2024年3月 4日 (月)

(報告)(2.27)オルタナティブな日本をめざして(第99回):「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


================================
(2024年2月の「新ちょぼゼミ」のご報告です)

◆(イベント情報)(2.27)オルタナティブな日本をめざして(第99回):「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkiPWG7CgYoOA3R-3?e=K5eunQ

 日本列島には111の活火山があり、世界全体の約7%を占めています。こんな狭い日本列島に4つのプレートがひしめき合い、地震大国を形成しているだけでなく、地震と陰に陽に関係しながら火山活動が活発になされているのです。火山の原発に対するリスクや災害の要因となる主な火山現象には、火砕流、火山泥流、火山灰などのほか、新しい火口が開口する可能性もあり得ます。深刻な被害をもたらす火山事象ですが、福島第一原発事故以前はまともな規制が存在しませんでした。福島第一原発事故の後、はたして火山リスク対策はきちんとなされるようになったのでしょうか? 今回は大間原発訴訟その他の原発建設・運転差止訴訟で火山リスクを扱い、伊方原発差止仮処分において、この問題で2つの差止決定を獲得している中野宏典弁護士においでいただき、基礎から平易に詳しく解説していただきます。

講 師:中野宏典(なかの ひろのり)弁護士
 2008年弁護士登録。2009年法テラス江差法律事務所にて執務。2013年ふる里山梨で、つる法律事務所開設。「自由であることこそ弁護士業の最大の魅力」との信条のもと、自由を発揮して良心の赴くままに開拓できる場所「司法過疎地」で業務を行う。2010年から大間原発訴訟に参加。他の原子力訴訟でも主に「司法審査」と「火山問題」を担当し全国の原発の稼働阻止にむけて奔走中。「早く原発を止めて、普通の弁護士になりたい」が当面の目標。

 <次 第>
日 時:2024年2月27日(火)18時~21時(開場17時30分) 
会 場:スペースたんぽぽ 参加費(資料代含む):800円(学生400円)
 高橋セーフビルの1階 JR水道橋駅西口から5分:水道橋西通りを神保町方面に向けて左折、
 グローバルスポーツビル、セブンイレブン、鉄建建設本社ビルを過ぎて、
 次の交差点(酒屋さん)を右折、ケバブ店(今は空き家)の隣

東京都千代田区神田三崎町3-1-1  tel 03-3238-9035 fax 03-3238-0797 
Email:tanpopo3238@yahoo.co.jp URL: http://www.tanpoposya.com/


◆(当日録画)20240227 UPLAN 中野宏典「原発と火山リスク」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=MSJ61R-AgJU
 https://www.youtube.com/watch?v=MSJ61R-AgJU

◆(当日レジメ)(レジメ)「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1-z650v1s5jt7Al?e=Fpsstn
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1-z650v1s5jt7Al?e=Fpsstn


 <関連サイトなど>

(1)原子力発電所の火山影響評価ガイド【PDF:908KB】
 https://www.nra.go.jp/data/000294814.pdf

(2)原子力発電所の火山影響評価ガイドの一部改正、及び改正案に対する意見募集の結果について(規制庁 2019.12.18)
 https://www.nra.go.jp/data/000294601.pdf

(3)実用発電用原子炉の規制基準に関連する内規|原子力規制委員会
 https://www.nra.go.jp/disclosure/committee/kettei/02/kisei_naiki.html

(4)防災総合センター 1.火山の基礎知識
 https://www.cnh.shizuoka.ac.jp/research/barchive/mtfuji/001-2/

(5)日本の火山とマグマ|地質を学ぶ、地球を知る|産総研 地質調査総合センター - Geological Survey of Japan, AIST
 https://www.gsj.jp/geology/geology-japan/geology-volcano/index.html

(6)鎌田浩毅の役に立つ地学:0から8まで9段階のVEI=火山爆発指数 7以上は「破局噴火」/164 - 週刊エコノミスト Online
 https://qr.paps.jp/Q9IfN

(7)株式会社東開基礎コンサルタント - 火山についていろいろ(7)VEIと巨大噴火
 https://x.gd/IzR3g

(8)火山学の知見が活かされない原発の規制基準(小山真人『学術の動向 2020.12』)
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/25/12/25_12_54/_pdf

(9)「原子力発電所の火山影響評価ガイド」に基づく原子力発電所の適合性審査に関する意見書)(日弁連 2018.7.12)
 https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/opinion/report/data/2018/opinion_180712_3.pdf

(10)伊方原発3号機 運転認める 去年の仮処分判断取り消す 広島高裁 - NHK政治マガジン
 https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/56007.html

(11)声明「原子力規制委員会は火山影響評価ガイドの死文化を撤回せよ」を発表しました(2018-5-31) - 原子力市民委員会
 http://www.ccnejapan.com/?p=8880

(12)原子力発電所の火山影響評価ガイドにおける 「設計対応不可能な火山事象を伴う火山活動の評価」に関する 基本的な考え方について(原子力規制庁 2018.3.7)
 https://www.nra.go.jp/data/000391263.pdf

◆(別添PDFファイル)「火山噴火」と「安全対策」、証人尋問の要点と見どころ(「伊方原発運転差止広島裁判」2023.7.19)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVklHRtf09awmQyBBi?e=1EXp2c

◆(別添PDFファイル)降灰で首都圏6割避難、富士山噴火 物資も届かず、政府試算(毎日 2023.11.24)
 https://mainichi.jp/articles/20231124/ddm/001/100/088000c
(何故、浜岡原発や東海第二原発、東海村再処理工場施設・高レベル放射性廃液貯蔵などに言及がないのでしょうか?)


(参考)オルタナティブな日本を目指して(新ちょぼゼミ バックナンバー その1:2017-2023)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-2462a9.html
================================
草々

2024年3月 2日 (土)

(他のMLでの議論です)松尾匡立命館大学教授のNOTE投稿をめぐって:(1)円相場暴落リスクについて(2)生活保護費切り下げ違憲違法裁判(3)日本共産党「経済再生プラン」他

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html


2.「奈良教育大の附属小教員出向人事に反対する緊急署名」のお願い
 3月1~10日のわずか10日間の緊急署名です。
 ネット署名は、https://chng.it/MxkkHsRtyG

(関連)みんなのねがいでつくる学校 応援団 - 奈良教育大学附属小学校にエールを
 https://www.kodomonomahoroba.com/

(関連)(必読書)ルポ大学崩壊-田中圭太郎/著(ちくま新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034436361&Action_id=121&Sza_id=C0


3.オンライン署名 · 国会議員の収入と支出に対する税の公正を求める · Change.org
 https://qr.paps.jp/VmOCB


4.(別添PDFファイル)まず立憲が目指すべき社会像を:中野晃一上智大学教授(朝日 2024.2.29)
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15874829.html


5.(別添PDFファイル)退役10年、やっと解体が決まった世界初の原子力空母 日本でも闘争招いた「エンタープライズ」の航跡(東京 2024.2.26)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/311385


6.辻元清美「自宅を知られるライドシェアは嫌」 安全、ワーキングプア、環境問題にも悪影響だ - 東洋経済オンライン
 https://tinyurl.com/yxhjrdfj

(関連)(別添PDFファイル)ライドシェア、まず日本版、参入拡大へ新法制定探る(日経 2024.3.1夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA163HG0W4A210C2000000/

(関連)大型トラック 高速道路での最高速度 時速90キロに引き上げへ - NHK - 自動車
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231222/k10014296111000.html

(関連)社説:物流運転手の待遇改善 不合理な商慣行見直しを - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20240229/ddm/005/070/080000c

(トラック・バス・タクシーなど、公共交通や物流に携わってくれているエッセンシャルワーカーの賃金や労働条件を、劣悪の限りにしておいて、担い手不足が生じると、今度は白タク(ライドシェア)、白バス(ライドシェア)、高速道路のスピード制限緩和(トラック:玉木雄一郎国民民主党代表)、外国人利用、などと言いだしている。相も変らぬ無責任極まりない「場当たり的な対症療法」の「市場原理主義アホダラ教」政策である。あの頭のイカレタ小泉進次郎が先頭に立って旗を振っている。

事態をどんどん悪くするだけの愚策である。白タクを認めれば、ホンモノのタクシーが消えていくだけの話。過疎地域で路線バスがままならない地域で、タクシー会社が国や自治体からの補助金を得てやるのなら許容範囲だが、タクシーがいる都市部などでやれば、タクシー会社や個人タクシーの経営が追いつめられるだけなのは、ちょっと考えればわかるでしょうに。働く人の処遇を大幅に改善し、正規職として安定した職業にすれば、成り手はいる。問題はそれを避けて通るから、話が歪んでいくのだ。:田中一郎)

 <ドアホの政治家2人 ご紹介>

(1)国民・玉木氏「大型トラックの速度規制100キロ」発言に波紋 物流「2024年問題」見据え一部企業が要望も現場は総スカン :東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/246455

(2)「白タク」解禁目指す小泉進次郎氏に「無責任な思いつき」批判…「タクシー会社がライドシェア運転手雇用」政府案にも疑問集まる(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/101b58a941044c074896c14d71d4995809863d2e

(小泉進次郎を「追っかけ」やってるドアホおばさんたちは、まだいるのかな? 議員会館では「進二郎まんじゅう」や「進二郎せんべい」はあまり見かけないけど。ともあれ、この国にはいろんなタイプのドアホがいるようです。:田中一郎)


7.政倫審 リンリリンリと 鈴虫の鳴く

(1)安倍派幹部、関与否定して政倫審終了 還流めぐる説明に食い違いも [自民]:朝日新聞デジタル
 https://x.gd/jrGKU

(2)やはり証人喚問しかない? 政倫審で判明したのは「裏金の経緯を岸田文雄首相が把握していないこと」だけ:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/312303

(3)岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336854

(4)岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336909

(5)現職の首相として初「政治倫理審査会」に岸田首相が出席 『やはりポーズだけだった』厳しい声相次ぐ - 関西のニュース - ニュース - 関西テレビ放送 カンテレ
 https://www.ktv.jp/news/articles/?id=10895&logo=logo_6

(6)政倫審【詳細】岸田首相「説明責任 見極めながら処分判断」 現職の首相出席は初 武田 元総務大臣も 2月29日 - NHK
 https://www.nbs-tv.co.jp/news/articles/?cid=17588&logo=logo_6

(7)読む政治:「話題にならず」「存じ上げず」 安倍派幹部、核心語らず 政倫審 - 毎日新聞
 https://qr.paps.jp/o0cEi

(8)政倫審へ「腹立たしい」「ずるい」政治家との不公平感…「納税は議員が判断」発言に怒り心頭 - NBS 長野放送
 https://www.nbs-tv.co.jp/news/articles/?cid=17588&logo=logo_6

(9)安倍氏死後「議員から『超過分返して』」 衆院政治倫理審査会:朝日新聞デジタル
 https://x.gd/x026v

(10)裏金「政倫審」ドタバタ見送りは自民党の嫌がらせ? 岸田首相リーダーシップ欠如バレバレ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336795


8.巷の立ち聞きヨモヤマ漫才「自民党の国会議員さんって、どんな人」

 「こんな人でっせ↓」「へえ~、ずいぶんと立派やねんな」「そうや、そやからアホがようけ自民党候補に投票しとるわ」「投票しとらんのはおらんの?」「おるで、こういうご立派はっぱな自民党議員さんに政治まかせて投票には行きよりまへん、飲み屋では酒飲んで政治がどうたらこうたらとグー垂れてるけどな」「へえ~、そりゃ自民党に投票しとる奴に比べたら輪をかけてドアホでんな」「そうや、この国はドアホ・パラダイスや」「ということは、この国もまもなくあの世行きでっか?」

(1)“エッフェル姉さん”から“チョメ姉さん”へ「不適切にもほど」不倫の女性議員に新あだ名が続々(週刊女性PRIME)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/018c2ae1cf0ea0ca710094b42a338fda04b82ca2

(2)「こんな犯罪者をよく議員に」元自民党衆院議員・武藤貴也容疑者「無免許運転で人をけがさせ逮捕」に批判殺到(SmartFLASH)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/77ff01d3e9c461aaaf8a697d86d25974a8198dca

(3)「岸田首相」秘書官「銀座高級クラブ通い」の原資は官房機密費か ホステスと「同伴もアフターも」でもクビにできない理由とは(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/10a136a5e4ee2784a2e715b58fe86132f65370cc

(4)「泥棒自民党」97%が使途不明!茂木敏充氏・棚橋泰文氏の後援会が「まるっと1.3億円」ずさん管理(SmartFLASH)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/3d9e5207c91a08507500e38cf3fa25c22e19ea92

(5)自民・茂木幹事長に「不要論」…政倫審騒動で存在感ゼロ、「ポスト岸田」から完全脱落|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336935

(6)萩生田光一氏の“子分”がまた…自民・今村洋史元議員のいわく付き「陣中見舞い」に地元大迷惑|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336677

(7)「裏金議員」は憲法審辞任を 自民の山谷、丸川氏ら念頭―立民・泉代表:時事ドットコム
 https://www.jiji.com/jc/article?k=2024020201012&g=pol

(8)政倫審で西村康稔氏「秘書が」連発! SNSでは《秘書を参考人招致や証人喚問しろ》の大合唱|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336907

(9)自民・二階元幹事長85歳 不信任決議投票で「ひとり牛歩」の切なさ…深夜国会は高齢者虐待?|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336962

(10)町田市議会3会派の政活費1千万強「不適切な支出」 東京地裁判決(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
 https://mainichi.jp/articles/20240229/ddm/005/070/080000c

◆(別添PDFファイル)脱税集団が能登を人質、追貝最終攻防、岸田自民、世紀の破廉恥(日刊ゲンダイ 2024.3.1)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336965


9.日刊IWJガイド・非会員版「アタル仏首相が仰天発言!『ロシアは直接的かつ差し迫った脅威だ!』『プーチンの軍隊がすでに我が国に駐留しているのではないか』正気か!-」2024.3.2号~No.4164 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53264
================================


「(他のMLでの議論です)松尾匡立命館大学教授のNOTE投稿をめぐって:(1)円相場暴落リスクについて(2)生活保護費切り下げ違憲違法裁判(3)日本共産党「経済再生プラン」他」をお送りいたします。

1.共産党さんの「経済再生プラン」はすばらしいが、大事なことがひとつ足りない|松尾 匡
 https://note.com/matsuo_tadasu/n/ndba0807b9d76


2.田中一郎からの発信メール(上記サイトの内容に関して)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
松尾匡立命館大学教授さまへ、

お送りいただきましたNOTEを興味深く拝見しました。以下、拝読した限りで、いくつか問題提起をさせていただきます。

◆共産党さんの「経済再生プラン」はすばらしいが、大事なことがひとつ足りない|松尾 匡
 https://note.com/matsuo_tadasu/n/ndba0807b9d76

(1)円価値半分になったときの生計費の上昇率については、昨年最新(といっても2015年の産業連関表)のデータで計算し直しています。これによれば、円価値が半分に落ちたときの生計費増は最大14.8%となっています。

 松尾様の産業連関表分析は拝見しておりませんが、その結論には大きな違和感があります。直感的には、日本経済の貿易依存度は輸出入ともにGDP対比約20%程度弱ではなかったかと思いますから、円ドル為替レートが半分の300円/ドルと価値半分になれば、その分の影響は20%×1/2=10%、まあ14.8%は理解できないでもありません。しかし、それは輸入品の国内円価格ベースの値上がり分だけの話であって、この300円/ドル効果がもたらす様々なことをもっと考える必要があるのではありませんか?

(a)円相場が暴落した時に2015年の産業連関表は使えないと思います。

(b)輸入インフレがドメスティック・インフレに転換していくこと、ほぼ間違いないでしょう、この部分が読めない

(c)そもそも産業連関表分析(企業間取引分析)で何故、家計の数値である生計費が推測できるのかがよくわかりません。また、実質賃金の目減りは、この14.8%だけを考えておけばいいのですか?

(d)円相場が100円/ドルくらいだった2021年4月頃から今までで、生計費はどれくらい上昇しましたか(円相場は▲50円)?
 https://www.77bank.co.jp/kawase/usd_chart.html

(e)この生計費は「平均」だと思われますが、平均ではマズイと思います。最も深刻な打撃を受ける1000万人くらいの社会層の生計費を見るべきです(特に化石燃料依存度の高い地方が心配)。

(f)根拠あやふやなまま円安リスクを甘く見る判断を招きかねないこういう「予測」は私は好ましくないと思います。


(2)生活保護費引き下げの論拠となった物価指数のカラクリ

 1つは、物価指数を計算する時の「消費バスケット」が生活保護世帯の実態とかけ離れたものを使うという「意図したインチキ」+「そんなことを調べるのは面倒で自民党に邪魔されるからしない」という(公正であるべき)行政の怠慢、もう1つは、物価指数のラスパイレス指数とパーシェ指数をご都合主義的に組み合わせて使って、物価下落率を大きく見せる「インチキ操作」を行った、の2つがポイントではありませんか?

 ついでに申し上げると、生活保護制度は、①親族への扶養打診をプライバシー侵害と位置付けて法律で罰則付きで禁止、②法定受託事務である生活保護行政の費用(ケースワーカー正規公務員化・大量採用の経費を含む)を地方自治体に負担させないで国が全額負担する(90%を直接交付、10%は地方交付税交付金でカバー)、生活保護改め生活保障制度を基本的人権の保障制度として展開(日弁連の下記URLプラン参照)、ゼロゼロ物件他の貧困ビジネスを根絶する、受給有資格者の100%受給を目的にしたキャンペーンを展開、生活保護行政オンブズマン制度+窓口に必ず1名の弁護士を置く、⑦生活保護改め生活保障制度の「1つ手前の制度」と自立支援の拡充、⑧住宅政策や老人福祉や失業対策とのリンク、他、多様な(創意工夫に富んだ)制度改善が必要(楽しい行政にしたい)。
https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/190520_seikatsu_hosyo.pdf

 なお、巨額現金の一過性バラマキは断固反対(財源の浪費です)。山本太郎「れいわ新選組」にとっては「自殺行為」。


(3)共産党さんの「経済再生プラン」へのコメント

*どれも心から賛成できる政策
 すみません、共産党さんの「経済再生プラン」はまだ見ていません。今から急いで読みます。読書会の討論テーマにもします。
 https://www.jcp.or.jp/web_download/2023/10/post-852.html

(a)「何より、30年にわたる停滞を、財界と自民党によってもたらされた悪いことと明確に位置付けて、一部の脱成長論者に見られるような停滞肯定論の入り込む余地のない書きっぷりをして、「経済再生」を打ち上げているところがいいです。」=OK(脱成長論を全て否定はなさらないでください、私は成長至上主義をまず捨てる=人間福祉主義経済でいく、でスタートしてくべきと考えています)

(b)借金が多少増えても暮らしを応援する=OK

(c)利上げができないとわかっていればOK=少し異議あり

 発行された国債の過半の残高を日銀が保有していて、市中にある実質的な国債残高はそれほど多くはないですから、利上げはする必要はないですが、短期金利のマイナス金利は解消するとともに年金や金融機関の運用手段確保(特に地方・中小金融機関)のためにも超長期国債で3%程度、10年国債で2%程度まで、無意味で弊害の多い超低金利を少しずつ是正していくべきではないかと思います。

また、今、日銀に預けられている当座預金の大半は大手銀行のもので、これが付利基準で3つに分かれています。①マイナス金利(残高30兆円)、ゼロ金利(残高290兆円:これが本来の当座預金の在り方)、付利0.1%(210兆円)、このうち付利210兆円は年間2兆円余の補助金を大手金融機関に補助金として交付しているようなものなので廃止し、マイナス金利は解消、当座預金全部をゼロ金利にする、その上で、この日銀当座預金が「暴れ出さないように」事実上の不胎化政策的マネタリーベース管理を実施

(d)「「海外で稼ぐ」路線への批判が必要だ、産業の国内回帰を経済政策の柱のひとつに」について

 「「海外で稼ぐ」路線への批判」よりも「内需拡大」政策をもっと強く主張することと、海外の稼ぎを「無税化」させないこと、の2点が大事かなと思います。「産業の国内回帰」よりも「自立自律型産業の興隆・促進」。人口減少社会に対応する新しい「QOL」重視の新産業を少しずつ創る政策(故内橋克人さん「FEC自給圏」、私「イノベよりもリノベのプランB」、環境や地域社会や健康を破壊しない「再生エネ」産業育成など、電力システムの抜本改革は必要不可欠(地域独占(原発)電力会社(「毒電」)解体)

*「内需拡大」では極端な円高防止もそうですが(私は極端な円高局面は今後、来ないような気がしています。しかしもし来たら、これを防がなくてはいけなくて、その水準は松尾様のおっしゃる通りと思います。円高防止は円でドルをどんどん買えばいいので、やりやすい面もあります。その逆、つまり円安防止は保有ドルに限界があり難しい)、私は地方経済の再生が最重要と考えています。

(最近の政治家どもはケツの穴が小さい、日本をオルタナティブのものに転換するドラスチックな政策を考えていただきたい、それと財源は無駄に使うな・大事に使えということ)

地方再生のためには、①首都移転で東京一極集中をやめる、②第2弾の地方分権自治改革(小泉純一郎時代の「三位一体改革」のアンワインドと真の地方再生政策)、③農林水産業及び地場産業の再生、④ロスジェネ世代を中心に「地方振興公社」を立ち上げ、そこが数百万人の非正規を正規として採用し地方に派遣、人件費は地方は少しだけ負担、住宅その他のものも国が多くを負担して、日本列島大移住計画を実践、⑤イノベーションよりもリノベーション(生活のQOL向上のための技術やノウハウの開拓と蓄積・継承)、エネルギー革命をオンサイトコジェネ最先端技術で展開、⑦日本人人材育成と外国人政策の適正化(大学政策含む)=人口減少社会への対応の1つでもあります、⑧地方インフラの再生(国土交通省よ、巨大ダムばかり造ってんじゃねーぞ、このバカタレが!)、などの政策を展開することを考えます。

*海外へ行って納税回避・法規制回避をする行為をやめさせるため、法人に対しては①「グループ会社(実質支配基準)への強制連結」納税制度を取り海外利益の国内還流を促進、②海外企業活動は国内並みの規制(環境、労働、汚職防止など=最近は国際経済協定でも(お飾りながら)規定が入るようになってきた)、③不十分極まりないグローバルタックス(デジタル課税+最低法人税率)を更に厳格化(欧州有志国やグローバルサウスと組んで先行すればいい=邪魔者はアメリカ)、④巨大企業と富裕層と宗教法人にはマルサ強化、⑤脱税や納税の悪質な回避に対しては巨額の罰金と時効の延長(抑止効果狙う:政治家を含む、時効は最低10年)。

税金を払わない巨大企業、富裕層、外国企業、タックスヘイブンの撲滅へ向けた積極的取組が必要です。
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784166609888
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.松尾匡立命館大学教授からの返信メール

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
田中さま
拙文ご検討いただき、ありがとうございます。

ノート記事を書いても、比較的内輪向けだったり、経済財政の話でなかったりした場合はメーリスにお知らせしないこともありますので、ときおり覗いていただけたらうれしいです。
https://note.com/matsuo_tadasu


1.の件。
 貿易依存度を使った概算についてですが、もしこの概算のしかたが正しいとしても、円価値半分なら輸入物価上昇率は100%ですので、20%×100%=20%と計算することになると思います。

ただ、貿易依存度は分子に輸出も含んでいて、輸出はこの際関係ないので、輸入のGDP比を使うと、この計算のデータに合わせて2015年をとると約15%なので、15%×100%=15%でだいたい合致すると言えるかもしれません。

もっと正確には、GDPと輸入の合計に対する輸入の比率を使い13%になると思います。これは、付加価値一定で、すべての最終需要項目に占める直接間接輸入の割合を均一と仮定した時の答えになります。

「(1)円相場が暴落した時に2015年の産業連関表は使えないと思います。」

最新の表が2015年なのでいたしかたないのですが、この10年ほどの間に、投入物や消費財の輸入依存は増えていると思いますので、近年の正確な表ができたとして同じ計算をしたら値が増えるのは間違いないと思います。

上記最後の概算方式では、23年最後の四半期の実質での輸入のGDP比は2割ぐらいなので、16.7%と概算されます。

ただ、価格が上がると上がった財の投入や消費は節約されるので、その効果を無視して投入や消費の輸入比率を固定して扱っている私の計算は、上方に偏るバイアスもかかっています。それを差し引くと、16.7%よりは小さい計算になると思います。

「(2)輸入インフレがドメスティック・インフレに転換していくこと、ほぼ間違いないでしょう、この部分が読めない」

この計算は、国内生産の各段階で、生産単位あたり2015年の現状どおりで固定した付加価値を、コストに上乗せしていく想定で計算しています。このようにして国内財の価格も上昇する計算です。実際には、コストの100%転嫁はありませんので、この値は最大限であり、実際にはもっと小さい値になります。

「(3)そもそも産業連関表分析(企業間取引分析)で何故、家計の数値である生計費が推測できるのかがよくわかりません。また、実質賃金の目減りは、この14.8%だけを考えておけばいいのですか?」

産業連関表には最終需要の各項目がついていて、その中に「民間消費支出」という項目があります。この各財の構成を維持して、各財の価格が変化したときの全体の金額の増加率を出しています。これが家計の消費支出と同じかと言うと、「対家計民間非営利団体消費支出」というのが加わっていて、微妙にズレるのですが、それは大きくないものと扱っています。賃金が上昇したときの消費需要の増加など、多くの他の研究で、同様にこの「民間消費支出」を勤労家計の消費と同じ構成のものと扱っています。そうだとすると、実質賃金の目減りと同じものと考えていいです。

「(4)円相場が100円/ドルくらいだった2021年4月頃から今までで、生計費はどれくらい上昇しましたか(円相場は▲50円)?」

これは、元記事のリンク先の私の以前のノート記事や、そこで言及されている朴勝俊関学教授が試算しているものにあたります。計算の手法は二人とも同じものです。

朴さんの計算では、2015年から2020年までを平均した価格と、2022年年間平均の価格の比率を上昇率として使っています。これで、円相場(1ドルの円価格)と国際エネルギー価格の上昇率を入れてみたら、7.59%の生計費上昇になると試算されました。これは、同時期の本当の消費者物価上昇率と比べると約二倍であり、輸入コスト上昇の約半分は転嫁できずに各段階の業者が負担しているという結果になっています。
https://parkseungjoon.hatenadiary.com/entry/2023/07/11/000255

私は、これに加えて、同時期の輸入穀物価格の上昇も加味した計算もしましたが、結論的にはそれほど変わらず、輸入コスト上昇の約半分は転嫁できずに各段階の業者が負担しているという結論になりました。

「(5)この生計費は「平均」だと思われますが、平均ではマズイと思います。最も深刻な打撃を受ける1000万人くらいの社会層の生計費を見るべきです(特に化石燃料依存度の高い地方が心配)。」

