« 「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」にご注目とご支援を!!:今こそ「伊達判決」を生かし、日米密約戦争同盟のくびきから日本を解放いたしましょう | トップページ | 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その2):東電幹部3人を最初から無罪放免する方針で起訴・裁判に臨んでいた日本の司法・裁判所・検察 »

2019年10月 6日 (日)

「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」にご注目とご支援を!!:今こそ「伊達判決」を生かし、日米密約戦争同盟のくびきから日本を解放いたしましょう

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.新しいイベント情報
(1)(別添PDFファイル)(チラシ)(10.25)隠蔽される福島原発事故の真実(講師:西尾正道さん):捨てるな、トリチウム汚染水、遺伝子が損傷する!
ダウンロード - efbc88e38381e383a9e382b7efbc89efbc88efbc91efbc90efbc8eefbc92efbc95efbc89e99aa0e894bde38195e3828ce3828be7a68fe5b3b6e58e9fe799bae4ba8be69585e381aee79c9fe5ae9fefbc88e8a5bfe5b0bee6ada3e98193e38195e38293efbc89.pdf

 日 時:2019年10月25日(金)14:30~19:00(受付開始:14:00)
 場 所:参議院議員会館1F 101会議室(東京都千代田区永田町2-1-1)
 講 師:西尾 正道 (北海道がんセンター名誉院長)
 定 員:100名(定員になり次第締切らせていただきます)
 予 約:不要・直接会場へおいでください
 参加費:無料 議員会館入り口に担当がおりますので入館証を受け取って入場してください

(2)(11.18)元号制定違憲・差し止め訴訟 第3回公判(午前11時、東京地裁103号法廷)

(関連)「元号制定は違憲だ」弁護士やジャーナリストらが提訴「時間意識が喪失する」-弁護士ドットコム
 https://www.bengo4.com/c_23/n_9434/
(関連)(報告)元号差し止め訴訟 いよいよスタート:これが「ホンモノ」の公判であり、口頭弁論だ! みなさま、この裁判にご注目とご支援を!- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-a4f0be.html

(3)(2020年2月12日)「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」 第3回公判(午後2時、東京地裁103号法廷)


2.(別添PDFファイル)安倍首相所信表明演説に7つの違和感(東京 2019.10.5)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2019100502000168.html

(関連)共産・志位氏「厚顔無恥な世界史の歪曲」 首相の所信表明演説に - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20191004/k00/00m/010/168000c?fm=mnm
(関連)植民支配しておきながら「日本、植民主義に対抗して人種平等」叫んだ安倍氏 - Joongang Ilbo - 中央日報
 https://s.japanese.joins.com/Jarticle/258278


3.(別添PDFファイル)病院再編「住民は不安」、名前公表 知事らが国批判(東京 2019.10.5)
 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019100590071028.html

(関連)(別添PDFファイル)公的424病院要再編、厚労省「1年で結論を」(毎日 2019.9.27)
 https://mainichi.jp/articles/20190926/k00/00m/040/146000c?fm=mnm

(消費税率を上げて、地域医療や社会保障は原則切捨てだ、国民は、国に対して何をしてもらうかではなく、国に対して何ができるかを考えろ、それがアベ政治の根幹的精神だ、わかったか! とアベ自公政権の政治家どもが、声をひそめて叫んでおります。これから団塊の世代が高齢化して、病院・病床・医師・看護師がたくさん必要となるのに、患者が病院に来るとカネがかかって国庫負担が増えるから、病院をなくせば問題は解決するだろうという考え方のようです。私立病院はなかなか手が出せないから、手っ取り早くスクラップするには公立病院がいいということらしいのです。見上げたもんだぜ、屋根屋のフンドシ、見下げたもんだぜ、フンドシ以下の自民党・安倍晋三:田中一郎)


4.NHKと日本郵政を牛耳る「メクソとハナクソ」の経営者ども
 こいつら、何をやっとるのかねえ~。日本郵政は法令違反のかんぽノルマ・セールスでひっちゃかめっちゃか、NHKは日本郵政のようなクソ会社から誹謗中傷の圧力を受けたぐらいで経営委員会が平気で番組制作現場に介入してくるお粗末さ、おまけ経営委員会は議事録も作っていないのだそうだ。どっちも「人間のカス・クズ・ゴミ」みたいなのが安倍政権から指名されて経営幹部にのさばっているからこうなるのだ。みんなまとめてポリ袋に入れてゴミ出ししろよ!

