« アベ自民「かご池」地獄(1):近畿財務局のこの「珍対応」不正が追及漏れです=財務省・国土交通省の役人たちへの追及が甘すぎる、「3年後に徴求される444円の賃料って、いったい何だ! | トップページ | 本日(3/28)のいろいろ情報です(メール転送を含む):アベ自民「かご池」地獄(2)=「まさのあつこ」砲炸裂、パン屋よりも和菓子屋の方が愛国心は上=こんなものが「道徳」なのか!? 大阪万博近況他 »

2017年3月28日 (火)

豊洲TOXICスキャンダル(19):豊洲市場建屋の耐震性や地盤強度問題については解決していませんけど、どうなっているんですか? (構造安全性に液状化対策、それに側方流動など、山のように問題があります)

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)

 

(最初にイベント情報その他です)

==================================

1.(5.7)シンポジウム「種(たね)が危ない3」

 

日 時:57日(日)915開場 9:30開会

場 所:大田区民ホール、アプリコ地下展示場(JR蒲田駅東口5分)

資料代:1000

1部: 9:30~12:30 野口勲さん、講演「種が危ない」

休 憩:12:30~13:15

2部:13:20~14:00 天笠啓祐さん、「多国籍企業による種支配の時代に」

    14:00~14:40 金子勝さん、「農業が危ない!食から立て直す地域経済」

休 憩:14:40~15:00

3部:15:00~16:30 3人の講師によるパネルディスカッション「種を私たちが取り戻すためには」(コーディネーター:天笠啓祐さん)

主 催:スローアグリカルチャー研究会、九条を守るかながわ高校教職員の会

連絡先:03-3308-7044(早川)

 

2.川内原発再稼働するな!九州電力東京支社第29回抗議行動

 http://www.labornetjp.org/EventItem/1490263420511staff01

 

3.維新党大会:都議選、小池氏に対抗…活動方針を採択 - 毎日新聞

 http://mainichi.jp/articles/20170326/k00/00m/010/058000c?fm=mnm

 

(一部抜粋:大阪市に党本部がある維新は、7月2日投開票の東京都議選を控え、初めて東京で党大会を開いた。都議選公約の柱も公表し、「築地市場の豊洲移転推進」を掲げて小池百合子知事に対抗する立場を打ち出した。)

 

4.「参議院議員 山本太郎」オフィシャルサイト 2017.3.21 復興特「言葉だけの復興、ここにあります。」

 http://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/6911

 

5.どんな団体も対象に 共謀罪「テロリズム」定義拡大の姑息 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/202286

 

6.売れ残った犬猫がたどる悲しい運命を知っていますか 猫ブームの光と陰 駅義則 毎日新聞「経済プレミア」

http://mainichi.jp/premier/business/articles/20161020/biz/00m/010/032000c?fm=mnm

==================================

 

東京都議会で百条委員会が始まった注目の「築地豊洲問題」ですが、実は豊洲市場について重大な問題がきちんと対処されないまま「大丈夫」サインが出されてしまっています。これまで豊洲市場建設については東京都庁は出鱈目の限りを尽くしてきていて、「空前絶後の間抜けな粗大ごみ」(中澤誠さん:東京中央市場労働組合執行委員長)状態にしてしまっていたのですが、それを都庁はひた隠しに隠してきたため、長い間、市場関係者を含めて、その出鱈目で危険な状態が知られずに来たのでした。昨年9月に「あるはずの盛土」が豊洲市場建屋の地下にはないことが発覚して、小池百合子都知事により築地市場の豊洲への移転が延期されましたが、それを契機にして、豊洲市場を巡る様々な問題が吹き出てくることになりました。その中の重大な問題が、今回ご紹介する豊洲市場の建屋の耐震性・構造安全性の問題と、敷地土壌の強度・液状化対策の不備の問題です。

 

