« (見逃せない重用論文(2)) : 「一塁ベースを踏まなかった原子力規制委員会:川内原発審査における初歩的で重大な誤り」(石橋克彦先生) + 世界牛肉争奪戦(NHK)他 | トップページ | 第18回 「福島県民健康調査検討委員会」結果と子ども甲状腺ガン検査 (遅くなりました) »

2015年3月15日 (日)

本日(3/16)のいろいろ情報(メール転送を含む) (1)第4回ちょぼゼミ(子ども甲状腺ガン検査:4/9) (2)大間原発公判と報告会 (3)バンダジェフスキー氏新刊書 (4)『A2-B-C』の上映ができない!? 他

前略,田中一郎です。

(別添PDFファイルは一部を除き添付できませんでした)

 

本日(3/16)のいろいろ情報(メール転送を含む)です

 

1.(別添PDFファイル)第4回ちょぼゼミ(4/9:木曜日 午後7時)

 たんぽぽ舎さんのご好意で4回目のちょぼゼミをさせていただけることになりました。

「no4_tyobozemi_tirasi.pdf」をダウンロード

●「福島県の子ども甲状腺検査と放射線被曝ーチェルノブイリの悲劇を繰り返さないために」

4月9日(木)19時~21時 (開場18時30分)

会場:スペースたんぽぽ

参加費:800円(学生400円)

 

たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4

 JR水道橋駅西口から5 

101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2 

 Tel: 03-3238-9035 

 Fax: 03-3238-0797

 Email: nonukes@tanpoposya.net

 http://www.tanpoposya.net/

 

2.私が朝日新聞をかばう気になれない理由:朝日新聞科学部は放射線ムラの「御用報道」をやめよ

 下記は,数日前に私のメールでご紹介した「宝島」掲載の明石昇二郎さんの迫真のレポートです(「本日(3/12)のいろいろ情報」)。大沢ゆり,岡崎明子という2人の記者に限られない,組織的な放射線ムラ「御用」「広報」行為ではないかと思われます。「マスごみ」どころか,ここまで来ると「悪質」と言わざるを得ないでしょう。恒常的な低線量被曝(外部被爆・内部被曝)の危険性を報道しない「マスごみ」は,放射線ムラの代理店行為を通じて,福島県をはじめ,東日本の福島第1原発被害者の方々の命と健康を危機に陥れています(こうした朝日新聞の記事を「まる写し」する地方紙があるかもしれませんので,それにも注意が必要です)。

 

(1)月刊宝島 福島で赤ちゃんを産み育てるのは安全?「朝日新聞」の“非科学”記事 ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害 【第4回 前編】~

 http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1946174.html

 

(2)月刊宝島 「原発健康被害」の揉み消しに加担する「朝日新聞」の“非科学”記事 ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害 【第4回 後編】~

 http://blog.takarajima.tkj.jp/archives/1946180.html

 

3.(イベント情報)首都圏の皆さん、函館市民に代わって東京地裁にぜひ傍聴に来てくださ~い

 東京地裁103号法廷(大法廷) 最寄り駅:地下鉄霞ヶ関駅A1出口)

 函館市大間原発建設差し止め裁判 4回口頭弁論

 

3月19日(木)午後3時~4時(予定)

●地裁前で2時半まで傍聴整理券の配布が行われます。その後、傍聴券抽選・配布。

●原告側から本案における争点項目の提出, 電源開発の書面への反論と国への反論を行う予定。

メインは国への反論で、自治体の存立維持権に基づく訴えは法律上の訴訟にあたる、自治体の原告適格は認められる、という二点になります。

 

<裁判報告集会>

時間:午後4時~6時  

会場:参議院議員会館地下1B104号室

プログラム(予定)

・弁護団から裁判の報告 (河合、海渡、中野各弁護士) 

・大間原発をめぐる状況の報告(大間原発訴訟の会・竹田とし子さん、大間とわたしたち・未来につながる会・野村保子さん)

主催: 大間原発反対関東の会(函館市の「大間原発差し止め裁判」等を首都圏で勝手連的に応援するためにつくられた会です)。

     連絡先: Tel. 080-6616-9604 (玉中)  メールaki-trsk@outlook.jp (寺崎)

賛同: 経産省前テントひろば

 

4.昨日、『A2-B-C』のイアン・アッシュ監督が以下のように、3月16日以降の上映中止を明らかにしています。>理由は「配給会社の都合」となっています。契約はあと2年残っているそうです。

 

documenting ian, blog Censorship Self-censorship 検閲 自己検閲

http://ianthomasash.blogspot.jp/2015/03/censorship-self-censorship.html

 

●これに先立ち、監督は3月6日、次のような声明を明らかにしています。

 http://www.a2-b-c.com/report_2.html

 

(田中一郎コメント)

 原子力翼賛社会とは,放射線被曝の健康被害・遺伝的障害は「ない」ことにされてしまう社会のことです。日本という国が旧ソ連及びその衛星国家よりもひどい状況になってきているようです(上記のような声明は出さない方がいいと思いますが)。ともあれ,何か対抗策はないものか,と考えております(著作権や版権が絡んでいます)。

 

5.バンダジェフスキー氏の新刊書(合同出版):地域の図書館にぜひリクエストを|らららのブログ

 http://ameblo.jp/kirikirikurikuri/entry-12001408498.html

 