(1)(別添PDFファイル)「暴力団」発言巡り対立、NHKと元総務次官、野党ヒヤリング(毎日 2019.10.5)
 https://mainichi.jp/articles/20191005/ddm/041/040/078000c
(2)(別添PDFファイル)NHK経営委 議事録作らず、会長注意決定時 放送法違反の指摘(朝日 2019.10.5)
 https://www.asahi.com/articles/ASMB45GJ0MB4UCVL01B.html

(3)「まるで暴力団」発言 NHK側「そのような事実ない」郵政副社長の見解対立-毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20191004/k00/00m/040/097000c?fm=mnm
(4)NHKで今、恐るべきことが起きている タガがはずれた表現の自由と報道への介入(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
 http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/195.html

●かんぽNHK問題 野党合同ヒアリング―議題:かんぽ生命保険の不正問題及び、NHK経営委員会がNHK会長を厳重注意した問題について、総務省より IWJ Independent Web Journal
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/458368
================================


去る10月2日、東京地裁におきまして、「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」の第2回公判が行われました。以下簡単にご報告申し上げます。この裁判は、1959年当時、日米安保条約改定の微妙な時期にあって、時のアメリカ駐日大使=マッカーサー(戦後すぐのGHQマッカーサー最高司令官の甥)と最高裁長官であった田中耕太郎が水面下でひそかに数度にわたって密談をくり返し、田中耕太郎の側から「砂川裁判」の行方その他について、事前に先方に伝えていたことが、2008年と2013年の2度にわたり、アメリカで公開された公文書の発掘によって明らかとなったことから、「砂川裁判」の当時の被告とその遺族らが「公正な裁判を受ける権利を侵害された」として起こした「再審請求」が始まりです。

(関連)裁判を受ける権利(32条) - 日本国憲法の基礎知識 -憲法の試験対策などにも-
 https://kenpou-jp.norio-de.com/saiban-ukeru/
(関連)日本国憲法第三十七条 すべて刑事事件においては、被告人は、公平な裁判所の迅速な公開裁判を受ける権利を有する。
 
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/dl-constitution.htm#6sho

しかし、その再審請求は、下記の報道や再審請求人の抗議声明にもあるように、地裁・高裁の下級審では「問題ない」とされて却下、また、最高裁では、田中耕太郎の当時の行動については言及・評価がなされないまま、形式的な理由で却下されてしまった。日本の司法はかねてより機能していないと言われてきたが、この裁判(再審請求)においてもそうだったわけだ。それで再審請求者の方では弁護団と相談の上、今度は「公正な裁判を受ける権利を侵害され、不当に2000円の罰金を支払わされた」として、国家賠償請求訴訟に踏み切ることにした。その裁判(「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」)が、第1回目は6月12日に、第2回目が今回の10月2日に開催されたのである。

(関連)砂川事件、最高裁も再審認めず 元被告らの特別抗告棄却:朝日新聞デジタル
 https://www.asahi.com/articles/ASL7M46J7L7MUTIL02S.html
(関連)砂川事件再審請求事件・最高裁棄却についての声明
 http://www.labornetjp.org/news/2018/0719sunagawa


以下、その第2回目の公判について簡単にご報告する。実は、この裁判はきわめて重要な意味を持っている。仮にこの「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」に原告が勝訴すれば(被告は国=しかし本来は最高裁であるべき)、田中耕太郎の当時の行動は、当時の砂川裁判被告人たちの公正な裁判を受ける権利を侵害する不正・不当・不法なものだったとの認定がなされるわけで、そうなると、その田中耕太郎たち当時の最高裁判事たちが下した伊達判決否定の判決もまた、不正・不当・不法なものとなって、事実上、その効力が失なわれることになる。この時の伊達判決否定の最高裁判決は、下記にご紹介するサイトで詳しく説明されている通り、日本国憲法の規定を歪め、日本の司法・裁判所に期待されている使命や責任をも放棄するものであったので、それが否定されることの意味は今日の日本にとってはとても大きいのである。言い換えれば「今こそ「伊達判決」を生かし、日米密約戦争同盟のくびきから日本を解放いたしましょう」が文字通り生き生きとしてくるということを意味している。

みなさまには、是非ともこの「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」にご注目をしていただき、あわせて裁判傍聴やカンパ、あるいはチラシその他の情報拡散など、ご支援とご協力を賜れれば大変幸いと考えております。なお、次回の第3回公判は、上記の「イベント情報」で申し上げました通り、2020年2月12日、午後2時、東京地裁103号法廷で開催されます。可能な限りでのご参集をお願い申し上げます。


