« 本日(12/11)のいろいろ情報:(1)ロシア革命100周年 (2)経団連の榊原定征よ、つべこべ言ってないでさっさと(東レ品質不正事件)引責辞任しろ! (3)リニア工事、不正入札容疑 他 | トップページ | (祝)伊方原発運転差し止め(仮処分)訴訟 広島高裁で勝訴=裁判官各位の勇気に感謝するとともに、広島の原告・弁護団のみなさまに心より感謝申し上げます(日本破滅の危機をとりあえず回避)(現段階の主な関連記事を全て掲載) »

2017年12月14日 (木)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(67):原発事故の危険が迫っている! 早く原発など止めて使用済み核燃料の安全対策を行え!

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

(最初に若干のことです)

===========================

1.このままでは危ない! (12.14)「オルタナティブな日本を目指して」学習会(第6回目)「広告代理店・電通とオリンピック、そして憲法改正国民投票」(本間龍さん)JR水道橋(新ちょぼゼミ) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-df80.html

 

(次々回)(2018.1.29)「オルタナティブな日本を目指して:第7回目」(新ちょぼゼミ):「公正な税制実現とタックスヘイブン:パラダイス文書の衝撃」(講師:合田寛氏) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/7-e94f.html

 

2.キャンペーン · 原発事故避難者の強制立ち退きに反対します · Change.org

 http://u0u1.net/HtrX

 

(関連)福島県から山形県に避難した、原発避難者の住宅の強制立ち退きに反対する緊急

*オンライン > https://goo.gl/pHPkcG

*紙の署名用紙> https://www.dropbox.com/s/fuvd3yeslv4c15j/tachinoki_hantai.pdf?dl=0

 

(関連)FoE Japanブログ 山形県雇用促進住宅の8人の自主避難者が訴えられる!

 https://foejapan.wordpress.com/2017/10/28/1028/

 

(関連)原発事故自主避難者が被告に! 山形県雇用促進住宅運営法人が8世帯を訴え追い出しにかかる! 第1回口頭弁論直前の記者レクで海渡雄一弁護士「国の帰還政策の当否を問う非常に重要な裁判」 IWJ Independent Web Journal

 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/405422

 

3.福島のいのちと未来を守る年末募金にご協力ください:たらちねクリニック運営委員会

 http://u0u1.net/Hts1

 

4.キャンペーン · shien_kyoto@yahoo.co.jp 原発賠償京都訴訟 「公正判決要請署名」にご賛同ください!  Request for a fair judgement in the Fukushima Evacuees Trial in

 http://u0u1.net/Hts4

 

5.篠山市「ハンドブック・原発災害にたくましく備えよう」 201771.pdf - Google ドライブ

 https://drive.google.com/file/d/1ozn4NoAaBWmvmP1dowIHFzLu97LECtI_/view

===========================

 

67回目の「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り:シリーズ再開」をお送り申し上げます。今回のテーマは「原発事故の危険が迫っている! 早く原発など止めて使用済み核燃料の安全対策を行え!」です。これは広瀬隆さんの渾身の警告でもあります。

 

 <別添PDFファイル>

(1)「原発事故の危険が迫っている!」(イントロ部分)(広瀬隆 『週刊朝日 2017.12.1』)

(2)171206関電申入れ反原発自治体議員・市民連盟

(3)泊1・2号機 直下に断層、規制委 活断層否定の主張認めず(朝日 2017.12.9 他)

(4)原電「とことん協議」、東海第二と6市町村、再稼働の事前同意案全容(東京 2017.12.9

(5)益々危険となる原発再稼働:原発なくても電気は足りている(201797日)

(6)重要な活断層を無視する安全審査:大陸棚外縁断層と六ヶ所断層をめぐって(イントロ部分)(澤井正子 『原子力資料情報室通信 NO.522 2017.12.1』)

(7)闘論席(古賀茂明 『週刊エコノミスト 2017.12.19』)