実際、お金持ちほど、川上から川下まで比較的に国産品を使って作った商品を消費する割合が高いと思われますので、生計費の上昇は貧しい人ほど率は高くなるでしょう。ただし、日本の場合は本当にぜいたくな消費は、統計上会社の支出となっているものが多いので、産業連関表の最終需要項目では「家計外消費支出」に含まれ、「民間消費支出」ではなくなるので、その分補正はされていると考えられます。なお、個別の財でわけると、「石油製品」の価格上昇がとりわけ大きくなるのはたしかです。

こうした不公平の問題は、円価値半分というあり得ないケースのみならず、現実的な急な円安で普通に起きることなので、いわゆる「棚ぼた税」(windfall-profit tax)で輸出業者に課税して、為替急変による所得分配の歪みを正すのが正解だというのが、私の従前からの主張になります。(為替急変による「棚ぼた」は、輸出だけでなくて、海外からの利潤や利子にも言えるので、これらも対象にすべきだと思います。)

以前、これをもうしたときには、田中さんからなかなかご納得が得られませんでしたけど。

棚ぼた税については、検索したらこんな議論が見つかりました。
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20231107/se1/00m/020/002000c
https://money-bu-jpx.com/news/article048251/
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD291DU0Z21C22A0000000/

「(6)根拠あやふやなまま円安リスクを甘く見る判断を招きかねないこういう「予測」は私は好ましくないと思います。」

これについては、何度もこのメーリスで水掛論になっていますが、私は、世間に、それこそ「根拠あやふやな」円暴落恐怖症が蔓延していて、支配層の円高帝国ビジョンに対抗する経済政策の普及の妨げになっていると思いますので、それを解消させるために行っているものです。


2.の件。
 ご指摘のとおり、消費バスケットが生活保護世帯の消費とかけ離れていることと、ラスパイレス指数とパーシェ指数をご都合主義的に組み合わせて使って物価下落率を大きく見せていることの、中身を、わかりやすく説明したもののつもりです。

その焦点が、生活保護世帯があまり買っていないはずのテレビの購買が一般世帯で著しく多かった年を基準年としてバスケットの中の消費量を固定していることで、テレビの物価下落は特に大きいので、これによって指数全体が大きく下落して出る仕組みになっているということです。

なお、生活保護制度についてのご提案はすべて賛成ですが、私の問題意識として重要なことと思っているのは、基本的に所得が得られた分給付が削られる仕組みになっていることを改めることで、所得が得られたほうが差し引きで手元に残る額が増えるようにするべきだと思います。

れいわ新選組の主張する給付金については、また水掛論となると思いますが、社会保障を典型とする内容的に意味のある政府支出は、インフレが高まったからと言って削ってはならないものか、削るのが困難なものです。したがって、これらのものは、インフレが高まるような景気加熱期において、これらの支出による総需要拡大効果を十分に打ち消すための増税が自動的にもたらされるような税制を、手当しておく必要があります。要するに、現象としては、あたかも「財源」を手当しているような形式をとるということです。

それに対して給付金は、失業がある不況時に出しても、インフレが高まるにつれてスムーズに削減してやがてゼロにでき、景気調整に使うことが簡単です。なので、お金を作って出すことで対応でき、税による回収を必要としません。不況で失業者がいるときから、ちょうどいい完全雇用になるまでの間で出されたお金は、このちょうどいい完全雇用を維持するために必要な分であって、世の中にとどまっている必要があるので、回収するとまたデフレになって失業者が出てしまうのです。

従来の金融政策は、金融ブルジョワジーに出すお金を調整する景気調整でしたが、それへの依存の度合いを減らして、大衆に直接出すお金を調整する景気調整に主役を変える必要があると思っているわけです。


3.の件

(3)について、「年金や金融機関の運用手段確保(特に地方・中小金融機関)のためにも超長期国債で3%程度、10年国債で2%程度まで、無意味で弊害の多い超低金利を少しずつ是正していくべきではないか」

年金や金融機関が国債の利息で維持されているということは、要するに、国の金で運営されているということです。そうしたらむしろいっそのこと、年金や地方・中小金融機関の公的な性格に鑑み、国会の審議・監視が入らない国債利息の形式ではなくて、ちゃんと使われ方の内容に国会の審議・監視が入る、予算からの補助金の形式に変えたほうがいいと思います。

日銀当座預金については、付利の廃止は賛成です。不胎化政策的マネタリーベース管理ということでは、預金準備率の引き上げは賛成です。ただ、本当にお金が「暴れ出す」といった事態になれば、普通に利上げで対応できる景気状況になっているでしょう。土地に流れた場合は、地価税のような税制のほうが効くと思います。

(4)について。
「「海外で稼ぐ」路線への批判よりも「内需拡大」政策をもっと強く主張することと、海外の稼ぎを「無税化」させないこと、の2点が大事かなと思います。「産業の国内回帰」よりも「自立自律型産業の興隆・促進」。」

内需拡大しても、輸入品ばかりに需要が向かったら困ります。内需が向かう産業が国内にないといけないと思います。「自立自律型産業」ということは、地場産業を国内に呼び戻すとか、再興するということで、産業の国内回帰が前提になっていると思います。

なお、「海外の稼ぎを「無税化」させないこと」は賛成ですし、「海外へ行って納税回避・法規制回避をする行為をやめさせるため」のご提案もどれも賛成ですが、海外移転への逆インセンティブをつけるという意味での海外利益の国内環流税制はいいのですが、長期的本質的にそれに依存することは望ましいことではないと思います。

つまり、属州からの搾取で無産市民を養ったローマ帝国のようになってしまってはいけないと思います。日本企業がアジア諸国に進出して、現地の労働者を低賃金でこき使って膨大な利益をあげていることは、それ自体が悪いことであって、やめさせなければならないということです。

今は、雇用が空洞化し、廉価品の輸入で国内産業が淘汰されて、多くの日本の労働者や中小事業者、農家の人たちが苦しんでいるので、もちろん悪いことなのですが、やがて淘汰が一巡し、多くの人たちが低賃金の非正規サービス業労働者になったら、アジアの低賃金産物を円高で激安で輸入できることや、アジアであげたもうけに課税して給付や社会サービスが受けられることで、日本の庶民の多くがこの体制から利益を受けるようになるかもしれません。でもそうだとしても、アジアの労働者を搾取してもうけを上げることは、根源的に悪だと思うのです。

やがてアジアの労働者が搾取に対する闘いに乗り出したとき、場合によっては美しくない手段がとられるかもしれないし、それどころか、マフィアのたぐいが現地の経営を脅かすかもしれないのですが、それに対して「日本人の生命財産を守る」と称して、自衛隊を派兵して投資秩序を守ろうとする動きは必ず出てくるでしょう。ガザ侵攻ですら容認するような世論では、絶対にこうした侵略戦争に反対できないと思います。

松尾匡
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(松尾匡立命館大学教授に改めて御礼申し上げます。見解が異なる部分もありますが、基本的に「向いている方向は同じ」、という風に受け止めて、今後も同氏と建設的な議論ができれば幸いと願っています。:田中一郎)
草々

 

脱原発脱被曝バック・ナンバー(68)(抜粋)(2024年1月~2月)

1.「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(147):2024年は石川県能登・志賀の正月元旦大地震(震度7、M7.6)から始まった=これは原発・核燃をやめよという「天の声」であり、日本人に対する「最後の警告」だ- いちろうちゃ
んのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7ad675.html

 

2.能登半島地震続報:志賀原発「異常なし」って、ウソついたらアカンで!:私が懸念したことが現実になっている=福島原発事故の教訓が生かされないこの国のお粗末極まりない原子力政治や行政(被災地をよそにヘラヘラ笑ってTV出演の岸田文雄首相)- いちろうちゃんの
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-23e643.html

 

3.「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(148):(1)能登半島地震・志賀原発続報(2)「子ども脱被ばく裁判」仙台高裁判決批判(弁護団)(3)やる気なし「再生エネ」と「脱炭素・GX」(4)北海道半導体利権と核のゴミ他- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-606268.html

 

4.「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(149):能登半島地震続報(3)=志賀原発や柏崎刈羽原発の危険はこれから顕在化する、2回以上の連続大地震に対して全く備えの無い原発の規制基準、志賀も柏崎刈羽も危険極まりなし- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7e064d.html

 

5.能登半島地震情報(原発以外:その1):大地震被災地・被害者を全力で救済しない岸田文雄自公政権と自衛隊=アベ政権以降、自衛隊は災害救助をだんだんとやめていく方向で動いていたのか? 「命の72時間」で動かずに習志野では軍事訓練- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-d59ed8.html

 

6.(報告)「大手法律事務所に支配される最高裁!東電刑事裁判で改めて問われる司法の独立」(後藤秀典さん:福島原発刑事訴訟支援団)(2)「(第50回)福島県民健康調査検討委員会」:小児甲状腺がん悪性370人- OurPlanet-TV- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-866608.html

 

7.「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(151):能登半島地震続報(4)=原子力「寄生」委員会・「寄生」庁を解散させ、新たな規制当局を法制化せよ(これが原発・核施設の安全を守るべき規制当局が言うことか!)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-d5aea6.html

 

8.(メール転送です)FW- 【ふくかな通信 第88号】かながわ訴訟第2陣:横浜地裁 3月7日(木)13時集合です【転送・転載歓迎】 + その他いろいろ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-b716b2.html



(その他)

◆自公政権政府・財界による日本の大学・アカデミズムの「総御用化」を許してはならない(2)=日本学術会議の独立法人化とは、同会議を政府政権の御用組織・代弁機関とするための(国立大学改変と同じような)「猿芝居・猿回し」である- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-2e7fb7.html

 

◆(メール転送です)日刊IWJガイド「IWJが配信したワクチン問題研究会の会見取材動画をYouTubeが削除! 言論の自由の危機! どうかIWJをご支援ください!」2024.1.15号~No.4123- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-0c826c.html

 

◆ちょぼちょぼ市民から日本共産党と新委員長への願望と期待:「鉄の団結・統制」(20世紀)よりも「多様性・包容力・活動活力」(21世紀)=民主集中制を廃止して、開かれたみんなから信頼され愛される国民政党としての共産党になって下さい- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7211e3.html

 

◆(拡散希望)(報告)(1.22)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第6回目):日本の司法・裁判所・検察を変える(その2)(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-ec0fb4.html

 

◆(報告)(1.22)オルタナティブな日本をめざして(第98回)「電磁波の何が問題か」(大久保貞利さん:新ちょぼゼミ)(2024年1月22日)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-d30858.html

 

◆本日(1/30)のちょっとだけ情報:(1)国会乱戦とデクノボウ総理(2)新潟佐渡沖で大地震の恐れ(3)「群馬の森」朝鮮人追悼碑を県が撤去(4)金子勝慶応大学名誉教授の経済時評(5)白井聡京都精華大学准教授の政治時評他- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-a10fb8.html

 

◆現代経済政策論(各論編その2):私たちの生活が年々苦しくなっていくのは、肝心なことをしないで、くだらないことに巨額の財源を突っ込み、特権巨大企業や利権集団の利益を優先している自民党議員たちの政治のおかげだ- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-9e246b.html

 

◆どこまで堕落・転落するのか岩波書店:国際原子力マフィア・放射線ムラが福島原発事故による放射能汚染・被ばくとの「共存」を地域住民に押し付ける「フクシマ・エートス」=それを「壊れた対話を取り戻す」などと称して書かれた論文を月刊誌『世界』に掲載!- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-4a2c9c.html

 

◆(報告)(2.6)「第1回 「ENJOY DEBATE 『資本論』(Kマルクス)読書会」(次回は3/5(火曜)午後1時~5時:東京都中央区明石町区民館)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-0ad443.html

 

◆大阪万博 中止!中止!中止!(その3):「博打(カジノ)かがやく大阪未来のデザイン」、能登震災復興の邪魔をしてでも「維新」が強行する「よしもと・タコヤキ万博」のお粗末=高い入場料払うて見に行く値打ちなどあらしまへんで、やめときなはれ!- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-b0a3f4.html

 

◆政治時評(1)保革とも迷走の都知事選(「世直し」統一候補で都政・国政の一体改革を打ち出せ!)(2)裏金脱税・統一教会・「ワルのサル山」自民の「知らぬ存ぜぬ無責任」の醜悪=泉健太立民執行部を入れ替え「世直し」勢力は総攻撃を!- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-1aaf8f.html

 

◆(他のMLでの議論です)ウクライナとパレスチナの2つの戦争とアメリカ=徹底した平和中立主義の長期安定政権をつくっておかないと、対米隷属の日本はアメリカの代理戦争を背負わされ「第二のウクライナ」となって修羅場を経験することになりかねない- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-c1a3e6.html

 

◆「日経平均株価がバブル最高値を更新」に浮かれる経済界とマスゴミのバカ騒ぎ=「山高ければ谷深し」のことわざの通り、根拠なき株高が近未来のバブル崩壊を予感させる:国民生活そっちのけの「アホノミクス」延長戦は日本没落への道- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-80b4a8.html

 

◆(Change都政市民プロジェクトが発足)小池百合子たぬき都政を抜本的に改め、都民生活を支援する都政の実現(その1)(「Change都政市民プロジェクト」の行動キャッチフレーズ、ないしは象徴的スローガン、及びマニフェストは別途検討が必要)- いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-6e188f.html
以 上

 

 

 

 

(報告)(2.26)函館市大間原発建設差止裁判 第31回公判(東京地裁)と報告及び講演会:「能登半島地震と志賀原発」について重要な報告があります(能登半島地震の教訓:井戸謙一弁護士)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(再掲)「福島原発訴訟かながわ原告団」(ふくかな)からのお知らせ

(1)(チラシ)(3.10)東日本大震災 かながわ追悼の夕べ(横浜市役所1Fアトリウム)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0MHw_n9mrCFFfw3?e=vvDlEm

(2)(チラシ)(3.9-10)福島子ども・こらっせ神奈川:福島応援スタディツアー2024
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0Q8uoVBZdcegSUA?e=t046qd

(3)(チラシ)(3.10)原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会&デモ(中原平和公園)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0ViP3AzGfgTG1g3?e=U7ZIPw

(4)福島原発訴訟かながわ原告団だより NO.61 2024.2.16
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0YJCGxv-t8PEV4e?e=NWoD2c


2.2024東京都知事選挙

(1)私の候補者推薦入力ページ(2024都知事選の野党統一候補)
 https://qr.paps.jp/udN21

(2)都政政策の提案ページ(2024都知事選)
 https://qr.paps.jp/MavtY

(関連)Change都政 市民プロジェクト HP
 https://tochijix.jimdofree.com/


3.イベント情報

(1)(チラシ)(3.4)ALPS処理汚染水放出差止訴訟 第1回公判(福島地裁)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0uJgycoZxyKGuHy?e=hnYfVP

(2)(3.6)第9回口頭弁論期日のお知らせ(東京地裁)- 311甲状腺がん子ども支援ネットワーク
 https://www.311support.net/news-240206/

(3)(チラシ)(3.6)新橋駅前アピール:原発事故 国の責任認めない最高裁判決に抗議
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0yd253fsg-U8F-D?e=MwoVzR

(4)(3.8)最高裁前行動と院内集会「司法の独立を問う!原発事故後、最高裁判所で何が起きていたのか?」のお知らせ – 福島原発刑事訴訟支援団
 https://shien-dan.org/20240308-event/

(5)(チラシ)憲法ネット103 「政治とカネ」連続公開学習会(計4回)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk00AbbDJ5d9M4ryg?e=9oGBYL

◆映画『正義の行方』公式サイト(ユーロスペース4/27公開)
 https://seiginoyukue.com/
 http://www.eurospace.co.jp/works/detail.php?w_id=000759

(関連)正義の行方 - 作品情報 - 映画.com
 https://eiga.com/movie/101176/


4.キャンペーン

(1)原発ゼロ集会への賛同署名のお願い(サイト右上「賛同人募集中」:原発ゼロへのカウントダウンinかわさき)
 https://genpatsuzero.net/

(2)オンライン署名 · 国会議員の収入と支出に対する税の公正を求める · Change.org
 https://x.gd/zve3y

(3)オンライン署名 · 殺傷武器輸出に道を開く「防衛装備移転三原則」改悪の中止を求めます · Change.org
 https://x.gd/qapVy


5.(バカこぐでねえ)立憲・泉健太をクビにして野田佳彦代表で衆院選へ…野党連合に浮上した「苦肉の秘策」アサ芸プラス
 https://www.asagei.com/excerpt/301364

(どさくさにまぎれて何をぬかすか! やはり単なる「噂」ではなくて、立民・維新連立の野田政権構想は水面下で動いているのか?! 黒幕は誰だ! こんな構想を進めとる奴は立憲民主党から野田佳彦とともに叩き出せ!!:田中一郎)


6.(別添PDFファイル)アサンジ氏の解放を(大矢英代(はなよ) 東京 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk04sA9dU_BapfQsh?e=HSXPZi


7.十年一日のごとく - 中国新聞デジタル
 https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/429921


8.「猿回し」が「猿」になった岸田文雄政権=「肝心なことは 何もしないで ゴクツブシ」

(1)(別添PDFファイル)内閣支持率急降下「脱税ふざけるな一揆」で山が動く予感(日刊ゲンダイ 2024.2.20)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336379

(2)(別添PDFファイル)不支持率80%超えの衝撃 これは脱税野放し内閣への退陣勧告(日刊ゲンダイ 2024.2.21)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336443

(3)「岸田首相」秘書官 「銀座高級クラブ通い」の原資は官房機密費か ホステスと「同伴もアフターも」でもクビにできない理由とは(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/10a136a5e4ee2784a2e715b58fe86132f65370cc

(4)「泥棒自民党」97%が使途不明!茂木敏充氏・棚橋泰文氏の後援会が「まるっと1.3億円」ずさん管理(SmartFLASH)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/3d9e5207c91a08507500e38cf3fa25c22e19ea92

(5)【政治家に届かぬ国民の怒り】「確定申告ボイコット」も拡散 鈴木財務相の「納税は議員が判断」発言 裏金問題の政治家に国民の声は届いていないのか「納税って個人の自由?」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=JNREcD3UZpg

(6)子育て支援金 国民負担「みるみる倍増」…目立つ説明不足 審議積み増しは避けられず(神奈川新聞) Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8883c257e2325436b4440b0918deb9076814d316

(7)萩生田光一氏の“子分”がまた…自民・今村洋史元議員のいわく付き「陣中見舞い」に地元大迷惑|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336677

(8)「さすが代議士!」政倫審で自民・中谷真一氏“ヨイショ質問”、さらにSNSで自画自賛のア然|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336910


9.日刊IWJガイド・非会員版「ウクライナが米ウエスチングハウス製新規原発4基の建設を明らかに! 米国はウクライナ西部の穀倉地帯に核と化学物質の廃棄も計画!」2024.2.26号~No.4159 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53249
================================


「(報告)(2.26)函館市大間原発建設差止裁判 第31回公判(東京地裁)と報告及び講演会:「能登半島地震と志賀原発」について重要な報告があります(能登半島地震の教訓:井戸謙一弁護士)」をお送りいたします。


さる2024年2月26日(月)、東京地裁で標記「函館市大間原発建設差止裁判第31回公判」が開催され、続いて参議院議員会館にて報告集会が持たれました。以下、当日の録画、及び資料を添付して簡単にご報告申し上げます。

◆(イベント情報)(チラシ)(2.26)函館市大間原発建設差止訴訟第31回公判(東京地裁)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzxa0Eb0WGRHYsz1?e=LSRcig


1.(当日録画)(報告会)20240226 UPLAN 井戸謙一他「能登半島地震の大間原発への影響について」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=vTF_WsHay_0
 https://www.youtube.com/watch?v=vTF_WsHay_0

◆函館市大間原発建設差止裁判 第31回公判の概要(原告弁護団 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk09AmUSObHM3yGqr?e=NrbHku

 <法廷提出書面>

(1)(別添PDFファイル)大間原発訴訟  準備書面(51):能登半島地震の教訓(原告弁護団 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1A9VrA7qsiqXPHx?e=MYehsd

(2)(別添PDFファイル)大間原発訴訟 準備書面(51):別紙(井戸謙一弁護士 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1HIDJhL67W-2Zh-?e=coj1D6

(3)(別添PDFファイル)大間原発訴訟  準備書面(52):能登半島地震は大間原発の地震想定の欠陥を明らかにした(2024.2.13)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1J1868AzKv7uECQ?e=AfanYk

(4)(別添PDFファイル)大間原発訴訟  準備書面(52):別紙(2024.2.13)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1NI5Z6J8hqlz7ro?e=Vn887v

(上記VTR、及び「(2)(別添PDFファイル)大間原発訴訟 準備書面(51):別紙(井戸謙一弁護士 2024.2.26)」の中の「別紙(6)」及び「別紙(10)」は非常に重要です。井戸謙一弁護士の説明をお聞きください。:田中一郎)

(参考)「別紙(6)」の情報があるサイト
 https://tinyurl.com/38kn7m39

(参考)「別紙(10)」の情報があるサイト
 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000334245.html


 <田中一郎からのプレゼン>

(1)原発・核燃施設を大地震が襲った時の着眼点(田中一郎 2024.1.1)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1TJSSFyx5TVoVxE?e=uvMv25

(2)能登半島地震と志賀原発(田中一郎:2024年2月26日)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1VHTbOlrLA4mCJJ?e=JB0QIU 

(3)繰り返し地震に対する安全性を確保していない耐震基準(滝谷紘一 2016.10.24)
 http://tinyurl.com/2k5a2fb4

(関連)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(147):2024年は石川県能登・志賀の正月元旦大地震(震度7、M7.6)から始まった=これは原発・核燃をやめよという「天の声」であり、日本人に対する「最後の警告」だ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7ad675.html

(関連)「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(151):能登半島地震続報(4)=原子力「寄生」委員会・「寄生」庁を解散させ、新たな規制当局を法制化せよ(これが原発・核施設の安全を守るべき規制当局が言うことか!)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-d5aea6.html


2.(当日録画)(報告会)20240226 UPLAN 丹治杉江「この国はいつまで国民を騙し続けるのか!終わらない福島原発事故」YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=czdrxqN1x3Y
 https://www.youtube.com/watch?v=czdrxqN1x3Y

(1)(別添PDFファイル)(レジメ1)何の落ち度もないのに原発事故被災・司法不要判決・汚染水放出環境再汚染(丹治杉江さん 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1amJS_eTFfOx5PF?e=fha5yH

(2)(別添PDFファイル)(レジメ2)原発の危険は終わらない、この国は福島原発事故から何を学んだのか!(丹治杉江さん 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1eSdM58kyP5X2S5?e=vHWSSe

(3)(別添PDFファイル)福島原発集団訴訟、東京高裁が下したお粗末な判決(添田孝史『週刊金曜日 2021.1.29』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1j5xB18K8jH2z9r?e=hYR8Qk

(関連)足立哲(あきら)裁判官(38期)の経歴 - 弁護士山中理司のブログ
 https://yamanaka-bengoshi.jp/2019/02/22/adati38/

(講師の丹治杉江さんは福島原発事故群馬訴訟の原告団長でした。東京高裁で被告国や東京電力の言うがままに御用判決を下し、福島原発事故被害者を切り捨てた「腐ったヒラメ」裁判長=足立哲はその後、横浜地裁の所長に栄転しているようだ。かような日本の司法はもはやその機能を果たさず果たせず、完璧な「反社会勢力」の端くれとなった。巨悪を見抜けず、巨悪を裁けず、巨悪と癒着し、巨悪を放免する、クサレ野郎・女郎どもの巣窟、それが日本の裁判所である。かようなものは国民主権で叩き潰すしかない。巨悪を追認した人権侵害の犯罪的判決という司法権力の濫用は、時効ナシで過去にさかのぼってその罪を問える法制度を整え、必ずやこのデタラメに怒りの「反撃」を加えるから、そのつもりでいるがいい。:田中一郎)

(関連)(拡散希望)(報告)(1.22)日本の司法・裁判所を立て直す制度改革(第6回目):日本の司法・裁判所・検察を変える(その2)(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-ec0fb4.html

(「裁判やりました、負けました、終わりました」ではダメなのであって、この次は、裁判の経験を通じて日本の司法・裁判所の腐りきった実態を知った者たちが、その司法・裁判所を叩き潰すことに力を注いでいかなければならない。「悪人がはびこるのは、悪人が強いからではなく、善人が何もしないからである、あきらめるな! 動け! I have a dream! Japanese judicial system must be radically reformed!!」(ナワリヌイ氏&キング牧師&英語がダメな私)

(関連)(報告)(12.20)オルタナティブな日本をめざして(第97回):「日本の司法・法曹界と原子力ムラ」(後藤秀典さん:新ちょぼゼミ)(2023年12月20日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/12/post-ee595b.html

(参考)原発産業と最高裁の不適切な関係――元判事が東芝に天下り | 週刊金曜日オンライン
 https://qr.paps.jp/NzsT

(関連)東芝の「巨悪」を逃がす大甘判決(『FACTA 2023.5』)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk1kz9oQrNIVU_hz5?e=PoiXcc

(この東芝株主代表訴訟の裁判長は、東電株主代表訴訟の東京地裁判決で原告勝訴とし、被告の東京電力元幹部らに13兆円3210億円の支払いを命じた、あの朝倉佳秀氏である。同氏を「神さま、仏さま、朝倉さま」とあがめたてるのはやめた方がいい。なお、直近の東電株主代表訴訟(控訴審)の報告会は下記のVTRを参照されたい。:田中一郎)

◆20240228 UPLAN【事前集会・記者会見・報告集会】東電株主代表訴訟控訴審第3回口頭弁論期日 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=qBtN3pndB4A&t=6s

(『週刊金曜日』の記事の1つのポイントは、地域独占(原発)電力会社(「毒電」)が自分たちのインチキな原発安全対策を合理化するときに使う「土木学会・津波評価部会」がどういう組織なのかを著者の添田孝史氏が見事に見抜いて書いてくれていることである。この足立哲裁判長とかいう腐ったヒラメの大バカ者もまたご多分にもれず、被告東京電力や国を無罪放免にする道具の1つとして、この御用学者どもの蜘蛛の巣城である「土木学会・津波評価部会」を利用した。裁判官の風上にも置けぬバカタレである。

(私は判決文の仔細までを見ているわけではないが、どこかの記事で、この群馬訴訟東京高裁判決では、国の責任だけでなく東京電力の責任さえ認めず、賠償は原子力損害賠償法の無過失責任に基づいて実施せよ、などというバカの上塗りをしていた旨を見たことがある。そもそも原子力損害賠償法自体が被害者の人権を踏みにじる違憲立法であり、かようなものを使って原告敗訴の判決を下すなど許しがたい話である(群馬の弁護団はこのことについて、最高裁上告の際にどこまで強調したのだろうか?)。

極悪人=足立哲裁判長他計3名の裁判官どもを許すな、地獄の果てまで追いかけて、その重大犯罪(巨悪追認とその被害者の切り捨て)を断罪せよ!:田中一郎)
草々

 

2024年2月28日 (水)

(Change都政市民プロジェクトが発足)小池百合子たぬき都政を抜本的に改め、都民生活を支援する都政の実現(その1)(「Change都政市民プロジェクト」の行動キャッチフレーズ、ないしは象徴的スローガン、及びマニフェストは別途検討が必要)

前略,田中一郎です。


(最初に若干のことです)
================================
1.(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html

(政治が日本を危機に陥れています。中途半端でいい加減な政治改革・政権交代ではなく、これまでの政治を抜本転換する「ホンモノの政治改革」を皆様とともに考えてみたいと思います。最終回の「新ちょぼゼミ」に是非ご参加を!:こちらは国政問題です)


2.(新刊書)令和6年能登半島地震 特別報道写真集-北國新聞社編集局/取材撮影 営業局/取材撮影
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034571867&Action_id=121&Sza_id=GG


3.キャンペーン

(1)オンライン署名 · 今度こそほんとうに原発事故の恐怖とさよなら! ――稼働中の原発をすべて即時停止し、全原発を廃炉とする決断を求めます · Change.org
 http://tinyurl.com/2ytjb4tz

(2)【3・8 最高裁前行動と院内集会『司法の独立を問う! 原発事故後、最高裁判所で何が起きていたのか?』のお知らせ】   · Change.org
 https://qr.paps.jp/CiBIq


4.イベント情報

(1)(3.3)国会正門前行動「アベ・スガ・キシダ政治を許さない」
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1709081795917staff01

(2)(3.6)第9回口頭弁論期日のお知らせ◯ - 311甲状腺がん子ども支援ネットワーク
 https://www.311support.net/news-240206/


5.京大のタテカン、帰ってきた- 2次試験で「できるできる…」 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20240225/k00/00m/040/146000c?utm_source=article&utm_medium=email&utm_campaign=mailasa&utm_content=20240226

(京都大学に限らない。タテカンは大学自治と自力文化、活気と活力のシンボルです。コレがわからない人間に大学運営を担う資格なし。:田中一郎)

(関連)ルポ大学崩壊-田中圭太郎/著(ちくま新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034436361&Action_id=121&Sza_id=C0


6.日刊IWJガイド・非会員版「ゼレンスキー大統領が再び『反転攻勢』を計画! 欧州は分裂! バイデン政権は、自国内での兵器生産を活性化させ、大統領選の集票に利用!」2024.2.28号~No.4161 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53258

■CIAがウクライナに「12の秘密スパイ基地」を建設し、過去10年にわたり影の戦争をしていたことが、『ニューヨーク・タイムズ』の調査報道で明らかに!! 他方、スコット・リッター氏は、「ナワルヌイは、プーチンを打倒するために、CIAと英国MI6の資金で『反体制派』に育てられた」と暴露!! IWJは近日中にこのスコット・リッター氏の重要論文を仮訳・粗訳し、IWJ号外として出します! 必読です!

