« 石木ダム(長崎県川棚町):2012年の河川官僚バリケードが招いた2017年の住民座り込み(BY まさのあつこ)⇒ その「バリケード委員会」を推進させていたのが、いま没落・崩壊の憂き目にある民主党・民進党だ | トップページ | (報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)討論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017年9月7日) »

2017年9月 9日 (土)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(63):何一つまともな話がない原発や核の世界=一刻も早く政治と政治家を取り換えて、この「悪」の世界から脱出いたしましょう

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

(最初に若干のことです)

===========================

1.(10.5)新ちょぼゼミシリーズ「オルタナティブな日本を目指して」(第4回目):労働法制抜本改革(「働き方改革」のための法制はどうあるべきか)(in たんぽぽ舎:東京・水道橋)

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1501729892050staff01

 

(田中一郎コメント)

「働き方改革」と労働法制改悪阻止の問題は今秋の国会で最大の争点の1つになると思われます。御用組合「連合」が全くアテにならない現在、労働法制の改革は本来どうあらねばならないのでしょうか。今回の新ちょぼゼミシリーズ「オルタナティブな日本を目指して」(第4回目)は、この問題の第一人者である棗一郎弁護士をお招きして、突っ込んだお話をしていただきます。みなさま是非ご参集のほど、お願い申し上げます。

 

2.(9.11)原発をおしまいに!脱原発テントひろば7年目→911経産省前へ!

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1504238290350staff01

 

3.(別添PDFファイル)(チラシ)(9.25)白石草講演会:脅かされている子どもたちの生命・健康・未来 ~ チェルノブイリから学ぶべきこと ~

「tirasi_siraisi_9.25.pdf」をダウンロード
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1504519034940staff01

 

(関連)来たる1018日(水)は「子ども脱被ばく裁判」公判が福島地裁で開かれます

 

4.(9.30)原子力発電所はどこまで安全か-原発を設計した技術者に聞く- 講師=後藤政志氏(田無駅)

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1504007055585matuzawa

 

5.福島の小児甲状腺がんに無関心な元官僚トップの中川環境大臣(まさのあつこ) 個人-Yahoo!ニュース

 https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20170906-00075442/

 

6.(別添PDFファイル)「大間原発訴訟」 支援会員募集(申込書)

「00ma_sienn_mousikomi.pdf」をダウンロード
 http://www.oomagenpatsu-soshounokai.org/genkokubosyu.html

 

(関連)大間原発訴訟の会

 http://www.oomagenpatsu-soshounokai.org/index.html

 

7.(重要情報)どうする火山灰:日本の全原発が非常時の基準満たさず

 新しい規制基準に対して新しい「知見」=つまり新しい「尻抜け」方法を考える様子です。「噴火による大量降灰の際にも「稼働を続けることに影響はない」」(九州電力)てなワケないでしょうに。巨大噴火を徹底して甘く見ている。

 

(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(中略)九電の担当者が「新しい知見で対応していきたい」と述べました。

(中略)九電は新たな基準への対応として、フィルターを複数にしてカートリッジで短時間で取り替えることなどを検討していて、噴火による大量降灰の際にも「稼働を続けることに影響はない」としています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(1)原子力規制委 火山灰濃度新基準導入へ (MBC南日本放送) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00025176-mbcnewsv-l46

 

(2)火山灰濃度の影響評価100倍に引き上げ 日本の全原発が非常時の基準満たさず (週刊金曜日) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170825-00010000-kinyobi-soci

 

8.用語解説 基準地震動(Ss 原子力資料情報室(CNIC

 http://www.cnic.jp/7623

 

9.(メール転送です)「原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆」からのお知らせです。情報の倉庫としてお使いください(9/4更新)。

 http://npg.boo.jp/

 

【消えゆく原発】<連載もの>を左クリックしてください。栗山次郎さんのテント一週一文の第16弾(た)は、西山進さんの「漫画しんぶん」100号などを紹介。九電本店前のテントは様々な人が訪れます。政治漫画家・西山進さんの紹介は2度目です。いつもと違った一週一文でお楽しみください。末尾の「漫画しんぶん」100号には、西山さんの72年前、945810日の出来事が出てきます。長崎での核兵器廃絶の運動を引っ張ってきた、谷口すみてるさんに続いて、土山秀夫さんの訃報もありました。新たな世代が担わなければという思いを抱いた方も多いのではないでしょうか。ご冥福を祈ります。

