« (築地豊洲問題)「石原慎太郎元都知事の責任を問う住民訴訟」の現状、および関連情報です | トップページ | 「共謀罪」法を「テロ対策法」だとウソをついて強行採決する国会・それを側面支援するNHK=わが国では国会とは形だけ審議するふりをして、次から次へと有権者を抑圧の穴に陥れるゴロツキどものたまり場だ »

2017年5月 9日 (火)

原発と放射能 必見・必読集(4):原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(井野博満東京大学名誉教授(金属材料学))他

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のこと)

==================================

1.(別添PDFファイル)(チラシ)(6.3)渡辺悦司さん 講演会 「福島原発事故 政府・マスコミ・東電は健康被害を隠蔽している」

「tirasi_6.3 WATANABE.pdf」をダウンロード

2.(別添PDFファイル)[憲法考]施行70年 安倍首相インタビュー全文 読売プレミアム

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170502-118-OYTPT50479/list_NEWS%255fMAIN

 

(以下はメール転送です)

 国会では、参議院予算委員会で、九条改憲発言について「首相としてではなく、自民党総裁として述べた」と発言し、さらに内容は「読売新聞を熟読しろ」と言ったそうですが、読売新聞の第1面には「首相インタビュー」と堂々と書いてあります。さすが、息を吐くように嘘をつく安倍首相の面目躍如です。

 

3.(別添PDFファイル)「進め! ドクター大竹の会」会報11号(201742日)

「susume_doctor_ootake.pdf」をダウンロード
 http://www.susume-dr-otake.jp/

 

4.山林火災

(1)浪江の山林火災を鎮圧、発生8日目で 7日も消火活動継続:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20170507-170010.php

 

(2)(メール転送です)

 今夜(5/8)、福島県在住の方から電話があり、「浪江町の山火事は消えてはおらず、まだ延焼中である。森の腐葉土が燃えており、土中に火が残って拡大しているので、長期にわたって消火できない危険がある。したがって、マスクの着用など放射性微粒子の飛散への警戒を決して止めないで、続けてください」という趣旨の緊急アピールがありました。とりいそぎ、お知らせいたします。(5/9現在も消えていません:田中一郎)

 

(福島県の行政は、3.11以降、平気でウソをついて、県民を無用の放射線被曝から守らないということに慣れっこになってしまったようです。福島県のみなさま、さしあたり県庁や民報・民友・NHKあたりから流れてくる「放射能情報」は信用なさらないでください。彼らのやっていることは「逆風評被害」という「深刻な実害」をもたらす可能性があります。:田中一郎)

 

(3)山林火災:宮城で民家に延焼 栗原市が避難指示 - 毎日新聞

 https://mainichi.jp/articles/20170508/k00/00e/040/202000c?fm=mnm

 

(このあたり一帯も放射能汚染のホット・スポット地域です:田中一郎)

 

(田中一郎コメント)

 福島第1原発事故後の山林火災への懸念から、2年ほど前に林野庁や福島、宮城、茨城、栃木の各県庁の林業担当部に電話で、①森林火災防止対策の重点化はどのように取組まれているか? ②汚染森林から産出される汚染木材への対策はどうなっているか? の2点についてヒヤリングをしたことがあります。まず、後者の②については、形だけでも「対策」と言えるものの説明ができたのは福島県庁のみで、他の役所はすべて、対策「なし」か、業界に丸投げ、の状態でした。その福島県においても、立木樹皮表面の汚染をベクレル・ベース(県庁)、ないしは伐採後の素材丸太表面の汚染をCPM・ベース(県木連)で自主的に計測して、一定以上のものは出荷しないという対応を現場任せにしているため、ひょっとして実効性はないのではないかと疑われます(守らなくても厳しい罰則もないし、守っているかどうかの厳格な第三者チェックもない)。みなさまには、木造住宅、ないしは木質の部屋付き住宅をお買いになるときは線量計を持参されることをお勧めいたします。また、山火事対策については、その危険性について(放射能の拡散)、まったくの問題意識もないような電話の対応でした=通常の山火事対策レベル。今回の山火事は、山林・森林の放射能汚染への無策・手抜き対応がもたらした人災の側面が大きいように思われます。更に大規模な山火事の可能性もあり、今回のことは未来へ向かっての「自然からの警告」と受け止めてもいいのではないかと思われます。

==================================

 

様々な方々からいただいた原発・放射能関連の必見・必読論文をいくつかご紹介申し上げます。

 

1.(重要)三陸の海を放射能から守る岩手の会

 http://sanriku.my.coocan.jp/

 

(1) 「六ケ所再処理工場におけるシビアアクシデント防止等に関する質問主意書(内閣参質19381)と答弁書そのまとめ」川田龍平議員17.4.17提出、答弁書4.25受領。深層防護に答えず、再処理の危険情報を非公開!国は原発より安全という誤報道に抗議せず 第一弾質問(17.5.4)

 http://sanriku.my.coocan.jp/170425Q&A&C193_81.pdf

 

