« この大量の放射能汚染ゴミをどうするつもりか=今や原発は「トイレなきマンション」どころか「糞尿だらけの汚物マンション」だ | トップページ | (予約優先)(7.5)(カネコノミクスが導く)日本経済再生への道:金子勝慶應義塾大学名誉教授(オルタナティブな日本を目指して:第13回新ちょぼゼミ) »

2018年5月 8日 (火)

本日(5/8)のいろいろ情報:(1)新・もんじゅ訴訟 原告が取下げ (2)危険すぎる中国産食品(『週刊文春』) (3)「劣化した“自称・保守”たちへ」『ゴー宣』再開・小林よしのり 他

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

(最初に若干のことです)

==================================

1.(5.21)()「とめよう!東海第二原発首都圏連絡会」結成集会

 

 日 時:5月21()17:00より記者会見 18:00より結成集会

 会 場:参議院議員会館 101会議室

 連絡・問合せ:「再稼働阻止全国ネットワーク」

          TEL 070-6650-5549

 

2.(別添PDFファイル)(チラシ)(5.27)科学史学会シンポ「UNSCEARの歴史と現在」

「tirasi_527_kagakusi_sinpo.pdf」をダウンロード
 http://historyofscience.jp/wp-content/uploads/2018/04/2018rikadai_program.pdf

 

3.日刊IWJガイド・番組表「自衛隊会議室で退職者と予備自衛官の団体が憲法改正運動! 繰り返される軍事ファシズム!/進水はしたものの希望に満ちて民とともに進めるか?国民民主党のこれからの航路は?/『平和か戦争か! 運命の前夜の韓国へIWJ記者を特派!1

 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/36180

==================================

 

本日(5/8)のいろいろ情報です(メール転送を含む)。

 

 <別添PDFファイル>

(1)(当日資料)新・もんじゅ訴訟(2018.5.7

(2)トランプのアメリカに住む(5):労働者階級文化のゆくえ(一部抜粋)(吉見俊哉『世界 2018.6』)

(3)日本の食品 規制緩和協議、日中首相 輸入巡り合意へ(日経 2018.5.8

(4)希望、野党像結べぬまま、政策・理念党内でズレ、7カ月で事実上解党(朝日 2018.5.4

(5)大ひんしゅく、玉木、大塚代表、野党共闘に水(日刊ゲンダイ 2018.5.8

(6)新党参加せず、大物が地域政党に逃げ込む断末魔:岡田克也・野田佳彦(日刊ゲンダイ 2018.5.9

(7)なぜアベ好戦首相は冷や水を浴びせるのか、米朝歴史的和解ならば日本の政治も劇的転換(日刊ゲンダイ 2018.5.9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(8)「読売新聞質問への韓国ムン・ジェイン大統領の書面回答の全文」(転送:寺島さん 2018.5.8

(9)文在寅提案・南北共同「韓半島新経済地図」構想(転送:寺島さん 2018.5.8

 

1.もんじゅ設置許可取消訴訟、原告側が裁判取り下げを申し立て(TBS系(JNN))Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180507-00000079-jnn-soci

 

(関連)(別添PDFファイル)(当日資料)新・もんじゅ訴訟(2018.5.7

「siryou_sinmonju_57.pdf」をダウンロード

(田中一郎コメント)

 高速増殖炉「もんじゅ」の廃炉計画が認可され、新・もんじゅ訴訟を提訴していた原告側が提訴を取り下げました。原告の皆さま、そして原告弁護団の皆さま、旧もんじゅ訴訟以降の長い間、ご苦労様でした。そのご尽力に心より感謝申し上げます。今後は、もんじゅ廃炉のプロセスが非常に危険なので(特に放射化した金属ナトリウムや使用済みMOX核燃料)、その監視や情報公開とともに、更に核燃料サイクルのもう一つの危険の塊である再処理と高レベル放射性廃液・廃棄物の管理について、追及を強めていきましょう。核のゴミと核の危険をこれ以上増やすな、が共通目標です。別添PDFファイルは裁判後の報告集会・記者会見時に配布された資料です。

 

