« 原発と放射能 必見・必読集(4):原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(井野博満東京大学名誉教授(金属材料学))他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(57):ますます暴走する原発・原子力、その先頭に立って笛を吹くメフィスト=経済産業省を解体せよ »

2017年5月20日 (土)

「共謀罪」法を「テロ対策法」だとウソをついて強行採決する国会・それを側面支援するNHK=わが国では国会とは形だけ審議するふりをして、次から次へと有権者を抑圧の穴に陥れるゴロツキどものたまり場だ

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

みなさまご承知の通り、昨日5/19、衆議院法務委員会は、自民党に加え公明党及び(大阪)維新の乱暴極まる国会審議運営により、「共謀罪」の主旨を含む「組織犯罪処罰法」改正案を強行採決・可決いたしました。この法案は、まさに文字通りの治安維持法の復活であり、日本国憲法体制下では許されない基本的人権侵害法案であり、違憲そのものの法律です。アベ自民党政治の暴走により、次から次へと「してはいけない」法律や政策づくりが積み上げられており、もはや看過できない段階となっております。以下、現段階で、この問題に関連する「最低限の必見情報」をまとめておきますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

改悪教育基本法、戦争法制、特定秘密保護法、TPP協定批准、盗聴法・改悪刑訴法、そして今回の「共謀法」と、日本国憲法はもはや完全に乱暴な形で無視され、葬り去られたかのごとしです。立憲主義・法治国家をゆるがすアベ自民・公明・維新といったゴロツキ政治家どもが占拠した国会が決めた憲法違反の諸立法は、一刻も早い政権交代を実現の上、ただちに一括で廃止する法案を成立させていかなければなりません。何故なら、かような法律や政策が、さも当たり前であるかのごとき既成事実として定着するようなことがあってはならないからですし、また、アベ自民党政権の暴走は今回で止まることもないからです。私の予想では、この次はいよいよ日本国憲法改悪(9条の事実上の廃止、および非常事態条項新設、憲法24条改悪など)や、盗聴法・各種取締法などの強化、そして特定秘密保護法や共謀法など、治安弾圧関連法の罰則強化へと更に踏み込んでくるでしょう。その狙いは明らかで、政府・支配権力への一切の異議申し立て・反対を法律の力で押しつぶすことにあるのです。

 

今回の「共謀法」案の成立は(強行採決が繰り返されて成立する可能性は極めて高い)、言い換えれば、戦後民主主義が崩壊したといっても過言ではないでしょう。さながら、かつてのナチス・ドイツ政治の再現を見るかのごとしであり、従ってまた「第二ワイマール共和国」へと転落したとでも言えるのかもしれません。しかし、これは上記で申し上げたゴロツキ政治家どもだけに原因があるのではありません。私たち有権者・国民・市民もまた、大きな責任の一端を担っています。政治家は幾度となく繰り返されてきた国政選挙などで選出されています。その選挙で、彼らゴロツキどもを国民の代表として国会へ送っているのは、私たち有権者・国民・市民なのです。これを転換しないことには日本の政治や社会は変わりようがありません。まして今日の自民党政治家たちや、それにつきまとっている補完政党の政治家どもは、かつての穏健保守自民党・バランス感覚の政治家などではもはやなく、文字通りのゴロツキ・タカリの集団と化しており、彼らは民主主義や有権者・国民の主権や立憲主義、あるいは利益配分の適正化や経済的社会的公正、といった最も基本的な政治的価値に重きを置いておりません。つまり、異議申し立ての声などには馬耳東風で「騒音」程度にしか思っていない可能性が高いのです。

 

ファシズムや暗黒体制は、無関心や平和ボケや根拠なき楽観を培養土とし、悲しいかな「善意」に担がれながらやってきます。私たちアベ政治に反対する市民も、これまでの形の市民運動・社会運動だけでは、もはやこの流れを変えられないことを強く自覚し、「ホンモノの政権交代」へ向けての努力を、これまでの運動への取り組みと並行させて取り組んでいく必要があることを認識すべきです。危機の時代に対応した新たな市民運動・社会運動の在り方が強く求められています。

 

