« 放射線被曝防護政策を正し、東京電力や国・自治体の責任を厳しく問う「子ども脱被ばく裁判」がいよいよ正念場です=(2.14)鈴木真一・(3.4)山下俊一を証人喚問(福島地裁) | トップページ | ホンモノの調査報道に邁進する ワセダクロニクル:みなさまのご注目とご支援で、この若い組織を育ててください »

2019年12月26日 (木)

環境ホルモン、ネオ・ニコチノイド系農薬、マイクロプラスチック、抗生物質耐性菌、発がん性食品添加物・人工甘味料・・・・:あふれかえる有害化学物質を規制しなければ、やがて人類も日本も滅び去ることになる

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(2020年1月22日)オルタナティブな日本をめざして(第39回):「企業ファースト化する日本とアベ政権」(新ちょぼゼミ:竹信三恵子さん)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-c20cbc.html

(何につけても巨大企業(特にアメリカの)とそのボンクラ幹部どもを最優先で行動するアベ政権、そんな政権・そんな自公政治を退治しないで、何が「働き方改革」か!? アベ政権のおかげで働きやすくなったなどと思っているのなら、とんでもない勘違いだ。お人好しやマヌケは資本主義社会では徹底的にむしり取られることになっている。このゼミナールで労働問題の第一人者の竹信三恵子さんに、しっかりと教えていただきましょう。また、年老いたあなた、あなたはもう働かないかもしれないけれど、あなたの子どもや孫やその子どもたちが、今、悲惨なことになっています。現状を知り、そしてそれを抜本転換していきましょう。(当日、最初の1時間弱で私の方から経済政策についてのお話もさせていただきます):田中一郎)

(関連)「むしりとりますとも! 最期まで! 自由民主党」(2014.6)
 https://00m.in/Gb1bM
(集会やデモなどでお使いください)


2.キャンペーン
(1)年末寄付キャンペーン2019~ 声なき声に耳を傾けるメディアです - OurPlanet-TV:特定非営利活動法人
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2448

(関連)ギャンブル依存症からの回復をサポートする「映像制作ワークショップ」という手法。言葉にできない気持ちを映像で可視化する-NPO法人 OurPlanet-TV - BIG ISSUE ONLINE
 http://bigissue-online.jp/archives/1076416516.html

(2)Avaaz - クロルピリホスを禁止に!
 https://cutt.ly/drrOn2i

(3)四国電力株式会社 代表取締役 長井啓介殿- 四国電力は、南海トラフ巨大地震警戒情報が出ても伊方原発を動かし続けるという方針を撤回して下さい。 · Change.org
 https://00m.in/1oqZ2

(関連)キャンペーンについてのお知らせ · ご賛同ありがとうございます!さらに多くの声を四電へ! · Change.org
 https://00m.in/HtdGK


3.新刊書推薦:労働者階級の反乱 地べたから見た英国EU離脱-ブレイディみかこ著(光文社新書)
 https://00m.in/TWWxW

(関連)THE BRADY BLOG
 http://blog.livedoor.jp/mikako0607jp/

(関連)ブレイディみかこ「多様性はややこしい でも楽ばかりしてると無知になる」朝日新聞GLOBE+
 https://globe.asahi.com/article/12761149
(関連)ブレイディみかこ「白紙の答案に注目、『物を書け』と言ってくれた先生がいた」:朝日新聞GLOBE+
 https://globe.asahi.com/article/12761157

(関連)Columns『ザ・レフト──UK左翼列伝』刊行記念筆談(前編)ブレイディみかこ×水越真紀-THE LEFT- ele-king
 http://www.ele-king.net/columns/004193/
(関連)Columns『ザ・レフト──UK左翼列伝』刊行記念筆談(後編)ブレイディみかこ×水越真紀-ele-king
 http://www.ele-king.net/columns/004215/


4.日刊ゲンダイより
(1)【安倍晋三】桜を見る会の説明「納得できず」74% 日経・テレ東調査で|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266643
(2)【菅義偉】“反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266133
(3)採点業務61億円受注 ベネッセ子会社はまるで“謎の秘密結社”|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266291
(4)秋元カジノ疑獄のキーマンも逮捕…維新議員の息子だった|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266771
(5)菅氏の“懐刀”和泉補佐官が暗躍 米軍ヘリパッドで密約発覚|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266769
(6)萩生田文科相に醜聞 “殺人事件”会社から政治献金の衝撃|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266348
(7)類は友を呼ぶのか ウサン臭い連中ばかりの安倍首相の周辺 世界が疑う「日本は法治国家なのか」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/19/senkyo268/msg/356.html