2.(別添PDFファイル)トランプのアメリカに住む(5):労働者階級文化のゆくえ(一部抜粋)(吉見俊哉『世界 2018.6』)

 https://www.iwanami.co.jp/book/b361266.html

 

(新年になって以降、岩波月刊誌『世界』に連載されている吉見俊哉東京大学教授によるトランプ政権下のアメリカ社会の現地からの報告レポートは非常に興味深い内容になっていて毎月欠かさずに読んでいます。今回も先般のアメリカ大統領選挙を左右したラストベルトの労働者たちや旧中間層の没落を巡る社会学的な分析が行われています。一部抜粋をした部分は「貧困の連鎖」についての記述の部分です。よく書けていると思います。単純オバカの自己責任論など吹き飛ばす内容です。:田中一郎)

 

3.危険すぎる中国産食品 文春オンライン

 http://bunshun.jp/category/chugoku-shokuhin

 

(1)危ない中国食品 2018:『週刊文春』

 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/9503

 

(2)〈第2弾〉危ない中国食品 2018 「最新回収事件」〈実名リスト〉 レトルトカレー、うなぎ、穴子、かんぴょう、ハチミツ、ピーナッツ豆菓子、冷凍インゲン、炊き込みごはんの素週刊文春デジタル週刊文春デジタル(週刊文春デジタル) - ニコニコチャンネル

 https://www.youtube.com/watch?v=56hlObWTrQM

 http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1487670

 

(3)〈第3弾〉「危ない中国食品」はこうして見破れ!〈業者が告発〉週刊文春デジタル週刊文春デジタル(週刊文春デジタル) - ニコニコチャンネル社会・言論

 https://www.youtube.com/watch?v=FEdpu9S6H14

 http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar1495476

 

(上記の驚愕の実態に対する安部自民党政権・日本政府・霞が関官僚達の対応は下記です。唖然としますね。そのココロは「中国産食品を輸入したり、それで商売をしたりしている企業が最優先なんだよ。おまえら一般国民は、つべこべいわずに食ってりゃいいんだ。それに中国産品は安いから、お前らも楽でいいだろう。文句ぬかすな。」ということです。ちなみに日本は世界最大の食料輸入国ですが、その輸入検疫所の検査体制は、おそらく先進国と言われる国々の中ではサイテーで、たったの400人ほどの検疫官が、ほんの僅かばかりを検査しているだけです(輸入食品全体の約8%)。しかも、その大半はモニタリング検査と言って、先に通関・流通させておいて事後的に安全検査をするので、危ないぞと分かった時には既にそのほとんどが私たちの胃袋の中です。回収されたりしますが、その回収率は低迷しています。おそろしや~、おそろしや~、私は絶対に中国産品には手を出しません。日本の食品は今や輸入食品を中心に家畜のエサ並みかそれ以下のゴミ・残飯のたぐいに近くなってきました。:田中一郎)

 

(関連)(別添PDFファイル)日本の食品 規制緩和協議、日中首相 輸入巡り合意へ(日経 2018.5.8

 https://news.nifty.com/article/domestic/government/12145-025697/

 

4.ニセモノ似非野党「国民民主党」

 昨日、発足したようですが、間もなく消えてなくなるでしょう。それが日本のためでもあります。

 

(1)(別添PDFファイル)希望、野党像結べぬまま、政策・理念党内でズレ、7カ月で事実上解党(朝日 2018.5.4

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13479436.html

(2)(別添PDFファイル)大ひんしゅく、玉木、大塚代表、野党共闘に水(日刊ゲンダイ 2018.5.8

 http://www.asyura2.com/18/senkyo244/msg/261.html

(3)(別添PDFファイル)新党参加せず、大物が地域政党に逃げ込む断末魔:岡田克也・野田佳彦(日刊ゲンダイ 2018.5.9

 https://www.youtube.com/watch?v=7FEX9M7N-vQ

 

 <関連サイト>

(1)クローズアップ2018:国民民主 熱なき船出 希望・民進 4割がソッポ 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180508/ddm/003/010/079000c?fm=mnm

(2)国民民主党、結成 衆参62人参加、47人離脱:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13483082.html?ref=nmail_20180508mo

(3)国民民主党:地方は依然「共闘」探る 来春の統一選にらみ - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00m/010/113000c

