« 渡辺悦司氏論考集(2):「福島原発事故により放出された放射性微粒子とその再拡散・再汚染の危険性」他 | トップページ | (報告)津田敏秀岡山大学大学院教授講演会:「低線量被ばくの健康影響と福島県での甲状腺がん」 »

2016年7月 6日 (水)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(29):私たちには放射線被曝を避けて生きる権利がある、福島第1原発事故の被害者を救済せよ、実証されてもいない被ばく安全・安心論の押し付けをやめよ

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)

 

(最初に若干のお知らせその他です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.(署名のご協力をお願い申し上げます)横浜の保育園、学校の放射能汚染物の施設外管理を要望

 

●ご家族のご署名やchange.orgアカウントのない方

 http://bit.ly/1UoRCIC

change.orgのアカウントがある方

 http://chn.ge/1Mp2fbB

 

2.キャンペーン · イスラエルとの無人機共同研究をやめてください! · Change.org

 http://ur0.work/uYOE

 

(関連)緊急署名開始! イスラエルとの無人機共同研究をやめてください!

 https://goo.gl/cr1XTI

 

(関連)武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)

https://najat2016.wordpress.com/2016/07/05/petition_israel_japan_joint/

 

3.キャンペーンについてのお知らせ · 鹿児島県知事宛に署名提出と申し入れを行いました! · Change.org

https://www.change.org/p/%E5%B7%9D%E5%86%85%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%82%92%E6%AD%A2%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84/u/17162963?tk=OyqcFyD9b1pcQsaXJUN18P5b1yA0uoeZxmIfr7dXQw0&utm_source=petition_update&utm_medium=email

 

4.今夏の映画

(1)映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』公式サイト

 http://sekai-shinryaku.jp/

 

(2)ついにゴジラ動く!映画『シン・ゴジラ』予告編 - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=HfrT7T-CLkQ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(ここから本文)

===========================

福島第1原発事故から早くも5年以上が経過しました。日本を滅ぼしてしまうかもしれない空前絶後の大事故だったあの時の恐怖は「のど元過ぎれば熱さ忘れる」でどこへやら、もともと切迫感がなかった西日本のみならず、未だ深刻な放射能汚染にさらされている東日本でも、福島第1原発事故の「風化」現象が現れ始めているように見えます。とりわけ最も深刻な被害を受けたはずの当の福島県が、放射能や被ばくの危険性への懸念を、あたかも復興の妨げになるかのごとき態度で踏み付けにし、「放射能、みんなで浴びれば、怖くない」を全県挙げて邁進しているかのようです。まことに愚かなことと言わざるを得ません。以下、昨今の脱被ばくの市民運動・社会運動の動きや、放射能・被ばくに関連する情報をお送りします。ご参考としていただければ幸いです。

 

何度も繰り返して恐縮ですが、恒常的な低線量被曝(外部被曝・内部被曝)は非常に危険です。健康被害や遺伝的障害は晩発性のものが多く、徐々に徐々に真綿で首を絞めるがごとく被曝者の体をむしばんでいきます。自覚症状がなくても健康被害は少しずつ続いていき、自覚症状が出たときは既に手遅れになっています。放射線被曝の健康被害に治療法などありません。今現在、安全安心を宣伝している御用学者たちや政治家どもが、将来自分や子どもたちの身に何かあった時に責任をとってくれるはずもありません。放射線被曝は徹底して避ける・逃げる・遠ざかるが基本です。食べない・吸わない(呼吸)・避けまくる、これを徹底するほかありません。放射能は煮たり焼いたりしてはいけません。閉じ込めて管理するのです。太平洋の海岸沿いに「除染」をした結果出てきた放射能汚染物がフレコンパックに入れられて大量に積み上げられています。しかし、この海沿いの地域を再びの大地震・大津波が襲えば、この放射能の山は海に持って行かれてしまうでしょう。何故、かような愚かなことをするのでしょうか? それとも、放射能汚染物を減らす目的で、それを待っているのでしょうか?