5.IWJより
(1)日刊IWJガイド「『桜を見る会』で役人の『のらくら回答』限界? 総理枠『60』発覚、追及本部が矛盾暴く! 明日、岩上安身による郷原信郎弁護士インタビューを会員向けに生中継!」2019.12.25日号~No.2659号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39494

(2)日刊IWJガイド「ジャパンライフだけじゃない! 大学生を中心に被害が急拡大する投資学習用USBメモリを使ったマルチ商法!背景には貧困化する若者世代の焦燥が!- 」2019.12.23日号~No.2657号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39489

(3)日刊IWJガイド「伊藤詩織氏を『セカンドレイプ』しておきながら、民事裁判で伊藤氏が勝訴した途端に逃亡する面々!! 開き直る面々!!」2019.12.24日号~No.2658号 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/39492


6.野党再編と立憲民主党
(1)野党合流結論、越年の可能性 立民・枝野氏「1、2週間で」 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1046172.html
(2)野党再編の歴史から考える、立憲民主・枝野代表の「野党共闘」呼びかけの意義 - ハーバー・ビジネス・オンライン
 https://hbol.jp/209103
(3)連合会長、立・国合流協議で注文 立場の違い念頭「丁寧に進めて」 - 琉球新報
 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-1044215.html
(4)立憲民主と国民民主の合流は「当たり前」か…3つの疑問|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266424

(参考)永田町の裏を読む|高野孟 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/2091
================================


環境ホルモン、ネオ・ニコチノイド系農薬、マイクロプラスチック、抗生物質耐性菌、発がん性食品添加物・人工甘味料、合成洗剤、化粧品、塩化ビニル、合成樹脂、化学化合物素材の衣服、玩具、殺虫剤・除草剤、香料・芳香剤、もう数え始めたらきりがないほどに私たちの日常生活は化学物質だらけです。しかし、その中にはたくさんの有害化学物質が含まれ、今日ではその有害性や毒性が隠されたまま多用され、無頓着に捨てられ、自然環境や食物連鎖でつながる生態系が決定的に破壊されていることを知らぬまま、また、子どもたちの健康上や発達・成長過程におかしな現象が多数現れてきているにもかかわらず、現代社会は、この危険な有害化学物質の無政府的とも言っていいほどの氾濫・乱用を改めようとはしていないのです。

環境ホルモンが人間を含む生物の生殖機能をおかしくし、人口減少・個体数減少や生物の「メス化」現象が広がり始めている。ネオ・ニコチノイド系農薬が昆虫類を絶滅に追い込むことで、一方でミツバチ蜂群崩壊(CCD)による農作物受粉の困難化が起き、他方では食物連鎖を通じて魚類、両生類、爬虫類、鳥類、ほ乳類などの野生生物の個体数が激減、更には人間の子どもたちにADHDその他の神経障害の多発が見られるようになった。マイクロプラスチックは海の汚染をひどくして海洋生物群の生存を脅かし、食品添加物や甘味料や化学物資からできた食器類が「食の安全」を破壊する。(たとえば、田畑地域の集落を夜歩いてみると、昔なら街灯の周りには無数の昆虫が群がっていたものだが、今ではその雑虫たちがほとんどいない「絶句する光景」に出くわすことでしょう)

(関連)蜂群崩壊症候群(CCD) - Wikipedia
 https://00m.in/JtWAR

かつて日本は高度経済成長期に有害化学物質や重金属などを環境に垂れ流しして4大公害などの環境破壊(企業犯罪)をもたらし、多数の犠牲者を出してしまったにもかかわらず、その反省も不十分なままに、今日に至っても、化学物質氾濫の現状を改めようとする気配はない。相も変わらずの「産業優先」で(大した産業でもないのに)、化学物質の安全規制や環境規制は事実上、棚上げにされてしまっている。2013年にアベ政権が発足して以降は、それが一段とひどくなり、TPPや日欧EPAなどの国際市場原理主義アホダラ教経済協定に備える目的もあって、ただでさえ弱い規制を撤廃したり更に弱めたりしている始末。もう、どうしようもない出鱈目状態が常態化していると言っても過言ではないのである。

私は常々、現在の地球環境や全生物群は次の5つの危機に見舞われていて、科学が支配権力に包摂された似非科学と化す21世紀には、この5つの危機への対応を誤れば、人類は他の生物群もろとも絶滅するであろう、と申し上げてきた。その「絶滅路線」の最先端を走っているのが「アベ自民党に牛耳られたバカ者帝国=ニッポン」である。要するに、死にたくなければ、一刻も早くこの政権・この政治勢力を一掃して、有害化学物質の氾濫を食い止め、環境破壊に至る人間の愚かな行為を改めていく体制づくりをしなければいけない。そのための政治転換・政権交代が必要なのである。

