« 福島第1原発事故の真相がまた一つ明らかとなった:2号機の圧力抑制室(S/C)下部が地震の揺れで損傷し、大量の水漏れを起こしていた(田辺文也 岩波月刊誌『世界 2017.10』論文より)他 | トップページ | 本日(9/16)のいろいろ情報:(1)原発を日本列島に並べた段階で日本に敵対する国は核兵器を持ったのと同じ(続き)(2)教科書問題は歴史歪曲という核心部分を批判せよ (3)「TPPお化け」とはこのことだ 他 »

2017年9月15日 (金)

「東京大改革」などとんでもない=正体を現し始めた小池百合子の「印象操作」(パフォーマンス):カメレオンか、それとも化けダヌキか、こんなものに騙されていてはいけない

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

(最初に若干のことです)

==========================

1.「日本には経済産業『妨害』省があって、産業を作るのに成功した事例なんか一つもない!」「原発利権が日本の重電機メーカーを潰していく!」ーー新ちょぼゼミ「オルタナティブな日本を目指して」第1回 講師:金子勝氏 IWJ Independent Web Jo

 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/391496

 

2.東京新聞の望月衣塑子記者を見殺しにする気か?  赤かぶ

 http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/144.html

 

(関連)官邸が誘発 菅長官追及の東京新聞女性記者に「殺害予告」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

 http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/257.html

(関連)カナダから 東京新聞の望月依塑子記者への連帯と激励のメッセージ

http://www.labornetjp.org/news/2017/0913ca

http://peacephilosophy.blogspot.jp/2017/09/message-from-canada-we-support-tokyo.html?m=1

 

(上記のみならず、下記の不当(弾圧)逮捕も考慮すれば、もはやこの国は暗黒時代の一歩手前まで来ている。にもかかわらず、安倍政権への支持を戻しているオバカがいるかと思うと情けなくなる。トコトンまで行って、自分の身に火の粉が降りかかるまで分からぬのか? :田中一郎)

 

3.経産省前テント抗議声明 許せない! 歩道ウォーキングで「不当逮捕」

 http://www.labornetjp.org/news/2017/0913tent

 

警視庁抗議緊急行動

 9.11テント集会の過程でF氏が丸の内警察によって不当逮捕されました。F氏が経産省の西側歩道を徒歩で歩いていたそのとき、突然、10人程の私服警察官にとり囲まれ、車道まで連れ去れ逮捕されました。ねらいうち不当逮捕その物です。 丸の内警察は改修工事中で有楽町駅駅近くのビルの仮庁舎のため拘留場所がなく、身柄を警視庁に移されました(103号)。その後、10日間の勾留を東京地裁が認め、9月22日(金)まで勾留されそうです。反原発行動への不当な弾圧です。 私たちは、14日(木)には約50名で抗議行動をしました。これからも毎日(平日は18時から、休日は17時から)30分間警視庁への抗議行動を行います。参加できる時に是非ご参加願います。

 

【案内】警視庁抗議緊急行動(9月15日~22日)

場所:警視庁前(千代田区霞が関2丁目11号)

 15日(金)18時~18時半

 16日(土)17時~17時半

 17日(日)17時~17時半

 18日(月)17時~17時半

 19日(火)18時~18時半

 20日(水)18時~18時半

 21日(木)18時~18時半

 22日(金)18時~18時半

主催  経産省前テントひろば

 

4.キャンペーン · 東京地裁裁判長殿 立候補に300万円も必要なんて!選挙供託金違憲弁護団を応援します · Change.org

 http://ur0.biz/FS2i

 

(関連)宇都宮健児弁護団長が法廷に立つ!選挙供託金違憲訴訟・第5回裁判&報告会「霞ヶ関駅」

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1504146202102ylaur

 

5.小坂正則の個人ブログ(「太陽光発電と電気自動車が爆発的に増えるのは世界同時現象」他)

 http://nonukes.exblog.jp/

 

6.日刊IWJガイド・番組表「北朝鮮ミサイル効果! 安倍内閣の支持率が4ヶ月ぶりに不支持を上回る! 森友・加計学園疑惑はどこへ 安倍総理が自衛隊幹部に訓示! さらに米国追従を宣言!/沖縄県の翁長雄志知事が防衛省へ日米地位協定改定の要請書を提出!/反日・嫌

 http://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/32289

 

7.自民:来月にも憲法9条改正案 推進本部が議論再開 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00m/010/162000c?fm=mnm

 

(関連)公明・山口代表:首相提案の9条改正、現状では困難 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170914/k00/00m/010/169000c?fm=mnm