 

同じく【消えゆく原発】<総論、その他>を左クリックしてください 。平和祈念式典当日に蔵メンバーが撮影してきた写真を、記事とともに紹介しています。歴史の負の側面を直視することは、現状認識にとって大切だと考えます。

 

原発なくす蔵のサイトには、色々なタイルが並んでいます。緑のタイル【原発技術/情報】を左クリックしてください。後藤政志さんのAPASTがあります。https://www.facebook.com/APAST.jp 昨日も北朝鮮が核実験を強行。ミサイル警報の前に政府がすべきことは別にあるのでは? 現状での原発稼働の危険性について、後藤さんが技術面よりコメントした映像は必見です。

 https://youtu.be/fyWuvoKBD3Y 

 

赤のタイル【福島の現実】を左クリックしてください。92()、東京で大きな集会が2つありました。おさえておきたい内容です。「東電元幹部刑事裁判が始まった! 9.2東京集会」福島原発告訴団のHPをご覧ください。「自主(区域外)避難者への住宅無償提供打ち切りから6ヶ月 避難の現状と今後の支援について考える交流集会」避難の協同センターのHPをご覧ください。【STOP! 玄海原発再稼働】【過去の原発関連の動き】では、8月分年表とともに9月分も掲載。

 

☆新たな集会 ・訴訟などの情報、リンク先、寄稿文も随時募集しています。メールアドレス info@npg.boo.jp まで情報をお寄せください。お待ちしています。なお、原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でお送りください。☆

===========================

 

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズの第63回目です。何一つまともな話がない原発や核の世界、私のメールをご覧いただく皆様は、さぞかしうんざりされていると思いますが、実はご紹介申し上げる私もうんざりです。しかし、こんな出鱈目を看過していたら、またも福島第1原発事故並みか、それ以上の原発・核燃料施設過酷事故が起き、日本は今度こそ生存環境が放射能汚染でめちゃめちゃになり、事実上滅亡の憂き目にあうことになるでしょう。一刻も早く政治と政治家をごそっと取り換えて、この「悪」の世界から脱出いたしましょう

 

 <別添PDFファイル>

(1)柏崎刈羽原発13日「適合」へ,、「東電資格ない」一転、田中委員長の退任直前(東京 2017.9.7

(2)免震重要棟問題で発覚した柏崎刈羽原発の重大事故対策の欠陥(イントロ部分)(伊東良徳弁護士 『原子力資料情報室通信 NO.519 2017.9』)

(3)規制委 柏崎刈羽 近く合否判断、福島汚染水処分 ゼロ回答理解(東京 2017.8.31

(4)原子力日本 2006年の敗北(『FACTA 2017.7』)

(5)原発融資を全額補償、政府、まず英の2基(日経 2017.9.2)

(6)大洗事故と日本の原子力(核)政策(山崎久隆 2017.8.5

(7)福島第一 高濃度汚泥を高台に輸送へ(東京 2017.9.3

(8)青森県六ケ所村 ウラン濃縮工場の(ボロボロの)排気ダクトの写真

 

1.(別添PDFファイル)柏崎刈羽原発13日「適合」へ、「東電資格ない」一転、田中委員長の退任直前(東京 2017.9.7

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017090702000120.html

 

(田中一郎コメント)

田中俊一以下、原子力規制委員会・規制庁が、これまでも度々繰り返してきた「リップサービス規制」と「猿芝居」の「混合インチキ行為」を、あろうことか福島第1原発事故で破たん状態にある東京電力に対して行おうとしている。それも田中俊一が原子力規制委員長を任期満了退任をする直前に、まるで原子力ムラと東京電力に対する「置き土産」のごとくである。他の記事などからわかるのは、経済産業省までもを巻き込んでの「大猿芝居」のようだ。

 