■<岩上安身によるインタビューのお知らせ>岩上安身は『ウクライナ・コロナワクチン報道にみるメディア危機』の著者、新進気鋭の若手在野研究者である嶋崎史崇氏に連続インタビューを行います! 前編は、ウクライナに関する虚偽のプロパガンダ報道と、事実とを、突きあわせて、ともに検証していきます!

■<IWJ取材報告 1>「東京におけるPFAS汚染は、立川・横田から国分寺(東南方面)に向けて、地下水の流れに乗って、広がっている!!」横田にある在日米軍基地がやはり汚染源なのか!?~2.3 有機フッ素化合物(PFAS)研究の第一人者 原田浩二さん(京都大学准教授)が語る―PFAS最新事情

■<IWJ取材報告 2>自民党「裏金」議員への調査・課税要請に、国税庁担当者は「一般の納税者であっても、国会議員であっても区別しない」と回答!~2.26 自民党国会議員への調査と課税に関する要請
================================


「(Change都政市民プロジェクトが発足)小池百合子たぬき都政を抜本的に改め、都民生活を支援する都政の実現(その1)(「Change都政市民プロジェクト」の行動キャッチフレーズ、ないしは象徴的スローガン、及びマニフェストは別途検討が必要)」をお送りいたします。


1.都知事選(公示6/20)にむけて、第1回の市民組織準備会で話し合った事の、その後の実施報告です。

■ 1. 都知事選の市民組織の第2回準備会(2/22済)

■ 2. 情報の集約場所としてHPを作成する。各種の情報をアップしました。
 https://tochijix.jimdofree.com/

■ 3. 都知事選に特化した全都意見交換MLを開設する。
閲覧・投稿ご希望の方は、下記から登録お申し込みください。
https://forms.gle/NAjQ21d296P93qaN8

■ 4. 設立集会&都政学習会(講師未定)
3月23日(土)PM 中野区産業振興センター 大会議室


2.(メール一部抜粋転送です)Change都政市民プロジェクトが発足しました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年は都知事選挙があります。そこで、都政を変える市民プロジェクトが発足しました!
名称は「Change都政市民プロジェクト」です。

(中略)今回の都知事選挙では、新しい動きが始まっています。それは、政党と団体と市民の3者がフラットな場で候補者を決めていこうというプラットフォームができたのです。「候補者選定委員会」といいます。

参加した政党は、立憲民主党、日本共産党、社会民主党、新社会党、緑の党グリーンズ・ジャパン、東京・生活者ネットワークです。団体として参加したのは革新都政を作る会とよびかけ人会議に参加された各団体です。そして、ここに市民として参加するグループが必要だよね? より幅広い市民が参加する形を作ることが必要だよね?ということで、2月22日に「Change都政市民プロジェクト」が発足しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(詳細は上記でご紹介したHP参照)


3.(他のMLに私が発信)小池百合子たぬき都政を抜本的に改め、都民生活を支援する都政の実現(その1)(「Change都政市民プロジェクト」の行動キャッチフレーズ、ないしは象徴的スローガン、及びマニフェストは別途検討が必要)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 体系的ではありませんが、今現在、思いついたものを列記します。今後も思いついたら追加します。共通することとして、頭でっかちの議論好き(小田原評定)にならないよう要注意、まずは試行的実践を先行させる発想で検討してほしい。「まず基本条例をつくってから」などというパターンが最悪(「子ども被災者支援法」がその失敗の典型事例)。都政奪還後は、各法(条例)や具体施策を先行させる。

1.都民生活を支援する具体的な政策

(1)有機食材による無償学校給食+自校炊飯方式+食育(地産地消型=生産緑地の活用と産地との提携型)

(2)健康保険料の都による追加的減免支援

(3)小売店にある賞味期限が近づいた食品や流行済みで処分予定の商品のリサイクルなどを推進(収集配分の仕事支援)

(4)基礎自治体の生活保護行政への財政支援(今現在は費用の約1/4+人件費が自治体負担)と違法な「瀬戸際政策」の厳禁

(5)高校までの教育の完全無償化(授業料や入学金だけではない全ての教育費)

(6)大学生・院生向けのより充実した奨学金制度(返済アリ+返済ナシ両方、バラマキはしない)

(7)特別養護老人ホームの大幅増設と介護職員の大量正規採用

(8)保育所政策の見直し(市場原理主義的な自由化をやめ、都が交付する補助金の使途厳格化など=下記の岩波書店月刊誌『世界』の小林美希さんの論文を参照)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0l1-K3c1mDLhMce?e=Xqjbol

(9)食品や日用品の「安全確保」と「表示」の抜本改革(体制強化が必要:東京都版消費者主権行政の確立=全国の先例へ)

(10)「まちの清掃・まちをきれいに」

(11)「買い物難民」防止対策

(12)離島振興の見直し


2.まちづくりの抜本改革

(1)公営住宅の大幅増築と老朽化都営住宅の改築(+福島原発事故避難者への無償提供再開+能登半島地震避難者への無償提供)

(2)都市計画審議会の透明化とメンバーの総入替(土建利権の巣窟となっている可能性大)

(3)神宮外苑+日比谷公園+葛西臨海公園+その他公園の再開発の見直し、電柱の地下化も見直し(樹木伐採はやめさせる)

(4)東京の青空広場をたくさん作りましょう(災害時の避難用)

(5)木造密集地域の首都直下型地震対策他、防災対策の見直し強化

(6)東京都まちづくり基本条例の制定(具体策先行で、それらの教訓を生かしつつ集大成する形でゆくゆく策定)

(7)築地市場跡地に再び築地市場を建設し、かつての賑わいを復活(+卸売市場業務への都の支援を並行して検討)

(8)地元商店街の活性化対策(有機食材の産直を推奨して生鮮食品販売を核に、地場手作り商品を核に、他)

(9)外環道工事やリニア新幹線などの大深度地下工事の禁止(日本国憲法違反)、及び既存の都市計画道路計画・工事の中止

(10)ペロブスカイト太陽光発電を活用したエネルギー地産地消モデル地区

(11)タワマン建設可能地域を絞り込むなど、都市計画区域の見直し

(12)自動車が入れない地域や時間帯を各地に設けて、都内へのマイカー自動車の制限を強化

(13)空き家活用対策の強化

(14)街路樹過剰剪定をやめる(業者選びをちゃんとしないとダメ)
 https://thesis.ceri.go.jp/db/files/82936150162302d67ce2d1.pdf

(15)生産緑地などを活用した都市園芸や農作物づくりの奨励、都市樹木の保護・メンテナンス

(16)環境アセスメント条例の抜本強化(事業計画の段階からアセス開始=中止もありうる、住民・都民参加の徹底他)

(17)トラック・バス・タクシーの運転手不足対策(「ライドシェア」などの「市場原理主義アホダラ教」政策は×)

(18)全学校・幼稚園・保育所の冷暖房完備


3.働く人を大切に

(1)公契約条例の制定

(2)不当労働行為の撲滅

(3)全基礎自治体窓口に弁護士を置いて、社会福祉や消費生活相談窓口とする

(4)保健所による公衆衛生対策の体制強化(食中毒防止、感染症対策など)

(5)都の非正規職員を段階的に正規職員へ(特にエッセンシャルワーカーを優先的に)

(6)外国人労働政策の抜本改革


4.その他

(1)都の政策諮問委員会を発足させる=分野別に複数の(良識ある委員の)委員会発足(小田原評定にならないように要注意)

(2)石原慎太郎都政時代の教育委員会通達を全廃(そのための教育委員・教育長、及び事務局の全部入れ替え)、学校現場での右翼思想押しつけを厳禁(やったら処分)

(3)歴史歪曲主義のあらゆる行為を改める取組

(4)東京都の会議施設などでの言論妨害・市民活動妨害を厳禁する(やったら処分)

(5)日比谷公会堂の改築・修繕を急げ

(6)名古屋市で河村たかし市長が実施した「地域活動奨励補助金」制度の東京都版を検討

(7)都政オンブズマン制度の導入と東京都行政・財政の「見える化」「わかる化」

(8)都政版政治資金浄化条例の制定

(9)情報公開条例+公文書管理条例のワンランク上を行く法改正

(10)これまでの都政の問題点を検討・研究する審議会の発足(石原慎太郎都政以降のデタラメの「見える化」)

(11)都政奪還後の都議会対策(与党統一会派形成と過半数議席獲得への努力=選挙区を少し大きくして5人程度以上の定数に)

(12)ヘイト・差別禁止条例

(13)巨大イベントや巨大施設建設は今後行わない(巨額の財源を無駄にするから)

(14)首都圏航空管制の在日米軍からの奪還と、23区上空を低空飛行する羽田空港使用の中止

(15)特別区制度は今のままでいいのか?(要検討事項)

(16)東京一極集中を回避するための他の自治体(都道府県と市町村の2つのレベル)との協議体の発足

なお、上記政策の打ち出し方(表現の仕方やタイミングなど)は別途検討が必要。政策は魅力的でインパクトのあるものでなければならないので、表現やキャッチフレーズや宣伝の方法は徹底した検討が必要(これがいい加減で失敗したら逆効果)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
草々

2024年2月25日 (日)

「日経平均株価がバブル最高値を更新」に浮かれる経済界とマスゴミのバカ騒ぎ=「山高ければ谷深し」のことわざの通り、根拠なき株高が近未来のバブル崩壊を予感させる:国民生活そっちのけの「アホノミクス」延長戦は日本没落への道

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.脱税は犯罪(国税庁)=但し、自民党政治家は特別に例外(鈴木俊一ハナクソ財務相)
https://www.chunichi.co.jp/article_photo_chuspo/list?article_id=857625&pid=4447546&photoid=1

(関連)鈴木財務相 政治資金問題 “納税行うかは議員が判断すべき” - NHK - 政治資金
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240222/k10014367521000.html

(みなさま、税金を納めるかどうかは、(裏金・脱税の自民党)議員が判断すべきもの=つまり、国民1人1人が判断すべきである、とハナクソ財務大臣が言っています。そうですか、では、みなさま、税金を納めるのはやめましょう。(裏金・脱税の)自民党の議員に右に倣え、です。税務署もヒマになっていいですね。そして、これなら自民党に選挙で投票する人も増えるでしょう。アメリカの兵器も、税金ではなくて、買いたい奴が自分のカネで買う、ということでしょうから。:田中一郎)

(関連)自民裏金議員の追徴課税は総額1億3533万円!「脱税は、犯罪。」ポスターが話題|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336635


2.(予約必要)(2.27)オルタナティブな日本をめざして(第99回):「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/12/post-6ee6f2.html

(予約の受付窓口)
*たんぽぽ舎(水道橋):TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
 https://www.tanpoposya.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
(上記にお電話していただき「受付番号」をもらってください:まだ若干名の予約が可能です)

(この日の「新ちょぼゼミ」の前座1時間で、主催者側より近況の日本経済を含む経済政策に関するプレゼンを行います)


3.(3.5)「第2回 ENJOY DEBATE 資本論読書会」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日 時:2024年3月5日(火曜) PM1:00~5:00
場 所:明石町区民館205号室
 https://kyobashi7cityhall.jp/about/akashi.html
参加費:会場費+資料代を参加人数で割り算(300円前後)
テキスト:『資本論』(新日本出版社版)

 テーマは下記です

(1)『資本論』 第1章商品の第4節商品の物神性、第2章交換過程

(*商品の物神性の節では、史的唯物論についての断片的な記述が散見されます。ですので、この物神性論とともに、①『経済学批判』(Kマルクス著)の序文におけるマルクス直筆の史的唯物論をめぐる意見交換、
資本論の物神性論と『経哲草稿』(Kマルクス著)における疎外論との関連について意見交換、をテーマにします。)

(2)小宮隆太郎論文(5)~(6)(独占及び国家独占資本主義)(『週刊エコノミスト』)

(3)時事問題=日本の安全保障・防衛・外交

◆(報告)(2.6)「第1回 「ENJOY DEBATE『資本論』(Kマルクス)読書会」(次回は3/5(火曜)午後1時~5時:東京都中央区明石町区民館)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-0ad443.html

参加ご希望の方は、レジメの用意がありますので、私宛(田中一郎)、ご一報ください。様子見参加・SPOT参加も歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


4.キャンペーン

(1)オンライン署名 · 今度こそほんとうに原発事故の恐怖とさよなら! ――稼働中の原発をすべて即時停止し、全原発を廃炉とする決断を求めます · Change.org
 https://www.change.org/no_nuclear

(2)再開発という名の収奪 その裏にあるもの〜楽しむスポーツから稼げるスポーツ お金のかかる公園から稼げる公園Change.org
 https://qr.paps.jp/kGZt3


5.ALPS処理汚染水差止訴訟- 3月4日(月)第1回口頭弁論と集会のスケジュール
 https://alps-sashitome.blogspot.com/2024/02/34.html

※傍聴券確保のためにぜひご協力をお願いします。
※並行集会・裁判報告会はYOUTUBEでライブ配信します。
 https://youtube.com/live/JoN-0U3N4bc

◆ALPS処理汚染水差止訴訟を支援する会
メール sashitome.shien@anppa.org
ホームページ https://alps-sashitome.blogspot.com/

◆オンライン署名 · 「ALPS処理水」の海洋放出を直ちに停止することを求める署名 · Change.org
 http://tinyurl.com/ypwsfmka

◆(報告)(10.11)「被ばくの危険性 インチキ言論に負けるな!:福島第一原発汚染水海洋投棄批判への誹謗中傷をぶった斬って返り討ち」(新ちょぼゼミ・田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/10/post-6e2f0c.html


6.日刊IWJガイド・非会員版「号外を出しました!『ウクライナがロシアに勝利すると考えるEU市民はわずか10%』!『ロシアが勝利する』と考えるEU市民はその2倍!」2024.2.24号~No.4158 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53243

■<IWJ取材報告 1>「新型コロナワクチンの予防接種台帳は永久保存するべきではないか?」IWJ記者の質問に対し「長期保存について、今まさに審議会で議論しており、必要な検討は行っていく」と武見大臣~2.20 武見敬三厚生労働大臣閣議後記者会見

■<IWJ取材報告 2>「原子力災害対策指針」「避難計画」の総点検必須! 放射能で屋内退避する人は、家屋倒壊したら、どこに行けばいいのか!?~2.1【院内ヒアリング集会】能登半島地震が教える原発の危険性 地震はどこでも起こる、退避も避難もできない
================================


「「日経平均株価がバブル最高値を更新」に浮かれる経済界とマスゴミのバカ騒ぎ=「山高ければ谷深し」のことわざの通り、根拠なき株高が近未来のバブル崩壊を予感させる:国民生活そっちのけの「アホノミクス」延長戦は日本没落への道」をお送りします。

 <別添PDFファイル>
(1)日経平均最高値、貯蓄から投資 定着成るか(2024.2.23)
(2)失われた30年の失政 東証高値更新に34年かかったことの方がニュースだ(日刊ゲンダイ 2024.2.26)
(3)上がらない賃金、海外との格差(朝日 2024.2.15)
(4)水道事業6割が不採算、収入減 電気代も重荷(日経 2024.2.20夕刊)
(5)大手電力8社最高益、東電最高益 資源安で膨張、再建へ稼ぐ力不十分(朝日・日経 2024.2.1)
(6)トイレ1カ所2億円、能登への配慮どこへ、大阪・関西万博 また無駄遣い?(東京 2024.2.21)


◆(別添PDFファイル)日経平均最高値、貯蓄から投資 定着成るか(2024.2.23)
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240222/k10014367271000.html
 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO78716750S4A220C2EP0000/

(関連)(別添PDFファイル)(必読)失われた30年の失政 東証高値更新に34年かかったことの方がニュースだ(日刊ゲンダイ 2024.2.26)(ヤマのようにあるコメントの中で、この日刊ゲンダイの記事が一番まともなコメントです)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336634

(円安でドル建て株価に「割安」感が出ているため、海外投資家による日本株買いが今回のバブルを先導しているようだ。これに①NISAという「不公平税制」をより促進する個人向け免税新制度、企業の自社株買いによる株価維持、公的年金基金による日本株買い継続、日銀がETF買い支えなど、アホノミクス延長戦のようなバカバカしい「株高誘導政策」により、人為的にバブル形成がなされていると見ておいていい。どうも日本の為政者やマスごみ達は、今日の落ちぶれた日本経済にとってバブル崩壊が如何に大きなダメージになるかを認識できていないようである。「半値八掛け二割引」=虎の子の公的年金基金がバブル崩壊で吹っ飛んだとき、われわれの年金もまた吹っ飛ぶことになる。公的年金基金をここまで大きな金額・割合でリスク運用しているところは他の国にはない。かつての「成金帝国=ニッポン」の栄華盛衰のドラマとして、未来に語り継がれていく「反面教師」物語が、いよいよクライマックスを迎えようとしている。若い世代の方々には、可能ならばこんな国には見切りをつけて、海外に脱出されることをお勧めする。:田中一郎)

(関連)経済学者金子氏が語る不景気なのに日経平均株価最高値更新の理由「金融緩和と中国のバブル崩壊」 - Yahoo! JAPAN
 https://article.yahoo.co.jp/detail/9343273494632d897fe0de04ec8e026c5e4b247e

(関連)「日経平均の最高値更新」は新たな相場の始まりだ 「3万8915円超え」の後はどうすればいいのか - 東洋経済オンライン
 https://toyokeizai.net/articles/-/735520


 <経済政策関連の最近の話題>

1.忍び寄る「防衛増税」拡大…有識者会議で「43兆円から積み増し」提言相次ぐ仰天|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336434

(座長は東レ出身で経団連名誉会長の榊原定征、原発と軍拡がご専門のこんな奴のどこが「名誉」なのかは知りませんが、防衛省が設置したこの「クソタレ有識者会議」では「軍拡言ったもの勝ち」の言いたい放題をやっているようです。もちろん国民生活はほったらかしですし、この軍拡のための費用は「国民は増税、自民は脱税」「国民は徹底税務調査、自民は裏金容認」で、みな国民負担ということになっています。「アメリカさま」の極東での代理店戦争を着々と準備している岸田文雄「茶坊主」自公政権の代理人会議のようです。これら全ては有権者・国民が選挙で自民党に投票をし、あるいは棄権した、その必然的結果なのです。:田中一郎)

(関連)防衛費43兆円ではやっぱり足りない? 防衛省の有識者会議、初会合でいきなり増額論「タブー視するな」:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310270

(関連)23年度からの防衛力整備、総額43兆円の見直し「考えていない」=官房長官(ロイター) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/96eb692aaada5449269e4953e8d5b86fe03bfc10

◆(他のMLでの議論です)ウクライナとパレスチナの2つの戦争とアメリカ=徹底した平和中立主義の長期安定政権をつくっておかないと、対米隷属の日本はアメリカの代理戦争を背負わされ「第二のウクライナ」となって修羅場を経験することになりかねない- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/02/post-c1a3e6.html


2.(別添PDFファイル)上がらない賃金、海外と格差(朝日 2024.2.15)
 https://digital.asahi.com/articles/ASS2G73XVS2GULFA03J.html

(関連)12月実質賃金21カ月連続マイナス、通年も2年連続減=毎月勤労統計 - ロイター
 https://x.gd/1YbFF

(賃金はインフレには追い付かない、何度も申し上げました。だから「インフレターゲット論」などはダメだとも言いました。でもそれを無視して「キリギリス経済論」をやって騒いでいた連中(左派を含むリフレ派)は、やがて冬が来て、全部死んでしまいました。イソップ経済政策童話から。山本太郎「れいわ新選組」の諸君、おわかりですか?:田中一郎)

(関連)日銀総裁 “今後も物価上昇続く デフレでなくインフレ状態” - NHK - 日本銀行(日銀)
 https://qr.paps.jp/W5WUM

 <田中一郎コメント>
 何を今ごろ寝ぼけたことを言ってんだろうネ、このボケ老人は。インフレになっていると言うのなら、金利を上げてインフレ抑制の金融政策をしろよ。増税もしてインフレを押さえなければいけないと言ってみろよ。それがアホノミクスの負の遺産のためにできないんだろ。増税なんて政治色が強いからできないんだろ(左派を含むリフレ派やMMTはこういう時は増税するからインフレは簡単に退治できると言っていたぞ)。どうなんだ?! 自公政権が巨額の放漫財政を続けたから、日銀がそれを(事実上)ファイナンスしてきて国債が山のように積みあがって、金利を上げたら国債の調達コストが上がるから、それでできなくて、ぐだらぐだらシロウトだましの屁理屈をこねて時間稼ぎしてんだろうが。こんな仕事の仕方なら誰でもできるから給料返せ! この給料泥棒!

お前の仕事は、何故、日銀が金利を上げられず、金融政策の機動性を喪失したかを、つまりはアホノミクスの失敗の顛末を、国民に分かりやすく説明することだ。日銀総裁としての仕事をしとらんではないか! それと保有しているETF(上場株式投資信託)はどうするのだ? お前と政策委員会メンバーで責任取って買い取るか? どうなんだ?! はっきりしろ!!

