ肺炎感染者を発見したら、その症状の軽重に応じてどうするのか、の態勢の問題=つまり、感染者を隔離したり治療したりする「受け皿」はできているのか、という問題だということです。それについては、ずいぶんと怪しいように私は思います。そして、今に至るも、この点が一番きちんとしていないのではありませんか? 医療現場が大変な状態にあるのに、国や自治体の医療現場への支援が全く不十分で、「受け皿」体制が創れていないというのが私の推測です。違いますでしょうか?(にもかかわらず国も自治体も「補償」名目の(1件当たりわずかな金額の)現金(税金)バラマキに一生懸命になっています)


7.(別添PDFファイル)保健所 パンク寸前(朝日2020.4.23)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14452352.html

(関連)「保健所パンク」で検査ができない-進まぬ人員強化 [新型コロナウイルス]朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN4575V0N45UCLV008.html
(関連)PCR検査2万件にすると発表…保健所がパンク寸前の中で実現できるのか
 https://www.fnn.jp/articles/-/32279

(新型コロナPANDEMICに対する対応に関しては、PCR検査も含めて、保健所とは切り離した方がいいと思われます。そもそも保健所は1990年頃からの市場原理主義政策により、人員削減・予算削減・統廃合が繰り返されてきた組織で、もはや大規模化した感染症への対応を行える余力は残っていません。まずは今回の教訓から、全国の保健所をどう再生させるか、体制を再度どのように拡充させていくか、検討することから始めるべきでしょう:田中一郎)

(関連)国がつぶしてきた感染症対策、感染爆発に対応できない保健所の現状(イントロ部分)(天笠啓祐『週刊金曜日 2020.4.17』)
 https://cutt.ly/0yhHpOD

(関連)保健所削減が追い討ち 27年間で852カ所から472カ所に半減 コロナ対応の脆さと関係-長周新聞
 https://www.chosyu-journal.jp/shakai/16032


8.(別添PDFファイル)新型コロナ 厚労省 抗原検査に指針 無症状者は対象外に(毎日 2020.5.14他)
 https://mainichi.jp/articles/20200514/ddm/012/040/106000c
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051301001643.html
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475095.html

(関連)東京新聞-<新型コロナ>抗原検査キット承認 患者負担なし 保険適用へ-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051302000132.html

(PCR検査もきちんとしなかったのに、きちんとしようとしていないのに、新たに開発された簡便に検査できる抗原検査についても、無症状者を対象外にして、きちんとしない。これでは、いつまでたっても日本の新型コロナ肺炎の感染者の実態はつかめないし、危険な状態はずっと続いていくことになる。何を考えてんだ!? :田中一郎)


9.(メール転送です)新型コロナの感染の検査は、なぜ増えないのか(白川真澄さん 2020.5.10)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)新型コロナの感染者数は世界全体でついに400万人を突破しましたが、日本の感染者数は1万5777人(5月10日現在)です。米国の134万人、スペインの26万人、イギリスやイタリアの22万人、ドイツの17万人、中国の9万人と比べると,例外的に少ない数値です。これは、検査数が極端に低く抑えられていることに大きな理由があります。例えば、100万人当たりの検査数はわずか117人と、韓国(約6000人)の50分の1、ドイツ(約2000人)の17分の1にすぎません。その分、日本では潜在的な感染者数は公表された人数よりもずっと多いと考えられ、このことが私たちを不安にさせています。

(2)安倍政権がPCR検査を広範囲に行わなかった理由の1つは、新型コロナの感染を甘く見ていたこともありますが、公表する感染者数を低く抑えたいという邪な政治的思惑が働いていたことにあります。つまり、日本は「安全」と見せかけて、東京五輪の開催を無理やりにでも実現しようとしていました。それが挫折した後でも、経済活動の低下を極度に恐れて、感染症の拡大防止対策に全力を投入しませんでした。外出自粛や休業要請といった措置は、ようやく4月に入ってからのことでした。

(3)検査数を増やすべきだという批判が高まったのですが、増やさなかった最大の理由とされたのが「医療崩壊の恐れ」があるということでした。つまり検査対象を拡大して感染症の疑いのある人が増え続けても、入院させるべき医療体制が整っていないという理由でした。しかし、これは、医療体制の充実を怠ってきた政策のツケです。例えば、ICU(集中治療室)の病床数は、10万人当たり4.3床にとどまり、米国の34.7床、ドイツの29.2床、韓国の10.6床に比べると、まったく見劣りがします。

(4)また、感染症指定病院の病床が限られていても、市中感染が広がり始めた段階で臨時の医療施設を建設したり(中国など)、ホテルなどの宿泊施設を借り上げて軽症や無症状の患者の入院施設を増やすといった措置が速やかに取れたはずです。「37.5度異常の発熱が4日以上続く」までは自宅待機という厚労省の指針によって、犠牲者が出てしまいました。

(5)検査数を増やさなかった理由には、これ以外に保健所の処理能力が限られていて検体検査や相談の業務がパンク状態になっていることが挙げられます。これも、保健所の数を大幅に減らしてきた「行政改革」(1996年の約850から2019年には500を切った)の帰結であり、保健師たちを疲弊の極致に追いやっています。また、検査に必要な防護具や試薬が不足しています。しかし、これも政府が本気になれば、解決できる問題です。

(6)そして、民間への検査の委託を渋り続けてきたことが検査の立ち遅れを招きました。すでに危機感をもった地元の医師たちが「地域外来・検査センター」を開設し始めました。民間の病院や診療所の力を借りて検査数を増やすべきだという声は、ずっと前から上がっていたのですが、政府は頑なに拒んできました。しかし、なぜ、民間の医療機関の力を生かさないのかという理由は、一切語られていません。国立感染症研究所を頂点にした厚労省主導の公衆衛生のヒエラルヒーを固守したいというのも、要因かもしれません。しかし、この期に及んでも安倍首相が公約した「1日2万件」の検査が実現できていないのは、やはり感染者公表する感染者数の増大を抑えたいという意図があるからではないかと疑わざるをえません。

(関連)(別添PDFファイル)(メール転送です)「新型コロナの感染の検査は、なぜ増えないのか(白川真澄さん)」について(2020年5月11日)
ダウンロード - e3808ce696b0e59e8be382b3e383ade3838ae381aee6849fe69f93e381aee6a49ce69fbbe381afe38081e381aae3819ce5a297e38188e381aae38184e381aee3818befbc9ae799bde5b79de79c9fe6be84e38195e38293e3808de381abe381a4e38184e381a6.pdf
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10.私が思うところ「これくらいはできませんか?」
(1)PCR検査と抗原検査をセットで行う形で、検査センターを、保健所および病院と切り離す形で、全国いたるところに設置。

(2)保健所は新型コロナPANDEMIC関連業務から解放し、別途、感染症対応も含めた形での体制再整備・拡充を検討

(3)最低限、医療関係者全員と、外来患者全員について、(1)の検査センターで検査を受けることとする。検査抑制政策は廃止し、逆に推奨する。

(4)上記とは別に、集団感染の状況調査のため、介護施設や学校・幼稚園・保健所、その他の公共施設を優先して集団検査を実施

(5)検査機関は、上記とは別に、全国の大学や民間研究所・民間検査会社にも協力を求め、早急に検査件数目標を決めて精力的に取り組む
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)新型コロナ肺炎患者を受け入れる医療機関と、受け入れない医療機関を厳格に区別、それぞれについて、国や自治体は、人・モノ・カネの強力な支援を行い、医療現場の崩壊を未然に防ぐことに全力を挙げる(病院経営支援金交付、医療関係者への割増手当支給などを含む)、

(7)検査結果により、軽症者、中レベル症状患者、重症患者の3つくらいで、対応する病院又は施設を区別して、「受け皿」医療施設の役割分担を明確化

(8)ベッドの空き具合から鑑みて、軽症者は主として宿泊施設などへの隔離となるが、その施設の医療その他のサービスも拡充する(そうしないと軽症者が入所してくれない)

(9)全医療施設を行政のセンターが把握して、効率的な対応が可能となるよう、感染者の入所割り振りや医療関係人員(医師・看護師・検査要員他)配置などを実施、また、その他の情報集中センター機能も担う(⇒ 感染者数は検査数とともに公表しなければ無意味である=検査を少なくすれば発見される感染者数は減る)

(10)今回の新型コロナPANDEMICの経験を活かし、感染症対応も念頭において、医療費削減政策・保健所合理化政策をやめて、我が国の医療と公衆衛生体制の抜本的な見直しを行う。また、新型コロナPANDEMIC終息後に、今般の国及び自治体の対応について、その問題点などの検証を、利害関係人をすべて排除した上で、第三者によって実施し、今後の教訓とする。

(関連)(別添PDFファイル)がん・難病治療に不安の声、コロナ 高度医療に影響、募る不安 看護師語る(京都 2020.5.18)
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/250084

(関連)大学のPCR検査能力、文科省が調査 山中教授も提言(朝日 MSNニュース)
 https://cutt.ly/NyT7AEO

(日本全国の大学にはPCR検査を行える態勢が整っているところが多いです。しかし、そのほとんどは活用されないまま、大学自体が休校状態にされていて、検査資源が無為のままに放置されています。その理由を探ってみると、新型コロナPANDEMIC対応やPCR検査などは厚生労働省の所管であるのに対して大学は文部科学省の所管なので、厚生労働省とその関係者(医者など)が大学に関与させないスタンスだという「官庁縄張り争い」の結果、PCR検査を大規模に展開すると費用が巨額にかかり、今の大学の持つ予算ではとても対応できない、しかし政府は、予算をつまらない少額の現金バラマキ(総額は巨額)にはつかっても、大学に対しては予算を付けようとはしない、などの事情があるようです。ここでも諸悪の根源は(アベ自公)政治です。


12.その他
(1)<この政権では国民の協力も水の泡>収束が見えた? 政府は第2波への備えを何かやったのか(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/478.html
(2)安倍政権は感染実態も把握せず前のめり 緊急事態宣言解除への不安 (2020年5月12日) - エキサイトニュース
 https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_632809/
(3)玉川徹氏 加藤厚労相「誤解」発言に「そもそもこの内閣は、間違いを認めない内閣ですよ。今までずっと」― スポニチ Sponichi Annex 芸能
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/11/kiji/20200511s00041000078000c.html
(4)感染者情報「非公表で」濃厚接触経験の(長野)市長発言に波紋(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/9fc93780aac80c64708974c99a38dbcf6d5269de
(5)元官僚が見抜いた、東京の新型コロナ本当の死者数が数倍の可能性 - まぐまぐニュース!
 https://cutt.ly/0yT579r

●日刊IWJガイド・非会員版「世界23地域のコロナ対策の世論調査発表! 政府への満足度で日本はなんと最下位! 安倍政権の対応を見れば、当然の評価か!-」2020.5.13日号 ~No.2799号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40209
草々 

2020年5月18日 (月)

(報告)(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


去る5月14日、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、参加人数を少人数に制限しながら(「3密」回避)下記「オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)」を開催いたしました。以下、当日の録画やレジメなどを添付して簡単にご報告申し上げます。

(イベント情報)(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37f02f.html

羽田空港の国際便増便に向けた対策として、これまでの東京湾側からの離発着ではなく、都心上空を低い高度で飛ぶ危険なルートが導入されることになりました。しかも騒音低減対策として空港直前で急降下する危険極まりない飛び方をして着陸してくるというのです。それだけではなく、猛烈な騒音や落下物の危険性も伴いつつ、わずか数分の間に1機、また1機と、休む暇なく飛来するというのですからたまったものではありません。この住民無視・地域無視の低空飛行問題について、今回はこの問題に詳しい奈須りえさんに説明をしていただきます。また、この問題は、そもそも住民・都民を守らなくてはならない役回りの東京都政や区政にも大きな問題があるようですので、今夏の都知事選挙へ向け、東京都政の諸問題とも併せて解説をしていただきます。ふるってご参加ください(なお、最初の1時間弱で主催者側より事務連絡とレクチャーを予定しています)。

講 師:奈須りえさん 
子育て経験を活かそうと大田区の児童館運営に応募し、区民の前でプレゼンしたのがきっかけで2003年から区議会議員(現職)。災害がれき広域処理、TPPを既成事実化する国家戦略特区などの問題をいち早く指摘し、太郎さんと警鐘をならしてきました。区民の声、女性の声がとどく「フェアな民主主義」を大田区から実現します。


●(当日録画)奈須りえさん「誰のための低空飛行か~羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=DDvXD95Edd0
 https://www.youtube.com/watch?v=NfMORXe1of0&feature=youtu.be

 <当日のレジメ:別添PDFファイル>
(1)(レジメ)「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(奈須りえさん:新ちょぼゼミ)(2020年5月14日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e3808ce7bebde794b0e99ba2e799bae79d80e69785e5aea2e6a99fe381aee983bde5bf83e4bd8ee7a9bae9a39be8a18ce5958fe9a18ce381a8e69db1e4baace983bde694bfe3808defbc88e5a588e9a088e3828ae38188efbc89.pdf
(2)(チラシ)羽田発着飛行機の低空飛行ルート:騒音は大丈夫?(2020.5)
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89e7bebde794b0e799bae79d80e9a39be8a18ce6a99fe381aee4bd8ee7a9bae9a39be8a18ce383abe383bce38388efbc9ae9a892e99fb3e381afe5a4a7e4b888e5a4abefbc9fefbc882020.5efbc89.pdf
(3)(チラシ)ご存知ですか? 羽田空港・増便と飛行ルート変更問題!(2020.5)
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89e38194e5ad98e79fa5e381a7e38199e3818befbc9f20e7bebde794b0e7a9bae6b8afe383bbe5a297e4bebfe381a8e9a39be8a18ce383abe383bce38388e5a489e69bb4e5958fe9a18cefbc81efbc882020.5efbc89.pdf
(4)奈須りえNEWS:これでいいの? 大田区(2020.5)
ダウンロード - e5a588e9a088e3828ae38188newsefbc9ae38193e3828ce381a7e38184e38184e381aeefbc9f20e5a4a7e794b0e58cbaefbc882020.5efbc89.pdf

(関連)特別定額給付金が遅れる本当の理由 国のマイナンバーカードによる個人情報管理スーパーシティ-大田区議会議員 奈須りえ:フェアな民主主義を大田区から!
 https://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/ec67b6c85014adb0b33b502b3295e0a5


 <奈須りえさんのサイト・著書>
(1)奈須りえオフィシャルホームページ
 http://nasurie.com/
(2)大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!
 https://blog.goo.ne.jp/nasrie
(3)奈須 りえ - Facebook
 https://ja-jp.facebook.com/nasurie
(4)奈須りえ - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/%E5%A5%88%E9%A0%88%E3%82%8A%E3%81%88
(5)やっぱりあきらめられない民主主義-内田樹・平川克美・奈須りえ/著(水声社)
 https://00m.in/amAVy


 <別添PDFファイル>
(1)羽田新ルート「一時見合わせを」市民団体(東京 2020.3.13)
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031200845&g=eco
(2)羽田新ルート騒音 国調査、2割想定上回る、29日運用開始(東京 2020.3.24夕刊他)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202003/CK2020032402000283.html
(3)羽田騒音低減「不十分」75%(日経 2020.5.4)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58771020T00C20A5CZ8000/
(4)羽田低空新ルート本格運用、コロナで減便 騒音・落下物、くすぶる懸念(朝日 2020.4.4他)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14429265.html
(5)羽田新ルート「急角度 変更を」国際航空協会が要請、着陸時の危険性指摘(東京 2020.3.4)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202003/CK2020030402000174.html
(6)特集ワイド:都心を低空飛行する羽田空港「世界一着陸難しい空港に」(毎日 2020.2.10夕刊)
 https://mainichi.jp/articles/20200210/k00/00m/040/074000c


 <国土交通省>
(1)羽田空港のこれから - 国土交通省
 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/
(2)羽田空港 何が変わる?-2020年羽田空港の国際線増便に向けて〜
 https://www.mlit.go.jp/koku/haneda/lp/index.html


 <関連サイト>
(1)「3.45度着陸」で羽田が-危険な空港-になる!古賀茂明 週プレNEWS
 https://wpb.shueisha.co.jp/news/politics/2020/03/20/110947/
(2)羽田は世界でもっとも危険な空港になる・杉江弘氏(元パイロット・航空評論家) - YouTube
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00010000-videonewsv-soci
 https://www.youtube.com/watch?v=vOzW1ejOdaQ
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270351
(3)羽田新ルートに反対する団体が国交相に運用の延期を要請
 https://blogos.com/article/442469/
(4)都心上空の羽田新ルート きょうから運用開始(テレビ朝日系(ANN))
 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000180371.html
(5)東京新聞-ジェット機騒音の下で-私説・論説室から(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2020033002000108.html

(6)東京新聞-羽田新ルート運用開始 初日飛行なし-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020033002000103.html
(7)東京都心の航空機「低空飛行」に募りまくる不安- 東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/articles/-/338390
(8)マスコミが報道しない、羽田空港新ルートの被害。品川区では区民投票も(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200218-00213186-hbolz-soci
(9)東京新聞-小池氏4年前公約「7つのゼロ」大半未達成 都知事選あと2カ月-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050402000095.html
(10)【新型コロナウイルス】“小池都庁”3密だらけの現実…8割削減は程遠く職員が悲鳴|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272314

(11)急角度導入に米軍の合意、羽田新ルート下の空域利用想定(朝日 2020.3.30)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14421607.html
(12)低空飛行に募る不安(イントロ部分)(『週刊東洋経済 2020.3.28』)
 https://premium.toyokeizai.net/articles/-/23236
(13)羽田新ルート、パイロットが知る重大な危険、ブックレットが話題に(東京民報 2020.4.5)
 https://cutt.ly/3ylefyx
(14)都知事選まで3カ月、小池氏 態度未表明でも一強加速(東京 2020.4.5)
 https://www.jiji.com/jc/v7?id=2020tochijisen
(15)都心を低空飛行する羽田新ルート 「世界一着陸難しい空港に」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=lL9nPJJYxio


*20191203 UPLAN 都心低空飛行問題シンポジウム第2弾『羽田問題、解決に動くとき !』 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=0ea3yXYFg30

*説明会で国交省職員は『落下物をゼロにすることは不可能』と言った。そんな危険なものが住宅密集地上を飛ぶなどあり得ない!~2.2 うるさい!あぶない!低空飛行 新飛行ルートは撤回せよ! 2・2めぐろ区民パレード、決起集会 - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/466581

*「とても先進国の行政府とは思えません!!」羽田新ルートの問題が取り沙汰される中、市民の意見を無視した政府の対応に怒りの声が上がる!!~2.13日本外国特派員協会主催「空の騒音:羽田の新しい飛行ルート」 - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/467494


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々 

(報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


去る5月14日、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、参加人数を少人数に制限しながら(「3密」回避)下記「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。以下、当日の録画やレジメなどを添付して簡単にご報告申し上げます。今回は「新型コロナに対する緊急経済対策について」の第2回目で、「中小零細企業への支援政策と雇用対策」に関していくつかのことを申し上げています。ご参考にしていただければ幸いです。

なお、当日は時間切れで、予定していたお話の半分くらいしかお伝え出来ませんでしたので、次回5/27に、この続きをお話したいと考えています(安田節子さんの下記ご講演の前座で約1時間弱)。5/27もご参加される予定のみなさまは、今回お配りしたレジメを5/27にもご持参いただけますと幸いです(同じものを使います)。


(当日録画)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ」)
 https://www.youtube.com/watch?v=QBCflKktcG0
 https://www.youtube.com/watch?v=Q_gN9QoPkAk&feature=youtu.be

(今回お話いたしました「中小零細企業への支援政策と雇用対策」についても、前回の「個人生活保障」と同様に「Too little Too late」で、これでは新型コロナPANDEMICで経済的に大きなダメージを受ける中小零細企業や個人自営業者・フリーランスを救済することはできません。また、対策全体が概してバラマキ型になっていて、かつ、制度の抜本的な改革も伴っていませんので、これまでの「アホノミクス」がそのまま続く中、一過性のカンフル剤的な、かつケチ臭い、政策支援の内容になっていると言えます。まもなく第二次補正予算が組まれ、第一次で足りない部分をカバーする政策が打ち出されてきますが、これもまた私の推測では期待できそうにありません。早急なホンモノの政権交代と、大胆な財政支出を伴った制度の抜本改革による、個人ならびに中小零細企業や事業主への強力な支援政策が強く望まれています。:田中一郎)


(前回)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(次回)(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html


 <当日のレジメ:別添PDFファイル>
(1)(レジメ1-1)新型コロナ緊急経済対策 補正予算(修正後)(2020.5)
https://00m.in/uyBZe
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc911efbc89e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae7b78ae680a5e7b58ce6b888e5afbee7ad9620e8a39ce6ada3e4ba88e7ae97efbc88e4bfaee6ada3e5be8cefbc89efbc882020.5efbc89.pdf
(2)(レジメ1-2)中小零細企業への支援政策と雇用対策(MEMO)(田中一郎 2020年5月14日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc912efbc89e4b8ade5b08fe99bb6e7b4b0e4bc81e6a5ade381b8e381aee694afe68fb4e694bfe7ad96e381a8e99b87e794a8e5afbee7ad96efbc88efbcadefbca5efbcadefbcafefbc89.pdf
(3)(レジメ1-3)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(2020.5.14)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc913efbc89e4b8ade5b08fe99bb6e7b4b0e4bc81e6a5ade381b8e381aee694afe68fb4e694bfe7ad96e381a8e99b87e794a8e5afbee7ad96efbc882020.5.14efbc89.pdf
(4)(レジメ2~4)持続化給付金、雇用調整助成金他
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc92efbd9eefbc94efbc89e68c81e7b69ae58c96e7b5a6e4bb98e98791e38081e99b87e794a8e8aabfe695b4e58aa9e68890e98791e38081e89e8de8b387e588b6e5baa6e38081e4bb96.pdf
(5)(レジメ5~7)融資制度、緊急事態宣言と補償について(『世界』)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042590070711.html
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58430050T20C20A4MM8000/
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58649320Q0A430C2MM8000/
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020050290065900.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050602000126.html
ダウンロード - e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae381a8e7b78ae680a5e4ba8be6858be69da1e9a085efbc9ae6b395e5be8be588b6e5baa6e38292e695b4e79086e38199e3828b20efbc88e68a9ce7b28befbc9ae6b0b8e4ba95e3808ee4b896e7958ce3808fefbc89.pdf
(6)(レジメ8~10)支援を必要とする先 事例(1)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042402000166.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020050901001238.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051002000146.html
 https://mainichi.jp/articles/20200504/ddm/002/040/068000c
 https://mainichi.jp/articles/20200502/dde/007/040/030000c
(7)(レジメ11~12)支援を必要とする先 事例(2)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042702000140.html
 https://mainichi.jp/articles/20200510/ddm/041/040/050000c
(8)<税を追う>支援業者不正受給、ホームレス誘い数合わせ「講習に行かなくてもいい」(東京 2020.5.8)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050802000130.html

 <追加レジメ>
(1)(別添PDFファイル)(追加その1)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - efbc88e8bfbde58aa0e3819de381aeefbc91efbc89e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf
(2)(追加その2)令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について(概要)
 https://cutt.ly/DyE8sba
(3)(追加その3)休校以外も活用可能 保護者の休業補償-新型コロナ(身近な対策)-中日新聞(CHUNICHI Web)
 https://www.chunichi.co.jp/article/feature/coronataisaku/list/CK2020032702000247.html

(関連)危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html


 <関連資料>
 上記のレジメは、下記のサイトからエッセンス部分を切り取っているものが多いですので、詳しくご覧になりたい方は下記サイトをご覧ください。

(1)新型コロナ 給付・助成金など支援制度まとめ(持続化給付金他) - Yahoo!くらし
 https://kurashi.yahoo.co.jp/supports/covid19/?type=biz#t234
(2)雇用調整助成金 |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
(3)「新型コロナ特別貸付」と「利子補給制度」の併用による無利子化融資のご案内:日本政策金融公庫
 https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_faq_jisshitsumurishika_chusho.pdf
(4)中小企業向け融資 無利子の新制度に移行(第286報)|東京都
 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/04/30/13.html
(5)日本公庫「すでにパンク状態」!? 「新型コロナ特別貸付」支援に中小企業の申し込み殺到 職員激白「残業時間は100時間も…」(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000015-ykf-soci
(6)東京新聞-個人事業主 安全網に穴 増えるウーバー配達員 労災対象外・所得補償も不十分 -経済(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051090124938.html


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々 

(報告)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ 2020.5.14」)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


去る5月14日、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、参加人数を少人数に制限しながら(「3密」回避)下記「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。以下、当日の録画やレジメなどを添付して簡単にご報告申し上げます。今回は「新型コロナに対する緊急経済対策について」の第2回目で、「中小零細企業への支援政策と雇用対策」に関していくつかのことを申し上げています。ご参考にしていただければ幸いです。

なお、当日は時間切れで、予定していたお話の半分くらいしかお伝え出来ませんでしたので、次回5/27に、この続きをお話したいと考えています(安田節子さんの下記ご講演の前座で約1時間弱)。5/27もご参加される予定のみなさまは、今回お配りしたレジメを5/27にもご持参いただけますと幸いです(同じものを使います)。


(当日録画)(5.14)新型コロナに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(「新ちょぼゼミ」)
 https://www.youtube.com/watch?v=QBCflKktcG0
 https://www.youtube.com/watch?v=Q_gN9QoPkAk&feature=youtu.be

(今回お話いたしました「中小零細企業への支援政策と雇用対策」についても、前回の「個人生活保障」と同様に「Too little Too late」で、これでは新型コロナPANDEMICで経済的に大きなダメージを受ける中小零細企業や個人自営業者・フリーランスを救済することはできません。また、対策全体が概してバラマキ型になっていて、かつ、制度の抜本的な改革も伴っていませんので、これまでの「アホノミクス」がそのまま続く中、一過性のカンフル剤的な、かつケチ臭い、政策支援の内容になっていると言えます。まもなく第二次補正予算が組まれ、第一次で足りない部分をカバーする政策が打ち出されてきますが、これもまた私の推測では期待できそうにありません。早急なホンモノの政権交代と、大胆な財政支出を伴った制度の抜本改革による、個人ならびに中小零細企業や事業主への強力な支援政策が強く望まれています。:田中一郎)


(前回)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(次回)(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html


