« (資料です)(1)水道法改悪=コンセッション方式による水道民営化の「自滅」 (2)中野晃一上智大学教授 (11/17)講演会資料 | トップページ | (他のMLでの議論です)外国人労働者を財界に言われるがままに受け入れる「入管法改悪法案」を撤回させましょう=このまま行くと必ずロクでもないことになります(その1) »

2018年11月22日 (木)

(12.17)日本の水道が売り飛ばされる!? DVD(映画)上映会「最後の一滴まで:ヨーロッパの隠された水戦争」

前略,田中一郎です。

映画DVD上映会のお知らせです。

 

●(別添PDFファイル)(チラシ)(12.17)日本の水道が売り飛ばされる!? DVD上映会「最後の一滴まで:ヨーロッパの隠された水戦争」(20181217日)

「tirasi_1217_mizusensou_dvd_joueikai.pdf」をダウンロード

安倍自公政権によって、全国の自治体の水道事業が外国資本などの民間企業に売り飛ばされようとしています。各自治体が水道事業の施設を引き続き所有したまま、その運営権を民間企業に譲り渡すというのです(コンセッション方式=PFIの一種)。今から数年前に自民党の麻生太郎氏がアメリカで日本の全ての水道民営化を約束する演説を行い、今般それに従うかのようにPFI法が改悪され、更に水道民営化法案が国会に提出されています(既に衆議院で可決)。しかし、このコンセッション方式は、これまで海外の多くの都市などで失敗につぐ失敗を重ね、施設の老朽化や破損・漏水の放置、水質の悪化・泥水化・有害化、事業請負民間企業の情報非公開や利益隠し、水道料金の大幅引き上げなどなど、さまざまな弊害をもたらして住民を激怒させ、国によっては暴動まで起きています。そのため今日では、世界の流れは「民営化」ではなく、その逆の「再公営化」が主流となっています。今回はヨーロッパ各国における水道民営化に伴う「隠された水戦争」を映画化したDVDの上映会を開催し、みなさまとともに水道事業民営化について考えます。(DVD上映終了後、田中一郎より水道民営化について簡単にコメントいたします)。

 

 <開催次第>

日 時:1217日(月)1830分~21時(開場18時) 

会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)

 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5分 

 水道橋西通りを神保町方面に向けて左折し、セブンイレブン、グローバルスポーツ、GS跡地(セブンイレブン)を過ぎて鉄建建設ビルを過ぎたら左折。

 

東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 

Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 

(下記サイトにPFI法、および水道法改悪関係の情報を掲載しておきました)

●(資料です)(1)水道法改悪=コンセッション方式による水道民営化の「自滅」(2)中野晃一上智大学教授 (11/17)講演会資料 いちろうちゃんのブログ

http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-2b5f.html

草々

 

« (資料です)(1)水道法改悪=コンセッション方式による水道民営化の「自滅」 (2)中野晃一上智大学教授 (11/17)講演会資料 | トップページ | (他のMLでの議論です)外国人労働者を財界に言われるがままに受け入れる「入管法改悪法案」を撤回させましょう=このまま行くと必ずロクでもないことになります(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (資料です)(1)水道法改悪=コンセッション方式による水道民営化の「自滅」 (2)中野晃一上智大学教授 (11/17)講演会資料 | トップページ | (他のMLでの議論です)外国人労働者を財界に言われるがままに受け入れる「入管法改悪法案」を撤回させましょう=このまま行くと必ずロクでもないことになります(その1) »

最近の記事

無料ブログはココログ