« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(89):(1)(公開)原子力市民委員会、(2)もんじゅ廃炉問題 (3)原発輸出 (4)各地の原発 他 | トップページ | 普遍主義的政策だ・ベーシックインカムだ、などと「空理空論」をするよりも、たとえば中学校の学校給食を何とかしろ! »

2018年5月15日 (火)

たかが政治、されど政治(1):見たくもない、聞きたくもない、実にくだらない政治=しかし、これをどうにかしなければ日本はどんどん悪くなるばかりなり

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)

 

(最初に若干のことです)

==================================

1.イベント情報

(1)(別添PDFファイル)(チラシ)(5.19)汚染物封じ込めで地質汚染は大丈夫が?(専門家と市民による豊洲会議)
「tirasi_519_toyosu_dokubutu.pdf」をダウンロード
 http://machi-pot.org/uploads/20180519.pdf

 

(2)(5.24)「日本国憲法と学校教育ー主権者教育の実態を問う」(高嶋伸欣さん)(オルタナティブな日本を目指して:第11回目(新ちょぼゼミ)) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/11-e0d3.html

 

(3)(チラシ)(5.26)前泊博盛沖縄国際大学大学院教授講演会「沖縄と憲法」

 http://jclu.org/wp-content/uploads/2018/04/20180526_soukai_chirashi.pdf

 

(4)(別添PDFファイル)(チラシ)(5.27)東電福島原発事故と私たちの人権

「tirasi_527_fukusimagenpatujiko_jinken.pdf」をダウンロード

(5)<速報! 緊急開催>シンポジウム

「築地市場の行方」第二弾「卸売市場法改悪で日本の食が破壊される?」(仮)

─・─・─・─・─・─・─・──・─・─・─・─・─・─

【日時】201862日(土)13:30

【場所】明治大学駿河台キャンパス リバティタワー 1143教室

【出演】宇都宮けんじ(弁護士・希望のまち東京をつくる会代表)、菅原邦昭

(仙台市中央卸売市場水産物卸協同組合事務局長)、中澤誠(築地仲卸・東京中

央市場労働組合執行委員長)

※その他の情報の詳細は、決まり次第お伝えします。

 

2.(報告)#脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判の会) 5.12新宿デモを開催しました

 https://fukusima-sokai.blogspot.jp/2018/05/blog-post.html

 

3.肺炎 気管支炎 花粉症 東京や大阪に忍び寄る大気汚染の影響は? 国際環境NGOグリーンピース

 http://ur0.link/K27m

 

4.IWJより

(1)日刊IWJガイド・番組表「<本日の岩上安身のインタビュー>イスラエル建国から70年を迎えた今日、在イスラエル米大使館がエルサレムへ移転!米国のイラン核合意離脱表明などで中東情勢が大きく揺れ動く中、本日午後430分より『「大災厄(ナクバ)」の日を目前に

 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36298

 

(2)日刊IWJガイド・番組表「<昨日のインタビュー報告>『「大災厄(ナクバ)」の日を目前に在イスラエル米大使館が移転! パレスチナの民族浄化~岩上安身による 東京経済大学 早尾貴紀准教授インタビュー(第3弾)』/本日午後6時より『平和か戦争か! 運命の前夜

 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36318

==================================

 

安倍政権・自民党政治がハチャメチャになって久しく、今や政治が諸悪の根源となり、日本の経済や社会を日々刻々と壊しつつあります。本来、政治の役割は経済や社会に起きる様々な問題をとらまえて、利害関係者の調整を図りつつ、それを何とか解決し、あるいは解決できなくとも暫定的にでも一定のところに落ち着かせることにあります。しかし今日の日本では、もはや物事はその逆で、政治と政治家が官僚を利用しながら、経済や社会に様々な害悪やロクでもないことをもたらし、諸悪の根源と化しているのです。

 

日本は長く政治や政治家をさして必要とはしてきませんでした。経済が好調で世界がうらやむような経済成長を長期間にわたって実現し、政治の力などを借りずとも、民間の経済や活力で多くの問題を乗り切ってきたからです。また、余計者扱いされた政治や政治家の方も、ある程度はそれを心得ていて、あまり極端なことや強引なことは避け、もちろんまともなことはほとんどしませんが、かといって害悪になるようなことも今と比べれば相当程度に少なく、好調な経済や民間の活動の上に意識的に胡坐をかいて、くだらないおしゃべり程度のことを格好をつけてやっているだけの、いわば社会の道化師のような役回りをあえて引き受けていたように思えます。この頃の有権者・国民の多くは政治に対してはシニカルに構えていて、政治家どもをバカにしながら「政治なんて誰がやっても同じで、しかもやってみたって一銭の得にもなりはしない」と突き放した態度をとっていました。いらぬことをしないのなら自民党でいいではないか、選挙の日に何もなくて暇なら投票に行ってやってもいいぞ、くらいの感じだったのではないかと思います。