 <当日のレジメ:別添PDFファイル>
(1)(レジメ1-1)新型コロナ緊急経済対策 補正予算(修正後)(2020.5)
https://00m.in/uyBZe
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc911efbc89e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae7b78ae680a5e7b58ce6b888e5afbee7ad9620e8a39ce6ada3e4ba88e7ae97efbc88e4bfaee6ada3e5be8cefbc89efbc882020.5efbc89.pdf
(2)(レジメ1-2)中小零細企業への支援政策と雇用対策(MEMO)(田中一郎 2020年5月14日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc912efbc89e4b8ade5b08fe99bb6e7b4b0e4bc81e6a5ade381b8e381aee694afe68fb4e694bfe7ad96e381a8e99b87e794a8e5afbee7ad96efbc88efbcadefbca5efbcadefbcafefbc89.pdf
(3)(レジメ1-3)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策について(2):中小零細企業への支援政策と雇用対策(2020.5.14)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc913efbc89e4b8ade5b08fe99bb6e7b4b0e4bc81e6a5ade381b8e381aee694afe68fb4e694bfe7ad96e381a8e99b87e794a8e5afbee7ad96efbc882020.5.14efbc89.pdf
(4)(レジメ2~4)持続化給付金、雇用調整助成金他
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc92efbd9eefbc94efbc89e68c81e7b69ae58c96e7b5a6e4bb98e98791e38081e99b87e794a8e8aabfe695b4e58aa9e68890e98791e38081e89e8de8b387e588b6e5baa6e38081e4bb96.pdf
(5)(レジメ5~7)融資制度、緊急事態宣言と補償について(『世界』)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042590070711.html
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58430050T20C20A4MM8000/
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58649320Q0A430C2MM8000/
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020050290065900.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050602000126.html
ダウンロード - e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae381a8e7b78ae680a5e4ba8be6858be69da1e9a085efbc9ae6b395e5be8be588b6e5baa6e38292e695b4e79086e38199e3828b20efbc88e68a9ce7b28befbc9ae6b0b8e4ba95e3808ee4b896e7958ce3808fefbc89.pdf
(6)(レジメ8~10)支援を必要とする先 事例(1)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042402000166.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020050901001238.html
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051002000146.html
 https://mainichi.jp/articles/20200504/ddm/002/040/068000c
 https://mainichi.jp/articles/20200502/dde/007/040/030000c
(7)(レジメ11~12)支援を必要とする先 事例(2)他
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042702000140.html
 https://mainichi.jp/articles/20200510/ddm/041/040/050000c
(8)<税を追う>支援業者不正受給、ホームレス誘い数合わせ「講習に行かなくてもいい」(東京 2020.5.8)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050802000130.html

 <追加レジメ>
(1)(別添PDFファイル)(追加その1)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - efbc88e8bfbde58aa0e3819de381aeefbc91efbc89e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf
(2)(追加その2)令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金について(概要)
 https://cutt.ly/DyE8sba
(3)(追加その3)休校以外も活用可能 保護者の休業補償-新型コロナ(身近な対策)-中日新聞(CHUNICHI Web)
 https://www.chunichi.co.jp/article/feature/coronataisaku/list/CK2020032702000247.html

(関連)危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-e54bb5.html


 <関連資料>
 上記のレジメは、下記のサイトからエッセンス部分を切り取っているものが多いですので、詳しくご覧になりたい方は下記サイトをご覧ください。

(1)新型コロナ 給付・助成金など支援制度まとめ(持続化給付金他) - Yahoo!くらし
 https://kurashi.yahoo.co.jp/supports/covid19/?type=biz#t234
(2)雇用調整助成金 |厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html
(3)「新型コロナ特別貸付」と「利子補給制度」の併用による無利子化融資のご案内:日本政策金融公庫
 https://www.jfc.go.jp/n/finance/saftynet/pdf/covid_19_faq_jisshitsumurishika_chusho.pdf
(4)中小企業向け融資 無利子の新制度に移行(第286報)|東京都
 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/04/30/13.html
(5)日本公庫「すでにパンク状態」!? 「新型コロナ特別貸付」支援に中小企業の申し込み殺到 職員激白「残業時間は100時間も…」(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000015-ykf-soci
(6)東京新聞-個人事業主 安全網に穴 増えるウーバー配達員 労災対象外・所得補償も不十分 -経済(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020051090124938.html


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々 

2020年5月16日 (土)

危険! マイナンバー&カード:「成りすまし」があなたを狙っています=あなたの名前で誰かが勝手に取引、あなたの個人情報が丸裸に=そんなリスクがあるのに、その損害は全部「自己責任」とされています

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html

(5/27当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方は参加をご遠慮ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)

(5/14の「新ちょぼゼミ」にご参加いただいた方は、その時のレジメをご持参いただければ助かります。5/27も同じものを使います:田中一郎)

*(その次)(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html

(当日は「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」の可能性があります。今後のご連絡にご注意ください。:田中一郎)


2.その他イベント
(1)5/24(日)フクロウ・オンラインカフェのご案内
 http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2020/05/post-dbdb2a.html

(2)東京高裁控訴審は5月22日も中止となりました(ふくかな通信:第56号)【転送・転載歓迎】
 https://sites.google.com/site/fukukanaweb/home

(3)私たちは戦争を許さない 市民大集会の延期のお知らせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
安保法制違憲訴訟全国ネットワークでは、本年7月9日の夜に日本教育会館において「私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える市民大集会」を開催することを予定して「違憲訴訟の会ニュース」やチラシなどで宣伝活動を続けて参りました。戦争への道を切り拓く集団的自衛権を容認した安倍政権の閣議決定と強引な国会成立を絶対に許さない闘いを展開してきましたが、これまで複数の地方裁判所で判決を受けるに至っております。この市民大集会ではこれらの判決を正しく分析して今後の闘いの課題を共有の上、市民の皆様との連帯を強化していくことを目的にしていました。

しかし、3月から本格的となったコロナウィルスの影響は予想以上に大きく、現在も緊急事態宣言の状態が続いております。このような状況下で1000名規模の方々を一同に集めての大集会を企画して開催することはきわめて困難であると判断いたしました。そこで、この市民大集会をやむなく延期して秋以降の適切な時期に改めて開催することにさせていただきたく考えております。皆様には大変なご迷惑と落胆を与えることになり、大変申し訳なく思っていますが、事情ご賢察のうえご了解くださいますようお願い申し上げます。

2020年5月12日
安保法制違憲訴訟全国ネットワーク 代表 寺井一弘
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.キャンペーン
(1)経済産業大臣 梶山弘志殿- 持続化給付金の申請対象を本業で雑所得・給与所得申告の方も対象にしてください。 · Change.org
 https://cutt.ly/myW5Nsp

(2)厚生労働省- 妊娠中の医療従事者をCOVID-19から守ってください! · Change.org
 https://00m.in/uON1k

(3)種苗法改定 自家増殖(採種)禁止法案 に反対の声を上げよう! (2020-.-3-.-3閣議決定。【拡散希望】5-.-19審議入り) · Change.org
 https://cutt.ly/syW51No

(4)江藤拓 農林水産大臣- 種は命の源、とめよう!種苗法「改定」案! · Change.org
 https://cutt.ly/VyW524g


4.元総長ら検察OBら 検察庁法改正の反対意見書を提出- OurPlanet-TV:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2501

(関連)信頼に傷、総長も黒川検事長も「辞職せよ」 堀田力さん:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5F56YCN59UPQJ00B.html?ref=mor_mail_topix1

(田中一郎コメント)
 今回の法律案を廃案にしても、既に黒川弘務の定年延長は閣議決定され、検事総長就任はこのままいけば、ほぼ間違いないでしょう。また、公務員の定年延長法案と抱き合わせをやめさせることも大事なことです。この抱き合わせがあるから、自治労などは条件付き賛成だ、等と言っている旨の報道がありましたが、本当なのかなと思っています。

(関連)検事長人事問題が再燃 定年延長、野党に賛成論も(時事通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200509-00000009-jij-pol
(関連)公務員定年、30年度に65歳へ 法案閣議決定  -日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56744250T10C20A3EAF000/

「市民と野党の共闘」が打ち出すべき対応は私は次のように考えています。

(1)公務員定年延長法案と切り離すことを訴える
(2)黒川弘務個人が自主的に検察庁・法務省を即時退任することを求める(悪しき前例を作らないための幹部官僚としての務め・責務)
(3)黒川弘務個人の進退如何に関わらず、権力犯罪を見逃したり冤罪の大量生産を続けたりして、社会正義や公正あるいは基本的人権などを守れなくなっている現在の検察について、「市民と野党の共闘」は政権交代後において法制度を含め抜本改革を行う旨を表明(例:検察審査会改革と検察による刑事事件起訴権限独占の廃止など)

 また、市民運動・社会運動は、次の2点についても強く世論に訴えることが必要です。

(1)検察幹部がアベ政権関連の権力犯罪を見逃すような振る舞いをした場合は、政権交代後にその責任を追及した上で、しかるべき処分を行うこと
(2)注目している犯罪は、河井夫婦、関西電力ブラックマネー、モリカケサクラ あまりにひどい甘利、その他公選法違反政治家など、

 なお、黒川弘務が自主的にやめないのなら損害賠償の集団訴訟という手があります。
(関連)検察庁法改正採決後も波乱…黒川氏や国に訴訟続出の可能性|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273093

 中長期的には、検察や裁判所の行政権力からの独立性を担保する「しくみ」を真剣に考える必要があり、それについては、私の「新ちょぼゼミ」でもこれまで言及してきたことです。「市民と野党の共闘」の大きな課題の一つです。

(関連)(報告)(2.13)オルタナティブな日本をめざして(第40回):「日本の司法制度と裁判官:何故おかしな判決が相次ぐのか」(新ちょぼゼミ:澤藤統一郎弁護士 )- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-ab6361.html

(関連)(報告)新ちょぼゼミ:東電経営者幹部3人の福島原発事故刑事裁判に見る日本の司法・裁判、裁判所・裁判官のデタラメとそのひどさ(日本の司法を解体・再編せよ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-42c18e.html


5.(メール転送です)#安倍晋三に抗議します:ネトウヨのデマに対抗するツイッターデモ実施中
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(関連)立民・福山哲郎幹事長に抗議殺到! 尾身氏への態度に医療従事者カンカン 「#福山哲郎議員に抗議します」ツイッタートレンド1位に(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200514-00000017-ykf-soci

11日の参院審議で福山哲郎議員が尾身茂氏をどなりつけたというデマがツイッターで広がり、それ専用のハッシュタグまで作られたのですが、福山議員がどなりつけた相手は安倍首相です。安倍首相は答弁に立とうとする尾身氏に向かって何と答弁内容の指示をした。そのことに福山議員は怒ったわけです。

問題のシーン:
https://twitter.com/jam9801/status/1260224390479802368

結局、カウンターのハッシュタグ「#安倍晋三に抗議します」が作られ、これがトレンド一位になっているという始末。引き続きツイッターデモをやりましょう。#安倍晋三に抗議します、#検察庁法改正に抗議します
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(関連)立憲民主党の福山幹事長、詰問口調を釈明「申し訳ない」新型コロナの参院予算委|京都新聞
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/245347

(謝罪する必要など全くないのに、どうして謝るのか。朝日カバカバ新聞のようなことをしてはいけないぞ。アベ政権と対決をする野党第1党の執行部責任者である自覚を持っていただきたい。尾身茂らもいわゆる「御用学者」の端くれであり、そうした人物に強い口調で詰問することに何の問題もない。質問内容もおかしくない。きちんと答えない方がおかしい。軽々しく頭を下げるな!:田中一郎)


6.新刊書紹介
(1)オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側-後藤逸郎/著(文春新書)
 https://00m.in/UBm6W
(2)日本のオルタナティブ 壊れた社会を再生させる18の提言-金子勝、大沢真理、山口二郎、遠藤誠治、本田由紀、猿田佐世/著(岩波書店) 
 https://00m.in/jBMQn


7.その他
(1)【安倍晋三】安倍からシフト 情報弱者を洗脳する維新礼賛パンデミック|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/273212
(2)新型コロナが問う日本と世界-資本主義の構造的問題-政治学者 白井聡さん
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-11/2020051101_06_0.html
(3)東京新聞-狙われるZoom 迷惑行為相次ぐ ビデオ会議アプリの情報保護に不安-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202100013.html
(4)検察トップお友達人事に年金法、利権化必至の観光支援予算も...。安倍政権の「火事場ドロボー」を見逃すな!(週プレNEWS) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/c3f68be5e5acc86cb4f154ad32e61984c00bde1a
(5)吉村知事、検察庁法案改正反対の声は「あるべき姿」も「人事権は内閣が持つべき」-芸能-デイリースポーツ online
 https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/11/0013334001.shtml

(↑ 要するに、アベ政権・自公政権による検察の私物化に賛成だ、と言っていることと事実上同じである。こんなのが野党であるはずがない。:田中一郎)

(関連)維新10年、「俺たちこそ自民」 政権との太いパイプ、アピール=訂正・おわびあり:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14447686.html
================================


新型コロナPANDEMICに伴い、外出自粛などの経済活動の収縮に対して、アベ政権の第1弾緊急経済対策が打ち出されました。その内容については別途徹底した批判をすることにしていますが、その具体的な対策の中で、全国民に一律10万円の現金をバラまくという「特別定額給付金」が実現し、その受給申請のために、普及もしていないマイナンバー・カードを無理やり使わせるという、アベ政権の乱暴・強引なやり方が、またしても現場にトラブルを招いています。早くて簡単、自治体の事務負担も大幅に軽減、などと、政府の一般的抽象的な説明とは裏腹に、カード使用を伴うオンライン申請は、その事務がスムーズにはいかず、市区町村の基礎自治体の受付窓口には大勢の人が押し掛けてきて「3密」状態が生れてしまうなど、本末転倒の事態を招いています。

(関連)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

その結果、オンライン申請よりも郵送で手続した方が、自治体現場の事務負担も軽いし、受給希望者にとってもそれの方が早いということで、自治体現場では、「オンライン申請はやめて郵送手続きにしてください」のキャンペーンを始めているところもあるという。しかし、マイナンバー・カードを何としても推進したいアベ政権・政府は、それには知らぬ顔をして負担を現場に押し付けているようです。この辺の事情については下記の4つのサイトをご覧ください。

(関連)(必読必見)給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情-コロナショックの大波紋-東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/PyEtkUd

(関連)(別添PDFファイル)<新型コロナ>10万円給付「暗証番号忘れた」 オンライン申請なのに窓口混雑(東京 2020.5.12)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202000129.html
(関連)(別添PDFファイル)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱(朝日 2020年5月14日)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html
(関連)郵送より遅い? 10万円給付「オンライン申請」の本末転倒 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/fyEoUBu


そのこと自体も、まったくバカバカしい、今日の政治や行政の質的劣化を示すものであり、まさに「ふざけるな」ということですが、しかし、私がこのメールで申し上げたいことは、それ以上に、マイナンバー&カードが「非常に危ないぞ!」ということです。このマイナンバー&カードの危なさは、簡単に申し上げれば3つの次元があって、1つ目は、個人情報が丸裸になる危険性=さまざまな経済活動や社会活動で不利に働きます、2つ目は、「成りすまし」犯罪により巨額の損害を被る可能性があり、しかもそれは容易には解決しがたく、かつ対応はすべて「自己責任でやれ」ということになっていること、3つ目は、支配権力によって私たちが私たちの個人情報を勝手に使われて、都合よく支配・管理されてしまう危険性、の3つです。

(関連)日本年金機構情報漏洩事件のすべて<彼らは本当に生まれ変わったのか>
 https://cybersecurity-jp.com/security-incident-case/9146
(関連)ベネッセ個人情報漏洩事件のすべて|企業は加害者?それとも被害者?
 https://cybersecurity-jp.com/security-incident-case/8418


少し前の日本年金機構での個人情報漏出事件やベネッセの個人情報漏洩事件など、これまでも個人情報が外に漏れ出てしまう事件はたびたび起きています(上記の2つの紹介サイトはネット検索でたまたまヒットしたサイトですので、その内容には十分にご注意ください)。ましてやマイナンバー&カードは、態勢が整っていない様々な中小零細企業の人事事務においても取扱いがなされるわけですから、漏れ出てしまう危険性は、日本年金機構やベネッセなどよりも、より一層高いと見ておくのが普通の見方ではないかと思われます。

であるならば、そういうマイナンバー&カードなどは制度化したり使ったりすべきではないのです。ましてや1つの個人番号であらゆる個人情報を紐付け、そこから芋づる式に個人情報を引っ張り出せるような仕組みは危険極まりないというべきではないかと思われます。日本のマイナンバー制度は、時代遅れの「共通番号」制度であることが決定的な欠陥です(海外では「共通番号」制度は個人情報保護強化の観点から廃止の方向にあります)。

上記の諸点をよく考慮すれば、特別定額給付金やマイナポイントでわずかばかりの金銭的メリットが「エサ」として与えられるとは言え、かようなものを、政府や推進団体やTV等の宣伝が勧めるがままにホイホイとマイナンバー・カードをつくり、それを日常的に使って生活するということは「非常に危険である」と申し上げなくてはなりません。特に2つ目の「成りすまし」犯罪の被害者となる危険性については、既にマイナンバー制度と同様の制度を持つ諸外国では日常茶飯となっており、たとえば韓国などでは、インターネットでマイナンバーが売買取引されているという絶句する状況が生れています。自分が知らない間に預金が引き出されてしまった、勝手にクレジットカードが作られてそれが使われ巨額の請求書がある日突然送られてきた、知らない間に自分名義で経済取引が行われていて、その決済が求められた、などなど、想像するだけでぞっとするような事態が思い浮かびます。

万が一、作成したマイナンバー・カードを紛失したりしたら、厄介なことになりかねません。クレジットカードの場合は、たいていのカードに「紛失保険」が掛けられていて、紛失後の自分が与り知らぬカードでの買い物については、過去60日にさかのぼって保険会社が支払うという約束になっています(最近はこの「紛失保険」がついていないお気楽クレジットカードもあるようなので注意してください)。早い段階で気が付いて、紛失をカード会社に届け出れば、当該カードは無効となり、紛失者は損害を回避できます。しかし、マイナンバー・カードにはそんな損害保険など全くありません。

しかも、「成りすまし」事件のようなマイナンバーやカードがらみのトラブルに巻き込まれた場合には、すべて「自己責任」で解決することが強制されています。行政などは絶対に助けてくれませんから、それは肝に銘じておいた方がいいでしょう。また、盗まれたマイナンバーは簡単には変更できない・変更してくれない可能性もあります。そうすると、ヤバイと本人が思っているにもかかわらず、犯罪被害はどんどんと続いていき、その被害額は巨額になってしまう可能性だってないとは言えないのです。

こんな危険なマイナンバー&カードを、どうして物事をきちんと考えることもなく持とうとするのか、私は理解に苦しみます。何度も申し上げますが、現代資本主義社会は、マヌケやお人好しは徹底的にむしり取られるということを常に心得ておいた方がいいと思います。政治選択もそうですが(棄権したり、自民党や公明党に投票する方々は、はっきり申し上げてオバカですよ)、経済活動や社会活動においてもそうなのです。

(関連)「むしりとりますとも! 最期まで! 自由民主党」(2014.6)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/files/facist_2_mmusiritoru.pdf


以下、マイナンバー&カードの問題点や欠陥を文章で書いていたら1冊の本になってしまいますので、ここでは簡単にA4の紙1枚に箇条書きにしたものをにわか作りいたしました。別添PDFファイル、及びその転記の下記をご覧ください。また、簡単なコメントと関連報道などをご紹介しておきますのでご参考にしていただければ幸いです。

このマイナンバー制度は、実は「よせばいいのに」の民主党政権時代にスタートし、アベ政権時代に大きく太らせられました。このロクでもない制度もまた、原発・原子力や対米隷属や巨大ダム建設やTPP協定などと共に、自民党と民主党(今日の立憲民主党・国民民主党)の共同合作と言えるでしょう。当時の民主党は、マニフェストで有権者・国民に約束した公約はほとんど守ろうともせず、他方で公約もしていないようなロクでもないことを次々とやり、有権者・国民の信頼を根本的に喪失して政権から引きずり下ろされました。当然のことと言えますが、しかし、我が国の有権者・国民は、その代わりに、また再び自民党・公明党を政権につかせてしまっていて、その判断は愚かさの上に愚かさを上塗りするようなものだったと言えるでしょう。そのなれの果てが、今日のアベ政権による日本破壊の政治です。

ホンモノの野党を持ち得ていなかった日本の有権者・国民の自業自得とも言えると思いますが、幾たびの政治的試練を経験してきた今、もう同じ過ちをしてはいけないでしょう。来たる衆院総選挙、およびその後のあらゆる選挙において、自公・維新候補を落選に追いやるとともに、ホンモノのオルタナティブな日本を創っていく強い決意を持った政治家を国会に送り出していけるように、私たちの投票行動を転換していく必要があるのです。


 <マイナンバー&カードを進めた民主党人間の例>
(1)マイナンバー―民主党政権下で作った行政コスト削減の画期的法案 - 衆議院議員 岡田かつや
 http://www.katsuya.net/topics/article-2767.html
(2)マイナンバー付きの「社会保障口座」の創設を - 古川元久オフィシャルブログ Powered by Ameba
 https://ameblo.jp/furukawa-motohisa/entry-12593783367.html

(↑ 上記は氷山の一角。市場原理主義アホダラ教に頭がイカれていて、今でも同じような言動を繰り返している御仁たちが多い。その多くは国民民主党に所属し、そのうち自民党の補完業務を遂行したり、自民党の金魚のフンなってみたりと、ロクでもないことを、ココぞ! という時にやる、いわゆるニセモノ野党の集団だと思っておけばいいでしょう。こういう政治家たちに投票したところで、世の中は何も変わらない、と思っておいて間違いありません。)

(関連)桜井充氏(元国民民主党)、自民会派入りへ 野党統一会派に退会届(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00000108-kyodonews-pol
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E5%85%85


●(別添PDFファイル)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf

=================================
 数日前の朝、TV朝日の「羽鳥慎一のモーニングショウ」を見ていましたら、今般の新型コロナPANDEMIC対策の10万円バラマキ給付金の申請を巡り、マイナンバー・カードで大騒動になっているようです。早く受け取れるはずのマイナンバー・カードを使ったネット申請が郵送手続きよりも遅いという、なんともブラックユーモアさながらの事態だというのです。番組では、元総務省の役人まで引っ張り出してきて、ワイワイやっていました。まともなのは玉川氏ただ一人といった印象を受けました。

(関連)[10万円給付] オンライン申請で役所が大混乱 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7txpa3

遅くなった原因は、(1)マイナンバー・カードの新規発行には時間がかかる(当たり前)、(2)マイナンバー・カード利用時の暗証番号の(再)発行に時間がかかる上に(本人確認)、システムトラブルで発行遅延、の2つがあったようです。

(関連)(必読必見)給付金で大混乱「市役所窓口」のヤバすぎる内情-コロナショックの大波紋-東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/PyEtkUd

どうも今回のバラマキ給付金を契機にマイナンバー・カードを新規に作ろうとしている人や、今まで使っていなかったマイナンバー・カードを使おうとしている人が大勢いらっしゃるようで、これはまずいとおもって下記をにわかに作りました。ご参考にしていただければ幸いです。

1.どこがダメか?
(1)共通番号であること 漏出リスク巨大
(2)表出し番号(内部管理用ではない)⇒ 中小零細企業が管理しきれない
(3)カード(紛失リスク)

2.何処に危険があるか?
(1)マイナンバーで芋づる式に個人情報がつながる 漏出すれば「丸裸」
(2)暗証番号やパスワードは盗まれやすい、(ネット)フィッシングなどもある
(3)「お上」(支配権力)による個人情報利用
 *(事例1)治安弾圧・刑事事件
 *(事例2)社会保障シーリング(お前が受けられる行政支援はここまでだ!)
 *(事例3)選別教育・差別教育
(3)「成りすまし」犯罪のパラダイス
 *預金が勝手に降ろされた、自分の名義が使われた、給付金を誰かに取られた他
 *韓国ではネットでマイナンバーが売買されている
 *アメリカなどでも「成りすまし」事件多発
 *役所は「自己責任原則」徹底で一切面倒を見ない
 *損害保険もない(クレジットカードにはある)
(4)企業が勝手に金儲けの手段に使う
 *闇で名簿が流通

3.他にどんな問題があるか?
(1)個人情報保護法制が日本は欠陥だらけ
(例:魑魅魍魎の名簿業者など、第三者から取得した個人情報の合法性確認義務がユーザーにはないので、ペーパーカンパニーを通せば非合法でも自由に使える)
(2)ITゼネコンに巨額のシステム経費(税金)が流れ込む(笑いが止まらず)
(3)システムが旧式(トラブル多発、メンテ難儀、セキュリティ心配他)
(4)マイナンバーや同カードを巡るトラブルは一切が「自己責任」

4.対応策
(1)マイナンバー・カードは作らない
(2)マイナンバーは使わない(確定申告、預金口座開設など)
(3)市民運動・社会運動でマイナンバー制度の危険性を拡散PRする
(4)政権交代を急ぎ、この制度を廃止する
(5)マイナンバー制度を推進している奴らを張り倒す(⇒ コレ比喩です!)
=================================


(追)社説:現金10万円給付、マイナンバーは余計だ(東京 2020.5.13):「帰ってきたヨッパライ」=三木義一氏に見せて差し上げたい記事です
=================================
(別添PDFファイル)新型コロナ:マイナンバーシステム障害、暗証番号再発行、給付金申請で集中(毎日 2020.5.12夕刊)
 https://mainichi.jp/articles/20200511/k00/00m/040/288000c

●(別添PDFファイル)東京新聞-現金10万円給付 マイナンバーは余計だ-社説・コラム(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020051302000138.html

(関連)「税務署よいとこ一度は・・・」(帰ってきたヨッパライ=三木義一元青山学院大学長)=新型コロナばらまき現金交付にマイナンバーを使えばいいのに、なんて、ロクなことを言わない酒飲み老人- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c2cc35.html

(田中一郎コメント)
 今日の東京新聞(5/13)の社説に、なかなかいいものが載りました。あの「帰ってきたヨッパライ」の三木義一氏(元青山学院大学長)に見せて差し上げたい内容です(上記「いちろうちゃんのブログ」参照)。

 常々申し上げてまいりました通り、マイナンバー制度とは、畜産農家が飼育する家畜牛の耳に番号タグをつけて管理するように、「お上」が有権者・国民に番号タグ(カード)を持たせて、そこに個人情報を一元的に集約しつつ、家畜のように管理するための制度です。支配権力の支配の道具です。有権者・国民の飼い主となる支配権力は、家畜牛ならぬ国畜人間たちを怒らせないように、うまくだまして徹底管理するために、わずかばかりのエサを与えて、なだめすかしています。「とっても便利ですよ~」なんて言いながらです。畜産農家が家畜に対して行うようにです。その1つが今回の10万円の一律バラマキです。

少し前に、アメリカ国家安全保障局 (NSA) および中央情報局 (CIA) の元局員だったスノーデン氏が、NSAなどによるすさまじいまでの監視システムの内部告発を行って世界的に注目されましたが、その彼が口を酸っぱくして訴えていたのが、個人情報やプライバシーの秘密が守られない社会に民主主義はない、というものでした。その定義から言えば、この後進国ならぬ進歩拒否国=ニッポンは、民主主義国家であるはずがありません。情けないほどの「家畜国家」とでも言えるのではないかと私は嘆かわしく思っています。

そんな中、東京新聞の社説が光っています。
みなさま、新聞を取るなら東京新聞です。

(関連)暴露 スノーデンが私に託したファイル - グレン・グリーンウォルド〔著〕、田口俊樹、濱野大道、武藤陽生/訳(新潮社)  
 https://cutt.ly/1yEankZ