 

(関連)福島県の汚染土壌の山を海外メディアがドローン撮影 - 視聴者「日本はビーチに放射性物質を置いてるのか」 | バズプラスニュース Buzz+

 http://buzz-plus.com/article/2015/06/26/osen/

 

私たちには放射線被曝を避けて生きる権利がある、福島第1原発事故の被害者を救済せよ、実証されてもいない被ばく安全・安心論の押し付けをやめよ

 

 <別添PDFファイル>

(1)京都竹やぶ日記:被曝を避ける権利(秋山豊寛『自然と人間 2016.6』)

「hibakukaihi_kenri_akiyama.pdf」をダウンロード
(2)(署名)放射能公害避難者に公的支援を

「syomei_yagasaki.pdf」をダウンロード
(3)沖縄県知事宛「放射能公害被災者に人権の光を与えてください(要請)(原発事故避難者に公的支援を求める会 2016.5.16

「okinawatijiate_yousei_yagasaki.pdf」をダウンロード
(4)進行する健康被害(矢ケ﨑克馬琉球大学名誉教授 2016.5

「kenkouhigai_ronbun_yagasaki.pdf」をダウンロード
(5)福島原発健康影響調査 事故当時5歳児「甲状腺がん疑い」の意味(東京 2016.6.28

(6)当時5歳の子どもも発症(『週刊金曜日 2016.6.24』)

(7)160621 神奈川新聞 指定廃棄物学校施設で保管世界の非常識(1面)

(8)160621 神奈川新聞 指定廃棄物学校施設で保管世界の非常識(社会面)

(9)土壌汚染 内部被ばくと相関認めず、南相馬市立総合病院 坪倉医師ら調査(福島民報 2016.7.2

10)原発汚染土の再利用、偽装誘発の恐れ(毎日 2016.7.5

 

1.京都竹やぶ日記:被曝を避ける権利(秋山豊寛『自然と人間 2016.6』)

 http://www.fujisan.co.jp/product/1281681014/b/1376400/

 

2.矢ケ﨑克馬琉球大学名誉教授より

 皆様のご支援をお願い申し上げます。

 

(1)(署名)放射能公害避難者に公的支援を

 http://okinawahinansha.wix.com/houshanou-kougai

 https://www.facebook.com/groups/1579228969060351/

 

(2)沖縄県知事宛「放射能公害被災者に人権の光を与えてください(要請)(原発事故避難者に公的支援を求める会 2016.5.16

 

(3)進行する健康被害(矢ケ﨑克馬琉球大学名誉教授 2016.5

 http://hibakutokenkou.net/library/detail.php?t=report&rid=33

 

(4)放射能公害被災者-訴えと実態 「原発事故避難者に公的支援を求める会」矢ヶ崎克馬 放射能公害被災者に人権の光を! - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=L8QfRugSbGI

 

(5)風呂に入れないような汚染水が 水道から出るような 場所で、どうやって 生きれるんだろうか? 「水道水が汚染されている状態ならば、お手上げです。政府は避難命令を即刻出すべきです。」琉球大学教授 矢ヶ崎克馬

 http://sharetube.jp/article/2993/

 

3.「福島県民健康調査検討委員会」と子ども甲状腺がん

 この委員会はもう駄目です。子どもたちの命と健康よりも、自分たちの自己保身の方が何倍も大事だと思っている連中ばかりです。こんな連中の口車に乗せられて、だまされないようにしなければいけません。しかし、「福島県民健康調査」は受けておかれた方がいいでしょう。甲状腺ガン発症の可能性は払しょくできませんし、将来、何かあった時の証拠にもなります。但し、「安心しなさい」はうのみにしないようにしましょう。

 

(1)福島原発健康影響調査 事故当時5歳児「甲状腺がん疑い」の意味(東京 2016.6.28

https://silmarilnecktie.wordpress.com/2016/06/29/628%E7%A6%8F%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E7%99%BA-%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%80%E4%BA%8B%E6%95%85%E5%BD%93%E6%99%825%E6%AD%B3%E5%85%90%E3%80%8C%E7%94%B2%E7%8A%B6%E8%85%BA/