 

それがバブル崩壊以降、有権者・国民の世代交代が進むとともに、日本がおかしくなり始めました。政治家と政治、官僚と行政が、日々刻々と腐っていき、そのうちに妙なイデオロギー(市場原理主義や似非愛国主義など)に染め上げられて、今度は政治や行政の側が日本の経済や社会に害悪をもたらすようになったのです。すべてを市場にまかせよという「新自由主義」であったはずの市場原理主義は、実は一握りの特権的企業や人間たちが自分たちの好き勝手をやり私利私欲を満たすためのご都合主義であることが次第に露わになりました。そして、これを懸念した有権者・国民が、政治を何とか改善しようとして選んだ2009年の政権交代と民主党政権もまた、「口先やるやる詐欺」のニセモノ政権で、バブル崩壊以降続く日本の政治を原因とする没落・転落を食い止めることができず、いよいよ今日の安倍自民党政権に戻って以降「末期的症状」を呈するようになったのです。自民党が駄目だったから民主党にやらせてみたのに、それが駄目だからといって自民党に戻せばもっと悪くなるのは目に見えていたにもかかわらず、愚かな日本の有権者・国民は再び自民党を政権の座につかせました。自分で自分の首を更に絞めたというわけです。

 

(関連)鈴木邦男氏が明言 「私は愛国者」と声高に言う人は偽物|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228792

 

日本の政治は、これまでは「たかが政治」でした。しかし、こうなってくると「されど政治」と言わざるを得ません。下記に直近のマスコミ報道などをご覧いただきますが、しかし、見たくもない、聞きたくもない、実にくだらない(自民党)政治ではありますが、これをどうにかしなければ、これからも日本はどんどん悪くなるばかりで、いずれ破局的な局面を迎えることになるのではないかと思われます(私は、今のまま行くと、原発・核燃料サイクル施設の再びの過酷事故が、戦争よりもかなり可能性の高い確率で「破局」「破滅」をまねくであろうと見ています。今度は福島第1原発事故程度では済まないでしょう)

 

下記にご紹介する政治や政治家に関連した直近情報は、ここ数日間で私のところに届いたものです。まずもってその数の多さに驚きです。もういい加減にしてくれよと言いたくなるくらいに、毎日毎日どどどどーと押し寄せてきます。そしてその次に、その内容のあまりのお粗末さ、レベルの低さ、下劣さ、出鱈目さ加減に更に驚かされます。記事そのものがお粗末なのではありません(もちろんS紙やY紙などのようにお粗末記事もありますが)。記事が取り上げている事件・事象・政治家の振る舞い・行政の在り方などがお粗末、低レベル、下劣、出鱈目なのです。これは本当にまずいと思います。

 

こうした政治や行政の劣化を招いているのは申し上げるまでもなく自民党とその政治家どもです。この連中はもはや政治家などとは言えないくらいにひどい連中で、まさに「ゴミ、クズ、カス、ゴロツキ、チンピラ」の類と言っていいでしょう。そしてその周りを公明や維新や国民民主や保守反動系の無所属らのタカリ政治家どもが取り巻いています。もちろん自民党の中にも地方議員を中心にタカリ政治家どもは大勢います。そして、そのタカリのもう一方の極が霞が関の官僚たちで、こちらは自民党の諸先生方よりも頭がよくてずる賢いですから、まるでカメレオンのごとく、まるでアイヒマン的なスタイルで、自民党政治家どもの一歩も二歩も先を読んで先手を打って「タカリ」をしてきます。それが世に「忖度」などと言われているものです(しかし、その手口を見ていますと、霞が関の官僚どもも腐った人事制度の故か、悪知恵が劣化してマヌケのタヌキのようになっているようですが)。そしてこうした「下劣連合」が「タカリ連合」と一体となって、日々、スピルバーグ監督の映画「グレムリン」のごとく、日本の政治・経済・社会をめちゃくちゃに破壊し続けています。