(それから最後に、アベ政権が新型コロナPANDEMICのどさくさにまぎれて国会を通過させようとしている「スーパーシティ構想」(国家戦略特区法改正案)もまた、このマイナンバー制度や個人情報保護制度と密接に関係しています。今回は詳説せず、関係文献や報道記事を若干だけご紹介するにとどめます。この問題については、国家戦略特区制度と共に、改めて詳しくお伝えしたいと考えています。)

(関連)(別添PDFファイル)スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)
ダウンロード - e382b9e383bce38391e383bce382b7e38386e382a3e6a78be683b3e381a8e59bbde5aeb6e688a6e795a5e789b9e58cbaefbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e58685e794b0e3808ee4b896e7958c202020.6e3808fefbc89.pdf

(関連)特別定額給付金が遅れる本当の理由 国のマイナンバーカードによる個人情報管理スーパーシティ - 大田区議会議員 奈須りえ  フェアな民主主義を大田区から!
 https://blog.goo.ne.jp/nasrie/e/ec67b6c85014adb0b33b502b3295e0a5

(関連)(別添PDFファイル)スーパーシティ法案成立へ、自動運転・遠隔医療集約で相乗効果 コロナ拡大で規制改革機運(日経 2020.5.13)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58993860S0A510C2PP8000/

(関連)(別添PDFファイル)スマートシティ 各地で(日経 2020.5.2夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58727150R00C20A5NZGP00/

(関連)国家戦略特別区域 - Wikipedia
 https://cutt.ly/ayEiNo7
=================================


 <別添PDFファイル>
(1)<新型コロナ>10万円給付「暗証番号忘れた」 オンライン申請なのに窓口混雑(東京 2020.5.12)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051202000129.html
(2)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱(朝日 2020年5月14日)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html
(3)確定申告でもマイナンバーはいらない、利用拡大で強まる監視社会への懸念(浦野・長谷川・原『週刊金曜日 2020.2.14』)
ダウンロード - e7a2bae5ae9ae794b3e5918ae381a7e38282e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bce381afe38184e38289e381aae38184efbc88e6b5a6e9878ee4bb96e3808ee980b1e5888ae98791e69b9ce697a5202020.2.14e3808fefbc89.pdf
(4)社説:現金10万円給付、マイナンバーは余計だ(東京 2020.5.13)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020051302000138.html
(5)新型コロナ:マイナンバーシステム障害 暗証番号再発行 給付金申請で集中(毎日 2020.5.12夕)
 https://mainichi.jp/articles/20200512/dde/041/040/031000c

(6)マイナンバー活用、海外と差、10万円給付で注目 情報連携・口座接続で出遅れ(日経 2020.5.16)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59205260V10C20A5EA4000/
(7)スーパーシティ法案成立へ、自動運転・遠隔医療集約で相乗効果 コロナ拡大で規制改革機運(日経 2020.5.13)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58993860S0A510C2PP8000/
(8)スマートシティ 各地で(日経 2020.5.2夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58727150R00C20A5NZGP00/
(9)スーパーシティ構想と国家戦略特区:自治の極北(イントロ部分)(内田聖子『世界 2020.6』)
 https://www.iwanami.co.jp/book/b510384.html
(10)危険! マイナンバー(田中一郎 2020.5.14)
ダウンロード - e58db1e999baefbc8120e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc88e794b0e4b8ade4b880e9838e202020.5.14efbc89.pdf


 <関連サイト>
(1)マイナンバー預貯金口座へ紐づけ 金融機関が大ブーイング(日刊ゲンダイ 2020.3.7)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/270063
(2)政府が血眼マイナンバー普及「10万円給付」窓口混乱で裏目(日刊ゲンダイ 2020.5.16)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273208
(3)「マイナンバーカード」施行3年も普及進まず あせる政府のあの手この手 週刊金曜日オンライン
 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2018/11/15/antena-367/
(4)【新型コロナウイルス】マイナンバーカードが邪魔…一律10万円「電子申請」大失政|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273133
(5)10万円 何度も申請できちゃう?本末転倒のオンライン 新型コロナウイルス 朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5F6FY3N5FUTIL02B.html?ref=mor_mail_topix3_6
(6)10万円ネット申請、逆に手間 重複・誤記入も受け付け…自治体混乱:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14475077.html

(7)10万円給付申請、郵送呼び掛け オンライン不備続出で自治体(共同通信)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00000102-kyodonews-soci
(8)マイナンバー「通知カード」が5月25日で廃止に…何か不便なことになるの-総務省に聞いた(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00141786-fnnprimev-life
(9)マイナンバーカードないと「評価悪影響」職員にメール(朝日新聞デジタル)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000026-asahi-soci
(10)マイナンバーカード義務化を「口座番号は事前登録」自民幹部(時事通信)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200513-00000072-jij-pol
(11)マイナンバー制度がもたらす「超・監視管理社会」の恐ろしさ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/164281
(12)東京新聞-マイナンバーカード 公務員・家族に再三調査「取得強制」と反発も-政治(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202001/CK2020012702000135.html
草々

2020年5月11日 (月)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(111):(1)新型コロナと福島原発事故の対応は瓜二つの「一卵性双生児」(2)どさくさ紛れの原発突撃(3)手を変え品を変えての被ばくリスクのゴマカシ他

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.新ちょぼゼミ(予定通りの開催です:人数制限あり=予約してください)
(1)(予約必要)(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37f02f.html

(5/14当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方は参加をご遠慮ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)

(2)(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回)「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)-いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html

(3)(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html


2.キャンペーン
(1)茨城県知事大井川和彦様- 東海第二原発の再稼働のための工事は直ちに中止を · Change.org
 https://00m.in/VnWSj

(2)<団体賛同フォーム>六ヶ所再処理工場の審査を進めないで!(締め切り5/12 15時)
 https://cutt.ly/PybY9go

(3)内閣総理大臣【要請】東京高検・検事長黒川弘務氏の違法な定年延長に抗議し辞職を求めます·Change.org
 https://00m.in/ZYozM

(関連)検察庁法改正に抗議、ツイッターで470万超 著名人も:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5B34BYN5BUTIL005.html?ref=mor_mail_topix3_6
(関連)日本弁護士連合会:検事長の勤務延長に関する閣議決定の撤回を求め、国家公務員法等の一部を改正する法律案に反対する会長声明
 https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/200406.html
(関連)検察庁法改正案 これこそが「不要不急」だ|【西日本新聞ニュース】
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/605469/

(関連)「三権分立どこいった?」と批判続出。#検察庁法改正案に抗議がTwitterでトレンド入り。黒川弘務氏の定年延長に(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00010000-huffpost-soci
(関連)前川喜平氏、定年延長で渦中の黒川氏に「辞めるに辞められぬ事情があるのでは」と推測(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00000058-dal-ent

(黒川弘務という人物に良識と常識があれば、自ら進んで辞任すると私は思いますけどね。これだけ批判の嵐を浴びても辞任しないということは、こいつはどうしようもない奴だ、ということでしょう。検事総長に就任後は、アベ自公政権の悪事をいっさいがっさい不起訴にするための「先兵」として、今後「大活躍」するのでしょう。:田中一郎)

(関連)首相、検察庁法改正は「今国会で」菅官房長官、抗議の意見は「承知」 - 毎日新聞
 https://cutt.ly/4ybmNo7

(選挙投票によって自民党議員を落選させる行動につながらない「あらゆる問題のあらゆる反対意見」は彼らにとっては馬耳東風=つまり耳障りな騒音でしかない。「文句あんなら選挙で落としてみろよ」というのが彼らの本音である。これを人呼んで「現代のファシスト」という。「民意」などカンケーネーということである。「こちとら政権維持9年の実績がある」とでも思っているに違いない。情けないのは、かような政権を支持するなどという奴が今なお相当程度いるということだ(マスごみの行う世論調査などはあまり信用していませんが・・・)。:田中一郎)

(関連)安倍内閣の支持率、横ばい42%…読売世論調査(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00050136-yom-pol


3.(別添PDFファイル)維新支持率野党首位に、コロナ対応吉村知事評価(東京 2020.5.11)
 https://www.sanspo.com/geino/news/20200510/pol20051020080003-n1.html

(立憲民主党の現執行部は来たる衆議院選挙がラストチャンスと受け止め、背水の陣で全力を尽くしていただきたい。勝利への道は、既に遅きに失してはいるが、山本太郎「れいわ新選組」を迎え入れ、彼を中心に「消費税減税」などを柱とする「骨太なオルタナティブ政策」を打ち出し、早々に全選挙区に「市民と野党の共闘」の統一候補を決めて、その人を担ぎながらアベ政権打倒の国民運動を展開し、更に東京中央本部では協力全野党と市民とで「NEXTキャビネット」を構成して、毎週のごとく「私たちならばこうします」の記者会見を展開することだ。これは来たる政権交代後の連立政権のいい練習版にもなるだろう。こうしたことができなければ、まず間違いなく、立憲民主党を総大将とする「市民と野党の共闘」に勝ち目はない。:田中一郎)


4.(別添PDFファイル)<税を追う>支援業者不正受給、ホームレス誘い数合わせ「講習に行かなくてもいい」(東京 2020.5.8)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050802000163.html

(田中一郎コメント)
 この「貧困」を「食いモノ」にする許しがたい事件の発覚は次のようなことを意味している。この事件は「氷山の一角」と見るべきであう。

(1)ネットカフェ難民などの住居を持たない人たちへの支援として展開されている政策が決定的にダメなのは、貧困に苦しむその方々を直接救済するものではなく、民間の「アクティベーション」業者や「ワークフェア」業者を介在させ、その業者が収益を上げ肥え太ることに注力が置かれていることである。言ってみれば、体裁のよい官民協同の「第二貧困ビジネス」のようなもので、「食いモノ」にされているのは貧困者ではなく私たちの税金である。

(2)住居を持たない人たちに「講習」を受けてもらう前に、その方々の住居を決め、生活保護(改正して生活保障へ)で日々の生活を安定させてから、自立へ向けた「講習」となるはず。こうしたことがなされないまま「講習」だけをやってみても、ほとんど効果はないだろう。今日の国や自治体が行っている大半の「貧困者支援」は、こんな形だけのものになっていて魂が入っていない可能性が高い。税金を形式的に食いつぶしているだけの「やってまっせ」のアリバイ政策である。

(3)記事によれば、10年以上も不正を続けてきており、行政側の監査もすり抜けてきたという。記事を読めば、その監査がザルであり、手抜きであったことは明白だ。責任追及・刑事告発は詐欺行為を働いた当事者法人・関係者だけでなく、行政側の責任者に対しても向ける必要がある(処分し賠償させろ!)。そして、このゴキブリ行為は、1匹見つけたら20匹はいる、の法則があるが故に、1つは全国の似たような事業への一斉抜き打ち検査を行うとともに、監査の実態調査を民間の手を入れて行い、そのダラケ切った行政のありようにメスを入れなければいけない。

(4)もう一つ、現在、新型コロナPANDEMIC対策で緊急経済対策が打ち出されているが、中小零細企業に対しては、所謂「お人好し」性善説に立って「甘い対応」をするのは禁物である。公正であることを最優先とし、無駄は省くべきだが、必要な審査はきちんと行う必要があることを強調しておきたい。かつてバブル崩壊後に、マスコミ挙げての情緒的な「貸し渋り・貸しはがし」論が展開され(それ自体が誤り)、海千山千の中小零細企業に対して甘い対応をしたばかりに経営破たんに追い込まれた新銀行東京や日本振興銀行の事例もあったことを忘れてはならない。また、各都道府県の信用保証協会もバブル崩壊後に2桁兆円の不良債権を積み上げていたという報道も見たことがあり、今回はそうしたことにならぬよう、万全を期していただきたい。(下記でもお話していますが、新型コロナPANDEMIC緊急経済対策については、政府も野党も、その対策の根本のところが間違っている)

(関連)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(関連)新型コロナ対策で注目の“ネットカフェ難民”支援「不正受給2億円」。スクープ報道はなぜ黙殺された?(水島宏明) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/mizushimahiroaki/20200509-00177718/


5.その他
(1)コロナ感染恐怖 倒産の現場|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3955
(2)新型コロナが問う日本と世界-資本主義の構造的問題-政治学者 白井聡さん
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-05-11/2020051101_06_0.html
(3)新型コロナ禍で暴かれた安倍政権「観光立国」のなれの果て - 女性自身
 https://jisin.jp/domestic/1849807/
(4)安倍首相の新型コロナを利用した「憲法に緊急事態条項を」メッセージに非難殺到! 失策を棚上げ、日本会議系集会でお仲間と改憲PR|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5404.html
(5)<よくぞ、暴動が起きないものだ>何にも困らない連中が「10万円で自粛しろ」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/220.html


6.「いちろうちゃんのブログ」より
(1)れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る(1)~(3)(日刊ゲンダイ):バラマキ政策からは脱却してください- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-517565.html

(2)沖縄・辺野古基地:軟弱地盤の深さをゴマカシ、活断層の存在を無視し、近未来に襲い来る地震の規模を極端に過小評価して進められる建設工事、その総費用は2兆数千億円!! 国防方針如何に関わらず、やめるべきデタラメ政策- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b71ef8.html

(3)祝 日本国憲法73周年:21世紀に生きる日本人の課題は、現実にあわせて憲法を変えることではなく、憲法に合わせて現実を変えることである=日本国憲法は「守る」のではなく「生かす」!- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-83e6ee.html
================================


「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開の「第111回目」をお送りいたします。もううんざりです。

 <別添PDFファイル>
(1)「PCR抑制論」の非を問う、コロナ専門家会議「検査不十分」国は政策ミス認め方針転換を(東京 2020.5.8)
(2)PCR、すぐ相談を 息苦しさ・強いだるさ・高熱 厚労省、目安変更「37.5度以上」削除:(朝日 2020.5.9)
(3)コロナ感染拡大対策に関する関西電力への緊急申し入れ(若狭連帯行動ネットワーク 2020.4.27)
(4)原発の利権構造に踏み込めなかった関電第三者委報告(末田一秀『原子力資料情報室通信 NO.551 2020.5.1』)
(5)噴火後2時間 首都圏マヒ、富士山降灰で「都市封鎖状態も」政府被害想定、緊急車両3日間足止め(日経 2020.4.24)
(6)原発 巨大噴火への対応、規制委 停止基準見送り(日経 2020.4.27)
(7)コロナ禍に紛れ…進むトリチウム水放出案 福島の漁業またも逆風(東京 2020.5.11)
(8)小出裕章氏インタビュー(「「トリチウムは絶対除去できません」(『ヒバクと健康 2020.5.1』)


1.(メール転送です)新型コロナ対応と福島第1原発対応は瓜二つの「一卵性双生児」

<別添PDFファイル>
(1)「PCR抑制論」の非を問う、コロナ専門家会議「検査不十分」国は政策ミス認め方針転換を(東京 2020.5.8)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020050802000165.html
(2)PCR、すぐ相談を 息苦しさ・強いだるさ・高熱 厚労省、目安変更「37.5度以上」削除:(朝日 2020.5.9)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14469352.html

*福島第1原発事故
 原発を推進するのが優先 放射線被曝で健康を害する人が多く表面化すると原発推進がしにくくなる、損害賠償でカネがかかる、被ばく被害者を隠そう(初期被ばく計らない・スクリーニング事実上放棄・子ども甲状腺検査潰せ、など)、そのための御用学者委員会を次から次へと設ける、甲状腺ガンを防ぐための安定ヨウ素剤はムラ所属人間だけで服用し一般の人には教えない(福島県立医大他)、その結果、被害者がたくさん出る、それを放射能とはカンケーネーと言いくるめるためのツベコベ専門バカ委員会をたくさんつくって屁理屈を並べる、あとは「安全・安心キャンペーン」で放射線被曝被害者を非国民扱いにする、損害賠償は踏み倒す、福島原発事故復興と称して原子力ムラビジネスを展開して甘い汁を吸う(廃炉・除染・復興事業など)。

*新型コロナPANDEMIC
 2020年東京オリンピックを開催するのが優先、新型コロナに感染した人が表面化するとオリンピックが開催できなくなる、これまで投じてきたカネや開催した時に入るカネがなくなる、感染者がわからないようにしよう(検査の縮小・絞り込み)、そのための御用学者委員会を設ける、新型コロナ肺炎の進行を抑えるアビガンとかいう薬はムラ関係者だけで服用し一般の人には言わないでおく、その結果、被害者がたくさん出る、それでそれは新型コロナとは違う症状や病気だったのではないかと言い張る(死因をきちんと調べない)、新型コロナは鎮まりつつあると言い、自分たちがやったことを正当化するためのツベコベ専門バカ委員会をたくさんつくって屁理屈を並べる、

従って、このあと予想されるのは、①「安全・安心キャンペーン」=つまり、新型コロナは制圧しましたから、安心して経済活動を再開してください、なお残る感染者や、感染の危険性を言い募る人間は非国民だ、②感染症対策の強化と称して、医療関係者や公衆衛生関係者の団体とつるんで感染症利権ビジネスを展開する、その拠点となりそうなのは「国立感染症研究所」(既にP4施設を武蔵村山市につくって日本とは関係のない細菌研究を始めようとしている、ねらいは生物兵器開発と特許か?)、などの動きです。

(関連)日本にエボラ病原体「BSL4」施設で保管?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
 https://newswitch.jp/p/17567

怒りがこみ上げてきます。


2.手を変え品を変えて被ばくリスクのゴマカシ

福島県の小児甲状腺等価線量を高精度に推計する手法の開発
 https://otawara.iuhw.ac.jp/news/2020/pdf/0310.pdf

(関連)1歳児被ばく、国連報告より低く 福島7市町村、詳細推計で
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/kyodo_nor/world/kyodo_nor-2020050501001638?fm=latestnews

内部被曝を無視しているようです。外部被曝についても、その根拠はどうなのでしょうか? 結論ありきの、いつものインチキ論議だと私は推察します。そもそも科学的な実証性がありません。そもそも健康被害をきちんと調べようとしていません。今日の科学の大半は御用化して似非科学となっています。

ついでに申し上げておけば
(1)シーベルトで内部被曝を評価してはいけません。
(2)初期被ばく=大量被ばくの問題があります=例えば「スクリーニング」で10万CPMを超えた人がたくさんいた等
(3)「福島県民健康調査」と子ども甲状腺ガン問題があります。
(4)ガン統計はどうなっているのでしょうか?
(5)ガン以外の疾患はどうなっているのでしょうか?
(6)チーム代表の鈴木元氏が所属している国際医療福祉大学については下記サイトあり

(関連)国家戦略特区の大学誘致「納得できず」成田住民訴訟、原告側が控訴(片岡伸行)
 https://blogos.com/article/336646/


3.第三者委報告を受けて関西電力を追加告発
 http://kandenakan.html.xdomain.jp/kokuhatu2.html

(関連)第三者委員会調査報告書の概要|再発防止に向けた業務改善計画について|関西電力
 https://www.kepco.co.jp/kaizenkeikaku/summary/index.html

(関連)金品受取り問題に関する第三者委員会からの調査報告書の受領について|2020|プレスリリース|ABOUT US|関西電力
 https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2020/0314_2j.html

(関連)第三者委員会の設置について|2019|プレスリリース|ABOUT US|関西電力
 https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/1009_2j.html

(「第三者」でもない関西電力発注の「似非第三者委員会」の役割は、もっともらしいことを並び立てて「業務改善命令」などという「原子力ムラ学芸会」の茶番劇で「めでたしめでたし」で終わらせる仕掛けに過ぎない。現にその証拠に、「第三者委員会」座長の但木敬一とかいう元検察官は、調査報告の記者会見で何度も何度も「刑事告発は無理だ」を繰り返していた。この第三者委員会なるものは、これを言いたくて、言ってもらいたくて、言わせたくて、結成されたようなものなのだ。原発立地地元とつるんで、これだけ長期間にわたり、汚いカネまみれになりながら出鱈目を続けてきたことについて、刑事責任が問われないなら、いったいどういうことなら問われるというのか!? もはや関西電力が検察とつるんで事件のもみ消しを計ろうとしていることは明白になってきている。検察における黒川弘務とかいう人物起用の狙いの1つにはこの関西電力問題があるなどとも言われている。こんなことで一件落着させるわけにはいかない。:田中一郎)

(関連)(別添PDFファイル)コロナ感染拡大対策に関する関西電力への緊急申し入れ(若狭連帯行動ネットワーク 2020.4.27)
 https://cutt.ly/KybErIM

(関連)(別添PDFファイル)原発の利権構造に踏み込めなかった関電第三者委報告(末田一秀『原子力資料情報室通信 NO.551 2020.5.1』
ダウンロード - e58e9fe799bae381aee588a9e6a8a9e6a78be980a0e381abe8b88fe381bfe8bebce38281e381aae3818be381a3e3819fe996a2e99bbbe7acace4b889e88085e5a794e5a0b1e5918aefbc88e69cabe794b0e4b880e7a780efbc89.pdf

(関連)(社説)関電の経営 「外の目」は十分か:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14468052.html
(関連)関電の金品受領「反省し持続可能な電力供給体制構築を」京都市が株主総会に議案提案(京都新聞)
 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/231846
(関連)関電に情報開示の徹底を提案 金品受領、報酬補填巡り大阪市 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1113950.html
(関連)虚偽公文書、うその記載は5カ所 経産省が認める(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000035-asahi-ind

*大阪市長、関電に値下げ要求も 橋下氏の社外取締役起用拒否に(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000175-kyodonews-soci

(ついこのあいだ、関西電力が橋下徹を起用しなかったら株主代表訴訟を起こす、などと、勇ましいことを言っていたのに、どうしたのだ!? 値下げしてもらったらそれでいいのか!? 株主代表訴訟については「検討する」と述べた、などと報じられているが、そもそも関西電力ときちんと対決して若狭湾原発を何としてもやめさせるだけの気力や気合は持ち合わせているのか? やる気もないことを、パフォーマンスで軽々に言うな! :田中一郎)

(関連)橋下徹氏を社外取締役に 関電に推薦、拒否なら訴訟も―松井大阪市長:時事ドットコム
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041700867&g=eco


4.福井の各原発「コロナ終息まで安全対策工事中止を」反原発団体、関電に要望(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/0b9727ac8343c2f79d2752af48b082db8805cdcf

(関西電力ブラックマネー事件を引き起こしておいて、まだ原発推進か!? どういう神経してるのかな!? 常識持ってるのか!?:田中一郎)


5.富士山噴火について官民「思考停止」
 富士山が噴火したら、真っ先に心配なのは浜岡原発、その次が東海第2原発と東海村再処理工場および同高レベル放射性廃液タンクではないのか? 原発が稼働していようがいまいが、使用済み核燃料プールがあって、それが(大量の火山灰降下などにより)冷却できなくなったら一巻の終わりだということは、既に福島第1原発事故の教訓になっていたはずである。

しかし、この富士山噴火リスクについて報道された記事で、このことに触れた記事は、どの新聞を見ても一つもない。これが福島第1原発事故を経験した国の新聞なのか!? バカでねえのか、キサマらは!? 頭が腐ったか!? ちなみに原発の火山噴火リスクをしっかりとチェックし管理監督しなければいけない役回りの原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は、原発に「寄生」して、率先して「思考停止」している(下記)。早くこんな委員会や役所はスクラップしなければならない。

(関連)万一、富士山が噴火したら首都圏はどうなる?(福和伸夫) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/fukuwanobuo/20200507-00176875/

(関連)(別添PDFファイル)噴火後2時間 首都圏マヒ、富士山降灰で「都市封鎖状態も」政府被害想定、緊急車両3日間足止め(日経 2020.4.24)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58399510T20C20A4TJN000/
(関連)(別添PDFファイル)原発 巨大噴火への対応、規制委 停止基準見送り(日経 2020.4.27)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58447750U0A420C2TJM000/


6.除染土の再利用地で、野菜の試験栽培開始へ 環境省(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a8cbaf87c74861e69e31174edb28a47c813ddf3b

(できもしない除染を、原子力ムラビジネスとして、巨額の税金を使って(彼ら原子力ムラの福島原発事故後の食い扶持確保のために)やって、出てきた汚染土が膨大な量になって手におえず、しかたなく、それを利用するのだという。それを公共事業に使って全国に拡散するのだという。それが「環境省」という環境を守るためにある役所の最優先の仕事になっている。この国はブラックユーモア国家なのか!? ここでも頭が腐っている! :田中一郎)


7.(別添PDFファイル)コロナ禍に紛れ…進むトリチウム水放出案 福島の漁業またも逆風(東京 2020.5.11)
ダウンロード - e382b3e383ade3838ae7a68de381abe7b49be3828ce280a6e980b2e38280e38388e383aae38381e382a6e383a0e6b0b4e694bee587bae6a188efbc88e69db1e4baac202020.5.11efbc89.pdf

(関連)(別添PDFファイル)小出裕章氏インタビュー(「「トリチウムは絶対除去できません」(『ヒバクと健康 2020.5.1』)
ダウンロード - e5b08fe587bae8a395e7aba0e6b08fefbc88e3808ce38388e383aae38381e382a6e383a0e381afe7b5b6e5afbee999a4e58ebbe381a7e3818de381bee3819be38293e3808defbc88e3808ee38392e38390e382afe381a8e581a5e5bab7202020.5.1e3808fefbc89.pdf

(関連)疑問だらけの東電・処理汚染水放出「素案」 - FoE Japanブログ:Mobilize - Resist - Transform !
 https://foejapan.wordpress.com/2020/04/29/tepco_osensui/
(関連)汚染水問題 関連情報まとめ - 原子力市民委員会
 http://www.ccnejapan.com/?page_id=10884

(関連)汚染処理水処分方法、国民的議論になるか 福島第一原発 コロナに関心集まる中  - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200510/k00/00m/040/027000c

*国際署名:福島第一原発事故で発生したALPS処理汚染水を海に流すのはやめて
 http://chng.it/NLZm8bgF2T

(メール転送です)
★ALPS処理汚染水、オーストラリア、イギリスのNGOが放出に反対の意見提出

現在、経済産業省が、ALPS処理汚染水の処分に関して意見公募を行っていますが、オーストラリアの環境保護団体FoEオーストラリア、及びイギリスの住民団体PAWBが処理汚染水の環境中への放出に反対する意見を経済産業省に提出しました。FoEオーストラリアの広報担当のジム・グリーン氏は、「日本政府は、オリンピックの選考過程で、福島の原子力発電所の状況はコントロールされていると言って、世界を欺こうとした。今回の放射能汚染水の放出計画も、未解決の問題をじゅうたんの下に隠そうとしている一例だ。原子力災害のコストを海洋環境に押し付けることを許されてはならない」と述べています。

また、イギリスで日立の原発建設計画に反対していたウェールズの住民団体PAWB(「ウィルヴァB原発に反対する人々」)のロブ・イドリス氏は、「私たちは過去に福島を訪問しています。訪問した際にメルトダウンが起こした環境や人々の生活への悲惨な影響を目撃しました。そのため、PAWBは福島県漁連の海洋放出案に対する反対意見に賛同します」としています