 

(関連)「9条は全面削除しても何の支障もない」:日経ビジネスオンライン

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/071000146/091100010/?n_cid=nbpnbo_mlpus

(発言しているチョウチン男は篠田英朗・東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授、名前だけは覚えておこう:田中一郎)

 

8.「まちづくり権」主張裁判始まる 西宮・住宅地開発|MBS 関西のニュース

 http://www.mbs.jp/news/kansai/20170912/00000061.shtml

 

(田中一郎コメント)

 以前、西宮市に住んでいた経験から言って、この林はぜひ残したいですね。しかし、現代の悪代官所で、日々、クソ判決ならぬ「うんこ判決ドリル」を垂れ流している日本の裁判所では、環境権や街づくり権などの「新しい権利」を判例として認めさせるのは極めて難しいように感じます。大昔に宅建の免許を取るために都市計画法のテキストを読んでいた時の記憶では、まちづくりに地域住民が参加するという発想はどこにもなかったような気がします。ひどい話です。都市計画法や建築基準法の抜本改正の必要性を強く感じます。五十嵐先生らがつくられた改正法案はその後どうなったのでしょう?

 

 でも、西宮のこの案件も、これからのまちづくりの根幹的な問題として政治的な広がりが出てくれば、可能性もあるような気もします。この国は、なんでもかんでも土建屋や企業に貢ぐような政治や行政しかしてこなかった、その「ナレ」のようなものが今日では、安きに流れるような形で、グロテスクに現れてきているように思います。西宮市の市当局は、あの市長なので、おそらくアテにならないでしょう。

 

私は法律には詳しくありませんが、この問題ではいろいろと勉強できそうな気もしています。ぜひ、情報提供もよろしくお願いいたします。陰ながら応援しています。

==========================

 

小池百合子が東京都知事になって1年以上が過ぎ、注目された都議会議員選挙で「都民ファースト」(都民ファ)が圧勝し自民党や民進党が歴史的な大敗北を喫してから既に2カ月が経過しました。情報公開原則の徹底を柱に「東京大改革」を叫んで勢力を拡大してきましたが、いよいよ、その無内容な政治に塗り付けられた「厚化粧」の「印象操作行為」=パフォーマンスにも限界が見え始め、結局は小池百合子・都民ファもまた、今日の自公政治や安倍政権の亜流を行く「日本没落補完勢力」にすぎないことが見え始めました。

 

私の方からはみなさまに、この小池百合子が都知事選挙に立候補してきた時から、この女の過去の振る舞いから見て全く信用できないと申し上げてきましたが、ここにきて、いよいよ、その「子飼い」というよりも「いけす養殖」議員集団である「都民ファ」とともに、その本来のお粗末な「正体」を現しつつあるかのごとくです。そもそもは、小池百合子をはじめ、日本新党、さきがけ、新進、民主・民進、「みんなの党」、維新などなど、その大半の政治家たちは1990年代初頭の似非政治改革の担い手として現れ、市場原理主義アホダラ教政策を中心に、対米隷属のままでの似非右翼的態度、アジア蔑視と歴史修正主義(うぬぼれ史観)、原発容認、消費税増税と法人税・富裕層減税(納税回避見逃し)、基本的人権侵害の治安関連悪法、情報非公開・隠蔽合法化などなど、自民党ですらできなかった悪政をも取り混ぜながら日本の政治を混乱させ、従ってまた、長く続いた自民党政治がもたらす悪弊や社会の歪みの抜本改革を挫折させてきた張本人たちなのです。こうした勢力がのさばっているうちは、日本には絶対に「夜明け」は来ない、島崎藤村の小説「夜明け前」さながらの日本が続くことになるでしょう。

 

以下では、昨今の報道から小池百合子都政や都民ファの動きを若干ご紹介します(今回は築地豊洲問題以外に注目)。まさにニセモノそのものの気配があちこちに漂い「頭隠して尻隠さず」の化けダヌキの様相を呈し始めています。有権者・都民は今から20年ほど前も、この小池百合子とその出身政党=日本新党に騙され、彼らの似非政治改革に付き合わされています。その「総大将」は少し前に「脱原発スローガン」のワンイシューをかかげて東京都知事選挙に乗り出してきた細川護煕でした。彼が「政権交代」後わずか9カ月で「国民福祉税構想」により「自己破裂」して政権を去ったあの茶番を忘れてはなりませんし、また、小池百合子はその後、5つもの政党を渡り歩き、ある時は小沢一郎に従い、またある時は小泉純一郎にくっつき、まるで平成の風見鶏のごとく「あっち向き向き、こっちちょこちょこ」を繰り返した挙句に、今回の珍妙な首都行政略奪に成功しているのです。有権者・都民がこの小池に二度にわたって騙され続けるなどということは幼稚極まりないというほかありません。