 

この悪循環=負のスパイラルを断ち切るには、もはや有権者・国民が旧来型の発想で政治家に期待をし、あるいは政治家の選択をしていたのでは話になりません。何故なら、政権を持つ既成政党やその政治家たちは、有権者・国民の生活や生存や幸せのことなど、ほとんど念頭にないからです。ただ彼らは有権者・国民が自分たちのするロクでもないことに怒ってプッツンしないように、情報をコントロールして印象操作を行い、世論を誘導して、いつまでもオバカのまま自分たちに選挙で投票をしてほしいと考えているだけの話です。たとえば北朝鮮を悪者にして戦争の危機を煽り立て、サイレンを鳴らして防空訓練を繰り返して、有権者・国民に対外的な恐怖と敵愾心を植え付けて、自分たちの思うことを実現させていくようなやり方です。彼らが有権者・国民のことをまともに考えていないことは福島第1原発事故後の被害者への対応一つを見てみてもよくわかります。つまり、こんな政治家どもに旧来型の発想でいつまでもすがりついていたのでは、あるいは放置をしていたのでは、事は悪くなる一方だということを意味しています。何よりも有権者・国民は、政治へのシニシズムを捨てて、自分を取り巻く大きな利害関係=自己利害をしっかりと見定めないといけません(自己利害を見誤れば今の日本では食い物にされることを意味します)。その自己利害に基づき、ロクでもないカス・クズ・ゴミ・タカリのような自民党や、その補完政党などの政治家を捨てて、自分の利益・利害を担ってくれるまともな政治家への投票行動が強く求められるのです。簡単に申し上げれば、政治や政治家の大掃除の季節がやってきたということです。

 

政治・政治家に対する従来型発想を市民運動・社会運動の中のことで申し上げれば、私がかねてより申し上げてきた「観客民主主義」としての「選挙情勢分析屋主義」や「合従連衡論花盛り」のようなこと、あるいは「選挙の時だけお祭り騒ぎ」で、選挙が終われば「お任せ民主主義」というパターンです。あるいはまた、1980年代の脱イデ・イデオロギー・ブームを忘れられずに「政治に対して私たちは中立なのよ」を決め込む「政治的カマトト主義」なども、今日の市民運動・社会運動には、まだ時折見かける行動様式です。その結果は、時々の選挙がマスゴミその他によって創られた歪んだ「時勢」の流れに流されて「好き嫌い」で決まっていく「AKB総選挙」をもたらし、伝統的な政治的シニシズムは投票率を益々落としていって、欲得か思考停止状態で動いている自民党や公明党、あるいは御用労組や農協などの組織をバックにした政治家たちが、何度選挙をやっても当選してくるという「せっちん詰め」状態に陥っていくのです。

 

この事態の解決方法は、もはや既成の政党や政治家に期待をしたり、やってもらうのではなく、従来の発想を捨てた上で、有権者・国民自らがその主権を行使して自分たちの手で政治を変えていく、政治家を変えていく、「ゴミ、クズ、カス、ゴロツキ、チンピラ」と「タカリ」を一掃するという挙に出る以外にありません。政治や政治家をバカにして事が済んだ時代はとうの昔に終わっているのです。そして、そのためには、有権者・国民が、今の自民党政治や安倍政権とは異なる「もう一つの政治や政権」をある程度具体的に、政策の体系のような形で共有化し、それを実現するために立ち上がるということでないと、こうしたことは前には進みません。つまり有権者・国民・市民が主導する「平成(及びその次)の世直し」として、「一票一揆」として、日本の政治を腐った政治家どもの手から有権者・国民が自分の手に取り戻し、かつ、その政治に主導される日本の行政もまた、腐った官僚の手から有権者・国民が自分の手に取り戻すことが必要なのです。(そしてそれが「後戻り」しないように「制度化」を並行して実現していくことです)

 

