« 「合法伐採木材利用促進法」という名の「違法伐採木材尻抜け法」=持続不可能木材の輸入を止められず熱帯雨林破壊に未だに手を貸す日本という国 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(27):東電の隠ぺい体質=「記者会見で炉心溶融とは言わない」のドラマの内幕をすべて明らかにせよ & この「基準地震動」では原発は耐えられないことが更に明確になった »

2016年6月16日 (木)

本日(6/16)のいろいろ情報(メール転送を含む):必見です、知っておいていただきたい近況NEWS(1)

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは添付できませんでした)

 

本日(6/16)のいろいろ情報(メール転送を含む):必見です、知っておいていただきたい近況NEWS(1)です。

 

(最初に)

●地震:北海道函館市で震度6弱 津波の心配なし

 http://mainichi.jp/m/?Z7y3xw

 

(核燃半島の下北半島危うし=再度の大地震の可能性大:田中一郎)

 

●(別添PDFファイル)東京新聞「溶融使うな」東電社長が指示 福島事故で第三者委が報告案社会(TOKYO Web)

 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016061601001166.html

 

(田中一郎コメント)

 記事には「清水社長は(中略)首相官邸からの指示として「この言葉(炉心溶融)は絶対に使うな」と伝えていたことも判明した」とあります。当時の首相官邸とは民主党・菅直人政権です。この「首相官邸からの指示」も含めて、真実・実態を徹底究明していただかないといけません。当時の東電社長・清水正孝を国会へ証人喚問いたしましょう。民主党・菅直人政権当時の首相官邸のみなさまにもおそろいいただければいいでしょう(指示をした人物や内容の特定は出来ていないそうですから)。

 

1.ネット署名:従来の地震規模は過小評価。熊本地震と島崎邦彦氏の警告を受け止め、全ての原発の耐震審査のやり直しを! 

 http://kiseikanshi.main.jp/2016/06/15/urgent_action/

 https://pro.form-mailer.jp/fms/342e89f3101776

 

(関連)廃炉時代への提言(第3部)熊本地震 M6.5の地震による地震動が基準地震動を越えた!・長沢啓行(2016.5.27 福井県鯖江市) - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=gofDyb034Pw&feature=youtu.be

 

(関連)若狭ネットニュース第160号を発行しました。 若狭ネット

http://wakasa-net.sakura.ne.jp/www/?news=%E8%8B%A5%E7%8B%AD%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E7%AC%AC160%E5%8F%B7%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A1%8C%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

 

2.(別添PDFファイル)映画 シチズン・フォー
 「citizen_four_panfu.pdf」をダウンロード

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160615-00000003-scan-sci

 http://gaga.ne.jp/citizenfour/

 

(上映映画館紹介)

 http://eiga.com/movie/81884/

 

(田中一郎コメント)

 みなさまは、もうご覧になりましか? 実話ですから迫力あります。スノーデン氏はなかなかいい男です。私は渋谷のシアター「イメージ・フォーラム」で見てきました。ストーリーは、スノーデン氏と並んでこの映画のもう一人の主人公であるグレン・グリーンをルド氏(ジャーナリスト)の下記の著書をご覧になっておかれるとよく理解できます。

 

●『暴露 スノーデンが私に託したファイル』(グレン・グリーンウォルド/〔著〕 田口俊樹/訳 濱野大道/訳 武藤陽生/訳:新潮社)

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033092127&Action_id=121&Sza_id=C0

 

3.原賠審、新会長に鎌田薫氏(早稲田大学総長)(福島民報 2016.6.10

 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160610-083086.php

 

(関連)「損害賠償」識者インタビュー 原子力損害賠償紛争審査会長 能見善久氏 追加支払い示し前進 東日本大震災 福島民報

 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2014/03/post_9482.html

(だいぶ前の記事です。ご参考までにご紹介するものです。:田中一郎)

 

(田中一郎コメント)