さしさたりは、言論・表現の自由への風当たりが一層強まるでしょう。これに伴い、一方では、情けない萎縮効果が働くとともに、他方では、支配権力をかさに着た忖度行為としての「異議申し立て叩き・ないしは嫌がらせ」が強まってくるものと思われます。支配権力を背にしてモノを言う人間がこの国にはいかに多いかは既にみなさまご承知の通りです。「共謀罪」は監視社会を招くと言われておりますが、私は単なる「支配権力による監視社会」ではなく、日本の場合には、個々の有権者・国民が相互に自分たちを監視しては、それを愚かにも警察をはじめ治安機関や権力者たちに密告していくような、実にうっとうしい限りの「相互監視社会」がやってくるであろうと予測しています。かつての東ドイツ・シュタージ社会が日本でも徐々に頭をもたげてくることになるでしょう。

 

そういう暗黒の未来社会をつくらないためにも、みんなで力を合わせて頑張りましょう。少なくとも、市民運動・社会運動の内部では、言論や表現の統制などがあってはなりません。お互いがお互いの言論や表現を尊重していくカルチャーを私たちの手で創っていきましょう。私たちに残された時間はあまりありません。原発の問題では、もはや西日本で福島第1原発事故を上回る過酷事故がいつ起きても不思議ではない状態になってきています。アベ自民党とその周辺に生息するゴロツキ・タカリどもとその補完勢力、そしてそれと共鳴する司法・裁判所を含めた官僚たちの日本破壊行為を許さず、私たちのための未来を私たちの手に取り戻していきましょう。

 

 <政権交代後に即時一括廃止法で葬り去るべき法律=「自民党悪法即時一括廃止法案」(憲法違反)>

 戦争法制、特定秘密保護法、改悪刑訴法・盗聴法、カジノ法、TPP協定批准、共謀法

 

 <早急に見直しが必要(とりあえず廃止も選択肢)>

 情報公開法・公文書管理法、公職選挙法・選挙制度、防衛装備移転三原則、改悪宇宙基本法(含JAXA)、原子力規制委員会・規制庁、原子力協定と原発輸出法制、改悪原子力基本法、改悪教育基本法、有事立法、種子法廃止法、農業競争力強化支援法、改悪著作権法(グーグル・ブックス他)、改悪住民訴訟法、国旗国歌法、SLAPP防止法、国際協定締結手続法(交渉経過の秘密禁止他)、言論表現の自由妨害禁止法、憲法裁判所、他

 

 <まさのあつこさん 迫真レポート>

●「共謀罪」焼け太り法案強行採決(まさのあつこ) - 個人 - Yahoo!ニュース

 https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20170520-00071151/

 

 <別添PDFファイル:「共謀法」案の強行採決報道>

 東京新聞が最も熱心に報道していますので、その記事を別添PDFファイルで添付しました。みなさま、新聞を取るなら東京新聞です。

 

(1)「共謀罪」採決強行、衆院委で可決、「共謀罪」捜査 すでに横行、法制化ならお墨付き、国民監視 ぶれる答弁(東京 2017.5.20

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017051902000263.html

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/kakushin/list/CK2017052002000146.html

(2)またあの時代に・・、「廃案まで抗議する」、「共謀罪と共通点」 警職法(東京 2017.5.20 他)

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017052002000132.html

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051902000249.html

(3)衆院委ついに採決強行、笑えない「共謀罪」審議(東京 2017.5.20

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017052002000163.html

 

 <別添PDFファイル:その他>

(4)「共謀罪」でコミケどうなる、二次創作 萎縮の恐れ、異質な著作権法違反 なぜ対象(東京 2017.5.12

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017051202000137.html

(5)閣議決定にみる共謀罪法案の怖さ、政府批判封殺に利用も(東京 2017.5.16

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017051602000131.html

(6)特集ワイド:「共謀罪」通れば堂々監視、岐阜県警個人情報収集問題から考える(毎日 2017.5.17 夕刊)

 https://mainichi.jp/articles/20170517/dde/012/010/012000c

(7)共謀罪は条約加入に必要か(イントロ部分)(新倉修 『世界 2017.6』)

「kyoubouzai_jouyakukanyu_sekai.pdf」をダウンロード
 https://www.iwanami.co.jp/book/b287283.html

 

 <大拡散希望>【全訳きました!】国連報告者が安倍首相に共謀罪法案を懸念する緊急書簡を送付(メール転送です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。[転送・転載歓迎/重複失礼]

 

国連プライバシー権に関する特別報告者であるジョセフ・ケナタッチ氏による、安倍首相への共謀罪法案を懸念する書簡送付の件について続報です。海渡雄一弁護士から、書簡の解説と全文訳が届きました。「拡散希望です。ブログやフェイスブックに転載自由です。私のFBにも掲載しました」とのことです。この週末に熟読したうえで、安倍政権に質問への回答と協議、そして、衆議院本会議での採決の中止を迫っていきましょう!