 

(2)当時5歳の子どもも発症(『週刊金曜日 2016.6.24』)

 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=6067

 

(関連)「県民健康調査」検討委員会 - 福島県ホームページ

 http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/kenkocyosa-kentoiinkai.html

 

(関連)事故時5歳児、甲状腺がん~悪性・悪性疑い172人 OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー

 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2049

 

(関連)フクシマの影響 日本における死産と乳児死亡(ハーゲン・シェアブ、ふくもとまさお、クリスティーナ・フォイクト、ラルフ・クスミーア)

 http://csrp.jp/wp-content/uploads/2014/04/strahlentelex022014_kiji_JP.pdf

 

(関連)フクシマから国の偽装を暴くさんのツイート 能因果関係など簡単に解る完結】現代研究医療では既に同じ事が幾度となく行われ簡単に実証可能 �αβ、γの3種放射線を放つ原因物質ホットパーティクル=HPをマウスに吸引させ 身体にできた癌細胞

 https://twitter.com/anti_jigokudama/status/748667605259476993

 

4.指定廃棄物学校施設で保管世界の非常識

 非常識が通れば常識が引っ込む、悪貨は良貨を駆逐し悪政は良政を駆逐する、日本の教育関係者はどこも事なかれ主義の無責任人間の集まりのようだ。子どもたちの命と健康を守れない・守ろうとしない学校って、いったい何のためにあるのか!?

 

(1)160621 神奈川新聞 指定廃棄物学校施設で保管世界の非常識(1面)

 http://www.kanaloco.jp/article/180590

 

(2)160621 神奈川新聞 指定廃棄物学校施設で保管世界の非常識(社会面)

 http://www.kanaloco.jp/article/180809

 

(3)【動画】「なぜ、学校に」保護者ら憤り 放射性廃棄物“放置”|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 http://www.kanaloco.jp/article/180588

 

(4)学校外へ移管検討も時期触れず 放射性廃棄物“放置”で横浜市対策会議|カナロコ|神奈川新聞ニュース

 http://www.kanaloco.jp/article/182628

 

(5)日吉も人ごとではない、小中学校内で放射能濃度が高い廃棄物が保管されたままの理由 横浜日吉新聞

 http://hiyosi.net/2016/06/22/haikibutsu/

 

(6)学校・保育園の放射能対策横浜の会

 ブログ  : http://bit.ly/1MPNYzl これまでの活動の一部を掲載しています。

 Facebook : http://bit.ly/1UzzFr3 最新の活動記録などを掲載しています。

 

5.土壌汚染 内部被ばくと相関認めず、南相馬市立総合病院 坪倉医師ら調査(福島民報 2016.7.2

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00010001-minyu-l07

 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160701-088631.php

 

(田中一郎コメント)

(一部引用)「研究では2013(平成25)年3月〜14年3月にホールボディーカウンターで内部被ばく検査を受けた市民7987人のセシウム137の内部被ばくデータと、当時の居住地の土壌汚染のデータを比較した。多くの人は検出限界以下だったため、特別なモデルを用いて分析した。」

 ⇒ こんな方法では内部被曝の測定はできないし、土壌汚染との関連もわからない。いい加減極まる「分析」だ。これで科学者と言えるのか。

 

(一部引用)「結果、土壌汚染が1平方メートル当たり1万ベクレル上昇すると、内部被ばく量が1.03倍になるなどの解析結果が得られた。内部被ばく量を踏まえれば非常に小さなレベルの相関関係であり、研究チームは「内部被ばく量と土壌汚染はほとんど関係しないと言うことができる」としている。」

 ⇒ バカバカしい「結果」だ。最初から「関係なし」の演出を狙ったインチキ手品のようなものと言えるでしょう。

 

6.原発汚染土の再利用、偽装誘発の恐れ(毎日 2016.7.5 日野行介記者)

 http://mercurey.jp/regional/detail.php?id=73703&genre=2

 

(関連)福島原発事故、汚染土「管理に170年」、安全判断先送り、再利用方針(毎日 2016.6.27

 http://mainichi.jp/articles/20160627/k00/00m/040/085000c

 