1.豊洲市場建屋の耐震性・構造安全性問題

まず、昨年(2016年)の9月に放送された「そもそも総研」のVTR(下記)をご覧ください。豊洲市場の建屋の耐震性不足に関する問題がわかりやすく解説されています。「そもそも総研」の該当箇所はこの番組開始後1時間9分あたりからです。地盤沈下、側方流動、液状化、そしてインチキ設計による耐震不足などの問題があり、それらの問題について、まるで私たちに対して警告を発しているかの如く、2011年の東日本大震災がそれを「見える形」にしてくれました。巷では「豊洲市場では活魚を入れるいけすには水を70cm以上入れないようにしなければならない、床が抜けるかもしれないから」などと伝えられている件です。(「側方流動」の言葉解説は下記のヤフー検索を参照してください。また、地盤沈下は側方流動や液状化とセットで考えるべきです)

 

(必見VTR)羽鳥慎一モーニングショー 922 160922 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=TWo_-9lqUbg

 

更に、昨今発刊された下記書籍で、この問題に長く取り組んでこられた水谷和子(みずのや)さんの著書から、その一部を抜粋してみました。みなさまには、この水谷さんの解説とともに、この新刊書をぜひともお読みいただきたいと思います。また、日刊ゲンダイの関連記事も併せてご覧ください。

 

●(別添PDFファイル)豊洲市場建物、構造上の問題も(水谷和子他 『築地移転の闇をひらく』(大月書店))

「toyosutatemono_kouzoumondai_mizutani.pdf」をダウンロード

●(必読)豊洲新市場に“”衝撃欠陥” 積み荷の重さで床が抜ける恐れ 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175878

●(必読)移転撤回の決定打 豊洲新市場に耐震不足違法建築の疑い 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188478

●(必読)深まる違法建築疑惑 豊洲の耐震性能「大丈夫」に根拠なし 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/190372

●(必読)市場PTメンバー激怒 議論半ばの耐震性に都が「安全証明」 日刊ゲンダイDIGITAL

 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/197734/1

 

(関連)築地移転の闇をひらく-中澤誠/著 水谷和子/著 宇都宮健児/著 本・コミック : オンライン書店e-hon

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033544316&Action_id=121&Sza_id=B0

 

(関連)築地市場の豊洲移転?-畑明郎/編 宇都宮健児/執筆 大山とも子/執筆 畑明郎/執筆 坂巻幸雄/執筆 水谷和子/執筆 斎藤悠 本・コミック : オンライン書店e-hon

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033580489&Action_id=121&Sza_id=C0

 

(関連)緊急解説!!豊洲市場の構造設計に疑義アリ|建築エコノミスト 森山のブログ

 http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12190835353.html

(関連)震度6弱でも危ない…豊洲新市場の構造計算に続々、ミスが発覚! - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

 http://wpb.shueisha.co.jp/2016/09/13/71934/

(関連)「側方流動」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E5%81%B4%E6%96%B9%E6%B5%81%E5%8B%95

(関連)豊洲新市場の構造計算書にミス? 震度6弱でも危ない構造か ライブドアニュース

 http://news.livedoor.com/article/detail/12011149/

 

ところがです。この豊洲市場の建屋の耐震強度について、東京都庁は去る210日に建物の建築確認=検査済み証を早々と交付し「建築基準法に基づく構造安全性が認められる」としてしまったというのです。実はこの豊洲市場の耐震性や構造安全性の問題については、小池百合子都知事の指示で組織された市場問題PT(下記サイト参照:座長は小島敏郎青山学院大学教授=元環境省役人)で審議されていて、まだ結論が出されずに継続審議中という扱いだというのにです。にもかかわらず、東京都庁はそれを無視するかのように早々に建築確認をしてしまっており、市場問題PTのメンバーでもある建築士の森山高至氏や、この問題について構造計算などを行って問題提起をされた建築士の高野一樹氏らが怒っていると伝えられていますから、穏やかではありません。

 

にもかかわらず、小池百合子都知事は、豊洲市場の建物については構造上の安全性が確認されたなどと記者会見で説明をし、また都議会では、築地市場の豊洲移転を進めて築地市場跡地の再開発とその利権を狙う自民党の都議たちに「何故、豊洲市場の構造上の安全性が確認されて検査済み証が交付されたことを1カ月も公表しないで黙っていたのか」などと追及される始末です。いったいどうなっているのでしょうか? 