(歌)責任取ってよね - リリぴ 【オリジナル曲】 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=0KXuVWRZA_4


3.(別添PDFファイル)水道事業6割が不採算、収入減 電気代も重荷(日経 2024.2.20夕刊)
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC254XD0V20C24A1000000/

(関連)<社説>水道管の耐震化 優先順位つけ急ぎたい:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310759?rct=editorial

(アメリカから43兆円もかけて武器弾薬を買うよりも、こっちの方が先なんじゃないの? それに事は水道だけではない。下水道もそうだし、全国各地の生活道路もそうだ。いたるところで橋が落ちそうになっているし、がけ崩れがいつ起きても不思議ではない状態だし、河川は国土交通省がダムばかり造って住民を守る治水をしないから、ちょと雨が降ったら大水害になる地域が至る所にある。学校や病院や公共施設の多くが老朽化して大きな地震が来たらつぶれそうになっているし、農地などの産業インフラだってボロボロよ。分かってんのかね、この国のドアホの政治家や腐った官僚たちは???:田中一郎)

(関連)水道の「運営権を民間企業に売却」“みやぎ型”導入から1年「浄水場は変わったのか」現場検証│tbc東北放送
 https://newsdig.tbs.co.jp/articles/tbc/406332?page=4

(関連)大阪市、水道管の更新事業が長期化へ 「民営化」方針が頓挫 [大阪府]:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/ASQ1X72HKQ1XPTIL011.html

 <田中一郎コメント>
 そんな時に、地域住民の「命の水」を外資系資本に売り渡しとるドアホ知事がいる。宮城の村井嘉浩という自衛隊上がりの単細胞生物だ。宮城県民もアホウの端くれ、こんな人物をいつまでも知事にしているからこうなる。この県の近未来は隣の県に水道水をポリタンクで買いに行くことになるでしょう。海外では水道民営化など失敗の連続で、焼き畑式経営のウォーターバロン資本がさんざん甘い汁を吸って(最大の眼目は従業員の賃金カット 役員報酬と配当へ)、もうからなくなったらサヨウナラ、あとには老朽化してボロボロの水道管・浄水施設と、ノウハウの無い低賃金労務者が残るだけ、ということになる。先例があるのに、まだわからんらしい。だから宮城県民はアホウだ、と言われるのだ。

一方の「昔は水の都、今はアホの都」大阪、どうも水道事業の民営化は頓挫したようだ。詳しい経緯は知らない。上記サイトの記事を手掛かりに少し調べてみようと思っている。なにせ、私の生まれ育った故郷ですから。府市合わせ大阪愚民がこれからどこまで苦しむことになるのか、凡そその調査結果でわかるでしょう。大阪は維新(日本維新&大阪維新)アホダラ教で染まりきっていますから。

(関連)(別添PDFファイル)大手電力8社最高益、東電最高益 資源安で膨張、再建へ稼ぐ力不十分(朝日・日経 2024.2.1)
 https://news.yahoo.co.jp/articles/f6406b23f2435bdd862720a5cfd2e56af5d07467

(関連)(拡散希望)(報告)(6.27)電力自由化と電力システム改革(第8回目:最終回)新時代の公正で持続可能な電力システムを創るためには地域独占(原発)電力会社(「毒電」)の私物化支配体制を解体しなければならない- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/07/post-c80b11.html

(水道事業の大赤字の原因の1つが電力料金の値上げだと日本経済新聞が伝えている。その電力の方の昨今の情況は上記の通り。だから電力料金の値上げなど必要ないと申し上げたのだ。偉そうな事を言っていた河野太郎は、例によって例のごとく、クソの役にも立たなかった。口先男の本領発揮だった。水道だけでなく、脱原発派は、もっと電力システムに関心を持たないとダメ!:田中一郎)


4.(別添PDFファイル)トイレ1カ所2億円、能登への配慮どこへ、大阪・関西万博 また無駄遣い?(東京 2024.2.21)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310461

(関連)石川県、予算案に1000万円「大阪万博」関連事業費計上「私は維新の顧問」馳浩知事の開き直りに県民の怒り爆発(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8f164ed7378a98ef57b5596f7de230683c4c487f

(何だコレ! 日本にはまともな自治体の首長はおらんのか? 日本の有権者は選挙権の行使の仕方を知らんのか? こんな連中を選挙で首長に選ぶということは、自分で自分の首を絞めて、自分の顔の上にツバをはいているようなもの、その結果はみんな自分にブーメランのように返って来て、ひどい目に合わされることになる。まだわからんの? :田中一郎)

5.子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336636

(参考)「てへぺろ」っていつ使うの?《正しい意味と使い方》を今のうちに知っておこう! - ORICON NEWS
 https://www.oricon.co.jp/article/1582044/

 <この国は政治がメチャクチャや。何とかしろ~~~>
草々

2024年2月24日 (土)

(他のMLでの議論です)ウクライナとパレスチナの2つの戦争とアメリカ=徹底した平和中立主義の長期安定政権をつくっておかないと、対米隷属の日本はアメリカの代理戦争を背負わされ「第二のウクライナ」となって修羅場を経験することになりかねない

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.「福島原発訴訟かながわ原告団」(ふくかな)からのお知らせ

(1)(チラシ)(3.10)東日本大震災 かながわ追悼の夕べ(横浜市役所1Fアトリウム)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0MHw_n9mrCFFfw3?e=vvDlEm

(2)(チラシ)(3.9-10)福島子ども・こらっせ神奈川:福島応援スタディツアー2024
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0Q8uoVBZdcegSUA?e=t046qd

(3)(チラシ)(3.10)原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会&デモ(中原平和公園)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0ViP3AzGfgTG1g3?e=U7ZIPw

(4)福島原発訴訟かながわ原告団だより NO.61 2024.2.16
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0YJCGxv-t8PEV4e?e=NWoD2c


2.キャンペーン

(1)オンライン署名 · 放射能をバラまく汚染土「再利用」に反対!  Oppose -reuse- of contaminated soil that spreads radioactivity! · Change.org
 https://x.gd/meWCA

(2)オンライン署名 · 東京都江戸川区・西葛西「子供の広場(通称きょうりゅう公園・かいじゅう公園)」の遊び場をつぶす レストラン・フードコート・キッチンカースペース等の建設計画の中止を求めます! · Change.org
 https://qr.paps.jp/xXjiQ

(3)HELP!! 東京都が「スクールカウンセラー」を一斉に雇い止めしようとしています! · Change.org
 https://qr.paps.jp/3cXVG


3.イベント情報

(1)(チラシ)(2.26)函館市大間原発建設差止訴訟第31回公判(東京地裁)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzxa0Eb0WGRHYsz1?e=LSRcig

(2)(チラシ)(2.27)東電株主代表訴訟控訴審第3回公判(東京高裁)
 https://drive.google.com/file/d/1BwmSX6KFNFikoAwBlASorbCCyKeNXgTu/view?pli=1

(3)(チラシ)(2.29、3.2)「台湾の脱原発と韓国の原発暴走:ノーニュークス・アジアフォーラム30年」報告:佐藤大介
 https://nonukesasiaforum.org/japan/wp-content/uploads/2024/01/02290302.pdf

(4)(チラシ)(3.4)大学フォーラム第7回シンポ 日本学術会議[法人化論]を考える(ZOOM)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0dRW8Sxiu8b1vZq?e=WmrbwW
 (申し込み)https://qr.paps.jp/qorI0

(5)(3.6)第9回口頭弁論期日のお知らせ - 311甲状腺がん子ども支援ネットワーク
 https://www.311support.net/news-240206/

(6)【3・8 最高裁前行動と院内集会『司法の独立を問う! 原発事故後、最高裁判所で何が起きていたのか?』Change.org
 https://x.gd/njTlC

(7)(チラシ)(3.11)福島原発事故13年 東京電力・日本原電 抗議
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzE_7pxCNKe_cm1E?e=WFxHzN

(関連)ニュースレターvol.8をUPしました! - 311甲状腺がん子ども支援ネットワーク
 https://www.311support.net/news-240126/

◆江古田映画祭 - Nerima-ku Tokyo - Facebook
 https://www.facebook.com/ekodaeigasai/


4.(必読)忍び寄る「防衛増税」拡大…有識者会議で「43兆円から積み増し」提言相次ぐ仰天|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336434

(関連)防衛費43兆円ではやっぱり足りない? 防衛省の有識者会議、初会合でいきなり増額論「タブー視するな」東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310270


5.「政倫審」で終わったらこの国の政治はもう終わり
 政治の世界からゴミを一掃する時が来ています。非公開・虚偽証言OK・参加自由の国会「政倫審」など茶番のイカサマ劇場です。日本の政治のゴミ掃除の方法は、強制的証人喚問(ウソ証言は国会からの除名追放を含む罰則付:特別委員会を国会内に設置せよ)、検察審査会を経て「裏金・脱税」容疑者を全員起訴、ホンモノの政権交代による政治資金関連法の抜本改正、の3つの同時並行です。 

(1)(別添PDFファイル)世紀の茶番劇は恐らく裏目 政倫審、出ると「この野郎」となる自民党(日刊ゲンダイ 2024.2.23)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336575

(2)(別添PDFファイル)政倫審「完全非公開に」議員も報道陣も入れず「かえって集中砲火」党内に不満も(朝日 2024.2.23)
 https://digital.asahi.com/articles/ASS2Q6SC5S2QUTFK00W.html

(3)(別添PDFファイル)山梨県「裏金質問NG]二階派知事取材、報道各社に要請(東京 2024.2.22)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310619

(4)「ウソつきにウソをつく場を提供するだけ」泉房穂氏が「政治倫理審査会」を徹底批判…裏金の「全容解明」期待薄の理由は(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/9c1724dbcbecf2ce4a627b129da546a684b9b43c

(5)見透かされる野党へ「愚直な闘志見せろ」 細川元首相が語る政権交代:朝日新聞デジタル
 https://x.gd/n3ep2

(6)自民裏金の「使途」は「旧文通費」の領収書で“二重計上”か…立憲議員が予算委で指摘|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336545

(7)政倫審、公開・非公開で対立 立憲「やましいことがないなら公開を」 - 毎日新聞
 https://qr.paps.jp/Kat8F

(8)政倫審にSNSから注文殺到!「お答えを差し控える」「記憶にない」《弁明禁止ワードつくるべき》|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336532

(9)萩生田政調会長は安倍派5人衆の中、唯一“ダンマリ”の醜悪…重要選挙前の「猛批判」回避に躍起|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336558

(10)裏金の弁明を「非公開」にするなんて…自民は「1人1時間」を主張、しかも「人数制限」疑惑まで:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310939


6.(別添PDFファイル)盛山氏の不信任案否決、「名案なし」大臣 いつも答えは同じ、国民の不信感放置(東京 2024.2.22)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310696

(関連)自民党はカルト集団と化し裏金問題では犯罪集団化…日本そのものがカルト国家になってしまう|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336523

(この痴呆症仮病ウソつき居直りジジイは二度と国会議員にしてはいけない。どうするのかって? 今後あらゆる国政選挙で、選挙区も比例区も、自民党に投票しなければいいだけの話。簡単だ。:田中一郎)


◆(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html
================================


「ウクライナとパレスチナの2つの戦争とアメリカ=徹底した平和中立主義の長期安定政権をつくっておかないと、対米隷属の日本はアメリカの代理戦争を背負わされ「第二のウクライナ」となって修羅場を経験することになりかねない」をお送りいたします。

下記は、私が他のMLに向けて発信したメールを加筆修正したものに、関連する直近情報(及びそのコメント)を加えたものです。今後の議論に資することを願ってお送りいたします。日本のみならず欧米の左翼・左派・リベラル、ないしは政治家どもの言動の劣化を感じさせます。世界戦争がヒタヒタと近づいてきているイヤーな感じです。


1.最初のメール:(参考)『ユダヤとアメリカ 揺れ動くイスラエル・ロビー-』(立山良司/著 中公新書)より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「ネタニヤフを止められるのは、国際社会・安保理ではなく、事実上アメリカである」に私も同感で、それゆえ、この1・2カ月で2冊のイスラエル関係の入門書のようなものを読んでみました。下記にご紹介します。私の読後の感想は、いかに自分がイスラエルや米国のユダヤ人・ユダヤ社会・ユダヤロビーについて、何も知らなかったか、ということを痛感させられたことです。2冊とも読みやすくて手ごろですから、もし未読でしたら、ご一読をお勧めします。

◆(別添PDFファイル)米国ユダヤ社会の団結や一体性:(終章)イスラエル・ロビーの今後(立山良司『ユダヤとアメリカ』中公新書)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0LjR280Q_Nd75LF?e=WyLe0A

 別添PDFファイルは、そのうちの1冊から、米国内のユダヤ人社会&ロビー活動等のコンパクトなまとめ部分を一部切り抜いたものです。著者によれば、2008年にアメリカのユダヤロビー主流派に対抗する形で発足した「Jストリート」というユダヤ団体が、それまでの米国のユダヤ言論やイスラエル関係に、逆風の形で大きなインパクトを与え、しかも、それが今も拡大方向にある、とのことです。最初のところの記述にもありますが「キーワードは(米国のユダヤ社会・ロビー活動・社会運動等の)多様性」です。

しかし、パレスチナ紛争当事国から遠く離れた日本のような国の一般市民から見て、米国内のユダヤ社会の動向やキリスト教新教の勢力などの動きは、日常的には縁遠く、また、こうした書物を通じて話を聞くと、いささか理解しがたいグロテスクなものがあります。とりわけ、イスラエル国内の暴力極右勢力と宗教ナショナリズムの台頭(リクードだけではありません)や、米国内のエバンジェリカル(福音派)を代表とする宗教右派勢力(ユダヤ教主流派+キリスト教(主として新教)シオニズム派など)は、今後の世界を破滅に導きかねない危険な考え・認識・信仰を今なお保持し続けており、厄介な話で、目が離せないところでしょう。しかし残念なことに、我々日本の市民運動・社会運動の手からは届きにくいところにいるようにも思われます。また、暴力極右やナショナリズムの台頭はウクライナ戦争の大きな原因の1つでもあり、今後の世界を危険なものにしていく元凶とも言えると思います。

◆ユダヤとアメリカ 揺れ動くイスラエル・ロビー-立山良司/著(中公新書)=絶版になっていますので、図書館またはアマゾン中古本でご覧ください。著者は防衛大学名誉教授。
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033459455&Action_id=121&Sza_id=F3


◆イスラエル-臼杵陽/著(岩波新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032237283&Action_id=121&Sza_id=E1

(この本は、イスラエルという国の建国前から今日(今から10年ほど前)に至るまでの歴史を追いかけながら、政治・政変・政権の推移を含むイスラエルの国内事情を詳しく解説した一般市民向けの新書です。著者は大学教授ですので極力事態を突き放して中立的に(イスラエルにもパレスチナにも味方しない)書かれています。少し古いですがお勧めできる新書です。著者は先般、あるガザ問題の市民集会で名前を見かけた方です。:たとえば皆さまは、イスラエル国民は、アシュケナジーム、スハラディーム、ミズラヒームの3つに区別されますが、それぞれ、どういう区分なのか、ご存じですか? また「ユダヤ人」の定義は何ですか?:田中一郎)

◆イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 1・2:ジョン・J.ミアシャイマー/著 スティーヴン・M.ウォルト/著 副島隆彦/訳(講談社)

(1)https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031944443&Action_id=121&Sza_id=F3

(2)https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031969077&Action_id=121&Sza_id=F3

(今から20年近く前に米国でベストセラーになったアメリカのユダヤ・ロビー、イスラエル・ロビーの解説書です。この次に読むとしたら、この2冊かなと思っているところです)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2.ウクライナとパレスチナの2つの戦争とアメリカ(田中一郎 加筆修正後)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私は国際関係やアメリカの外交軍事政策を専門に追いかけているわけではないので、全世界の多くの情報を得ているわけではありませんが、知りうる限りの情報をもとに、若干のことを簡単に申し上げます。

(1)ウクライナ戦争について、

 この戦争は、アメリカの民主党系のネオコンが、ウクライナの暴力極右(定義があいまいなネオナチを含むアゾフ大隊などの民兵組織)や民族主義者(ナショナリズム)を背後から、水面下で、さまざまな手段と方法でバックアップし、ロシアを挑発したことによる戦争だと見ています。古くはソ連崩壊後のロシア国内の混乱に便乗して、アメリカによる陰に陽にする様々なことがあったのでしょうが(このソ連崩壊後のロシア史、特にアメリカの対ロシア工作の歴史を書いた文献を探しています)、直接的にはプーチン政権成立後の2004年のオレンジ革命にさかのぼります。

この頃から、ウクライナ国内では(おそらくはその背後に米国がいた)反ロシアの扇動が激しくなり、ウクライナ国内のロシア系住民や親ロシア勢力が激しい攻撃を受けるようになります。しかし、そうしたナショナリズムを振り回してロシアとの対立を煽っているのは一部のためにする人間達だけであって、多くのロシア系を含むウクライナ民衆やロシアの民衆は、まさかウクライナとロシアが殺し合いの戦争をするなどということは夢にも思ってはいなかったでしょう。ロシアとウクライナは国は違っても、歴史的には数百年の「一体的」な関係を築いてきた歴史があります(ロシア革命後の内戦時代やスターリンの時代にモスクワやペテルブルグの暴力左翼政権にひどい目にあわされていますが)。民主主義革命だ、などと騒いでいたのは、私はウクライナの一部の愚か者たちではなかったかと思います。

2014年には、二度目の「革命暴動」が起きます。マイダン革命です(下記のオリバーストーン監督「ウクライナ オン ファイアー」に詳しく描かれています=必見です)。このマイダン革命は、明らかにアメリカのネオコンがウクライナの暴力極右を使って仕掛けた親ロシア政権打倒の反ロシアクーデターです。おそらくは国外から米系の工作員も入り込んでいただろうと推測します。ロシア・プーチン政権は、これに対抗して、ロシア系住民が過半を占めるクリミア半島(ロシア黒海艦隊の基地でもあるクリミアは、元来、ロシアの領土だったものを、1950年代にフルシチョフがウクライナに移管したというトンデモ経緯があります)を軍事力を使って分割し、ウクライナ国内の反ロ・暴力極右勢力に見せつけるようにこれに対抗するわけです。おそらくプーチンのロシアは、ウクライナは歴史的にロシアと一体であって、アメリカの掌の上に乗せられた反ロ右翼らに牛耳られてたまるか、という思いがあったのでしょう。その後は住民投票の結果(80%以上の住民がロシア帰属を支持:ちなみにロシア系住民は約60%)を経てロシア領となりました(ウクライナは認めていません)。

◆オリバーストーン監督 ウクライナオンファイアー - ニコニコ動画
 https://www.nicovideo.jp/watch/sm42397460

そして、その後は、クーデター後の新政権の下で、東ウクライナ、及び南部ウクライナのロシア系住民への迫害が、暴力極右を使って繰り返されエスカレートしていきます(もちろん東ウクライナにもロシアのバックアップを受けた暴力極右やナショナリズム勢力は存在するので、事実上、内戦のようになっていきました)。これにストップをかけたのが2度にわたるミンスク合意です、独仏の仲介を受けて停戦合意したのですが、これを破棄して、再び東ウクライナのロシア系住民迫害を繰り返したのが、アメリカの全面的なバックアップを受けたゼレンスキー政権だったのです。この間、民兵組織だったアゾフ大隊などの暴力極右民兵組織がウクライナの正規軍として編成され直し、そこにアメリカから数千人規模の軍事指導者・訓練部隊が送り込まれて、対ロシア戦争の準備がなされたというわけです。

プーチンのロシアは、おそらくウクライナをアメリカにもぎ取られるという認識をしたのでしょう。それでもプーチンのロシアは、ウクライナのEU加盟までは容認する姿勢を見せ、当初の間は東ウクライナ2州の独立も認めませんでした。しかし、ゼレンスキーのウクライナがNATO加盟までを言い出したところで、彼らの「堪忍袋の緒が切れた」ということになったのでしょう。ロシア軍のウクライナ侵攻が始まります。(言い換えれば、ゼレンスキー政権がNATO加盟などを言わず、大国に挟まれた緩衝国家としてのリアリティを持って事に対処し、国内の暴力極右やナショナリズムを押さえて、EU加盟を指向しつつ、ロシアと友好関係を持てるよう努力すればよかった(東ウクライナでは自治権を大きく認める)、アメリカの反発は、ヨーロッパやロシアを使って牽制すればよかった、ということではないかと私は思います)

この戦争については「プーチン・ロシア悪玉、ゼレンスキー・ウクライナ善玉」論というのが全くのトンチンカンの認識であり、アメリカのプロパガンダに乗せられた愚かな単純単細胞の事実捻じ曲げの議論であることを申し上げておかなければいけません。あえて言うなら、ウクライナとロシアの暴力極右とナショナリズムが、アメリカの「軍産情報複合体」を背後に持つ民主党系ネオコンらの「戦争屋」にまんまとのせられて始めた愚かな殺戮戦争だということです。その結果は、ウクライナの国土の荒廃と、ウクライナ及びロシアの兵士や民衆の死傷者の増大、そして、アメリカの「軍産情報複合体」の巨額の金もうけにつながったということです。

多くを申し上げませんが、ついでに申し上げれば、①ヨーロッパ諸国の政治家どもの劣化がひどく、ソ連時代の総合安全保障体制を破棄して、ロシアと臨戦態勢に向かうようなバカ丸出しのことをやり、対米従属色が濃くなっていること(全欧安保会議やINF条約などが破棄され、挙句はアメリカとノルウェーの秘密工作隊により独ロ間の天然ガスパイプライン(ノルドストリーム)までが破壊されるに至っています)、ヨーロッパ政治家どもの劣化の典型が、北欧3国とドイツ緑の党です。第三次世界大戦を覚悟するのかという話です。

(関連)全欧安全保障協力機構/OSCE
 https://www.y-history.net/appendix/wh1701-021_1.html

②日本の左派・左翼・リベラルが判断を誤った。ロシアのウクライナ軍事侵攻が、ある日突然理由もなく勃発したかのような認識で(要するに不勉強丸出しで)、そのロシア軍事侵攻だけをつまみ上げて非難し、返す刀でゼレンスキー・ウクライナを持ち上げ応援する、という愚策をやっている。そして、伝統的な左翼無謬主義に立脚して、今でもこの態度を変えない頑固者が少なくない。結果的に、日本の左翼・左派・リベラルはウクライナ戦争を背後から煽る形となり、対米隷属の自公政権を労せずして喜ばせる翼賛体制に資することとなった。(①ウクライナ戦争の他に、日本の左翼・左派・リベラルの判断の誤りは、②イスラエル・ハマス喧嘩両成敗論(ウクライナ戦争の認識と酷似)、③危険なタダの毒物であるコロナワクチンの摂取推進と「新型コロナ」感染症リスクへの過剰な反応、④科学的実証的根拠のない「人工排出CO2による地球温暖化」説信仰と「脱炭素」扇動(GX推進)、です。また、インターネット言論を含むデジタル政策についても誤りをしそうです)

ウクライナ戦争に対する平和国家・日本の取るべき態度は、①直ちに停戦し和平交渉を開始できるよう様々な国や組織と協力して働きかけを強める、②それまでは一切のウクライナ支援はしない(例外は、反戦平和国家として、ウクライナ戦争から逃げてくるウクライナやロシアの兵士・家族・国民を難民として一時的に受け入れること:但し、停戦・和平の後には帰国が原則)、③対ロシア経済制裁には参加しない、です。④ロシアやウクライナを含む全欧州安全保障の新体制づくりは、ヨーロッパ人が政治家どもを入れ替えてプーチン生存中に交渉を開始した方がいい。ひょっとすると、プーチンが高齢化で引退した後、更にグロテスクで好戦的強権的な人間たちがロシアを支配する可能性もあるからです。

ロシア人にももっとしっかりしてほしいものです。このままではスターリン時代に戻ってしまうという認識を持てないのでしょうか? また、ウクライナもロシアも、世界有数の腐敗国家であることも忘れてはなりません(ロシアと日本は、その腐敗状況とそれを国民が糾すことができない点も含めて、政治体質がよく似ている)。欧米からの軍事支援による武器弾薬などが横流しされ、中東やアフリカに流れているという話はよく耳にします。全く腹立たしい話です。ヨーロッパの政治家たちは知らないのでしょうか?(私は、国際問題の解決には政治的リアリズムが必要だと考えていて、上記で申し上げたことが必ずしも正義にかなっているとは考えていません)

(関連)「プーチンの天敵」ナバリヌイ氏と反乱プリゴジン氏の「奇妙な一致」 カオスのロシアの行く先は?:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/259097


2.アメリカの世界(外交・軍事)戦略

 だいぶ前からアメリカは、カネと自国兵人命が大きな負担となっている「世界の警察官」任務から撤退し(あるいは縮小し)、負担を軽くしたいという思惑が働いている。私が読んだ本では、中東に駐在する米軍は2000年頃に比べると1/5程度になっているらしいし、アフガンからは完全撤退しました(ブッシュJr政権が後先顧みず、どのように戦争を終わらせるかの算段もしないままアフガンに深入りし、巨額のカネと軍事を投入したにもかかわらず、にっちもさっちもいかなくなったということ、ソ連と同じ過ちを繰り返した大バカ者たちが共和党系のネオコンたちです)。しかし、そんな消極的な世界軍事戦略ではアメリカの「軍産情報複合体」は食い扶持がなくなります。

ソ連崩壊により冷戦が解消したわけですから、「平和の配当」を受け取ってしかるべきだったのに、クリントン政権(民主)もブッシュ政権(共和)も、新たに「悪の枢軸」=イラン、イラク、北朝鮮を祭り上げて、世界的な戦争体制=アメリカの「軍産情報複合体」の継続維持を続け、「軍産情報複合体」の代理店を立派に勤め上げたということです(その後は「テロとの戦い」などという国際法秩序を踏みにじる暴挙までやり始めました)。それが更に、オバマ政権から(トランプ政権の踊り場を経て)バイデン政権(いずれも民主党政権=伝統的にアメリカは民主党政権の方が好戦的です)になり、悪の枢軸に再びロシアと中共中国が加えられ、新冷戦体制のようなものができてしまっています。

そして、そこでのアメリカの外交・軍事戦略は「ウクライナ戦争方式」(同盟国に肩代わりさせる)と「NED=全米民主主義基金」(「平和的でソフトなCIA」などと自称:ターゲットとした国の国内の反政府勢力をカネその他の非直接的軍事・ソフト支援で反乱を扇動する=およそ全てのカラー革命はこれだと言われています。香港も中東の春もそうですし、ウクライナなどはこの典型です)です。

アメリカの「軍産情報複合体」は戦争の利益をたんまりと稼ぎ、かつ、アメリカの正規軍の血を流すこともなく(民間軍事会社PMCは戦争に関与して血を流すかもしれませんが)、喜ばしい状態が続き、あとはこの状態が限りなく続くように、代理店政府や政治家どもが、民主主義の価値観外交だの、ナショナリズムの重要性や意義だの、愛国心だのと、戦争を「必要悪」とする唾棄すべき似非ロジックの屁理屈をマスゴミに乗せて流し続ければいいし、時折「戦争で打ち倒すべき悪の勢力」を創り上げては、これの武力打倒を叫んでいればいい、「軍産情報複合体」はそのための代理店政治家への寄付金を惜しまない、という具合です。(プーチンのロシアにも、アメリカと似たような「軍産情報複合体」や「秘密警察・工作・暗殺組織」が存在していると思われます=これもアメリカと同様に問題にしないといけません)

(関連)全米民主主義基金 - Wikipedia
 http://tinyurl.com/2s4dz8mb

極東では、戦争当事国となる予定の韓国と台湾を、日本がアメリカに代わって軍事支援する・集団的自衛権を行使する、という算段になっていて、日本の売国奴自公政権は「アメリカさま」の言うがままに、巨額のカネを使って、沖縄・南西諸島に軍事基地を次々とつくって、戦争準備に忙しい毎日です。戦争前のゼレンスキー・ウクライナとよく似た情勢になってきています。ホンモノの政権交代をしないと、日本はやがて大変なことになります。中途半端で覚悟が決まらない泉健太立憲民主党ではダメでしょう。中東やウクライナが落ち着いてきたあたりで、極東情勢が火を噴く可能性があります。アメリカが仕掛けるのです(ベトナム戦争時のトンキン湾事件を思い出してください)。「軍産情報複合体」の儲けにつながりますから。ウクライナ戦争の極東版です。この時までに、断固とした平和中立の政権をつくっておかないと、日本はアメリカの代理戦争で滅亡する可能性があります。狭い日本列島に自爆用核兵器と言ってもいい原発・核燃料サイクル施設を60基近く並べているわけですから。

(関連)日米同盟の正体 迷走する安全保障-孫崎享著(講談社現代新書)=何とコレも絶版です!
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000032220276&Action_id=121&Sza_id=F3

ついでに申し上げておきますと、「シーレーン防衛」とは、孫崎享氏(上記『日米同盟の正体』)によれば、アメリカが全世界に戦争を広げて手が回らなくなり、極東ソ連軍の潜水艦核ミサイルSLBMに対するけん制のために、日本を口説いてその任務をさせた時の、国民向け「口実」だったということのようです(1980年代の鈴木善幸政権の時)。そう言われれば、この頃、日本の自衛隊は対潜哨戒機P3Cをたくさんアメリカから買っていました(当時の自民党政治家どもは兵器輸入汚職事件まで起こしていました)。日本の有権者・国民は、まんまとだまされた、ということです。

(関連)シーレーン防衛(シーレーンぼうえい)とは? 意味や使い方 - コトバンク
 http://tinyurl.com/3arezawv

(関連)P-3C 哨戒機 - 航空機 - 川崎重工業株式会社
 https://www.khi.co.jp/mobility/aero/aircraft/p_3c.html


3.イスラエル・パレスチナ戦争

 ナチスまがいのジェノサイドを行って居直る戦争犯罪政権=ネタニヤフ・イスラエル政権が「悪」であり、この戦争もその前の戦争もすべて、100%イスラエル側に責任があります。国際社会はこれを全力でやめさせなければいけませんが、実効力を持っているのは、やはりアメリカです。そして、アメリカの外交・軍事戦略は、対イスラエルだけは「特別」のようです。その事情は私がご紹介した本に書かれています。アメリカ国内には、まだまだ、無条件イスラエル支持・支援という人間たちが多くいて、容易には民主・共和両党の帝国主義的な、好戦的な、そして理不尽極まりない人権踏みにじりのパレスチナでの戦争・弾圧支持支援の政府方針を転換することができません。共和党よりは民主党の方が軍事的好戦的ですが、それも程度問題です。トランプが再び大統領になれば(もしトラ)、更にひどくなる可能性が高いでしょう(*)。そもそもトランプ=ドアホのスケベー、バイデン=ボケ老人、ですから、この2人のいずれかを次期大統領に選べという方がおかしな話です。こんな2人のいずれかに「核のボタン」をゆだねるというのでしょうか? ロバート・ケネディ・ジュニア氏に期待したいものです。

