« 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その3):真相究明も、社会正義の実現も、日本を亡ぼす原発・核施設過酷事故再発防止も実現できない日本の裁判 | トップページ | (一部メール転送です)公権力が市民の言論・表現の自由や報道の自由を妨害してはばからない、この「低民主主義」の国=ニッポンを立て直すには「市民の良識と発言力・抗議力」が必要です »

2019年11月 8日 (金)

(2つの集会報告)(1)(11.6)本当に怖い・‥核燃料サイクル政策と再処理工場:山崎久隆(たんぽぽ舎)(大間原発裁判報告会)(2)(11.5)日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃の構図を考える

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(再送)イベント情報(重要イベント)
(1)(11.9)#脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判の会)- 第13回新宿デモ みんなつながって、一緒に抗議の声をあげましょう!
 https://fukusima-sokai.blogspot.com/2019/09/13.html
(2)(11.11)福島原発告訴団- 地裁判決を許さず 逆転有罪判決をめざす集会
 http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.com/2019/10/blog-post.html
(3)(11.11)オルタナティブな日本をめざして(第36回):「福島原発被害賠償訴訟の現状と課題」(新ちょぼゼミ:中川素充弁護士)
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-597e39.html
(4)(11.14)「関電の不正問題を追及する東京集会」(告発する会:憲政記念会館午後3時)
 http://kandenakan.html.xdomain.jp/1114.pdf


2.キャンペーン
(1)【署名】原発・核燃・プルトニウム利用の中止を求めます
 https://00m.in/KdRez
(2)キャンペーンについてのお知らせ · 台風による記録的豪雨を受け、5団体で緊急署名を集めます · Change.org
 https://00m.in/ZadqF
(3)キャンペーン · 被ばくデータを不当に利用した「宮崎・早野論文」の人権侵害と不正を公平に調査してください。 · Change.org
 https://00m.in/zDXI4

(関連)キャンペーンお知らせ · もう少しで署名500筆になります! · Change.org
 https://00m.in/jVtk3


3.(メール転送です)ボーリング調査に抗議の声を!!
 http://blog.touminnokai.main.jp/

中国電力による海上ボーリング調査が始まるようです。
以下、岡田和樹さんのフェイスブックより引用。

●怒!山口県上関町の中国電力による「上関原発計画」について
 「ボーリング調査も原発建設も絶対にさせちゃいけん!」

祝島の漁師、橋本さんから電話があり、ボーリング調査の日が決まったそうです。再び行動するときが来ました。上関原発を建てるためのボーリング調査が11月14日から始まります。2011年3.11以降、祝島の島民をはじめたくさんの全国からの根強い反対で、中国電力は現地海域での工事を控えてきましたが、8年たって動き始めました。祝島の漁師さんたちは、14日までにボーリング台船が予定地の田ノ浦湾に接岸されないように、海上での抗議行動をするそうです。

大きなやぐらを組んだ台船が山口や広島などから出航する可能性があり、沿岸に住んでいる人は台船を見かけたら情報をお寄せください。前回埋め立て工事が始まった2009年の海上抗議行動では、祝島から30隻以上の漁船が出て、もやいをはって中国電力の台船を食い止めました。しかし、漁船の数もへり5隻ほどの漁船で抗議をする予定です。正直言って相当厳しいと感じます。

この上関原発は僕らの問題です。いくら法律に従って工事をやろうとも、いくら経済や社会が原発を求めていても、いのちや暮らしを侵す原発と放射能は絶対に間違っています。必ずやめてもらいましょう!絶対にボーリングも原発建設もさせちゃいけん!ともに行動する時です。今すぐできること。中国電力へ抗議(海面埋め立て権者山口県へ抗議)

(関連)中国電力 上関原発予定地調査へ 山口県 海域ボーリング(共同通信)Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000128-kyodonews-soci
================================