 

2月上旬ころから、どうも水面下で築地市場の豊洲移転を強引に進めたいグループからの圧力が働いて「豊洲移転の世論誘導」報道をし始めた様子のある大手マスコミ(新聞やTV)は、この豊洲市場の耐震性や構造安全性の問題については最近では全く報道しなくなっています。築地豊洲問題についての雰囲気が、昨年秋ごろとは大きく変わり、まるで築地市場の豊洲への移転を「早く決めろ」と言わんばかりの「ニセモノ報道」が跋扈し始めているのです。「豊洲と築地、どっちが安全?」(朝日新聞、日本経済新聞)などという記事は、その典型です。築地市場も汚染している、アスベストがある、汚いなどと言った、築地市場への誹謗中傷や営業妨害に近いようなことまでが「今さら」のように言われ始めていて、「ためにする言論」が臭気を放っています。

 

●市場問題プロジェクトチーム 東京都

 http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/shijyoupt-index.html

 

(関連)豊洲市場、建築基準法に基づく構造安全性が認められる とよすと

 http://toyosu.tokyo/news/toyosushijo-nikkken-shomei/

(関連)日建設計:豊洲市場の建築基準法に基づく構造安全性が確認されました、東京都建築主事が「検査済証」を交付

 http://www.nikken.co.jp/ja/news/20170210_1.html

(関連)東京)安全なのは豊洲か築地か:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/CMTW1703171300002.html

(関連)豊洲市場、構造上は安全 - 知事「検査済み証」交付明かす 都議選速報

 http://www.seikyoku.tokyo/archives/2913

(関連)豊洲市場、構造上は安全 知事「検査済み証」交付明かす(東京新聞) - goo ニュース

 http://news.goo.ne.jp/article/tokyo/business/tokyo-CK2017030102000168.html

(関連)豊洲市場:移転問題 検査済証公表1カ月後 小池知事「今後速やかに」 /東京 - 毎日新聞

 http://mainichi.jp/articles/20170316/ddl/k13/010/162000c

 

(上記の東京新聞記事より一部抜粋)

都議会第一回定例会は二十八日、主要四会派による代表質問を行った。小池百合子知事は、築地市場(中央区)の移転問題に関し、豊洲市場(江東区)の建物が構造上安全であることを示す「検査済み証」が交付されたことを明らかにし、「建築基準法に基づく安全性が確認された」と述べた。

 

2.豊洲市場の直下型巨大地震時の液状化について

 豊洲市場については、建物の耐震性・構造安全性に密接に関連して、敷地における液状化の危険性の問題があります。直下型地震が襲った場合の液状化については、既に阪神淡路大震災時に神戸の埋め立て地が深刻な液状化を引き起こして大問題になった経験がありますが、2011年の東日本大震災に際にも、わずか深度5弱の、震源地はかなり遠い地震であったにもかかわらず、豊洲市場では液状化を起こして地下から汚染した砂や地下水が噴き出すなどの被害が出ています。豊洲市場の敷地を埋め立てている土壌は悪性のヘドロ土で、こういう埋め立て地が液状化に弱いことは素人にもわかる自明なことです。豊洲の建屋は地下深くの固い地盤まで杭打ちをしてあるから問題ないなどという話も聞きますが、しかし、液状化とともに側方流動が起き、地盤が沈下した際には、かえってその地下深くまで打ち込まれた杭に大きな荷重がかかって杭が折れ、建物が傾いてしまうということは大いにあり得る話です。また、豊洲敷地の地下には様々な毒物がわんさと残っており、そんなものを含んだ砂や地下水が液状化により地上に噴出してきたりしたら、食べものを恒常的に扱う卸売市場にとってはたまったものでなないでしょう。

 