8.東京新聞-<新型コロナ>「東海第二 工事止めて」 市民団体 感染リスク重視/工事関係者「待機指示なら」-社会(TOKYO Web)
 https://cutt.ly/gybRmju

(関連)東海第2再稼働 いばらき原発県民投票の会、署名9万899筆を提出 必要数の1.87倍(茨城新聞クロスアイ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/7d4abb735705d7047d13851e0bcda7ff2ac125a2
(関連)東京新聞-「東海第二の工事中止を」7団体がオンライン署名活動-茨城(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020051002000184.html

(関連)東京新聞-<東海第二原発 再考再稼働>(13)母親代表で廃炉求める 原電前で金曜行動・花山知宏さん(43)-茨城(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202004/CK2020043002000135.html
(関連)東京新聞-<東海第二原発 再考再稼働>(14)最も危険な原発、廃炉に 元京大原子炉実験所助教・小出裕章さん(70)-茨城(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/202005/CK2020050102000164.html

*東海第二発電所の関連情報 - フォロー - Yahoo! JAPAN
 https://follow.yahoo.co.jp/themes/07b1ea60d79a60fc5982


9.<団体賛同フォーム>六ヶ所再処理工場の審査を進めないで!(5/12 15時締切)
 https://cutt.ly/PybY9go

(関連)緊急事態宣言下の再処理審査再考を/反核8団体が要請(東奥日報) - goo ニュース
 https://news.goo.ne.jp/article/toon/region/toon-20200508125724.html

(関連)青森県六ケ所村再処理工場 稼働許すまじ:大破局事故の危険性問題を棚上げにして稼働審査打ち切りの原子力「寄生」委員会・「寄生」庁=破綻した核燃料サイクル事業を早急に廃棄せよ!(三陸の海を放射能から守る岩手の会他)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-d77e28.html


10.その他
(1)女川原発2号機の工事完了が延期…原発再稼働も早くとも2年後か〈宮城〉
 https://www.fnn.jp/articles/-/38201
(2)東北電・女川2号機工事継続、感染リスク憂慮 クラスター危ぶむ声(河北新報) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200505-00000005-khks-soci
(3)東京新聞-核ごみ容器が腐食、漏れ出す恐れ 埋設処分後、米大学が発表-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042101001716.html
(4)米軍用機か 今治・来島海峡大橋上空を低空飛行(愛媛新聞ONLINE) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/994cf1dfc3938e6dd4f90a0570651f07c7fdffbd

(↑ そのまま伊方原発に突っ込んだとしても何の不思議もない。過去にも伊方原発の敷地に米軍機が突っ込み、間一髪だった事故も起きている。愛媛県佐多岬半島に、いつ爆発するかもしれない原爆を置いているようなものだ。愛媛県知事を何をしとるのか!? :田中一郎)
草々

2020年5月 9日 (土)

沖縄・辺野古基地:軟弱地盤の深さをゴマカシ、活断層の存在を無視し、近未来に襲い来る地震の規模を極端に過小評価して進められる建設工事、その総費用は2兆数千億円!! 国防方針如何に関わらず、やめるべきデタラメ政策

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37f02f.html

(5/14当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方はご参加をご遠慮ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)


2.(別添PDFファイル)(チラシ)(6.22)止めよう辺野古新基地建設!辺野古裁判勝利!首都圏集会
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc886.22efbc89e6ada2e38281e38288e38186e8bebae9878ee58fa4e696b0e59fbae59cb0e5bbbae8a8adefbc81e9a696e983bde59c8fe99b86e4bc9a.pdf


3.キャンペーン
(1)金のために環境破壊を推し進める大企業に立ち向かう「普通のおっちゃん達」生まれ育った故郷を守る戦いに皆の力を貸して下さい!·Change.org
 https://cutt.ly/2yvxhdf

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · 【未来ある子供達の為に】必要なのは自然環境orパーム油発電所- · Change.org
 https://cutt.ly/Eyvxk2o

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · パーム油発電 ヤフーニュースに掲載 · Change.org
 https://cutt.ly/6yvxxlU


4.検察官の定年延長 有志団体「弁護士1500人が反対」と批判 - NHKニュース
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200508/k10012422391000.html

(関連)野党「森隠し」と反発 検察庁法改正案、与党が審議強行:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN586DLKN58UTFK00Z.html
(関連)日本弁護士連合会:検事長の勤務延長に関する閣議決定の撤回を求め、国家公務員法等の一部を改正する法律案に反対する会長声明
 https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2020/200406.html
(関連)検察庁法改正案 これこそが「不要不急」だ|【西日本新聞ニュース】
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/605469/


5.(別添PDFファイル)国民民主党結党2年、党勢上向かず、道筋描けない野党勢力結集(毎日 2020.5.8)
 https://cutt.ly/7yvxFqd

(関連)(別添PDFファイル)政府の足引っ張らず、尻をたたく:国民 玉木代表 提案次々(朝日 2020.4.30)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14460059.html

(田中一郎コメント)
 「対決より解決」とか「政府の足引っ張らず、尻をたたく」とか、いったい何が言いたいのか、どのようにやりたいのか、よくわからんが、要するに現アベ政権とご一緒に「なれ合い」でやっていきたいということネ? そんなことなら自民党に入党させてもらったらどうですか? 国民民主党が有権者・国民の支持を得られないのは「自業自得」、民主民進党を破壊した元祖「口先やるやる詐欺」の前原誠司とその腰巾着もいれば、原発推進を未だに言っている(東電・関電などの原発電力会社と「なれ合い」御用労組の)電力総連の代表もいる、福島第1原発事故後の民主党政権の振る舞いについて何の反省もしていない「ダラカン」議員もいるし、未だに市場原理主義アホダラ教をやっている不勉強者もいる、こんな政党、さっさと解散・解党すればいい話だ。

国民民主党の中にいる、いわゆるリベラル議員は、早くかような政党に見切りをつけ、立憲民主党や社会民主党に合流してちょうだい。今日の日本の政治は「争点」や「ビジョン」の違いをはっきりさせ、現在のデタラメ自公政治に代わるオルタナティブな日本を目標として具体的に描き、、小異を捨てずに大同について、その実現に全力を挙げることが課題です。未だに国民民主党にしがみついて、自己保身を最優先にしながら、大した差もないのにバラバラにいることが、どれだけ日本の改革や刷新を遅らせているか、言い換えればアベ政権のような出鱈目政治を跋扈させているか、よーくお考えいただきたい。このまま行けば、国民民主党のみなさまは、リベラルであろうがなかろうが、歴史のゴミ箱行きですよ!!(前原誠司など、さっさと除名せよ!)


6.(別添PDFファイル)教育政策と経済政策は区別せよ:GIGAスクール構想の行方をめぐって(イントロ部分)(前川喜平『世界 2020.5』)
ダウンロード - efbca7efbca9efbca7efbca1e382b9e382afe383bce383abe6a78be683b3e381aee8a18ce696b9e38292e38281e38190e381a3e381a6efbc88e382a4e383b3e38388efbc89efbc88e5898de5b79de3808ee4b896e7958c202020.5e3808fefbc89.pdf

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)教育は基本的に公共財だ。だからこそ国際人権規約は初等教育無償制を求め、中等教育、高等教育についても漸進的無償化を求めている。教育を市場に任せていくと教育の機会均等を破壊し教育格差を弦大する危険性がある。また、教育の目的は「稼げる人間」や「GDPを増やす人材」を育てることだけではない。教育を人間の生産性や市場価値を高めるための投資とだけ考えるのは間違いだ。教育基本法第一条に規定されるように「人格の完成」と「平和で民主的な国家及び社会の形成者」の育成こそ、教育の目的である。そこでは、人権教育、平和教育、環境教育、ESD(持続可能な開発のための教育)など、公共性の高い教育が大切になる。経済は教育の上位概念ではないし、経済産業省は文部科学省の上位組織ではない。

(中略)ICTに対する学校現場の戸惑いや反発は、もともと強まっている負担感や抑圧感の表れだとも言える。前回と今回の学習指導要領の改訂により、授業時数と指導内容が大幅に増えた。「道徳」は「特別の教科」になり記述式評価が求められる。小学校英語も教科化される。そこへもってきて、プログラミングだ、デジタル教科書だ、GIGAスクールだと言われても「お手上げだ。ついて行けない」という思いを抱くのは無理もない。

まずは、教師たちの負担感や抑圧感を取り除くことが必要だ。「学び続ける教師像」は大事だが、それは教師たちを上からの研修漬けにすることではない。自由に学ぶ時間を確保することこそ重要だ。ICTは教師も学ぶことが必要になる。EdTechとして喧伝される様々な学習方法については、ICT企業のセールストークに惑わされず、踊らされず、あくまでも教育者の座標軸を失わず、冷静に吟味しながら学んでほしい。

ぉよそ教育には、人類が過去積み重ねてきた学問や文化を次の世代に継承するという目的と、未来を生きる子どもたちに自分たちの人生を切り開き自分たちの社会を作っていく力を与えるという目的とがある。教育は過去と未来とのはざまにある。だから学校には「過去の人」も存在していい。「自分はアナログ人間だ。ICTなど不要だ。本とノートと黒板があれば十分だ」という教師もいていい。デジタル世代の若い教師が増えているのは一つの僥倖だ。未来志向の教育は若手に任せ、年長の教師は過去を伝える仕事に専念するという、世代間の役割分担もあっていいではないか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(早くホンモノの政見交代を実現し、自公政治を一掃した上で、前川喜平さんに文部科学大臣をやっていただきましょう。:田中一郎)

(関連)前川喜平 - 著者ページ - 東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/list/author/%E5%89%8D%E5%B7%9D+%E5%96%9C%E5%B9%B3


7.その他 注目情報
(1)「一番困っているのは大学院生」。政府は若手研究者への支援を(室橋祐貴) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/murohashiyuki/20200507-00177331/
(2)【小泉進次郎】小泉ポエム大臣に呆れ声 ゴミ袋感謝に“便乗”で底が割れた|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272594
(3)【対談】能町みね子プチ鹿島 コロナ狂騒で見えた真実と思惑(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000002-nkgendai-ent
(4)家賃3分の2 事業者に半年給付 最大50万円、自公が大筋合意- 沖縄タイムス+
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568737
(5)コロナ後に「ニューディール政策」復活の可能性- 東洋経済オンライン
 https://cutt.ly/uyvcS42


8.輸出木材の保管費用もコロナ禍対策?輸出拡大めざす農林産物の怪しげな内容(田中淳夫) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20200508-00177535/

新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策予算に「農林水産省」シロアリを発見。早くも予算の「利権流用」が始まった。一匹のゴキブリやシロアリを見つけたら、その20倍はいると思った方がいい。野党諸君、予算内容の精査はどうなっているのか? そもそも農林水産物輸出促進政策が根本的に間違っている。このバカバカしい政策も一緒に見直しを開始せよ。場合によっては農林水産省は、もう解体だ!
================================


沖縄県議会選挙近し、ガンバレ「オール沖縄」
(6月7日投開票の沖縄県議選)辺野古新基地反対60% 沖縄県議選の立候補予定者調査 県の訴訟は54%が評価 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1117168.html

みなさまご承知の通り、「政府・アベ政権は先般4月21日、軟弱地盤の改良工事に伴う設計変更を沖縄県に申請した。地盤を固めるため砂ぐいを打ち込む工事を追加し、埋め立てを進めるため護岸配置などの工程も変更する。県が承認した時点から埋め立て工事を経て米軍の使用開始までに12年かかると見込み、総経費として9300億円を見積もった。県の承認が得られる見通しがないまま政府が申請に踏み切ったことで、新基地建設は新たな節目を迎えた」(琉球新報より)。新型コロナPANDEMICに対する対策さえきちんとできずに感染拡大を招いてしまっている無能で無責任な政権が、まるで不要不急で、沖縄県民の圧倒的多数が「やめろ」といっている辺野古基地建設の工事推進を一段と先へ進めるようなふるまいをなすことは、とても許されるものではありません。しかもその工事の設計変更は、これまでの政府・防衛省らの出鱈目の上塗り・ゴマカシを更にひどくした、先行き余計な危険性までもを抱え込むトンデモ設計変更であるゆえに、益々沖縄県民も私たちも穏やかではいられないのです。

(関連)政府、辺野古新基地設計変更を申請 軟弱地盤改良工事を追加 沖縄県は承認しない見通し-琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1110899.html
(関連)東京新聞-辺野古設計変更 「不要不急」の極みだ-社説・コラム(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020042202000166.html
(関連)普天間基地移設 設計変更申請 沖縄県“変更は認めない” - NHKニュース
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200422/k10012399771000.html


ところで今般、岩波月刊誌『世界』の先月号(2020/5)に、沖縄県辺野古基地建設の詳細と現状について書かれた2つの論文が掲載されました。既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、この2つの論文が告発する基地建設の内容は、もはや正気の沙汰とは思えないほどに、出鱈目で、ご都合主義で、隠し事や嘘八百だらけで、おまけに巨額の血税が投じられることが明らかにされています。

具体的には、このメールの表題にも書きましたように、軍事空港立地場所である辺野古先沖海底の軟弱地盤の深さをゴマカシ、活断層の存在を無視し、近未来に襲い来る地震の規模を極端に過小評価して進められる建設工事であること、美しい海洋環境を乱暴極まる土木工事で台無しにし、ジュゴンやサンゴをはじめ沖縄近海に生息する生物群の生存や生態系をも取り返しがつかないレベルで破壊すること、多くの反対を押しのけて進むその工事の進め方が、様々なレベルで法律や条例を無視したり踏みにじったり、警察権力の暴力を露骨に使ったりしていて、法治国家をまるで否定するものであること、そしてその総費用は2兆数千億円(沖縄県試算)にも達するという巨額の無駄(うち2千億円近い金額の「警備費」には驚くばかり)、もはやかような建設工事は、日本の安全保障政策や国防方針がどうあるべきかの考え方如何に関わらず、やめるべきデタラメ政策であるといえるでしょう。要するに、かような場所に軍事空港のようなものはつくってはいけないということです。

まるで無謀なるゴロツキ風のこのやり方は、さながら客観的な事実確認や合理的な見通しを無視して、愚かな我田引水型の楽観論で世界戦争に突き進んでいった大日本帝国の再現であるかのような印象を強く受けます。支配権力側にいる者たちの誰一人として、無謀で愚かな時の最高権力者たちの振る舞いを止めることも再考を促すこともできない「バカの翼賛」、それが今、現代日本に「再びの死神」として、よみがえってきたかのごとしです。

そしてその大日本帝国が最終的にはどうなったのか、既に歴史がその「なれの果て」を赤裸々に示しているではありませんか。日本の良識と良心、沖縄の良識と良心は、力を合わせて、アベ政権による「史上最悪の暴挙」たる辺野古基地建設をやめさせなければなりません。日本政治の現状は、日本国憲法が形骸化させられ、議会も行政も司法も、団子状態となって、おかしな方向に猪突猛進を開始しています。やめることが当たり前の、この沖縄・辺野古基地建設にストップをかけること、それが難儀な課題になっていることそれ自体が、今日の日本の危機的状況を指し示すものと言えるでしょう。

最後まで徹底して抵抗して、最後には私たちが勝利をする、それまで力を合わせて頑張り抜きましょう。なに、大勢の人が本気になって取り掛かれば、いずれ必ずやり遂げることができると私は思います。本気になること、それが大事です。そして、アベ政権も自公政治も可能な限り早く政治の世界から一掃いたしましょう。その闘いの最先端に沖縄・辺野古があるのです。がんばりましょう! 負けられません、勝つまでは、です。

以下、岩波月刊誌『世界』(2020/5)掲載の北上田さんと立石さんの論文を簡単にご紹介し、関連情報をお届けしたいと思います。みなさまには、是非とも原本を入手の上、全文をお読みいただきたいと思います。また、この2論文を掲載した岩波月刊誌『世界』は、他にもたくさんの貴重な論文を掲載している「クオリティ月刊誌」ですので、みなさまにも定期購読により、こうした言論を支えていただければ幸いと考えています。よろしくお願い申し上げます。(但し、私は個人的に岩波月刊誌『世界』とは何の関係もございませんし、また、岩波書店の「回し者」でもございませんので、念のために)


 <別添PDFファイル>
(1)隠蔽される調査データ、このままでは護岸は崩壊する(一部抜粋)(北上田毅『世界 2020.5』)
(2)辺野古新基地周辺の活断層と軟弱地盤(一部抜粋)(立石雅昭『世界 2020.5』)
(3)沖縄防衛局への抗議 チラシ(写真入り)
(4)「唯一の解決策」国が固執、着工3年軟弱地盤・サンゴで停滞(東京 2020.4.28)
(5)辺野古 中止工事に302億円、軟弱地盤で設計変更(朝日 2020.5.2)
(6)20200502沖縄タイムス4面(核心評論/工事まやかしだらけ)


1.(別添PDFファイル)隠蔽される調査データ、このままでは護岸は崩壊する(一部抜粋)(北上田毅『世界 2020.5』)
ダウンロード - e99aa0e894bde38195e3828ce3828be8aabfe69fbbe38387e383bce382bfe38081e38193e381aee381bee381bee381a7e381afe8adb7e5b2b8e381afe5b4a9e5a38ae38199e3828befbc88e58c97e4b88ae794b0e3808ee4b896e7958c202020.5e3808fefbc89.pdf

(田中一郎コメント)
 以下、この論文の概要がわかるように「章見出し」と、最も核心部分と思われるところを抜粋引用しておきます。

 <章見出し>
*変更計画の概要=工期短縮のための無理な工法
*(沖縄)防衛局発表の総工費=事業費の2割が警備費
*サンゴ特別採捕許可申請でも国が強権発動
*先行盛土による海の汚濁
*このままではケーソン護岸が崩壊する
*地質調査データの隠蔽・加工
*地質調査のやり直しを

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)このままではケーソン護岸が崩壊する
 二〇一八年三月、公文書公開請求で二〇一四年度からの二件の地質調査の報告書が開示され、大浦湾では海面下七〇メートルまでほとんどN値ゼロというマヨネーズのような軟弱地盤が拡がっていることが明らかになった。さらに昨年三月、追加の地質調査の報告書が公表され、軟弱地盤の実態はさらに深刻であることが判明した。特にケーソン護岸部のB27地点では(図2参照)、海面下90mまで粘性土層が続いていたのである。

ところが防衛局は、海面下70mまでしか地盤改良工事を行なわないという。実際には、それ以上の深さまで地盤改良できる作業船がないためなのだが、防衛局は、「海面下70mを超える深度では『非常に硬い』粘土層に分類される強度を有しており、70mまでの施工で十分に安定性を確保できる」と主張している。

防衛局はその根拠について、「B27地点ではボーリング調査ではなくコーン貫入試験だったので、地盤の強度を求めるための力学試験は行なっていない。B27地点から最大750m離れた三地点とB27地点の70m以深が『同じ地層』なので、三地点のポーリング調査で判明した力学試験の結果からB27地点の強度を類推した」というのだ。

この防衛局の説明には当時から批判が集中していた。これらの三地点で採取した試料の土質は、「粘土質砂」、「砂質シルト」、「貝殻混じりシルト」、「砂質粘土」等であって、B27地点の「粘土」とは全く異なっている。土質が異なれば強度の特性も異なることは明らかであり、B27地点の強度を遠く離れた三地点から類推することはできない。また、B27地点の「非常に硬い」粘土層は海面下70m以深というが、土質柱状図では海面下77mで土質区分が変わっている。技術検討会に提出した地層断面図でも、「非常に硬い」という「第二粘性土層」は海面下77m以深とされている。「海面下70m」と言い続けているのは、70m以深の地盤改良工事ができる作業船がないためであろう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(「最大750m離れた三地点」を調べて「十分に硬い地層だ」などと言っているのだ。私はこれを読んで唖然としてしまった。インチキもここまでくれば、もうどうしようもない。これがアベ政権と今日の防衛省の「正体だ」ということを赤裸々に示している、ということ以外に何の証明にもなっていない:田中一郎)


2.辺野古新基地周辺の活断層と軟弱地盤(一部抜粋)(立石雅昭『世界 2020.5』)
ダウンロード - e8bebae9878ee58fa4e696b0e59fbae59cb0e591a8e8bebae381aee6b4bbe696ade5b1a4e381a8e8bb9fe5bcb1e59cb0e79ba4efbc88e68a9ce7b28befbc89efbc88e7ab8be79fb3e3808ee4b896e7958c202020.5e3808fefbc89.pdf

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)軟弱地盤と活断層
 埋め立て予定地の辺野古崎東の大浦湾側には広く軟弱地盤が広がることが明らかになり、埋め立て工事が行き詰まっている(北上田、二〇一八年、二〇二〇年)。沖縄防衛局は埋め立て工事計画において、この埋め立て地の護岸等を襲いうる地震動を、海底下の工学的基盤(嘉陽層上面)で最大加速度四〇ガルと推測して設計を行なっている(沖縄防衛局、二〇一九年)。しかし、この入力地震動はあまりにも過小である。

(中略)私たち沖縄辺野古調査団はこの三月二日、沖縄防衛局を通して、普天間飛行場代替施設建設事業に係る技術検討会あて、「普天間飛行場代替施設としての辺野古埋め立て工事に関する科学的技術的厳正審査の申し入れならびに(七項目からなる)質問書」を提出した。沖縄防衛局はこの要請・質問書を技術検討会委員に配布するとともに、その質問内容について11日の第五回技術検討会委員に諮った。しかし、諮る過程と内容について次のような問題が改めて浮かび上がった。この技術検討会の前日の10日、閣議で、「辺野古」について新たな調査・検討はしないと決めた上で、防衛省は11日に技術検討会を開催した。これは技術検討会の流れが前もって決められていた、ということを示している。本来、技術的検討があり、そこで、「これまでの調査・検討に問題は無い」という結論が出て初めて、防衛省や政府が方向を決めるという流れであるべきである。先に政府・防衛省の動きがあり、技術検討会はそれを追認するという今回の動きは、この技術検討会が政府・防衛省の意を受けた機関であることを端的に示した。

(中略)地震動については、防衛省・沖縄防衛局がまず責を負うべき活断層の有無について、周辺地域の調査をしないまま、一九九五年以降の地震活動期にある日本列島で相次いでいる地震動を考慮せず、工学的基盤に襲いうる地震動を低く設定している。このまま埋め立て工事を進めれば、施工中も、完成後も、護岸はもとより、滑走路を含む埋め立て地自体が崩落する危険性がある。沖縄防衛局はまずは活断層の有無を調査し、耐震設計を全面的に見直すべきである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(近未来に必ずや襲うであろう地震動の強度がたったの40ガル(参考:2007年中越沖地震は1699ガル、宮城岩手内陸地震4022ガル)、「技術検討会委員に諮る前」に結論を閣議決定しておき、委員会の結論はそれと同じ、活断層を全く無視してまともな調査もしない、読んでいて、こちらも呆れてしまった。末期症状の独断先行政権がメチャクチャをやり、それに多くの日本人が内容無関心のままトボトボとついて行く、そんな景色が目に浮かぶ。冗談ではないぞ、誰がこんなものに従うものか! アベ政権も、この工事を強引に進めている防衛省の幹部どもも、近々、一掃してやるから首でも洗って待っていろ!!:田中一郎)


3.(別添PDFファイル)(メール転送です)沖縄防衛局への抗議 チラシ(写真入り)
ダウンロード - e6b296e7b884e998b2e8a19be5b180e381b8e381aee68a97e8adb020e38381e383a9e382b7efbc88e58699e79c9fe585a5e3828aefbc89.pdf

 コロナ禍に乗じて、沖縄防衛局が沖縄県に提出した辺野古新基地建設工事の設計変更申請に対して、5月10日(日)までに抗議FAX&電話を沖縄防衛局に集中する行動を呼びかけています。業務実態からいいますと、コンビ二からのFAXが一番、手っ取り早いと思います【¥50】

 FAX番号は 0989-21-8165または8168。電話が得意な方は、0989-21-8131です。

抗議文はもちろんですが、マジックで大きく書いたものでも良いし、イラストでも良いと思います。「50円でできる抗議」にご協力お願いします。


4.(別添PDFファイル)「唯一の解決策」国が固執、着工3年軟弱地盤・サンゴで停滞(東京 2020.4.28)
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1112790.html


5.辺野古新基地そもそもいくらかかるか? 県議の質問に防衛局長は・・・沖縄タイムス+プラス
 「県の試算では総事業費は最大で約2兆5500億円、工期13年。」
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/364709

(関連)辺野古新基地 総工費は青天井 想定外の地盤改良 工法・工期不明で大幅増必至-沖縄タイムス+
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/385920
(関連)辺野古の工事費 9000億円に肥大 当初想定の約3倍に 工期も長期化 13年-沖縄タイムス+
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/515021
(関連)東京新聞-辺野古工費 膨張9300億円 軟弱地盤 工期大幅延長で試算-政治(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201912/CK2019122602000172.html
(関連)辺野古移設費用 最大9300億円 想定の約2.7倍に- [沖縄はいま]朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASMDT46JRMDTUTFK00L.html

(関連)(別添PDFファイル)辺野古 中止工事に302億円、軟弱地盤で設計変更(朝日 2020.5.2)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14463373.html

(↑ かような税金の無駄遣いが許されるのか!? 担当した防衛省の役人どもを処分せよ、血税を何と心得ているのか!? ふざけるな!! :田中一郎)

(関連)【必読】辺野古の護岸工事が打ち切られる!「軟弱地盤」が理由で、契約金の7割強にあたる約302億円が支払われる(6件中5件は未着工)防衛省「必要な作業」専門家「通常の公共工事では考えられない」 - 健康になるためのブログ🐾
 http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/55831


6.(別添PDFファイル)20200502沖縄タイムス4面(核心評論/工事まやかしだらけ)
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/567180


7.ジュゴン訴訟で原告敗訴 米連邦高裁 国防総省手続きは「合理的」確定判決の可能性も-琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1118711.html

(関連)米高裁、辺野古工事の中止認めず 沖縄ジュゴン訴訟、原告は上訴も(共同通信) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00000158-kyodonews-int


 <関連サイト>
(1)「日米政府は対話の場を」玉城沖縄県知事、基地の負担軽減求める サンフランシスコ講和条約68年 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1114165.html
(2)オール沖縄「辺野古設計変更取り下げを」防衛局に抗議 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1111094.html
(3)なぜ防衛省は新型コロナのさなかに辺野古移設巡る申請を出したのか 渦巻く憤り - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200421/k00/00m/040/248000c
(4)共産・志位氏、辺野古移設断念を コロナ下で推進「むちゃな政策」 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1114963.html
(5)<社説>辺野古9300億円 埋め立てを即時中止せよ - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1049092.html
草々 

2020年5月 7日 (木)

祝 日本国憲法73周年:21世紀に生きる日本人の課題は、現実にあわせて憲法を変えることではなく、憲法に合わせて現実を変えることである=日本国憲法は「守る」のではなく「生かす」!