 

(参考)平成6(1994)年4月8日、国民福祉税構想の挫折な…:小沢一郎氏 写真特集:時事ドットコム

 https://www.jiji.com/jc/d4?p=ozi009-08788306&d=d4_mili

 

(関連)東京新聞 小池都知事 国家像語って 細川元首相インタビュー 政治(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091002000128.html

 

(田中一郎コメント)

 野田聖子まで引っ張り出して代表に据え、第二次日本新党のようなものを創りたかったのではないか。記事には「側近の若狭勝衆院議員(無所属)が結成を掲げる国政新党について「まだ民進党と何が違うかさえ分からない」と述べた。野田氏擁立に動いた背景を「小池氏が本当に国政で戦う気なら若狭氏がトップではないだろう」と説明した。」とある。若狭勝・長島昭久・細野豪志・渡辺喜美など、政治的人相のよろしくない魑魅魍魎集団が「日本こそ第一だ、最優先だ」などという排外主義的な名前の政治団体に寄り集まって多方面から批判を受けるなかで、そんなものを小池百合子や野田聖子を軸にして何とか形にして持ち上げようという魂胆だから、この細川護煕という人物は死ぬまで「まるでだめお」のままである。

 

 この細川護煕が小池百合子に対して、「国の形についての基本的なスタンスをはっきり言えば政治的な幅が広がる」と伝えた、というから、東京都政で今それどころではない小池百合子にとっては、ありがた迷惑ではなかったか。小池百合子は、当初から批判を受けそうな名前の団体をつくってピーチク・パーチクはしゃいでいる若狭勝に対して「あなたしゃべりすぎよ」と諭したという。細川護煕や若狭勝よりも小池百合子のほうが一枚上手ということか。いずれにせよ、かような連中に「平成の世直し」「自民党政治の抜本転換」などを期待しても、まったく無駄なことだということは確かである。

 

(関連)若狭勝氏が語る新党構想 「代表は政治家とは限らない 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212132

(関連)小池百合子も失望した若狭勝の「オレがオレが・・・」誰も期待してない国政政党立ち上げ

 https://www.j-cast.com/tv/2017/08/25306685.html?p=all

 (このサイトの中ほどから記載があります)

 

(関連)小池都知事 会見で不満漏らす 「男のくせに喋りすぎ!」 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=FTzjlerLV44

(関連)野党再編、動き本格化 国政新党結成、小池氏が後押し:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13129857.html?ref=nmail_20170913mo

 

 <別添PDFファイル>

(1)金子勝の天下の逆襲:秘書給与も隠した小池知事 どこが情報公開優先なのか(日刊ゲンダイ 2017.8.30

(2)「1400万」に加え、運転手つき専用車で「通勤」、小池知事特別秘書の特別扱い(『週刊金曜日 2017.9.8』)

(3)不透明な代表選びに「身内」から批判噴出、小池知事「都民ファーストの会」、内紛勃発(日刊ゲンダイ 2017.9.15

(4)「小池1強」 従う都民ファ、都議会 危ういチェック機能(毎日 2017.9.6

(5)特集ワイド:朝鮮人虐殺事件、小池知事が追悼文見送り、今ここに 歴史の危機(毎日 2017.9.12 夕刊)

(6)小池新党改憲目指す(東京 2017.8.26

(7)築地再開発方針を骨抜き、小池知事与党 公明 造反の蠢き(日刊ゲンダイ 2017.9.8

(8)都外費用340億円 五輪宝くじ活用、都と12自治体合意(朝日 2017.9.7

(9)「カメレオン百合子」とコウモリ党(佐高信 『週刊金曜日 2017.9.8』)

10)五輪整備 揺れる並木、「明大通り」プラタナス撤去へ(東京 2017.8.27

 

 <関連サイト>

(1)郷原信郎が斬る:都民ファーストの会は「秘密結社」か

 https://nobuogohara.com/2017/09/14/1240/

(2)都議の控室改修に1億円小池流「賢い支出」どうなった? 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213442

 

1.金子勝の天下の逆襲:秘書給与も隠した小池知事 どこが情報公開優先なのか(日刊ゲンダイ 2017.8.30

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/212423

 

(関連)都民ファ野田数代表 突然辞任の背景に燃え尽き症候群日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213368

 