1.(報告)(本当に怖い・‥核燃料サイクル政策と再処理工場:山崎久隆さん(たんぽぽ舎)
 さる11月6日、東京地裁で大間原発建設差し止め訴訟(原告は函館市)の公判があり、その報告会で貴重な講演がありました。1つはたんぽぽ舎の山崎久隆さんによる標記「核燃料サイクル政策と再処理工場」について、もう一つが、同訴訟の原告代理人弁護士の只野靖さんによる「基準地震動の考え方とパルス波と言われる地震動の危険性」についてです。下記の当日録画とレジメをご参照ください(なお、私は講演の後、東海第2原発再稼働を狙う日本原電への抗議行動のため退席しましたが、その退席時にほんの数秒間いただいて山崎さんに質問をしています(1時間15分あたり:蒸発乾固後に残る硝酸塩は爆発しないのか? という質問です。硝酸塩は、簡単に言えば、火薬の原料です)。ご参考までに。

●(当日録画)20191106 UPLAN 山崎久隆「核燃料サイクルの破綻と大間原発~下北半島核施設の動き 本当に怖い・・・核燃料サイクル政策と再処理工場」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=lhlibnBpPAc

 <別添PDFファイル>
(1)(レジメ)本当に怖い・‥核燃料サイクル政策と再処理工場(山崎久隆 2019.11.6)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e69cace5bd93e381abe68096e38184e383bbe280a5e6a0b8e78783e69699e382b5e382a4e382afe383abe694bfe7ad96e381a8e5868de587a6e79086e5b7a5e5a0b4efbc88e5b1b1e5b48ee4b985e99a86202019.11.6efbc89.pdf
(2)東海再処理施設、高レベル放射性廃液処理中断(赤旗 2019.11.5)
 http://jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-11-05/2019110512_01_1.html
(3)六ヶ所再処理工場と活断層(上澤千尋『原子力資料情報室通信 No545 2019.11.1』)
 http://www.cnic.jp/8841

*(イベント情報)(12.5)原発・核燃サイクルの即時中止を! 省庁・全国市民・議員の院内集会(衆議院第一議員会館)
 
http://www.labornetjp.org/EventItem/1573024992388matuzawa

 <関連サイト>
(1)関電、未計画核燃事業を料金転嫁 消費者に説明なく負担増 - 共同通信
 https://this.kiji.is/482842460340438113
(2)【核燃処理費転嫁】消費者の理解得られまい|高知新聞
 https://www.kochinews.co.jp/article/265900/
(3)なるほドリワイド 核燃再処理施設 審査大詰め=回答・鈴木理之 岩間理紀 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20190210/ddm/003/070/064000c?fm=mnm
(4)絵空事の核燃料サイクル、今やニュース価値なし? - 石川智也|論座
 https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019091200009.html?iref=wrp_rnavi_rank
(5)核燃サイクル政策止めよう-市民と国会議員の集会-安全性も合理性もない
 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-06-01/2019060114_01_1.html
(6)「核のごみ処分場」フィンランドにできても日本は?(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000021-mai-bus_all
(7)「核燃サイクル推進や新たな財政支援を」青森の4市町村長が世耕経産相に要請(産経新聞)
 https://www.sankei.com/politics/news/190218/plt1902180042-n1.html
(8)核燃税19年度から5年間更新へ 東通原発の税率2%引き上げ 青森県(デーリー東北新聞)
 https://www.47news.jp/2991884.html
(9)核燃料サイクル視察を青森にて行い、緊急声明を発表 - 脱原発をめざす首長会議
 http://mayors.npfree.jp/?p=6170
(10)原発政策八方ふさがり 輸出/新増設/再稼働/核燃サイクル/高速炉:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/DA3S13845597.html?ref=nmail_20190112mo