 <世界を覆う5つの危機=「科学の似非科学化」を伴って>
(1)2つの核(原子核)=原発と核戦争
(2)2つの核(細胞核)=遺伝子操作(ゲノム編集、遺伝子組換え)
(3)化学物質の無政府主義的氾濫
(4)熱帯雨林の破壊と生物多様性の崩壊
(5)化石燃料大量使用による地球の酸性化(温暖化については真偽不明ながら予防原則的発想が必要か?)


以下、昨今の報道や市民運動・社会運動から、有害化学物質問題についての若干の情報をご紹介する。こうしたものの中で、これも以前から何度か申し上げているが、この日本においては、化学物質の管理・規制に関する法整備が極度に遅れており、今ある「化学物質審査規制法」(化審法:入口規制)や「化学物質排出把握管理促進法」(化管法:維持管理規制)なども形骸化している上に、他の法律も含めて監督官庁の役所ごとに「縦割り行政」の下で、バカバカしいことをくり返すような事態に陥っており、一刻も早く、この「化学物質管理体制」を立て直す必要が痛感される事態となっている(例:同じ化学物質なのに役所によって「呼び名」が異なる=馬鹿か! という話)。

しかし、悲しいかな我が国では、この「化学物質管理」の法規制や管理規制に関する一般市民向けの解説書すらない状態が、もうずっとずっと長期間にわたり続いており、嘆かわしい状態にあることを申し上げておきたい。昨今の大学教授どもや役所の人間たちは何をしているのでしょう? 昔ならば、そうした化学物質管理に知識があり、また、一定の責任もある人たちが解説書くらいは書いて、小遣い稼ぎもしていたのだが、今日では、そうしたことも皆無となってしまっている(私から岩波書店の知人に「化学物質の法的管理」といったような題名で新書を出してほしいと要請したこともある)。こうした危機的状況の根底には、結局は一般の有権者・消費者・国民の、化学物質氾濫の危険性への無関心と無知の蔓延があるように思われれてならない。しかし、こんなことでは困るのだ。

このメールが契機となり、有害化学物質の野放図な氾濫とそれがもたらすグローバルで取り返しがつかない危険性や危機について、認識が広がることを期待します。また、化学物質の毒性は、次の3つが混在することで「相乗効果」(1+1=2ではなく、4とか6とか8以上となること)をもたらす危険性もあることも併せて付記しておきます。

 <次の3つの「カクテル効果」が懸念される>
(1)複数の化学物質の混在(飲み薬、食品添加物、化粧品などで想像してみて下さい:1つ1つは有害ではないが混在すると有害化するものもある)
(2)遺伝子操作(食品だけではない 下水を通じても抗生物質耐性菌などへの影響)
(3)放射性物質

 <みなさまも是非、会員になって、この会の活動を支えてください>
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議 - Japan Endocrine-disruptor Preventive Action
 http://kokumin-kaigi.org/

(イベント情報)学習会「有機野菜を食べて体内の農薬を減らせるか?」のご案内 2020年1月19日 - ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 http://kokumin-kaigi.org/?p=3142

(関連)米国小児医学会 農薬や食品添加物・容器包装添加物で内分泌かく乱作用のある化学物質(環境ホルモン)に対して曝露を最小限にするための規制強化を提言-ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 http://kokumin-kaigi.org/?p=3101


 <関連サイト>
トピックス/化学物質問題市民研究会
 http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/topics/topics_master.html

 <別添PDFファイル>
(1)ネオ二コ系農薬 生態系に影響か(毎日 2019.12.18)
(2)ウナギ激減 農薬原因か、産総研など 宍道湖 餌の昆虫減(日経 2019.11.17)
(3)ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明(2019環境化学討論会発表)
(4)昨年度 県調査、松くい虫被害、ピークの半分(北國新聞 2019.11.21)
(5)母親の体内の農薬汚染は赤ちゃんにまで影響を与える(イントロ部分)(天笠啓祐『週刊金曜日 2019.12.20』)
(6)除草剤グリホサート/「ラウンドアップ」のヒ卜への発がん性と多様な毒性(上・下)(イントロ部分)(木村-黒田純子『科学 2019.10,11』)
(7)海洋プラごみ抑制多難、日本、けん引役狙う(毎日 2019.11.8)
(8)プラごみ混在 分別進まず、深刻な海洋流出 インドネシアの事情(毎日 2019.11.13)
(9)知らずに食べているマイクロプラスチック(イントロ部分)(水野玲子『JEPAニュースVOL120 2019.12』)
(10)薬剤耐性菌 被害どう防ぐ、抗生物質の正しい使い方理解(日経 2019.12.22)