(関連)ロバート・ケネディ・ジュニア氏とは?アメリカ大統領選挙2024 候補者|NHK
 http://tinyurl.com/3b2z3sak

(*)パレスチナのイスラム教徒の人たちを挑発するように、アメリカ大使館をエルサレムに移転したのは大統領時のトランプですし、そもそもネタニヤフ・リクードをはじめとするイスラエルの暴力極右やタカ派右派勢力と結びつきが強いのが共和党です。その共和党の支持基盤であるエバンジェリカル(福音派)などのアメリカのキリスト教新教信者の多くは、イスラエルの対パレスチナ強硬姿勢を信仰の面から強く支持するという、やっかいな存在なのです。アメリカ第一主義で米軍の海外プレゼンスを良しとしないトランプですが、パレスチナ・イスラエル・ユダヤ問題では、違った危険な態度をとる可能性が高いと言えます。

(関連)焦点:米大使館移転で中東緊迫化、「エルサレム問題」とは何か - ロイター
 https://jp.reuters.com/article/idUSKCN1IG0ZQ/

ここでもヨーロッパ諸国の政治家どもの劣化が目立ちます。アメリカをけん制するどころか、一緒になってパレスチナ叩きをやっている=ハマス極悪テロリスト原因論(イスラエル正当防衛論)を振り回す状態です。先人たちが第二次世界大戦後に築いてきた「人類の平和への努力の国際的な仕組み・枠組み」を自分たち(現在のヨーロッパ政治家たち)が叩き潰しているのだという自覚がない様子なのです(ロシアを経済制裁すると言いつつ、原発用ウラン燃料はロシアに依存する、などという醜悪を平気でやる)。

パレスチナ問題は、ロシアを含む欧米諸国に歴史的な責任があります。日本は直ちに停戦してジェノサイドを止めるとともに、この問題の平和的な解決のための場の設定へ向けて、国連などの場で多くの国々と協力して尽力すべきでしょう。しかし、解決策について、日本は深入りは避けるべきです。それはパレスチナ問題の責任がロシアと欧米にあることをはっきりさせるためにも、です。日本は、パレスチナよりも、極東でのナショナリズムの台頭や新冷戦体制の解消と、対米自立・全東アジア平和体制の国際的枠組の構築、のためにこそ、各論に深く立ち入って活躍すべきです。朝鮮半島と台湾・中国に対して、日本は歴史的に責任重大です。残念ながら、多くの日本人は、愚かにもアジア太平洋戦争を「自分たちの被害の歴史」としてしか認識していません。しかし、あの戦争は日本帝国主義による「加害の侵略戦争」だった訳で、この歴史的責任を平和国家として日本がとっていくこと、それが間接的にパレスチナの平和構築に資することにもなるでしょう。

簡単ですが、とりあえず、以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <別添PDFファイル>

(1)ウクライナ支援反対、米でなぜ広がる(東京 2024.2.24)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/311084

(2)ウクライナ侵攻2年、兵力・装備 互いに消耗、戦況膠着 膨れる軍事費(日経 2024.2.24)
 https://www.nikkei.com/telling/DGXZTS00009250Z10C24A2000000/

 <関連サイト>

(1)G20外相会合「パレスチナ国家つくる“2国家解決”が唯一の解決策」|TBS NEWS DIG - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=fe2vjBJ1pio

(2)ウクライナ農産物輸出で多国籍アグリビジネス・オリガルヒが巨額利潤、一方ウクライナは世界有数の債務国に(松平尚也) - エキスパート - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/022511460b9dbc09aae2b258ac64ec458a7211e3

(3)ガザ即時停戦決議案を否決、国連安保理 米が3回目の拒否権行使 - ロイター
 https://jp.reuters.com/world/us/3HZZK4OVQFN4DECNEFC7MPYR5U-2024-02-20/

(4)ナワリヌイ氏の母が遺体と対面…「密葬に合意しない限り引き渡せない」と脅迫されたと暴露も - 読売新聞
 https://www.yomiuri.co.jp/world/20240223-OYT1T50016/

(5)「ウクライナは、あすの東アジア」危機感あおって防衛力強化を正当化する岸田首相、侵攻2年で日本も変わった:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/311101

(6)ロシア侵攻から2年、出口見えず 米支援に陰り、ウクライナ正念場:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/311078

(7)ウクライナ「弾薬枯渇」侵攻2年、米大統領 下院に支援要求(日刊ゲンダイ 2024.2.26)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0jD3WEUJLBaw3lm?e=BvbIgn

(8)<社説>ウクライナ侵攻2年 和平への道筋をつけよ:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/311142?rct=editorial

◆ゼレンスキー大統領が「農地市場法案」に署名、農地売買自由化へ(ウクライナ) - ビジネス短信 ―ジェトロの海外ニュース - ジェトロ
 https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/05/7e6eb99f7b6497d3.html
(アメリカのアグリビジネス資本に圧力をかけられて国土(農地)を海外資本に売り渡す売国奴法の可能性あり:田中一郎)


3.(別添PDFファイル)ウクライナ侵攻2年、問われる日本の支援、早くも「復興」ビジネス前面、独自の「平和外交」どこへ(東京 2024.2.23)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310946?rct=world

 <田中一郎コメント>
 この記事に登場するのは下記の4人・組織です。以下、簡単にコメントします。

(1)×××:何をやっとんじゃ! 日本政府・岸田文雄自公政権
 この東京新聞記事は「日本ウクライナ経済復興推進会議」が開催され、そこでデジタルやインフラなど7分野・計56の協力文書が交わされたことについての報道です。停戦がならずに戦闘が続いている中で、日本が戦争当事国の片方側に大きくテコ入れして応援・支援することは、結果的に戦争を長引かせ悲惨な事態をより深刻化させるということが分からないのでしょうか? 戦争当事国への支援は、そのままその支援の大半が横流しなどの「現金化」を経て、軍事物資や武器弾薬に変身していく可能性が高いのです(私は政府政権はわかってやっていると思います)。

それだけではありません。①この一連の日本政府のゼレンスキー・ウクライナ支援は、アメリカに言われてやっている「アメリカの茶坊主」政策であること(全くバカバカしくも情けない卑屈な財源浪費)、②ウクライナに自衛隊の防弾チョッキやヘルメットなどの軍事物資を無償提供している(これは事実上のウクライナ戦争への参戦です)、③米国下院議会ではウクライナへの追加の軍事支援予算が野党共和党の反対で止まっている中で、この日本政府の振る舞いはアメリカ民主党政権の肩代わりであり、共和党に対する敵対行為になるでしょう、④ウクライナ戦争でのアメリカ支援・ウクライナ支援を通じて、日本を軍事国家=戦争をする国であり、武器弾薬を造って売る「死の商人」国家へと導こうとしていること(パトリオットミサイルをアメリカに輸出してウクライナ戦争に使ってもらう等)、⑤広島サミットでゼレンスキーを招待し、そこで「核抑止論」を再確認するという信じがたい態度、⑥記事の表題にもある通り、アメリカの多国籍資本に追随するように、「復興支援」と称する収奪的ビジネス展開を計画している可能性(欧米の多国籍資本が農業国ウクライナの農地を狙っているという話がネット上で伝わってきている)、などが指摘できます。

これが平和国家のやることでしょうか? ウクライナへの支援は戦争が終わってからにしろ、ということです。

(2)×:「ウクライナひまわり連帯行動」という市民団体
 「日本ウクライナ経済復興推進会議」の会場前で「ウクライナ債務を無条件で帳消しに」と書かれた横断幕を掲げていたそうです。上記で批判した岸田文雄自公政権と歩調を合わせた(結果としての)ウクライナ戦争長期化運動のようなものでしょう。停戦がならないうちにかようなことをすれば、そのカネは軍事へ流れていくのはほぼ間違いないと思われます。こういうことは停戦が成立してからやればいい。また、この市民団体も、「プーチン・ロシア悪玉、ゼレンスキー・ウクライナ善玉」論の単純単細胞議論に立脚しているようにも思えます。自分たちのやっていることが「逆効果」だということが理解できていない。日本の市民運動・社会運動には、こういう(政府方針と直接間接に平仄を合わせたような)運動が増えてきています。戦争翼賛国家への道なのでしょうか?

(3)×:ジャーナリスト・志葉玲氏
 「ウクライナに絡めて武器輸出や改憲、軍拡を進めるのはウクライナの人々に失礼だ」と岸田文雄自公政権政府を批判するのは的を射ています。しかし、「その前に日本は外交や経済制裁でロシアに戦争を続けさせない努力をどれだけしたのか」という発言はいかがなものか。ウクライナ戦争は、アメリカ(ネオコン&「軍産情報複合体」)がウクライナ(暴力極右とナショナリズム)を使ってロシアに仕掛けた戦争であり、アメリカの「戦争屋」に乗せられたロシアとウクライナの人々が殺し合いをするという悲惨なものです。それが理解できていれば、かような発言になることはないでしょう。「ロシアとウクライナの両国に対してどれだけ戦争を続けさせない努力をしたのか」と発言すべきです。(単純にロシア軍を撤退させて停戦となれば、東ウクライナのロシア系住民は悲惨なことになりかねない)

この人物もまた、この発言で「プーチン・ロシア悪玉、ゼレンスキー・ウクライナ善玉」論に立脚していることがわかります。また、対ロシア経済制裁などは、既に申し上げたように劣化した欧米諸国政治家たちの「ご都合主義の茶番」にすぎず、また、世界的に参加する国々も限られていて(つまり世界はウクライナ戦争の本質を見抜いていて、悪玉善玉の単純単細胞論を受け容れていないということ)、ロシアに対して経済制裁などは効果がない、ことも明らかになっています。ジャーナリストを自称するなら、物事の核心を見抜き、批判力をもっと鍛えていただきたい。

(4)〇:猿田佐世氏(新外交イニシアティブ:ND)
 さすがは猿田佐世氏である。おっしゃるとおり。記事を直接お読みください。みなさまには同氏主催の「新外交イニシアティブ(ND)」の会員になって、その活動を支えていただきたいです。

◆New Diplomacy Initiative(新外交イニシアティブ)HP
 https://www.nd-initiative.org/


4.(メール転送です)【IWJ号外】欧州外交問題評議会(ECFR)世論調査「ウクライナがロシアに勝利すると考えるEU市民はわずか10%」!「ロシアが勝利する」はその2倍! 日本のマスメディア報道は上辺だけ!(2024.2.24)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
IWJ代表の岩上安身です。

欧州外交問題評議会(ECFR、European Council on Foreign Relations)は2月21日、2024年1月に欧州12ヶ国(オーストリア、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、イタリア、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スペイン、スウェーデン)で実施された、成人人口(18歳以上)を対象とした、「ウクライナ戦争に関する欧州世論の現状を把握する」世論調査の結果を公表しました。

・「ウクライナが戦場でロシアに勝利すると考えているEU市民はわずか10%」、「ロシアが勝利する」との回答者はその2倍。

・欧州人の2人に1人は、EUと米国の政治システムは「崩壊している」と考えている。

・ECFR「ウクライナ戦争は親EU派と反EU派が対抗する欧州の『文化戦争』の一部になっている」。

ECFRは言及していませんが、ロシア産天然ガスをめぐる自国の利益を死守したい、中欧・東欧南部・南欧諸国の意向も背後にあるようです。

「ウクライナの勝利を確信している欧州人は、10%しかいない」という事実は、さすがに、日本のテレビ各局のニュースや新聞でも報じられました。ただし、どれも上っ面を撫でたようなもので、どうして、このように欧州の市民達が考えるに至ったのか、という理由やプロセスが全然、報じられていません。

実はこの調査内容は、こと細かく質問しており、初めて行われたものでもありません。詳しくご紹介してゆくと何が欧州で起きてきたか、今、何が起きているか、よくわかるレポートとなっています。IWJでは、以下、このレポートの内容を詳しくお伝えします。

ECFRは、「概要」で、「欧州の人々は戦争の結果について悲観的である。ウクライナが勝利すると考えている欧州人は、12ヶ国平均でわずか10%にすぎない。その2倍がロシアの勝利を予想している」と述べています。

この調査は、ウクライナ東部における「天王山」となったアウディーイウカにおけるウクライナ軍の壊滅的な敗走(17日にロシア国防省が発表)の前に行われました。つまり、アウディーイウカでのウクライナ群の敗北が決定的となる前の時点ですでに、多くの欧州市民がウクライナ紛争の行方について、ウクライナが敗北することを見通していたことになります。

ECFRの世論調査は、オーストリア(調査期間1月4-11日、対象者1110人)、フランス(1月2-19日、2008人)、ドイツ(1月2-12日、2001人)、ギリシャ(1月8-15日、1022人)、ハンガリー(1月4-15日、1024人)各国に依頼され、実施されました。

その他の国々では「データプラクシス」と「ユーゴブ」の共同によるオンライン調査が行われました。イタリア(調査期間1月5-15日、対象者2010人)、オランダ(1月5-11日、1125人)、ポーランド(1月2-16日、1528人)、ポルトガル(1月3-15日、1037人)、ルーマニア(1月4-12日、1030人)、スペイン(1月2-12日、2040人)、スウェーデン(1月2-15日、1087人)となっています。

ECFRは、欧州市民のウクライナ紛争に対する見方の変遷を簡潔にまとめています。これは、特に米国、ウクライナ、EU、NATOによる、足並みをそろえて行われてきたプロパガンダとの関連で見てゆくと、重要で、非常に興味深いことがわかります。

2022年6月調査では、「ウクライナが領土を失う犠牲を払ってでも、多くの欧州人が早期解決を望んでいた」。

2023年調査(月日の表記なし)では、「ウクライナ軍の成功と米国のリーダーシップの発揮が欧州市民の認識を変え、欧州市民の過半数は、キエフがすべての領土を取り戻すまでウクライナを支援したいと考えていた」。

2024年1月調査では、「ウクライナの期待外れの反攻の余波を受け、西側諸国の支持率が低迷している現在、楽観的な見方は後退している」。ECFRによると、2024年1月実施時点の調査では、「ウクライナの勝利の可能性に対する疑問は、欧州全土に見られる」状況となっています。

ECFRのこれまでの調査結果の変遷をみていくと、当初はウクライナが領土を一部犠牲にしても、早期解決してほしい」と望んでいた欧州各国の市民達が、ウクライナ軍による昨年夏の「反転攻勢」で、「これならいけるぞ」と一度は思い直したものの、実は劣勢だったことが発覚して、急に支援する気がなくなった、というプロセスが浮かび上がってきます。この経緯は、興味深いことに、日本でのプロパガンダ事情とほぼ同じです。

日本の大手メディアは、「どうして、このように欧州の市民達が考えるに至ったのか」について、ECFRの調査結果に沿って詳しく説明してしまえば、ウクライナ軍の「反転攻勢」にあわせて自分達も鳴物入りで大騒ぎしてきた、自分達自身の「ウクライナ軍優勢」報道も、実はプロパガンダに過ぎなかったことが発覚してしまいます。それを恐れて、調査結果の中身に深く立ちいらないのでしょう。

日本の岸田政権は、英国やドイツ並みに、強引にウクライナへ金を注ぎ込み、実態が国民にバレても瀕死のウクライナを無理やり立たせて、まだファイトさせようとしています。本来ならば、セコンドとして、タオルを投入すべきタイミングなのですが。

IWJは、ウクライナ軍の「反転攻勢」がうまくいっていないことを、昨年の1月、バフムートをめぐる攻防と陥落から以降、一貫してお伝えしてきました。「春の大攻勢」と言っていた「反転攻勢」は、十分な準備が整わず、6月まで延期された挙句、ロシアの防衛線(スロビキン・ライン)を一度も破ることができませんでした。逆に、今や、ロシア側が、スロビキン・ラインを超えて、アウディーイウカを陥落させてしまいました。

※ここから先は【会員版】となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(みなさまもIWJの会員になって、日本のマスごみ情報ではない「もう1つの情報」に目を通しませんか?:田中一郎)

 

 <「いちろうちゃんのブログ」>

◆ウクライナ情勢(19)劣化する欧州政治家たちの対ロシア戦争至上主義が第三次世界大戦(核戦争)を招く=戦争リアリズムと紛争解決プラグマティズムに立脚し、和平交渉妥結とロシアを含む全欧州の新しい安全保障体制を目指せ(&IWJ近況報道)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2022/09/post-2c2a42.html
草々

2024年2月21日 (水)

政治時評(1)保革とも迷走の都知事選(「世直し」統一候補で都政・国政の一体改革を打ち出せ!)(2)裏金脱税・統一教会・「ワルのサル山」自民の「知らぬ存ぜぬ無責任」の醜悪=泉健太立民執行部を入れ替え「世直し」勢力は総攻撃を!

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(予約必要)(2.27)オルタナティブな日本をめざして(第99回):「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/12/post-6ee6f2.html

(予約の受付窓口)
*たんぽぽ舎(水道橋):TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
 https://www.tanpoposya.com/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/
(上記にお電話していただき「受付番号」をもらってください)

(最初の1時間で、近未来の国政選挙をにらみ、経済政策に関するプレゼンを主催者より行います。:田中一郎)


2.イベント情報

(1)(チラシ)(2.26)函館市大間原発建設差止訴訟第31回公判(東京地裁)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzxa0Eb0WGRHYsz1?e=len65e

(2)(3.3)集会【変革のビジョン】貧困と格差を是正し、命と暮らしを守る税と社会保障へ - 公正な税制を求める市民連絡会
 https://tax-justice.com/?p=1467

(3)(4.1)共同テーブル 第9回シンポジウム「金権」から「民権」 へ
 https://www.kyodotable.com/


3.キャンペーン

(1)オンライン署名 · 今度こそほんとうに原発事故の恐怖とさよなら! ――稼働中の原発をすべて即時停止し、全原発を廃炉とする決断を求めます · Change.org
 https://www.change.org/no_nuclear

(2)オンライン署名 · 「ALPS処理水」の海洋放出を直ちに停止することを求める署名 · Change.org
 http://tinyurl.com/ypwsfmka


4.黒岩祐治神奈川県知事を容認する県議会に対して知る権利を求めて提訴(倉田さん:2023年12月)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkz1ULgVtVPfczQRU?e=CwaJGR

(1)「生放送前のナマだよ~!!」「アワビにバナナ」黒岩祐治・神奈川県知事(68)“11年不倫”〈証拠メール入手〉文春オンライン
 https://bunshun.jp/articles/-/61913

(2)黒岩祐治知事が愛人女性におねだりした料理「アワビとバナナ」「桃とキュウリ」は存在するの?|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/321178

(こんな奴を、まだ県知事にしておくのですか?! 神奈川県民や、エログロ岩(黒岩祐治)を支え続ける神奈川県の自民党や公明党に聞いてみたいものです。セクハラ反対・ジェンダー平等はどこへ行ったのでしょう?! こんな奴を県知事にしていることが、神奈川県の国際的な「恥さらし」だということがわからないのでしょうか?! 一刻も早く辞任させなければいかんでしょうに!! 神奈川県の皆さま、神奈川県庁(及び神奈川自民・神奈川公明)に「恥さらし黒岩祐治は県知事をヤメロ! 辞めさせろ!」の電話を殺到させてください。:田中一郎)


5.ご立派「卓越大学」=東北大学ほめごろし
 パワハラ・セクハラ・パラダイスなの? ほんまに「ええ~」大学ですなあ!?(下記図書によれば、東北大学ではない日本の多くの大学の「崩壊運営」もこんな調子だそうです=こんな状態を放置しておいて、科学や技術や学門が発展するワケなし)

◆院生の「八人に一人がハラスメント被害」の東北大学(田中圭太郎『ルポ大学崩壊』ちくま新書)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkz7QEHPQvJcORHht?e=QHlXXG

(関連)ルポ大学崩壊-田中圭太郎/著(ちくま新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034436361&Action_id=121&Sza_id=C0

(この本は大学関係者には必読書と言えるでしょう。科学・学問・知性・理知・良識の府であるはずの大学が、この国ではサイテーの人間たちが、サイテーの大学運営を行い、サイテーレベルの事件をあちこちで起こしまくっています。大学がこんな状態で、科学や技術や学門が発展するわけもありません。それどころか、この国は、将来へ向けて「没落」が約束されたようなものでしょう。現役の大学在籍の教授たちは、いったい何をしているのでしょうか? 大学ゼネストでもなさったらいかがですか? 国立大学だけではありません。国公立・私立、どこもかしこも、大学という大学は、デタラメ運営で目も当てられない状態のようです。日本の大学は今こそ解体されるべきです。:田中一郎)

(関連)「私物化」される国公立大学-駒込武/編(岩波ブックレット)
 https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034240643&Action_id=121&Sza_id=E1

(関連)自由と平和のための京大有志の会
 https://www.kyotounivfreedom.com/
(「有志」ではなくて「全学教員共闘の会」にしていただきたい)

(関連)「研究環境抜群」東北大はブラック企業 「大賞投票」でワタミに次ぎ現在2位- J-CAST ニュース【全文表示】
 https://www.j-cast.com/2013/07/04178649.html?p=all

(関連)東北大学が国際卓越研究大学の認定候補に選定されまし... - ニュース - 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-
 https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2023/09/news20230901-koho.html

(「ブラック大学大賞」の次は「ハラスメント大賞」受賞かな? この東北大学、「卓越」してるんだものね、ご立派やで。ところで「卓越」してるって、何に卓越してるの???)


6.万博の2億円トイレ、経産相「高額とはいえない」若手建築家が設計 - 毎日新聞
 https://x.gd/WaVMK

(関連)万博の“2億円トイレ”めぐり管理監督を徹底 林官房長官(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/1dc940f92f1b16f42daf020a9c3b1af1310d34da

(斎藤健経済産業相よ、だったら能登の被災地にこの「高額とはいえない」トイレを直ちに10000個、作ってくれよ。困ってんだ。それと、林官房長官(上記)に「高額とはいえない」と訂正要請の申入れして来い。お前は、このトイレが、何故今、問題になっているのか、わからんのか? わからんのなら、政治家も大臣もやめてしまえ! ドアホ野郎!:田中一郎)


7.その他

(1)Xユーザーのhimuroさん- 「皆さん。必ず見てください。そのまんまなので。 とにかく乗っ取られる前に取り戻しましょう。 2022年11月7日 ANNニュース https---t.co-9H2nzbEypj」 - X (旧統一教会の政界工作)
 https://twitter.com/himuro398/status/1758472998074585333

(2)櫻井よしこ「大炎上」に見る保守言論の衰退。なぜネトウヨは女教祖を見捨てたか?愛国・韓国・カルト三店方式の限界点 - まぐまぐニュース!
 https://qr.paps.jp/lAr5A

(この「まぐまぐニュース」サイトを開くと必ず左上に出てくる画像を消すには、右上「詳細」の横にある「×」をクリックすると、画像の右上のところに消去クリック用の「×」が出てきます=それをクリックすると消えます)

(3)中傷投稿に「いいね」繰り返した杉田水脈議員が敗訴確定「麻生発言」擁護で相変わらず疑われる人権感覚(SmartFLASH) -
 https://nordot.app/1128945882801865013?c=388701204576175201
================================


「政治時評(1)保革とも迷走の都知事選(「世直し」統一候補で都政・国政の一体改革を打ち出せ!)(2)裏金脱税・統一教会・「ワルのサル山」自民の「知らぬ存ぜぬ無責任」の醜悪=泉健太立民執行部を入れ替え「世直し」勢力は総攻撃を!」をお送りします。

政治が主導して日本を破壊する事態が深刻化してきたこの国で、与党・自民党のカネをめぐる不祥事(裏金・脱税・責任転嫁)や、反日集団「統一教会」(現在は「世界平和統一家庭連合」)とのズルズルべったりの癒着・結託が表面化し、多くの有権者・国民の憤りを招いて政権も自民党も支持率を大きく落とし、ようやく政権交代可能性の雰囲気が出てきました。しかし、野党第1党の泉健太立憲民主党の動きが依然として悪く、いつまでたってもホンモノの「世直し」が実現できる政治へ向けて、ホンモノの「市民と野党の共闘」体制を築こうとしていません。

これまでこの国の政治改革を妨害し、自民党以上に自民党を右から引っ張り続ける「市場原理主義アホダラ教」でチンピラ似非右翼の「日本維新の会」や、御用組合「連合」の小間使いのように動いて自民党補完をモットーにする国民民主党などのニセモノ政党に「色気」を示してすり寄るなど、ロクでもないことを繰り返しています。そもそもこの2党は「日本国憲法壊憲」を自民党以上に率先して旗を振る「日本破壊勢力」の一部ではありませんか。かような野党第1党=泉健太立憲民主党では、仮に形だけの政権交代が起きたとしても、日本の政治は何も変わりませんし、また、起きることもないだろうということは、この間の地方選挙の低投票率を見ても明らかであるように思えます。もういい加減にしろという話です。

危機の時代には、中途半端や優柔不断はダメで、そんな政治勢力に政権を担わせれば、まもなくのうちに政権運営に失敗して野党に転落し、その後には、政権交代前以上にグロテスクでロクデモナイ政権が現れてくるのです。そのことは既に、「口先やるやる詐欺」政権だった2009年民主党政権崩壊後の安倍晋三政権でいやというほど思い知ったではありませんか。もう二度と同じ過ちは繰り返してはならないのです。ホンモノの「世直し」を希求する政治家たちは「覚悟」と「実行力」が必要です。そしてそれは政治家を選挙で選ぶ有権者・国民にも言えることです。優柔不断に失敗ばかりを繰り返す野党第1党=立憲民主党にしがみついているだけでは日本の政治は微塵も変わりませんし、また、しがみつけばつくほど、踏ん切りがつかずにずるずると決断を先延ばしするほど、政治情勢は悪化して行って(既成事実が積みあがっていって)、やがてにっちもさっちもいかない事態に陥ってしまうのです。

下記にご紹介する古賀茂明氏の講演では、今回の「敵失」による政治情勢の変化が「天が与えた最後のチャンス」と表現されました。チャンスを与えられたのは、立憲民主党というよりも有権者・国民だと心得るべきでしょう。そろそろダメな野党第1党は切り捨てて、ホンモノの「世直し」の中核勢力を築くスタートを切るべきです(つまり他の「世直し」立憲野党に投票すべきだということ)。もちろん立憲民主党の中から現在の泉健太執行部を退陣させ、新しい女性が中心の執行部ができて、オルタナティブな新しい日本の政治へ向けた動き(ホンモノの「市民と野党の共闘」)を創ってくれるのなら、それに越したことはありません。私は「改革主義的無党派主義」を自称しておりますから、ホンモノの改革を推進する動きは、どの党派であれ全面的に応援するつもりです。