 最初から最後まで被害者を守ろうとはしなかった=被害者の損害賠償請求権を不当に侵害・抑圧してきた、このニセモノ委員会の会長・能見善久(学習院大学教授)が退任し、代わって早稲田大学の学長が会長に就任するようだ。こいつもこれまでずっとこのニセモノ委員会の委員だったようで、私の直観では益々ひどくなるだろうと予測する。まるで原子力ムラの御用委員会で、しかも背後で文部科学省が牛耳っている様子もある。そもそもかような原子力損害賠償紛争審査会など、いらないのだ。福島第1原発事故「被害者支援・賠償促進機構」を代わりにつくればいい(裁判なしで裁判勝訴並みの賠償金を支払う)。何度も申し上げて恐縮だが、福島第1原発事故の被害者救済の最も重要なことが、この「損害賠償」であることをお忘れなく(被害者がしっかりとまともな賠償金を受け取れれば、放射能汚染地帯から自分の判断で避難・疎開・移住が可能となる=逆に言えば、それだけの金額の賠償が最低限必要だということだ)。

 

4.(別添PDFファイル)●公害環境問題と構造的暴力

「kougai_kouzoubouryoku.pdf」をダウンロード

 長崎大学の戸田清教授からお送りいただいたレポートです。水俣病、カネミ油症事件、そして福島第1原発事故などについて論じられています。

 

5.(別添PDFファイル)EU離脱で危ぶまれる英国の電力、原発新設計画が頓挫の可能性(野村宗訓『週刊エコノミスト 2016.6.21』)

 http://www.fujisan.co.jp/product/214/new/

 

(田中一郎コメント)

 現在、英国では4つの原発の新規増設が進められています。そのうちの2つがフランス・中国の企業連合、残り2つが日本の日立と東芝である。(日本と同様に)原発から足を洗えないフランスの国営電力会社を除き、これまで英国の原発事業に投資してきたヨーロッパの電力資本などが、そのリスクの増大から軒並み撤退をしているというのに、その撤退の代替受け皿となって、それに体を大きく乗り出して原発推進をしているのが、(電力会社ではないのに)日本の原発メーカーの日立・東芝という異常さ、いわば自分たちのつくる原発の販売先が見つからないから、まるでタコが自分の足を食らうがごとくに、自分たち自身で原発事業に乗り出して行って原発受注を演出しているわけです(中国の英国進出の思惑は日本のような「アマチャン観念」によるものではなく、背景に軍事的な思惑や対欧州向けの経済戦略があると思われます)。この2社、先行き長くないでしょう。特に東芝は間もなく「(この世から)さようなら」のような気がします。

 

 この記事は、英国のEU撤退により、フランスが英国での原発事業から政治的な理由で手を引くかもしれないという主旨のものですが、私はそのことよりも、(記事にもある通り)今現在、世界の複数個所で建設されているフランス・アレバ(今はEDF=国営電力公社)の新型原子炉EPRがうまくいかず、当初予定されていた建設コストを大幅に超える「出血受注品」に転落している、という点が重要だと思います。アレバはこのEPRのおかげで事実上経営が破たんし、EDFに吸収されてしまいましたが、こんな調子だと、そのEDFもアウトになってしまうかもしれません。

 

6.きしょくワルいわー・関西電力のCM

 http://www.kepco.co.jp/corporate/report/media/

 

(メール転送です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

関西電力が現在放映中の「まごころをこめて」というCMをご覧になったでしょうか?

 

これを見るにつけ、老朽化した原発を何としても次々再稼働し、きわめて多くの住民を、原発事故の危険に、それによる放射線被曝の危険にさらすことが、「まごころ」だと宣伝されているわけです。このような全くの「うそと欺瞞」が公然と宣伝されていることに憤りを感じますし、虫ずが走るというか、気分が悪くなります。これこそ原発・核ファシズムの言葉です。

 

この事実を皆さまに広く知っていただき、再稼働反対の声を広げるために、この事実を使っていただければ幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(こういう「猫なで声」で、「私たちは生まれ変わります、頑張ります、みなさまのために」などと言ってるようなのが、これまでよかったためしがない。しかも、あの無礼千万・不遜傲慢の権化のような会社の関西電力が、猫かぶりですから、きしょく悪いったらありゃしない、だ(例えば高浜原発再稼働を巡る裁判での関西電力の態度を見よ)。それにしても、このCMに出ている若造だが、まじめに原発のことを考えないのかな!? カネもらえれば、何でもやるのかね!? :田中一郎)

 

7.(別添PDFファイル)この検討委員会では福島の甲状腺がん患者は本当に「抹殺」される(『週刊プレイボーイ 2016.6.27』)

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/DetailZasshi?refShinCode=0900000004910206740661&Action_id=101&Sza_id=LL

 

(関連)【復興の道標・5年の歴史】甲状腺検査の在り方は 「受けない意思も尊重」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160615-084349.php