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(5.27)オルタナティブな日本をめざして(第45回):「食べものが劣化する日本:命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ」(新ちょぼゼミ:安田節子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-548b2b.html

(5/27当日は、「3密」(密閉、密集、密接)防止のため「入室制限」(予約15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催ということにいたしました。体調のよくない方は参加をご遠慮ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)

(その次)(6.4)オルタナティブな日本をめざして(第46回):「ジャーナリズムと日本の危機:ワセダクロニクルの挑戦」(新ちょぼゼミ:渡辺周さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-21b154.html


2.キャンペーン
(1)介護福祉士有志の会- 新型コロナウィルスに伴う介護職への早急な支援を · Change.org
 https://cutt.ly/eyzMRzA

(2)東京都知事 小池 百合子- 新型コロナウイルスとのたたかいの最前線で頑張っている、都立病院・公社病院の地方独立行政法人化を止めてください。公社病院を都立病院にしてより充実させてください。 · Change.org
 https://00m.in/Pj3aI

(3)内閣総理大臣 安倍晋三- #緊急事態宣言 なのに政府が病院・ベッド削減を支援!?#新型コロナ による医療崩壊 を防ぐための緊急署名 · Change.org
 https://cutt.ly/oyzMDI5

(4)大学の軍事研究に反対する(開始2015年10月) · Change.org
 https://cutt.ly/qyzMHIj

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · 筑波大学の暴走をとめよう!筑波大学(国立大学協会会長校)の大規模軍事研究の中止を求める署名にご協力を!(下記サイト参照) · Change.org
 https://cutt.ly/UyzMZAV


3.(メール転送です)原爆の図 丸木美術館
 https://marukigallery.jp/
 https://congrant.com/project/marukigallery/1587

 丸木美術館が運営に苦しんでいます。少しでも余裕のある方は寄付をよろしくお願いします。
【郵便振替口座】

口座名称:原爆の図保存基金
口座番号記号:00260‐6‐138290

※他金融機関からのお振込の場合
店名(店番):〇二九(ゼロニキユウ)店(029)
当座預金 口座番号:0138290

(関連)コロナで運営厳しく 原爆の図丸木美術館が寄付呼びかけ
 https://www.asahi.com/articles/ASN523S23N51UCVL010.html


4.生活保護問題対策全国会議 -
 http://seikatuhogotaisaku.blog.fc2.com/

(関連)コロナで生活困窮 政府などの支援策一覧をHP掲載 - 社会 - 日刊スポーツ
 https://www.nikkansports.com/general/news/202005020000316.html
(関連)「補償」めぐり報道に噛みついた厚労省、お門違いの理由(47NEWS) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00000001-yonnana-soci
(関連)コロナ「次の支援策」議論へ 国会、緊急事態宣言の延長で-共同通信-沖縄タイムス+
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/568085
(関連)数字、定義、根拠不足の新型コロナウイルス報道 「お化けの恐怖」に振り回される日本:【公式】データ・マックス NETIB-NEWS
 https://www.data-max.co.jp/article/35358
================================


この5月3日で日本国憲法が73周年を迎えました。明治以降の日本近現代史をロクすっぽ知らない人間たちが増えて、国民主権、徹底平和主義、基本的人権の尊重などの日本国憲法の原則が何もしていなくても「当たり前」に存在していて、さして大事にする必要もない、そんな感覚がこの国に蔓延しているかのようです。そんな中、世界でもまれにみる優れた憲法と言われる日本国憲法が今日まで存続し、何とかかろうじて戦後の「この国のかたち」を維持し続けてきたことは、まことに喜ばしいことであり、その意義は何度強調しても、強調し過ぎることはないでしょう。

日本国憲法
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/dl-constitution.htm

第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。


 21世紀に生きる日本人の課題は、現実にあわせて憲法を変えることではなく、憲法に合わせて現実を変えることです。それは言い換えれば、日本国憲法を大切に「守って」とっておくのではなく、私たちの様々な社会生活の中で、政治を通じて日本国憲法を「生かして」行くことに他なりません。実際問題として、今日の日本の政治・経済・社会は、戦後長く続く自民党の政治により、歪みに歪められてきました。そしてそれは、世代交代とともに一段とひどくなり、社会正義も、人間の幸福追求権も、平和で豊かな生活も、日々脅かされる事態となっています。

ロクでもない政治が、圧倒的多数の一般有権者・国民の生活や人権を踏みにじり、社会や自然環境を破壊し、国の存続を危ういものにしているのです。これにストップをかけ、オルタナティブな世界を目指す「世直し」勢力が、これからの日本をより良きものに変えていくために絶対に必要なものが日本国憲法です。これからも、しっかりと日本国憲法主義を高く掲げ、ともに協力してやっていきましょう。

【公式】平和といのちと人権を!5・3憲法集会 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=yG0pcSFR4h0
 https://www.youtube.com/watch?v=XsROrhe8LHU

*許すな!安倍改憲発議! 5.3憲法集会 国会正門前から市民スピーチを生中継 - 立憲民主党
 https://cdp-japan.jp/news/20200503_2921

*田中龍作ジャーナル - 「コロナ改憲にNO」 市民が怒りのデモ
 https://tanakaryusaku.jp/2020/05/00022881

(関連)安倍晋三首相の「2020年9条改憲施行」発言に抗議し、憲法の平和主義と立憲主義を守りぬくために全力で闘います - 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動
 http://sogakari.com/?p=2779

(関連)9条改憲阻止の会の声明 - 2020年の憲法記念日を迎えるにあたって
 http://www.labornetjp.org/news/2020/1588506420289staff01

(関連)憲法記念日メッセージ - 憲法ネット103
 https://kenponet103.com/archives/category/constitution_day_message


*世論調査結果
(1)安倍政権のもとで改憲「反対」58% 朝日新聞世論調査:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5274NXN4ZUZPS006.html
(2)改憲議論「急ぐ必要ない」72% 朝日新聞世論調査:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN5271Z3N4ZUZPS005.html
(3)内閣支持率42%、不支持率が47%と逆転…読売世論調査(読売新聞オンライン)
 https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20200413-OYT1T50143/


 <別添PDFファイル>
(1)(意見広告)憲法の意思を変えるな!(2020.5.3)
https://www.ikenkoukoku.jp/
https://www.ikenkoukoku.jp/news/700/
ダウンロード - efbc88e6848fe8a68be5ba83e5918aefbc89e686b2e6b395e381aee6848fe6809de38292e5a489e38188e3828be381aaefbc81efbc882020.5.3efbc89.pdf
(2)「コロナ禍」の憲法 守るべき人権とは(東京 2020.5.1)
ダウンロード - e3808ce382b3e383ade3838ae7a68de3808de381aee686b2e6b39520e5ae88e3828be381b9e3818de4babae6a8a9e381a8e381afefbc88e69db1e4baac202020.5.1efbc89.pdf
(3)安倍政権×憲法 問題あり、「公正・誠実」次の首相に期待(朝日 2020.5.3)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14464638.html
(4)改憲へ焦り コロナ利用、首相が初言及 野党反発(東京 2020.5.4)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202005/CK2020050402000092.html
(5)緊急権 自民前のめり(毎日 2020.5.3)
 https://mainichi.jp/articles/20200503/ddm/010/010/017000c
(6)憲法を考える、コロナ禍 市民をどう制限(朝日 2020.5.3)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14464607.html
(7)憲法記念日 新聞社説:東京、朝日、毎日(2020.5.3)
(東京)https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2020050302000128.html
(朝日)https://www.asahi.com/articles/DA3S14464589.html
(毎日)https://mainichi.jp/articles/20200503/ddm/005/070/028000c
(8)首相 コロナ禍での改憲訴え、緊急事態条項 必要性にじませる(朝日 2020.5.4)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14464788.html
(9)改憲議論「今じゃない」、コロナ禍 営業自粛の飲食店(東京 2020.5.4)
ダウンロード - e694b9e686b2e8adb0e8ab96e3808ce4bb8ae38198e38283e381aae38184e3808de38081e382b3e383ade3838ae7a68d20e596b6e6a5ade887aae7b29be381aee9a3b2e9a39fe5ba97efbc88e69db1e4baac202020.5.4efbc89.pdf


 <関連サイト>
(1)コロナ対策そっちのけで「憲法改正」を訴える安倍首相のうさんくささ 世論調査に出た「21ポイント」の意味 - PRESIDENT Online
 https://president.jp/articles/-/35164
(2)コロナ禍の改憲「不急」 前のめりの首相に党内からも異論(西日本新聞)
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/599887/
(3)安倍政権による強権を待望している市民たち(斎藤貴男 日刊ゲンダイ)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270214
(4)改憲 首相「成し遂げていく」 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6358833
(5)ついに鶴瓶が安保法制と安倍政権にNOを突きつけた!「お前なにをしとんねん!」「変な解釈絶対したらあかん」|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2015/08/post-1369.html

(6)緊急事態宣言へ 危ういのは“お上”に強制を求める思考停止 連帯が必要な時に職業差別で国民を分断する政府(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo271/msg/361.html
(7)憲法:ユーチューブやZoom駆使 護憲派と改憲派が持論展開 コロナ禍の憲法記念日[写真特集1-6]- 毎日新聞
 https://mainichi.jp/graphs/20200503/hpj/00m/040/007000g/1
(8)憲法73年、緊急事態に揺らぐ 自由と私権制限、問われる対応
 https://www.47news.jp/news/4779752.html
(9)憲法記念日に寄せて――憲法制定過程と国民主権、そして「表現の自由」(志田陽子) - 個人 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/shidayoko/20200503-00176617/
(10)憲法改正の是非を問う「国民投票」通常の選挙とはルールが全く違います!憲法記念日に知っておきたい10個のまとめ | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム
 https://go2senkyo.com/articles/2020/05/03/51685.html

(11)国民主権守るため国会監視を 上西充子法政大教授インタビュー - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1116837.html
(12)新型コロナで憲法改正論議停滞 首相公約の20年改憲、困難に - Sputnik 日本 
 https://jp.sputniknews.com/politics/202005037420012/
(13)自民党、改憲論議を「強行」緊急事態の対応巡り推進本部会合-共同通信- 沖縄タイムス+
 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/558493
(14)枝野氏、緊急事態対応に改憲不要 必要論は「事実誤認明らか」 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1117043.html  
(15)産経・FNN合同世論調査 立民の支持率急落 維新が野党トップ- 産経ニュース
 https://www.sankei.com/politics/news/200413/plt2004130008-n1.html

(16)東京新聞-成立時の理想を忘れないで 一人芝居「憲法くん」を演じ続けるコメディアン・松元ヒロさん<空気は読まない>(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050202100097.html
(17)長崎で被爆者が2mずつ離れ 「被爆地として改憲絶対許さない」 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200503/k00/00m/040/181000c
(18)首相20年改憲「実現せず残念」 ウェブ会合、決意は重ねて強調 - OVO [オーヴォ]
 https://ovo.kyodo.co.jp/covid19/a-1442289
(19)平野啓一郎氏 緊急事態条項を盛り込むことは「いかに危険か」…政権こそ変えるべき-芸能-デイリースポーツ online
 https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/03/0013317143.shtml
(20)表現の自由 緊急事態宣言を許すな - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=2SXF8XsEoPw

 <IWJ>
憲法記念日に安倍総理が櫻井よしこ氏らが主催する「5.3憲法フォーラム」に送ったビデオメッセージをIWJが全文文字おこし!コロナ禍に乗じて「緊急事態条項を議論すべき」との「偽論」に要注意! - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/473790

*日刊IWJガイド・非会員版「安倍総理が『改憲議論を進めるべき』と強調!『コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言』と『改憲草案の緊急事態条項』を同一視させるかのような『偽論』に要注意! 」2020.5.4日号 ~No.2790号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40129

*日刊IWJガイド・非会員版「安倍総理がコロナ理由に憲法『緊急事態条項』訴え!! 2020.5.3日号 ~No.2789号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40116

*日刊IWJガイド・非会員版「改憲による緊急事態条項導入で『安倍独裁』は不可避!- 2020.5.2日号 ~No.2788号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/40107


 <追1>「いちろうちゃんのブログ」より
(1)日本国憲法体制の戦後日本を大きく歪めた「2つのこと」で最後まで闘う:(1)砂川事件裁判国家賠償請求訴訟(2)元号法制化違憲訴訟 = 日本の裁判所・裁判官はその本来の機能を取り戻せるか!?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-19a8ba.html

(2)「壊憲」型アベノウィルスの増殖と直近「世論調査」の政党支持率- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-fb872e.html

(3)愚かなり、山尾志桜里の「新九条論」=すべての戦争は「自衛」を大義名分とする! 現行憲法に明記されていることすら守らないアベ自民党を相手に憲法の条文いじりをして何の意味があるのか!+ 憲法改悪関連情報- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-163e.html


 <追2>
(メール転送です)「自粛警察」という新型「自警団」は一種の「新型コロナ翼賛社会」現象(福島第1原発事故後の「安全・安心キャンペーン」と似たようなもの)=ここに天皇制が乗り出してくると一気に戦前へ一直線となります(象徴天皇制でも同じです)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前略,田中一郎です。

別添PDFファイル、および下記サイトをご覧ください。「まさか」と思っておられるかもしれませんが、ここに天皇制が乗り出してくると一気に戦前へ一直線となります(象徴天皇制でも同じです)。

「自粛警察」という新型「自警団」は一種の「新型コロナ翼賛社会」現象で、福島第1原発事故後の「安全・安心キャンペーン」と似たようなものだと私は見ています。ここから日本国憲法「壊憲」までの距離は、そう遠くないでしょう。

(関連)緊急事態下の憲法記念日 総理「条項の議論すべき」(20-05-03) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=qaCGOMLeylk

憲法に緊急事態条項を入れよ、という有権者・国民は過半数に達している様子がうかがえます。事を甘く見てはいけないと思います。しかし、処方箋は「急がば回れ」です。あくまでも多くの有権者・国民の生活や経済の問題から始めて、こうした「翼賛化」を利用する人間たちがいて、その人間たちの支配こそが、多くの有権者・国民の生活苦や経済苦をもたらしていることを伝えていく必要があります。天皇も翼賛も「自粛警察」も「自警団」も、彼らにとっては都合のいい道具だということです。

(関連)憲法に「緊急事態条項」創設に「賛成」45%、機運高まらず 全国世論調査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000055-mai-pol
(関連)狂った火事場ドロボーたちのシナリオに乗ってはいけない|斎藤貴男 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272177

(関連)(メール転送です)インフル法改正、緊急事態宣言について(山本太郎「れいわ新選組」から来たメールです:GOOD!!)-いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-826759.html


翻って、左翼・左派陣営、ないしは市民運動・社会運動の中にも、この「自粛警察」の亜種のような人たちが少なからずいます。私がつねづね申し上げている「オレさま」自称活動家、ないしは「スターリンのミニブタ」(*)たちです。「自警団」「自粛警察」よろしく、市民運動・社会運動や左翼・左派運動において(おそらくは運動のヘゲモニーを取らんと)、参加する一般市民の言論・表現や活動を事細かに取り締まっています。場合によっては、別動隊のお仲間までつくって、個人攻撃などもしているようです。しかし、左翼・左派運動はともかく、市民運動・社会運動が「ヘゲモニー争い」をしているようでは、早くも末期症状と言えるでしょう。人間集団やその行動を、統制したり、統一美で飾りたい人たちは、右翼ないしは右派の集団の方へ行けばよろしい。彼らに「統一美」を感じさせるのは、ひょっとしてナチス・ドイツ、あるいはスターリン国家ではないですか?

ファシズム・スターリニズム・全体主義は「善意」に担がれてやってくることを私たちは忘れてはいけないでしょう。

(*)スターリンのミニブタ
 ジョージ・オーウェルの小説「アニマルファーム」をもじって私がネーミングしたものです。家畜たちを暴力的に支配していたロクでもない人間たちを、その家畜たちが反乱を起こして追い払い、家畜たちのための「解放農場」が生れるものの、その後は、旧ソ連の独裁者スターリンや独裁政党ボルシェビキをモデルとされた「ブタ」たちにより「解放農場」が牛耳られるようになり、新たな家畜による家畜の支配体制が生れていくというストーリーの物語。

(関連)動物農場 - Wikipedia
 https://cutt.ly/1yxqwz2

(関連)動物農場(1)~(3)【アニメ】 - ニコニコ動画
 https://www.nicovideo.jp/watch/sm8190578
 https://www.nicovideo.jp/watch/sm8194212
 https://www.nicovideo.jp/watch/sm8194330


 <関連サイトなど>
(1)自警団社会(斎藤美奈子 東京 2020.5.6)
 https://cutt.ly/6yz49FP
(2)新型コロナ:飲食店に匿名嫌がらせ、忍び寄る「自粛警察」、識者「善意の私的制裁陰湿」(東京 2020.5.3)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050202000258.html
(3)(別添PDFファイル)自粛警察、中傷を受けた飲食店に聞く、正義の暴走、監視の「空気」(東京 2020.5.5)
ダウンロード - e887aae7b29be8ada6e5af9fe38081e6ada3e7bea9e381aee69ab4e8b5b0e38081e79ba3e8a696e381aee3808ce7a9bae6b097e3808defbc88e69db1e4baac202020.5.5efbc89.pdf
(4)切手代での召集を想起 コロナよりも怖いファシズムの萌芽(三枝成彰 日刊ゲンダイ 2020.4.25)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/272402
(5)<こちらのほうが非常事態>相互監視、言論私刑 社会全体が「隣組化」の恐ろしさ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/20/senkyo272/msg/175.html


*隣組と攻撃性 - 内田樹の研究室
 http://blog.tatsuru.com/2020/04/27_1819.html

内田樹(たつる)氏のこのコメントは傾聴に値します。でも、ここまでわかっている人が、どうして象徴天皇制に賛成したりするのでしょうか? 私の誤解かもしれません。彼の下記著書を読んでみようかと思っているところです。

(関連)街場の天皇論-内田樹/著(東洋経済新報社)
 https://cutt.ly/tyz8mMy
草々 

2020年5月 6日 (水)

れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る(1)~(3)(日刊ゲンダイ):バラマキ政策からは脱却してください

前略,田中一郎です。

●山本太郎「れいわ新選組」
 https://www.youtube.com/channel/UCgIIlSmbGB5Tn9_zzYMCuNQ/videos
 https://reiwa-shinsengumi.com/

●2020.4.30 山本太郎 代表談話「補正予算反対の理由」 - れいわ新選組
 https://reiwa-shinsengumi.com/comment/4749/

(1)【山本太郎】れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る-1-|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272796

(2)【山本太郎】れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る-2-|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272797

(3)【山本太郎】れいわ新選組・山本太郎代表の本音に迫る-3-|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272798


(関連)「この国にもう余力はない」 賃金8割支給がイギリスにできて、日本にできない理由(AERA dot.)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00000007-sasahi-soci&p=2

(関連)(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html


(田中一郎コメント)
 今般の政府補正予算案(新型コロナ対策)への反対も理解できますし、それ以前より、私は山本太郎「れいわ新選組」をずっと応援してきました。また私は、上記紹介サイトにある明石順平氏の立論(財政危機深刻状態論)を全面的に支持するものでもありません。財政危機は言われているほどひどいものではありませんし、また、これから日本を立て直していくためには、国債の発行も活用しながら(制度の抜本改正を伴う)財政政策に大黒柱を置いて取り組んでいくしか方法はありません。その意味では、私はいわゆる「反緊縮」派です。だが、しかし、です。

今般の新型コロナPANDEMICに伴う不況については、深くて長い深刻なものになる可能性が高いと見ています。そんな「大不況・大恐慌」を目前にして、乱暴な税金バラマキ政策を提唱することは、私はいたずらに必要な財源を喪失して、肝心かなめの長期大不況下における生活者・個人への支援や救済手段を失い、かつ、市場原理主義政策に毒されて歪み切った、この日本の経済体制そのものをも転換させることができないまま、事態をより一層悪化させる愚策であると考えています。

金子勝立教大学教授が言うように、「世直し」は、民主主義社会では、平和な平時では容易には進まず、過去の歴史を振り返ってみても、「世直し」が進むのは、今回のような経済や社会の激変期であると言えます。だからこそ、今回の新型コロナPANDEMICとそれに伴う日本社会や経済の激変を摑まえて、どうすればいいのかを具体的にプラグマティックに丁寧に考え抜いて、積極的な行動に出ていく必要があります。私が見たところ、既成野党・左翼勢力は、その場限りで、有権者のご機嫌取りのような、目先のことだけを考えたバラマキ政策を中途半端に提唱しているにすぎず、このままでは事態の改善どころか、次期衆院選挙で議席を大きく減らして、政治的発言力を喪失していくような気がしています。

翻って、山本太郎「れいわ新選組」ですが、打ち出されている多くの政策の中で(もちろんその多くはとてもいいのですが)、バラマキ政策がまぎれこみ、しかも新型コロナPANDEMICがひどくなるにつれて、党首・山本太郎さんのバラマキ発言の度が過ぎているように感じます。左派リフレ派へののめり込みがひどすぎます。財源は日本銀行にカネを印刷させればいい、などという発言は、私には容認できないことを強く申し上げておかなければいけないと思っています。

山本太郎「れいわ新選組」が今後日本政治の世界で大きく成長していけるかどうかは、この新型コロナPANDEMICに対して適切な政策を提示して、今日の既成与野党の体たらくに対して、きちんとした「脱出の道筋」「日本再生の処方箋」を打ち出して、有権者・国民を説得できるかどうかにかかっています。私は少し時間がかかりそうにも思いますが、山本太郎「れいわ新選組」なら「できる」と信じているのです。

左派リフレ派とは距離を置き、バラマキ政策は撤回して考え直し、財源を限りあるものとして考えて、一つ一つ丁寧に、対策・対応方法・処方箋を打ち出していただきたいと考えています。多くの方々がこれから経済的に苦しい状況となり、それだけに政府の政策や財政支援の対象先は山のように出てきます。もちろん必要となる財政支出総額も数百兆円単位になるであろうことも見込んでいます。だからこそ、それに対する処方箋は、一つ一つ丁寧に慎重に考えなければいけないのです。ベーシックインカムやヘリコプターマネーが「最悪の処方箋」であることを何度強調しても強調しすぎることはありません。「お気楽リベラル」には今回の巨大な危機を乗り越えることはできません。

このメールが山本太郎さんの目に留まり、再考を促すものになることを願っています。

(追1)4/27の新型コロナ緊急経済対策の「新ちょぼゼミ」(上記参照)の続きは5/14にやります(下記:「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」)

(予約必要)(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37f02f.html


(追2)(参考)「【苦悩】解雇の現場 暮らしも尊厳も奪われ必要な支援とは-」 - クローズアップ現代+ - NHK
 https://www.nhk.jp/p/gendai/ts/WV5PLY8R43/episode/te/QM9KQ6682X/

(関連)クローズアップ現代+「【苦悩】解雇の現場暮らしも尊厳も奪われ 必要な支援とは?」動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x7tfpfp
草々 

2020年5月 4日 (月)

青森県六ケ所村再処理工場 稼働許すまじ:大破局事故の危険性問題を棚上げにして稼働審査打ち切りの原子力「寄生」委員会・「寄生」庁=破綻した核燃料サイクル事業を早急に廃棄せよ!(三陸の海を放射能から守る岩手の会他)

前略,田中一郎です。
(最初に若干のことです)


================================
1.(5.14)オルタナティブな日本をめざして(第44回):「羽田離発着旅客機の都心低空飛行問題と東京都政」(新ちょぼゼミ:奈須りえさん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-37f02f.html

(5/14当日は、「3密」防止のため「入室制限」(先着15名様まで)を行い、換気や消毒も行って予定通り開催という方向で準備を進めています。今後のご連絡にご注目ください。なお、当日の最初の1時間弱で、「新型コロナ緊急経済対策について(その2):中小零細企業への支援政策と雇用対策」のプレゼンを主催者よりさせていただく予定です。:田中一郎)


2.(新刊書ご紹介)体育会系 日本を蝕む病-サンドラ・ヘフェリン/著(光文社新書)
 https://00m.in/4JCJD

(著者は日本とドイツのハーフの年配女性です。私を含む多くの日本人(男女とも)が日頃、強く意識しないで自然に受け入れてしまっている生活習慣やものの考え方について、この本で具体的でわかりやすい事例を使いながら丁寧に解説してもらって、それがいかに「ゆがんでいるか」「愚かな根性論・精神論に陥っているか」を悟らせていただきました。みなさまにも是非、ご一読いただきたい良書です。ちなみに、私がよく経済政策論の議論で批判をしているリフレ派=「インフレターゲット論者」(中央銀行が気合と根性を入れて目標インフレ率はコレコレだと言ってガンバレば、それが実現するという、一種のアホダラ宗教)もまた「体育会系」なのだなと、この本を読んで思いました。この本には出てきませんでしたが、私は「体育会系」の日本人には「根性モノの少年漫画」の影響も大きいのではないかと思っています。:田中一郎)(追:この本の途中で所々出てくる漫画イラストがなかなかいいです。土井ラブ平さんという方がお書きになったそうです)

(関連)イラストレーター・土井ラブ平です。
 http://love-hei.tokyo/


3.キャンペーン
(1)介護福祉士有志の会- 新型コロナウィルスに伴う介護職への早急な支援を · Change.org
 https://cutt.ly/ayjQv17

(関連)集団感染 訪問介護がうんだ休業ドミノ「想定外の影響」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASN536J6SN53UCLV00B.html

(2)九州電力 池辺和弘社長- 新型コロナウイルス感染緊急事態宣言下での玄海原発の稼働は許されません。直ちに止めて下さい。 · Change.org
 https://cutt.ly/lyjQmt3

(3)トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名 - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9089

(関連)【原子力資料情報室声明】すべての原発は今すぐ工事を中断し、稼働を停止せよ - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9085


4.(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-b3c498.html

(関連)出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html


5.日本国憲法 73年目
(1)枝野氏、緊急事態対応に改憲不要 必要論は「事実誤認明らか」 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1117043.html
(2)首相、緊急事態の憲法規定議論を 改憲派ウェブ会合にメッセージ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1117044.html
(3)安倍首相の新型コロナを利用した「憲法に緊急事態条項を」メッセージに非難殺到! 失策を棚上げ、日本会議系集会でお仲間と改憲PR|LITERA/
 https://lite-ra.com/2020/05/post-5404.html

(関連)(別添PDFファイル)(意見広告)憲法の意思を変えるな!(2020.5.3)
https://www.ikenkoukoku.jp/news/700/
ダウンロード - efbc88e6848fe8a68be5ba83e5918aefbc89e686b2e6b395e381aee6848fe6809de38292e5a489e38188e3828be381aaefbc81efbc882020.5.3efbc89.pdf