日本を破壊する自公・維新政治に終止符を打ちましょう。そのためには、政治家とともに有権者も覚悟を決め、急進的でなくてもいいので、少しずつ前進する長期政権樹立へ向け、ともに力を合わせましょう。以下、昨今の政治情勢と、今夏の都知事選挙をめぐる動きについて、若干の情報をご紹介いたします。

◆(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html


 <別添PDFファイル>
(1)岸田首相と旧統一教会の“関係”を示す証拠写真を入手!(『週刊新潮 2024.2.22』)
(2)麻生太郎に退場勧告 「岸田の総裁選、俺は知らねぇよ」と言い放つ83歳(『週刊文春 2024.2.22』)
(3)裏金は「雑所得」で課税対象、納税手引書あった! 国税庁が国会議員に配布していた(日刊ゲンダイ 2024.2.20)
(4)内閣支持率急降下 「脱税ふざけるな一揆」で山が動く予感(日刊ゲンダイ 2024.2.20)
(5)不支持率80%超えの衝撃 これは脱税野放し内閣への退陣勧告(日刊ゲンダイ 2024.2.21)
(6)岸田の乱、浮かび上がるのは誰だ?(鮫島浩『サンデー毎日 2024.2.18-25』)
(7)自民党混迷で小池新党誕生の現実味(山口二郎 『週刊東洋経済 2024.2.17』)
(8)盛山文科相側に旧統一教会系機関誌 地元事務所へ毎月無料、先月も(朝日 2024.2.20)
(9)窮地の政権、揺さぶる立憲 安倍派、政倫審及び腰/文科相不信任案で圧力(朝日 2024.2.20)
(10)人為的につくったバブルで不祥事を隠す自民党の醜悪(金子勝慶応大学名誉教授 日刊ゲンダイ 2024.2.21)

◆岸田内閣支持率、最低14% 不支持率82% 毎日新聞世論調査 - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/0b438698fee47c1d47190ce0763494ea8be208a1


1.最初に必見VTRと若干の記事

(1)(動画)報道特集 歴代文科大臣と旧統一教会 - 無料見逃し配信中!<TBS FREE>
https://cu.tbs.co.jp/episode/20093_2059368_1000067115?utm_source=tbs_official&utm_medium=organic

(この政治家(ただのオッサンかジイサンでは?)、どういう神経をしているんだろうネ、居直ってやがるぞ。有権者をナメてかかっている。下記にご紹介する『週刊新潮』の記事によれば、この盛山文科相の妻の路子とかいう人物は、更にこれに輪をかけてヒドイ居直りだそうである。路子は衆議院議長の田村元(はじめ)の長女で、盛山事務所を取り仕切る「猛妻」と言われているという。有権者が選挙で退治すればいいのだが、どうもこの盛山は兵庫県の自民党比例区候補らしい。選挙で落としにくい政治家だ。文科相のみならず国会議員も辞めてもらわなければいけないのだが・・・・・。なお、盛山に関するマスコミ記事は下記に別枠で代表的なものをいくつか挙げておく。辞めるまで徹底的に批判しなければいけない。ふざけるな、という話である。)

(関連)盛山正仁 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%9B%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E4%BB%81

(2)20240219 UPLAN 古賀茂明「天が与えた最後のチャンスに立憲勢力はどう応えるのか」 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=W-yE8fxjgLs&t=6s

(関連)(講演チラシ)(2.19)天が与えた最後のチャンスに立憲勢力はどう応えるのか:古賀茂明(立憲フォーラム:参議院議員会館講堂)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkz8anbF077kTR7o_?e=T0LNdM

 <田中一郎コメント>
 記憶に鮮明に残る興味深いいい講演だった。いろいろ説明されていたが、特に私が強く感銘を受けたのは下記の諸点だ。

*立憲民主党の政治とカネの問題の解決策がよく踏み込んでいてとてもいい(100点満点だ)=企業団体献金の禁止、政治資金パーティも全面禁止、政治活動費は全部公開など。私は更に、カネの動きがわかるように銀行振込等証拠が残るもの以外(特に現金授受)は禁止、政治資金規正法や公職選挙法の違反、脱税や斡旋利得処罰法の違反に対する罰則の強化と時効の長期化(最低でも10年)、政治資金管理のデジタル化と全面公開&第三者チェック、政党交付金の議員活動交付金への転換と資金使途の厳格化、選挙供託金廃止などカネのかからない選挙制度とEメールを含む選挙活動の自由化・市民参加保障、なども実現して、徹底的に「悪の政治資金」(金権政治)を撲滅してほしいと思う(改善点はまだ他にもあるのでは?)

*「日本維新の会」は、政治資金をめぐる改革案作りでは、早くも「抜け道」を創ろうとしている。政治資金パーティは「個人参加」ならいいではないか(企業に命令されて参加するのが大半=領収書を企業に見せればこっそりと補填される:例 ボーナスの上乗せを人事評価の結果だと言って実施)とか、政治活動費は全部公開しなくても、一定の範囲内で区切っておけばいいとかだ。立憲民主党はこの問題について「日本維新の会」と自身との差別化をはかり、有権者に対してその徹底ぶりを訴えることで優位に立つことができる。

*野党をまとめようとして安易な妥協はするな(政治資金改革についての話)。仮にまとまらなかったら、まとまらないでいい。あくまで徹底した改革案の正論を貫き通して、政権交代を実現させていけばいい(さすれば改革できる)。中途半端なことをやったら、その禍根は延々と続く。二度と政権は巡ってこない。

(参考)中途半端はやめて
 https://www.youtube.com/watch?v=ivHdUTQI-vE

*今回の政治資金の問題は、裏金問題だけでなく、脱税問題でもある。インボイスによる強圧的な納税を強いられている有権者は、「国民は納税・増税、自民は脱税」に心の底から怒っている。これをしっかりと取り上げること。自分(古賀茂明氏)も近々、国税庁に脱税の告発に行くつもりだ。(裏金の脱税問題については、下記の記事をご覧いただきたい)

*街頭に立ち、不特定多数の有権者の自民党「裏金・脱税」への怒りに訴えることが大切。TVに出ているだけでは不十分。

(関連)(別添PDFファイル)裏金は「雑所得」で課税対象、納税手引書あった! 国税庁が国会議員に配布していた(日刊ゲンダイ 2024.2.20)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0BUzy12tRoU3-6W?e=qz0uyl

(関連)「納税ばからしくなる」怒りが充満する確定申告会場 自民裏金議員との「信じられないほどの不公平」:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/310291

(関連)国会疑似録(三木義一 東京 2024.2.8)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVk0EhmQpWK0Rt_nta?e=AdvdpL

(3)必見必読の関連記事をいくつか

*(別添PDFファイル)岸田首相と旧統一教会の“関係”を示す証拠写真を入手!(『週刊新潮 2024.2.22』)(URLは全文)
 https://www.dailyshincho.jp/article/2024/02140602/?all=1

*(別添PDFファイル)麻生太郎に退場勧告 「岸田の総裁選、俺は知らねぇよ」と言い放つ83歳(『週刊文春 2024.2.22』)
 https://bunshun.jp/denshiban/articles/b8019

*(別添PDFファイル)内閣支持率急降下 「脱税ふざけるな一揆」で山が動く予感(日刊ゲンダイ 2024.2.20)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336379

*(別添PDFファイル)不支持率80%超えの衝撃 これは脱税野放し内閣への退陣勧告(日刊ゲンダイ 2024.2.21)
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336443


2.保革とも迷走の都知事選(「世直し」統一候補で都政・国政の一体改革を打ち出せ!)
 下記は他のMLに私が発信したものに少し加筆修正しています。同じ失敗を繰り返さないようにいたしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<東京都知事選をめぐる情勢認識(このままでは、都知事選どころか、来たる国政選挙でもダメかもしれない=立憲民主党は泉健太執行部を更迭せよ)>

◆前川喜平氏 宇都宮健児氏が都知事選候補者擁立に向け会合「女性候補を求める声があった」東スポWEB
 https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/291660

(東京都知事選をめぐる情勢認識です)

1.12月の中野ゼロの集会は共産党系+宇都宮健児氏支持者系の人たちが中心に集まったような感じが強くした。
2.山本太郎「れいわ新選組」が不参加というのが非常に気になる(東京では無視できない勢力)

3.野党第1党の立憲民主党が都知事選挙にやる気がない? 少なくともやる気を感じさせない=決定的な敗北要因(例によって例のごとく党内がまとまっていないのではないか?)

4.立憲民主党がこんな調子なので、候補者が決まらない。負けると分かっている選挙に名乗り出る無党派候補は、まずいない。そもそも立憲民主党には有権者として魅力がなく、中途半端で「口先やるやる詐欺」政党の印象が強い

5.東京の市民運動・社会運動だけで選挙に勝てる見込みはほぼない(接戦選挙のターニングポイントは持てる)
6.これまでの東京での3つの地方選挙(武蔵野、江東区、八王子)での敗北が「世直し」系の都知事選挙敗北を予感させる
7.前川喜平氏が都知事選挙応援に名乗り出てくれたのはラッキー、しかし、本人は候補者になることを強く拒否

8.夏の都知事選挙まであと半年、候補者も決められず、従って運動も展開できず、毎回毎回何をやっとんじゃという話。また、鳥越俊太郎氏の時の都知事選挙のようになるのなら、もうこの国の野党勢力はオシマイだ。

9.なすべきことは、①共通政策、②候補者決定、③街頭活動とネット・メールを中心に運動の具体策(集会はダメ=支持者しか来ない)を決めて、候補者を先頭に立てて、直ちに活動を(政治運動として)開始すること

10.立憲民主党が「日本維新の会」系の人間を候補者に立てて、共同歩調をとりだしたら万事終了=野党共闘の破壊? いや、共産・社民はついて行くかもしれない。断固として拒否しそうなのは山本太郎「れいわ新選組」。何も変わらない。

11,情勢によっては、自公は候補者を立てないかもしれない
 注目は4月の衆参補欠選挙=この結果次第でその後の動きが大きく変わるかもしれない
 現在の自民党内の動きは別添の鮫島浩氏のレポート(『サンデー毎日 2024.2.18-25』)の通り

(関連)(別添PDFファイル)岸田の乱、浮かび上がるのは誰だ?(鮫島浩『サンデー毎日 2024.2.18-25』)
 https://mainichibooks.com/sundaymainichi/backnumber/2024/02/18/

12.小池百合子が国政に飛び出てくる可能性あり

 ①(別添PDFファイル)自民党混迷で小池新党誕生の現実味(山口二郎 『週刊東洋経済 2024.2.17』)
  https://toyokeizai.net/articles/-/732915 

 ②小池百合子氏が動き出した「総理へのショートカット戦略」4月の東京15区補選出馬で「自民党の救世主」になる可能性も(NEWSポストセブン)
  https://news.infoseek.co.jp/article/postseven_1940310/

 ③小池都知事「女性初の総理」へ自民の混乱は絶好機…茂木幹事長、岸田首相との面会に永田町騒然|日刊ゲンダイDIGITAL
  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/335686

13.立憲民主党を先頭に立てた「世直し」勢力は、選挙に負ければ負けるほど支持を失う=戦国時代の負け戦を続ける大名や大将が支持や信頼を失って滅びていくのと同じ

14.立憲民主党が泉健太を執行部に立てたまま、これからの「政権交代」を意識した選挙戦に突入しようとしているのがそもそもの間違い。泉健太執行部は先の参議院選挙で大敗している。負け戦の大将がまた出るのか? さっさと退陣しろ!

15.私が見るところ、この危機を突破できる力量のある政治家は、立憲民主党では、辻元清美氏しかいないのではないか? しかし、その辻元清美氏も、昨今は言動がおかしくなってきている(京都市長選でMr.「書くだけ2009マニフェスト」の元民主党松井孝治を応援、「野党は頑張っている」発言(=それも言うなら「立憲野党は頑張っている」だ、これでは維新や国民民主党も入ってしまい、この日本の政治改革を妨害し続ける似非野党との差別化ができない=味噌とクソが一緒)。

(関連)辻元清美氏 代表代行就任後の街頭演説で裏金事件に言及「野党は頑張っているんですよ」
 http://tinyurl.com/dt3wvbbe

(関連)辻元清美議員の京都市長選・松井孝治氏の応援SNSに「失望した!」のリプが殺到 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE-
 https://m-dojo.hatenadiary.com/entry/2024/02/04/020117

(今現在の結論)
 保守反動の側も、「世直し」の側も、都知事選挙は迷走を始めている様子アリ。候補者選びが難航する可能性大。逆に言えば、候補者を早く決め、断固とした態度で政治の抜本改革を訴えた方が優位に立てる。小池百合子の批判は候補者はやりにくいので、市民運動・社会運動がそれを引き受ける。

(関連)萩生田氏、都連会長「続投」 衆院補選・都知事選「対応できる人材いない」:朝日新聞デジタル
 http://tinyurl.com/yc7u46a7

東京在の立憲民主党幹部の長妻昭氏が都知事選に立候補し、「日本維新の会」と国民民主党と御用組合「連合」を除く、他のすべての「世直し」野党勢力と、それ以外の無党派(市民運動・社会運動や山本太郎「れいわ新選組」の潜在的シンパを含む)に対して、都政と国政の一体改革を訴えてはどうか(リベラル系の立憲民主党重鎮は長妻昭氏くらいしかいない)。これにより立憲民主党の自公政権政治打倒の「本気度」が立証できる=しかし、この政治家はこういう任務を引き受けないだろうと思う、だから立憲民主党も長妻昭氏もダメなのだ。危機の時代に「火中の栗」を拾わない・拾えない・拾おうとしない、体を張ってでも危機を突破しようとしない政治家など、烏合の衆と同じ。

都政の共通政策はあとでもいい、自公政権がやっているようなことはしない、でいい。後日、まとめられるし、市民の会のリーダーのSさんが骨子を書いてくることになっているから、そのうち出てくるでしょう(都議会を変えなければ、いくらいい政策を書いてもほとんど実現しない=知事を変えるだけではダメだということです)

抜本解決策は、野党第1党を変えること、「世直し」中核勢力をきちんと作ること、その覚悟を政治家だけでなく、有権者・市民もしっかりと持ち、日本の没落・破滅に終止符を打つ、動きを見せることです。既存の「世直し」野党は私が見るところ政治的に全て欠陥品。それを承知で動くしかない。ポイントは野党第1党(総大将)と、「世直し」の中身=自公政治の抜本転換と、長期政権確立へ向けた計画的で用意周到な政権作りです(来たる3/26の最後の「新ちょぼゼミ」で私からお話します)。

◆(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html

日本の有権者の半分くらいはアホウであることも忘れてはいけない(下記参照)。

◆原発再稼働「賛成」50% 地震対応「評価しない」45% 朝日新聞社世論調査
https://digital.asahi.com/articles/DA3S15867718.html?linkType=article&id=DA3S15867718&ref=mor_mail_free_newspaper_20240220

(脱原発派が「脱炭素」=GX推進などとバカを言っているからこうなる。「市民連合」がその愚か者の典型。かようないい加減な世論調査を公表してステルス型忖度をやっている朝日カバカバ新聞の調査結果など、アテにはできないのかもしれないが、私は「当たらずとも外れず」くらいにとらえている=今のままでは、やがて日本は原発・核施設大事故で滅びる、という認識が必要=原発・核施設への危機感がなさすぎる=正真正銘の不勉強のアホウです)

(おそらくはロシア秘密組織に殺害された可能性の高い)故ナワリヌイ氏曰く「あきらめてはいけない、動け」「悪人がはびこるのは、善人が何もしないからだ」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京(化け)タヌキの都政小唄
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkmqjM6hr8NfwmzZ6?e=a7welb


3.(メール転送です)都知事選へ向けての動き

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つなぐ・つながる通信2024/2/19(転送歓迎、重複ご容赦)

------------
都知事選(公示6/20)にむけて、第1回の市民組織準備会で話し合った事の、その後の実施報告です。

■ 1. 都知事選の市民組織の第2回準備会を行います。2月22日(木) 19時 中野ゼロ西館2階学習室B 
 ZOOM併用 https://bit.ly/3SkFDxw
(ID 847 2908 9580  パスコード 279030)
 どなたでもご参加いただけます。

■ 2. 情報の集約場所としてHPを作成する。
 https://tochijix.jimdofree.com/
 各種の情報をアップしました。

■ 3. 都知事選に特化した全都意見交換MLを開設する。閲覧・投稿ご希望の方は、下記から登録お申し込みください。
 https://forms.gle/NAjQ21d296P93qaN8

■ 4. 設立集会&都政学習会(講師未定) 3月23日(土)PM 中野区産業振興センター 大会議室
-----------


From: 鈴木国夫
Sent: Friday, February 9, 2024 4:19 PM
To: つなぐ・つながる通信2024/2/9(転送歓迎、重複ご容赦)
Subject: 都知事選にむけて大きな動きが2つありました

【1】2/8 政党・団体・市民の3者が一同に会して「2024年都知事選 候補者選定委員会」が開催されました。

(1)この会合をよびかけたのは、前川喜平さん、宇都宮健児さん、浜矩子さん、市民連合:福山しんごうさん、菱山南帆子さん
  https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/291660 田中一郎が追加)

参加政党は、立憲、共産、社民、新社会、緑の党、生活者ネットの6政党(呼び掛けしているが、れいわ欠席)。団体からは、よびかけ人会議:中山さん・浅野さん(自由法曹団)、革新都政を作る会:西坂さん(民医連)、市民からは、市民と野党をつなぐ会@東京:鈴木国夫さん、山田さん、韮澤が参加しました。

(2)冒頭、宇都宮さんは「前回の都知事選で市民と野党の共闘が深まった。都知事選まで5か月。前橋市長選では一騎打ちで立憲野党候補が圧勝したことは今の政治情勢を反映している。強力な候補者で都知事選を戦う体制を構築したい」。前川喜平さんは「小池都政のなかでも特に問題だと思っているのは過去の歴史に直視しない、平和と人権を軽視する。平和と人権を大事にし、金権政治と訣別するという気持ちで集まった方々に敬意を表する。煎じ詰めれば憲法を守るということ。そういう人を候補者としてみんなで決めていこうということ。期待している」。それぞれ思いを語られました。

(3)立憲の手塚都連幹事長は「今回はこのタイミングで一同に会して、誰でどういう政策で戦うかを話しあうことができるのは画期的。立憲は、自民相乗りはしない。野党共闘の条理に身を寄せて汗をかいていきたい」。共産の小池書記局長は「候補者選定委員会をよびかけていただき感謝。都知事選は国政にも重大な影響。皆が心ひとつにできる候補者をみんなで決めてつくっていくということに力をつくしていきたい。」と政党としての決意を述べました。

(4)よびかけ人会議の中山さんは「1/24キックオフ集会では、リレートークで15団体がアピールした。都民の願いはたくさんある。それをうけて政党が決意を述べた。旗印が大事だと思う。」

(5)市民からは鈴木国夫さんが「素晴らしい会合。市民と団体と政党がひとつになって取り組むことが大事。候補者選定と同時に政策委員会もつくってほしい。候補者選定も色々意見でるだろうが、受け止めてほしい。」続いて韮澤が「市民として色々動いている方々も参加できるように、政党・団体・市民の3者でつながって取り組んでほしい。政策づくりの前に、候補者選定と並行して「私たちの候補に求める最低限の大切なこと」を決めてほしい。」と発言しました。

(6)政策の方向性については、言い出しっぺの鈴木国夫さんがとりまとめ役をすることになりました。

(7)続いて、候補になってほしい人について、「できれば女性がいい」という声もあり、10人くらいのお名前が挙がりました。よく出される方々のお名前は出されたと思います。打診する作業は公になると妨害も入りかねないので、政党が責任をもって順番に行うことになりました。次回は1か月後に第2回目の会合を行います。下記等で報道されています。

毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20240208/k00/00m/010/381000c
東京スポーツ https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/291660
しんぶん赤旗 https://www.jcp.or.jp/akahata/aik23/2024-02-09/2024020901_03_0.html

冒頭公開の動画(13分) https://youtu.be/0KBa6Vzu_Xo
小池晃さん記者会見の前半で触れている https://youtu.be/aVxHx_xZT2g


【2】2/8夜、前述3者の一翼を担う「地域市民グループ」設立の準備会合が行われました。
 よびかけは、市民と野党をつなぐ会@東京の鈴木国夫さん(世田谷)、山下ちひろさん(あきる野)、韮澤(中野)の3人です。国政では「市民と野党をつなぐ会@東京」がありますが、都知事選を扱う市民組織をどうしようかという話し合いです。会場13名、Zoom11名の参加で様々な意見が出されました。

「3者はフラットな関係か?→フラットな雰囲気でした」「市民からなってほしい人をノミネートできるのか?→出された声はそのまま3者会に上げます。」「画期的なことだと思う。候補一本化してみんなが推せる人に候補になってほしい。同時に政策問題も大事。」

「地域市民の性格について。分野別市民団体との違いがよくわからない。」「よびかけ人会議のほうにみんなで入っていくというやり方もある。それをふくめて意見ききたい。」「いろんな市民がはいってくる受け皿をつくる?」

「都レベルでよびかけていくのは呼びかけ人会議の役割だと思う。地域で輪を広げていくという点では市民グループに別の役割があると思う。」

「よびかけ人会議にみんな入っちゃうというやり方もある。しかし、そこに加われない人も参加できるような場にこの地域市民グループをしていきたいという気持ちもある。今まで参加しなかった方も参加できるように。」

「3者が一同に会して当たっていくという道筋ができたのは前進。今回は市民グループとしてひとりひとりの市民の声の受け皿になっていくのだと受け止めた。」

「小池都政マズイなという方が参加できる受け皿になっていくことが大事。地域ごとのやりかたで市民をどう集めていくか?一般市民の受け皿として市民グループを機能させてほしい。」

「この点だけは一致する、反小池の人はこちらへ、という目印、受け皿が大事。目印とシンボルカラーは大事。楽しそうにやっている形がいい。楽しそうじゃないと加わってこない。」

「各地域で旗をたてていく、その地域をつないでいくという形かな。だとすると行政区単位がわかりやすい。分野別市民団体は全都的な動き。それと行政区での動きは別になると思う。」

「各地域での実情に応じて動きをつくっていくことになるだろう。地域市民のグループができて交流できればイメージが広がる。」「分野別の市民団体の人は掲げている要求を何とかしてくれる人を選びたい。一方、ワンイシューではなく東京都はこういうことを大事にしてほしいと思う市民もいる。そういう人の受け皿かな。」「地域の色々な市民が参加する受け皿に地域市民グループがなっていくことが必要。」

「受け皿の在り方は地域によって違ってくる。多摩地域は25区でうごいていくのがいい。一方勝つには、今までのつながり範囲だけではだめで、幅広い参加でやっていくことが必要。」

「特技を生かして個人で参加するとか、地域で子育て支援など様々なことを取り組んでいる人もいる。そういう人も参加する受け皿も必要だと思う。参加ハードルをさげて取り組みたい。」

「敷居の低い参加の受け皿を勝手連的につくるのは地域市民グループではないか?」「地域の声が色々あるよということを伝える役割ができるといい。」「若い人にもひびくように。勝つためには幅広い取り組みが必要。市民グループは必要だが、若い人によびかけるようにしたい。投票にいきたくなるように。」などなど活発な意見交換がされました。

引き続き第2回目の話し合いを22日(木)19:00~
 なかのZERO学習室Bで開催しますのでよろしくお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.統一教会代理店文部科学大臣=盛山正仁(自民党:兵庫県比例)
 この往生際の悪い「居直りジジイ」は痴呆症にかかったようで、何も覚えていないそうである。盗人丸出しの嘘八百、そんなもん、通用せんぞ! お前に大臣の資格なんぞナシじゃ、さっさとヤメロ!ボケ!( 「なんか文句あんのか、いやなら選挙で落としてみろや、どうせB級国民や、すぐに忘れるやろ、今までもずっとそうやった、つべこべいうとるのが時間の無駄やで」-これが盛山正仁の本音かな、いや、不信任案否決の自民党の本音なんだろうな??? 国民をバカにしとる!!)