1.20191124国際市民セミナーチラシ-1.pdf
 https://00m.in/1S2QL

*(当日録画)20191124 UPLAN 【前半】有害化学物質から子どもを守る国際市民セミナー - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=6En1Irk3nVc

(関連)11月24日有害物質から子ども守る国際市民セミナーの講演資料 - ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 http://kokumin-kaigi.org/?p=3189
(関連)11月24日国際セミナー講師トラサンデ教授の紹介記事 - ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 http://kokumin-kaigi.org/?p=3163

(広い会場がいっぱいになるほどの盛況ぶりでした。市民団体やその会員だけでなく、実業界の方々と思われる人々も参加していて、水面下では有害化学物質問題への関心が高いことがうかがわれました。ここでも諸悪の根源がアベ政権・自公政治で、実業界での化学物質管理の適正化の行く手を阻み、妨害をしているのが政治であることが間接的に感じられる集会でした。海外ではアメリカもまた、日本と似たような動きですが、しかし、アメリカの場合はカリフォルニア州に代表されるように、州レベルでの対応が連邦政府よりも何歩もリードしているようです。日本では、悲しいかな、中央政府がダメだと地方政府も同じようにダメです。地方自治などどこにもないのが実態です。:田中一郎)


2.ネオ・ニコチノイド系農薬
 史上最悪の農薬です。既にヨーロッパをはじめ、世界各国で使用禁止への取り組みが始まって久しいですが、我が国ニッポンは逆に、TPP協定その他の国際市場原理主義協定に対応するなどと称して、規制緩和に走っている始末です。

ネオニコチノイド関連参考情報 - ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
 http://kokumin-kaigi.org/?page_id=819

*ネオニコチノイド農薬:各国の規制状況
 http://organic-newsclip.info/nouyaku/regulation-neonico-table.html


(1)ネオ二コ系農薬 生態系に影響か(毎日 2019.12.18)
ダウンロード - e3838de382aae4ba8ce382b3e7b3bbe8beb2e896ac20e7949fe6858be7b3bbe381abe5bdb1e99fbfe3818befbc88e6af8ee697a5202019.12.18efbc89.pdf
(2)ウナギ激減 農薬原因か、産総研など 宍道湖 餌の昆虫減(日経 2019.11.17)
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110100106&g=soc
(3)ネオニコチノイドの母子間移行の実態と移行メカニズムの解明(2019環境化学討論会発表)
 https://00m.in/OoArr
(4)昨年度 県調査、松くい虫被害、ピークの半分(北國新聞 2019.11.21)
ダウンロード - e698a8e5b9b4e5baa620e79c8ce8aabfe69fbbe38081e69dbee3818fe38184e899abe8a2abe5aeb3e38081e38394e383bce382afe381aee58d8ae58886efbc88e58c97e59c8be696b0e8819e202019.11.21efbc89.pdf

*キャンペーン · 松本市長 菅谷昭氏- 松本市長!こども達の未来のために、松本市の農薬空中散布をやめてください! · Change.org
 https://00m.in/6WiRL

(菅谷昭松本市長=この人物は典型的な「ジギル氏とハイド氏」の二十面相人間のようだ。放射能から子どもたちを守り、ネオ・ニコチノイド系農薬などの猛毒農薬の空中散布で子どもたちを傷つける、ということか!? 理解不能!? :田中一郎)

(一部抜粋)上記(1)の毎日新聞記事から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(中略)山室教授は「ネオニコの長所とされてきた点は、日本のように水田が中心の国では短所にもなる。水溶性なので水に溶けて流れていき、魚の餌である水生昆虫にまで影響してしまう。他の湖沼でも同様の事態が起きている可能性があり調査したい」と話す。

この調査結果に対し、農薬の登録や安全性審査を担当する環境省と農林水産省は共に懐疑的だ。「農薬の環境影響評価ではミジンコやユスリカも対象に調べている。今回の調査は長期的影響が出る濃度について根拠を示していない」「漁獲量は気温や稚魚の放流など人為的要因でも変化する。ネオニコと魚の激減の因果関係が立証されたとは言えない」とそれぞれ反論する。