6.新型コロナPANDEMIC関連
(1)コロナで看護崩壊…院内感染リスクと長時間労働の「深刻すぎる現実」(小林美希)現代ビジネス
 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/72265
(2)「収入ほぼゼロ」苦境のフリーランス 安全網に不備、尽きぬ不安|【西日本新聞ニュース】
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/604230/
(3)渦中のユースビオ社長が「ペーパーカンパニー」疑惑に反論!「アベノマスク」生産現場の驚くべき実態〈週刊朝日〉(AERA dot.)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200503-00000001-sasahi-soci&p=1
(4)安倍首相が共産党・志位の「文化芸術の自粛補償」も立憲・枝野の「学生支援」も全部拒否、“Go Toに1兆7千億円”補正予算ゴリ押し! LITERA
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5400.html
(5)社説:コロナと資本主義 配分のゆがみ正す機会に - 毎日新聞
 https://cutt.ly/ayjQVZJ

(WTOに代表される「自由貿易体制」こそが巨大多国籍資本のやりたい放題をつくり、世界各国経済のいびつな構造や貧富の格差・階級対立の深刻化を招いているのに、この社説はそれでも「主要国は、自由貿易体制の立て直しこそ経済回復の近道であることの認識を共有すべきだ。」などと書いている。まさに「お気楽リベラル」そのものではないか。毎日(忖度腰抜)新聞には、ものごとをよ~く考えてから社説を書いていただきたいものだ。:田中一郎)


7.「いちろうちゃんのブログ」より
(1)本日(4/26)のいろいろ情報です:(1)福島の親子招く保養「3密」に該当 苦渋の自粛(2)山本太郎から見える日本(3)自民党議員らセクハラ訪問(4)コロナ緊急ささえあい基金 他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5dab52.html

(2)4つのこと:(1)コロナ注目動画(児玉龍彦、金子勝、藤井聡)(2)カジノ資本主義と株価(3)個人情報使って感染者追跡には断固反対(4)「内田樹の研究室」から 他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-a32497.html

(3)東京五輪は「五輪中」(ご臨終)にいたしましょう(1):新型コロナPANDEMICの下、電通「劇場」に乗せられて、カネ・カネ・カネの利権と土建とセキュリティ会社の祭典=単細胞パトリオティズムのバカ騒ぎ=2020年東京オリンピックを中止せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c1d624.html

(4)「税務署よいとこ一度は・・・」(帰ってきたヨッパライ=三木義一元青山学院大学長)=新型コロナばらまき現金交付にマイナンバーを使えばいいのに、なんて、ロクなことを言わない酒飲み老人- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c2cc35.html
================================


青森県六ケ所村再処理工場の稼働審査が終盤を迎えています。原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は、下記に見るように、東日本を壊滅させるような大破局事故の危険性があるにもかかわらず、青森県六ケ所村再処理工場の安全性審査を打ち切り、いよいよ再処理工場にGOサインを出そうとしています。巨大な危険性を前にして、青森県六ケ所村再処理工場にOKを出すには、都合の悪いことはみな、見ないことにする、ないことにする、起きないことにする、という、戦前の大日本帝国軍部も顔負けのゴマカシと出鱈目をやり、自分たちの責任を放棄しようとしています。以下、「三陸の海を放射能から守る岩手の会」からの情報をベースにして、簡単にご報告いたします。

 <別添PDFファイル>
(1)議論すべき論点を残したまま六ケ所再処理工場の審査終了はしないで下さい(要請)(2020.5)
 http://sanriku.my.coocan.jp/200508NRA.pdf
(2)(チラシ)再処理工場の高レベル放射性廃液はものすごく危険(2020.4)
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89e5868de587a6e79086e5b7a5e5a0b4e381aee9ab98e383ace38399e383abe694bee5b084e680a7e5bb83e6b6b2e381afe38282e381aee38199e38194e3818fe58db1e999baefbc882020.4efbc89.pdf
(3)「止めよう!再処理」天恵の海 第204号
ダウンロード - e3808ce6ada2e38281e38288e38186efbc81e5868de587a6e79086e3808de5a4a9e681b5e381aee6b5b7e38080e7acacefbc92efbc90efbc94e58fb7.pdf


 <関連サイトその1>
(1)再処理工場の高レベル放射性廃液中に臨界量以上のプルトニウム239が含有(三陸の海を放射能から守る岩手の会 2020.4)
 http://sanriku.my.coocan.jp/200402HLW_Pu.pdf
(2)寄稿 視点:使用済み燃料再処理は日本のトリチウム問題を拡大する -原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/9010
(3)とめよう!六ヶ所再処理工場 - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/knowledgeidx/rokkasho
(4)原発ものしり帖:報道されない「六ヶ所再処理工場」恐ろしい実態
 https://cutt.ly/hyjQpmh

 <関連サイトその2>
(1)「三陸の海を放射能から守る岩手の会」
 http://sanriku.my.coocan.jp/
(2)核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~genkoku/
(3)シリーズ:六ヶ所再処理のここが問題(美浜の会)
 http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/rokkasho_series.htm


今般の青森県六ケ所村再処理工場の稼働認可への動きにつきましては、私は核燃料サイクル・再処理が「軍事」と一体の関係にあると考えていて、そのため、更田豊志以下の原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は、いわば「稼働認可」のための「猿芝居人形」にさせられている、と見ています。要するに、彼らには、再処理に「NO」を言うだけの「実質的な権限」がなく、工場稼働の「引き延ばし戦術」もいよいよ限界に来たということなのだろうということではないかと思っています。誰かが更田豊志に対して「そろそろだ!」と水面下で圧力をかけたのではないかと推察しています。

(関連)更田豊志 原子力「寄生」委員長
 https://twitter.com/setukotokoutaro/status/969517434741784582

(原発事業にのめり込んで破綻した名門企業の東芝の社長や東京電力の取締役を歴任した石坂泰三を祖父にもつ、かような代表的ともいえる原子力ムラ住民を、福島第1原発事故後に発足した原子力「寄生」委員会の委員にしたのは当時の民主党政権(野田佳彦内閣)であり、更にその更田豊志を原子力「寄生」委員会の委員長にしたのはアベ政権だ。まさにロクでもない与野党による合作とも言っていい原子力・核のエセ規制体制が続いている。かような人物が、まともに原発・核燃料サイクル施設の安全審査など、できるはずもないことは、その履歴を見ただけで自明ではないか。また、核燃料サイクル施設の安全審査の原子力「寄生」委員会実務責任者は、なんと原子力ムラでも悪名高き田中知(再処理事業推進のリーダー格)であるから、益々、かような安全審査は茶番という他ない。

ただ、アメリカは基本的に核拡散防止の観点から自国以外の再処理には反対で、それはトランプ政権になってから、少し曖昧になっていて、そのすきを狙って、何者かが「急げ」と言ったのではないかと私は推察しています。いずれにせよ、再処理やウラン濃縮などは、日本がやめる気になればやめることができ、かつ、アメリカはそれについて、基本的には歓迎のはずです。(アメリカにとっては、日本が再処理事業をやめれば韓国やイランや北朝鮮などの再処理指向も抑える理屈が出来ます。これらの国の「再処理やらせろ」の大きな理由の一つに「日本もやっているではないか」というのがあるのです)

いずれにせよ、原子力「寄生」委員会・「寄生」庁や経済産業省の内部事情がどうであれ、青森県六ケ所村再処理工場の稼働をかようないい加減な安全審査でGOサインを出すことについては断固として容認するわけにはいきませんし、万が一動き出せば、使い道のないプルトニウムがどんどん増産され、その工場操業自体がとてつもない危険と膨大な量の放射能垂れ流し(原発1基分の1年間の放出放射能をわずか1日で海と大気中に放出)によって継続され、そして後に残る高レベル放射性廃液が、東日本どころか東アジア全体をも破局に陥れるくらいの巨大な危険性を伴いながら放置されることになります。

下記は最近の新聞報道です。北海道や下北半島、そして三陸沖や福島・茨城沖は巨大地震・津波の可能性が高まっています。それでも原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は、上記のようないい加減な安全審査をもって青森県六ケ所村再処理工場の稼働審査を終了しようとしているのです。まさに「責任からの逃避」そのものと言わざるを得ません。

東京新聞-北海道、岩手に30mの津波想定 「切迫した状況」と有識者会議-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042101001374.html

*岩手、北海道で津波最大30メートル 日本海溝・千島海溝地震 内閣府想定 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20200421/k00/00m/040/044000c


(上記に対して、東通村に原発を構える東北電力、これから新設しようとしている東京電力は、下記のようなインチキをやり、原子力「寄生」委員会・「寄生」庁と同じようなことをしようとしています。原子力ムラは戦前・大日本帝国における昭和軍閥と同じで、不都合を無視して、見ないことにして、むちゃな猪突猛進をして自滅していく、第二の事例集団と言えるでしょう。やめさせなければ、私たちもまた、彼らと道連れとなります。:田中一郎)

*東京新聞-「20メートルの津波」論文除外 内閣府 東通原発近くの砂丘-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042702000219.html

*東京新聞-内閣府が津波20m痕跡論文除外 専門家は批判、東通原発周辺砂丘-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020042601001297.html


(再処理に関しては、下記のブログも参考にしていただければ幸いです)
「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(110):(1)日本を破滅させる再処理工場大事故(2)チェルノブイリの森林火災は他人ごとではない(3)原子炉(高温ガス炉)由来水素がクリーン??? 他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-04d11d.html

もはや原発・原子力・核燃料サイクルは、何の合理性も、安全性も、経済性も、正当性も、民主性も喪失し、末期症状を呈しながらも「政治の力」だけで強引に推し進められています。これに終止符を打つにはホンモノの政権交代=アベ政権・自公政治の一掃を有権者・国民が行うしかありません。急がなければ、福島第1原発事故どころではない、今度こそ日本が永久の破滅=放射能汚染地獄に突き落とされることになるでしょう。
草々

2020年5月 3日 (日)

(報告)(4.27)新型コロナに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(「新ちょぼゼミ」)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


さる4/27(月)、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、少人数の参加でしたが、下記の「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。参加いただきました市民のみなさまには心より感謝申し上げます。以下、当日の録画やレジメ・関連資料などを添付して簡単にご報告申し上げます。なお、新型コロナに対する緊急経済対策、及びそれにつなげての次期衆議院選挙における「市民と野党の共闘」の経済政策につきましては、今後とも詳しくその在り方についてのプレゼンを続けてまいります。次回の第2回目は「新型コロナ緊急経済対策:中小零細企業への支援政策と雇用対策」です。今後とも、ご注目をお願い申し上げます。


(当日録画)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(2020年4月27日) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=Zffny0BmkOQ&feature=youtu.be
 https://www.youtube.com/watch?v=Zffny0BmkOQ&feature=youtu.be

(関連)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html

(当日は時間的な制約があり、ご説明が舌足らずになっている他、私のスライドショウの使い方が稚拙で、録画画面のかなりの部分が事実上「声だけ」になっています。大変申し訳なく思っておりまして、次回以降、十分に気をつけたいと思います。その「舌足らず」の部分を補って、上記サイトの「いちろうちゃんのブログ」(その6)に、今回の「新ちょぼゼミ」の内容を活字にして掲載した他、下記に関連資料として当日のレジメに加えて、いくつかの情報を追加しておきました。録画をご覧になる場合は、下記のレジメを見ながら見ていただくとわかりやすいと思いますし、併せて追加資料にも目を通していただければ幸いと考えています。何卒よろしくお願い申し上げます。:田中一郎)

 <当日レジメ:別添PDFファイル他>
(1)(レジメ1)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策について(1):個人の生活補償(2020年4月27日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc91efbc89e696b0e59e8be382b3e383ade3838ae7b78ae680a5e7b58ce6b888e5afbee7ad96efbc88efbc91efbc89e5808be4babae381aee7949fe6b4bbe8a39ce5849fefbc882020.4.27efbc89.pdf
(2)(レジメ2)バラマキ政策の根拠となったアメリカ生まれの「納税者反乱論」(2020年4月27日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc92efbc89e38390e383a9e3839ee382ade694bfe7ad96e381aee6a0b9e68ba020e7b1b3e7949fe381bee3828ce381aee3808ce7b48de7a88ee88085e58f8de4b9b1e8ab96e3808defbc882020.4.27efbc89.pdf
(3)(レジメ3)(パンフ)権利性が明確な「生活保障法」の制定を!
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/190520_seikatsu_hosyo.pdf
(4)(レジメ4)新型コロナ:問題だらけ緊急経済対策、生活保護、マイナンバー(2020.4.27)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc94efbc89e5958fe9a18ce381a0e38289e38191e7b78ae680a5e7b58ce6b888e5afbee7ad96e38081e7949fe6b4bbe4bf9de8adb7e38081e3839ee382a4e3838ae383b3e38390e383bcefbc882020.4.27efbc89.pdf
(5)(レジメ5)病床逼迫 政策の「ツケ」、市場原理優先80年代から、遠隔地介護、学生の困窮(2020.4.27)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc95efbc89e79785e5ba8ae980bce8bfab20e694bfe7ad96e381aee3808ce38384e382b1e3808de38081e981a0e99a94e59cb0e4bb8be8adb7e38081e5ada6e7949fe381aee59bb0e7aaaeefbc882020.4.27efbc89.pdf


 <追加資料:別添PDFファイル>
(1)10万円給付 自己申告制 補正予算案8.8兆円増額、歳出25兆円 閣議決定(東京 2020.4.21)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020042102000120.html
(2)新型コロナ:民間病院6月危機「資金底つく」(東京 2020.4.24他)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042402000166.html
(3)住居確保に制度活用を(宮本太郎中央大教授 毎日 2020.4.18)
 https://mainichi.jp/articles/20200418/ddm/008/070/104000c
(4)4000人どこへ行けば、ネットカフェ休業相次ぐ、路上生活者増える恐れ(東京 2020.4.9)
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040900685&g=soc
(5)米大統領選2020:保守派、トランプ氏に圧力、政府支援、膨張に不満(日経 2020.4.18)
 https://r.nikkei.com/article/DGKKZO58225170X10C20A4FF8000?s=4
(6)休業補償、家賃猶予、医療支援、野党 補正審議で要求へ(毎日 2020.4.24)
 https://mainichi.jp/articles/20200424/ddm/005/040/057000c


 (田中一郎コメント)
 私から申し上げたかったとことのポイントは次のようなことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本は、収入や所得を失って経済的に困窮する個々人(自然人)が追い込まれて自殺などしないように、真っ先に人間の救済を「必要な方に必要なだけ現金給付」(生活保障)することで万全を期すこと=そのことが最優先であること、

(2)新型コロナPANDEMICが長期化し、コロナ不況は「深くて長い」ことが予想されるため、財源の限りあることを鑑みれば(今後は景気の落ち込みと共に税収が激減する可能性大)、バラマキ政策はやめて、制度化や体制整備を伴いながら丁寧な対処・対策を行っていくこと、

(3)その際、今般の新型コロナPANDEMICが表面化させた日本経済や社会の欠陥・欠点・不十分・理不尽・矛盾・諸問題などを解決しながら進むこと(緊急対応と中長期対応を峻別して適切に対処)、

(4)有限責任法人の中小零細企業への支援は(フリーランスや個人事業主は「個人」(無限責任の自然人)として救済・支援)、現金の直接交付は極力避け(わずかばかりの金額を1回きりでもらっても役に立たないこと、全ての法人に十分な支援をするには天文学的な金額が必要となり不可能であることに加え、事業展開におけるモラルハザードや不正受給を防止するため)、①様々な債務の期限延期(税、社会保険料、水光熱費、金融機関借入、手形・小切手、家賃・地代他)と、延期対応する側へのバックファイナンス(及びその支援)、②無利息超長期の貸出金(及びその「つなぎ資金」)、③雇用維持のための十分な金額の補助金(拡充された「雇用調整助成金」)を悉皆的に交付、の3本柱で実施すべきであること。併せて、失業保険制度の大幅拡充や公的機関による大胆な正規職員雇用の拡大なども必要。

(5)やってはいけなことは、①バラマキ、②私物化・利権化・贈収賄などの汚職、③選挙目当ての「ご機嫌取り政策」(場当たり対応)、④対策遅延、などですが、私が見るところ、既成の与野党は、やってはいけないことを「してしまっている」ので大問題であること。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <追加資料:別添PDFファイルについての簡単なコメント>
(1)10万円給付 自己申告制 補正予算案8.8兆円増額、歳出25兆円 閣議決定(東京 2020.4.21)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020042102000120.html

(アベ政権による修正後の(第一次)緊急経済対策の概要です)

(2)新型コロナ:民間病院6月危機「資金底つく」(東京 2020.4.24他)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042402000166.html

(アベ政権の医療機関・医療関係者への支援があまりに貧弱すぎます。加えて機関病院の統廃合や公立病院の独法化の方針は変えないという背信)

(関連)安倍首相がコロナ医療危機を無視し「病院のベッド数削減」政策の維持を宣言! しかも削減するため予算644億円を投入|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5401.html

(関連)コロナ下で医療崩壊危機を高める「都立病院の独法化」は必要なのか - DOL特別レポート - ダイヤモンド・オンライン
 https://diamond.jp/articles/-/235969

(3)住居確保に制度活用を(宮本太郎中央大教授 毎日 2020.4.18)
 https://mainichi.jp/articles/20200418/ddm/008/070/104000c

(1つの事例ですが、こうしたきめ細かな制度を丁寧に用意していくことが大事。この制度も必ずしも使い勝手がよくないので早急に制度改正が必要)

(4)4000人どこへ行けば、ネットカフェ休業相次ぐ、路上生活者増える恐れ(東京 2020.4.9)
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040900685&g=soc

(すべての日本国民は「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」ことが基本中の基本です)

(5)米大統領選2020:保守派、トランプ氏に圧力、政府支援、膨張に不満(日経 2020.4.18)
 https://r.nikkei.com/article/DGKKZO58225170X10C20A4FF8000?s=4

(トランプ政権は250兆円を超える巨額緊急対策予算の議会承認を得ましたが、早くも保守派からは財政破たん懸念を理由に「やめろ!」の声が出ています。このことはバラマキを続けた場合の日本の近未来を予測させるものと見ておくべきです。10~30万円の1人当たり少額現金をバラマキしても政策効果はほとんどありません。すぐに追加対策が必要となってしまいます)

(6)休業補償、家賃猶予、医療支援、野党 補正審議で要求へ(毎日 2020.4.24)
 https://mainichi.jp/articles/20200424/ddm/005/040/057000c

(全野党とも、最も肝心な個人への「生活保障」の文字はどこにも見当たりません。新型コロナPANDEMICを一過性だとでも思っているのでしょうか?)


 <関連サイト>
 下記は、今回の新型コロナPANDEMICにより、さまざまなところに政府や自治体などの政策支援・行政対応が求められるということを伝える報道をピックアップしたものです。「失われた30年」をもたらした市場原理主義政策の必然的結果です。おそらくきちんとやれば、行政側の体制整備なども含めて、100~200兆円を超える金額の財源が必要となってきます。10万円の国民全員への一律配布など、愚かなバラマキ政策をしている余裕などないのです。(ご紹介したい報道は山のようにありますが下記はその一部)

(1)給食なし苦しい低所得世帯、子のお昼分 母は夕飯抜き4キロやせた(朝日 2020.4.22)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14450897.html
(2)コロナ緊急事態:「一人親方」苦悩、ゼネコン下請け「予定真っ白、補償あるのか」(東京 2020.4.16夕刊)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041690135201.html
(3)デイサービス260事業所休業、7都府県調査 大手が「自主的判断」(東京 2020.4.17)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020041601002054.html
(4)「ヘルパー派遣 続けて」、新型コロナ 障害者団体が危機感(東京 2020.4.16)
 https://mainichi.jp/articles/20200417/k00/00m/040/066000c
(5)3割の市区 保育所休園、緊急事態7都府県「自粛要請では利用減らず」(毎日 2020.4.16夕刊)
 https://mainichi.jp/articles/20200416/dde/007/040/021000c

(6)PCR検査が受けられない、実録 保健所の対応と、たらいまわしの恐怖(日刊ゲンダイ 2020.4.24)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/272321
(7)ネットカフェを追われて、都はホテルなど無償提供(朝日 2020.4.12)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14439374.html
(8)介護と私たち 変わる家族:綱渡りの息子介護 脅かすコロナ(朝日 2020.4.12)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14439350.html
(9)子育て給付金手続き不要、政府方針 1万円支給、6月にも(東京 2020.4.21)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202004/CK2020042102000145.html
(10)「コロナ切り」外国人直撃、収入ゼロ、不安も尽きず(東京 2020.4.20)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2020042002000146.html

(11)新型コロナ:シングルマザー困窮 NPO調査 200人回答(東京 2020.4.14)
 https://sukusuku.tokyo-np.co.jp/life/29908/
(12)新型コロナ:解雇・雇い止め急増(東京 2020.4.10)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/202004/CK2020041002000141.html
(13)新型コロナ緊急事態:保健所ひっ迫 もう限界、毎日深夜残業 休みほぼゼロ(毎日 2020.4.20)
 https://mainichi.jp/articles/20200420/ddm/041/040/086000c
(14)内定取り消し「人生どん底」、厳しさ増す就活 不安(毎日 2020.4.13)
 https://mainichi.jp/articles/20200413/dde/007/040/036000c
(15)避難所「3密」の回避急務(日経 2020.4.14)
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57990770T10C20A4CC1000/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(まだたくさんありますが、この辺でやめておきます)


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html

 (経済政策については、このサイトの下の方をご覧ください)
草々


 <追>「いちろうちゃんのブログ」より
 昨今の新型コロナPANDEMIC関連のサイトを並べておきますので、ご参考になれば幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html

(2)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その5):与野党は巨額税金バラマキ合戦ではなく、病院や保健所などを含むセイフティネット強化に総力を挙げて取り組め- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-52c7ad.html

(3)(報告)(3.31)新ちょぼゼミ 「次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と当面する緊急経済対策について(その4)」& 中野剛志さん「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」について(最終回)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1874ee.html

(4)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その3):新型コロナPANDEMICに対応できない日本の医療・公衆衛生は長きにわたる市場原理主義政策の必然的結果だ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5c871a.html

(5)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その2):新型コロナウィルスPANDEMICによる景気停滞に対する緊急経済対策について- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9167d6.html

(6)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その1):「消費税5%への減税」を軸にして野党が結束、オルタナティブな政治・政権を打ち出せ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-67f50f.html

・・・・・・・・・・・・・
(7)4つのこと:(1)コロナ注目動画(児玉龍彦、金子勝、藤井聡)(2)カジノ資本主義と株価(3)個人情報使って感染者追跡には断固反対(4)「内田樹の研究室」から 他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-a32497.html

(8)スキャンダル化する「アベノマスク」と、新型コロナウィルスと共に感染が拡大する悪性「アベノウィルス」:お粗末私物化政治とお笑いファシズムへの道=問題政治家に全権を委任せよと声を上げることの危険性と愚かさ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-3ae61c.html

(9)出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html

(10)東京五輪は「五輪中」(ご臨終)にいたしましょう(1):新型コロナPANDEMICの下、電通「劇場」に乗せられて、カネ・カネ・カネの利権と土建とセキュリティ会社の祭典=単細胞パトリオティズムのバカ騒ぎ=2020年東京オリンピックを中止せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c1d624.html

(11)(VTR)新型コロナPANDEMICとアベ政権で没落を加速する日本:児玉龍彦、金子勝、山本太郎、志位和夫(立民・社民の直近VTRはユーチューブに発見できず)=わずか10万円のバラマキ政策を喜んでいてどうするのか!?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-385afc.html

(12)本日(4/19)のいろいろ情報です:新型コロナ騒動の陰で進められるアベ政権の反国民的出鱈目政策=監視と異議申し立てを続けましょう、そしてオルタナティブな日本を高く掲げて「一気に世直し」です(その1)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-424fee.html

(13)(他のMLでの議論です)新型コロナPANDEMIC:今回の騒動を受けての市民運動・社会運動の役割は何か=福島第1原発事故並みの深刻な社会問題・経済問題に発展しそうな気配に対して「オルタナティブ」を提示せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b495a6.html

(14)新型コロナへの対応失敗の結果(人災)としての緊急事態宣言と、医療・公衆衛生の拡充整備計画や社会保障などのセイフティネット制度抜本改正が伴わない「その場しのぎ」の対症療法的施策を徹底批判せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1a8f30.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以 上 

2020年5月 2日 (土)

脱原発脱被曝バック・ナンバー(45)(抜粋)(2020年3月~4月)

1.化石燃料大量消費と地球温暖化問題を巡る議論について:地球温暖化についての見解の相違で脱原発勢力が対立するのは愚かです + 新型コロナ続報など- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-adbb3c.html


2.日本の大学は腐っている(3):科学者と軍事研究(池内了:岩波新書から)+ 地球温暖化と石炭火力に関する議論について(続報:最近の日経記事他)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-c21b05.html


3.(報告)(3.16)古川元晴弁護士講演「東電元幹部の刑事責任ー無罪のままでは済まされない:危惧感説(合理的危険説)で考えてみよう」+ 転載・拡散のお願い=森下俊三氏のNHK経営委員辞任を求める署名- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-ff8c9b.html


4.関西電力ブラック(マネー)アウト(その6):第三者委員会報告が明らかにした新たな関西電力の腐りきった振る舞い=この会社からは原発運転免許をはく奪し、司直の手を入れて、その出鱈目の全貌を明らかにせよ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-37e155.html


5.(報告)(3.4)「子ども脱被ばく裁判」傍聴記(2)山下俊一長崎大学教授証人尋問:福島原発事故後の言動の非科学性と誤りを認めたものの口先だけ、放射線被曝の危険性をゴマカス姿勢に変化なし- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-f40763.html


6.「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(110):(1)日本を破滅させる再処理工場大事故(2)チェルノブイリの森林火災は他人ごとではない(3)原子炉(高温ガス炉)由来水素がクリーン??? 他- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-04d11d.html


7.(報告)(4.27)オルタナティブな日本をめざして(第43回):「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)」(上岡直見さん)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/05/post-85fdd6.html



 (その他)
松尾匡立命館大学教授の京都市長選挙(2020年2月)総括について- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-396a0e.html


*(報告)シンポジウム「AIとゲノム編集・ビッグデータを考える」(2020年2月16日:江戸東京博物館)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-805218.html


*本日(3/8)のいろいろ情報:モリカケサクラ、ヤジコロナ(斎藤美奈子)⇒ アホを首相にし、無能なゴロツキどもを国会議員に選ぶ国の断末魔=どえらい不況が目前か!?- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-7d418f.html


*コロコロ変わるコロコロコロナ・ウィルスパニックは人災だ:病原体はコロナよりも「首相官邸アベ・ウィルス」や「国会自民公明維新ビールス」の方が悪性度が高い=一刻も早く駆除・除染が必要だ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-2d4991.html


*(メール転送です)インフル法改正、緊急事態宣言について(山本太郎「れいわ新選組」から来たメールです:GOOD!!)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-826759.html


*コロナPANDEMICの経済対策とベーシックインカムについて(まだ「BI」だなどという人たちがいる!) 世界の株価が暴落を始めた! いよいよ待ったなしの危機に突入か!?- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-0025d3.html


*市場原理主義政策の行き着く先は「コロコロコロナショックによる日本経済の崩壊」=コロナでイチコロナだった「アホノミクス」、それでもまだ「不十分」だとして更なる「アホ」と「バラマキ」へ走るアベ政権- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-ad4c1b.html