(8)高線量作業の続く中での水晶体被ばくの議論に注目を(イントロ部分)(おしどりマコ 『科学 2017.11』)

(9)原発ゼロ基本法案、立民 来年提出へ(東京 2017.12.8

10)東芝のドン、西田厚聰元会長の告白「先般と呼ばれて」(『週刊現代 2017.11.18』)

 

1.(別添PDFファイル)「原発事故の危険が迫っている!」(イントロ部分)(広瀬隆 『週刊朝日 2017.12.1』)

 https://dot.asahi.com/wa/2017112400040.html

 

(関連)11-20発売 広瀬隆さんの講演「白熱授業」が本になりました! DAYS JAPAN

 http://u0u1.net/HtsB

 

(日本を愛し、日本という国を守らねば、と思っている方は、この本を読まないではいられない。北朝鮮のミサイル・核兵器よりも、こちらの核の危機の方がもっと危ない。本当なら、こちらの核危機に対してJアラートは鳴らせっぱなしでいいのだが、原子力ムラ支配のアベ政権政府は原発立地自治体でのJアラートは鳴らさないことにしているようだ。今や再びの破滅的過酷事故までカウントダウン状態に入っている日本の原発・核燃料サイクル施設、もう何とかしないとだめだ。待ったなしだ。原子力規制委員会の原発ドシロウト委員たちや規制庁・経済産業省の無責任な役人ども、自民党・公明党のアホウのタカリ政治家どもに私たちと私たちの子孫の命を預けるわけにはいかないのだ。急げ! 一刻も早く原発など止めて使用済み核燃料の安全対策を行え!:田中一郎)

 

2.(別添PDFファイル)171206関電申入れ反原発自治体議員・市民連盟

「kandenn_mousiire_hangenpatujititaigiin.pdf」をダウンロード
 http://nonukesjapan.org/

 

以下はメール転送です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関西電力東京支社への申入れ報告

~神戸製鋼所部材調査理由に大飯再稼働を延期した関電は高浜も直ちに止めるべき~

 2017年12月6日(水) 再稼働阻止全国ネットワーク事務局 木村雅英

 

 12月6日(水)17時に3人で富国生命ビル(内幸町)9階の関西東京支社の受付に入り、総務の島田さんに申入書を提出し、意見交換をした。 まず、反原発自治体議員・市民連盟から「高浜原発の稼働停止し、大飯原発は再稼働せず、全ての原発を廃炉することを求めます」との申入書を提出し、10月・11月の質問に対する回答をまだもらっていないので、後日(7日から8日)に本店に電話して回答をもらうことを確認した。再稼働阻止全国ネットワークからも10月・11月に提出した申入れ質問書の回答を得ていないので、後日こちらから本店に電話して回答を頂くことを確認した。

 

 さらに、関電はやはり神戸製鋼所の製品を使っていてその調査の為と称して大飯の再稼働を延期したことについて、尋ねたところ詳細不明との返事。高浜でも使っているであろう、ひとたび事故が起これば取り返しがつかない被害を与える、高浜も直ちに止めるように、と要請した。三菱マテリアル製についても尋ねたが回答はなかった。詳細は本店に電話して確認する。

 

 また、プルサーマル発電が危険でかつ使用済みMOX燃料が高熱を発することから、それらの管理について尋ねたが、こちらも本店に問合せてくれ、との返事。 なお、申し入れ後はビル前で沢山ののぼり旗と横断幕を掲げて抗議行動をし、通りがかりの人たちに再稼働阻止全国ネットワークリーフレットを配布した。  以上

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3.(別添PDFファイル)泊1・2号機 直下に断層、規制委 活断層否定の主張認めず(朝日 2017.12.9 他)

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13264301.html?ref=nmail_20171208mo

 

(関連)泊原発 地震想定が白紙に「活断層なし」立証できず(朝日新聞デジタル)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000034-asahi-soci