(中略)日本政府は「大量死とネオニコとの因果関係は科学的に確認されていない」との立場だ。農水省は「昨年施行した改正農薬取締法で最新の科学的知見に基づいて農薬の安全性の再評価を進める。ネオニコの影響も適正に見極めたい」としている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(政権交代により私が入閣した場合には、上記のような態度を示している農林水産省及び環境省の役人は一人残らず左遷するから覚悟しておけ。要するに、お前たちは、期待された仕事をきちんとせずに、愚タラ愚タラ屁理屈をこねて、ネオ・ニコチノイド系農薬への安全規制の手抜きをしているだけの話だ。仕事をしたくない奴、しようとせぬ奴は、役所にいる必要はない。:田中一郎)


3.グリホサートなどその他農薬
 こちらも世界的に使用禁止の流れの中、唯一日本だけが規制緩和を行った。誰のために政治や行政をしているのか!?

(1)母親の体内の農薬汚染は赤ちゃんにまで影響を与える(イントロ部分)(天笠啓祐『週刊金曜日 2019.12.20』)
ダウンロード - e6af8de8a6aae381aee4bd93e58685e381aee8beb2e896ace6b19ae69f93e381afe8b5a4e381a1e38283e38293e381abe381bee381a7e5bdb1e99fbfe38292e4b88ee38188e3828befbc88e5a4a9e7aca0e3808ee98791e69b9ce697a5e3808fefbc89.pdf
(2)除草剤グリホサート/「ラウンドアップ」のヒ卜への発がん性と多様な毒性(上・下)(イントロ部分)(木村-黒田純子『科学 2019.10,11』)
ダウンロード - e999a4e88d89e589a4e382b0e383aae3839be382b5e383bce38388efbc8fe3808ce383a9e382a6e383b3e38389e382a2e38383e38397e3808defbc88e69ca8e69d91e9bb92e794b0e7b494e5ad90e3808ee7a791e5ada6e3808fefbc89.pdf
https://www.iwanami.co.jp/kagaku/back.html

(関連)世界で使用禁止や規制強化に動く除草剤を使い続ける日本|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/264372
(関連)売上No1除草剤に発がん疑惑、禁止国増える中、日本は緩和(猪瀬聖) Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/byline/inosehijiri/20190725-00135499/


4.プラごみ・マイクロプラスチック
 ストロー使用禁止程度の話に矮小化してはいけない。冗談ではない事態が進行中だ。

*私たちのプラスチックごみにはもう行き場がない - 国際環境NGOグリーンピース
 https://www.greenpeace.org/japan/sustainable/story/2019/06/06/8883/

*英国調査、海洋哺乳類50頭すべてにマイクロプラスチック見つかる - 国際環境NGOグリーンピース
 https://www.greenpeace.org/japan/sustainable/press-release/2019/02/01/6802/

(1)海洋プラごみ抑制多難、日本、けん引役狙う(毎日 2019.11.8)
 https://www.afpbb.com/articles/-/3227822
(2)プラごみ混在 分別進まず、深刻な海洋流出 インドネシアの事情(毎日 2019.11.13)
 https://mainichi.jp/articles/20191113/ddm/013/040/017000c
(3)東京新聞-広がる脱プラ製ストロー 環境配慮紙や木、ガラス製へ-経済(TOKYO Web)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201911/CK2019112802000132.html
(4)知らずに食べているマイクロプラスチック(イントロ部分)(水野玲子『JEPAニュースVOL120 2019.12』)
ダウンロード - e79fa5e38289e3819ae381abe9a39fe381b9e381a6e38184e3828be3839ee382a4e382afe383ade38397e383a9e382b9e38381e38383e382afefbc88e6b0b4e9878ee78eb2e5ad90e3808ejepae3838be383a5e383bce382b9e3808fefbc89.pdf

(上記(3)「ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議」のニュースレター掲載レポートは是非読んでください。私たちは知らないままに、毎日、非常に小さな粒のプラスチックを食べさせられているということのようです。もちろんプラスチックには様々な有害化学物質が含まれています。:田中一郎)


5.薬剤耐性菌 被害どう防ぐ、抗生物質の正しい使い方理解(日経 2019.12.22)
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO53606940Q9A221C1MY1000/