 そして、私が驚いたことは、上記にご紹介した書籍の中で、水谷和子さんが、かつて専門家会議の平田健正座長が「地価の汚染物質が上がってくるかどうかどうかは液状化対策がうまくいくかどうかにかかっている」と述べて液状化対策の必要性を訴えていたにもかかわらず、その後を引き継いだ技術会議は(おそらくは土壌汚染対策のための費用を節約するために)、建物下以外の液状化対策はレベル1(144ガル)、震度5程度の設計で、平田健正座長が示した深さの半分程度の、極めてお粗末な対策しか手当てしなかった旨を書いていることです(P47-48:別添PDFファイル)。レベル1とは、重要度が低い、液状化してもあまり影響のない施設の基準であり、港湾部では駐車場がそれにあたるそうでが、しかし、中央卸売市場は東京都の震災対策条例では重要建築物に指定され、かつ巨大な食品取扱施設ですから、こんな貧弱な液状化対策では話にならないでしょう。豊洲市場は直下型大地震の液状化現象には全くの無防備と言っていい状態です。

 

●(別添PDFファイル)極めて低い液状化対策=レベル1(水谷和子他 『築地移転の闇をひらく』(大月書店))

「ekijouka_mizutani.pdf」をダウンロード

(関連)Yahoo!画像検索 豊洲 液状化

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E8%B1%8A%E6%B4%B2+%E6%B6%B2%E7%8A%B6%E5%8C%96

(関連)7.液状化対策|東京都中央卸売市場

 http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/dojou/taisaku/outline/step/step07/

(関連)豊洲もうひとつの懸念…液状化で「市場壊滅」の恐れ 震災後108カ所で痕跡 (2-2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20160926/plt1609261550001-n2.htm

(関連)東京・豊洲新市場:「液状化対策必要」 地下水「管理可能」 専門家会議座長 - 毎日新聞

 http://mainichi.jp/articles/20160926/dde/041/010/051000c

(関連)(別添PDFファイル)豊洲市場 構造上は安全(東京 2017.3.1

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201703/CK2017030102000168.html

(関連)小池都知事、豊洲市場の「建物は安全」 移転は「都民意見参考に」 (日本経済新聞)

 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB28HA8_Y7A220C1L83000/

(関連)(別添PDFファイル)豊洲構造安全 公開遅れる、都知事 1カ月公表せず(日経 2017.3.16

 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO14119250V10C17A3L83000/

 

幸いにして、来る329日に市場問題PTが「液状化問題」をテーマに開催されるようです。注目いたしましょう。

 

(関連)第7回市場問題プロジェクトチーム会議を開催|東京都(豊洲市場における液状化対策について他)

 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/03/24/07.html

 http://www.toseikaikaku.metro.tokyo.jp/shijyoupt-index.html

 

そんな中、小池百合子都知事は24日の定例会見で、今ある市場問題PTとは別に「築地、豊洲の課題を整理し、移転可否の判断に向けた総合的な検討を進める「市場のあり方戦略本部」を設置することを表明した」と報道されました。何だか屋上屋を重ねるような雰囲気がありますし、伝えられるところでは市場問題PTの小島敏郎座長が築地市場の豊洲への移転に反対のスタンスであることから、ひょっとすると、豊洲への移転をどこかで着地させたい小池百合子都知事とその取り巻き達が「小島座長はずし」を画策しているという見方もできなくはありません。こちらについても今後要注目です。

 

(関連)【豊洲移転問題】「市場のあり方」模索 小池百合子都知事が戦略本部設置表明 判断時期は明言せず - 産経ニュース

 http://www.sankei.com/affairs/news/170324/afr1703240043-n1.html

 

3.(20164月)舛添要一(当時)都知事あて「豊洲新市場の117日開場の撤回と「十分な説明」を求める要請書」

 東京都庁がひた隠しに隠してきた豊洲市場ですが、それが様々な意味で出鱈目であることは、市場のユーザーであり直接の利害関係者である築地市場の卸売事業者の方々が早い段階でうすうす感じてきたことでした。彼らは既に20164月に当時の舛添要一東京都知事にかなり詳細な要請書を提出し、早い段階からこの問題への丁寧でかつ適正な対応を東京都庁に要請してきましたが、今日に至るも、その「まったく当たり前」の願いはかなえられていません。築地の圧倒的に多くの卸売業者が豊洲移転に反対をして、これまでの東京都庁の対応ぶりに激怒しているのは当然と言えば当然でしょう。