(関連)<泊原発>断層の追加調査指示 データ不足で規制委(毎日新聞)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000101-mai-sctch

(関連)泊原発、地震想定引き上げ検討 規制委 再稼働見通せず:日本経済新聞

 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24430340Y7A201C1EA3000/

 

(朝日新聞と日本経済新聞では記事のニュアンスがだいぶ違うけれど中身はほぼ同じだ。泊原発の敷地真下には活断層があるのはほぼ間違いない。積丹半島のあの辺りは、どうみても地震や津波、火山噴火の多発地帯だ。泊原発の目と鼻の先にある奥尻島を1993年に襲った北海道南西沖地震やそれに伴う大津波は記憶に新しいし、また、近隣にそびえたつ羊蹄山は若い活火山だし、少し南には有珠山など、道南の地下にはいつ巨大噴火が吹き上げてもおかしくないマグマが脈々と蠢いている。こんなところに原発など建ててはいけないのだ。自然豊かな北海道にとっては原発など全く無用の悪性迷惑発電所だ。北海道のみなさまには今回のこの再稼働ブレーキをラストチャンスとして泊原発にとどめを刺していただきたい。北海道の西側にある泊原発が火を噴けば、放出された放射能は北海道全土を覆い、食と農の大地=北海道は壊滅する。そんなリスクを取ってまで原発電気を調達する必要性などさらさらない。北海道のみなさま、無関心ではだめですし、誰かがやってくれるわけでもありません。必要ならば政治家を入れ替えて、場合によっては北海道電力を潰してでも泊原発を廃炉に追い込みましょう。:田中一郎)

 

(参考)北海道の火山

 http://www.hayakawayukio.jp/bosai/anzen/hokkaido.html

 

4.(別添PDFファイル)原電「とことん協議」、東海第二と6市町村、再稼働の事前同意案全容(東京 2017.12.9

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201712/CK2017120902000128.html

 

(関連)原電の資金繰り焦点、東海第二 規制萎、異例の指摘(朝日 2017.11.22

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13239068.html

(関連)東海第2の延長申請 再稼働 険しい道のり(茨城新聞クロスアイ)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000002-ibaraki-l08

 

(関連)<東海第2原発>周辺5市了解権骨抜き 再稼働へ新協定案(毎日新聞)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171211-00000009-mai-soci

 https://news.infoseek.co.jp/article/mainichi_20171211k0000e040100000c/

 

(関連)東京新聞 東海第二 延長申請 「リスク大きすぎる」茨城(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201711/CK2017112502000184.html

(関連)東京新聞 東海第二原発 延命は割に合わない 社説・コラム(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017112502000162.html

 

(田中一郎コメント)

 日本原電は保有している全原発(東海2・敦賀2)が停止して久しく、収入がないままの状態が長く続いて会社は破綻寸前の経営不振状態にある(電力供給ゼロでも地域独占の大手電力会社が一定額の固定支払いを続けているために生き続けているだけ)。原発を動かそうにも新規制基準に対応していけるだけの資金がなく、既に廃炉のために積み立ててきた資金さえも使い込んで「すってんてん」の状態だ。日本原電の親会社は東京電力だが(元東電会長の勝俣恒久が福島第1原発事故後に日本原電の役員に天下りしている=ふざけた話だ)、東京電力はご承知の通り破綻会社である。こんな会社に対して原子力規制委員会・規制庁は「再稼働はやめなさい」とは言わずに「借金ができるように支払能力のある保証人を見つけてきなさい」などと申し送りをしているのだから、あきれて開いた口がふさがらない。

 