1.(別添PDFファイル)(パンフ)憲法に違反した砂川事件裁判の国家賠償訴訟にご支援を! (伊達判決を生かす会 2019.6)
ダウンロード - e686b2e6b395e381abe98195e58f8de38197e3819fe7a082e5b79de4ba8be4bbb6e8a381e588a4e381aee59bbde5aeb6e8b3a0e5849fe8a8b4e8a89fe381abe38194e694afe68fb4e38292efbc8120e382abe383a9e383bc.pdf

(関連)砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟の概要
 https://00m.in/DXK2O
(関連)伊達判決を生かす会
 http://datehanketsu.com/


2.(10.2)「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」第2回公判
 被告の国が、アメリカの公文書の記載を事実上否定するなど、わけのわからないトンチンカンなことを言い出し始めています。田中耕太郎の当時の行動が不当であったか否か、という「中身」に入る審理をしたくないという被告国側の姿勢の表れとみることができ、当時の田中耕太郎長官と最高裁の不正・不当・不法を砂川裁判から60年を経た今日でも認めることができない、情けなくも許しがたい態度だと思われます。

(関連)砂川事件裁判国家賠償訴訟 第2回口頭弁論の概要:「国の無責任な反論を徹底的に糾弾する!」(2019.10.2)
ダウンロード - e7a082e5b79de4ba8be4bbb6e8a381e588a4e59bbde5aeb6e8b3a0e5849fe8a8b4e8a89fe38080e7acac2e59b9ee58fa3e9a0ade5bc81e8ab96e381aee6a682e8a681.pdf
http://chikyuza.net/archives/97220

(関連)2019-10-2 砂川事件第2回口頭弁論 報告集会 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=l1FHYcBqEIc


3.わかりやすい解説サイト
(1)直言(2013.4.15) 砂川事件最高裁判決の「超高度の政治性」――どこが「主権回復」なのか
 http://www.asaho.com/jpn/bkno/2013/0415.html
(2)砂川事件最高裁判決の「仕掛け人」 2008年5月26日
 http://www.asaho.com/jpn/bkno/2008/0526.html


4.前回(6.12)報告
(1)2つの報告:(6.11)沖縄・辺野古基地建設反対全国キャラバン・キックオフ集会 & (6.12)砂川裁判国賠訴訟(追:国有林「ハゲ山促進」法、2019年の国政選挙をいかに闘うか)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e9dd41.html

(2)2019-6-12 砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟の第1回口頭弁論 報告集会 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=7HQLgIpRAsI


5.その他関連サイト
(1)「伊達判決」覆した最高裁判決の“いかさま性”問う砂川事件国賠訴訟始まる 週刊金曜日オンライン
 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/07/01/antena-507/
(2)「駐留米軍は違憲」伊達判決から60年 砂川事件元被告らが国賠訴訟提起 週刊金曜日オンライン
 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2019/04/09/antena-451/
(3)砂川事件元被告らが提訴 「公平な裁判侵害」 国に賠償求める - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20190319/k00/00m/040/289000c
(4)砂川事件裁判 −公平な裁判でなかった最高裁判決は無効 再審を請求します:土屋源太郎さん(「伊達判決を生かす会」共同代表)
 http://www.jicl.jp/old/hitokoto/backnumber/20140908.html
(5)真に人権救済の砦に 砂川事件国賠訴訟 米国〝介入〟の裁判巡り(47NEWS) - Yahoo!ニュース
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000004-yonnana-soci

*安倍首相が安保法制違憲論にインチキ反論! 日米密約の「砂川判決」もちだす卑劣さも|LITERA/リテラ
 https://lite-ra.com/2015/06/post-1175.html
草々

« 「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」にご注目とご支援を!!:今こそ「伊達判決」を生かし、日米密約戦争同盟のくびきから日本を解放いたしましょう | トップページ | 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その2):東電幹部3人を最初から無罪放免する方針で起訴・裁判に臨んでいた日本の司法・裁判所・検察 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「砂川事件裁判国家賠償等請求訴訟」にご注目とご支援を!!:今こそ「伊達判決」を生かし、日米密約戦争同盟のくびきから日本を解放いたしましょう | トップページ | 東電福島原発事故刑事裁判 東京地裁判決は「全員無罪」=日本の司法は「暗黒時代」へ突入(その2):東電幹部3人を最初から無罪放免する方針で起訴・裁判に臨んでいた日本の司法・裁判所・検察 »

最近の記事

無料ブログはココログ