私は昨年の夏ごろより「オルタナティブな日本を目指して」と題した政策勉強会を毎月1回程度の頻度で続けてきています。各界の著名で良識のある方々をお招きして、いろいろなお話をしていただいています。それは単なる「お勉強会」や「単独イベント」などではなく、あくまでも今の自民党政治に代わる「オルタナティブな日本」を実現するためには、どのような現状認識でどのような政策が必要なのかを参加された皆様にお考えいただき、できれば最大公約数的なところで共有化していただきたいと思って、この企画を続けています。「オルタナティブ」とは、自民党の政治に代わる、有権者・国民の、有権者・国民による、有権者・国民のための「もう一つの政治」という意味です。毎年のように行われる選挙を、情緒的な「AKB総選挙」のようにしないための自分自身への「くい打ち」作業といってもいいかもしれません(欧州各国や隣国の台湾・韓国などでも政権交代が行われ、有権者・国民が主導する形で政権交代が実現して、政治がいい方向に少しずつでも転換している様子がうかがえます。その逆を行っているのが情けなくも悲しくも先進国と言われる国では日本だけのような状況です。日本では、もはや政治家どもに問題があるのは当然として、それを追認している有権者・国民にも問題があることは明らかではないかと思います。)。

 

今月5月と来月6月には、下記の著名な講師をお招きしてお話をうかがいます。同時に、講演が始まる前の少しの時間で、今回と次回は私の方から「オルタナティブな日本」を目指す政権がどのような政策体系を持つべきかの試論をみなさまにご提案したいとも思っております。ふるってご参加いただけるととても幸いです。

 

●(5.24)「日本国憲法と学校教育ー主権者教育の実態を問う」(高嶋伸欣さん)(オルタナティブな日本を目指して:第11回目(新ちょぼゼミ)) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/11-e0d3.html

 

●(6.14)「(医療現場から見る)日本の医療政策と厚生労働省=どこにどのような問題があるか」(西尾正道(独)国立病院機構北海道がんセンター名誉院長)(オルタナティブな日本をめざして:第12回新ちょぼゼミ ) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/12-ec55.html

 

みなさま、今さら申し上げるまでもありませんが、一刻も早く安倍政権を退陣させましょう。彼らと憲法論議をすることなど、まったくバカげたことで、立憲的改憲論などは時期尚早の「場違い」「向こう見ず」「政治音痴」のなせる業というほかありません。そもそも憲法を守ろうともしないような連中と、憲法の話をしてみても仕方がないではありませんか。そして、安倍政権を倒したその次は自民党の撲滅です。自民党はもはやかつてのような「成長の果実」を有権者・国民に広く分配する穏健保守の政党などではありません。上記で申し上げたように、今日の日本にとっては諸悪の根源であって、日本を次々と壊していくわけですから(たとえば種子法やTPPなど)、ほとんどの有権者・国民の「利益」や「利害」にも反し、更にその生活や生存を脅かす政治集団でもあるのです。退治する以外にありません。そのためには、桃太郎の鬼退治ではありませんが、そのための主体形成=つまり「誰がやるのか」「政権交代してどうするのか、何をするのか」が明確にわかりやすい形で有権者・国民に提示され、そして圧倒的多数の有権者・国民がそれに説得され共感をしなければならないのです。それに向けて頑張っていきましょう。

 

(関連)たとえ正論ではあっても…いま場違いな「立憲的改憲論」|小林節 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228756

 

(関連)平壌日記 PYONGYANG DIARY 北朝鮮 日朝交渉には新たな首相が必要

 http://kodawarijournalist.blog.fc2.com/blog-entry-165.html

 

以下、私に送られてきたマスコミ報道その他を下記に列記していきます。数が多いですので、みなさまには、まず全体をざっとご覧になり、どのような記事見出しのものがあるかをつかんだ上で、その中で見ておいた方がいいものをお選びになってご覧になることをお勧めします。一つ一つを丁寧に見ていたら時間がいくらあっても足りないと思います。

 

1.(別添PDFファイル)平成の黒い霧解散、今やったらこうなる、政党別議席「大予測」(イントロ部分)(『サンデー毎日 2018.5.20』)

 http://mainichibooks.com/sundaymainichi/society/2018/05/20/post-2006.html

 

           2017年 野党一本化(予測) 野党バラバラ(予測)

 自民党       284     241     268 

 公明党        29      31      31

 与党計       313     272     299

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 立憲民主党      55      75      66

 国民民主党      50      83      68

 共産党          12      13      13

 日本維新の会     11      11      11

 社民党           2       2       2

 自由党           0       2       2

 野党計         130     186     162

 無所属          22       7       4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 合計           465     465     465

 

(田中一郎コメント)