 日本原電は、上記の記事にもあるように、茨城県の地元自治体や地域住民と「とことん協議」をして、一刻も早く「原発会社」を廃業・返上することだ。そしてこれからは原発の廃炉専業会社として再スタートすればいい。日本原電は、日本で最初の商業用原発=東海原発を稼働させた不名誉な会社であり、また他方では、その東海原発で日本で初めて原発廃炉に着手した名誉ある会社でもある。原発を動かす会社としてなら、今後日本原電は、益々国民や地域住民から批判され、罵倒され、ののしられ、石を投げられ、悪徳企業としての汚名を背負っていかねばならないし、おそらくは福島原発事故に続く大事故を引き起こして会社を破たんさせる憂き目にあうだろう。しかし、仮に原発を捨てて廃炉専業会社に転進すれば、逆に、多くの国民から期待され、仕事の仕方次第では信頼を集め、尊敬される企業に生まれ変わることができる。何故なら、日本はもちろん、全世界がもはや原発の安全で放射能の憂いなき廃炉を強く望んでいるからである。原発の廃炉市場は世界に向けて大きく広がっている。日本原電は、これからの会社の行くべき道の「分岐点」において判断を誤ってはならない。保証人を立てて巨額借金を重ねてまで原発にしがみつくのは愚か極まりないことに早く気がつくべきだ。それが日本原電が未来に向かって生き残る唯一の道なのだ。

 

5.(別添PDFファイル)益々危険となる原発再稼働:原発なくても電気は足りている(201797日)

「kiken_genpatusaikadou_ichirouchan.pdf」をダウンロード
 http://urx2.nu/HxJD

 

(少し前に書いたものです。福島第1原発事故を教訓としないこの国の原子力ムラのあいも変らぬ振る舞い、加えて核燃料サイクルが危険度を増しています:田中一郎)

 

6.(別添PDFファイル)重要な活断層を無視する安全審査:大陸棚外縁断層と六ヶ所断層をめぐって(イントロ部分)(澤井正子 『原子力資料情報室通信 NO.522 2017.12.1』)

「rokkasyo_dansou_sawai.pdf」をダウンロード
 http://www.cnic.jp/7793

 

(原子力資料情報室の澤井さんの力作・第2弾です。先月号に続いて必読の青森県六ケ所村再処理工場の近況をレポートしています。下記には澤井さんの先月号のレポートや、上記のレポートに出てくる伊東良徳弁護士のサイトをご紹介しておきます。:田中一郎)

 

(関連)六ヶ所再処理工場の非苗用電源の脆弱性(澤井正子『原子力資料情報室通信 NO.520 2017.10.1』)

 http://urx2.nu/HxK4

(関連)六ヶ所断層の存在とその活動性| 庶民の弁護士 伊東良徳

 http://www.shomin-law.com/katudourokkasyodansou.html

 

(参考)とめよう!六ヶ所再処理工場 原子力資料情報室(CNIC

 http://www.cnic.jp/knowledgeidx/rokkasho

(参考)六ヶ所村核燃料サイクル訴訟 | 庶民の弁護士 伊東良徳

 http://www.shomin-law.com/katudourokkasyo.html

 

(参考)20171124 UPLAN【院内ヒアリング集会】核燃料サイクル、日米原子力協力、エネルギー基本計画 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=Of5E2zdkZic

(参考)「日本が核燃料サイクルをやるかやらないかは日本の主権の問題である! アメリカがとやかく言うことではない!」逢坂誠二議員~日米原子力協定とプルトニウム問題に関する訪米団 院内報告会 IWJ Independent Web Journal

 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406801

 

7.(別添PDFファイル)闘論席(古賀茂明『週刊エコノミスト 2017.12.19』)

 https://www.weekly-economist.com/20171219contents/

 

(田中一郎コメント)

 今般、古賀茂明氏の講演会がありました。興味深くて私の記憶に残ったことを若干書き留めておきます。

 

●(東京電力も国も規制委も)福島第1原発の汚染水は最終的には薄めて海に捨てればいいと考えているので「凍土壁」建設は「何かやってますよ・努力しましたよ」のアリバイ行為にすぎない。うまくいくはずがないし、うまくいかなくてもいいと当事者たちは本音では思っている。(そのとおりでしょう:田中一郎)