上記記事には「次期委員長の更田豊志(ふけたとよし)委員長代理は「(福島事故を)東電以外の事業者でも防げたとは考えにくい」「柏崎刈羽を動かすことで事故の責任を果たそうというのは、一定の理解はできる」などと述べた。一方、伴信彦委員は「東電の決意表明は受け止めるが、それだけで適格性を判断していいのか」と述べたものの、事故後、東電の現場職員の安全意識は向上していると評価した。」とある。かような連中を、このまま次期原子力規制委員長や規制委員にしておいていいのか、はなはだ疑問だ。もはや東京電力の「虜」そのものではないか。また再び、国会事故調報告書が指摘したような福島第1原発事故前と同じ事態に戻っているということだ。

 

東京新聞は、この記事の解説に「東電は福島事故に伴う損害賠償や除染などの費用を自力で工面できていない。そんな事業者に、巨大な潜在リスクを抱える原発を、新たに動かす資格があるのか。はなはだ疑問だ。」と書いている。全くその通りである。無理が通れば道理が引っ込む。これで東京電力が柏崎刈羽原発で再びの過酷事故を起こせばどうなるのか。

 

もはや猶予はならない。原発・核燃料施設の安全性を担保できないニセモノ規制監督当局である原子力規制委員会・規制庁はただちにスクラップである(設置根拠法を廃止すればいい)。そして東京電力は、いったん破たん処理ののち、福島第1原発事故後の後始末対応を行う会社として会社更生し、その他の健全部門は分割して売却、唯一送配電部門のみを「公社」として「社会的・経済的に公正な運営」が行える会社として独立させる必要がある。もちろん崎刈羽原発などは福島第2原発とともに即時廃炉である。

 

(関連)(別添PDFファイル)免震重要棟問題で発覚した柏崎刈羽原発の重大事故対策の欠陥(イントロ部分)(伊東良徳弁護士 『原子力資料情報室通信 NO.519 2017.9』)

「kasiwazaki_mensinn_itou.pdf」をダウンロード
 http://www.cnic.jp/7659

(関連)柏崎刈羽原発:免震重要棟問題 東電、継続使用に固執 「誤解させる説明」2年押し通し /新潟 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170325/ddl/k15/040/059000c

(関連)(別添PDFファイル)規制委 柏崎刈羽 近く合否判断、福島汚染水処分 ゼロ回答理解(東京 2017.8.31

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017083102000145.html

 

(関連)柏崎刈羽原発の敷地内活断層の懸念。規制委と東電は地質学者と議論を継続すべきで審査合格は性急かつ危険。国と電力会社は原子力発電国策の過ちを認めているのか疑問でならない。 - 細々と彫りつける

 http://ishikawakz.hatenablog.com/entry/2017/09/02/165243

(関連)東電・柏崎刈羽原発再稼働審査「任期中に片付けたいとの思いは?」「ゼロではない」―918日退任の原子力規制委員会田中俊一委員長「東電トップ交代で予定以上にぎりぎりとなった」とも説明 IWJ Independent Web Journal

 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397461

 

(関連)東電の「適格性」議論=結論は持ち越し―柏崎刈羽原発審査・規制委 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000053-jij-soci

(関連)規制委:田中委員長「廃炉、東電がもう少し自分の判断で」 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170830/k00/00m/040/122000c?fm=mnm

 

(関連)<柏崎刈羽原発>地元の東電不信も根強く 審査合格へ(毎日新聞)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000140-mai-soci

(関連)クローズアップ2017:新潟・柏崎刈羽原発、審査合格へ 規制委、一転軟化 委員長退任前「適格性」容認 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170907/ddm/003/040/027000c?fm=mnm

 

2.東京電力・福島第1原発の汚染水問題

(1)「私どもは凍土遮蔽壁で地下水流入が防げるとは最初から思っていない。完成してどうなるか楽しみだ」――原子力規制委員会 田中俊一委員長 定例会見 IWJ Independent Web Journal

 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/396163

 

(2)コメント:東京電力、原子力規制委員会はともに福島に向き合うべきだ。そして、東京電力は廃炉会社としてやり直すべきだ 原子力資料情報室

 http://www.cnic.jp/7627

 