(4)「国民民主党」先祖返り、小池都知事も「無念」 国内政治 東洋経済オンライン

 http://ur2.link/JUc0

(5)国民民主党が62人で結党「間違いなく厳しい道程の第一歩」(THE PAGEYahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180507-00000010-wordleaf-pol

(6)新「希望の党」、衆参5人参加 代表に松沢氏:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13482985.html?ref=nmail_20180508mo

(7)野党結集の道筋描けず 基本政策、あいまい 国民民主党、旗揚げ:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/DA3S13482977.html?ref=nmail_20180508mo

(8)国民民主党、波乱の船出。大塚耕平氏「国民と聞いたら思い出して」(⇒「いやです」:田中一郎)

 https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/07/kokumin_a_23428455/

(9)船出からジリ貧 国民民主党「支持率1%」脱出できるのか|日刊ゲンダイDIGITAL「できません」:田中一郎)

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228594

 

5.旧日本軍731部隊:3607人実名記載 国立公文書館が名簿開示 請求者明かす - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180416/ddm/041/040/109000c?fm=mnm

 

6.「劣化した“自称・保守”たちへ」『ゴー宣』再開・小林よしのりが“1億総ゴーマン時代に伝えたいこと BUSINESS INSIDER JAPAN

 https://www.businessinsider.jp/post-165311

 

(アジア太平洋戦争や天皇制を肯定し賛美してみたり、従軍慰安婦に強制はなかったなどと言ってみたりしている人物が「保守とはバランス感覚だ」「時代を後ろ向きに進めてはならぬ」などと厚顔にも言い放つ。あるいは山尾志桜里の立憲的改憲論なるものに肩入れをし、憲法文言いじりのお遊びに興じる姿勢を見せる始末。自衛隊は違憲ではないなどと、実際の自衛隊のあり様を見ようともしていない。こんな人物にアナクロニズムなどと言われた安倍晋三やそのエリマキトカゲどもも情けない限りだ。但し、こいつの安倍晋三・安倍政権や親米の似非保守に対する批判は当たっている。そもそも「親米」と「保守」とは正反対の言葉だということさえ似非保守達には理解ができていないようである。バカ丸出し。:田中一郎)

 

(関連)愚かなり、山尾志桜里の「新九条論」=すべての戦争は「自衛」を大義名分とする! 現行憲法に明記されていることすら守らないアベ自民党を相手に憲法の条文いじりをして何の意味があるのか!+ 憲法改悪関連情報 いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-163e.html

 

7.日刊ゲンダイの安倍政権徹底批判

(1)(別添PDFファイル)なぜアベ好戦首相は冷や水を浴びせるのか、米朝歴史的和解ならば日本の政治も劇的転換(日刊ゲンダイ 2018.5.9

 http://ur2.link/JUci

(2)安倍首相はなぜ在韓米軍の削減や撤退に反対するのか?|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228539

(3)自民・国場議員が一転…傷害容疑で書類送検に至ったワケ|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228544

(4)ヨガ通いの林文科相 政治資金でナイトスポット巡りのア然|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228538

(5)北の脅威後退も…防衛費より社会保障費を削る政権の筋違い|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228593

 

(関連)「国政モニターに差別的内容」指摘 内閣府、公開やめる:朝日新聞デジタル

 https://www.asahi.com/articles/ASL575JQML57ULZU00C.html

(アベ・ネトウヨ連合政権だから、こういうのが政府の公表物になるのでしょう:田中一郎)

 

8.(メール転送です)寺島さんから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)(別添PDFファイル)「読売新聞質問への韓国ムン・ジェイン大統領の書面回答の全文」(転送:寺島さん 2018.5.8

(2)(別添PDFファイル)文在寅提案・南北共同「韓半島新経済地図」構想(転送:寺島さん 2018.5.8

 

(関連)朝鮮半島の平和議論に加われない「憎まれ役」安倍首相のジレンマ AERA dot. (アエラドット)

 https://dot.asahi.com/aera/2018050700020.html

(「憎まれ役」などという表現は不適切でしょう。一国の首相がロクでもない連中と一緒に好きでやっとるのだから責任問題だよ。:田中一郎)