 

●北朝鮮のミサイルに対してアベ政権はJアラートは鳴らして危機を煽っているが、原発立地自治体ではJアラートは鳴らさない。しかし野党は電力業界が怖くて、このことでアベ政権を追及できない。(本当なの? 立憲民主、共産、社民、自由の各党の諸君、こんなこと言われてますよ! どんどん質問してアベ政権を追求してくださいよ!:田中一郎)

 

●若い世代はアベノミクスはうまく行っていると見ているようだ。大学生の就職事情が好転しているのがその理由の一つ。困ったものだ。

 

●立憲民主党は「連合」(労働組合全国組織)への依存が高い。特に資金面。(これも本当かな? 古賀茂明氏によれば「連合」や「民進党」(分裂前)の幹部たちの振る舞いはまさに労働貴族。ストライキをしなくなった労組にはたくさんの組合費積立が積み上がっていて使いたい放題の様子)

 

●北朝鮮危機の中で、今最も肝心なことは、アメリカが北朝鮮と戦争を始めたときに、日本の政治家たちがアメリカ軍に向かって「北朝鮮との戦争のために日本の基地は使わせない」と言えるかどうかだ。これを言えそうなのは共産党だけで、立憲民主党も恐らく駄目(言えない)だろう。

 

(「日本の既成政党で最も改革的なのは維新(大阪維新)、だけど私(古賀茂明)は彼らのことは嫌い」などというのは、本人の「好き嫌い」はともかくとして、何をトチ狂っとるのかという印象ですが、常日頃、歯切れよく日本の現状を批判する古賀茂明氏の最大の問題は、「維新」を改革政党と評価するのみならず、少し前にはTPP協定や「マイナンバー制度」を肯定的に話の中に出していたこともあるなど、その主張に市場原理主義に対する甘さ、ないしは肯定的な受け止めがあるように思えることです。今後彼が政界に出てくる可能性は高く、私たちは彼を厳しい目で見ていく必要があると思われます(原発に対しては廃止・廃炉をしっかり・はっきり主張している点など、評価できる主張も多いですが)。:田中一郎)

 

8.(別添PDFファイル)高線量作業の続く中での水晶体被ばくの議論に注目を(イントロ部分)(おしどりマコ 『科学 2017.11』)

「suisyoutai_osidori_mako_kagaku.pdf」をダウンロード
 https://www.iwanami.co.jp/kagaku/KaMo201711.html

 

(関連)突貫工事が招いた原発作業員の水晶体被曝(イントロ部分)(おしどりマコ・ケン 『DAYS JAPAN 2017.9』)

 http://urx2.nu/HxMm

(関連)福島原発作業員の方々の健康管理の件。~行政解剖は?水晶体の検査は?~おしどりマコ・ケンの「脱ってみる?」第24回マガジン9

 http://www.magazine9.jp/oshidori/111012/

 

(参考)命優先を!総被曝列島化の危機~「おしどり」マコ&ケン講演

 http://www.labornetjp.org/news/2017/1207hayasida

 

(関連)眼の水晶体に係る放射線防護の在り方について(中間とりまとめ)(放射線審議会 眼の水晶体の放射線防護検討部会 201712月)

 http://www.nsr.go.jp/data/000212892.pdf

(関連)第138回総会放射線審議会 原子力規制委員会(20171208() 13:3015:30

 http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/houshasen/00000031.html

(関連)放射線審議会 原子力規制委員会

 http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/houshasen/index.html

 

(田中一郎コメント)

 おしどりマコ・ケンさんたちが今年の『DAYS JAPAN9月号にこの話を載せたので(上記参照)、これは大事な話だ・さすがマコ・ケンさんたちだ、と思ったのですが、その後、岩波月刊誌『科学』にも載ったわけです。その『DAYS JAPAN』(20179月号)の記事には、この件が放射線審議会で話し合われているんだけれども、福島第1原発の作業員や高線量地域に居住を余儀なくされている子どもたちのことを考えると、とても大事な眼球(目)の被ばくの問題なのに、肝心の放射線審議会には自分たち以外には誰も取材に来ていないので驚いた、という話が出てきます。