 詳しくは『サンデー毎日』(2018.5.20)をご覧ください。上記は仮に今、衆議院が解散されて総選挙となった場合にはこうなるだろうと予測をしたものです。実際の選挙がこのようになるとは限りませんが、しかし、こうしたものは「当たらずともはずれず」で見ておけばいいのではないかと思います。私はこれを見て「ああ、まだこんな状態なのか」「これではだめだ」「これでは安倍政権が仮に退陣となっても今の自民党政治は変わらず、むしろ野党第1党が立憲民主党から国民民主党に代わることにより、より一層ひどくなるだろう」と思いました。特に政権批判の野党側が候補者を調整しない場合には、与党の自民・公明やその腰巾着の維新の議席の減り方が少なく、安倍退陣もおぼつかないでしょう。唯一評価できるのは、典型的な風見鶏の日和見である無所属がほとんどいなくなるという一点だけです。もし来たる次の衆議院選挙がこんな結果になれば、またぞろ日本の政治は変わらないまま諸悪の根源をやり続け、日本は破滅へと一歩一歩近づいていくことになります。この選挙結果では、それを止めることはかないません。由々しき事態が進行中だということを意味します。つまり、私たち市民運動・社会運動は、今のやり方を続けていても、おそらくは日本を変えることはできないでしょうし、自民党政治がまだまだ続くため、何一つと言っていいほど事態は改善しないだろうということを意味しています。やはりこれまでのやり方を変えないとだめだということではないでしょうか。 

 

(関連)世論調査:内閣支持率は38.9% 不支持50・3% - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180514/k00/00m/010/011000c?fm=mnm

(「脳内革命」が必要な御仁が、まだ38.9%もいらっしゃるようです:田中一郎)

 

2.痛快 日刊ゲンダイの安部政権批判

(1)(別添PDFファイル)この首相に歴史の転換点を任せていいのか、彼は北が脅威でなければ困るのだ(日刊ゲンダイ 2018.5.10

 http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/360.html

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228679

 

(2)(別添PDFファイル)安倍がいる限り国はどんどん壊れていく、惨めな官僚、鉄面皮の巨悪(日刊ゲンダイ 2018.5.12

 http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/450.html

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228854

 

(3)(別添PDFファイル)狂人をいつまでのさばらせるのか、集中審議の前に必要なのは精神鑑定(日刊ゲンダイ 2018.5.15

 http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/571.html

(4)(別添PDFファイル)南北融和で「脅威」後退、社会保障費より防衛費を削ったらどうか(日刊ゲンダイ 2018.5.9

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228593

(5)排除された安倍首相…日本抜きで進む北朝鮮和平シナリオ|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229011

(6)意味深リポートが話題 聞こえてきた安倍退陣相場の足音|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228683

 

3.平成の大ウソつき=柳瀬唯夫 関連の報道TOP10

(1)また「加計ありき」 山本幸三前大臣が京産大を門前払い|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229073

(2)東京新聞 信用性揺らぐ柳瀬氏答弁 愛媛県 名刺公開し反論 社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018051202000134.html

(3)真偽を検証 柳瀬氏答弁「アポがあれば誰とでも」は大ウソ|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228965

(4)逆襲開始…中村愛媛県知事の“隠し玉”に安倍自民は戦々恐々|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228964

(5)【報ステ】愛媛知事「職員は子どもの使いではない」

 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000127083.html

(6)安倍首相の指示否定…出来レースだった柳瀬氏の参考人招致|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228791

(7)加計関係者との面会を認めた柳瀬元秘書官がまだ隠していること まぐまぐニュース!

 http://urx.mobi/K31f

(8)「首相に報告せず」なぜ記憶鮮明なのか 高木光太郎さん:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/ASL5B66JTL5BUPQJ005.html

(9)「過去にないウソつき政権」自民内に危機感 加計問題:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/ASL5C5H4XL5CPTIL01F.html

 

10)日刊IWJガイド・番組表「相談や指示など総理の関与はなく、秘書官の独断で官邸での面会に応じた! 自治体職員は発言しなかったので記憶に残っていなかった! 柳瀬唯夫元総理秘書官が国会予算委へ参考人招致/米朝首脳会談に向けた一歩!北朝鮮が拘束していた米国人

 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36272

 

4.セクハラ居直りKYチンピラ男=麻生(アホウ)財務相:KY=漢字読めない・簡単に辞めない

(1)麻生財務相:また開き直り セクハラ罪ない 女性ら憤り - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180509/ddm/041/010/108000c?fm=mnm

(2)麻生大臣は「罪はない」セクハラ男の思考回路と家庭環境|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/228968