 

9.セクハラして居直ってていいのか!?(信じがたい国だな)

 外国に出かけて行ってまでセクハラを「居直り」してますよ、このアホウ財務大臣は。世界に日本の恥を晒して歩いているようなもの。クビにせよ。

 

●キャンペーン · 女性差別を行う日本相撲協会の「公益」認定取り消しを! Change.org

 http://ur2.link/JUcQ

 

(1)協会に説明の義務 大相撲の女人禁制は憲法違反ではないか|小林節 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228239

(2)麻生氏:「セクハラ罪ない」持論を改めて主張 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20180508/k00/00e/040/206000c?fm=mnm

(3)何十年も暴言連発…麻生太郎を辞めさせられない摩訶不思議|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/228536

(4)「セクハラを許さない」財務省前で麻生大臣発言に抗議 OurPlanet-TV

 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2249

(5)20180507 UPLAN 麻生財務大臣の発言に抗議する5.7財務省前緊急行動 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=kjWhf6TZ0xY

 

10.防衛省が日報を隠蔽してまで秘密にしておきたい「不都合な真実」(半田滋 現代ビジネス 2018.4.7

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55171

 

(田中一郎コメント:自衛隊のイラク戦争派遣と日報隠蔽事件について)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)当時の自衛隊が派遣された場所は非戦闘地域ではなかった(日本の有権者・国民だけでなく、平和国家として世界各国への重大な背信行為)⇒ 自衛隊員の身の危険が極限状態にあった(許されない自衛隊員への背信行為)

 

(2)当時の小泉純一郎のふざけた国会答弁と機能しない国会質疑

 *「どこが非戦闘地域課など私に聞かれてもわからない」

 *「自衛隊の行くところが非戦闘地域

 

(3)上記に限らず当時の小泉純一郎政権の政治家どものイラク派遣と自衛隊に対する振る舞いは出鱈目そのものだった(半田滋氏のレポート参照)

 

(4)国際法違反の米ブッシュ・ジュニア政権の戦争への明々白々の加担(対米隷属の愚かなる振る舞いの一つだった)

 

(5)航空自衛隊による度重なる米軍兵士・武器弾薬の空輸は日本国憲法違反との名古屋高裁の判決が確定している(⇒ 小泉純一郎は「おかしな判決だ」と一笑に付しただけ:その態度の悪さは三権分立を軽視・無視する違憲行為)

 

(6)イギリスでは当時のブレア政権のイラク戦争への加担について、事実関係をきちんと検証する「総括的レビュー」が行なわれ、ブレア元首相が謝罪に追い込まれているが、日本ではイラク日報が隠蔽されるとともに「終わった話」にされて忘却の彼方へ(イギリスと日本の違いは民主国家・国民主権の国か、そうでないかの違い)

 

(7)もはやシビリアンコントロールは絵に描いた餅で、逆に自衛隊制服組が政府や世論をコントロールする「逆シビリアンコントロール」が出現している。危険な事態である。(日報隠蔽について、その責任者を厳罰をもって対処せよ:それが再発防止の最有力な方法)

 

(8)アベ戦争法や特定秘密保護法を廃棄したのち「自衛隊海外派兵禁止法」の制定(集団的自衛権行使禁止条項を含む)が必要だ。情報公開法や公文書管理法の抜本改正も必要である。しかし、憲法改正も憲法論議も当分の間必要なし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

草々

 

« この大量の放射能汚染ゴミをどうするつもりか=今や原発は「トイレなきマンション」どころか「糞尿だらけの汚物マンション」だ | トップページ | (予約優先)(7.5)(カネコノミクスが導く)日本経済再生への道:金子勝慶應義塾大学名誉教授(オルタナティブな日本を目指して:第13回新ちょぼゼミ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この大量の放射能汚染ゴミをどうするつもりか=今や原発は「トイレなきマンション」どころか「糞尿だらけの汚物マンション」だ | トップページ | (予約優先)(7.5)(カネコノミクスが導く)日本経済再生への道:金子勝慶應義塾大学名誉教授(オルタナティブな日本を目指して:第13回新ちょぼゼミ) »

最近の記事

無料ブログはココログ