 

(田中一郎コメント)

 ついにガンの検査を受けない方がいい、などという、トンデモ医学者が福島県立医大から現れた。この女は医学者であることよりも、原子力ムラ・放射線ムラの手下であることを優先させたようだ。原発事故直後に、自分達だけ(福島県立医大関係者だけ)で安定ヨウ素剤を服用し、それを県民に勧めるどころか、ずっと隠し続けてきた、この連中に、原発事故後の県民の健康管理について語る資格はあるのか。私は福島県立医大は直ちに閉鎖したらいい大学だと考えている。およそ学者や医者・医師の資格の疑わしい連中ばかりであるからだ。

 

(関連)(別添PDFファイル)2度目の子ども甲状腺検査 がん確定30人に(福島民報 2016.6.7

 http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2016/06/post_13810.html

 

(田中一郎コメント)

 どうしてこの新聞(福島民報)は、子ども甲状腺ガンのトータルの数字が172人にも上っていることを正確にきちんと伝えないのでしょうか? こんな新聞記事の見出しでは、異常で危険な事態が進行しているということが読者・県民に伝わらないではないですか。また、記事にある「先行検査」のガン確定の数字「131人」やガン疑いの数字「15人」は間違いで、確定「101人」、疑い「14人」、合計で「115人」のはずです。

 https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/167944.pdf

 

(関連)大新聞は172人の福島の子どもたちの小児甲状腺がんをなかったことにしようとしているのか? 内部被ばくと健康被害 内部被ばくを考える市民研究会

 http://www.radiationexposuresociety.com/archives/6756

 

(関連)福島の子どもたちの小児甲状腺がん 先行検査115人、本格検査57人、計172人が発症 201666日 第23回福島県県民健康調査検討委員会発表 内部被ばくと健康被害 内部被ばくを考える市民研究会

 http://www.radiationexposuresociety.com/archives/6748

 

8.(別添PDFファイル)ビキニ被ばく者救済を(山下正寿 毎日 2016.6.15

 

(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(中略)こうした取り組みを受けて今年2月、被災船員らが船員保険適用による「労災」を申請しました。さらに59日には、水爆実験による危険区域の警告を怠り、船員の健康・追跡調査を放棄し、知り得た情報を隠した国を相手取り、国家損害賠償請求訴訟を高知地裁に起こしました。

 

ところが厚生労働省の研究班は531日、「第五福竜丸以外の被災船の外部被ばく線量は最大1.12ミリシーベルトで健康影響は考えられない」とする調査報告をまとめました。関係機関、研究団体、被災船員・遺族に一度も聞き取り調査をせず、米国の資料を基に机上で作った報告です。水爆実験直後に政府調査船「俊こつ丸」が行ったビキニ海域における総合調査資料、危険と判断された海水汚染記録が全く引用されていません。また、6回の実験の影響を調べず、最初の1回だけを調査しています。

 

日本の現代史上、国家秘密の名の下にこれほど被災者を置き去りにした例はまれでしょう。しかも、国の加害を隠蔽するために、今なお国の予算を使って事実を矮小化し、被災者に精神的苦痛を与えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(田中一郎コメント)

 この記事の著者の山下さんは高知県の元高校教諭、1980年代から地元高知でずっとこの問題を追いかけ、埋もれて来た重大な被ばく被害の実態を表面化させました。ビキニ(及び南太平洋)においてもまた、ミナマタやフクシマと同じことが行われてきたこと、そしてそれは今も変わらないことがよくわかります。原子力推進・核の利用とは、不幸にして被ばくさせられ苦しみのどん底に陥れられた人々を踏みにじり、闇から闇へと葬り去ることと同義なのです。

 

(関連)ビキニ被爆から62年 漁船乗組員の救済へ高知から第一歩|高知新聞

 https://www.kochinews.co.jp/article/5603/

 

(関連)ビキニ核実験の被ばく船員救済拡大を 静岡で全国組織結成|高知新聞

 https://www.kochinews.co.jp/article/5596/

 

9.(別添PDFファイル)ザル法を正す:政治資金規正法、あっせん利得処罰法(東京 2016.6.9

 http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2016060902000138.html

 