(日野行介記者の近著)『原発棄民 フクシマ5年後の真実』(毎日新聞出版)

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033397341&Action_id=121&Sza_id=C0

 

9.放射性ストロンチウムが危ない

(1)被災牛の歯から放射性ストロンチウム~歯に残された放... プレスリリース 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2016/04/press20160411-01.html

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20160411_01web.pdf

 

(2)(セシウムの百倍の危険性) 放射性ストロンチウムをなぜ調べないのか いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2014/09/post-cc7b.html

 

(3)放射性ストロンチウムをなぜ調べないのか(その2) いちろうちゃんのブログ

 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-8b3d.html

 

(4)食品中の放射性ストロンチウム及びプルトニウムの測定結果(平成27年2~3月調査分) |報道発表資料|厚生労働省

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000126027.html

 

(田中一郎コメント)

 これもまたバカバカしい調査である。放射性ストロンチウムをできるだけ検出しないような方法でやって見せて、心配いらな~い、とやっているパターンである。まず、福島第1原発周辺の海域に魚貝類を置いて、定期的に取り出して骨や貝殻を調べてみよ。また、大量に屠殺されている牛や豚や馬などの家畜の骨と歯を定期的に検査し結果を公表せよ。更に福島県や周辺県の放射能汚染地域の野生生物の骨も定期的に調査せよ。とにかく、放射性ストロンチウムが家畜や野生生物の体内で蓄積・濃縮しているようなことがないかどうかを調べなければ話にならない。放射性ストロンチウム汚染の生物ホット・スポットを探せ、ということだ。

 

8.その他

(1)小泉元首相が基金設立〜トモダチ作戦で被ばく兵士支援 OurPlanet-TV:特定非営利活動法人 アワープラネット・ティービー

 http://www.ourplanet-tv.org/

 

(2)発がんと突然変異の原因となる放射線誘導ラジカル(渡邉正己:長崎大学薬学部放射線生命科学講座)

 http://www.dojindo.co.jp/letterj/086/86review.html

 

(3)放射線による突然変異と発癌の原因となる長寿命ラジカル

http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/20805/1/bbs_12_3_252.pdf

 

(4)京大火災16μSv-h⇒数百万Bq可能性⇒「放射性物質が燃えた煙を吸うと大変な事になる」ウクライナから警告。 - 「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

 http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/d32e2f7e0f71e0c7aeb24101307c1af5

 

(関連)京大病院の事故現場で放射線測定を行ってきました!

 http://crmskyoto.exblog.jp/25759221/

 

(5)突然死が増えているのも当然。心臓には体内平均の10倍濃縮。ほんの数ベクレルでも毎日食べると危険!|泣いて生まれてきたけれど

http://ameblo.jp/sunamerio/entry-11458109841.html

https://liveinhope0727.wordpress.com/2014/01/18/%E7%AA%81%E7%84%B6%E6%AD%BB%E3%81%8C%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%82%82%E5%BD%93%E7%84%B6%E3%80%82%E5%BF%83%E8%87%93%E3%81%AB%E3%81%AF%E4%BD%93%E5%86%85%E5%B9%B3/

 

(6)無関心ゾンビの急増と放射能汚染の拡大は比例しているのか? ・・・東京は、この惨状だから関東を含めた東日本は事実上、終わっている・・・!

 http://sharetube.jp/article/2131/

草々

 

« 渡辺悦司氏論考集(2):「福島原発事故により放出された放射性微粒子とその再拡散・再汚染の危険性」他 | トップページ | (報告)津田敏秀岡山大学大学院教授講演会:「低線量被ばくの健康影響と福島県での甲状腺がん」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡辺悦司氏論考集(2):「福島原発事故により放出された放射性微粒子とその再拡散・再汚染の危険性」他 | トップページ | (報告)津田敏秀岡山大学大学院教授講演会:「低線量被ばくの健康影響と福島県での甲状腺がん」 »

最近の記事

無料ブログはココログ