3.(メール転送です)日本原燃 ウラン生産を一時停止へ 安全管理の問題相次ぎ(NHKニュース)

 https://www.youtube.com/watch?v=QWph2x2kwIU

 

(関連)(別添ファイル)青森県六ケ所村 ウラン濃縮工場の(ボロボロの)排気ダクトの写真

「haikidakuto_syasin.PNG」をダウンロード

(関連)再処理・濃縮工場、未点検でトラブル 日本原燃を規制委が批判:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/DA3S13121135.html

 

●以下はメール転送です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様

六ヶ所のウラン濃縮工場は、ことし5月に国の安全審査に合格し、ウラン濃縮をしていたようですが、7月の非常用発電機からの出火や、2月に見つかった更衣室排気ダクトの穴に引き続き、さらに分析室の排気ダクトにも複数の穴が見つかり、大きいものは直径20cmの穴とのことです。ついに今日、ウラン濃縮工場は一時停止というニュースがNHKのみで報じられました。

 

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170902/k10011123611000.html

NHKのニュースは、すぐに削除されますので、ご注意ください)

 

添付は、ボロボロの排気ダクトの写真(9/2朝日新聞青森版)の記事です。日本原燃は、ウラン濃縮や核燃再処理をまかして良いようなまともな企業ではありません。そのことは原子力規制委員会も何度も苦言を呈しています。しかしながら、天井裏の排気ダクトがこのようにボロボロということは、ウラン濃縮工場自体がかなりの経年劣化を受けているということです。だから、7月にも出火しています。なのに、なぜ5月の段階で国の安全審査に合格したのでしょうか? 全く、すべてがインチキとしか、言いようがありません。ご参考まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

4.(別添PDFファイル)原子力日本 2006年の敗北(『FACTA 2017.7』)

 https://facta.co.jp/article/201707017.html

 

(田中一郎コメント)

 東芝によるWH買収は岡村正社長の時代に話が出てきたが、岡村氏はそれを「そんなもの・・・・」と一蹴していた。それを翻して、その次の社長の西田厚聰や佐々木則夫の時代に「原発イケイケドンドン」の社内文化をつくりだした「創始者」は、今日あちこちで経営の失敗を積み重ねている西室泰三だったという。そして、その東芝を背後から推していたのが経済産業省、なかでも今や「先見の明」なき愚か計画の代表となってしまった「2006年 原子力立国計画」だった。この計画は、返す刀で家庭用太陽光パネルへの支援政策もつぶしてしまっている。まるで「サカサマ」「アベコベ」を行っていたわけだが、それが今日の「アベコベ」安倍政権へ引き継がれている。

 

 驚きなのは、「原子力立国計画」をはじめ2006年の経済産業省の実務の中心にいたのが柳瀬唯夫という役人だが、この男が昨今「加計疑惑」の渦の中心にいるというのである。そして、このままいくと経済産業省次官になりそうだとか・・・・!? しかし、こんなのが経済産業省の「上に君臨」している間は、にっちもさっちもいかないでしょう。まさに今も昔も、おかしな人間たちが「アベとアベコベ」の中心にいる、この状態を一刻も早く解消しないと日本はどんどんおかしくなり、やがて巨大トラブルを起こして沈没ということになるでしょう。

 

(関連)“記憶ない”7連発で次官昇格の目 柳瀬審議官の素性と評判|日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/210111

(関連)柳瀬唯夫 - Wikipedia(経済産業省の役人)

 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%80%AC%E5%94%AF%E5%A4%AB

 

5.(別添PDFファイル)原発融資を全額補償、政府、まず英の2基(日経 2017.9.2)

 https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS01H5T_R00C17A9MM8000/

 

(関連)日立の英“原発” 日本政府が全額補償検討か:TV朝日

 http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000109306.html

(関連)菅長官「ルールに基づいて進める」 英原発の補償(テレビ朝日系(ANN) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170907-00000008-ann-bus_all

 

(田中一郎コメント)

 原子力ムラのために国民の税金を担保に差し出すようなことをして、それでいてそのことについての疑問にきちんと応えない。この菅義偉官房長官の記者会見での「回答」は、ただのはぐらかしに過ぎない。しなくてもいい原発輸出に巨額の政府保証を付けるなど、国政の私物化以外の何物でもない。