(2) 「六ケ所再処理工場高レベル廃液とそのガラス固化に関する質問主意書(内閣参質19387)と答弁書そのまとめ」川田龍平議員17.4.21提出、答弁書4.28受領。ガラス固化早期開始せず、固化閉込め量答えず、固化報告の評価答えず 第二弾質問(17.5.)

 http://sanriku.my.coocan.jp/170428Q&A&C193_87.pdf

 

2.福島の甲状腺がん論考

 http://yahoo.jp/box/njF8mP

 

*************************************************

松崎道幸(道北勤医協 旭川北医院)

070-0842 旭川市大町214丁目

TEL0166-53-2111

matsuzak@maple.ocn.ne.jp

携帯 090-7519-3216

************************************************

 

3.渡辺悦司さん(6.3講演会:上記参照)

(1)「東京圏の放射能汚染――チェルノブイリでは「避難の権利」が保障されるべきレベル」(初版でまもなく改訂する予定ですが)

 http://blog.torikaesu.net/?eid=60

 PDFファイルは以下にあります。

 http://www.torikaesu.net/data/20170402_watanabe.pdf

 

(2)「政府の帰還政策の恐るべき危険性を警告する」

 http://blog.torikaesu.net/?eid=61

 PDFファイルは以下にあります。

 http://www.torikaesu.net/data/20160427_watanabe.pdf

 

4.原子力資料情報室

 http://www.cnic.jp/

 

(1)(別添PDFファイル)原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(前半)(井野博満 『原子力資料情報室通信 NO.514 2017.4.1』)

「inosensei_jouhousitutuusin_20174.pdf」をダウンロード
 http://www.cnic.jp/7457

 

(2)(別添PDFファイル)特定原子力施設・福島第一原子力発電所における放射性廃棄物の概要(前半)(澤井正子 『原子力市民年鑑 2016-17』)

「haikibutu_sawai_nenkan2017.pdf」をダウンロード
 http://www.cnic.jp/7415

 

5.「原発立地地域から原発ゼロ地域への転換」特別レポート発行〔原子力市民委員会〕 「原発ゼロ社会への道」 -原子力市民委員会のブログ-

 http://blog.ccnejapan.com/?p=634

 

6.竹本修三(京都大学名誉教授・大飯原発差止京都訴訟原告団長)

 http://blog.livedoor.jp/wakaben6888/archives/40857652.html

 

(1)事故後6 年を経た福島第一原発の現状と今後 -とくに2号機問題について-(竹本修三 201744日)

 http://www.eonet.ne.jp/~takemoto-home/17apr04.pdf

 

(2)日本の原発と地震・津波・火山-竹本修三/編著(マニュアルハウス)

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033434781&Action_id=121&Sza_id=GG

 

7.(別添PDFファイル)てんでんこ:マイ電力(1)~(11)(朝日新聞連載)

http://www.asahi.com/topics/word/%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%93%E3%81%93.html

 

(好評だった朝日新聞の連載記事「プロメテウスの罠」が1年以上も前に終了させられ、それに代わって「てんでんこ」という連載記事が載り始めましたが、その内容があまりにお粗末なので、もうずいぶん長い期間、見ないままで来ていましたが、昨今「マイ電力」と表題があって、小泉純一郎氏の写真が出ていましたので、読んでみることにしました。このシリーズはなかなかいい記事であるように思えます。再生可能エネルギーの普及に尽力する全国各地の「有志」=「勇士」たちと、それを妨害してはばからない電力会社(記事では九州電力と東北電力が出ています、が、他も似たりよったりでしょう)が描かれています。ご一読されるのもいいのではないかと思います。それにしても、九州電力の態度の悪さは日本狭しと言えども抜きん出とるワナ。こんな会社、みんなでつぶしませんか? :田中一郎)

草々

 

« (築地豊洲問題)「石原慎太郎元都知事の責任を問う住民訴訟」の現状、および関連情報です | トップページ | 「共謀罪」法を「テロ対策法」だとウソをついて強行採決する国会・それを側面支援するNHK=わが国では国会とは形だけ審議するふりをして、次から次へと有権者を抑圧の穴に陥れるゴロツキどものたまり場だ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1976500/70517782

この記事へのトラックバック一覧です: 原発と放射能 必見・必読集(4):原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(井野博満東京大学名誉教授(金属材料学))他 :

« (築地豊洲問題)「石原慎太郎元都知事の責任を問う住民訴訟」の現状、および関連情報です | トップページ | 「共謀罪」法を「テロ対策法」だとウソをついて強行採決する国会・それを側面支援するNHK=わが国では国会とは形だけ審議するふりをして、次から次へと有権者を抑圧の穴に陥れるゴロツキどものたまり場だ »

最近の記事

無料ブログはココログ