2.(報告)日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃の構図を考える(2019.11.5)
 11月5日、午後1時から、衆議院第2議員会館にて、標記集会が開催されました。下記の当日録画とレジメをご覧ください。まさに前門の虎=日本郵政経営幹部たち、後門の狼=NHK経営委員会と一部の経営幹部たちにより、日本の言論・表現の自由、報道の自由が危機に陥っています。日本は、市民運動・社会運動の一部リーダーたちも含めて、他人の言論に容喙したり妨害したりする連中が多すぎます。「小山の大将」型の「うぬぼれ人間」「仕切りたがり屋」「根っからのドアホ」がザワザワといる、ということなのでしょう。しかし、この日本郵政とNHKの場合は、更に「(大きな影響力のある)公権力を濫用している」という点で、一段と深刻な事態と言えます。だんだんと「悪の帝国=旧ソ連」や「中共中国独裁国家」に近づいてきました。

日本郵政については、必要もなかった「郵政民営化」こそが諸悪の根源であって、この制度改悪により郵便局に関連した人々や職員やユーザーもすべて「不幸」となってしまいました。これまで私から何度も申し上げてきたように、「民営化」とは「私物化」のことであり、本来、公正公平に営まれるべき「公共サービス・事業」を一部の人間たちの私利私欲のために奉仕させるようにすることを意味します。それは「働き方改革」という「働かせ方改悪」でも見られるし、「(上下)水道民営化」もまた同じだし、更に、今現在問題化し始めた「教育の民営化」=まずは「共通一次試験改悪具体策の民間企業(ベネッセ他)への丸投げ」でも同様のことが起き始めています(表面化し始めています)。まさに「市場原理主義アホダラ教」の必然的結果です。(今回の件で申し上げれば、鈴木とかいう元総務省役人の副社長をクビにしなさい、それが万事事始めです=その後、天下り官僚を日本郵政から全員追放です)

一方のNHK,どこかでまとめて議論しなければいけませんが、公共放送であるNHKをマネジメントする仕組=特に予算案の国会承認や経営委員会の首相官邸任命制度など、時の政権=支配権力や政治家たちが、公共放送の内容に容喙できるような仕組みそのものがおかしいということです。制度を抜本的に転換しないと、こうしたことはこれからも何度でも起きるでしょう。「臭いにおいは元から絶たなきゃダメ」なのです。

報道現場で頑張るNHKをはじめとした、数は少なくなったけれども、良識的良心的な報道界のジャーナリストや職員の方々に「抵抗へのエール」をおくるとともに、同じく日本郵政で働き闘う、同じく良識的良心的な職員のみなさまに「職場闘争へのエール」をお送りしたいと思います。頑張ってください。多くの有権者・市民が見方です。政権後は、NHKと日本郵政の上層部に巣食う「毒グモ」を駆除し、「蜘蛛の巣」城の大掃除をいたしましょう。(逆に、支配権力への忖度報道をくり返す「ちょうちん野郎」や、記者クラブなどで垂れ流される会見を自身のPCにペチペチと入力している「ペチペチ屋」ら、マスごみ製造虫たちは、ことあるごとにぶっ叩きましょう)

(当日録画)20191105 UPLAN シンポジウム~日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃の構図を考える~ - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=KgQC-brSJq8