 

6.(別添PDFファイル)大洗事故と日本の原子力(核)政策(山崎久隆 2017.8.5

「ooaraijiko_yamazaki.pdf」をダウンロード

(関連)プルトニウム被ばく事故 日本、茨城県大洗町、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター  201766 内部被ばくと健康被害 内部被ばくを考える市民研究会

 http://www.radiationexposuresociety.com/archives/7349

(関連)どんな核種を吸い込んだか調べられるのに調べないJAEA6-13JAEA会見、マコちゃん質疑部分 取材 OSHIDORI Mako&Ken Portal - おしどりポータルサイト

 http://oshidori-makoken.com/?p=3238

 

(関連)福島第一原発敷地内で831日に作業員が倒れ、その後死亡が確認される~東電「『作業の因果関係』は労基署の判断、『総被爆線量』は把握できていない、把握できても公開しない」――東京電力定例会見 IWJ Independent Web Journal

 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/397349

(関連)福島第1原発:作業員が微量の内部被ばく - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170908/k00/00e/040/248000c?fm=mnm

 

7.(別添PDFファイル)福島第一 高濃度汚泥を高台に輸送へ(東京 2017.9.3

 http://www.sankeibiz.jp/business/news/170830/bsd1708302246014-n1.htm

 

8.玄海原発 再稼働やめろ

 

(1)玄海原発の再稼働 不同意:8.27集会要望書まとめ最終版.pdf - Google ドライブ

 https://drive.google.com/file/d/0B6EQ5_tZOVZcVkg3VWxTZ3R5UGs/view

(2)「放射性物質数分で島に」離島住民に不安の声 玄海原発の防災訓練 船やヘリで避難 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00010009-nishinpc-soci

(3)玄海原発:重大事故想定…防災訓練が始まる - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170904/k00/00m/040/056000c?fm=mnm

(4)玄海再稼働「見切り発車」の批判も 新たな安全対策は後回し 九電、来年1月表明 佐賀県 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-00010002-nishinpc-soci

(5)離島住民、ヘリで避難=事故想定で広域訓練―玄海原発 (時事通信)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000083-jij-soci

 

9.その他

(1)「自主避難者」震災統計から除外 避難継続、疑問の声も:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/ASK876DSTK87UTNB00S.html

(2)【原発事故と健康調査】「放射性物質は県境で止まらぬ。近隣県でも実施を」。避難者団体が環境省と交渉。「専門家が不要と判断」。変わらぬ国の消極性 - 民の声新聞

 http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-189.html

(3)【深刻な放射能汚染】国際的な科学者集団:IPPNWから日本への提言 お役立ち情報の杜

 http://useful-info.com/ippnw-recommendation-to-japan-2016

(4)<汚染土>福島県外、処分方法を検討 環境省・初会合 (毎日新聞)Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000095-mai-env

(5)<原発世論調査>女川2号機再稼働 68%反対 (河北新報) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000010-khks-soci

(6)<福島原発>周辺7町村、無職3割 正規雇用率は4割に低下 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000142-mai-soci

(7)91 HAIROニュース23号発行のお知らせ 泊原発の廃炉をめざす会

 http://tomari816.com/blog/?p=2152

(8)米山新潟知事、原発事故検証に協力を=福島知事に要望 (時事通信) Yahoo!ニュース

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000120-jij-pol

草々

 

« 石木ダム(長崎県川棚町):2012年の河川官僚バリケードが招いた2017年の住民座り込み(BY まさのあつこ)⇒ その「バリケード委員会」を推進させていたのが、いま没落・崩壊の憂き目にある民主党・民進党だ | トップページ | (報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)討論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017年9月7日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石木ダム(長崎県川棚町):2012年の河川官僚バリケードが招いた2017年の住民座り込み(BY まさのあつこ)⇒ その「バリケード委員会」を推進させていたのが、いま没落・崩壊の憂き目にある民主党・民進党だ | トップページ | (報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)討論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017年9月7日) »

最近の記事

無料ブログはココログ