 

●こちらにも転載しています。

 http://kosugihara.exblog.jp/23896599/

 

 <関連の別添PDFファイル>

(1)ジョセフケナタッチ書簡(完成版)

「josefu_syokan_wayaku.pdf」をダウンロード
(2)「恣意的運用」国際視点から警告 国連報告者、首相に書簡「共謀罪」採決強行(520日 東京)

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017052090065838.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 <許されないアベ自民党の補完勢力=公明党、そして(大阪)維新>

 アベ自民党政治の補完物である公明党と(大阪)維新は、実に中身のないくだらない形だけの修正案で自民党と意気投合し、この狂暴なる「共謀罪」法案に賛成をするばかりか、(大阪)維新のチンピラ議員は強行採決にも賛成演説を行うなど、許しがたい背信行為を続けております。特に(大阪)維新は、大阪万博とカジノ欲しさに「共謀罪」法案に賛成したかのごとき様子です。

 

 <別添PDFファイル・関連サイト>

(1)「共謀罪」 自公維修正合意(朝日 2017.5

 http://www.asahi.com/articles/ASK5C5TK4K5CUTFK00P.html

 http://www.asahi.com/articles/DA3S12933043.html

 http://www.asahi.com/articles/DA3S12933056.html

(2)維新の与党化 鮮明 「共謀罪」に賛成(東京 2017.5.20

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201705/CK2017052002000145.html

(3)カッコいい丸山穂高(日本維新の会)「もういいいでしょ、時は来た!」《テロ等準備罪 与党採決の構え》 衆議院 法務委員会 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=D2lnQcSkm6w

 (ネトウヨがこの動画をアップしたのかな?)

 

 <「共謀罪法案」可決成立を側面から加勢するNHK、そして民放TV・マスごみ>

おまけにNHKは5/12午後7時のニュースで「共謀罪法案」を「テロ対策法案」だなどと虚偽の説明をしています。早い段階からテロ行為を取り締まる、まともな法律なんだと言いたいかのごとしでした。まるでゴロツキ政府の広報放送局さながらです。NHK受信料拒否の運動を大きく広げていく必要がありそうです。しかし民放の方も褒められたものではありません。たしかTBSのニュースでしたが、共謀罪法案の中身もよく知らぬままに「共謀法案には賛成です」などと言っている通行人を放送したり、あるいは下記の様な調子です。ますます「TVはいらない」状態になってきました。

 

●【これは酷い】NHK、共謀罪に関して「強行採決」の単語を避ける! 国会中継も無し・・・|情報速報ドットコム

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-16841.html

 

(メール転送です)

今朝よみうりテレビのウェークアッププラスという番組(司会は辛坊治郎)で共謀罪法案を報道しました。番組の最後でコメンテーターの岩田さんが、「野党はもっとしっかり審議してほしい」というとんでもないコメントをしました。野党の方が徹底審議を求めていて、自民党がそれを打ち切って強行採決したんですよ!! 何を言ってるの! そんな印象操作は許されない!! 今、マスコミを監視し、こんなデタラメな印象操作を潰すべきです。(よみうりテレビ視聴者センター 06-6947-2500

 

 <その他>

(1)組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議 2017.5.19

「futaiketugi_kyoubouzaihouan.pdf」をダウンロード
(2)速報! 「共謀罪」を強行採決! 赤かぶ

 http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/850.html

(3)「共謀罪」がスムーズに成立する背景:日経ビジネスオンライン

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/051800094/?n_cid=nbpnbo_mlpum

 

 (田中一郎コメント)

 この記事は小田嶋隆とかいう人間が書いているらしい。典型的なシニシズムだ。「あきらめている」のなら、かようなレポートは書かなければいいし、ごちゃごちゃ言う必要もないだろう。言う方・書く方も無駄なら、聞く方・見る方も無駄でしょう。どこか奥山にでも引っ込んで隠遁生活でもおくればいいではないか。

草々

 

 

« 原発と放射能 必見・必読集(4):原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(井野博満東京大学名誉教授(金属材料学))他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(57):ますます暴走する原発・原子力、その先頭に立って笛を吹くメフィスト=経済産業省を解体せよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 原発と放射能 必見・必読集(4):原子炉圧力容器の中性子照射脱化=今まで分かったことの総括(井野博満東京大学名誉教授(金属材料学))他 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(57):ますます暴走する原発・原子力、その先頭に立って笛を吹くメフィスト=経済産業省を解体せよ »

最近の記事

無料ブログはココログ