(関連)世界に広がる抗生物質耐性菌の脅威と遺伝子組換え(河田昌東:2019年12月8日)(遺伝子組換え情報室、遺伝子組換え食品を考える中部の会)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はじめに
 2019年11月11日、アメリカ合衆国疾病予防センター(以下、CDC)はある報告書を発表した(1)。タイトルは「合衆国における抗生物質耐性の脅威」。日本国内では全く報道されなかったが、ワシントン・ポスト紙は大きく報じた(2)。内容を要約すると、現在、アメリカ国内では抗生物質耐性菌が蔓延し、年間280万人が感染症患者になり35,000人が死亡している。これを時間に換算すると11秒に1人が感染症患者になり、15分に1人が死亡している計算になる、といった内容である。CDCはかねてからこの問題に危機感を持ち、2013年にも同じタイトルの報告書を発表している。この時は年間200万人が感染症になり、23000人が死亡している、としていた。この6年間に年間患者数は100万人増加し、死亡者も12000人増えたことになる。抗生物質耐性菌による患者増加の問題はアメリカにとどまらず、開発途上国も含めて世界的な問題になりつつある(3)。

1)耐性菌増加の原因―その1:抗生物質多用の弊害
 CDCが指摘しているのは第一に病院や家畜などに使う抗生物質使用量の増加である。アメリカにおける2016年度の家畜用の抗生物質生産量は13,983トンである。(4)。ちなみに日本国内における抗生物質使用量(2016年度)は合計1804.3トン、この中でヒト用は591トン、家畜用は飼料添加物も合わせて897.9トン、その他は水産用、農薬などである(5)。

これまでも病院などの抗生物質多用による抗生物質耐性菌の発生はたびたび警告されてきたが、実際の使用量の多くは畜産である。家畜への抗生物質投与の目的には3種類ある。感染病対策、感染症予防の為に飼料に混ぜる、成長初期における投与で生育促進作用がある。いずれせよ、牛や豚、鶏などの家畜は日々の生活環境が抗生物質漬けになっている。こうした環境下で細菌は突然変異を起こし、抗生物質耐性を獲得する。このリスクについてはかなり古くから指摘され、使用量の削減が提案されてきたが、現実には一向に減らない現実がある。

2)耐性菌増加の原因―その2:遺伝子組換え作物の影響
 現在、遺伝子組換え作物の栽培面先は2017年時点で1.898億ヘクタールにまで拡大している。その中で害虫抵抗性(Bt)が12%、除草剤耐性が47%、その両方を併せ持ったものが41%である(6)。この中で害虫抵抗性作物には本質的に大きなリスクが潜んでいる。それは抗生物質耐性遺伝子である。遺伝子組換え作物の開発過程で、害虫抵抗性が確立出来たか否かを判断するには、細胞に組み込んだ害虫抵抗性(Bt)遺伝子の他にカナマイシン耐性などの抗生物質耐性遺伝子を同時に組み込み、細胞の培養液に抗生物質を入れて耐性になった細胞だけを選別することで、害虫抵抗性遺伝子も同時に組み込まれた事を確認する。これをマーカー遺伝子と呼ぶ。

除草剤耐性の場合は除草剤耐性遺伝子自体がマーカーとして働くため、抗生物質耐性遺伝子を入れる必要はない。ところが現在、遺伝子組換え作物全体では害虫抵抗性と除草剤耐性の両方を併せ持つものが増えているため、抗生物質耐性遺伝子は全体の53%に入っていることになる。遺伝子組換え大豆やトウモロコシは、それを食べたヒトや家畜の腸内で分解される過程で抗生物質耐性遺伝子や除草剤耐性遺伝子が、腸内細菌に取り込まれ、腸内細菌が抗生物質耐性や除草剤耐性になることが知られている。これを「遺伝子の水平伝達」と呼ぶ。細菌などの非真核細胞におけるこの現象は古くから知られている。(7)。その結果、家畜やヒトの体内には抗生物質耐性菌が生まれ、感染症になっても抗生物質が効かないリスクが生ずる。実はこうした危険性は遺伝子組換え作物がアメリカで初めて栽培された(1996年)直後から指摘されていた。

アメリカの食品医薬品局(FDA)は1998年の報告書(8)「産業へのガイダンス:遺伝子組換え植物に於ける抗生物質耐性マーカー遺伝子の利用について」の中で、遺伝子組換え作物で使われる抗生物質耐性マーカー遺伝子がヒトや動物の腸内細菌に移行する可能性は低いと考えるが、腸内細菌が遺伝子の水平伝達で耐性菌になる可能性は無視できないので十分注意すべきだと警告していた。オーストラリアの保健衛生局は2002年に出した238頁に及ぶ報告書「家畜への抗生物質使用について」の中で、畜産や魚の養殖で大量に使われている抗生物質が耐性菌発生の原因であると指摘し、同時に遺伝子組換え作物の中の抗生物質耐性遺伝子が腸内細菌を抗生物質耐性菌にする危険を警告している(9)。