 

●(必見)(20164月)舛添要一(当時)都知事あて「豊洲新市場の117日開場の撤回と「十分な説明」を求める要請書」

 http://ameblo.jp/mamoro-tukiji/entry-12152852719.html

 

(関連)(201610月)小池百合子都知事あて「築地市場の移転延期に伴い、東京都に対して、補償も含めた早急な対応を求める要請書」

 http://ameblo.jp/mamoro-tukiji/

(関連)守ろう!築地市場 オフィシャルブログ

 http://profile.ameba.jp/mamoro-tukiji

(関連)2017.3-14『豊洲新市場への移転計画の中止を求める請願署名』提出に関する記者会見 - NPJ

 http://www.news-pj.net/movie/47348

 

4.(2017316日)水谷和子さんを招いての「築地豊洲問題」勉強会資料

 さる316日に東京・水道橋のスペースたんぽぽで開催された際の勉強会資料の一部です。特に別添PDFファイル(1)のレジメをご覧ください。

 

 <別添PDFファイル>

(1)「築地移転問題・豊洲新市場の土壌汚染について」築地移転学習会レジメ(水谷和子さん 2017.3.16

「rejime_mizutani.pdf」をダウンロード
(2)「築地移転問題・豊洲新市場の土壌汚染について」築地移転学習会資料(1)(水谷和子さん 2017.3.16
「siryou1_mizutani.pdf」をダウンロード
(3)「築地移転問題・豊洲新市場の土壌汚染について」築地移転学習会資料(2)(水谷和子さん 2017.3.16

「siryou2_mizutani.pdf」をダウンロード

5.その他

(1)(関連)(別添PDFファイル)「築地の安全性守りたい」、都知事耐震不足施設巡り答弁(日経 2017.3.17

 http://www.nikkei.com/article/DGXKZO14168370W7A310C1L72000/

 

(2)(別添PDFファイル)市場、「第三の道」ない、都知事、築地か豊洲明言(毎日 2017.3.15

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201703/CK2017031502000117.html

 

(3)(別添PDFファイル)無責任な「安全」宣言で事足りる職務怠慢の専門家会議、石原元都知事の豊洲移転論援護(『週刊金曜日 2017.3.24』)

「toyosu_senmonkakaigi_kinyoubi.pdf」をダウンロード
 http://www.kinyobi.co.jp/

 

(4)豊洲は、旧陸軍毒ガス製造地の汚染土が盛土されていた! 政治・経済・医療、日本は問題だらけ

 http://coconut-oil.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-e22b.html

草々

 

« アベ自民「かご池」地獄(1):近畿財務局のこの「珍対応」不正が追及漏れです=財務省・国土交通省の役人たちへの追及が甘すぎる、「3年後に徴求される444円の賃料って、いったい何だ! | トップページ | 本日(3/28)のいろいろ情報です(メール転送を含む):アベ自民「かご池」地獄(2)=「まさのあつこ」砲炸裂、パン屋よりも和菓子屋の方が愛国心は上=こんなものが「道徳」なのか!? 大阪万博近況他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アベ自民「かご池」地獄(1):近畿財務局のこの「珍対応」不正が追及漏れです=財務省・国土交通省の役人たちへの追及が甘すぎる、「3年後に徴求される444円の賃料って、いったい何だ! | トップページ | 本日(3/28)のいろいろ情報です(メール転送を含む):アベ自民「かご池」地獄(2)=「まさのあつこ」砲炸裂、パン屋よりも和菓子屋の方が愛国心は上=こんなものが「道徳」なのか!? 大阪万博近況他 »

最近の記事

無料ブログはココログ