2.「1400万」に加え、運転手つき専用車で「通勤」、小池知事特別秘書の特別扱い(『週刊金曜日 2017.9.8』)

 http://urx2.nu/FSYU

 

(上記の1.(金子勝氏)と2.(三宅勝久氏)の執筆記事はセットでご覧ください。また、下記の晴海のオリンピック選手村用地の不当低価格払下げ事件の非公開についても必ず目を通してみてください。どこが情報公開なのよ? どこが大原則? 大ぼら吹いてんじゃないよ! です。:田中一郎)

 

(関連)(報告)(8.17)「晴海選手村土地投げ売りを正す会」住民訴訟 提訴&記者会見:都有地を超格安 坪33万円で売るな! いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/33-a667.html

 

3.不透明な代表選びに「身内」から批判噴出、小池知事「都民ファーストの会」、内紛勃発(日刊ゲンダイ 2017.9.15 他)

 http://urx2.nu/FSZt

 

(関連)東京新聞小池知事とどう対峙 側近・荒木氏、都民ファ代表就任社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091402000122.html

(関連)郷原信郎が斬る:都民ファーストの会は「秘密結社」か

 https://nobuogohara.com/2017/09/14/1240/

 

(田中一郎コメント)

 上記の日刊ゲンダイ記事は必読です。小池百合子を入れてたった3人だけの密室談議で都民ファ代表の入替が決まるという、ずいぶんと民主的で開かれた政党だことです。しかも、代表を決める手続きを定めた党の規約も公開されておらず、ほとんどの都民ファの議員たちが知らないという徹底ぶり。北朝鮮労働党でも、もうちょっと丁寧な手続きを踏んで代表を決めていたのではないですか? (北区選出の都議で今は都民ファの中で「干されている」と伝えられる音喜多駿が一人反対論をぶっていたそうだ)。ところでこの記事は、そのことよりも辞めた(辞めさせられた)野田数(かずさ)のことの方が注目です。日刊ゲンダイ記事から若干抜粋しておきましょう。

 

 ところで都議会で最大多数の会派となった都民ファですが、当選早々に「勝手に記者の取材に応じてはならない」だの「ネット上への勝手な発信は許されない」だの、まるで都民ファの議員は小池百合子と野田数の浄瑠璃人形のごとく扱われ、それについて当の都民ファの議員からさしたる反発も異議申し立ても出てこないという異常さ。さながら都議会「小池幼稚園」のごとしである。こんな人達に何ができるというの? (野田数もまたウルトラ・スーパー・プッツン似非右翼ですからご注意を! 小池百合子や細川護煕の周辺にはこんなのがやたら多い。昔の近衛文麿と似ているのです)

 

(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(中略)さらに、野田氏の突然の〝代表辞任劇〞の裏には、小池側近の若狭勝院議員とのバトルがあるみられている。

 

「若狭さんと野田さんが、国政進出の主導権争いをしているようなのです。若狭さんが代表を務める『日本ファーストの会』の発足直後、野田さんは都Fの議員総会に日本ファーストと都F議員の活動は全くの無関係』と伝言を寄せています。要するに『若狭とは関わるな』というメッセージなのだろうと多くの都議が受け止めた。対する若狭さんも『高圧的な野田と組む気はない』と考えているようなのです。今回は〝野田外し〞が成功し、若狭さんに軍配が上がったという見方が都F内で大半を占めています。国政進出が本格化したら、若狭勝、野田数という〝小池側近〞2人の対立が表面化する可能性があります」(都政関係者)

 

もともと都Fは、選挙目当てで集まった烏合の衆。まだまだ〝内紛〞が続出しそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

4.「小池1強」 従う都民ファ、都議会 危ういチェック機能(朝日 2017.9.6

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13119405.html

 

5.特集ワイド:朝鮮人虐殺事件、小池知事が追悼文見送り、今ここに 歴史の危機(毎日 2017.9.12 夕刊)

 https://mainichi.jp/articles/20170912/dde/012/040/003000c?fm=mnm

 

(田中一郎コメント)

 小池百合子の「地」が出たというべきか。これで日本の首都の知事が歴史修正主義者でアジア蔑視の排外主義者の仲間であることが明らかとなった。愚か者の墨田区の区長がそれに追随している。恥さらし2人3脚である。国際的にいかなる言い訳も通用しないし、小池百合子は韓国・朝鮮のみならず中国や台湾(当時の在日中国人も虐殺されている)をはじめ、ひろくアジアの人たちからも軽蔑の視線を受けることとなるだろう。この女が「内向き」の似非右翼であることがいみじくもはっきりしたわけで、このことだけで東京都知事職は辞任モノだ。

 