(両法律とも、確かに「ザル法」色は強いですが、しかし、今回の舛添要一と甘利明は、いずれも今の法律でも十分に逮捕・起訴できるはずです。「ザル法だから、起訴できない・起訴されない」を強調するのはいかがなものかと思います。問題は法律の中身もそうですが、それ以上に、起訴権限を濫用している検察が問題なのです。現在の検察庁を一度解体して、再組織しなおす必要があります。人事も決定的に重要です。また、検察審査会の機能を強化して、起訴できる法的条件をもっと緩和する必要があるでしょう(過半数可決など):田中一郎)

 

10.その他

(1)日本会議産みの親「生長の家」が安倍政権と日本会議の右翼路線を徹底批判!「日本会議の元信者たちは原理主義」|LITERA/リテラ

 http://lite-ra.com/2016/06/post-2325.html

 

(2)食品中の放射性物質の検査結果について(第985報) |報道発表資料|厚生労働省

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000127174.html

 

(千葉県のコイは手賀沼の野生のコイのようなので「さもありなん」ですが、宮城県のタケノコの方は要注意です。これ以外のタケノコも100ベクレル/kg未満ですが、かなりの汚染を示しています。山菜・キノコ・タケノコ・レンコンは、口にするのを避けましょう:田中一郎)

 

(3)ホット・スポットの流山市議会委員会が子ども甲状腺ガン検査実施の請願を5:1で否決

 http://kodomonoyoake.blog.fc2.com/

 

(田中一郎コメント)

 「今回は委員会で5:1で否決されたとの事です」、コレ、許せませんね。ここの地方議会も市民にそっぽを向いているようです。検査に反対するなど、何ごとぞ、です。流山市は今でも線量の値が高いホット・スポット地帯です。にもかかわらず、市長以下で、「子育てのまち、流山市」などと書いた広告を電車車両内の壁に張り付けて、若い世代の転入促進政策をしています。これはある意味での「背信広告」、ないしは「虚偽広告」ではないかと思います。今回反対した市議会議員の名前を明らかにして、流山市のようなホット・スポットにおける甲状腺被ばくの危険性とともに、市民に知らせましょう。

 

(関連)30代人口急増! 流山市、異端の街づくり 企業戦略 東洋経済オンライン 経済ニュースの新基準

 http://toyokeizai.net/articles/-/16818

 

(最後にアホ丸出しの政治の話3つです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4-1)河村・名古屋市長「ルイ14世みたいな…」舛添氏辞意:朝日新聞デジタル

 http://www.asahi.com/articles/ASJ6H3GB3J6HOIPE009.html?iref=comtop_8_02

 

(栄華を誇ったルイ14世ではなくて、そのずっとあと、政治をしないで遊んでばかりいて危機感ゼロだったルイ16世=フランス革命で最後は奥様のマリーアントワネットとともにギロチン死刑となった、あのルイ16世みたいな、のような気がします。:田中一郎)

 

(4-2) 自民党が野中、綿貫氏復党提案 建設業界の票と金が狙いか(NEWSポストセブン / 2016616日)

 http://news.infoseek.co.jp/article/postseven_421007/

 

(自民党では、えげつないことが起きています。しかし、公共事業や環境政策は、未だ争点にできていません。市場原理主義とはご都合主義なり、を絵にかいたような、市場原理主義アベノミクスの正体の一角です:田中一郎)

 

(4-3)18歳選挙権 動画広告”TOHYO都編” - YouTube

 https://www.youtube.com/watch?v=MQd9vJwbHVE

 

(要するに、選挙権を持つようになったら、ずっとアホでいなさい、バカ騒ぎをやっていなさい、と東京都が教えてくれているわけです。:田中一郎)

草々

 

 

« 「合法伐採木材利用促進法」という名の「違法伐採木材尻抜け法」=持続不可能木材の輸入を止められず熱帯雨林破壊に未だに手を貸す日本という国 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(27):東電の隠ぺい体質=「記者会見で炉心溶融とは言わない」のドラマの内幕をすべて明らかにせよ & この「基準地震動」では原発は耐えられないことが更に明確になった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「合法伐採木材利用促進法」という名の「違法伐採木材尻抜け法」=持続不可能木材の輸入を止められず熱帯雨林破壊に未だに手を貸す日本という国 | トップページ | 「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(27):東電の隠ぺい体質=「記者会見で炉心溶融とは言わない」のドラマの内幕をすべて明らかにせよ & この「基準地震動」では原発は耐えられないことが更に明確になった »

最近の記事

無料ブログはココログ