 

 これはいかんと思い、私は東京新聞の「こちら特報部」にさっそく電話をして「取材してくれ~」とお願いをしました(東京新聞の読者コーナーの受付の女は「紙に書いて送って来い」などと態度が悪いので電話を叩き切りました)。ですが、いまだに取材されている様子はないのでは? 私は東京新聞には、この件は何処の新聞社もマスコミも取材をしていないから、オタク(東京新聞)が取材してすっぱ抜けば「大トクダネ」になるよ、とも言ったのですが、「こちら特報部」で私の電話を受けた男のセンスが悪いのかもしれませんね。ともかく、東京新聞も含めて、今のマスごみどもは、肝心なことをきちんと取材せずにダボラ記事ばかりを垂れ流しています。腹立たしい限りです。(東京新聞よ、「こちら特報部」よ、早う放射線審議会に、この水晶体の被ばく限度の厳格化について、取材に行って来いよ、そして記事を書くときは、放射線審議会の「広報」ではなく、放射線審議会の対応のまずさをきちんと調べて報道せいよ! わかったな!)

 

9.原発ゼロ基本法案、立民 来年提出へ(東京 2017.12.8

 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171207/k10011249551000.html

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13264285.html

 

(田中一郎コメント)

 上記でご紹介した古賀茂明氏の講演会では、「野党は「脱原発基本法」をつくるなどといっているが、そもそも「基本法」などというものは中身のない法律だ(役に立たない、具体的に脱原発に結びつかない)」と、古賀氏が批判をしていました。「希望という名の絶望の党」には期待などしていないけれど、立憲民主には「脱原発を今度こそちゃんとやれよ」と申し上げたいですね。古賀茂明氏から「やっぱりそうだったじゃないか」とダブルで批判されないように、立憲民主党よ、脱原発へ覚悟を決めてね。

 

10.東芝のドン、西田厚聰元会長の告白「先般と呼ばれて」(『週刊現代 2017.11.18』)

 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53482

 

(関連)東芝の元社長・西田厚聡さん死去 米原発WH買収を決断:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/ASKD95RGMKD9ULFA003.html

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00050105-yom-bus_all

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13267769.html?ref=nmail_20171210mo

 

(田中一郎コメント)

まあ、この人は原発に殺されたようなものだ。先般死去した西室泰三や、西田を継いだ社長の佐々木則夫などは、微塵も同情を感じないどころか、ぶっ飛ばしてやりたい気分になるけれど、どういうわけか、この西田厚聡(あつとし)だけには、いかばかしか同情感がわかないでもない。私もついこのあいだまで、紙くず同然のくだらないサラリーマンだったので、西田のような奴は何となくサラリーマンの世界では比較的人間味のする人物だったのではないかという感じが直感的にする、根拠はゼロだけれども。いずれにせよ、名門企業の東芝も、長年の「人事の縮小再生産」(人間は自分よりも少し出来の悪い人間を最も優秀な部下だと評価してしまう傾向を持つ)により、無能でオバカで無責任な人間が会社幹部を占拠してしまい、虚構の「原発ルネサンス」バカ騒ぎに巻き込まれたということだ。その背後には、もちろん経済産業省と自民党政治家たちがいたのだけれど。

 

(関連)全文表示 東芝原発部門の暴走進めた国策「原発輸出」 安倍首相と今井秘書官には説明責任 J-CASTテレビウォッチ

 https://www.j-cast.com/tv/2017/04/06295011.html?p=all

(関連)東芝崩壊の元凶・原発ビジネスの裏に今井首相秘書官の存在が! TPPも一億総活躍も安倍首相に入れ知恵する影の総理LITERAリテラ

 http://lite-ra.com/2017/04/post-3056.html

(関連)東芝、西田元社長直撃「WH買収は最適な判断。問題はマネジメントだ」東芝崩壊 文春オンライン

 http://bunshun.jp/articles/-/2043

 