3)耐性菌増加の原因―その3:除草剤や枯葉剤が細菌の抗生物質耐性化を加速する
 最近、ニュージーランドのカンタベリー大学教授J.A.ハイネマン等は、細菌が抗生物質耐性になる原因として除草剤ラウンドアップや枯葉剤2,4-Dやジカンバが大きな役割を果たしている、という論文を発表して話題になっている(10,11)。彼らはサルモネラ菌や大腸菌を使ってカナマイシンやアンピシリン等6種類の抗生物質耐性になる濃度を調べたが、同時に除草剤ラウンドアップや枯葉剤ジカンバ、2,4-Dを同時に培養液に加えると、通常は耐性菌にならない、はるかに低い抗生物質濃度でも耐性菌になることを発見した。除草剤や枯葉剤のない場合に比べて、これらが存在すれば最大10万倍のスピード(抗生物質濃度比)で耐性菌が発生する、という。通常では耐性菌が発生するはずもない低濃度の抗生物質で、除草剤や枯葉剤が抗生物質耐性菌を生むという結論である。

 細菌は抗生物質や重金属などの毒物に対し自らの身を守るために様々な手段を獲得する。通常は毒物の標的となる酵素などのタンパク質に突然変異を起こしその毒物を結合させなくしたり、毒物を分解酵素で分解して耐性を獲得する。あるいは細胞膜に突然変異を起こし毒物が細胞内に入らないようにすることもある。今回、ハイネマン教授らが研究したのは排出ポンプ機能(efflux pump)と呼ばれるもので、細胞膜にポンプ機能を形成して細胞内に入った毒物を体外に排出する機能の獲得である(12)。この排出ポンプ機能は相手を必ずしも特定の毒物に限らないため、獲得した除草剤や枯葉剤の排出機能が抗生物質をも排出する結果、複数の抗生物質にも耐性を獲得し、多剤耐性菌になったという。

ハイネマンはこの現象を「除草剤や枯葉剤が火災現場のガソリンの役割を果たす」と表現している。これは恐ろしいことである。これまで除草剤は遺伝子組換え作物の主役として大豆やトウモロコシや綿、ナタネなどの膨大な面積の圃場で散布されてきた。その結果、世界中の遺伝子組換え作物栽培の現場で抗生物質耐性菌を生み出してきた可能性があるのだ。これに対して病院や畜産の現場において抗生物質使用量を減らす対策をとっても殆ど無意味に近いことになる。

おわりに
 現在、抗生物質耐性菌の氾濫はアメリカだけでなく世界的なレベルで大きな問題となっている。これまでは特定の抗生物質に対する耐性菌に対しては新たな抗生物質の開発などで対処してきたが、多剤耐性菌の登場によりこれでは対処出来なくなっている。勿論、抗生物質の無駄な利用は避けるべきだが、遺伝子組換え作物に内在する耐性遺伝子の水平伝達の問題や、除草剤による抗生物質耐性菌発生の問題には打つ手がない。1996年に除草剤耐性大豆が登場して以来23年、世界の食糧不足を解決すると称して登場した遺伝子組換えは、今や世界の健康を脅かす道具になったと言っても言い過ぎではない。

遅きに失するかもしれないが、世界は今こそ遺伝子組換え作物からの撤退を考えるべきではないか。こうした状況にも拘わらず、日本政府は2017年12月に食用作物に対する除草剤ラウンドアップの残留基準を大幅に緩和した。大豆は20ppmのままだが、大麦、蕎麦等は30ppm(150倍)、ヒマワリなど油脂用種は40ppm(400倍)に引き上げた。結果的に、栽培現場での抗生物質耐性菌を増やすことにつながる。これはラウンドアップの発がん作用など健康影響が世界的に問題になりつつある中での逆行でもある。アメリカ等からの更なる輸出緩和の為だが、抗生物質耐性菌の世界的蔓延を更に進める危険がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 <若干の関連サイト>
(1)高齢者にリスク高い薬、80代処方ピーク 睡眠・抗不安:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASMCW5R1LMCWULZU00R.html?ref=mor_mail_topix1
(2)市販の風邪薬、目薬、痛み止め、胃薬それぞれのリスク(NEWS ポストセブン)Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191123-00000006-pseven-life