(関連)東京新聞 朝鮮人犠牲者追悼文 墨田区長も取りやめ 社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017083002000257.html

 

(関連)日刊IWJガイド・日曜版「<関東大震災関連シリーズ再配信>本日20時からは『九月、東京の路上で』~関東大震災・ジェノサイドの跡地を加藤直樹氏と歩く 第三夜を再配信!/明日は、数多の証言から辿る、関東大震災・朝鮮人虐殺の『真実』~岩上安身による『一般社団法

 http://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/32158

 

6.小池新党改憲目指す(東京 2017.8.26

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201708/CK2017082602000136.html

 

(関連)野党再編、動き本格化 国政新党結成、小池氏が後押し:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13129857.html?ref=nmail_20170913mo

 

(上記で申し上げたとおり、みな「同じ穴のムジナ」たちです。対米隷属の「朝鮮戦争レジーム」(矢部宏治氏)をこよなく愛する似非右翼、ないしは日本国憲法を破壊するゴロツキどもです。:田中一郎)

 

7.築地再開発方針を骨抜き、小池知事与党 公明 造反の蠢き(日刊ゲンダイ 2017.9.8

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213068

 

(「築地を守る」が「築地をだます」に変わり始めている。毒物だらけの豊洲市場へ嘘八百を並べて築地市場を移転させようとしていた東京都の役人たちが、この公明・都庁役人・小池知事が繰り広げた「猿芝居質疑応答」を見て「小躍りをして喜んだ」とか。ニセモノ都政、再び復活。:田中一郎)

 

8.都外費用340億円 五輪宝くじ活用、都と12自治体合意(朝日 2017.9.7

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13121158.html

 https://mainichi.jp/articles/20170907/k00/00m/050/112000c?fm=mnm

 

(関連)五輪の財源、なお課題 都や組織委、増収など必要:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13121070.html

 

2020年東京オリンピックの費用総額は14千億円だと勝手に決めてしまっている。「カネのかからない五輪」をやると言ってオリンピック誘致を始めて、その時の費用見込みは7千億円程度だったはず。ならばその金額程度の範囲内でやって、それを超える分はやめればいいだけだ。どこぞの世界のPJで、費用のことはそっちのけで、やることをあれだこれだと決め放題に決めて、あとからその費用はどうするこうする、なんてやっているのは、この2020年東京オリンピックだけではないか。そもそもが有権者・国民・都民の税金を食い物にする利権の祭典だから、かようなことになってくるのだ。都税を湯水のように使い捨てる、こんな時代錯誤のバカ騒ぎイベントはやめればいいのだ。ともかく当初費用見込みの7千億円を超える分は関係者で負担しろ。そんなもの都税から払ってられっか! :田中一郎)

 

(関連)五輪「主導権」めぐり 小池知事vs森会長の泥沼バトル再燃(日刊ゲンダイ) 赤かぶ

 http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/112.html

 

9.「カメレオン百合子」とコウモリ党(佐高信 『週刊金曜日 2017.9.8』)

 http://www.kinyobi.co.jp/tokushu/002385.php

 

(関連)まともなり、亀井静香(佐高信) 週刊金曜日ニュース

 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/08/10/sataka-7/

 

10.五輪整備 揺れる並木、「明大通り」プラタナス撤去へ(東京 2017.8.27

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082702000142.html

 

(街づくりのイロハも知らない様子だ。腹立たしい限り。こんな奴が首都東京の知事なのか! :田中一郎)

草々

 

 

« 福島第1原発事故の真相がまた一つ明らかとなった:2号機の圧力抑制室(S/C)下部が地震の揺れで損傷し、大量の水漏れを起こしていた(田辺文也 岩波月刊誌『世界 2017.10』論文より)他 | トップページ | 本日(9/16)のいろいろ情報:(1)原発を日本列島に並べた段階で日本に敵対する国は核兵器を持ったのと同じ(続き)(2)教科書問題は歴史歪曲という核心部分を批判せよ (3)「TPPお化け」とはこのことだ 他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 福島第1原発事故の真相がまた一つ明らかとなった:2号機の圧力抑制室(S/C)下部が地震の揺れで損傷し、大量の水漏れを起こしていた(田辺文也 岩波月刊誌『世界 2017.10』論文より)他 | トップページ | 本日(9/16)のいろいろ情報:(1)原発を日本列島に並べた段階で日本に敵対する国は核兵器を持ったのと同じ(続き)(2)教科書問題は歴史歪曲という核心部分を批判せよ (3)「TPPお化け」とはこのことだ 他 »

最近の記事

無料ブログはココログ