« 脱原発脱被曝バック・ナンバー(34)(抜粋)(2018年4月~5月) | トップページ | 1985年群馬県上野村の御巣鷹山に墜落した日航ジャンボ機123便は、「事故」ではなく「事件」、それも自衛隊や在日米軍が関係する国家犯罪事件だった可能性がある=衝撃の新刊書ご紹介 »

2018年6月 2日 (土)

(7.30)「国際原子力マフィアと放射線被曝をめぐる国際情勢」(川崎陽子さん)(オルタナティブな日本をめざして:第14回新ちょぼゼミ )

前略,田中一郎です。

 

●(別添PDFファイル)(7.30)「国際原子力マフィアと放射線被曝をめぐる国際情勢」(川崎陽子さん)(オルタナティブな日本をめざして:第14回新ちょぼゼミ )

「tirasi_kawasakisan_730.pdf」をダウンロード

川崎陽子さんは欧州在住の環境ジャーナリストで、国際的にも核や被ばくの問題について活発に発信をしておられます。チェルノブイリ原発事故後のヨーロッパの被ばく問題に精通され、いわゆる国際原子力マフィアと呼ばれる悪質な放射線被曝の歪曲・矮小化を行っているグループの動向についても詳しい方です。日本にも時折来られていて、東電福島原発事故に関する執筆活動も積極的です。昨今では、岩波月刊誌『科学』の20182月号に「放射線被ばくの知見を活かすために国際機関依存症からの脱却を:小児甲状腺がん多発の例から考える」を執筆されています。今回は、川崎さんの来日のタイミングに、真夏の暑い盛りの時ではありますが「国際原子力マフィアと放射線被曝をめぐる国際情勢」をテーマにご講演をいただくことにいたしました。また当日は「環境・脱原発先進国ドイツと日本とは何が違うのか」についてもお話しいただけることになっております。どうぞみなさま、この機会をお見逃しなく、ご参集いただけますと幸いです。

 

日 時:730日(月)18時~21時(開場1730分) 

会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)

  たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階 JR水道橋駅西口から5

  水道橋西通りを神保町方面に向けて左折し、グローバルスポーツビル、

  GS跡地を過ぎて鉄建建設本社ビルを過ぎたら左折。(別添PDFファイルに略図)

  東京都千代田区神田三崎町2-6-2  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 

  Email: nonukes@tanpoposya.net URL: http://www.tanpoposya.com/

 

講 師:川崎陽子(かわさき ようこ)さん                   

欧州(ドイツ語圏)在住環境ジャーナリスト 

横浜国立大学卒業後、                         

日本企業研究職、米国企業技術職を経て、

ドイツ・アーヘン工科大学で応用工学修士(環境学・労働安全)取得。

共著「公害・環境問題と東電福島原発事故」

核(兵器もエネルギーも)のない持続可能な世界を!

 

(参考)放射線被ばくの知見を生かすために国際機関依存症からの脱却を、小児甲状腺がん多発の例から考える(イントロ部分)(川崎陽子『科学 2018.2』)

「kagakuronbun_kawssakisan_20182.pdf」をダウンロード
 https://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo201802.html

 

(参考)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(77):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その4)=子ども甲状腺ガンについて(その1) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/77-b2a7.html


 
(参考)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(78):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その5)=子ども甲状腺ガンについて(その2):岩波月刊誌『科学』(2018年3月号)掲載の平沼百合論文より いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/7852018-14f0.html

 

(参考)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(80):昨今の放射線被曝をめぐる議論(その6)=子ども甲状腺ガンについて(その3)・Our PlanetTV 白石草さんの報道から 他 いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/80our-planettv-.html

 

(今後の予定)

●(予約優先)(7.5)(カネコノミクスが導く)日本経済再生への道:金子勝慶應義塾大学名誉教授(オルタナティブな日本を目指して:第13回新ちょぼゼミ) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/13-455c.html

●(予定)(2018820日)オルタナティブな日本をめざして(第15回):「原発はどのように壊れるか:金属の基本から考える」(井野博満東京大学名誉教授)

●(予定)(2018910日)オルタナティブな日本をめざして(第16回):「グローバル資本主義を乗り越える日本の食料・農業政策」(安田節子さん)

草々

 

« 脱原発脱被曝バック・ナンバー(34)(抜粋)(2018年4月~5月) | トップページ | 1985年群馬県上野村の御巣鷹山に墜落した日航ジャンボ機123便は、「事故」ではなく「事件」、それも自衛隊や在日米軍が関係する国家犯罪事件だった可能性がある=衝撃の新刊書ご紹介 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976500/73606246

この記事へのトラックバック一覧です: (7.30)「国際原子力マフィアと放射線被曝をめぐる国際情勢」(川崎陽子さん)(オルタナティブな日本をめざして:第14回新ちょぼゼミ ):

« 脱原発脱被曝バック・ナンバー(34)(抜粋)(2018年4月~5月) | トップページ | 1985年群馬県上野村の御巣鷹山に墜落した日航ジャンボ機123便は、「事故」ではなく「事件」、それも自衛隊や在日米軍が関係する国家犯罪事件だった可能性がある=衝撃の新刊書ご紹介 »

最近の記事

無料ブログはココログ