(3)森友学園問題と酷似「麻生グループ」への土地無償貸与問題│NEWSポストセブン

 https://www.news-postseven.com/archives/20180513_673400.html

(4)麻生氏、公文書改ざん「どの組織だってある個人の問題」:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/ASL585FH2L58ULFA01Q.html

(5)人権侵害の不法行為は明白 セクハラ罪ないという勘違い|小林節 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229015

 

(6)東京新聞麻生氏「はめられた」発言撤回 セクハラ認めた財務省と矛盾経済(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201805/CK2018051202000142.html

(7)セクハラ鈍感発言やまず 麻生氏も、自民議員も:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13489933.html?ref=nmail_20180512mo

(8)「はめられた」麻生氏が撤回 セクハラ問題:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13489890.html?ref=nmail_20180512mo

(9)東京新聞「セクハラ罪ない」発言に抗議 各地で女性ら一斉に社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018050701002176.html

10)セクハラ:「麻生氏辞任すべきだ」49% 共同通信調査 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180513/k00/00e/010/173000c?fm=mnm

 

(どういう人たちにどのような世論調査をしているのか知らないが、このアホウは辞めなくてもいいなどと言っている人間がこの世にいるのか? 少なくとも日本の全女性は、このアホウ財務相を内閣はもちろん、国会から永久に追放すべきと考えていると思っていたが、そうでもないのか? 信じがたい話だ)

 

5.諸悪の根源の根源=自民党を撲滅せよ:やめて、そめて、うすめて、きえて

(1)全国一斉自民党前抗議 #0511FCKLDP

 http://fckldp.jp/

(2)東京新聞 自民党前 抗議デモ 本部や神奈川など一斉に 社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018051202000127.html

(3)安倍首相を守ろうと論理破綻 柳瀬氏と自民党の支離滅裂|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/229016/1

(4)自民党:「魔の3期生」不祥事続く「子供3人以上産んで」加藤議員が発言、撤回 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180511/ddm/041/010/088000c

(5)自民党:「劣化激しい」の声 不祥事相次ぐ「魔の3期生」 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180511/k00/00m/010/125000c?fm=mnm

(6)国場幸之助議員と観光客を書類送検の方針 路上トラブルで那覇署 沖縄タイムス+プラス ニュース 沖縄タイムス+プラス

 http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/247441

(7)まるで卒業旅行…安倍政権“渦中の人物”が続々と米訪問の怪|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/227769

 

(8)ヨガ通いの林文科相 政治資金でナイトスポット巡りのア然 安倍政権の汚れたカネを読み解く(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

 http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/279.html

 

(さすがは安倍政権・自民党の文科大臣だけありますね、やることが違うワ、ほんまに、大したもんでっせ。みんなでほめ殺しましょう)

 

6.立憲民主党と野党各党諸君、しっかりしてくれよ/国民民主党と日本維新の諸君、早く解散しろよ

 

(1)(メール転送です)生方幸夫議員と環境・農業分野での政策要望懇談会を開催

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「つながろう! ちば6区 市民連合」が2018512日、立憲民主党の生方幸夫衆院議員と環境・農業分野での政策要望懇談会を開催しました。議員が国会質問に意欲を示されたのは環境アセスです。期待しましょう。私からは「軍事基地建設およびリニア新幹線に伴う環境破壊/汚染について」 (2018512日)という資料を議員に提出し、簡単に説明しました。

 

要望書の項目はどれも重要なのですが、辺野古新基地の建設は、辺野古側の埋め立て用護岸がもうすぐ閉じられようとしており、まったなし。立憲民主党には同基地建設反対を正式決定してほしいところです。立憲民主党は「辺野古新基地移設方針に関する再検証委員会」を2回開催しました。1回目は委員構成の決定、2回目は勉強会。本来なら全議員座り込みくらいを実践してもらいたい段階。

 

●屋良朝博氏を招き「辺野古新基地移設方針に関する再検証委員会」が全議員勉強会を開催 - 立憲民主党

 https://cdp-japan.jp/news/20180405_0342

 

議員自身は辺野古新基地に反対ですが、立憲民主党全体に動いてもらうには、市民からの圧倒的な声が必要です。

 

(関連)(別添PDFファイル)軍事基地建設およびリニア新幹線に伴う環境破壊/汚染について (2018512日)

「gunjikiti_rinia_osen.pdf」をダウンロード

(関連)(別添PDFファイル)立憲民主党に対する千葉6区政策要望書(2018512日)