◆文科相不信任案、否決 衆院選の教団支援疑惑 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=AqVwz55tGOE
(自民党が統一教会の代理店であり統一教会と一体となって有権者・国民を欺いてきた似非保守政党であることがはっきりした瞬間)

(1)(別添PDFファイル)盛山文科相側に旧統一教会系機関誌 地元事務所へ毎月無料、先月も(朝日 2024.2.20)
 https://digital.asahi.com/articles/ASS2M6S44S2LUTIL00C.html

(2)(別添PDFファイル)窮地の政権、揺さぶる立憲 安倍派、政倫審及び腰/文科相不信任案で圧力:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15867672.html

(3)盛山文科相「不信任案」は否決へ…旧統一教会問題から逃げる岸田自民は今後も“針のムシロ”|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336435

(4)盛山文科相「辞任すべき」66%、内閣支持率21%で発足以来の最低を更新 =朝日新聞調査|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336438

(5)盛山文科相「不信任決議案」否決も…旧統一教会との関係「記憶にない」のに「恥ずべき行動なし」と言い切る矛盾|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336464

(6)立憲民主党の不信任決議案に渦中の盛山文科大臣は…「恥ずべき行動はとってこなかった」(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/deba457f1cc5eab83df6e208eb585261bd51b72e

(7)盛山文科相と教団 曖昧な説明は閣僚失格だ:山陽新聞デジタル|さんデジ
 https://www.sanyonews.jp/sp/article/1514258/

(8)盛山文科相「署名の覚えない」 教団側推薦確認書:東京新聞 TOKYO Web
 https://x.gd/4JRW6

(9)盛山文科相は「記憶力」抜群? 過去には半世紀以上前の出来事を鮮明に記憶とスラスラ答弁|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/335997

(10)盛山文科相、旧統一教会に「揺さぶりかけられている」 解散命令巡り - 毎日新聞
 https://qr.paps.jp/G2qxx
(お前が毅然と対処せずに統一教会とイチャイチャやっとるから揺すぶられるんだ)


4.IWJ

(1)自民党の「政治資金パーティー裏金事件」で、自民党議員ら91名へ行った聴き取り調査の結果が公表される!(その1)還付金等の保管方法は「現金」が最多で、保管場所は「事務所の金庫」「鍵の掛かった事務所の引き出し」など! それでも「還付金を認識していなかった」議員は53名と6割以上、「還付金を認識していなかった」にもかかわらず「使っていた」議員も多数! 一方で派閥からの還付金を「気持ち悪いと思っていたので使わなかった」という議員も! 調査の信頼性を担保するためには、各回答の議員氏名を公開すべき!(日刊IWJガイド・非会員版2024.2.17号~No.4152)
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53218

(2)自民党の「政治資金パーティー裏金事件」で、自民党議員ら91名へ行った聴き取り調査の結果が公表される!(その2)「派閥の責任」「幹部の責任」と言った責任逃れ発言が多数! 議員が「一議員としては派閥に従わざるをえなかった」と、自分自身の責任を認めないならば、有権者が各議員に託した一票一票への裏切りではいのか!? しかもこの 聴き取り調査では、「脱税」疑惑について一言も触れず! 不完全な調査!(日刊IWJガイド・非会員版2024.2.20号~No.4154)
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53228


5.国民民主党=典型的な自民党補完政党
 国民民主党とは、御用組合「連合」の手下・代理店で似非野党の典型です。こんな政党に投票することは選挙権をドブに捨てるのと同じです。そんな国民民主党にふられた泉健太立憲民主党代表が、ホンモノの政治改革を実現するための「市民と野党の共闘」の態勢立て直しもせずに、どこまでも国民民主党の尻を追いかけ回しているのが現状です。御用組合「連合」にアゴで使われているのでしょう。情けない限りです。こんな人物とそのとり巻きを執行部にしているからダメだと申し上げている。この連中が立憲民主党の執行部で党を牛耳っている限り、選挙で勝てる見込みはありませんし、日本の政治が変わることもないでしょう。有権者・国民は、この野党第1党にそろそろ見切りをつけ、覚悟を持って政党・政治家選択を転換しなければならない時が来たようです。仮に転換しなければ、事態はどんどん悪くなり、やがて日本は没落・滅亡するだけのことですが・・・・。

(1)国民 政策協議を拒否、立憲とトリガー条項巡り(朝日 2024.2.15)
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15863639.html

(2)国民「与党寄り」を修正、党大会で活動方針 進路は定まらず(朝日 2024.2.14)
 https://digital.asahi.com/articles/ASS2D4T8BS29UTFK00J.html

(3)国民・玉木代表が不快感「ますます連携は難しい」立民・岡田幹事長の「上から目線」連携提案に(日刊スポーツ)
 https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202402120000950.html#goog_rewarded

(4)立民と国民の合流に「『大きな塊』の形成に向け努力したい」と芳野連合会長 衆院島根1区補選は「最大のチャンス」 亀井氏の当選に全力(山陰中央新報) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/3cd994059200b42220277fadb3373fb599daf180

(5)立憲、国民民主とのトリガー協議を維新が拒否 馬場氏「ナンセンス」 [維新] [立憲] [国民]:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/ASS2H6J75S2HUTFK018.html

(6)「国民・玉木氏はけじめが必要」 トリガー条項協議離脱で前原氏 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20240208/k00/00m/010/285000c
(あの[元祖 口先やるやる詐欺」の前原誠司からこんなことを言われているのだから、もう終わりだ)

◆適菜収「それでもバカとは戦え」|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3524

(維新(日本維新&大阪維新)は国民民主党よりも更に劣悪で危険。維新の批判サイトはいろいろあるけれど、たとえば上記)


6.WANTED自民党=売国奴・似非保守のガラクタ寄せ集め
 山のようにある「自民党」のことを伝えるネット記事、もううんざりです。早く政治の世界から一掃いたしましょう。

(1)(別添PDFファイル)人為的につくったバブルで不祥事を隠す自民党の醜悪|金子勝慶応大学名誉教授 日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336446

(2)安倍派の異次元“ドンブリ勘定”…「残余金」把握者ゼロで、解散手続きが進まない!|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336375

(3)#確定申告ボイコットが猛拡散!自民裏金51議員「政倫審」出席に難色で国民から怨嗟の炎|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336376 

(4)岸田総理は4月訪米直後に「やけくそ解散」か…自民“不戦敗”必至の3補選に候補擁立の不可解|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336374

(5)「納税アホらしくなる」“確定申告”来ているのに… 裏金問題めぐり政治家へ不満の声(新潟ニュースNST)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/0256993a749d02a341729dd7bb54c32d732518c9

(6)元国税調査官が激怒!政治家の脱税を見逃す国税庁の不正腐敗ぶり #確定申告ボイコット 前代未聞のトレンド入りは当然か - まぐまぐニュース!
 https://qr.paps.jp/jXLVq

(7)「本当にセコすぎる!」自民党、キックバックを「還付金」中抜きを「留保」と言い換えの姑息…萩生田光一氏は吉野家、サイゼリヤに政活費を(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/b89979953b4fa6c8c7be232229ddd4bb0965e34e

(8)安倍派幹部らに“厳しい処分すべき”81%【NNN・読売新聞 世論調査】|日テレNEWS NNN
 https://news.ntv.co.jp/category/politics/1739910b58e54c78bd5958fb799efce1

(9)松野前官房長官が裏金問題のドサクサに紛れ“官房機密費ごっつあん”…赤旗砲が再び炸裂!|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336071

(10)【裏金事件】稲田朋美衆院議員「不記載は知らなかった」 196万円の還流・未精算が判明【福井発】|FNNプライムオンライン
 https://www.fnn.jp/articles/-/658427


(11)青木理氏、「サンモニ」で自民党「裏金事件」調査に憤慨…「社会の持続可能性すら疑われている時…一体、政治何しているんですか?」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/51c08ffb8819ba77f7eb946ecb4323f27aa575d0

(12)自民支部に献金「個人を応援」「議員後援会費」振込先は支部 献金企業アンケート:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15866454.html

(13)裏金も統一教会も 自民党の「調査」とやらの杜撰さに国民の怒り|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336027

(14)次から次へと新事実 底なし沼になってきた薄汚い自民党のカネまみれ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/336281

(15)呆れた自民の「裏金」調査報告書…反省ゼロ、中身は安倍派幹部への愚痴だらけ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336274

(16)二階元幹事長の「政倫審」出席リスクに自民が戦々恐々…党内グダグダも、本人は意気軒昂|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336273

(17)瞳は雄弁…岸田首相「政治とカネ」野党追及に“秒速”で目のパチパチが止まらない|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336231

(18)自民裏金問題で「税金一揆が起こる」と野党議員迫るも…国税ヤル気ゼロの「一般論」連発|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336314

(19)旧統一教会“宣戦布告”岸田派を狙い撃ち…友好メディアで「ツケは高く付く」と不気味な脅し|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/336282

(20)「次の首相」1位は石破茂氏25% 岸田首相は1% 世論調査(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/7fb4a28d4b193ee09f5560c8da9d54145a27f94f

◆自民・甘利前幹事長に「裏金1億円」ネコババ疑惑…落選危機だった自身の選挙に“流用”か|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/336220

(コイツ、どこまでカネに汚いのか?! 甘利にひどい甘利だ)
草々

 

2024年2月18日 (日)

(メール転送です)FW: 【ふくかな通信 第88号】かながわ訴訟第2陣:横浜地裁 3月7日(木)13時集合です【転送・転載歓迎】 + その他いろいろ

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html

(政治が日本を危機に陥れています。中途半端でいい加減な政治改革・政権交代ではなく、これまでの政治を抜本転換する「ホンモノの政治改革」を皆様とともに考えてみたいと思います。最終回の「新ちょぼゼミ」に是非、ご参加を!)

(その前)(予約必要)(2.27)オルタナティブな日本をめざして(第99回):「原発と火山リスク」(中野宏典弁護士:新ちょぼゼミ)(2024年2月27日)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2023/12/post-6ee6f2.html


2.イベント情報

(1)(2.26)函館市大間原発建設差し止め裁判(東京地裁)と報告及び講演会(参議院議員会館)
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1705919194193staff01

(2)(2.28)東電株主代表訴訟 控訴審第3回公判(東京高裁)
 https://tepcodaihyososho.jimdosite.com/

(3)(3.3)澤地久枝さんとともに「岸田政治を許さない」(STANDING MOB:国会前午後1時-1時半)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/287879

(4)(3.6)311子ども甲状腺ガン裁判 第9回公判(東京地裁)
 https://www.311support.net/news-240206/

(5)(チラシ)(3.11)福島原発事故13年 東京電力・日本原電 抗議
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzE_7pxCNKe_cm1E?e=xUdDrt

(6)(チラシ)(3.31)遺伝子操作から50年=商品化される生命その後(DNA問題研飯田橋)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkxqDghvVM08YqliO?e=uV3CDI

(7)(チラシ)(3.31)福島原発事故・能登地震からの教訓、私達に出来ること(脱被ばく実現ネット:港区)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVky26dCfoeoNdFU-c?e=yMcNqZ


3.キャンペーン

(1)『東電と密接な関係のある最高裁・草野耕一裁判官に「東電刑事裁判」の審理を回避するよう求める署名』のお願い – 福島原発刑事訴訟支援団
 https://shien-dan.org/changeorg-202312-syomei/

(関連)福島原発刑事訴訟支援団–東京電力福島原発事故の真実と責任の所在を明らかにします!
 https://shien-dan.org/

 

(2)オンライン署名 · 日本に生まれ育った未成年の仮放免者とその家族に在留特別許可を! · Change.org

 https://qr.paps.jp/O13TR

(3)オンライン署名 · 殺傷武器輸出に道を開く「防衛装備移転三原則」改悪の中止を求めます · Change.org
 https://x.gd/09zJu

(関連)お知らせ· 1万5千超へ!世論は反対が多数です。さらお広げください!· Change.org
 https://x.gd/SzOdY


4.岸田内閣支持率、最低14% 不支持率82% 毎日新聞世論調査
 https://qr.paps.jp/x4f8h

(関連)(別添PDFファイル)岸田の乱、浮かび上がるのは誰だ?(鮫島浩『サンデー毎日 2024.2.18-25』)
 <サル山=自民党の中のボス猿争い、まさに「猿の惑星」。限りなくくだらなくて、おもしろい、原本に当たってみて)
 https://twitter.com/SamejimaH/status/1754636767146426509

(関連)(別添PDFファイル)自民党混迷で小池新党誕生の現実味(山口二郎 『週刊東洋経済 2024.2.17』)
 https://toyokeizai.net/articles/-/732915

*(はっきり申し上げて、これ以上、このタヌキ女の口車に騙される奴は正真正銘の「どアホ」じゃ! ということです)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkmqjM6hr8NfwmzZ6?e=a7welb

*女帝小池百合子-石井妙子/著(文春文庫) https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034536524&Action_id=121&Sza_id=B0

(↑ 女タヌキにだまされて「馬の糞まんじゅう」を何度も食わされて喜んどるアホ有権者よ、この本くらい読んでから投票に行けよ。そうせんと、今度は「鹿の小便酒」をたっぷりと飲まされることになるぞ。)


5.(別添PDFファイル)謳う反原発 500の夜越え、永田町で市民有志 毎週金曜響かせ(東京 2024.2.16)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/309488


6.(別添PDFファイル)学生らの居住認める、京大吉田寮明け渡し訴訟、大学の請求棄却、京都地裁判決(朝日 2024.2.17)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/309719

(関連)ルポ大学崩壊-田中圭太郎/著(ちくま新書)
https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034436361&Action_id=121&Sza_id=C0

 <田中一郎コメント>
 大学運営について、ゴリラほどの知恵もなかったゴリラ研究者で元京大総長の似非リベラル=山極壽一のコメントを聞いてみたいものだ。それと、毎度毎度、腐ったような判決ばかり出している日本の裁判所よ、寮生全員の居住権を認めろ! そして今度は、京大立て看板(タテカン)も撤去の必要ナシの判決を出せ。もし撤去したら、原状復帰と損害賠償の義務付けも付けて、だ。


7.日刊IWJガイド・非会員版「プーチン大統領、タッカー・カールソン氏が米政府から『報復』を受ければ、『米国の「自由民主主義独裁」の真の姿を暴露する』と表明!」2024.2.16号~No.4151 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53215

■<IWJ取材報告>「テレビの表現の自由を回復するために、市民がテレビ局トップや働く人と対話する。また、株主総会で提案できる株主になる」と梓澤和幸弁護士が表明!~2.5 日本外国特派員協会主催「テレビ輝け! 市民ネットワーク」記者会見

※テレビ輝け!市民ネットワーク(ホームページ)
 https://tv-shine-more.awe.jp/

※記者会見配布資料(日本語)
 https://tv-shine-more.awe.jp/wp-content/themes/tv-shine-more/img/240205%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B%E9%85%8D%E5%B8%83%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%88%E5%92%8C%E6%96%87%EF%BC%89.pdf

 登壇者の発言、及び、質疑応答の詳細については、ぜひ全編動画を御覧ください。

※「テレビの表現の自由を回復するために、テレビ局トップや働く人と対話する。また、株主総会で提案できる株主になる」と梓澤和幸弁護士が表明!~2.5 日本外国特派員協会主催「テレビ輝け! 市民ネットワーク」記者会見
 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/521547
================================


(下記はメール転送です)
-----Original Message-----

From:
福島原発かながわ訴訟を支援する会
Sent: Sunday, February 18, 2024 2:34 PM
Subject: 【ふくかな通信 第88号】かながわ訴訟第2陣:横浜地裁 3月7日(木)13時集合です【転送・転載歓迎】

+━━★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【転送・転載歓迎】
『ふくかな通信』第88号(2024.2.18)
発行:福島原発かながわ訴訟を支援する会
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…━…━━…

「ふくかな通信」第88号をお送りします。
このメルマガでは、主として訴訟の状況を皆さんに知らせ共有し、
避難者の方への支援を続けていくことを目的としています。
各団体の活動へのご理解及びご支援を何卒よろしくお願い致します。
(2024年2月1日現在 会員403名 サポーター216名 計619名)

-----------------------------------------------------------
★Index
【かながわ訴訟第2陣:横浜地裁 3月7日(木)13時集合です】
【東日本大震災かながわ追悼の夕べ2024】
【その他の主な裁判期日】
【参加・協力予定の主な行動・イベント】

皆さま、1月26日東京高裁判決への多大なるご支援ありがとうございます。
残念ながら、千葉訴訟(第2陣)東京訴訟に続き、かながわ訴訟でも国の責任を否定する不当判決が示されました。
被ばくと避難の合理性を認め、被害に対する賠償額が若干引き上げられたのがわずかな救いという結果でした。

当日の報告集会で、村田団長が「もう悔し涙を流しているときでは無い。これだけはっきり構図が見えてきたのだから、どうやってひっくり返すのか頭を切替えていかなければならん!」と、宣言しました。

ふくかなのホームページから裁判所前と報告集会の動画をご覧いただけます。
 https://sites.google.com/site/fukukanaweb/


引き続き、横浜地裁・第2陣の裁判並びに全国の仲間と連携した最高裁闘争へのご支援をお願い致します。

【かながわ訴訟第2陣:横浜地裁 3月7日(木)13時集合です】
裁判所は審議のスピードを上げています。
拙速に審議を進めないように、裁判長に市民が注目していることを示していきましょう。

傍聴券の抽選が行われないことが続いています。横浜地裁にも足をお運びください。
裁判終了後の報告集会を波止場会館で行います。

第2陣 第8回口頭弁論 3月7日(木)横浜地裁101号法廷
○事前集会 横浜地裁前 13:00~13:30
〇傍聴抽選整理券交付締切 13:40見込み
○口頭弁論 101号法廷 14:00~14:40頃
 東京高裁1陣判決について陳述します。

○報告集会 波止場会館5階多目的ホール 15:00~16:00(予定)
 1陣判決と2陣の課題について報告します。

※第9回は5月16日(木)14時開廷、
 第10回は7月11日(木)10:30開廷(原告本人尋問)です。


【東日本大震災かながわ追悼の夕べ2024】
大地震と大津波による福島第一原発の発災で、国家存亡の淵を覗いた東日本大震災から13年。
今年もまた3.11が巡ってきます。

元日の能登半島地震では大津波警報が発令され原発銀座の日本海側に津波が到来しました。
地震大国の日本に原発の適地などありません。

志賀原発は福島原発事故後の新規制基準などをクリアできず、10年以上稼働停止していたので重大事故になりませんでしたが、原発事故を心配する必要が無い日々を実現したいものです。

今年から追悼の夕べのキャンドルステージが桜木町駅から徒歩5分の横浜市の新庁舎1階のアトリウムに変わります。
福島の被災地出身の若きピアニストお二人とウクライナの歌姫カテリーナの演奏をじっくりお聞きいただきます。

会場には広い展示スペースがあり、「おれたちの伝承館(南相馬市小高区)」を立ちあげた写真家の中筋純さんの作品と
東京高裁判決に向けて皆さんにご協力いただいた裁判長宛の思いのこもったはがきを展示します。

日時 3月10日(日) 14時45分 受付開始
 15時 開会 / 18時30分 閉会
会場 横浜市役所アトリウム

プログラム
(前半)浪江町出身のピアニストの演奏、詩の朗読など
(後半17時頃~)追悼式典・黙祷、祈りのコンサート・カテリーナ


【各地の主な裁判期日】
○みやぎ訴訟 3月18日(月)14時30分 仙台高裁【判決】
○ひょうご訴訟 3月21日(木)14時 神戸地裁【判決】
○京都訴訟 大阪高裁 3月1日(金) 14:30、5月22日(水)14:00【結審】

○関西訴訟 大阪地裁 10:00~17:00【原告本人尋問】
 2月29日(木)202号法廷、4月25日(木)

○東電株主代表訴訟 東京高裁
 2月28日(水) 13時30分~ 東京高裁101法廷 双方、証人尋問(予定)
 12時30分原告アピール 裁判所前
 13時30分 口頭弁論
 口頭弁論終了後 報告会 弁護士会館10階会議室1008室

○311子ども甲状腺がん裁判 東京地裁 3月6日(水)14:00
○津島訴訟 仙台高裁 3月11日(月)14:00
○原発避難者住まいの権利裁判 東京地裁 3月18日(月)14:00

○住宅追い出し訴訟 4月22日(月)11:00 東京地裁606号法廷
 原発事故で都内に避難した被災者が東京都から訴えられている裁判です

○井戸川裁判(福島被ばく訴訟)4月24日(水)10:30開廷 東京地裁103号法廷
○さいたま訴訟 5月28日(火) 15:00開廷 東京高裁

【参加・協力予定の主な行動・イベント 
○いわき市民訴訟最高裁要請行動
 第7回 2月16日(金) 8:30~最高裁前、10:00~署名提出
 第8回 3月15日(金) 8:30~最高裁前

○ストッププルトニウム神奈川連絡会総会講演
 日時 2月29日(木) 18:30~19:45
 会場 かながわ県民センター 301会議室
 講演と質疑 村田原告団長、黒澤弁護団事務局長

○原発ゼロへのカウントダウンinかわさき
 3月10日(日) 11:00~14:30 中原平和公園
 13:00~メイン集会 お話 海渡雄一弁護士、鴨下美和さん

○さようなら原発 全国集会
 日時 3月20日(水)春分の日
  13時オープニングライブ、13時30分トークライブ、集会終了後デモあり
 場所 代々木公園B地区イベント広場

○東電刑事裁判(強制起訴事件) 最高裁署名提出行動と東京集会
 「大手法律事務所に支配される最高裁!
   東電刑事裁判で改めて問われる司法の独立 東京集会」

 2月11日開催の後藤秀典さんの講演と弁護団からの報告がユーチューブで視聴できます。
  https://shien-dan.org/20240211-event/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本メールは自動配信メールです。
こちらのメールにご返信いただいても お答えできませんのでご了承ください。

※メールが崩れて見える場合は「MSゴシック」「Osaka等幅」などの等幅フォントでご覧ください。

▽ ご質問・ご要望はこちらへお願いします。
また、ふくかなのパンフレットが必要な方はご連絡ください。

パンフレットの内容はこちらでご覧になれます。
https://sites.google.com/site/fukukanaweb/download

連絡先:fukukana.shien@gmail.com


■「ふくかな通信」発行元:
かながわ訴訟を支援する会「ふくかな」事務局
Mailfukukana.shien@gmail.com
URL: https://sites.google.com/site/fukukanaweb/

〒231-0001横浜市中区太田町4-55 横浜馬車道ビル6F(馬車道法律事務所内)
TEL 070-1316-4575
--

★これは「福島原発かながわ訴訟を支援する会(ふくかな)」のメールマガジンです。
★本メールに返信することはできませんので、ご連絡は以下のメールアドレスまで宜しくお願い致します。
 fukukana.shien@gmail.com
---
草々 

2024年2月16日 (金)

「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(151):能登半島地震続報(4)=原子力「寄生」委員会・「寄生」庁を解散させ、新たな規制当局を法制化せよ(これが原発・核施設の安全を守るべき規制当局が言うことか!)

前略,田中一郎です。
(別添PDFファイルは一部添付できませんでした)


(最初に若干のことです)
================================
1.(3.26)オルタナティブな日本をめざして(第100回:最終回):「現代日本の政治改革」(新ちょぼゼミ:田中一郎)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-8b7c61.html

(政治が日本を危機に陥れています。中途半端でいい加減な政治改革・政権交代ではなく、これまでの政治を抜本転換する「ホンモノの政治改革」を皆様とともに考えてみたいと思います。最終回の「新ちょぼゼミ」に是非、ご参加を!)


2.イベント情報

(1)(チラシ)(2.22)憲法審査会は今!(衆議院第1)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkzT7MvoTDGdKS_oX?e=5OmlYI

(2)2-25(日)第8回市民の会総会 - 老朽原発40年廃炉・名古屋訴訟
 http://tinyurl.com/m3ksnjdh

(3)(3.10)【釧路市】原発や核燃施設が自然災害にあった場合に想定される事故の危険性を訴えるドキュメンタリー映画の上映会のお知らせ - 泊原発の廃炉をめざす会
 https://tomari816.com/blog/?p=3458

(4)老朽原発廃炉!美浜全国集会(3-31 12-30~ 福井・美浜町)
 http://www.labornetjp.org/EventItem/1707722683300matuzawa

(関連)老朽原発40年廃炉・名古屋訴訟
 http://toold-40-takahama.com/

◆れいわ新選組 デモ&おしゃべり会in東京都!2月24日(土) 開催のお知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【デモ】
増税?ダメ 絶対!デモin立川
日付:2024年2月24日(土)
集合:緑町公園(立川地方合同庁舎横)
   https://maps.app.goo.gl/9RcTMehQTTYrTPi49

13:30 集合
14:00 デモ出発
緑町公園→サンサンロード→たましん美術館右折→国営公園南通り左折→立川駅前左折→北口大通り左折→緑川通り右折→曙三西公園 流れ解散
※「流れ解散」とは?…デモ行進の終着点などで、参加者が到着順に解散することです。

◇◇◇注意事項◇◇◇
・荒天の場合中止となります。SNSでお知らせいたしますので、お出掛け前にれいわ新選組のSNSを必ずご確認ください。
また、雨天の場合はレインコートをご用意いただくなど傘のご使用はなるべくご遠慮ください。

・公式写真、動画配信を行う予定です。映りこむ可能性がありますので予めご了承ください。
・動画の生配信は行わないでください。

◆◆◆【重要】◆◆◆
隊列外等における動画(録画)や写真の撮影は、事故やトラブルの原因となりますので、絶対におやめください。特に、【これまで東京都においてデモを行った際、事故に繋がりかねない状況がございました】。

スタッフより注意をしても指示に従っていただけないこともあり、今後、このようなことが起こりましたら、途中でデモ自体の中止判断をさせていただく場合もございますので、よろしくお願いいたします。

◇◇◇デモに参加するにあたって◇◇◇
・風邪の初期症状、風邪を引いている方、熱が出ている方、その他体調がすぐれない方はご参加をお控えくださるようお願いいたします。

・デモの趣旨に賛同するどなたでもご参加いただけます。初めての方もぜひご参加ください。(デモの趣旨と無関係の旗・プラカード等の持ち込みはご遠慮願います。ボランティアチームのぼりも含む)

・主催の許可のない印刷物の配布や物販を禁止いたします。
・デモとは、歩くだけの簡単にできる意思表明です。1人でも多いことがアピールの力になります。

・デモでは車道を行進します。スタッフの指示に従い安全にご留意ください。
・天候に留意し、水分補給や寒さ対策をしっかりとお願いします。 気分の悪くなった方は無理せずに、隊列から抜けて休んでください。

【屋内集会】
れいわ新選組 山本太郎とおしゃべり会 in東京都・立川市!

日時:2024年2月24日(土) 16:00~
   ※約2時間の開催を予定しておりますが、当日の状況により前後することもございます。
会場:たましんRISURUホール 2階 大ホール
   立川市錦町3-3-20
   https://risuru.hall-info.jp/access/
登壇:山本太郎代表 他

◇◇◇お願い等◇◇◇
【会場内ではマスクのご着用をお願いいたします。】

・ボランティアでご協力くださる方は、1時間前に会場集合をお願いします。物販・寄附ブース、また会場によっては机や椅子の設置準備があります。

・会場へのお問合せはお控えください。
・内容は状況により変更が生じる場合がございます。

・事前の参加申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
・途中入退室可能です。

・動画の生配信・収録はお控えください。
・定員に達した場合は、入場をお断りすることがございますのであらかじめご了承ください。

・会場での飲食はお控えください。
・今後の新型コロナウィルス感染症の拡大状況によっては、開催を中止する場合がございます。中止の際はメールにてお知らせいたします。

・風邪の初期症状、風邪を引いている方、熱が出ている方、その他体調がすぐれない方はご参加をお控えください。
・過去2週間以内に入国制限、入国後の観察期間を必要とされる国・地域への訪問歴や当該在住者との濃厚接触がある場合はご参加をお控えください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3.オンライン署名 · 殺傷武器輸出に道を開く「防衛装備移転三原則」改悪の中止を求めます · Change.org
 https://qr.paps.jp/Bc1GL


4.(新刊書)南京大虐殺から雲南戦へ 日本の中国侵略から敗戦に至る足跡を巡る-青木茂著(花伝社) https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000034568851&Action_id=121&Sza_id=C0


5.GDP591兆4820億円 世界4位に転落 55年ぶりドイツ下回る23年-毎日新聞
 https://x.gd/3ZVcp

(政治(家)を変えないまま、今のままズルズルだらだらとやっていけば、10年後は世界20位、20年後は50位、くらいに落ちているだろうと推測します。もちろん国民生活はボロボロです。:田中一郎)


6.桜島が噴火、高さ5000mの噴煙…噴石や火砕流への警戒呼びかけ - 読売新聞
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20240214-OYT1T50175/

(鹿児島・桜島の火山噴火と、首都直下型大地震とは、連動していると言われてきました。1923年の関東大震災の時がそうでした。しかし、今、首都直下型大地震が襲い掛かると、東京はどうしようもない阿鼻叫喚の地獄となりそうです。大都市・首都一極集中の是正・解消がないことに加えて、オリンピックなどという時代錯誤のバカ騒ぎに巨額の財源・税金を浪費し、防災対策や公園などの広場(逃げ場所)づくりを手抜きしてきたことにその大きな原因があります。

そして震源地によっては、東海第二原発と東海再処理工場(廃炉中ですが放射能汚染の塊です)と高レベル放射性廃液タンクがバーストして、手が付けられない事態になるでしょう。ロクデモナイ政治を許してきたツケを一気に払わされます。しかし、茨城県(東海村)では、自民党だけでなく泉健太立憲民主党までもが東海第二原発や再処理工場・高レベル放射性廃液をほったらかしにしたままです。この連中を政治から追い払うことが緊急の課題です。私達の命を守るためにです。:田中一郎)


7.こんな政治家、誰が選んだんや?! = あんたらや!!

