« (報告)福島第1原発1号機 原子炉建屋4階現場調査報告(田中三彦氏講演会:東電株主代表訴訟 公判報告会) | トップページ | (メール転送です) 低線量内部被曝の危険を人々から覆い隠すICRP学説の起源 他+アルファ »

2015年5月 2日 (土)

(必見) 原発および福島原発事故に関する不都合な真実 +若干の+アルファ

前略,田中一郎です。

 

 別添PDFファイル「原発および福島原発事故に関する不都合な真実」をある方よりいただきました。非常に興味深く,必見と思いましたので転送いたします。これまでも,私から,こうした原発・核・放射能・被ばくに関する「隠蔽」「歪曲」などの情報はたくさんお送りしてきましたが,更に,今回お送りするようなことも念頭に置いておかなければならないことを,改めて痛切に感じた次第です。

 

 原発や核が,もはや人間社会にとっては全く必要性がなく,合理性も,経済性も,倫理性も,合法性も,妥当性も,効率性も,総合的なメリットも,なにもなく,ただただ目先についてだけ,一部の人間や組織に特権的な利益をもたらすだけで,あとは気の遠くなるような,はるか先の未来に,とてつもないマイナスの負担・負荷をもたらすだけのものであることは,とうの昔に明らかになっています。

 

 この点に関しては,もはや論争の余地などはなく,あるのは,原発や核や放射能のデマ・ウソ・サギを隠蔽・ご都合主義と政治権力で多くの有権者・国民・市民に押し付けてくる,現下のロクでもない支配権力者達を,どうやって社会的に除去するのか,ということが問題になっているのです。言い換えれば,河合弘之映画監督(兼弁護士)の言う「(現代の)悪」とどう闘うのかという問題です。「現代の悪」=原子力ムラ・悪の枢軸です。

 

 私の結論はただ一つ,原発・核・放射能・被ばくは政治の力だけによって押し付けられているのだから,政治を変えれば原発は止まる,ということです。これは言い換えれば,政治を変えない限り,政治から逃げ回っている限り,原発はずっとずっと続いて行き,やがて,私たちが原発によって殺されるということを意味している,ということです。政治的中立主義を装う脱原発運動などは,私から見れば一種のお気楽主義であり,原発を止めるという力にはなりえないと思っています。

 

 求められているのは,政治から逃げる態度・避けて通る態度ではなく,つまり,政治的中立主義ではなく,無党派主義による徹底した脱原発・反原発主義の「政治」=市民政治なのです。(単純に既成政党に期待をして,その合従連衡のやり方で争う,というのはあまりに悲しく愚かです。既成政党を乗り越えて行く・引きずっていく市民運動・社会運動を創り上げて行くことが求められています。私たちは,政治的に成熟していかなければならないのです)

 

 たとえば,脱原発=再稼働阻止を,あらゆる選挙の「第一線級」「最優先」の争点の一つに持ち上げて行かなければいけませんし,堂々と原発推進だの,再稼働やむなしだのと発言している政治家どもは,徹底的にぶったたいて,落選へ追い込む努力が必要です。選挙の時だけではダメで,日常不断に「原発推進政治家の撲滅・社会的駆除」の市民運動・社会運動を展開しなければいけません。

 

 あるいは,政権交代後の「脱原発政策実行要綱」=どういう順番で,どういう脱原発施策を実施するのかを具体的に明らかにする が当面,絶対に必要です(いずれ政権交代後にはしなければならないことです)。八方美人型で,きれいごとを並べただけの,抽象的なものではダメです。私は,何故に,この「脱原発政策実行要綱」を脱原発の市民運動・社会運動が創ろうとしないのか,不思議でなりません。その本気度を疑いたくなります。

 

 <別添PDFファイル>

●原発および福島原発事故に関する不都合な真実

「f1_futugouna_sinjitu.pdf」をダウンロード

 <関連サイト>

(1)福島第一原発の監視カメラ映像隠ぺいの記事は一般公開されていないのか? taked4700

 http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/163.html

 

(2)福島第1原発事故を引き起こした人間達を告訴・告発する上で重要な情報と思われます。(南相馬市議会議員 大山弘一(おおやまこういち)さんご提供の情報です)

 

●歴史的犯罪?!3114日前の文科省と原発3社の恐るべき談合!!東日本大震災津波被害者2万人の原因?!(大山弘一のブログ)

 http://mak55.exblog.jp/21703138/

 

●命最優先 大山弘一のブログ

 http://mak55.exblog.jp/

 

●南相馬市議会議員 大山弘一 おおやまこういちの ホームページ 

 http://www.mak55.com/

 

 <原発・核燃料施設のモニタリング体制と,モニタリング結果の公開に関して>

 以前から申し上げております通り,私は日本の原発・核燃料施設におけるモニタリングの現状は大問題で,即刻改められなければならないと考えております。中越沖地震の際には,柏崎刈羽原発に備え付けられていた地震計の記録用紙が足りなくて,記録された地震波形が何度も何度も同じ紙に「上書き」されてしまって訳が分からなくなった,などというお粗末極まりないことが起きました。私は,これは,意図的にそうなるようにしてあったのだと思っています。