 <別添PDFファイル>
(1)(PROGRAM)(11.5)日本郵政と経営委首脳によるNHK攻撃の構図を考えるシンポジウム
ダウンロード - efbc88pgmefbc89e697a5e69cace983b5e694bfe381a8e7b58ce596b6e5a794e9a696e884b3e381abe38288e3828bnhke694bbe69283e381aee6a78be59bb3e38292e88083e38188e3828be382b7e383b3e3839de382b8e382a6e383a0.pdf
(2)(レジメ)皆川学さん(元NHKプロデューサー)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e79a86e5b79de5ada6e38195e38293efbc88e58583efbcaeefbca8efbcabe38397e383ade38387e383a5e383bce382b5e383bcefbc89.pdf
(3)(レジメ)小林緑さん(元NHK経営委員)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e5b08fe69e97e7b791e38195e38293efbc88e58583efbcaeefbca8efbcabe7b58ce596b6e5a794e593a1efbc89.pdf
(4)(レジメ)杉浦ひとみさん(弁護士)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e69d89e6b5a6e381b2e381a8e381bfe38195e38293efbc88e5bc81e8adb7e5a3abefbc89.pdf
(5)(レジメ)田島泰彦さん(早稲田大学非常勤講師)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e794b0e5b3b6e6b3b0e5bda6e38195e38293efbc88e697a9e7a8b2e794b0e5a4a7e5ada6e99d9ee5b8b8e58ba4e8ac9be5b8abefbc89.pdf
(6)(レジメ)澤藤統一郎さん(弁護士)
ダウンロード - efbc88e383ace382b8e383a1efbc89e6bea4e897a4e7b5b1e4b880e9838ee38195e38293efbc88e5bc81e8adb7e5a3abefbc89.pdf
(7)関連記事(毎日 2019.9.26、10.27)
 https://mainichi.jp/articles/20190926/k00/00m/040/004000c
 https://mainichi.jp/articles/20191027/ddm/003/040/080000c


*かんぽ二重契約問題は、郵政民営化後の経営形態と政府の経済政策が招いた構造的問題!- ~10.15 かんぽNHK問題 野党合同ヒアリング-議題:前回の宿題返し及び日本郵政の不適切営業について - IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/459091


 <関連サイト>
(1)なぜNHKは政権による嘘と誤魔化しに加担するのか<永田浩三氏> - ハーバー・ビジネス・オンライン
 https://hbol.jp/188405
(2)記者の目:かんぽ生命の不正販売問題 経営陣の刷新不可欠=後藤豪(東京経済部) - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20191024/ddm/005/070/007000c?fm=mnm
(3)不正販売甘く見た「郵政」 報道の役割軽視「経営委」 負の連鎖が招いた「NHKかんぽ問題」 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20191026/k00/00m/040/341000c?fm=mnm
(4)元日本郵政公社常務理事・稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果|ニフティニュース
 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-441958/

(よく言うとるで、ほんまに。お前らが、官業である郵便局業務を、お前らの利権と一緒くたにして「膨張」させ、同業他社に対して不公正なやり方で臨むから、市場原理主義アホダラ教の連中が「民営化してしまえ」ということになったのだろうに。まずは、お前たちの時代の「ロクでもない話」をみな暴露してみんかい! ゴタクを並べるのはそれからにせいや! :田中一郎)

*郵便局幹部5億4000円分の切手を不正換金 日本郵便公表せず|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/264058

(関連)「他の人も絶対やっている」 1億円分切手着服の元課長:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASMBZ6VT6MBZUTIL07C.html?ref=hiru_mail_topix2_6

(ほんまに「御立派」な会社やのお、郵政民営化の成果がここにしっかりと現れているということでしょう。何だか、この日本郵政の仕事の現場ですが、あの日本年金機構とよく似ている気がしますね。根っこから腐っていると私は思います。自民党政権じゃ、どうしようもないでしょ。:田中一郎)
草々 

« 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その3):真相究明も、社会正義の実現も、日本を亡ぼす原発・核施設過酷事故再発防止も実現できない日本の裁判 | トップページ | (一部メール転送です)公権力が市民の言論・表現の自由や報道の自由を妨害してはばからない、この「低民主主義」の国=ニッポンを立て直すには「市民の良識と発言力・抗議力」が必要です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その3):真相究明も、社会正義の実現も、日本を亡ぼす原発・核施設過酷事故再発防止も実現できない日本の裁判 | トップページ | (一部メール転送です)公権力が市民の言論・表現の自由や報道の自由を妨害してはばからない、この「低民主主義」の国=ニッポンを立て直すには「市民の良識と発言力・抗議力」が必要です »

最近の記事

無料ブログはココログ