Amazon.co.jp: チェルノブイリ25年の真実 体内に取り込まれた放射性セシウム137と人びとの健康 ユーリ・I・バンダジェフスキー, 久保田 護 本

 

 http://www.amazon.co.jp/チェルノブイリ25年の真実-体内に取り込まれた放射性セシウム137と人びとの健康-ユーリ・I・バンダジェフスキー/dp/4772612289/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1426034439&sr=1-1&keywords=%E5%90%88%E5%90%8C%E5%87%BA%E7%89%88+%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

 

6.ご参考

 下記は,疫学関連の文献などでよく出てくる言葉です。

 

(1)オッズ比 - Wikipedia

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%83%E3%82%BA%E6%AF%94

 

(2)厚生労働省:都道府県別にみた死亡の状況 -平成17年都道府県別年齢調整死亡率の概況-

 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/other/05sibou/01.html

 

(下記はややミスリーディングな説明です)

●年齢調整死亡率 - Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E8%AA%BF%E6%95%B4%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E7%8E%87

 

7.昨今の新聞報道から

(1)(毎日新聞)■注目ニュース■ 再生エネで揚水発電 東日本の余剰分活用

 東京電力は2016年度から、余った電力で水をくみ上げ、電力を蓄積する役割をはたす揚水発電所を利用し、東北電力や北海道電力管内の太陽光や風力など再生可能エネルギーを受け入れる。電力大手の営業地域を越えた揚水発電の運用は全国初で、再生エネの導入拡大につながりそうだ。

 

▽東京電力:再生エネで揚水発電 東日本の余剰分活用

 http://mainichi.jp/m/?TK29nh

▽ことば:揚水発電

 http://mainichi.jp/m/?G8fFoz

 

(田中一郎コメント)

 再生可能エネルギーの受け入れに余裕があるという東京電力のことはいいから,九州電力や北海道電力,それに東北電力などでは,この揚水発電やその他の系統連絡網利用の状態はどうなっているのか,再生可能エネルギーを抑えつけようとしている,こうした「悪質電力会社」の実態を調べて報道してください。

 

(2)(別添PDFファイル)全米最大労組 反TPP(日本農業 2015.3.13

 http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=32506

 

(田中一郎コメント)

 全日本人の味方はアメリカにいて,全日本人の「敵」は日本国内にいる=安倍晋三とそのトリマキトカゲどもと自民党・民主党・補完勢力だ。みーんなTPP推進だと言っている。ちなみに付記しておきますと,ホンモノの右翼は原発とともにTPPにも頑固に反対するものです,だって,その中身が「アメリカ隷従恒久化協定」のようなものですから。今の日本は,いたるところにニセモノだらけ。

 

(3)中間貯蔵施設予定地の農地,売却なら贈与税,なぜ(日本農業 2015.3.13

 http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=32500

 

(田中一郎コメント)

 私は土地所有者ではないけれど,買収価格の問題(原発事故前の時価の半額以下)といい,この税金の問題といい,あるいは「個人の資産形成に寄与する災害復旧支援はできない」という財務省役人の戯言など,今の日本政府は許しがたいほどに「なっていない」と思います。災害で被害を受けた「民」を救済することこそ,政府というものの最優先の仕事ではないのですか。ちなみに申し上げておきますと,原発事故に伴う賠償・補償・慰謝料に対しても,日本政府は「これでもか」といわんばかりに税金を課しているのです。それでいて,税金を払うべき連中が,大企業が,タクス・ヘイブンその他を使って国際租税回避行為を行って,ほとんど税金を払っていないことは,以前に申し上げた通りです。

 

 みなさま,これでも,まだ,自民党,民主党,その他の補完勢力に「投票」するのですか? それははっきり言って,アホ のすることですよ。

 

(4)寄せ集め地方創生策(東京 2015.3.13

 http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/428.html

 

(田中一郎コメント)

 被災者の悲しみ・苦しみの上に君臨して国家予算を差配する霞が関の腐れ官僚どもが,自民党のゴロツキや民主党の詐欺師たちと歩調を合わせ,有権者・国民から増税までして集めた税金を「東日本大震災復興予算」などと称して,シロアリのごとく「タカリ」行為をしていたのはついこの間のことでした。ほとぼりが冷めたと思いきや,今度は「地方創生」などという看板を持ってきて,またシロアリ予算です。こんなもので地方が「創生」するはずもなし。まずはTPPをやめ,農林水産業の復興や,全国各地の生活基盤の拡充事業に着手してみたらどうだ。

 

8.「投資対象にしない」 世界銀行が突きつけた原発への“絶縁状” - 速報:@niftyニュース

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158086

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/gendai-20150314-245233/1.htm

 

(田中一郎コメント)

 あの「世銀」でさえ,原発はダメ,と言っています。ロクなことをしていない銀行ですがね。

 

9.VIDEO NEWS「物言う知事」はなぜ抹殺されたのか »

 http://www.videonews.com/marugeki-talk/445/

草々

 

 

« (見逃せない重用論文(2)) : 「一塁ベースを踏まなかった原子力規制委員会:川内原発審査における初歩的で重大な誤り」(石橋克彦先生) + 世界牛肉争奪戦(NHK)他 | トップページ | 第18回 「福島県民健康調査検討委員会」結果と子ども甲状腺ガン検査 (遅くなりました) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (見逃せない重用論文(2)) : 「一塁ベースを踏まなかった原子力規制委員会:川内原発審査における初歩的で重大な誤り」(石橋克彦先生) + 世界牛肉争奪戦(NHK)他 | トップページ | 第18回 「福島県民健康調査検討委員会」結果と子ども甲状腺ガン検査 (遅くなりました) »

最近の記事

無料ブログはココログ