 

 福島第1原発事故の時には,もっとすさまじい不作為,意図的妨害,隠蔽,改竄,モニター破壊が行われています。

 まず,原発敷地及びその周辺の放射能モニターが停電で動かない,津波で壊れた,動いていたものについては,そのモニター結果が全部公開されない,SPEEDIとERSS(緊急時支援システム)が過酷事故発生とともにストップ,または隠蔽,原発敷地内・施設内のTVモニターがあるのかないのか,全く非公開,原発施設全体をモニターするTVカメラもない=ないから4号機の爆発や,2号機の圧力抑制室付近での「大きな爆発音」の実態映像がない,原子炉の事故当時の記録(圧力,水位,温度など)が非公開,または改竄して公開,過渡現象記録についても同様だったが,元東京電力職員の木村俊雄氏の抗議でようやく公開,東京電力TV会議記録の公開不十分,政府事故調の証言公開が不十分,国会事故調の調査資料は非公開のまま,・・・・・・・

 

 もういい加減にしろ,というくらいの,情報の非公開=隠蔽と,改竄・ゴマカシ・インチキ,そして「調べない」という不作為の集合体です。こんな調子で,これから稼働される予定の原発・核燃料施設が,十分に安全性が確保されるなどと,どうしていえるのでしょうか。まず,福島第1原発だけでなく,日本全国の原発・核燃料施設における「モニタリング体制」がどうなっているのか,これを徹底して追及していく必要があるように思われます。

 

●【最重要】元東京電力社員木村俊雄氏が告発した福島原発事故の真実!東電が嘘のデータをでっち上げて、地震による被害を隠した!理由は原発再稼働のため!証明されると原発は完全停止に! |真実を探すブログ

 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-670.html

 

 <もう一つの不都合な真実 ???>

 原子力ドン・キホーテの藤原さんからのメールを転送します。藤原さんご紹介のVTRは少し古いものですが,3号機の爆発に関するアーニー・ガンダーセン氏の発言は,今でも傾聴に値するでしょう(他方,4号機の爆発に関する発言は,今となっては誤りであったということになるのでしょうか? 同氏らは,4号機爆発の原因を,使用済み核燃料プールにあった燃料棒が,冷却水枯渇によって水・ジルコニウム反応を起こし,その結果出てきた水素が爆発したと説明しています。これは4号機の使用済み核燃料が撤去されてしまった今となっては,誤りだったと言えるのではないかと思われますが,いかがでしょうか? それとも,まだ有効ですか?)。

 

 いずれにせよ,何故,3号機の使用済み核燃料プールを,遠隔操作やロボットなどを使って精査実査しないのでしょうか? 調べてみれば,少なくとも3号機の使用済み核燃料プールの核燃料が爆発の原因だったかどうか,核爆発(即発臨界爆発)が起きていたかどうか,くらいはわかるような気がします。いつまでも調べないで放置しておくことは,不都合なことを隠している=核爆発だということがバレたら困るから,ずっと隠し続ける=線量が高いから人が近づけないので調査できない,で突っぱねておく,ということにしているのではないか,と勘ぐってしまいます。

 

以下はメール転送です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

from 藤原節男(脱原発公益通報者、原子力ドンキホーテ)

件名:福島3号核爆発動画、アーニーガンダーセンの説明

 

頭書の件、フェイスブック配信で人気の記事です。メーリングリストでも配信します。拡散をお願い申し上げます。

 

【福島3号核爆発動画、アーニーガンダーセンの説明】

福島3号核爆発の動画 ⇒

 

 https://youtu.be/GjwQHW78Afs?t=140  VTR開始後 2分くらいのところ以降で3号機爆発の話になります


 http://goo.gl/RbZRWJ         VTR開始後28分くらいのところ以降で3号機爆発の話になります

 

米国ワシントンの原子力ロビースト(原子力エネルギー協会、エイドリアン・ハイマー氏)は「福島3号爆発は、水素爆発と確信する」と言い、原子力資料情報室代表山口幸夫氏は「3号機使用済み燃料ピットには、MOX燃料が保管されていた。核爆発で無かったとは言い切れない」と言う。アーニーガンダーセンは「原子爆弾とは違うメカニズム、Moderated prompt criticality (減速された中性子による即発臨界)であった」と説明する。米国のNBCCBSといったテレビ局も国際的な原子力ギャングの意向を汲んだことが指摘されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

草々

 

« (報告)福島第1原発1号機 原子炉建屋4階現場調査報告(田中三彦氏講演会:東電株主代表訴訟 公判報告会) | トップページ | (メール転送です) 低線量内部被曝の危険を人々から覆い隠すICRP学説の起源 他+アルファ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« (報告)福島第1原発1号機 原子炉建屋4階現場調査報告(田中三彦氏講演会:東電株主代表訴訟 公判報告会) | トップページ | (メール転送です) 低線量内部被曝の危険を人々から覆い隠すICRP学説の起源 他+アルファ »

最近の記事

無料ブログはココログ