「tiba6ku_rituminnhe_youseisyo.pdf」をダウンロード
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(2)立憲民主党じわり勢力拡大 地方組織設立も着々 枝野幸男氏自信 産経ニュース

 http://www.sankei.com/politics/news/180512/plt1805120017-n1.html

(3)立憲代表「自民に踏み絵」=内閣不信任検討、改めて強調

 http://urx.mobi/K35c

(4)野党足元見られ…柳瀬氏招致で安倍政権描く幕引きシナリオ|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228484

(5)民進代表の新党参加要請断ったと小沢氏 - 共同通信

 https://this.kiji.is/356358149144052833

 

(6)「字画バッチリ」と党名を自賛…国民民主党は大丈夫か?|室井佑月 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228784

(7)国民・大塚氏「どうぞあちらに」 翌朝、枝野氏に謝罪:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/ASL5B4VJDL5BUTFK01K.html

(8)立民党やゆした発言は「誤報」国民・大塚代表、一方で反省も 琉球新報

 https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-716294.html

(9)「帰ってきた民主党」は支離滅裂で悲しすぎる(東洋経済オンライン)

 http://urx.mobi/K35U

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180406-00215523-toyo-bus_all

10)新党参加せず 前首相&元代表が地域政党に逃げ込む断末魔|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228592

 

7.その他

(1)さすらいのジャーナリスト 安倍政権の「隠蔽の構造」暴く(AERA dot.Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180427-00000005-sasahi-pol

(2)官僚も官邸も「ウミ」まみれ 誰が日本を仕切るのか?(ニューズウィーク日本版)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180512-00010000-newsweek-int

(3)公文書クライシス:防衛省、抽象ファイル名 イラク支援「運用一般」南スーダン派遣「研究」職員「公開請求逃れ」毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180513/ddm/001/010/186000c?fm=mnm

(4)公文書クライシス:防衛省ファイル名 上の指示で抽象化 ずさん管理の温床 職員嘆き 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180513/ddm/041/010/134000c?fm=mnm

(5)日中韓会談、対北朝鮮で「蚊帳の外」の日本 国内政治 東洋経済オンライン

 http://urx.mobi/K36z

 

(6)財務省:「森友」記録数百ページ存在 月内にも国会提出へ - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180512/k00/00m/010/078000c?fm=mnm

(7)森友との交渉記録存在 財務省、佐川氏「廃棄」と答弁:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13489896.html?ref=nmail_20180512mo

(8)森友交渉記録500ページ超次々暴かれる財務省の隠蔽工作|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228753

(9)入学者定員割れ 加計学園系「千葉科学大」に漂う経営不安|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228857

10)(別添PDFファイル)諸悪の根源は経産省(山口二郎 東京 2018.5.13

 http://no-nukes.blog.jp/archives/9112320.html

 

11)拉致問題「なぜ日本は直接言ってこないのか」金正恩衝撃発言までの内幕(文春オンライン) 北朝鮮をめぐる国際情勢が急転している。|dメニューニュース(NTTドコモ)

 http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/bunshun/world/bunshun-7372

 

(安倍晋三とそのエリマキトカゲたちは、北朝鮮による日本人拉致問題を政治利用してきただけで、その解決のための努力を一切してこなかったばかりか、解決へ向けた動きすらを踏みにじってきた背信人間たちである。こんな連中に騙されてはいけません。:田中一郎)

 

●朝鮮半島情勢と拉致被害者:元「家族会」事務局長・蓮池透さんに聞く!(東京・水道橋)

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1525062797608staff01

草々

 

 

« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(89):(1)(公開)原子力市民委員会、(2)もんじゅ廃炉問題 (3)原発輸出 (4)各地の原発 他 | トップページ | 普遍主義的政策だ・ベーシックインカムだ、などと「空理空論」をするよりも、たとえば中学校の学校給食を何とかしろ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976500/73492960

この記事へのトラックバック一覧です: たかが政治、されど政治(1):見たくもない、聞きたくもない、実にくだらない政治=しかし、これをどうにかしなければ日本はどんどん悪くなるばかりなり:

« 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(89):(1)(公開)原子力市民委員会、(2)もんじゅ廃炉問題 (3)原発輸出 (4)各地の原発 他 | トップページ | 普遍主義的政策だ・ベーシックインカムだ、などと「空理空論」をするよりも、たとえば中学校の学校給食を何とかしろ! »

最近の記事

無料ブログはココログ