*次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その1):「消費税5%への減税」を軸にして野党が結束、オルタナティブな政治・政権を打ち出せ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-67f50f.html


*次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その2):新型コロナウィルスPANDEMICによる景気停滞に対する緊急経済対策について- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9167d6.html


*(3/20封切)映画『三島由紀夫 vs 東大全共闘 50年目の真実』見聞録:人間・三島由紀夫は魅力的だが、その思想は危険極まりなし=対抗思想は「ちょぼちょぼ市民」論(故小田実氏)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-41e5c6.html


*本日(3/31)のいろいろ情報:(1)国会で虚偽答弁の更田豊志原子力「寄生」委員長(2)コロナ対応の脆弱=保健所削減が追い討ち(3)IOC宛てオリンピック中止要請(4)「サル化する世界」 他- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-fe65f7.html


*【竹信三恵子さんの信じられないホントの話】 労組破壊:「関西生コン事件」とは何か=ここまで来ている「異議申し立て」「労働運動」への権力弾圧と「治安維持法再体制」前夜- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-d369f0.html


*次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その3):新型コロナPANDEMICに対応できない日本の医療・公衆衛生は長きにわたる市場原理主義政策の必然的結果だ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5c871a.html


*(報告)(3.31)新ちょぼゼミ 「次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と当面する緊急経済対策について(その4)」& 中野剛志さん「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」について(最終回)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1874ee.html


*新型コロナへの対応失敗の結果(人災)としての緊急事態宣言と、医療・公衆衛生の拡充整備計画や社会保障などのセイフティネット制度抜本改正が伴わない「その場しのぎ」の対症療法的施策を徹底批判せよ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1a8f30.html


*新型コロナ:企業向けの緊急経済対策について(素案メモ)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-99d42b.html


*(他のMLでの議論です)新型コロナPANDEMIC:今回の騒動を受けての市民運動・社会運動の役割は何か=福島第1原発事故並みの深刻な社会問題・経済問題に発展しそうな気配に対して「オルタナティブ」を提示せよ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b495a6.html


*日本国憲法無視・人権踏みにじりの「現代の悪代官所」=日本の司法・裁判所(その1):異常な刑事司法(警察・検察・裁判所)が罪なき人々を地獄へ突き落す大量の「冤罪」を生み出す(湖東記念病院事件再審他)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5636b3.html


*次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その5):与野党は巨額税金バラマキ合戦ではなく、病院や保健所などを含むセイフティネット強化に総力を挙げて取り組め- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-52c7ad.html


*「壊憲」型アベノウィルスの増殖と直近「世論調査」の政党支持率- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-fb872e.html


*3つあります:(1)滋賀県警、質問を拒否、記者会見 元看護助手再審無罪(2)(目黒区長選)選挙ポスターで「共産の手から守ります」はアリなのか?(相澤冬樹) (3)リニア新幹線のデタラメ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-43dbe1.html


*本日(4/19)のいろいろ情報です:新型コロナ騒動の陰で進められるアベ政権の反国民的出鱈目政策=監視と異議申し立てを続けましょう、そしてオルタナティブな日本を高く掲げて「一気に世直し」です(その1)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-424fee.html


*(VTR)新型コロナPANDEMICとアベ政権で没落を加速する日本:児玉龍彦、金子勝、山本太郎、志位和夫(立民・社民の直近VTRはユーチューブに発見できず)=わずか10万円のバラマキ政策を喜んでいてどうするのか!?- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-385afc.html


*「税務署よいとこ一度は・・・」(帰ってきたヨッパライ=三木義一元青山学院大学長)=新型コロナばらまき現金交付にマイナンバーを使えばいいのに、なんて、ロクなことを言わない酒飲み老人- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c2cc35.html


*東京五輪は「五輪中」(ご臨終)にいたしましょう(1):新型コロナPANDEMICの下、電通「劇場」に乗せられて、カネ・カネ・カネの利権と土建とセキュリティ会社の祭典=単細胞パトリオティズムのバカ騒ぎ=2020年東京オリンピックを中止せよ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c1d624.html


*本日(4/26)のいろいろ情報です:(1)福島の親子招く保養「3密」に該当 苦渋の自粛(2)山本太郎から見える日本(3)自民党議員らセクハラ訪問(4)コロナ緊急ささえあい基金 他- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5dab52.html


*次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html


*出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html


*スキャンダル化する「アベノマスク」と、新型コロナウィルスと共に感染が拡大する悪性「アベノウィルス」:お粗末私物化政治とお笑いファシズムへの道=問題政治家に全権を委任せよと声を上げることの危険性と愚かさ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-3ae61c.html
以 上 

 

 

4つのこと:(1)コロナ注目動画(児玉龍彦、金子勝、藤井聡)(2)カジノ資本主義と株価(3)個人情報使って感染者追跡には断固反対(4)「内田樹の研究室」から 他

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(別添PDFファイル)(チラシ)#Remenber 04.28:4月28日は何の日か知っていますか?
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc83remenber2004.28efbc9a4e69c8828e697a5e381afe4bd95e381aee697a5e3818be79fa5e381a3e381a6e38184e381bee38199e3818befbc9f.pdf


2.キャンペーン
(1)茨城県知事大井川和彦様- 東海第二原発の再稼働のための工事は直ちに中止を · Change.org
 https://cutt.ly/VyhFMRC
(2)キャンペーンについてのお知らせ【まだやるか?】舞鶴市長がパーム油発電の事業推進を表明しました · Change.org
 https://cutt.ly/kyhFM8b
(3)(別添PDFファイル)「トリチウム汚染水の海洋放出に反対する署名」用紙(2020.4)
 https://cnic.jp/9089
(4)(別添PDFファイル)コロナ感染拡大対策に関する関西電力への緊急申し入れ(若狭連帯行動ネットワーク 2020.4.27)
http://www.labornetjp.org/news/2020/1588324386361staff01
ダウンロード - e382b3e383ade3838ae6849fe69f93e68ba1e5a4a7e5afbee7ad96e381abe996a2e38199e3828be996a2e8a5bfe99bbbe58a9be381b8e381aee7b78ae680a5e794b3e38197e585a5e3828c.pdf


3.とんとんとんからりんと隣組 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=rBh4wUrjltM
 https://www.youtube.com/watch?v=ogRlSePDen8

(大日本帝国のテーマソングとも言うべき、こんなものが再びよみがえりつつあるようだ。新型コロナPANDEMICは、この国が克服できていなかったさまざまな社会的ビョーキを表面化させつつあり、その行き着く先は「戦前の日本を取り戻す」(安倍晋三)ということになる。:田中一郎)

(関連)現代ファシストの肖像「(戦前の)日本を取り戻す:戦争への道」
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/files/facist_1_senzen.pdf


4.バリバラ:「バリバラ桜を見る会ーバリアフリーと多様性の宴 第2部」
 https://tver.jp/corner/f0050760

(関連)NHKの障害者バラエティ『バリバラ』に伊藤詩織さんが出演! ヘイトに声を上げた水原希子を称賛、コロナに乗じた差別に警鐘!|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5390.html

(関連)伊藤詩織さんも出演NHK『バリバラ』の再放送が突如、差し替え! ネトウヨや自民党・小野田議員が抗議、官邸からの圧力説も|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5394.html

(関連)TVer(ティーバー)民放公式テレビポータル - 無料で動画見放題 - Google Play のアプリ
 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hamitv.hamiand1&hl=ja


5.川勝知事、リニア問題でJR社長発言批判 流域10市町と抗議へ(@S[アットエス] by 静岡新聞SBS) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00000011-at_s-l22

(関連)JR東海社長の発言“不適切”県など抗議文提出へ(静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00010012-sbsv-l22

(川勝平太静岡県知事さん、頑張ってください。南アルプスの美しい自然や、大切な大井川の流れを守ってください。みんなで応援しています。キングギドラ・リニア新幹線などいりません。下劣国土交通省や悪徳会社JR東海には非難の嵐を!!:田中一郎)


6.「企業でなく市民に資金提供を」NY州知事 政府批判
 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000182952.html

(この知事さん、なかなかいいですね。この発言、そのまま日本の与野党政治家どもに聞かせてやりたいです。休業補償だの、企業や事業を守るだの、そんなことの前に、日ごろ低賃金劣悪労働条件で働かされて貯金もほとんどなく、新型コロナで非正規切りで職を失ってしまった方々に対して、何故、真っ先に国はその生活と生存の保障をしますから安心してください、という政策を展開しないのか!? 既成野党のバラマキ団子4兄弟もそうで、1人10万円のバラマキなんぞやっとる時か! そんな「はした金」もらったって役に立たないのだよ。このままでは新型コロナウィルスにやられなくても、失業と貧困により、死を余儀なくされる人たちが出てきてしまう。何とかしろ! ボンクラの政治家どもよ! :田中一郎)

(関連)「妻が手に負えない」老老介護に疲れた夫が残した言葉:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASM4D74CMM4DOIPE01K.html

(関連)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html

(関連)出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html


7.れいわ山本氏、改めて不出馬示唆 都知事選「小池氏への対抗困難」(共同通信)-Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-00000196-kyodonews-pol


8.(別添PDFファイル)日立金属が検査不正、車部品の特殊鋼・磁石、「10年以上か」会長謝罪(朝日 2020.4.28)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14458459.html

(またか! この会社もずーっとインチキをやっていたようだ。かつての「技術立国・ニッポン」は、いまや「インチキ技術立国・ニッポン」に変わり果てている。日本の大半の大企業群は、いまや「ハリボテ」の名門企業だということを心得ておくべきであろう。技術においても、経営においても、ステークホルダーへの配慮についても、地域や社会への貢献についても、コンプライアンスについても、先進国中ではサイテーレベルに落ちている。日本の不幸は、こうした腐り始めた会社の上に、事なかれ主義のボンクラ経営者どもが世渡り上手だけで君臨していることである。:田中一郎)
================================


昨今の情報から、いくつか重要情報を選んでお送りいたします。

 <別添PDFファイル>
(1)コロナの時代に、「信じる」より疑え(佐高信 毎日 2020.4.24夕刊)
(2)責任のアウトソーシング(中島岳志『週刊金曜日 2020.5.1』)
(3)「監視VS個人情報」の誤解(曽我部真裕 朝日 2020.4.30)
(4)感染を追跡するアプリ、何ができるの?(朝日 2020.4.25)
(5)接触計測アプリ、今月から活用(日経 2020.5.1)
(6)政府の足引っ張らず、尻をたたく:国民 玉木代表 提案次々(朝日 2020.4.30)


1.このお二人、いいね、いいね
(1)(別添PDFファイル)コロナの時代に、「信じる」より疑え(佐高信 毎日 2020.4.24夕刊)
https://mainichi.jp/articles/20200424/dde/012/040/021000c?cx_fm=maildigital&cx_ml=article

(2)(別添PDFファイル)責任のアウトソーシング(中島岳志『週刊金曜日 2020.5.1』)
ダウンロード - e8b2ace4bbbbe381aee382a2e382a6e38388e382bde383bce382b7e383b3e382b0efbc88e4b8ade5b3b6e5b2b3e5bf97e3808ee980b1e5888ae98791e69b9ce697a5202020.5.1e3808fefbc89.pdf

(佐高信さん、全くおっしゃる通り、安倍晋三やそのトリマキトカゲたちに、もたれかかって楽しようなんて、そんな愚かなことは考える方がどうかしている。日本の多くの有権者・国民は、戦後70年以上にわたり、政治に騙され裏切り続けられてきた。それを十分に認識して新型コロナPANDEMICに対処しなければ、こんどこそトンデモ国家になること必定。他方、中島岳志さん、日ごろは私とは意見が合わないことが多いですが、しかし、この『週刊金曜日』のレポートはすばらしい。私が新型コロナPANDEMIC発覚以降、何度も何度も繰り返し申し上げてきたことを、ずっとずっと美しい言葉で、ずっとずっと説得的に書かれています。みなさまも是非、ご一読ください。それと、『週刊金曜日』の定期購読もお願い申し上げます。:田中一郎)

(関連)WHO、緊急事態宣言を継続 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6358733

(関連)「緊急事態宣言」延長は国民のせいか 経済的補償なく進んだ政権の責任は(47NEWS) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200502-00000001-yonnana-soci

(↑ これも「もっともらしく」書かれてはいるが、財源に限りがある中で、どうしたら自殺者を出さずに、長期対応で新型コロナPANDEMICを乗り越えていけるのかを十分に考えていなさそうな、謬論の一種である。ただ、アベ政権の無責任批判のところは「その通り」:田中一郎)


2.新型コロナPANDEMIC 必見! 2つの録画
(1)【緊急事態宣言・出口戦略編】京都大学レジリエンス実践ユニット 新型コロナウイルス対策 Part4(解説:藤井聡ユニット長) - YouTube
 https://cutt.ly/6yhGfld

(2)新型コロナの真実~長期戦を闘うために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200428 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=biRtZzoM9NA&t=15s

 <私の感想>
 上記(1)の新型コロナPANDEMIC対応は、少し物足りなく怖いなという感じ。出口戦略というか、長期化する可能性がある新型コロナPANDEMICについて、こうした日常的な予防対処を詳しく説明していただいているのは、大変ありがたいと思う。自分たちは何もしないで自粛強要一色の説教を垂れているだけの「専門バカ会議」よりははるかにいいと思う。しかし、やはり本筋は、PCR検査体制を病院とは切り離して早く作って(大勢の人を検査することと、院内感染や医療従事者の感染の防止が最大の目的)、更に病院を感染症対応病院と一般疾患対応病院に区分して、PCR検査での結果を見ながら患者さんを振り分け、陽性の人はホテルなどの隔離施設に入ってもらって、しっかりとケアしていく、病院は重症患者を優先に対応、そんな仕組みが必要ではないか。少なくともPCR検査は保健所とは切り離さないといけない。疲弊させられてしまっている保健所に大勢の人のPCR検査を請け負う余力はない。

(関連)国がつぶしてきた感染症対策、感染爆発に対応できない保健所の現状(イントロ部分)(天笠啓祐『週刊金曜日 2020.4.17』)
 https://cutt.ly/0yhHpOD

(関連)保健所削減が追い討ち 27年間で852カ所から472カ所に半減 コロナ対応の脆さと関係-長周新聞
 https://www.chosyu-journal.jp/shakai/16032


また、長期化してくる新型コロナPANDEMICに対して、医療機関や医療従事者の疲弊・疲労はすさまじいものがある。医療用資材の提供は当然のこととして、この医療機関・医療従事者・医療現場への政府や自治体の支援はどうなっているのだろうか?(何もしてない!? 各県知事たちは愚かにも臨時交付金をバラマキに使うつもりらしい) それから、経済対策面では、ごく限定したエリア(業界や地域)への現金給付補償はあり得るでしょうが、セックス産業やパチンコ・ギャンブル業界への現金補償は国民的抵抗が強い=私は警察庁が許認可権を行使して営業停止命令を出せばいいと考えている=その代わりに従業員や経営者ら個人(自然人)の生活保障はきちんとするということでいいのではないか(=「必要な人に必要なだけ」の原則)

 上記(2)の新型コロナPANDEMIC対応については、検査をして感染が見つかったら直ちにアビガンを服用させて、その進行を止めるようにするという児玉龍彦氏の主張はすぐに採用すべき(今は「アベ友」や「厚生労働省にコネありの人間」に限定して服用しているらしい、ふざけんじゃねーぞ)、ただ、児玉龍彦氏の議論は「自粛よりも予防」という(1)の議論の部分が弱いように思う。また、個別追跡型で個人情報を「お上」が把握して運営するという方法には猛烈な抵抗感があり、現状ではとても容認できない(下記参照)。また、金子勝立教大学教授の発言は、現状分析は緻密で鋭いなと思うけれども、処方箋のところが総論的で漠然としていて、さてどうすればいいのか、という点があいまい、ないしは具体的に見えてこない。金子勝立教大学教授らしくない。


3.「お気楽リベラル」の典型=「監視VS個人情報」の誤解(曽我部真裕 朝日 2020_4_30)より

(関連)(別添PDFファイル)「監視VS個人情報」の誤解(曽我部真裕 朝日 2020.4.30)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14460041.html

(関連)(別添PDFファイル)感染を追跡するアプリ、何ができるの?(朝日 2020.4.25)
 https://www.asahi.com/articles/DA3S14455163.html
(関連)(別添PDFファイル)接触計測アプリ、今月から活用(日経 2020.5.1)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58679000Q0A430C2PP8000/

(関連)(必見・重要)【新型コロナ緊急リポート】「感染追跡アプリ」を徹底検証! - OurPlanet-TV:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2495

以下はメール転送です(他のMLへ投稿したもの、一部加筆修正)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
別添PDFファイルは昨日の朝日カバカバ新聞に掲載された京都大学の若い教授の議論です。現状における我が国の個人情報の取り扱われ方を鑑みた場合、かような「お気楽議論」では、お話にならない、ということを簡単に申し上げておきます。少なくとも下記のようなことに対して、どう解決して、こうしたことは二度と起きないようにする、という「肝心な個人情報保護の法的な仕組み」を明らかにしない限りは、私は断固として認めるわけにはいかない、と考えています。以下、箇条書きにします。

1.ベネッセの個人情報漏出事件
 魑魅魍魎の名簿業者が跋扈し、それを名だたる大企業が、その名簿の出所や掲載個人に確認もしないで商売に使うことに何の禁止規定も罰則も損害賠償の法規制もない、ベネッセは500円の金券でごまかした。その後も防止策はなし。個人情報は保護よりも企業利益が優先されているのが現状だ。何故、個人情報名簿の第三者取得について、本人確認ないしは出所への確認義務を法制化し、違反したら巨額罰金を課さないのか?

2.自衛隊の市民運動・社会運動監視部隊(情報班)の存在が明らかになったが、その後、何の対応もない。法的禁止もされていないし、関係者の処分もない。しかも沖縄では、辺野古基地に抗議する人たちのブラックリストが、民間業者を通じて作成されていたことまで発覚している。かような「支配権力」に、詳細な個人情報など、まかせられない。

3.盗聴法制定
 行き過ぎや濫用がないように、対象を限定し、やり方も厳格化されていた盗聴の法規制を取りはらい、警察がやりたい放題できるようにしたのが、少し前に法制化された盗聴法。検察の冤罪事件発生を機に取り調べの正常化検討がなされた結果がこの「焼け太り」だ。しかも、この盗聴法を日本弁護士連合会や民主民進党までが賛成をしているという始末。どうしようもない政治情勢がある。

4.全世界で有名人となったスノーデン氏だが、彼は日本に対しても、盗聴・盗み見の監視ノウハウを日本政府や日本の警察・自衛隊などに伝授したと言っている。彼を国会に呼んで詳細に陳述を求め、その経緯や真偽のほどを公開のかたちで明らかにしなければ、この日本もまた、アメリカと同様の、支配権力による個人情報管理と監視社会であることは否定できない。私は昨今では内閣情報調査室をはじめ、複数の政府機関が監視活動を堂々と行っていると思っている。(前川喜平さんの新宿風俗店訪問と読売新聞報道の事件や、共産党幹部への盗聴事件などが一例)

(関連)映画「新聞記者」が素晴らしい=警察官僚を使って進められる謀略政治に立ち向かう新聞記者と若手エリート官僚、その姿は今日のアベ政権を描くリアリズムと迫力で私たちに政治選択を迫る & 今夏参院選がおもしろくなってきた- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-3ed1e1.html

5.リクルート系会社の就活支援事業で、企業のために学生たちの個人情報を売る、という背任行為が行われて大問題となった。罰則が甘く学生が一方的に被害を被る形になっている。利用した企業名公表や、関係者の処分はどうなったのか?

6.被差別部落の部落名や個人名が、依然として水面下で出回っているようだ。未だにかような状態で許しがたい。国は何をしているのか!?

7.情報効果や公文書管理がメチャクチャ、都合悪けりゃ皆隠せ、状態になっていて、これが改まるどころか、どんどん悪くなっている。また、特定秘密保護法なども制定され、司法でさえ、この特定秘密保護法には介入できない。さっさと廃止しろ。個人情報保護と情報公開は表裏一体の問題だ。

8.EUが制定した個人情報保護法制(GDPR)と日本の法制はどのように違うのか、解説を見たことがない。どうなっているのか?

上記はとりあえず今、私の記憶にあるものを箇条書きにした、個人情報の取り扱いを巡るネガティブな不祥事を列記したものです。朝日カバカバ新聞に議論を掲載した京都大学の教授は、少なくとも上記の諸問題について、どのように解決するのか、一つ一つ、丁寧に具体的に応えていただきたい。でなければ、別添PDFファイルの記事にある同氏の主張は、「典型的なお気楽リベラル」ということになるでしょう。ひょっとして、そういうことは重々承知の上で、ゴマカして、個人情報の支配権力による無原則利用の一層の促進を狙っているのではありませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4.(メール転送です)カジノ資本主義と株価
 下記もまた、他のMLに発信したものです。一部加筆修正しています。

カジノ資本主義の克服:「今の日本の株価って国内の実体経済を見事なまでに反映していないのではないか」の疑問にこたえて(バブル株価と、カラ売りの難しさと、V字回復期待と、そして日本株の場合には公的機関による大量の買入などが、その要因です)

いくつかの要因があります。
まずはコロナに限らず一般的な理由として、

(1)カジノ資本主義による株式市場・資本市場のバブル化

(2)有価証券市場の特性として「カラ売り」(持っていない有価証券を売ること)が難しい=米国などは空売り可能・日本は借株義務あり(現物取引主義)、先物市場は決済期日あり(空売り期間が強制終了するのでタイミングが難しい)他

(3)バイ&ホールド(買って持ち続ける)型の投資家が圧倒的に多い=銘柄の入れ替え売りがほとんど

(4)有価証券の大幅下落には政策当局が食い止めに入る可能性が高いという一般的な予想

(5)株式は企業の利益獲得能力を先取りして価格形成される 基本的には「企業は未来に向かって利益を上げていくもの」と考えられているので、いわゆるゼロリスクの国債利回りを上回る利益率を実現しそうであれば、株価は放っておけば右肩上がりで上がっていくものと解釈される(神話ではない) 問題はその速度や配当・役員報酬、保有純資産の評価などとの関係をどう見るか、言い換えれば(1)との関係がどうなのかが解釈の分かれるところ(投機筋が狙ってくる部分)

コロナおよび日本の株価について

(1)V字回復への期待があり、これをどうみるかが投機判断のキモになっている=どちらかよくわからないから株価が揺れる=投機家たちの出番(誰が見ても「こうだ」というようなものは相場形成の要因にはならない=先取りされて、相場はそれを即時に反映してしまうから)

(2)日本の場合は、公的年金基金と日銀が日本株を山のように買っていて、これが株価の下支えになっている=愚か極まりない

(3)東京市場は昔から、ほぼNY市場のシャドーマーケット(=為替と株、なお独自性があるのは国債市場くらいだが、今は日銀のおかげで頓死状態)、今では外人市場参加者が主役になっていて、日本経済とはあまり関係のないマネーゲームの場と化している(社会的にマイナス要因)

(4)上記(2)がなければ、日本の場合は株価の大幅下落は日本経済にとってはそれほど怖くない(逆資産効果ぐらい)

(5)むしろ怖いのは大幅な円安=食料自給率37%をお忘れなく、まず家畜からエサ不足で死に始める

市場原理主義アホダラ教で30年やってきて、今回の新型コロナPANDEMICで、その矛盾が噴き出している。にもかかわらず、「市民と野党の共闘」や既成野党は、その抜本改革を言わずに、目先のご機嫌取り政策のようなことばかりを言っていて、傷口を深くするばかり。もし新型コロナが長期化すれば、現金バラマキで対応できるはずもない。今こそ、新型コロナ長期不況に対して、どうやって対応していくのかを真剣に考える時。


5.「内田樹の研究室」から
(1)コロナ後の世界 - 内田樹の研究室
 http://blog.tatsuru.com/2020/04/22_1114.html
(2)「街場の日韓論」まえがき - 内田樹の研究室
 http://blog.tatsuru.com/2020/04/25_1215.html
(3)現状分析と展望 - 内田樹の研究室
 http://blog.tatsuru.com/2020/04/28_0932.html
(4)隣組と攻撃性 - 内田樹の研究室
 http://blog.tatsuru.com/2020/04/27_1819.html
(5)内田樹氏『自粛しろ』に違和感…「他人に向かって命じる権利も罰する権利も誰にもない」-芸能・社会-中日スポーツ(CHUNICHI Web)
 https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020042902100043.html


6.政治家いろいろ
(1)維新・吉村府知事人気とは何なのか? 無検証で持ち上げるメディア、そこに映る印象だけで「英雄」を待望する愚-ハーバー・ビジネス・オンライン
 https://hbol.jp/218033
(2)馳元文科相を厳重注意へ 首相謝罪、セクハラ抗議で - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1115028.html
(3)東京新聞-馳氏セクハラ 団体側「直接謝罪なく不誠実」 首相、国会で陳謝-社会(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020043002000112.html
(4)高木前復興相の“パンツ泥棒逮捕”がいまさら事実認定! 安倍政権への配慮で追及しなかった新聞・テレビの責任|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2017/01/post-2851.html
(5)【新型コロナウイルス】怒りの声が噴出 西村大臣の迅速PCR検査は「保健所通さず」|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272593
(6)【小泉進次郎】小泉ポエム大臣に呆れ声 ゴミ袋感謝に“便乗”で底が割れた|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272594
(7)社民・福島氏、「党首力」に期待と嘆き=採決造反、合流棚上げ
 https://cutt.ly/7yhGNpf

(みずほさん、こんな中傷記事など気にせずに頑張ってください。私は社民党の人たちが「絶滅危惧種」などと言われて久しいにもかかわらず、危機感に乏しく、日常活動も不活発で、平気で自民党や民主民進系の連中と「相乗り」「金魚のフン」のようなことをしていることを嘆かわしく思っています。今こそ社民党が一丸となって福島瑞穂さんを盛り立て、党の再建とホンモノの「世直し」に出陣する時ではないかと思います。小さい政党だからこそ、できることがたくさんあるでしょう。:田中一郎)

(8)【小池百合子】戦犯・小池知事を褒めそやす論調 愚かなメディアの大本営|金子勝 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272527

(関連)コロナ下で医療崩壊危機を高める「都立病院の独法化」は必要なのか - DOL特別レポート - ダイヤモンド・オンライン
 https://diamond.jp/articles/-/235969
(情報非公開の「東京大改革」と並んで、タヌキ都政の典型事例の一つ:田中一郎)

(9)補正予算案に反対意向 れいわ山本氏「額小さく遅い」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200430-24300515-nksports-soci

(その通り! さすがは山本太郎「れいわ新選組」です。でもね、あなたも自分の政策公約からバラマキ政策をはずさないと、左派リフレ派にそそのかされて、国債発行すればいくらでも財源調達などできる、なんて考えていると、間違いますよ。早く気が付いて!! 国債を使うことはOK、でもそれには限度があるから慎重に使い道を考えて、アベ政権の悪政から、できる限りたくさんの人々を救済してください。:田中一郎)