11.社説 被ばくの影響 福島県民の不安に応えよ 信濃毎日新聞[信毎web

 http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171202/KT171201ETI090009000.php

 

(関連)集計漏れの福島の子どもたちの甲状腺がん数、いまだ把握せず 週刊金曜日ニュース

 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/11/16/antena-120/

(関連)<原発事故>甲状腺検査、8割超が継続希望 NPO調査「転移や再発心配」(河北新報)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000021-khks-soci

 

12.その他(関連サイト)

(1)3号機使用済燃料プール循環冷却一次系ポンプ停止。保安検査で、一時保管エリアに不適切な汚染土が仮置きされていることを指摘。ヒューマンエラーが毎週のように発生している福島第一原発! ――東京電力 定例会見 IWJ Independent Web Jou

 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/406304

 

(福島第1原発事故を経ても、この会社の体質は変わっていない。現場は軽視されたままだ。だからこそ非常識極まりなく、柏崎刈羽原発を再稼働することを会社の最優先項目にするのだろう:田中一郎)

 

(2)UAEの原子力発電所にフーシ派がイラン製巡航ミサイルで攻撃(JSF) - 個人 - Yahoo!ニュース

 https://news.yahoo.co.jp/byline/obiekt/20171204-00078902/

 

(3)経団連・榊原定征会長の「原発の新増設も選択肢に入れないといけない」発言について「冗談じゃない!」「経団連会長を辞任したらどうなんだ!」と怒りの声――再稼働反対!首相官邸前抗議 IWJ Independent Web Journal

 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/407126

 

(あほか、自分の会社(東レ)のことを棚上げにしてもうて、何をぬかしてんねん!:田中一郎)

 

(4)情報公開指針案機能するか 原発輸出支援でパブコメ (週刊金曜日) Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171208-00010000-kinyobi-soci

(5)中電改善策「具体性ない」 浜岡原発トラブルで規制委、苦言 (@S[アットエス] by 静岡新聞SBS - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000008-at_s-l22

(6)放射能規制の意図的?不備から、「焼却」や「再利用」の議論や事業が始められているー福島第1原発事故 汚染牧草を堆肥化 放射性物質、暫定許容値以下へ 農研機構が栃木で試験  - 細々と彫りつける

 http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2017/11/28/200311

(7)北電「活動性否定できず」志賀原発西側海域の断層2本(北日本新聞)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00092074-kitanihon-l16

草々

 

« 本日(12/11)のいろいろ情報:(1)ロシア革命100周年 (2)経団連の榊原定征よ、つべこべ言ってないでさっさと(東レ品質不正事件)引責辞任しろ! (3)リニア工事、不正入札容疑 他 | トップページ | (祝)伊方原発運転差し止め(仮処分)訴訟 広島高裁で勝訴=裁判官各位の勇気に感謝するとともに、広島の原告・弁護団のみなさまに心より感謝申し上げます(日本破滅の危機をとりあえず回避)(現段階の主な関連記事を全て掲載) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日(12/11)のいろいろ情報:(1)ロシア革命100周年 (2)経団連の榊原定征よ、つべこべ言ってないでさっさと(東レ品質不正事件)引責辞任しろ! (3)リニア工事、不正入札容疑 他 | トップページ | (祝)伊方原発運転差し止め(仮処分)訴訟 広島高裁で勝訴=裁判官各位の勇気に感謝するとともに、広島の原告・弁護団のみなさまに心より感謝申し上げます(日本破滅の危機をとりあえず回避)(現段階の主な関連記事を全て掲載) »

最近の記事

無料ブログはココログ