6.(メール転送です)有機農業ニュースクリップ
(1)有機農業ニュースクリップ:■ラウンドアップ損賠訴訟 原告は4万3千人に急増
 http://organic-newsclip.info/log/2019/19101020-2.html
(2)有機農業ニュースクリップ:■ネオニコが漁業にも影響 エサの水生生物が激減しウナギも激減
 http://organic-newsclip.info/log/2019/19111021-1.html
(3)有機農業ニュースクリップ:■タイ:グリホサート禁止が失速 米国と農薬業界が圧力 農民も反対
 http://organic-newsclip.info/log/2019/19111022-1.html
(4)有機農業ニュースクリップ:■アフリカの科学者ネットワーク ネオニコ系農薬の緊急規制を勧告
 http://organic-newsclip.info/log/2019/19121025-1.html
(5)有機農業ニュースクリップ:■オーストリアのグリホサート禁止にも暗雲
 http://organic-newsclip.info/log/2019/19121026-1.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
有機農業ニュースクリップ速報版2019.11.01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ネオニコが漁業にも影響 宍道湖でウナギが激減
 産総研などの研究グループは11月1日、ネオニコチノイド系農薬系農薬の一つイミダクロプリドが使われ始めたのと時期を同じくして宍道湖(島根県)のウナギ、シラウオ、ワカサギの漁獲量が激減している状況があり、これらの餌となる水生生物を殺し、間接的にウナギやワカサギを激減させていた可能性を指摘した研究結果をサイエンス誌に発表した。これはネオニコチノイド系農薬の使用が漁業に与える影響を明らかにした、世界で初めての研究だという。このようなネオニコチノイド系農薬の漁業への影響は日本に限らず、日本同様に田んぼが多い東南アジアなどをはじめ、世界のどこでも起こりうる。

研究グループは、水田で使用されたネオニコチノイド系農薬が川に流出し、河川や湖沼の環境に影響を与える可能性を指摘している。日本では1992年11月にイミダクロプリドが農薬登録された。研究では翌年春の田植え時期から使われ始める。それと同時にエサとなる春の時期のプランクトンが8割以上激減し、同時に動物プランクトンをエサとするワカサギの漁獲高は240トンから22トンと90%以上、ウナギは74%減少したという。研究グループによれば、宍道湖の動物プランクトンの大部分をしめるキスイヒゲナガミジンコは、ちょうど田植え時期に一致する1993年5月に激減していたことが分かったとしている。

研究グループは、宍道湖は汽水湖でありオオクチバスなどは生息できず、その影響はないとしていて、激減の原因はネオニコチノイド系農薬だとしている。英国でも河川におけるネオニコチノイド系農薬汚染が確認されているが、今回の研究についてガーディアンは、静かな春が漁業崩壊を確認と報じている。

 ・Science, 2019-11-1
  Neonicotinoids disrupt aquatic food webs and decrease fishery yields
  https://science.sciencemag.org/content/366/6465/620

 ・産総研, 2019-11-1
  ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上
  https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr20191101/pr20191101.html

 ・Guardian, 2019-11-1
  Fishery collapse ‘confirms Silent Spring pesticide prophecy'
  https://www.theguardian.com/environment/2019/oct/31/fishery-collapse-confirms-silent-spring-pesticide-prophecy

※随時更新
・ネオニコチノイド農薬関連年表
 http://organic-newsclip.info/nouyaku/neonico-table.html
・ネオニコチノイド農薬データ
 http://organic-newsclip.info/nouyaku/neonico-data.html
・ネオニコチノイド農薬:各国の規制状況
 http://organic-newsclip.info/nouyaku/regulation-neonico-table.html
・グリホサート関連年表
 http://organic-newsclip.info/nouyaku/glyphosate-table.html
・NBT・新育種技術関連年表
 http://organic-newsclip.info/NBT/NBT-table.html
・プラスチック汚染関連
 http://organic-newsclip.info/plastic/plastic-table.html
草々 

« 放射線被曝防護政策を正し、東京電力や国・自治体の責任を厳しく問う「子ども脱被ばく裁判」がいよいよ正念場です=(2.14)鈴木真一・(3.4)山下俊一を証人喚問(福島地裁) | トップページ | ホンモノの調査報道に邁進する ワセダクロニクル:みなさまのご注目とご支援で、この若い組織を育ててください »

コメント

放射能汚染、そしてネオ二コ系農薬 、除草剤グリホサート、海洋プラごみ、 薬剤耐性菌 に関する身震いするような実態を知ると、人類はやがて絶滅危惧種となっていくかと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 放射線被曝防護政策を正し、東京電力や国・自治体の責任を厳しく問う「子ども脱被ばく裁判」がいよいよ正念場です=(2.14)鈴木真一・(3.4)山下俊一を証人喚問(福島地裁) | トップページ | ホンモノの調査報道に邁進する ワセダクロニクル:みなさまのご注目とご支援で、この若い組織を育ててください »

最近の記事

無料ブログはココログ