7.日刊ゲンダイより
(1)【新型コロナウイルス】コロナ対策の“顔”に疑惑 補正予算に「尾身枠」65億円の謎|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272649
(2)韓国は国防予算削減 今の日本に必要なのは最新鋭戦闘機か|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272539
(3)【新型コロナウイルス】“アベノマスク”は閣僚も敬遠…リスクを避け国会で着用せず|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/272580
(4)【新型コロナウイルス】STAY HOME週間でゴースト列島 2週間で損失3.6兆円の衝撃|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/272526
(5)生乳生産者は崖っぷち…学校給食中止、店休業で需要が急減|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/272661

(大手流通業者の仕入れ値叩き、TPP協定・日欧EPA・日米FTAの農業潰し国際経済協定、重労働なのに儲からない日本酪農に新型コロナPANDEMICが襲いかかっています。もう限界でしょう。新鮮で美味な牛乳は、まもなく、学校給食からも私たちの食卓からも消えるだろうと私は思っています。日本人の「自業自得」とでも言えるでしょうか! 私も若いころに北海道の牧場で短期間のアルバイトをして酪農を経験しました。大変な仕事です。:田中一郎)


8.その他 注目サイト
(1)『危機下ではとても任せられない…』安倍晋三、退任カウントダウン始まる(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200429-00034926-president-pol
(2)文化芸術への補償は誤魔化し、終息後の「GOTO事業」で頭がいっぱいの安倍総理。答弁の信号無視話法分析で明白に(HARBOR BUSINESS Online) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200502-00218200-hbolz-soci
(3)これでなぜ総理待望論? 橋下徹のコロナをめぐる言動の無責任とゴマカシ! 「家で寝とけ」と検査求める声を封じながら自分は検査…|LITERA
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5399.html
(4)安倍首相がコロナ医療危機を無視し「病院のベッド数削減」政策の維持を宣言! しかも削減するため予算644億円を投入|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2020/04/post-5401.html
草々

 

2020年5月 1日 (金)

(報告)(4.27)オルタナティブな日本をめざして(第43回):「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)」(上岡直見さん)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


さる4/27(月)、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、上岡直見さんをお招きし、少人数の参加でしたが、下記の「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。上岡さんにはご多忙中のところ、ご講演をいただき心より感謝申し上げます。また、参加いただきました市民のみなさまにも心より感謝申し上げます。以下、当日の録画やレジメを添付して簡単にご報告申し上げます。

巷では、たとえば別添PDFファイルの日本経済新聞掲載の広告にもありますように、いわゆる「水素(クリーン)社会」や「水素エネルギー社会」などのキャッチフレーズでPR・広告がなされておりますが、その内実は決して楽観的なものではなく、エネルギー効率や経済性・採算面からは厳しいものがあります。そんなことを乗り越えようと、水素の大量生産に高温ガス炉などの原子炉を使うなどということになれば、それこそ「クリーン」どころか「ダーティ」そのもので、本末転倒の「危険で汚く不効率なエネルギー」ということになってしまいます。今後、上岡様のご講演を契機に、この「水素社会」の具体的な動向や「高温ガス炉」の実用化の動きなどに対して、市民側からの厳しいチェックの目を投げかけていきましょう。

(イベント情報)(チラシ)(4.27)オルタナティブな日本をめざして(第43回):「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)」(上岡直見さん)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-4c608c.html

「燃料電池車は水素を燃料として使用し、走行時には温室効果ガス(CO2)を排出せず、大気汚染物質の排出も少ないため、「究極のエコカー」と宣伝されている。安倍政権が掲げる「成長」戦略はおよそ国民の健康や環境への配慮が乏しい項目ばかりなのに、なぜ燃料電池車を強力に推進するのだろうか。自動車メーカーの新しいビジネスの開拓を支援する意図もあるだろうが、別の意図に注意を向ける必要がある。それは燃料電池車が大量に普及し、あるいは本格的な水素社会になれば、その製造過程で原子力と結びつくからだ」(『「走る原発」エコカー:危ない水素社会』上岡直見著:コモンズ)。今回はこの問題に詳しい上岡直見さんにおいでいただき、燃料電池車を中心に水素をネネルギー源として大量に用いることの諸問題についてレクチャーしていただきます。ふるってご参加ください。(なお、最初の1時間程度で主催者側より事務連絡の他、若干のプレゼンをさせていただきます)

講師:上岡直見さん(かみおか なおみ)さん 
1953年東京都生まれ。環境経済研究所代表。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。技術士(化学部門)。1977年~2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)。2004年国立市「自転車の似合うまちづくり委員会」委員。2005年国土交通省中国運輸局「環境負荷に配慮した瀬戸内海スローツーリズム創出検討委員会」委員。2005年松本市「松本・四賀直結道路市民意向確認研究会」委員。2007年荒川区「荒川区環境交通省エネルギー詳細ビジョン策定委員会委員」委員。2006年~2018年交通エコロジー・モビリティ財団「環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会」委員


 <当日の録画>
走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)(上岡直見さん)
 https://www.youtube.com/watch?v=PAhKqCdIRe4&feature=youtu.be
 https://www.youtube.com/watch?v=PAhKqCdIRe4&feature=youtu.be

 <当日のレジメ>
(別添PDFファイル)(レジメ)(4.27)(第43回)「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問」(上岡直見さん)(2020年4月27日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e3808ce6b0b4e7b4a0e7a4bee4bc9ae381b8e381aee79691e5958fe3808defbc88e4b88ae5b2a1e79bb4e8a68be38195e38293efbc89efbc882020e5b9b44e69c8827e697a5efbc89.pdf

 <参考図書>
「走る原発」エコカー 危ない水素社会-上岡直見/著(コモンズ)
 https://00m.in/JOQs9


 <上岡直見さんのご著書>
(1)日本を潰すアベ政治-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/BWqI4
(2)自動運転の幻想-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/xoHSD
(3)Jアラートとは何か-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/tKgEq
(4)JRに未来はあるか-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/Iw2gj
(6)原発避難計画の検証 このままでは、住民の安全は保障できない-上岡直見/著(合同出版)
 https://00m.in/y2veb
(7)日本を壊す国土強靭化-上岡直見/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
 https://00m.in/GU9GL
(8)脱原発の市民戦略-上岡直見/共著 岡將男/共著(緑風出版)
 https://00m.in/qTgpI


 <関連情報:別添PDFファイル>
(1)(イベント告知)水素エネルギー社会の実装とグローバル連携(日経 2020.4.28)
 https://events.nikkei.co.jp/14403/
(2)EV電池 家庭で再利用、トヨタ、蓄電向け仕組み作り(日経 2020.2.6)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55278520V00C20A2MM8000/
(3)水素供給コスト減進む(日経 2020.2.24)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55991810T20C20A2TJC000/
(4)ノルウェーで「水素船」開発、脱炭素で環境投資呼び込む(野村宗訓『週刊エコノミスト 2020.4.7』)
 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200407/se1/00m/020/056000c

 <関連サイト>
(1)燃料電池 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%BB%E6%B1%A0
(2)電気自動車 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A
(3)ようこそ!水素社会へ ~ 水素・燃料電池政策について|資源エネルギー庁
 https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/advanced_systems/hydrogen/
(4)水素社会の実現に向けて、世界で目標を共有した「第2回水素閣僚会議」|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suisokakuryokaigi2019.html
(5)~特集~ 水素社会は本当に実現するのか
 https://www.smfg.co.jp/responsibility/report/topics/detail108.html

(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々


 <追1>直近の上岡直見さんの情報発信(たんぽぽ舎MG他)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.「自動運転の幻想」上岡直見氏|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/258974

2.上岡直見 - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kamioka-naomi

3.自粛競争ではなく科学的な検討を-
 |  外出は健康レベルを向上させる障害者が外出して健康レベルが向上した体験談多い
 |  科学的根拠を示して国民に協力を求めれば理解される筈
 └──── 上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

◎4月28日【TMM:No3920】♯1に「ロックダウンは国家による人殺し」という記事があった。コロナ危機で外出を制約されることがいかにストレスになるか、多くの人が体験したと思う。しかしそれ以前に、障害者は普段から外出を制約され、ひと昔前は「障害者は家にいろ」と公然と言われることさえあった。障害者の外出は健常者以上に気力・体力を必要とするが、外出すると健康レベルが向上したという体験談が多く寄せられている。近年になりバリアフリーが理解されてきたが、コロナ危機はそれを考える機会でもある。

◎私の周囲でも、これまで人権に関する活動に参加してきた学者が「このような時だから外出の制限もやむをえない」と言い出す情けない現状である。このような時だからこそ人権が重要ではないか。「気づかずに他人に感染させるかもしれないから家にいろ」という。そこまで気にするならなぜ車の運転などできるのか。原発など動かすのか。現時点でも、コロナ死者よりも今年になってからの交通事故死者のほうがはるかに多い。

◎感染のシミュレーションにはいくつか方法があるが、そもそも真の感染者数がわからないのだから具体的な数字が出るはずがない。人の移動について、7割では爆発するが8割にすれば収まるというような根拠はない。政策担当者に科学的思考がないから「進め一億火の玉だ」というような発想しか浮かばないのである。これが某県でトラック労働者の子供の入学式出席を禁止するなどの愚行を誘発している。

◎やみくもに「自粛競争」をけしかけるのではなく、どこに対策を行ったらどのくらい効果があるかを検討した上で、その根拠を示して国民に協力を求めれば理解されるはずだ。実はそうした検討が民主党政権ですでに行われていたのにそれを無視して「三密」だの「あかさたな規制(名前によるスーパーの入店規制)」だのと精神論的な対策ばかり乱発する。しかも当時すでに自宅待機を指示された人の所得補償も検討課題として指摘されていたのに、今になって迷走している。明らかに自民党政権の怠慢と失策である。

◎参考までにシミュレーションの一例を紹介する。いま大学が遠隔授業になってしまったので学生向けに作成した動画の一部である。
 https://www.youtube.com/watch?v=FRldOqfUBL0

4.インターネットは物質転送機じゃない!
 |  政府の感染症専門家会議はどこまで無能なのか
 |  多くの人が「家にいる」ために通常よりスーパーの利用回数が多い
 └──── 上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

◎政府の感染症専門家会議というのはどこまで無能なのか。委員の一部には良識的な学者もいると評価する人もいるが、結局のところ政権の都合に合わせた発言しかできないのか。4月22日の会議ではスーパー(マーケット)規制を言い出した。スーパーが感染源になるという根拠はどこにあるのか。スーパー規制を言い出すに至ってはもはや専門家会議は無用の長物である。

◎結局、検査をしないから実態がわからない。実態がわからないから何が有効か無効かわからない。やみくもに不安を煽って「自粛競争」をけしかけるだけになっている。メディアや著名人がそれに尾ひれをつけて増幅する。海外に比べて日本の検査数が不自然に少ないのはオリンピックへの影響を怖れて感染者数の発見を抑えてきたからだ。それはオリンピックが延期になったとたんに騒ぎ出したことからも明らかだ。

◎「オリンピックのため検査を抑えてきた」とは今さら言えないからあれこれ理由をつけて現状を正当化している。専門家会議は買い物には通販を利用するなどの提案をしているが、インターネットは物質転送機ではない。多くの人が「家にいる」ために通常よりスーパーの利用回数が多くならざるをえない。 スーパーを利用している人が通販を利用し始めたら「物流崩壊」が起きる。そうすれば生活必需品さえ手に入らなくなる。国民の命と生活を守るには政権とその周辺を「消毒」しなければならない。


 <追2>「いちろうちゃんのブログ」より
 昨今の新型コロナPANDEMIC関連のサイトを並べておきますので、ご参考になれば幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html

(2)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その5):与野党は巨額税金バラマキ合戦ではなく、病院や保健所などを含むセイフティネット強化に総力を挙げて取り組め- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-52c7ad.html

(3)(報告)(3.31)新ちょぼゼミ 「次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と当面する緊急経済対策について(その4)」& 中野剛志さん「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」について(最終回)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1874ee.html

(4)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その3):新型コロナPANDEMICに対応できない日本の医療・公衆衛生は長きにわたる市場原理主義政策の必然的結果だ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5c871a.html

(5)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その2):新型コロナウィルスPANDEMICによる景気停滞に対する緊急経済対策について- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9167d6.html

(6)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その1):「消費税5%への減税」を軸にして野党が結束、オルタナティブな政治・政権を打ち出せ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-67f50f.html

・・・・・・・・・・・・・
(7)スキャンダル化する「アベノマスク」と、新型コロナウィルスと共に感染が拡大する悪性「アベノウィルス」:お粗末私物化政治とお笑いファシズムへの道=問題政治家に全権を委任せよと声を上げることの危険性と愚かさ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-3ae61c.html

(8)出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html

(9)東京五輪は「五輪中」(ご臨終)にいたしましょう(1):新型コロナPANDEMICの下、電通「劇場」に乗せられて、カネ・カネ・カネの利権と土建とセキュリティ会社の祭典=単細胞パトリオティズムのバカ騒ぎ=2020年東京オリンピックを中止せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c1d624.html

(10)(VTR)新型コロナPANDEMICとアベ政権で没落を加速する日本:児玉龍彦、金子勝、山本太郎、志位和夫(立民・社民の直近VTRはユーチューブに発見できず)=わずか10万円のバラマキ政策を喜んでいてどうするのか!?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-385afc.html

(11)本日(4/19)のいろいろ情報です:新型コロナ騒動の陰で進められるアベ政権の反国民的出鱈目政策=監視と異議申し立てを続けましょう、そしてオルタナティブな日本を高く掲げて「一気に世直し」です(その1)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-424fee.html

(12)(他のMLでの議論です)新型コロナPANDEMIC:今回の騒動を受けての市民運動・社会運動の役割は何か=福島第1原発事故並みの深刻な社会問題・経済問題に発展しそうな気配に対して「オルタナティブ」を提示せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b495a6.html

(13)新型コロナへの対応失敗の結果(人災)としての緊急事態宣言と、医療・公衆衛生の拡充整備計画や社会保障などのセイフティネット制度抜本改正が伴わない「その場しのぎ」の対症療法的施策を徹底批判せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1a8f30.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以 上 

(報告)(4.27)オルタナティブな日本をめざして(第43回):「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)」(上岡直見さん)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


さる4/27(月)、水道橋のたんぽぽ舎におきまして、上岡直見さんをお招きし、少人数の参加でしたが、下記の「新ちょぼゼミ」を開催いたしました。上岡さんにはご多忙中のところ、ご講演をいただき心より感謝申し上げます。また、参加いただきました市民のみなさまにも心より感謝申し上げます。以下、当日の録画やレジメを添付して簡単にご報告申し上げます。

巷では、たとえば別添PDFファイルの日本経済新聞掲載の広告にもありますように、いわゆる「水素(クリーン)社会」や「水素エネルギー社会」などのキャッチフレーズでPR・広告がなされておりますが、その内実は決して楽観的なものではなく、エネルギー効率や経済性・採算面からは厳しいものがあります。そんなことを乗り越えようと、水素の大量生産に高温ガス炉などの原子炉を使うなどということになれば、それこそ「クリーン」どころか「ダーティ」そのもので、本末転倒の「危険で汚く不効率なエネルギー」ということになってしまいます。今後、上岡様のご講演を契機に、この「水素社会」の具体的な動向や「高温ガス炉」の実用化の動きなどに対して、市民側からの厳しいチェックの目を投げかけていきましょう。

(イベント情報)(チラシ)(4.27)オルタナティブな日本をめざして(第43回):「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)」(上岡直見さん)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-4c608c.html

「燃料電池車は水素を燃料として使用し、走行時には温室効果ガス(CO2)を排出せず、大気汚染物質の排出も少ないため、「究極のエコカー」と宣伝されている。安倍政権が掲げる「成長」戦略はおよそ国民の健康や環境への配慮が乏しい項目ばかりなのに、なぜ燃料電池車を強力に推進するのだろうか。自動車メーカーの新しいビジネスの開拓を支援する意図もあるだろうが、別の意図に注意を向ける必要がある。それは燃料電池車が大量に普及し、あるいは本格的な水素社会になれば、その製造過程で原子力と結びつくからだ」(『「走る原発」エコカー:危ない水素社会』上岡直見著:コモンズ)。今回はこの問題に詳しい上岡直見さんにおいでいただき、燃料電池車を中心に水素をネネルギー源として大量に用いることの諸問題についてレクチャーしていただきます。ふるってご参加ください。(なお、最初の1時間程度で主催者側より事務連絡の他、若干のプレゼンをさせていただきます)

講師:上岡直見さん(かみおか なおみ)さん 
1953年東京都生まれ。環境経済研究所代表。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。技術士(化学部門)。1977年~2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)。2004年国立市「自転車の似合うまちづくり委員会」委員。2005年国土交通省中国運輸局「環境負荷に配慮した瀬戸内海スローツーリズム創出検討委員会」委員。2005年松本市「松本・四賀直結道路市民意向確認研究会」委員。2007年荒川区「荒川区環境交通省エネルギー詳細ビジョン策定委員会委員」委員。2006年~2018年交通エコロジー・モビリティ財団「環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会」委員


 <当日の録画>
走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問(交通分野とエネルギー体系)(上岡直見さん)
 https://www.youtube.com/watch?v=PAhKqCdIRe4&feature=youtu.be
 https://www.youtube.com/watch?v=PAhKqCdIRe4&feature=youtu.be

 <当日のレジメ>
(別添PDFファイル)(レジメ)(4.27)(第43回)「走る原発 怪しいエコカー:水素社会への疑問」(上岡直見さん)(2020年4月27日)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e3808ce6b0b4e7b4a0e7a4bee4bc9ae381b8e381aee79691e5958fe3808defbc88e4b88ae5b2a1e79bb4e8a68be38195e38293efbc89efbc882020e5b9b44e69c8827e697a5efbc89.pdf

 <参考図書>
「走る原発」エコカー 危ない水素社会-上岡直見/著(コモンズ)
 https://00m.in/JOQs9


 <上岡直見さんのご著書>
(1)日本を潰すアベ政治-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/BWqI4
(2)自動運転の幻想-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/xoHSD
(3)Jアラートとは何か-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/tKgEq
(4)JRに未来はあるか-上岡直見/著(緑風出版)
 https://00m.in/Iw2gj
(6)原発避難計画の検証 このままでは、住民の安全は保障できない-上岡直見/著(合同出版)
 https://00m.in/y2veb
(7)日本を壊す国土強靭化-上岡直見/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
 https://00m.in/GU9GL
(8)脱原発の市民戦略-上岡直見/共著 岡將男/共著(緑風出版)
 https://00m.in/qTgpI


 <関連情報:別添PDFファイル>
(1)(イベント告知)水素エネルギー社会の実装とグローバル連携(日経 2020.4.28)
 https://events.nikkei.co.jp/14403/
(2)EV電池 家庭で再利用、トヨタ、蓄電向け仕組み作り(日経 2020.2.6)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55278520V00C20A2MM8000/
(3)水素供給コスト減進む(日経 2020.2.24)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO55991810T20C20A2TJC000/
(4)ノルウェーで「水素船」開発、脱炭素で環境投資呼び込む(野村宗訓『週刊エコノミスト 2020.4.7』)
 https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20200407/se1/00m/020/056000c

 <関連サイト>
(1)燃料電池 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%87%83%E6%96%99%E9%9B%BB%E6%B1%A0
(2)電気自動車 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A
(3)ようこそ!水素社会へ ~ 水素・燃料電池政策について|資源エネルギー庁
 https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/advanced_systems/hydrogen/
(4)水素社会の実現に向けて、世界で目標を共有した「第2回水素閣僚会議」|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁
 https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suisokakuryokaigi2019.html
(5)~特集~ 水素社会は本当に実現するのか
 https://www.smfg.co.jp/responsibility/report/topics/detail108.html

(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-cddae1.html
草々


 <追1>直近の上岡直見さんの情報発信(たんぽぽ舎MG他)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1.「自動運転の幻想」上岡直見氏|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/258974

2.上岡直見 - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/tag/kamioka-naomi

3.自粛競争ではなく科学的な検討を-
 |  外出は健康レベルを向上させる障害者が外出して健康レベルが向上した体験談多い
 |  科学的根拠を示して国民に協力を求めれば理解される筈
 └──── 上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

◎4月28日【TMM:No3920】♯1に「ロックダウンは国家による人殺し」という記事があった。コロナ危機で外出を制約されることがいかにストレスになるか、多くの人が体験したと思う。しかしそれ以前に、障害者は普段から外出を制約され、ひと昔前は「障害者は家にいろ」と公然と言われることさえあった。障害者の外出は健常者以上に気力・体力を必要とするが、外出すると健康レベルが向上したという体験談が多く寄せられている。近年になりバリアフリーが理解されてきたが、コロナ危機はそれを考える機会でもある。

◎私の周囲でも、これまで人権に関する活動に参加してきた学者が「このような時だから外出の制限もやむをえない」と言い出す情けない現状である。このような時だからこそ人権が重要ではないか。「気づかずに他人に感染させるかもしれないから家にいろ」という。そこまで気にするならなぜ車の運転などできるのか。原発など動かすのか。現時点でも、コロナ死者よりも今年になってからの交通事故死者のほうがはるかに多い。

◎感染のシミュレーションにはいくつか方法があるが、そもそも真の感染者数がわからないのだから具体的な数字が出るはずがない。人の移動について、7割では爆発するが8割にすれば収まるというような根拠はない。政策担当者に科学的思考がないから「進め一億火の玉だ」というような発想しか浮かばないのである。これが某県でトラック労働者の子供の入学式出席を禁止するなどの愚行を誘発している。

◎やみくもに「自粛競争」をけしかけるのではなく、どこに対策を行ったらどのくらい効果があるかを検討した上で、その根拠を示して国民に協力を求めれば理解されるはずだ。実はそうした検討が民主党政権ですでに行われていたのにそれを無視して「三密」だの「あかさたな規制(名前によるスーパーの入店規制)」だのと精神論的な対策ばかり乱発する。しかも当時すでに自宅待機を指示された人の所得補償も検討課題として指摘されていたのに、今になって迷走している。明らかに自民党政権の怠慢と失策である。

◎参考までにシミュレーションの一例を紹介する。いま大学が遠隔授業になってしまったので学生向けに作成した動画の一部である。
 https://www.youtube.com/watch?v=FRldOqfUBL0

4.インターネットは物質転送機じゃない!
 |  政府の感染症専門家会議はどこまで無能なのか
 |  多くの人が「家にいる」ために通常よりスーパーの利用回数が多い
 └──── 上岡直見〔環境経済研究所(技術士事務所)代表〕

◎政府の感染症専門家会議というのはどこまで無能なのか。委員の一部には良識的な学者もいると評価する人もいるが、結局のところ政権の都合に合わせた発言しかできないのか。4月22日の会議ではスーパー(マーケット)規制を言い出した。スーパーが感染源になるという根拠はどこにあるのか。スーパー規制を言い出すに至ってはもはや専門家会議は無用の長物である。

◎結局、検査をしないから実態がわからない。実態がわからないから何が有効か無効かわからない。やみくもに不安を煽って「自粛競争」をけしかけるだけになっている。メディアや著名人がそれに尾ひれをつけて増幅する。海外に比べて日本の検査数が不自然に少ないのはオリンピックへの影響を怖れて感染者数の発見を抑えてきたからだ。それはオリンピックが延期になったとたんに騒ぎ出したことからも明らかだ。

◎「オリンピックのため検査を抑えてきた」とは今さら言えないからあれこれ理由をつけて現状を正当化している。専門家会議は買い物には通販を利用するなどの提案をしているが、インターネットは物質転送機ではない。多くの人が「家にいる」ために通常よりスーパーの利用回数が多くならざるをえない。 スーパーを利用している人が通販を利用し始めたら「物流崩壊」が起きる。そうすれば生活必需品さえ手に入らなくなる。国民の命と生活を守るには政権とその周辺を「消毒」しなければならない。


 <追2>「いちろうちゃんのブログ」より
 昨今の新型コロナPANDEMIC関連のサイトを並べておきますので、ご参考になれば幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その6):新型コロナPANDEMICに対する緊急経済対策の基本的な考え方- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-180bde.html

(2)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その5):与野党は巨額税金バラマキ合戦ではなく、病院や保健所などを含むセイフティネット強化に総力を挙げて取り組め- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-52c7ad.html

(3)(報告)(3.31)新ちょぼゼミ 「次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と当面する緊急経済対策について(その4)」& 中野剛志さん「目からウロコが落ちる奇跡の経済教室」について(最終回)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1874ee.html

(4)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その3):新型コロナPANDEMICに対応できない日本の医療・公衆衛生は長きにわたる市場原理主義政策の必然的結果だ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-5c871a.html

(5)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その2):新型コロナウィルスPANDEMICによる景気停滞に対する緊急経済対策について- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9167d6.html

(6)次期衆議院選挙へ向けての「市民と野党の共闘」の総合政策と、当面する緊急経済対策について(その1):「消費税5%への減税」を軸にして野党が結束、オルタナティブな政治・政権を打ち出せ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-67f50f.html

・・・・・・・・・・・・・
(7)スキャンダル化する「アベノマスク」と、新型コロナウィルスと共に感染が拡大する悪性「アベノウィルス」:お粗末私物化政治とお笑いファシズムへの道=問題政治家に全権を委任せよと声を上げることの危険性と愚かさ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-3ae61c.html

(8)出来もしない「ベーシックインカムやるやる詐欺」にご注意を!:日本経済や社会を立て直すのに必要な財源を浪費して、放漫財政への道を掃き清める「愚か者論者」たち- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b048bd.html

(9)東京五輪は「五輪中」(ご臨終)にいたしましょう(1):新型コロナPANDEMICの下、電通「劇場」に乗せられて、カネ・カネ・カネの利権と土建とセキュリティ会社の祭典=単細胞パトリオティズムのバカ騒ぎ=2020年東京オリンピックを中止せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-c1d624.html

(10)(VTR)新型コロナPANDEMICとアベ政権で没落を加速する日本:児玉龍彦、金子勝、山本太郎、志位和夫(立民・社民の直近VTRはユーチューブに発見できず)=わずか10万円のバラマキ政策を喜んでいてどうするのか!?- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-385afc.html

(11)本日(4/19)のいろいろ情報です:新型コロナ騒動の陰で進められるアベ政権の反国民的出鱈目政策=監視と異議申し立てを続けましょう、そしてオルタナティブな日本を高く掲げて「一気に世直し」です(その1)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-424fee.html

(12)(他のMLでの議論です)新型コロナPANDEMIC:今回の騒動を受けての市民運動・社会運動の役割は何か=福島第1原発事故並みの深刻な社会問題・経済問題に発展しそうな気配に対して「オルタナティブ」を提示せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-b495a6.html

(13)新型コロナへの対応失敗の結果(人災)としての緊急事態宣言と、医療・公衆衛生の拡充整備計画や社会保障などのセイフティネット制度抜本改正が伴わない「その場しのぎ」の対症療法的施策を徹底批判せよ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2020/04/post-1a8f30.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以 上 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

最近の記事

無料ブログはココログ