(1)疑惑議員自ら弁明する「セイリンシン」で裏金問題は全容解明されるのか 神保町で聞いた1番出席してほしい議員はあの権力者(東京 2024.2.15)「セイリンシン」=非公開茶番劇場です、アホラシイこと限りなし、まあ記事を読んでみて!(田中一郎)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/309310?rct=politics

(関連)維新が審議拒否の可能性 政倫審の開催めぐり“異例の対応”に幹部ら相次ぎ言及|FNNプライムオンライン( 維新(日本維新&大阪維新)とは自民党と同じ穴のムジナです=むしろ毒がより強い悪性ムジナです)
 https://www.fnn.jp/articles/-/657703

(2)<社説>首相の資金集め「脱法行為」看過できぬ:東京新聞 TOKYO Web
(今日の「羽鳥慎一モーニングショー」(TV朝日)で岸田の支援団体主催の資金集めパーティーが大問題だとされていました)
 https://x.gd/HH1TX
 http://jcc.jp/news/20560498/

(関連)22年の岸田首相の就任祝う会、収支記載なし 識者「脱法的」 - 毎日新聞
 https://x.gd/VJdER

(3)億単位の裏金がバレても「政治資金」で届けたらOK 庶民なら「脱税」なのに…現行ルールのガバガバ具合:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/306792?rct=tokuhou

(4)安倍派解散後も幹部が引きずる“内憂外患” 裏金訂正議員は全員告発→不起訴でも検察審へ|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/335511

(5)岸田首相の納税呼びかけに批判噴出 「確定申告前」トレンドに - 毎日新聞
 https://x.gd/LEtEM
(国民は納税・増税、自民は脱税、けっこう、けっこう、こけこっこう:自民党一堂、だそうです!)

(6)自民・安倍派“総汚染”!「裏金議員91人ランキングリスト」はこれだ…3年分だけで総額4.3億円超え|日刊ゲンダイ
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/335562

(7)自民・二階元幹事長が5年間で受け取った「政策活動費」50億円の行方…何に使ったのか?|日刊ゲンダイDIGITAL
 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/335457

(8)首相、裏金使途不明の報告書容認「再訂正は本人判断」:東京新聞 TOKYO Web
 https://qr.paps.jp/q2qYC

◆二階氏“50億円”使い切った? 記載漏れ議員、陳謝の“現場”【羽鳥慎一モーニングショー】(2024年2月8日) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=BSQ69_qKV64

8.日刊IWJガイド・非会員版「裏金と脱税疑惑議員だらけの自民党総裁、岸田総理と統一教会の関係が明るみに! 盛山文科大臣にも、質疑が! 終わらない統一教会問題!」2024.2.15号~No.4150 - What's New お知らせ
 https://iwj.co.jp/info/whatsnew/guide/53211

■【第2弾! 昨日、15時29分、京都南部を震源とするM4.3の地震が発生! 京都府で最大震度4を観測! その6分後、能登半島沖でM3.9、深さ10km、最大予測震度3の地震が発生! この二つの地震は連動したのか!?】石川県の能登半島と、京都府の中間に「原発銀座」を抱える福井県が位置する! この一帯が大地震に見舞われたら、「原発震災」は免れない!(『tenki.jp』2024年2月14日)
================================


「「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(151):能登半島地震続報(4)=原子力「寄生」委員会・「寄生」庁を解散させ、新たな規制当局を法制化せよ(これが原発・核施設の安全を守るべき規制当局が言うことか!)」をお送りいたします。


 <必見その1>

1.全国のみなさま、広瀬隆です。 能登半島地震についての緊急警告です【2024年2月15日】
 今年元旦の能登半島の大地震について、全国の人たちが、地震がおさまったと勘違いして安心しているようなので、緊急に警告文をYouTubeに掲載しました。急いでお読みください。

みなさんは、「能登半島地震の震源は珠洲市だったが、珠洲原発を住民運動が食い止めて、建設を断念させたから私たちは助かったのだ」、と喜んでいらっしゃるでしょうが、喜べるようなことではありません。水をさすようなことを申し上げますが、いよいよ原発カタストロフィーが身近に迫ってきたのです。

ことに10代・20代・30代の若い世代の人たちは、原子力発電の危険性について、まったく関心を持っていません。その人たちが、短い人生の幕を閉じなければならないのです。カタストロフィーの実証ファイルを、YouTubeに掲載しましたので、周囲にいる10代・20代・30代 の若い世代の人たちに、すぐに下記を見るように薦めて下さい。

どうすれば助かるか、という希望の手段を、「後編」の最後に記述してありますので、絶望的にならずに、すぐに行動を起こして下さい。

(1)前編──危険が迫っている実情:「広瀬隆編/1988年ブックレット『北陸が日本地図から消える日―能登原発恐怖の疑惑! 』- YouTube
 https://youtu.be/w1M4s_0mKZE
 https://www.youtube.com/watch?v=w1M4s_0mKZE

(2)後編──原発大事故の時の避難の方法:「広瀬隆編/1988年ブックレット『北陸が日本地図から消える日―能登原発恐怖の疑惑! 』 2後編 - YouTube
 https://youtu.be/E-7-wQjVHgE
 https://www.youtube.com/watch?v=E-7-wQjVHgE

(関連)北陸が日本地図から消える日―能登原発恐怖の疑惑!-広瀬隆 - Amazon
 http://tinyurl.com/bdwf4syx


 <必見その2>

2.(別添PDFファイル)規制委 原発災害対策指針見直し、家屋倒壊時の避難 議論せず、「自然災害への対応 範疇外」強調(東京 2024.2.15)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/309302

(一部抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 原子力規制委員会は14日の定例会合で、原発事故時の防災対応を定めた原子力災害対策指針の見直しについて、環境に拡散した放射性物質による被ばくを避ける住民の「屋内退避」の手法に限って議論する方針を決めた。5人の委員全員一致の判断。能登半島地震では家屋の倒壊や道路の寸断が多発し、屋内退避や避難が困難だったことが判明したものの、それらの課題を想定せずに検討を進める。(渡辺聖子)

◆対策指針の見直しは「屋内退避」の手法のみ
 山中伸介委員長は会合後の記者会見で、家屋倒壊や避難ルートの寸断などは自治体側の検討課題と強調。「自然災害への対応はわれわれの範疇(はんちゅう)外」と繰り返した。屋内退避ができる前提で今後の議論をするのかを問われると、「そのような考え方で結構」と答えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 <田中一郎コメント>
 信じがたい発言である。あの国際原子力推進組織のIAEAでさえもが提唱する深層防護第5層(避難計画の実効性の確保)の審査を放棄して何が「世界で最も厳格な原発の安全規制」なのか? 原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は、原発稼働の後押しはするが、稼働を妨げることになる地域住民の避難計画のことなど、知ったこっちゃねえ、ということらしい。つまりこの連中の仕事は、原発・核燃料サイクルを推進するための「合理化屁理屈づくり」なのであって、国民や地域住民を原発・核施設の過酷事故の危険から守るという、本来の使命・役割をハナから放棄してしまっているわけである。

そうであるなら、この原子力「寄生」委員会・「寄生」庁は廃止するしかない。この組織の設置根拠法を廃棄して、新たな原子力安全規制委員会を、今度は独立した3条委員会として(その下にNGO・NPOのスタッフも入れた強力な事務局を併設)、原子力ムラや放射線ムラを「(第二次)公職追放」して、厳格な審査をする人たちで構成して設置すればよい(法制化)。もちろんIAEA深層防護第5層(避難計画の実効性の確保)の審査も法律で義務化する(さすれば日本で原発が設置可能な場所は皆無となるだろう)。原子力に「寄生」して、原子力を「規制」することはできないのである。

(関連)深層防護 - 安全を守る技術的なしくみ | 電気事業連合会
 https://www.fepc.or.jp/nuclear/safety/shikumi/bougo/index.html
 https://www.fepc.or.jp/smp/nuclear/safety/shikumi/bougo/index.html

(関連)(必見)NNNドキュメント「避難計画で原発やめました」 廃炉になった米・ショアハム原発と再稼働間近の愛媛県伊方原発。同じような細長い地形に立地するのに、なぜ真逆の結果になった 一体この違い - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=QRjkr9T2pMk

(関連)(別添PDFファイル)能登半島地震 避難・屋内退避 限界鮮明でも原発災害指針「見直さず」、思考停止を正す術ある?(東京 2024.2.6)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307567

(関連)(別添PDFファイル)原発避難の課題浮き彫り、前提崩れた能登半島地震(毎日 2024.2.15)
 https://mainichi.jp/articles/20240210/k00/00m/040/133000c

(それにしても、脱原発が党の基本方針であるはずの泉健太立憲民主党は何をしているのでしょう? まもなく国政選挙があるというこのタイミングで、能登半島地震が教えてくれた原発の致命的な危険性が全国の有権者・国民にも目に見える形で明らかとなっているこの時に、この政党に所属する国会議員からは、今度こそ原発を全廃にしましょう、再稼働を許さずに廃炉にしよう、という声は聞こえてこない。原発推進の御用組合「連合」にアゴで使われて、国民民主党などというハナクソ政党に色気を出して迫るお粗末を見せつけている。

こんな政党を野党第1党にしているから、ホンモノの政治改革がいつまでたっても実現できず、日本の没落は止まらない。それどころか、自公や維新に引きずられて、原発・核施設過酷事故による滅亡=「永遠の放射能汚染地獄」と「際限のない円安」へと向かわされる羽目になるのである。次期国政選挙までに泉健太執行部が退陣しなければ、あるいは野田佳彦のようなクズ政治家が再び代表になってくるのなら、この政党へのあらゆる選挙での投票をやめ、他の「世直し」政党に投票していただきたい。それが私たちの命と健康と生活を守る唯一の方法です。:田中一郎)

(関連)実効性を欠いた原子力災害対策指針…市民団体が原発停止を要請 規制委の山中委員長は「指針見直し必要ない」:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/306518

(関連)20240131 UPLAN 能登半島地震を受けた原子力規制庁、内閣府原子力防災への要請書提出集会 - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=SK_B0zWvCOI


 <これまでの能登半島地震情報>

◆「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(147):2024年は石川県能登・志賀の正月元旦大地震(震度7、M7.6)から始まった=これは原発・核燃をやめよという「天の声」であり、日本人に対する「最後の警告」だ- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7ad675.html

◆能登半島地震続報:志賀原発「異常なし」って、ウソついたらアカンで!:私が懸念したことが現実になっている=福島原発事故の教訓が生かされないこの国のお粗末極まりない原子力政治や行政(被災地をよそにヘラヘラ笑ってTV出演の岸田文雄首相)- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-23e643.html

◆「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(148):(1)能登半島地震・志賀原発続報(2)「子ども脱被ばく裁判」仙台高裁判決批判(弁護団)(3)やる気なし「再生エネ」と「脱炭素・GX」(4)北海道半導体利権と核のゴミ他- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-606268.html

◆「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(149):能登半島地震続報(3)=志賀原発や柏崎刈羽原発の危険はこれから顕在化する、2回以上の連続大地震に対して全く備えの無い原発の規制基準、志賀も柏崎刈羽も危険極まりなし- いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2024/01/post-7e064d.html


 <別添PDFファイル>
(1)規制委 原発災害対策指針見直し、家屋倒壊時の避難 議論せず、「自然災害への対応 範疇外」強調(東京 2024.2.15)
(2)能登半島地震 避難・屋内退避 限界鮮明でも原発災害指針「見直さず」、思考停止を正す術ある?(東京 2024.2.6)
(3)原発避難の課題浮き彫り、前提崩れた能登半島地震(毎日 2024.2.15)
(4)志賀原発「無事」の内実は(朝日 2024.2.8夕刊)
(5)志賀原発「警戒事態」だった、混乱する地元に負担増大(東京 2024.1.24)
(6)能登半島 次なる地震 危惧、志賀原発 安心できるか(東京 2024.2.3)
(7)志賀原発 甘い想定、能登半島北側の断層活動、地震規模 北陸電「想定内」というが・・・(東京 2024.1.30)
(8)能登半島地震 海沿い景観一変、繰り返された大規模隆起、最大4m 新たな海岸段丘が出現(東京 2024.2.4)
(9)能登半島地震1カ月、二つの大きな断層破壊 地下で何が(朝日 2024.2.2)
(10)「珠洲原発」反対派の住職語る歴史、「闘争」28年 建設阻止、「原発つくれる場所 日本にない」(東京 2024.1.23)

 

1.能登半島地震と志賀原発
 以下、大事なことだけを簡単にまとめておきます。全容をざっとつかむには、「甘い見方をしてはならない」と諭しているにもかかわらず、依然として甘い見方をしている下記の朝日新聞記事がコンパクトで「手ごろ」でしょう。

◆(別添PDFファイル)志賀原発「無事」の内実は(朝日 2024.2.8夕刊)
 https://digital.asahi.com/articles/ASS263W0KS22PLZU001.html

(関連)志賀原発 能登 地震で何が?現状は?詳しく 火災や爆発音って…北陸電力の情報発信に大きな課題 - NHK - 各地の原発
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240122/k10014329711000.html

 <田中一郎コメント>
(1)能登半島地震で志賀町は震度7で揺れた。しかし、震度7を記録したのは志賀町でも北の地域で輪島市に近いところだ。では志賀原発の敷地ではどうだったのか? 実はこれがよくわからない。ネット情報では「1号機の原子炉建屋地下2階で震度5強相当の揺れを観測した」とあるが、そもそも地下では震度が小さく出る。地下ではなく、地上の原発建屋では、どの場所で、一体いくらの震度で、どういう地震波形を記録していたのか、未だによくわからない(公開されない?)。かつて中越沖地震の際の柏崎刈羽原発では、地震計の記録紙がなくなって地震波の記録が取れなかったとか、福島原発事故の際にはERSSという機械が故障してSPEEDIが使えなかった。

日本の原発は、いざとなると様々な機器類がすぐに故障して役に立たず、事後検証ができないように「推進側に都合よく」壊れてくれるらしい。私はこれら全てが原子力ムラの「仕掛け」と見ており、意図的に事故後の検証ができなくする、そういう風に設営されている、ということなのだろうと考えている。原発安全管理のイロハのところが踏みにじられているということだ(福島原発事故に伴う放射線被曝についても、①SPEEDIだけでなく、被災者個々人の被ばく量の測定が棚上げにされ(妨害され)、安定ヨウ素剤配布・投与も止められ、環境放射能モニターも動かなくなるなど、全てが「約束」(事故前)に反して反故にされている。⑤そもそも原発全体をモニターするTVカメラでさえ、福島原発事故後も全国各地の原発・核施設周辺に設置されたという話は聞かない。これで大事故が起きたらどうするのか?! 何もわからず、何の検証もできなくなる)。

(参考)ERSS(緊急時対策支援システム)|原子力規制委員会
 https://www.nra.go.jp/activity/bousai/trouble/ERSS/index.html

(2)今回も外部電源が一部壊れて使えなくなった。はっきりしないが、変圧器の破損がその原因だと思われる。東日本大震災で福島原発事故が悲惨な結果になったのは、外部電源が全部やられて非常用電源だけに依存せざるを得なくなったことが原因であった(その非常用電源も配電盤とともに大津波にやられてSBOとなった。福島第一原発の3つあった外部電源のうち、1つは敷地が液状化して鉄塔が倒れ、その復旧に1年以上かかるというお粗末さだった)。志賀原発の故障した変圧器は未だに原因不明で、かつ復旧もままならないようである。

実は中越沖地震(2007年夏)の時も柏崎刈羽原発で変圧器が壊れている。あの時は火事になった。こうした外部電源系統の地震時での故障やトラブルは、この外部電源系統の「重要度分類」が最低ランクの「C」とされていて、地震の揺れに極めて脆弱であるところから来ている。今回で3度目の外部電源のトラブルであるにも関わらず、電力会社も「寄生」委も、外部電源の重要度分類を見直し、耐震性を高める検討をする気配はない。何故なら、カネがかかるからである。こんなことでいいのか?!

(そもそも非常用電源は燃料の補給をしなければ長くて10日間ほどしか持続できない頼りない電源であり、原発過酷事故の緊急時に非常用電源を長期間維持できるかどうかは怪しい限りである。つまり外部電源が早急に復旧できるまでの「ツナギ」電源が非常用電源であり、逆に言えば、外部電源は直ちに復旧ができるという前提になっている。しかし、実際はそれがままならない。東日本大震災の時も、今回も、である。そして、今回はさらに、その非常用電源もまたトラブルを起こしている。:下記参照)

(関連)志賀原発 外部電源一部使えず 安全上重要な機器の電源は確保 - NHK - 令和6年能登半島地震
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240102/k10014306991000.html

(関連)志賀原発 “変圧器の復旧時期 見通し立たない状況” 北陸電力 - NHK - 令和6年能登半島地震
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240130/k10014340741000.html

(関連)志賀原発 非常用発電機1台が自動停止するトラブル 試験運転中-NHK-2024年能登半島地震
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240117/k10014325041000.html

(関連)能登半島地震 石川・志賀原発 非常電源停止 3台中1台「安全問題ない」毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20240118/ddm/012/040/094000c

(関連)志賀原発の非常用電源停止は「人為的ミス」規制委員長が認識 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20240131/k00/00m/040/184000c

(↑こんな「失敗の総括」では似たような事象は何度でも起きるだろう。人為ミスは構造的なものであり、再発防止のために、もっと真剣にミスの背景を深堀して対応対策しなければダメである。安全工学のイロハが分かっていないのではないか?:田中一郎)

(3)原発・核燃施設を大地震が襲った時の着眼点(田中一郎 2024.1.1)
 https://1drv.ms/b/s!ArtBTVAHlosVkk9cbmCU42_AVAB1?e=2mfjfu

(関連)繰り返し地震に対する安全性を確保していない耐震基準(滝谷紘一 2016.10.24)
 http://tinyurl.com/2k5a2fb4


2.東京新聞「こちら特報部」記事
 よく書けています。新聞の原発報道はやはり東京新聞を見るのが一番です。

(5)(別添PDFファイル)志賀原発「警戒事態」だった、混乱する地元に負担増大(東京 2024.1.24)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/304725

(6)(別添PDFファイル)能登半島 次なる地震 危惧、志賀原発 安心できるか(東京 2024.2.3)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307026

(7)(別添PDFファイル)志賀原発 甘い想定、能登半島北側の断層活動、地震規模 北陸電「想定内」というが・・・(東京 2024.1.30)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/306028

(*)断層上にある志賀原発は「次の地震」に耐えられるか 能登半島地震で高まった巨大地震発生リスク:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307026?rct=tokuhou

(*)能登半島 地震で寸断、初動遅れ、「道路啓開計画」なかった、半島孤立 どう対処?(東京 2024.1.26)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/305216

(*)「今の石川県で原発災害が起きたら避難できない」それでも災害指針を見直さない、楽観論の背景にあるもの:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307567

(*)石川県「能登でM8.1」試算を知りながら防災計画は「M7.0」想定 知事は「震災少ない」と企業誘致に熱:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/303471

(*)能登半島で動いた断層は150キロ、想定は96キロなのに 北陸電力が繰り返してきた「過小評価」の歴史:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/306028

(関連)原発再稼働、一転 慎重に、石川・志賀町長 インタビュー、避難経路寸断「抜本的見直し」(東京 2024.2.4)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307209

(↑今後は志賀原発の再稼働を断固として拒否せよ。それが住民の命と健康と生活を守るべき地元基礎自治体の首長に課せられた使命であり役割であり責任である。:田中一郎)


3.(別添PDFファイル)能登半島地震 海沿い景観一変、繰り返された大規模隆起、最大4m 新たな海岸段丘が出現(東京 2024.2.4)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/307296

(こんな海底の隆起が原発の目の前の海で起きたら、原発は冷却用の海水をくみ上げられなくなり、たちまちのうちにメルトダウンを引き起こす。志賀原発沿岸でなくてよかった。しかし、そのことは全くの偶然にすぎない。:田中一郎)


4.(別添PDFファイル)「珠洲原発」反対派の住職語る歴史、「闘争」28年 建設阻止、「原発つくれる場所 日本にない」(東京 2024.1.23)
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/304462

(関連)「珠洲原発があったら…もっと悲惨だった」能登半島地震で孤立した集落、原発反対を訴えた僧侶の実感:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/304267

(関連)珠洲原発中止 ドキュメント'04 - 動画 Dailymotion
 https://www.dailymotion.com/video/x2e3fj8


5.(別添PDFファイル)能登半島地震1カ月、二つの大きな断層破壊 地下で何が(朝日 2024.2.2)
 https://digital.asahi.com/articles/DA3S15853893.html

(関連)早急に海底活断層評価を、地震学の専門家が警鐘 能登半島地震で、政府の対策の遅れが露呈 - 東洋経済オンライン
 https://qr.paps.jp/HksVo

(関連)能登半島地震の揺れ 少なくとも2回の大きな断層破壊が起きたか NHK-2024年能登半島地震
 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240109/k10014314881000.html

 <田中一郎コメント>
 原発がずらっと並んでいる日本海側の海底活断層調査が遅れている。とりわけ志賀原発と若狭湾原発銀座と柏崎刈羽原発が心配だ。記事にある地下の「流体」とやらの動きも懸念材料だ。志賀原発の目の前の海底には活断層があり、また、周辺にも活断層が複数あって、原発が活断層に囲まれたようになっている。今回の地震でこれらが刺激されて一斉に動き出せば大変なことになる。

また、能登半島北岸の今回動いた長い活断層の東への延長上には「佐渡海盆断層」という、これまた100km以上の長い活断層が柏崎刈羽原発の目の前の海底に存在している。柏崎刈羽原発の再稼働などあり得ない話である。そして、原発銀座と言われる若狭湾だが、ここも活断層だらけである。老朽原発を運転期間延長までして動かし始めている関西電力の原発も、場合によっては「同時多発原発過酷事故」となりかねない。一刻も早く原発をやめて、使用済み核燃料プールの補強・安全対策をしないと、後悔してももう遅いということになりかねない。


6.(下記はメール転送です)

============================
<志賀原発周辺の震源が消えていたこと他お知らせです>
(「三陸の海を放射能から守る岩手の会」:永田文夫さんより)

標記の件「志賀原発周辺の震源が消えていたこと」について、防災科学技術研究所へ「なぜ消されたのか」再質問しました、10日経過しましたが回答が届かないので答えられないのだと判断しました。北陸電力から何らかのルートで圧力がかかり消去されたものと思われます。

私が見たところ二箇所が消去されていました。1回目の質問の回答は内部の「審査手続が2段階になっているため」ではないかというもので、消去した理由について答えられていないものでした。これらの震源データはHi-net(高感度観測網:地下1m〜3500mに設置された地震計、設置約1000箇所によるもの)による観測値とのこと。K-netやKiK-netよりも微小地震について高感度なものとされている。観測結果が消されたのは、何らかの理由があるはずであり、再質問したわけです。

以上を踏まえてこの件についてまとめ、HPにアップしました。
(二箇所が消されていたことを含めた)
http://sanriku.my.coocan.jp/240204sikaSC.pdf

まとめ
○ 観測結果を理由も答えられずに削除することは地震の科学を歪め、防災審査にも係る行為であり許されない。
○ 全国の原発や核施設周辺での震源についてこのようなことが起こっている可能性がある。
○ 国会議員へ質問主意書などの提出をお願いし確認してみたい。   

Hi-netについては以下をご覧ください。
https://www.hinet.bosai.go.jp/summary/?LANG=ja
============================

(私からの情報提供のお礼の返信)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
永田様、どうもありがとうございました。近々、拡散させていただきます。

余談ですが、私は能登地方での地震と新潟県沖の地震とが連動する可能性を懸念しています。2007年のときも、柏崎刈羽原発を襲った7月の中越沖地震の数カ月前、能登地方で大きな地震が起きています。

◆2007(平成19)年3月能登半島地震現地調査報告(速報)2007年3月29日現在
 https://www.dri.ne.jp/wp/wp-content/uploads/research_reports_018.pdf

新潟県佐渡島の真南には「佐渡海盆断層」という長さ100km以上の大きな海底活断層があり、今回の能登半島地震に影響を受けて、動き出さなければいいがと懸念しています。また、志賀原発の目の前の沖合には活断層があり、今回の地震で活発化してくる懸念もあります。

志賀原発も柏崎刈羽原発も、使用済み核燃料プールの安全対策と、外部電源(主系統・予備系統(*))・非常用電源の耐震強化や防水対策を早急にすべきだと思います。そして再稼働ナシの廃炉です。

(*)予備系統:こんなものがあるのでしょうか?
オシドリマコ氏の『週刊金曜日』の記事に出ていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7.その他関連サイト

(1)「避難計画は非現実的」 原発の停止求め、市民団体が首相らに要請 [能登半島地震]:朝日新聞デジタル
 https://digital.asahi.com/articles/ASS106DNCS10ULBH00H.html

(2)原発の災害対策指針見直しへ 屋内退避の検討チーム設置 規制委 - 毎日新聞
 https://mainichi.jp/articles/20240214/k00/00m/040/225000c

(3)志賀原発の避難道路、過半が寸断 能登地震で7路線、実効性揺らぐ:東京新聞 TOKYO Web
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/306284

(4)新潟で能登地震関連の質問相次ぐ 原発の在り方 柏崎市民ら東電に(共同通信)Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/377df3dca87073efaa230cd34e63d0bccd70a47c

(5)能登半島地震でマスコミが映さない原発の「不都合な真実」 ずさんな避難計画を隠そうとする政府と電力会社 古賀茂明(AERA dot.) - goo ニュース
 https://news.goo.ne.jp/article/dot/nation/dot-211236.html

(6)能登半島地震を踏まえ要請書を提出ー「原発避難計画・対策指針は欠陥だらけ」「住民を危険にさらす」→規制庁の回答は? - 国際環境NGO FoE Japan
 https://foejapan.org/issue/20240201/15993/

(7)油断を生んでいないか?地震調査委の「予測マップ」に潜むリスク 石川も熊本も「安全」じゃなかった:東京新聞
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/301633

(8)2024年能登半島地震と志賀原発 -マグニチュード7.6の活断層地震と原発- - 原子力資料情報室(CNIC)
 https://cnic.jp/50545

◆令和6年能登半島地震による原子力施設への影響及び対応|原子力規制委員会
 https://www.nra.go.jp/nra/kaiken/r6noto_earthquakedisasterresponse_atomicfacility.html 

(関連)令和6年能登半島地震後の志賀原子力発電所の現状及び今後の対応  令和6年2月7日 原子力規制庁
 https://www.nra.go.jp/data/000468364.pdf

(関連)能登半島地震に伴う志賀原子力発電所の設備状況(写真)(志賀原子力発電所の紹介) 北陸電力株式会社
 https://www.rikuden.co.jp/outline1/shika_noto.html
草々

«大阪万博 中止!中止!中止!(その3):「博打(カジノ)かがやく大阪未来のデザイン」、能登震災復興の邪魔をしてでも「維新」が強行する「よしもと・タコヤキ万博」のお粗末=高い入場料払うて見に行く値打ちなどあらしまへんで、やめときなはれ!

最近の記事

無料ブログはココログ